>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 0450-60-10

:2007

(1) 

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

2

3

  共通事項

2

3.1

  通則

2

3.2

  用語及び定義

2

3.3

  ガスクロマトグラフ質量分析法

2

3.4

  化合物の名称

2

3.5

  水

2

3.6

  試薬

2

3.7

  ガラス器具類

3

3.8

  検量線

3

4

  試料

3

4.1

  試料の採取

3

4.2

  試料の取扱い

3

5

  試料の前処理

4

5.1

  試料の前処理の概要

4

5.2

  試薬

4

5.3

  器具

5

5.4

  操作

5

6

  ガスクロマトグラフ質量分析法

6

6.1

  ガスクロマトグラフ質量分析法の概要

6

6.2

  試薬

6

6.3

  器具及び装置

7

6.4

  操作

7

6.5

  検量線

9

7

  結果の表示

9

附属書 A(規定)溶媒抽出法

10

附属書 B(規定)試験に使用する水の質の確認方法

12

附属書 C(規定)試料中の懸濁物の除去方法及びろ紙上の懸濁物質中に残留する

対象物質の溶出方法

14

附属書 D(規定)シリカゲルを用いるカラムクロマトグラフ分離法

15

附属書 E(規定)カラムクロマトグラフ分離における溶出パターン及び回収率の確認方法

17

附属書 F(規定)4-ノニルフェノール標準品の異性体組成比  (%)  の求め方

19

附属書 G(規定)感度係数を用いる濃度の算出方法

20

附属書 H(規定)固相ディスクを用いる場合の操作

21


K 0450-60-10

:2007  目次

(2) 

ページ

附属書 I(参考)装置の定量範囲の下限値を確認する場合の方法

23


K 0450-60-10

:2007

(3) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,独立行政法人産業技術総合研究所 (AIST),

社団法人日本工業用水協会 (JIWA) 及び財団法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工

業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工

業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS K 0450

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS K 0450-10-10

  工業用水・工場排水中のビスフェノール A 試験方法

JIS K 0450-20-10

  工業用水・工場排水中のアルキルフェノール類試験方法

JIS K 0450-30-10

  工業用水・工場排水中のフタル酸エステル類試験方法

JIS K 0450-40-10

  用水・排水中のアジピン酸ビス(2-エチルヘキシル)試験方法

JIS K 0450-50-10

  用水・排水中のベンゾフェノン試験方法

JIS K 0450-60-10

  工業用水・工場排水中の 4-ノニルフェノールの異性体別試験方法


K 0450-60-10

:2007

(4) 

白      紙


   

日本工業規格

JIS

 K

0450-60-10

:2007

工業用水・工場排水中の

4-

ノニルフェノールの異性体別試験方法

Testing method for individual 4-nonylphenol isomers

in industrial water and wastewater

1

適用範囲

この規格は,工業用水及び工場排水中の 4-ノニルフェノール (CAS No.25154-52-3) の異性体のうち,

1

の異性体を,ガスクロマトグラフ質量分析法を用いて定量する試験方法について規定する。

表 14-ノニルフェノール異性体対象物質一覧

a)

No.

異性体名

分子式

記号 CAS

No.

1

4-

(2, 4-ジメチルヘプタン-4-イル)フェノール

4- (2, 4-dimethylheptan-4-yl) phenol

C

15

H

24

O NP1

未決定

2

4-

(2, 4-ジメチルヘプタン-2-イル)フェノール

4- (2, 4-dimethylheptan-2-yl) phenol

C

15

H

24

O NP2

未決定

3

4-

(3, 6-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール

4- (3, 6-dimethylheptan-3-yl) phenol

C

15

H

24

O NP3

未決定

4

b)

4-

(3, 5-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール

4- (3, 5-dimethylheptan-3-yl) phenol

C

15

H

24

O NP4

未決定

5

4-

(2, 5-ジメチルヘプタン-2-イル)フェノール

4- (2, 5-dimethylheptan-2-yl) phenol

C

15

H

24

O NP5

未決定

6

b)

4-

(3, 5-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール

4- (3, 5-dimethylheptan-3-yl) phenol

C

15

H

24

O NP6

未決定

7

4-

(3-エチル-2-メチルヘキサン-2-イル)フェノール

4- (3-ethyl-2-methylhexan-2-yl) phenol

C

15

H

24

O NP7

未決定

8

ピーク No.8 の物質

― NP8

未決定

9

4-

(3, 4-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール

4- (3, 4-dimethylheptan-3-yl) phenol

C

15

H

24

O NP9

未決定

10

4-

(3, 4-ジメチルヘプタン-4-イル)フェノール

4- (3, 4-dimethylheptan-4-yl) phenol

C

15

H

24

O NP10

未決定

11

4-

(2, 3-ジメチルヘプタン-2-イル)フェノール

4- (2, 3-dimethylheptan-2-yl) phenol

C

15

H

24

O NP11

未決定

12

4-

(3-メチルオクタン-3-イル)フェノール

4- (3-methyloctan-3-yl) phenol

C

15

H

24

O NP12

未決定

13

ピーク No.13 の物質

― NP13

未決定

a)

ここでいう 4-ノニルフェノール異性体とは,フェノールの 4 位(p-位)が,ノナン  [CH3 (CH2) 7CH3]  の
異性体(直鎖と側鎖との炭素数の和が 9)  で置換されたものである。ピーク番号は保持時間の順である。

b)

立体異性体 


2

K 0450-60-10

:2007

   

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 0050

  化学分析方法通則

JIS K 0094

  工業用水・工場排水の試料採取方法

JIS K 0101

  工業用水試験方法

JIS K 0102

  工場排水試験方法

JIS K 0123

  ガスクロマトグラフィー質量分析通則

JIS K 0211

  分析化学用語(基礎部門)

JIS K 0215

  分析化学用語(分析機器部門)

JIS K 0557

  用水・排水の試験に用いる水

JIS K 1107

  窒素

JIS K 8040

  アセトン(残留農薬・PCB 試験用)

(試薬)

JIS K 8117

  ジクロロメタン(残留農薬・PCB 試験用)

(試薬)

JIS K 8150

  塩化ナトリウム(試薬)

JIS K 8180

  塩酸(試薬)

JIS K 8251

  ガラスウール(試薬)

JIS K 8825

  ヘキサン(残留農薬・PCB 試験用)

(試薬)

JIS K 8891

  メタノール(試薬)

JIS K 8987

  硫酸ナトリウム(試薬)

JIS R 3503

  化学分析用ガラス器具

JIS R 3505

  ガラス製体積計

JIS Z 0701

  包装用シリカゲル乾燥剤

3

共通事項

3.1

通則

化学分析に共通する一般事項は,JIS K 0050 による。

3.2

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS K 0101JIS K 0102JIS K 0211 及び JIS K 0215 による。

3.3

ガスクロマトグラフ質量分析法

ガスクロマトグラフ質量分析法に共通する一般事項は,JIS K 0123 による。

3.4

化合物の名称

試験対象化合物の名称は,

表 による。

注記  試験対象化合物の名称は,社団法人日本化学会が定めた化合物命名法[国際純正・応用化学連

合 (IUPAC) の有機化学命名法に基づく]によるものを用い,記号で NP1∼NP13 と記載した。

3.5

水は,JIS K 0557 に規定する A1A4 の水とする。

3.6

試薬

試薬は,次による。

a)

試薬は,JIS に規定されているもので,試験に支障のないものを用いる。JIS に規定がない場合は,試


3

K 0450-60-10

:2007

験に支障のないものを用いる。

b)

液体試薬 A と液体試薬 B との混合溶液の濃度は,A−B (ab)  で表す。この表し方は,A と B とを a

mL

と b mL との割合で混合したことを示す。

c)

試薬類の名称は,国際純正・応用化学連合 (IUPAC) の無機化学命名法及び有機化学命名法を基にし

て,社団法人日本化学会が定めた化合物命名法及び JIS 試薬の名称と基本的に整合させている。

d)

試薬類,廃液類などによる室内汚染,人体への吸入及び付着に注意する。また,その取扱いは,関係

法令・規則などに従い,十分に注意する。

e)

標準液の濃度は,1 mL 中の質量(mg/mL,µg/mL 又は ng/mL)で表す。

f)

標準液の名称の後に括弧で示されている濃度は,正確な濃度であることを意味する。

g)

標準液の調製に使用する試薬は,国家計量標準(計量法第 134 条)にトレーサビリティが確保されて

いるものを用いることが望ましい。入手が困難な場合は,市販されている標準品の中で純度及び不確

かさが明らかなものを用いる。

3.7

ガラス器具類

ガラス器具類の共通事項は,次による。

a)

ガラス器具類は,特に指定がない限り JIS R 3503 及び JIS R 3505 に規定するものを用いる。また,加

熱操作を伴う場合には,JIS R 3503 に規定するほうけい酸ガラス−1 を用いる。

デシケーターに用いる乾燥剤は,特に指定がない限り JIS Z 0701 に規定する包装用シリカゲル乾燥

剤 A 形 1 種を用いる。

b)

ガラス器具類は,使用前に 5.2 a)  の水で洗浄した後,更にアセトン(JIS K 8040 に規定する濃縮 300

以上の品質のもの。

)で洗浄し,放置して,アセトンを揮散させる。その後,約 200  ℃で約 2  時間加

熱し,汚染のない場所で放冷する。

3.8

検量線

検量線の作成は,定量範囲内を 4∼6 段階に分け,ガスクロマトグラフ質量分析計へ導入する 4-ノニル

フェノールの量が各異性体の定量範囲の量に一致するように標準液をとる。

4

試料

4.1

試料の採取

4.1.1

試料容器

試料容器は,共栓ガラス瓶 1 000 mL を用いる。共栓の代わりにねじぶた(四ふっ化エチレン樹脂製のパ

ッキン付き)を用いてもよい。

4.1.2

採取操作

採取操作は,次による。

a)

表層水の採取  JIS K 0094 の 4.1.1 又は 4.1.2 による。

b)

各深度の水の採取  JIS K 0094 の 4.1.4 による。

c)

配管装置からの採取  JIS K 0094 の 4.3 による。

4.2

試料の取扱い

試験は試料採取後,直ちに行う。直ちに行えない場合には,0∼10  ℃の暗所に保存し,できるだけ早く

試験する。冷所に保存する場合には,凍結させないようにする。


4

K 0450-60-10

:2007

   

5

試料の前処理

5.1

試料の前処理の概要

試料に塩酸を加えて pH を約 3.5 に調節し,内標準物質として

13

C

標識化 4-ノニルフェノール (ring-

13

C

6

)

を加える。固相カラム又は固相ディスクを用い,加圧法又は減圧法で通水して対象物質を吸着させた後,

アセトン及びジクロロメタンで溶出する。これを脱水及び濃縮して,一定量とする。

注記 1  加圧法とは,試料を加圧状態で送り込む方法をいう。

注記 2  減圧法とは,試料を減圧状態として送り込む方法をいう。減圧法は,固相の通液抵抗のばら

つき,試料中の懸濁物などによって流量を一定に保つことが困難であるが,簡易な装置で一

度に多数の試料を処理できるなどの利点がある。

加圧法の装置は,調節部及びポンプ部から成る。調節部は,試料を通す時間及び通水流量を制御し,ポ

ンプ部は,シリンジを用いる方式などによる。試料導入用チューブは,四ふっ化エチレン樹脂製のものを

使用する。

減圧法の装置は,吸引用配管部及び吸引ポンプ又はアスピレーターからなる。試料中に懸濁物が多く含

まれる場合には,

前処理法として

附属書 の溶媒抽出法,又は附属書 の懸濁物除去方法を用いてもよい。

5.2

試薬

試薬は,次による。

a)

水  試薬の調製,操作及び空試験に用いる水は,3.5 の A4 又は A3 の水を用いる。水は,精製直後の

ものを用いる。水質の確認が必要な場合には,使用前に

附属書 の操作を行い,4-ノニルフェノール

の保持時間に相当する位置にピークのないことを確認する。更に精製が必要な場合には,JIS K 0557

の 4. 

備考 6.[有機体炭素 (TOC) の試験に用いる水]による方法又は A4 若しくは A3 の水を活性炭

などで処理する。

b)

塩酸  (1 mol/L)  JIS K 8180 に規定する塩酸を用いて調製する。

c)

硫酸ナトリウム  JIS K 8987 に規定する硫酸ナトリウムを,約 600  ℃で約 60  分間加熱した後,デシ

ケーター中で放冷する。

d)

アセトン  JIS K 8040 に規定する濃縮 300 以上のもの。使用前に,アセトン 10 mL を用いて A.4 e)  及

び f)  に準じた操作[ただし,フェナントレン-d

10

内標準液 (1

µg/mL)  の添加は行わない。]を行う。

次にこの溶液を用いて 6.4 c)  の操作を行い,4-ノニルフェノールの保持時間に相当する位置にピーク

のないことを確認する。開封後は,汚染のない場所に保存しておく。

e)

ジクロロメタン  JIS K 8117 に規定する濃縮 300 以上のもの。使用前に,100 mL を用いて A.4 e)  及

び f)  に準じた操作[ただし,フェナントレン-d

10

内標準液 (1

µg/mL)  の添加は行わない。]を行い,

この溶液を用いて 6.4 c)  の操作を行い,4-ノニルフェノールの保持時間に相当する位置にピークのな

いことを確認する。開封後は,汚染のない場所に保存しておく。

f)

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液  (10 

µg/mL)  市販されている

13

C

標識化 4-ノニルフェノール

標準液 (100

µg/mL) 1 mL をとり,あらかじめアセトン 2∼5 mL を入れた全量フラスコ 10 mL に移し,

アセトンを標線まで加える。保存する場合は,5  ℃以下の暗所にする。

なお,内標準物質として,重水素化 4-ノニルフェノール(4-ノニルフェノール-d

4

)を用いてもよい。

g)

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液  (0.1 

µg/mL)

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液 (10

µg/mL) 1 mL をとり,あらかじめアセトン 5∼10 mL を入れた全量フラスコ 100 mL に移し,アセトン
を標線まで加える。保存する場合は,5  ℃以下の暗所にする。

h)

フェナントレン-d

10

内標準液  (10 

µg/mL)  フェナントレン-d

10

 (C

14

-d

10

)

の  標準品 0.100 g をとり,あら


5

K 0450-60-10

:2007

かじめジクロロメタン 5∼10 mL を入れた全量フラスコ 100 mL に移し,ジクロロメタンを標線まで加

える。この溶液 1 mL を全量フラスコ 100 mL にとり,ジクロロメタンを標線まで加える。保存する場

合は,5  ℃以下の暗所にする。

i)

フェナントレン-d

10

内標準液  (

µg/mL)  フェナントレン-d

10

内標準液 (10

µg/mL) 1 mL を全量フラス

コ 10 mL にとり,ジクロロメタンを標線まで加える。保存する場合は,5  ℃以下の暗所にする。

j)

窒素  JIS K 1107 に規定する窒素 2 級。

5.3

器具

器具は,次による。

a)

目盛付き共栓試験管  0.5 及び 1 mL に目盛をもつ,容量 10∼20 mL のもの。

b)

固相カラム  内径 10 mm,長さ 30∼50 mm のカートリッジ。カラム充てん剤は,シリカゲルに逆相系

化合物を化学結合したもの又は合成吸着剤を充てんしたものとする。合成吸着剤は,多孔性のスチレ

ンジビニルベンゼン共重合体又はこれと同じ性能をもつものとする。使用前に,アセトン約 10 mL,

次いで水約 10 mL を通して洗浄する。

なお,固相は,市販品にディスク形のものもあり,これを用いてもよい。この場合,試料の流量及

び溶出溶媒の必要量は,あらかじめ確認しておく。

注記  固相カラムには,次のようなものがある。

Aqusis PLS-3, Excelpak SPE-ENV/124, InertSep RP-1, Oasis

TM

HLB, Sep-Pak PS-2

カートリッジ

形など。

5.4

操作

操作は,次による。

a)  4.1.2

で採取した試料を振り混ぜて均一化した後,その適量(例えば,1 L)をとり,塩酸 (1 mol/L) を

加えて pH を約 3.5 に調節し,

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液 (0.1

µg/mL) 1 mL を加えた後,

固相カラムに加圧法又は減圧法によって,試料を 5∼10 mL/min で通す。

なお,試料中に懸濁物が多量に含まれる場合には,C.4(操作)の操作を行い,これらの溶液を合わ

せて,塩酸 (1 mol/L) を加える以降の操作を行う。また,固相ディスクを用いる場合の操作は,H.3

(操作)の操作を行う。

b)

固相カラムに水 10 mL を流して固相カラムを洗浄した後,約 30 分間吸引し,水分を分離して除去す

る。

注記  長時間吸引すると,回収率が低下するおそれがあるので注意する。

c)

固相カラムの上端からジクロロメタン 5 mL を緩やかに通して対象物質を溶出させ,目盛付き共栓試

験管に受ける。

なお,ジクロロメタンの量は,あらかじめ対象物質を溶出するのに十分な量であることを確認して

おく。また,溶出流量は,カラムからの溶出液の液滴が連続しない程度とする。

d)

この目盛付き共栓試験管にフェナントレン-d

10

内標準液 (1

µg/mL)  を 1 mL 加えた後,約 40  ℃の水浴

中で加熱しながら,溶出液に窒素を緩やかに吹き付け,ジクロロメタンが約 1 mL になるまで濃縮す

る。続いて,硫酸ナトリウム約 0.3 g を加えて脱水する。ただし,硫酸ナトリウムはろ別しない。この

溶液を測定用溶液とする。

なお,直ちに 6.4 の操作を行わない場合は,この濃縮液を,−20  ℃の暗所に保存する。また,妨害

物質が共存する場合は,D.4(操作)及び E.4(操作)の操作を行う。窒素を吹き付ける操作では,濃

縮液が飛散しないように注意する。濃縮液の表面が動いているのがようやく見える程度に窒素の流量


6

K 0450-60-10

:2007

   

を調節する。また,乾固させると窒素の吹き付けによって対象物質が揮散することがあるので注意す

る。

e)

空試験用として,試料と同量の水を用いて a)∼d)  の操作を行い,空試験用の溶液とする。

6

ガスクロマトグラフ質量分析法

6.1

ガスクロマトグラフ質量分析法の概要

測定用溶液の一定量をガスクロマトグラフ質量分析計に導入し,選択イオン検出法(SIM 法)又は全イ

オン検出法(TIM 法)を用いて 4-ノニルフェノール類を測定し,検量線法又は

附属書 の感度係数法によ

って 4-ノニルフェノール類を定量する。

注記  対象異性体物質及びその定量範囲並びに繰返し分析精度(変動係数)を,表 に示す(いずれ

も装置及び測定条件によって定量範囲は異なる。

。繰返し分析精度は,標準液を用い,繰返し

試験で求めた変動係数 (%) の概略値である。

表 2−対象異性体物質,定量範囲及び繰返し分析精度

No.

対象物質

定量範囲

pg

分析精度

(変動係数)

%

1 4-

(2, 4-ジメチルヘプタン-4-イル)フェノール 20∼400 10∼20

2 4-

(2, 4-ジメチルヘプタン-2-イル)フェノール 10∼300 10∼20

3 4-

(3, 6-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール 20∼400 10∼20

4

 a)

 4-

(3, 5-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール 20∼400 10∼20

5 4-

(2, 5-ジメチルヘプタン-2-イル)フェノール 10∼300 10∼20

6

 a)

 4-

(3, 5-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール 20∼400 10∼20

7 4-

(3-エチル-2-メチルヘキサン-2-イル)フェノール 20∼400 10∼20

8

ピーク No.8 の物質 20∼400 10∼20

9 4-

(3, 4-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール 20∼400 10∼20

10 4-

(3, 4-ジメチルヘプタン-4-イル)フェノール 20∼400 10∼20

11 4-

(2, 3-ジメチルヘプタン-2-イル)フェノール 10∼300 10∼20

12 4-

(3-メチルオクタン-3-イル)フェノール 50∼700 10∼20

13

ピーク No.13 の物質 50∼700 10∼20

注記  使用する装置の定量範囲の下限値を確認する場合は,附属書 によるとよい。 

a)

立体異性体

6.2

試薬

試薬は,次による。

a)

ヘキサン  JIS K 8825 に規定する濃縮 300 以上のもの。使用前に,ヘキサン 50 mL を用いて A.4 e)  及

び f)  に準じた操作[ただし,フェナントレン-d

10

内標準液 (1

µg/mL)  の添加は行わない。]を行う。

次に,この溶液を用いて 6.4 c)  の操作を行い,4-ノニルフェノールの保持時間に相当する位置にピー

クのないことを確認する。開封後は,汚染のない場所に保存する。

b)  4-

ノニルフェノール標準液  (1 mg/mL)  4-ノニルフェノール [(C

15

H

24

O) (CAS No. 25154-52-3)]

の標準

品 0.100 g をとり,あらかじめヘキサン 5∼10 mL を入れた全量フラスコ 100 mL に移し,ヘキサンを

標線まで加える。保存する場合は,5  ℃以下の暗所にする。

なお,試験に使用する 4-ノニルフェノールの標準品は,あらかじめ各異性体(NP1−NP13)の組成

比を

附属書 によって求めたものを用いる。


7

K 0450-60-10

:2007

c)

4-

ノニルフェノール標準液  (10 

µg/mL)  4-ノニルフェノール標準液  (1 mg/mL) 1 mL をとり,あらかじ

めヘキサン 5∼10 mL を入れた全量フラスコ 100 mL に移し,ヘキサンを標線まで加える。保存する場

合は,5  ℃以下の暗所にする。

d)  4-

ノニルフェノール標準液  (

µg/mL)  4-ノニルフェノール標準液 (10 µg/mL) 10 mL をとり,あらか

じめヘキサン約 20 mL を入れた全量フラスコ 100 mL に移し,ヘキサンを標線まで加える。保存する

場合は,5  ℃以下の暗所にする。

e)

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液  (

µg/mL)  5.2 f)  

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液

(10

µg/mL) 1 mL をとり,あらかじめアセトン 2∼5 mL を入れた全量フラスコ 10 mL に移し,アセト

ンを標線まで加える。保存する場合は,5  ℃以下の暗所にする。

6.3

器具及び装置

器具及び装置は,次による。

a)

目盛付き共栓試験管  5.3 a)  による。

b)

マイクロシリンジ  1∼5

µL の容量の適切なもの,又は自動注入装置。マイクロシリンジは,操作及

び検量線作成で同じものを用いる。

c)

ガスクロマトグラフ質量分析計  (GC/MS)  次の条件を満たすもの。これらの条件は,装置及び測定条

件によって異なるので,最適となるように調整する。

1)

キャピラリーカラム用管  内径 0.2∼0.5 mm,長さ 30∼100 m のステンレス鋼,石英ガラス又はほ

うけい酸ガラス製のものとする。

2)

キャピラリーカラム  キャピラリーカラム用管の内壁にメチルシリコーン系固定相液体を厚さ 0.05

∼10

µm に被覆したものとする。メチルシリコーン系固定相液体は,5 %フェニル-95 %メチルシリ

コーンなど,又はこれと同等の分離性能をもつものを用いる。

注記  この試験に用いるキャピラリーカラムで,メチルシリコーン系固定相液体として 5 %フェ

ニル-95 %メチルシリコーンを用いたものが,CBP-5,CP-Sil8CB,DB-5,InertCap5,SPB-5,

Ultra-2

などの名称で市販されている。

3)

検出器  選択イオン検出法(SIM 法)又は全イオン検出法(TIM 法)が行えるもの。

4)

キャリヤーガス  ヘリウム(体積分率 99.999 9 %以上)を,線速度 20∼40 cm/s に調節して用いる。

5)

試料導入方法及び試料導入部温度  試料導入方法は,スプリットレス注入法(非分割導入方式)に

よる。試料導入部温度は,220∼280  ℃とする。

6)  GC/MS

接続部温度  250∼280  ℃とする。

7)

イオン源温度  250∼280  ℃とする。

8)

電子加速電圧  70 V とする。

9)

昇温プログラム  50∼280  ℃とする。

例 50 ℃で 4  分間保持し,280  ℃まで 8  ℃/min で昇温し,以後 5 分間保持する。

6.4

操作

操作は,次による。

a)

あらかじめガスクロマトグラフ質量分析計に,4-ノニルフェノール各異性体の選択イオンを設定して

おく。4-ノニルフェノールの選択した特定の質量電荷比  (m/z)  をもつイオン(選択イオン)の例を,

表 に示す。


8

K 0450-60-10

:2007

   

表 3−対象物質及び内標準物質の選択イオンの例

No.

対象物質

定量イオン

(m/z)

確認イオン

(m/z)

1 4-

(2, 4-ジメチルヘプタン-4-イル)フェノール 121

163

2 4-

(2, 4-ジメチルヘプタン-2-イル)フェノール 135

220

3 4-

(3, 6-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール 149

191

4

 a)

 4-

(3, 5-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール 149

191

5 4-

(2, 5-ジメチルヘプタン-2-イル)フェノール 135

107

6

 a)

 4-

(3, 5-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール 149

121

7 4-

(3-エチル-2-メチルヘキサン-2-イル)フェノール

135 107

8

ピーク No.8 の物質 163

121

9 4-

(3, 4-ジメチルヘプタン-3-イル)フェノール 149

107

10

4-

(3, 4-ジメチルヘプタン-4-イル)フェノール 163

121

11 4-

(2, 3-ジメチルヘプタン-2-イル)フェノール 135

220

12 4-

(3-メチルオクタン-3-イル)フェノール 191

149

13

ピーク No.13 の物質 135

107

13

C

標識化 4-ノニルフェノール 113

フェナントレン-d

10

 188

a)

立体異性体

b) 4-

ノニルフェノール標準液 (1

µg/mL) 1 mL を目盛付き共栓試験管にとり,

13

C

標識化 4-ノニルフェノ

ール内標準液 (0.1

µg/mL) 1 mL 及びフェナントレン-d

10

内標準液 (1

µg/mL) 1 mL を添加する。

c)

この 1

µL をマイクロシリンジでとり,ガスクロマトグラフ質量分析計に導入し,選択イオン検出法

(SIM 法)又は全イオン検出法(TIM 法)によって測定してそのクロマトグラムを記録し,4-ノニル

フェノールの異性体ごとの保持時間に相当するピークの位置を確認する。

d)  5.4

で得た測定用溶液 1

µL をマイクロシリンジでとり,c)  と同じ操作を行ってクロマトグラムを記録

し,c)  の保持時間と一致していることを確認し,保持時間に相当する位置のピークについて,指示値

としてピーク面積を読み取る。

試料中の 4-ノニルフェノールの各異性体の定量イオンと確認イオンとのフラグメントピーク強度比,

及び 4-ノニルフェノール標準液中の各異性体の定量イオンと確認イオンとのフラグメントピーク強度

比が±20 %以内にあれば,同じ物質が存在しているものとみなす。

e)

これら 4-ノニルフェノールの異性体ごとの指示値と

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの指示値との比

a

を求める。また,これとは別に

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの指示値とフェナントレン-d

10

の指示

値との比を求める。

f)

空試験として,5.4 で得た空試験溶液を用いて,d)  の操作を行い,4-ノニルフェノールの各異性体の

保持時間に相当する位置にピークが検出された場合は,4-ノニルフェノールの各異性体の指示値と

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの指示値との比  (b)  を求める。

g)

検量線を用い,4-ノニルフェノールの各異性体の指示値と

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの指示値と

の比[試料中の比  (a)  及び空試験の比  (b)]から,各標準と

13

C

標識化 4-ノニルフェノールとの質量

比(及び b)を求める。各異性体の組成比  (f)  を用い,次の式によって試料中の 4-ノニルフェノー

ル類の異性体ごとの濃度  (

µg/L)  を算出する。

検量線に代え,感度係数  (RF)  を求め,4-ノニルフェノールの量を求める場合の方法は,

附属書 G

による。


9

K 0450-60-10

:2007

v

n

f

b

a

x

000

1

)

(

×

×

×

=

ここに,

x

試料中の 4-ノニルフェノール類の異性体ごとの濃度  (

µg/L)

a

検量線から求めた対象物質と

13

C

標識化 4-ノニルフェノール

との質量比

b

空試験について検量線から求めた,対象物質と

13

C

標識化 4-

ノニルフェノールとの質量比

f

各異性体の組成比(

附属書 参照)

n

添加した

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの質量  (

µg)

v

試料 (mL)

1 000

: 試料 1 L に換算する係数 (mL/L)

h

)

試料中の 4-ノニルフェノールの濃度を算出するときは,試料に添加した

13

C

標識化 4-ノニルフェノー

ルの回収率が 50∼120 %にあることを確認しておく。確認操作は,次による。

1

)

検量線の作成において段階的にとった検量線作成用標準液中の,

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの

選択イオンによる指示値とフェナントレン-d

10

の選択イオンによる指示値との比をそれぞれ求め,

その平均値を算出する。

2

)  e)

で求めた試料中の,

13

C

標識化 4-ノニルフェノールとフェナントレン-d

10

との指示値の比,及び

1

)

で求めた比の平均値との比を求め,その百分率を回収率とする。

6.5

検量線

検量線は,次による。

a

) 4-

ノニルフェノール標準液 (1

µg/mL) 0.1∼7.0 mL をそれぞれ全量フラスコ 10 mL に段階的にとり,そ

れぞれに

13

C

標識化 4-ノニルフェノール標準液 (1

µg/mL) 1 mL を加えて,ヘキサンを標線まで加える。

これを検量線作成用標準液とする。

b

)

それぞれの一定量(試料と同量。例えば,1

µL)をマイクロシリンジでとり,6.4 d)  及び e)  の操作を

行う。

c

)

検量線作成用標準液中の 4-ノニルフェノールの濃度  (M

s

)

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの濃度

(M

i

)

との比

÷÷ø

ö

ççè

æ

i

s

M

M

を横軸にとり,4-ノニルフェノール異性体ごとの選択イオンにおける指示値(ピー

ク面積)(A

s

)

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの選択イオンにおける指示値  (A

i

)

との比

i

s

A

A

を縦軸に

とって,関係線を作成する。検量線の作成は,試料測定時に行う。

7

結果の表示

結果には,用いた試験方法,試料量,濃縮条件(例えば,濃縮量,カラムクロマトグラフ分離の有無な

ど。

,ガスクロマトグラフ質量分析計の測定条件[例えば,6.3 c)  の条件について,いずれかを選択した

事項など。

,ガスクロマトグラフへの導入量,ノニルフェノール異性体ごとの測定結果,6.4 h)  で確認し

た回収率などを記載する。


10

K 0450-60-10

:2007

   

附属書 A

規定)

溶媒抽出法

序文

この附属書は,試料中に懸濁物が多量に含まれる場合に適用する溶媒抽出法について規定する。

A.1

溶媒抽出法の概要

この方法は,試料に塩酸を加えて pH を約 3 に調節し,塩化ナトリウムを添加後,内標準物質として

13

C

標識化 4-ノニルフェノール (ring-

13

C

6

)

を加え,ジクロロメタンで対象物質を抽出した後,脱水,濃縮し,

一定量とするものである。

A.2

試薬

試薬は,次による。

a

)

水  5.2 a)  による。

b

)

塩酸  (1 mol/L)  5.2 b)  による。

c

)

塩化ナトリウム  JIS K 8150 に規定する塩化ナトリウムを約 600  ℃で約 60  分間加熱した後,デシケ

ーター中で放冷する。

d

)

硫酸ナトリウム  5.2 c)  による。

e

)

ジクロロメタン  5.2 e)  による。

f

)

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液  (0.1

µg/mL)  5.2 g)  による。

g

)

フェナントレン-d

10

内標準液  (

µg/mL)  5.2 i)  による。

h

)

窒素  5.2 j)  による。

A.3

器具

器具は,次による。

a

)

分液漏斗  2 000 mL のもの。

b

)

目盛付き共栓試験管  5.3 a)  による。

c

)

共栓三角フラスコ  100∼500 mL のもの。

d

)

濃縮器  ロータリーエバポレーター又は毛細管を付けないクデルナ−ダニッシュ濃縮器。

e

)

濃縮器用フラスコ  ロータリーエバポレーターを用いる場合はなす形フラスコ, クデルナ−ダニッシ

ュ濃縮器を用いる場合は,濃縮管付き濃縮フラスコとする。フラスコは,200∼300 mL の共通すり合

わせで濃縮器に接続できるもの。

f

)

振とう器

A.4

操作

操作は,次による。

a

)  4.1.2

で採取した試料の適量(例えば,1 L)を分液漏斗にとり,塩酸 (1 mol/L) を加えて pH を約 3 に

調節し,

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液 (0.1

µg/mL) 1 mL を加えた後,液量 1 L について塩


11

K 0450-60-10

:2007

化ナトリウム 30 g を加える。ジクロロメタン 50 mL を加え,振とう器を用いて約 10  分間振り混ぜ,

放置する。試料が海水の場合は,塩化ナトリウムの添加は行わない。

b

)

試料中に懸濁物が多量に含まれる場合には,C.4(操作)の操作を行い,C.4 a)  及び b)  の溶液を合わ

せて,A.4 a)  の塩酸 (1 mol/L) を加える以降の操作を行う。

c

)

ジクロロメタン層を共栓三角フラスコに移し入れる。分液漏斗の水層に,液量 1 L についてジクロロ

メタン 50 mL を加え,振とう器を用いて約 10 分間振り混ぜ,放置する。得られたジクロロメタン層

を先の共栓三角フラスコに合わせる。

d

)

共栓三角フラスコ中のジクロロメタン溶液 100 mL に硫酸ナトリウム 20∼30 g を加え,

軽く振り混ぜ,

約 10 分間放置して脱水する。使用前にジクロロメタンで洗浄したろ紙 5 種 A(又は 5 種 B)を用いて

ろ過し,ろ液を濃縮器用フラスコに受ける。ジクロロメタン溶液を入れた共栓三角フラスコは,少量

のジクロロメタンで 2 回又は 3 回洗浄する。さらに,その洗液で,先のろ紙及びろ紙上の硫酸ナトリ

ウムも洗浄し,洗液を濃縮器用フラスコに合わせる。

なお,脱水操作にはこのほかに,ジクロロメタン溶液を−20  ℃の暗所に保存し,水分を凍結させて

分離する方法もある。この方法は,濃縮操作を当日行わない場合に用いるとよい。

注記  硫酸ナトリウムの添加操作において,エマルションが生じた場合には,更に過剰に加える必

要がある。

e

)

濃縮器を用いて,約 40  ℃の水浴中で加熱しながら,ジクロロメタン溶液を約 5 mL になるまで濃縮す

る。

なお,濃縮器にロータリーエバポレーターを用いる場合は,約 40  ℃の水浴中で減圧濃縮し,乾固

しないように注意する。クデルナ−ダニッシュ濃縮器を用いる場合は,減圧方式ではなく,大気圧下

で 75  ℃以下で加熱して濃縮する。濃縮終了後,スニーダーカラムを濃縮部に付けたまま装置からと

り外し,スニーダーカラムの上部から少量のジクロロメタンを加えて洗浄し,スニーダーカラムを付

けたまま放冷する。

f

)

この濃縮液を目盛付き共栓試験管に移す。濃縮に用いた濃縮器用フラスコをジクロロメタン 2∼3 mL

で洗浄し,その洗液も目盛付き共栓試験管に合わせる。続いてフェナントレン-d

10

内標準液 (1

µg/mL)

1 mL

を加えた後,約 40  ℃の水浴中で加熱しながら,窒素を緩やかに吹き付け,約 1 mL になるまで

濃縮し,6.4 に用いる測定用溶液とする。

なお,直ちに 6.4 の操作を行わない場合は,この濃縮液を−20  ℃の暗所に保存する。また,妨害物

質が共存する場合は,D.4(操作)の操作を行う。

窒素を吹き付ける操作では,濃縮液が飛散しないように注意する。濃縮液の表面が動いているのが

ようやく見える程度に窒素の流量を調節する。また,乾固させると窒素の吹き付けによって対象物質

が揮散することがあるので注意する。

g

)

空試験用として試料に代え,試料と同量の水を分液漏斗にとり,a)∼e)  の操作を行い,6.4 に用いる

空試験用溶液とする。


12

K 0450-60-10

:2007

   

附属書 B

規定)

試験に使用する水の質の確認方法

序文

この附属書は,この規格の試料の前処理,試薬の調製,空試験などに使用する水が,4-ノニルフェノー

ルに相当する位置にピークのないことを確認する方法について規定する。

B.1

水質の確認方法の概要

この方法は,試料の前処理,試薬の調製,空試験などに使用する水について,この操作を行った後,試

料の測定に用いるガスクロマトグラフ質量分析計に導入し,4-ノニルフェノールに相当する位置にピーク

のないことを確認するものである。

B.2

試薬

試薬は,次による。

a

)

塩酸  (1 mol/L)  5.2 b)  による。

b

)

硫酸ナトリウム  5.2 c)  による。

c

)

ジクロロメタン  5.2 e)  による。

d

)

窒素  5.2 j)  による。

B.3

器具及び装置

器具及び装置は,次による。

a

)

目盛付き共栓試験管  5.3 a)  による。

b

)

ろ過器(分離形)

c

)

共栓三角フラスコ  100∼500 mL のもの。

d

)

濃縮器  ロータリーエバポレーター又は毛細管を付けないクデルナ−ダニッシュ濃縮器。

e

)

濃縮器用フラスコ  ロータリーエバポレーターを用いる場合はなす形フラスコ,クデルナ−ダニッシ

ュ濃縮器を用いる場合は,濃縮管付き濃縮フラスコとする。フラスコは,200∼300 mL の共通すり合

わせで濃縮器に接続できるもの。

f

)

マイクロシリンジ  6.3 b)  による。

g

)

ガスクロマトグラフ質量分析計  (GC/MS)  6.3 c)  による。

B.4

操作

操作は,次による。

a

)

試験に使用する水(3.5 の A4 又は A3 の水)1 L をとり,塩酸 (1 mol/L) を加えて pH を約 3.5 に調節

し,ジクロロメタン 50 mL を加え,振とう器を用いて約 10 分間振り混ぜ,放置する。

b

)

ジクロロメタン層を共栓三角フラスコに移し,硫酸ナトリウム 10∼15 g を加え,軽く振り混ぜて脱水

し,ろ紙 5 種 A 又は 5 種 B を用いてろ過し,ろ液を濃縮器用フラスコに受ける。

c

)

濃縮器を用いて,約 40  ℃の水浴中で加熱しながら,ジクロロメタン溶液を約 5 mL になるまで濃縮す


13

K 0450-60-10

:2007

る。

d

)

濃縮液を目盛付き共栓試験管に移し,約 40  ℃の水浴中で加熱しながら,窒素を緩やかに吹き付け,

約 1 mL になるまで濃縮する。

e

)

この溶液 1

µL をマイクロシリンジでとり,6.4 a)  及び c)  の操作を行い,対象物質の保持時間に相当

する位置にピークのないことを確認する。


14

K 0450-60-10

:2007

   

附属書 C 

規定)

試料中の懸濁物の除去方法及び

ろ紙上の懸濁物質中に残留する対象物質の溶出方法

序文

この附属書は,試料中に懸濁物が多量に含まれる場合の,ろ過による懸濁物の除去方法及びろ紙上の懸

濁物質中に残留する対象物質の溶出方法について規定する。

C.1

懸濁物除去方法及び対象物質の溶出方法の概要

この方法は,箇条 の試料の前処理及び

附属書 の溶媒抽出法の操作を行う前に,試料中に多量に存在

する懸濁物を,吸引ろ過して除去し,更に超音波洗浄器を用いてろ紙上に残る懸濁物中の対象物質をアセ

トンで溶出する操作を規定するものである。

C.2

試薬

試薬は,次による。

a

)

アセトン  5.2 d)  による。

C.3

器具及び装置

用いる器具及び装置は,次による。

a

)

ろ過器(分離形)

b

)

ろ過材  孔径 1

µm のガラス繊維ろ紙。

c

)

超音波洗浄器

d

)

濃縮器  A.3 d)  による。

e

)

濃縮器用フラスコ  A.3 e)  による。

C.4

操作

操作は,次による。

a

)  4.1.2

で採取した試料を振り混ぜ,懸濁物を均一に分散した後,その適量をとり,アセトンで洗浄した

ろ過材を用いて吸引ろ過する。

b

)

ろ過材上の懸濁物は,ろ過材ごとビーカーに移してアセトン約 10 mL を加え,超音波洗浄器を用いて

溶出操作を 2 回又は 3 回行う。溶出液を合わせ,濃縮器を用いて減圧濃縮を行い,約 5 mL にする。

c

)

a

)

のろ液及び b)  の濃縮液をビーカーに移し,続いて,5.4 a)∼e)  の操作又は A.4 a)∼f)  の操作を行

う。


15

K 0450-60-10

:2007

附属書 D 

規定)

シリカゲルを用いるカラムクロマトグラフ分離法

序文

この附属書は,試料の前処理[5.4 c)  又は A.4 e)]において,試料中に妨害物質が共存する場合の前処

理として,シリカゲルを用いるカラムクロマトグラフ分離法について規定する。

D.1

シリカゲルを用いるカラムクロマトグラフ分離法一般

5.4 c

)

又は A.4 e)  の操作を行った後,この方法を適用する。

D.2

試薬

試薬は,次による。

a

)

水  5.2 a)  による。

b

)

硫酸ナトリウム  5.2 c)  による。

c

)

ジクロロメタン  5.2 e)  による。

d

)

ヘキサン  6.2 a)  による。

e

)

ジクロロメタン−ヘキサン混合液(37

f

)

ジクロロメタン−ヘキサン溶離液(32

D.3

器具

器具は,次による。

a

)

目盛付き共栓試験管  5.3 a)  による。

b

)

共栓三角フラスコ  A.3 c)  による。

c

)

濃縮器  A.3 d)  による。

d

)

濃縮器用フラスコ  A.3 e)  による。

e

)

カラムクロマトグラフ管  カラムクロマトグラフ管は,次による。

1

)

カラム用管  内径約 2 cm,長さ約 20 cm のコック付きガラス管。

2

)

カラム充てん剤  カラムクロマトグラフ用のシリカゲル(粒径 150∼250

µm)を約 130  ℃で 15  時

間以上加熱した後,デシケーター中で放冷する。その 95 g を共栓三角フラスコにとり,かき混ぜな

がら,水 5 mL を滴加する。軽く栓をし,発熱が終了するまで静かに混合する。さらに,振とう器

で約 30  分間振り混ぜる。

3

)

カラムクロマトグラフ管の作り方  カラム用管の底部に JIS K 8251 に規定するガラスウール(あら

かじめヘキサンで洗浄したもの)を詰め,少量のヘキサンを加えてガラスウール間の気泡を除去す

る。次いで,2)  のカラム充てん剤約 15 g をビーカーにとり,ヘキサンを加えてスラリー状にし,

これを気泡が入らないようにカラム用管に流し込む。その上部に硫酸ナトリウムを約 2 cm になるよ

うに積層した後,コックを操作し,ヘキサンが硫酸ナトリウム層よりわずかに上部になるようにす

る。

4

)

カラムクロマトグラフ管の確認  3)  でカラムクロマトグラフ管として調製したものについて,対象


16

K 0450-60-10

:2007

   

物質の保持時間にピークの生じないことを,次の操作によって確認する。

−  処理したシリカゲルの 15 g を,3)  でカラムクロマトグラフ管とし,D.4 の b)∼e)  の操作を行い,

その濃縮液 1

µL をとる。

−  6.4 c)  によって各対象物質の保持時間に相当する位置にピークのないことを確認する。

注記  カラム用管に流し込む場合,カラム用管にカラム充てん剤を均一に充てんするために,充

てん剤を流し込んだ後,カラム用管に縦横の振動を与えるとよい。

f

)

円筒形滴下漏斗  カラムクロマトグラフ用の 200 mL。

D.4

操作

操作は,次による。

a

)  5.4 c) 

又は A.4 e)  で得た溶液をフェナントレン-d

10

内標準液の添加をせずに,5.4 d)  又は A.4 f)  の操

作を行い,その全量をカラムクロマトグラフ管の上部から流し込み,コックを操作して液面を硫酸ナ

トリウム層よりわずかに上部になるようにする。濃縮液が入っていた目盛付き共栓試験管の内壁をジ

クロロメタン 0.5∼1 mL で洗い,洗液はカラムクロマトグラフ管に流し込む。

b

)

カラムクロマトグラフ管の上部に円筒形滴下漏斗を装着し,ジクロロメタン−ヘキサン混合液(3+7)

50 mL

を入れ,約 1 mL/min で流下し,ジクロロメタン−ヘキサン混合液(3+7)が硫酸ナトリウム層

のわずか上部にある状態でコックを閉め,流出液は捨てる。

c

)

引き続いてカラムクロマトグラフ管の上部の円筒形滴下漏斗から,ジクロロメタン−ヘキサン溶離液

(3+2)100 mL を約 1 mL/min で流下し,対象物質を溶出させ,溶出液を濃縮器用フラスコに受ける。

なお,

附属書 によってあらかじめ溶出パターン及び回収率を確認しておくとよい。

d

)  A.4 e)

の操作を行い,ジクロロメタン−ヘキサン溶離液を濃縮する。

e

)

引き続き A.4 f)  の操作を行い,6.4 に用いる測定用溶液とする。

f

)

空試験として,5.4 e)  又は A.4 g)  で得た空試験用溶液の全量をカラムクロマトグラフ管の上部から流

し込み,a)∼e)  の操作を行い,空試験用溶液とする。


17

K 0450-60-10

:2007

附属書 E

規定)

カラムクロマトグラフ分離における溶出パターン及び回収率の確認方法

序文

この附属書は,

附属書 のカラムクロマトグラフ分離操作において,ジクロロメタン−ヘキサン混合液

(3+7)及びジクロロメタン−ヘキサン溶離液(3+2)による対象物質の溶出パターン及び回収率を確認

する方法について規定する。

E.1

溶出パターン及び回収率の確認方法

E.2

試薬

試薬は,次による。

a

)

硫酸ナトリウム  5.2 c)  による。

b

)

ジクロロメタン  5.2 e)  による。

c

)

ヘキサン  6.2 a)  による。

d

)

ジクロロメタン−ヘキサン混合液(37)  D.2 e)  による。

e

)

ジクロロメタン−ヘキサン溶離液(32)  D.2 f)  による。

f

)

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液  (

µg/mL)  5.2 f)  の

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液

(10

µg/mL)1 mL をとり,あらかじめヘキサン 2∼5 mL を入れた全量フラスコ 10 mL に移し,ヘキ

サンを標線まで加える。保存する場合は,5  ℃以下の暗所にする。

g

)  4-

ノニルフェノール標準液  (

µg/mL)  6.2 d)  による。

h

)

フェナントレン-d

10

内標準液  (

µg/mL)  5.2 i)  による。

i

)

窒素  5.2 j)  による。

E.3

器具及び装置

用いる器具及び装置は,次による。

a

)

目盛付き共栓試験管  5.3 a)  による。

b

)

濃縮器  A.3 d)  による。

c

)

濃縮器用フラスコ  A.3 e)  による。

d

)

カラムクロマトグラフ管  D.3 e)  による。

e

)

円筒形滴下漏斗  D.3 f)  による。

f

)

マイクロシリンジ  6.3 b)  による。

g

)

ガスクロマトグラフ質量分析計  (GC/MS)  6.3 c)  による。

E.4

操作

操作は,次による。

a

) 4-

ノニルフェノール標準液 (1

µg/mL) 2 mL を目盛付き共栓試験管にとり,

13

C

標識化 4-ノニルフェノ

ール内標準液 (1

µg/mL) 1 mL を添加する。この目盛付き共栓試験管を,約 40  ℃の水浴中で加熱しな


18

K 0450-60-10

:2007

   

がら,窒素を緩やかに吹き付け,約 1 mL になるまで濃縮する。

b

)  a)

の全量を,カラムクロマトグラフ管の上部から流し込む。

c

)

コックを操作して,液面を硫酸ナトリウム層よりわずかに上部になるようにする。

d

)

続いて,D.4 b)  の操作を行い,流出する溶液 10 mL を 1 画分として,別々の目盛付き共栓試験管にと

る。

e

)

さらに,D.4 c)  の操作を行い,最初から流出する溶液約 10 mL を 1 画分として,別々の目盛付き共栓

試験管にとる。

f

)

それぞれの目盛付き共栓試験管に 5.2 i)  のフェナントレン-d

10

内標準液 (1

µg/mL) 1 mL を加え,約

40

℃の水浴中で加熱しながら,窒素を緩やかに吹き付け,約 1 mL になるまで濃縮する。

g

)

別に,

4-

ノニルフェノール標準液 (1

µg/mL) 0.1∼1 mL 及び

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液 (1

µg/mL) 0.1∼1 mL を目盛付き共栓試験管に段階的にとり,それぞれにフェナントレン-d

10

内標準液 (1

µg/mL) 1 mL を加え,目盛付き共栓試験管を,約 40  ℃の水浴中で加熱しながら,窒素を緩やかに吹き
付け,約 1 mL になるまで濃縮する。

h

)

次いで,6.4 d)  の操作を行う(ただし,4-ノニルフェノールの確認操作を除く。

i

) 4-

ノニルフェノール標準液の質量とフェナントレン-d

10

内標準液の質量との比を横軸にとり,4-ノニル

フェノール標準液の質量とフェナントレン-d

10

内標準液の指示値との比を縦軸にとり,4-ノニルフェノ

ール標準とフェナントレン-d

10

内標準との関係線を作成する。

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液

も同様に操作し,

13

C

標識化 4-n-ノニルフェノール内標準 (1

µg/mL)  とフェナントレン-d

10

内標準との

関係線を作成する。

この検量線を用いて,4-ノニルフェノール及び

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの溶出パターン並び

に回収率を求める。


19

K 0450-60-10

:2007

附属書 F

規定)

4-

ノニルフェノール標準品の異性体組成比  (%)  の求め方

序文

この附属書は,4-ノニルフェノール標準品の各異性体の組成比の求め方について規定する。

F.1

組成比の確認方法

組成比の確認は,次による。

F.2

試薬

試薬は,次による。

a

)

ヘキサン  6.2 a)  による。

b

)  4-

ノニルフェノール標準液  (10 

µg/mL)  6.2 b)  の 4-ノニルフェノール標準液  (1 mg/mL) 1 mL を,あ

らかじめヘキサン 2∼5 mL を入れた全量フラスコ 100 mL にとり,ヘキサンを標線まで加える。保存

する場合は,5  ℃以下の暗所にする。

F.3

器具及び装置

用いる器具及び装置は,次による。

a

)

目盛付き共栓試験管  5.3 a)  による。

b

)

マイクロシリンジ  6.3 b)  による。

c

)

ガスクロマトグラフ

1

)

キャピラリーカラム用管  6.3 c) 1)  による。

2

)

キャピラリーカラム  6.3 c) 2)  による。

3

)

検出器  水素炎イオン化検出器 (FID)

4

)

キャリヤーガス  ヘリウム(体積分率 99.999 9 %以上)で,線速度は 20∼40 cm/s に調節して用いる。

5

)

試料導入方法及び試料導入部温度  試料導入方法は,スプリットレス注入法(非分割導入方式)に

よる。試料導入部温度は,220∼280  ℃とする。

6

)

検出器温度  280  ℃とする。

7

)

昇温プログラム  50∼280  ℃とする。

例 50 ℃で 4  分間保持し,280  ℃まで 8  ℃/min で昇温し,以後,5 分間保持する。

F.4

操作

操作は,次による。

a

) 4-

ノニルフェノール標準液 (10

µg/mL) 1 µL をマイクロシリンジでとり,ガスクロマトグラフに導入し,

FID

検出器によって測定してそのクロマトグラムを記録する。4-ノニルフェノールの異性体(NP1∼

NP13

)ごとの保持時間に相当するピークの位置を確認し,その指示値からピーク面積を読み取る。

b

)

得られた面積を合計し,ピークの総面積に対する各異性体の面積比から組成比を求める。


20

K 0450-60-10

:2007

   

附属書 G 

規定)

感度係数を用いる濃度の算出方法

序文

この附属書は,6.5 の検量線に代え,検量線が直線性を示す場合に,異性体ごとの平均感度係数( RF 

を求め,

これによって試料中のノニルフェノールの各異性体濃度を求める方法について規定する。

ただし,

検量線が直線性にならない場合には,この方法は適用できない。

G.1

濃度の算出方法

濃度の算出は,次による。

a

)  6.5 a)

c)  で得られた 4-ノニルフェノールの各異性体の各濃度で得た指示値及び,

13

C

標識化 4-ノニル

フェノールの指示値から,各異性体の各濃度段階の感度係数  (RF)  は,次の式によって算出する。

)

(

f

C

C

A

A

RF

s

is

is

st

×

×

=

ここに,

A

st

各異性体の指示値

A

is

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの指示値

C

is

検量線作成用標準液中の

13

C

標識化 4-ノニルフェノール  (

µg)

C

s

検量線作成用標準液中の 4-ノニルフェノール  (

µg)

f

異性体の組成比

b

)

各異性体について得られた濃度段階の感度係数の平均値を求め,平均感度係数  ( RF )  とする。

c

)

各異性体の濃度  (

µg/L)  は,次の式によって算出する。

Ve

RF

A

Is

A

N

is

s

×

×

×

=

ここに,

N

試料中の各異性体の濃度  (

µg/L)

A

s

試料中の各異性体の指示値

is

A'

13

C

標識化 4-ノニルフェノールの指示値

Is

添加した

13

C

標識化 4-ノニルフェノール  (

µg)

Ve

試料 (L)


21

K 0450-60-10

:2007

附属書 H 

規定)

固相ディスクを用いる場合の操作

序文

この附属書は,箇条 の試料の前処理で,固相ディスクを用いる場合の操作について規定する。

H.1

試薬

試薬は,次による。

a

)

アセトン  5.2 d)  による。

b

)

ジクロロメタン  5.2 e)  による。

c

)

メタノール  JIS K 8891 に規定するもの。使用前に,10 mL を用いて  A.4 e)  及び f)  に準じた操作を

行い,この溶液を用いて 6.3 c)  の操作を行い,4-ノニルフェノールの保持時間に相当する位置にピー

クのないことを確認する。開封後は,汚染のない場所に保存しておく。

d

)

硫酸ナトリウム  5.2 c)  による。

e

)

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液  (0.1 

µg/mL)  5.2 g)  による。

f

)

フェナントレン-d

10

内標準液  (

µg/mL)  5.2 i)  による。

H.2

器具

器具は,次による。

a

)

目盛付き共栓試験管  5.3 a)  による。

b

)

ろ過器(分離形)

c

)

固相ディスク  直径 47 mm 又は 90 mm の繊維状四ふっ化エチレン樹脂製のメンブレンフィルターに

スチレンジビニルベンゼン共重合体を固定したもの,又はこれと同等の性能をもつもの。

固相ディスクは,次の操作によって,使用直前に調製する。

1

)

固相ディスクをろ過器(分離形)の固相ディスク保持台にしわが生じないように乗せ,アセトン 2

∼3 mL で潤した後,減圧状態でディスクを固定し,上部ろ過管を取り付ける。

2

)

減圧状態でジクロロメタン 15 mL を注ぎ,固相ディスクを洗浄する。洗浄は,固相ディスク全面を

均等に潤すようにし,固相ディスク表面にジクロロメタンが少量残った状態で,吸引を休止し,約

1

分間放置した後,ジクロロメタンを完全に吸引する。

3

)

引き続き,メタノール 10 mL を注ぎ,固相ディスク全面を均等に潤すようにし,固相ディスク表面

にメタノールが少量残った状態で,吸引を休止し,約 1 分間放置する。

4

)

減圧状態とし,これに水 15 mL を 3∼5 回に分けて注ぐ。最後の水を加えた後,固相ディスク表面

に水が少量残った状態で,吸引を休止し,約 1 分間放置する。

注記  市販の固相ディスクには,エムポアディスク SDB-RPS などがある。

H.3

操作

操作は,次による。

a

)  4.1.2

で採取した試料を振り混ぜ均一化した後,その適量(例えば,1 L)をとり,塩酸 (1 mol/L) を加


22

K 0450-60-10

:2007

   

えて pH を約 3.5 に調節する。これに,

13

C

標識化 4-ノニルフェノール内標準液 (0.1

µg/mL) 1 mL を加

えた後,固相ディスクに減圧法によって,試料を 100∼150 mL/min で通す。

試料中に懸濁物が多量に含まれる場合には,C.4(操作)の操作を行い,これらの溶液を合わせて,

塩酸 (1 mol/L) を加える以降の操作を行う。

注記  懸濁物が多い試料の場合は,表面にガラスビーズ(直径約 40

µm。あらかじめメタノールで

洗浄しておく。

)を敷いて目詰まりを防いでもよい。

b

)

固相ディスクに水 20 mL を流して洗浄した後,約 10 分間吸引し,水分を分離除去する。ディスクの

下部に目盛付き共栓試験管を取り付け,続いて c)∼e)  の操作を行う。

c

)

b

)

の操作に続いて減圧状態を休止し,アセトン 2 mL を注ぎ,約 1 分間放置する。

d

)

放置後,ジクロロメタン 10 mL を加えて,自然流下で対象物質を溶出させ目盛付き共栓試験管に受け

る。自然流下で通液できない場合は,減圧する。

注記  ジクロロメタンの量は,あらかじめ対象物質を溶出するのに十分な量であることを確認して

おく。

e

)

目盛付き共栓試験管中の溶出液を,硫酸ナトリウム 10∼20 g を入れた漏斗に注ぎ,脱水する。共栓試

験管を少量のジクロロメタンで洗浄し,この洗液も漏斗に注ぐ。流出液の受器には,目盛付き共栓試

験管を用いる。

f

)

この目盛付き共栓試験管にフェナントレン-d

10

内標準液 (1

µg/mL)  を 1 mL 加えた後,約 40  ℃の水浴

中で加熱しながら,溶出液に窒素を緩やかに吹き付け,ジクロロメタンが 1 mL になるまで濃縮する。

続いて,硫酸ナトリウム約 0.3 g を加えて脱水する。ただし,硫酸ナトリウムはろ別しない。この溶液

を 6.4 に用いる測定用溶液とする。

なお,直ちに 6.4 の操作を行わない場合は,この濃縮液を−20  ℃の暗所に保存する。また,妨害物

質が共存する場合は,D.4(操作)及び E.4(操作)の操作を行う。

窒素を吹き付ける操作では,濃縮液が飛散しないように注意する。濃縮液の表面が動いているのが

ようやく見える程度に窒素の流量を調節する。また,乾固すると窒素の吹付けによって対象物質が揮

散することがあるので注意する。

g

)

空試験用として,試料に代え,試料と同量の水を用いて a)∼f)  の操作を行い,空試験用溶液とする。


23

K 0450-60-10

:2007

附属書 I

参考)

装置の定量範囲の下限値を確認する場合の方法

序文

この附属書は,本体に関連する事柄を補足するもので,装置の検出下限値から,定量範囲の下限値を確

認する方法を参考として示すものであり,規定の一部ではない。

I.1

定量範囲の下限値の算出方法

定量範囲の下限値の算出方法は,次による。

a

)  6.2 d) 

の 4-ノニルフェノール標準液 (1

µg/mL) 1 mL を全量フラスコ 10 mL にとり,E.2 f)  

13

C

標識

化 4-ノニルフェノール内標準液 (1

µg/mL) 1 mL を加え,ヘキサンを標線まで加える。

b

)

この溶液の 1

µL をマイクロシリンジでとり,ガスクロマトグラフ質量分析計に導入し,6.4 a),d),

e

)

及び g)  によって定量する。

c

)

a

) 

及び b)  の操作を 5 回以上繰り返す。

d

)

得られた測定値から,標準偏差を次の式によって求め,その 3 倍を装置の検出下限値,10 倍を装置の

定量下限値とする。

(

)

1

2

n

x

x

S

i

å

ここに,

S

: 標準偏差

x

i

: 個々の測定値

x

: 測定値の平均値

n

: 測定回数

ここで得られた装置の検出下限値が,対象物質の定量下限値より大きい場合には,器具,機器など

を確認して,これらの値以下になるように調整する。

この装置の検出下限値及び定量下限値は,使用する装置の状態などによって変動するため,ある一

定の周期で確認し,常に十分な値が得られるように管理する。また,使用する装置及び測定条件を変

更した場合などには,必ず確認する。

参考文献

ISO 18857-1 : 

2005, Water quality

Determination of selected alkylphenols

Part 1 : Method for

non-filtered samples using liquid-liquid extraction and gas chromatography with mass selective

detection