>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

ベンゾフェノン試験方法

K 0450-50-10

:2004

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日

本工業規格である。

JIS K0450-50-10

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(規定)活性けい酸マグネシウムによるカラムクロマトグラフ分離

附属書 2(規定)感度係数(RF)を用いる濃度の算出方法

附属書 3(参考)定量範囲の下限値を確認する方法


K 0450-50-10

:2004

(2) 

目  次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  共通事項

1

4.

  試料

2

4.1

  試料の採取 

2

4.2

  試料の取扱い 

2

5.

  試料の前処理 

3

5.1

  試薬

3

5.2

  器具

3

5.3

  操作

4

6.

  ガスクロマトグラフ質量分析法

6

6.1

  試薬

6

6.2

  器具及び装置 

7

6.3

  準備操作 

7

6.4

  操作

7

7.

  結果の表示 

9

附属書 1(規定)活性けい酸マグネシウムによるカラムクロマトグラフ分離

10

附属書 2(規定)感度係数(RF)を用いる濃度の算出方法 

11

附属書 3(参考)定量範囲の下限値を確認する方法 

12

解  説 

13

 


日本工業規格

JIS

 K

0450-50-10

:2004

用水・排水中のベンゾフェノン試験方法

Testing method for benzophenone in industrial water and wastewater

1.

適 用 範 囲   こ の 規 格 は , 工 業 用 水 及 び 工 場 排 水 中 の ジ フ ェ ニ ル メ タ ノ ン [ ベ ン ゾ フ ェ ノ ン

(C

13

H

10

O)(CAS No.119-61-9)]

の試験方法について規定する。

2.

引用規格  付表 1 に示す規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成

する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

3.

共通事項  共通事項は,次による。

a) 

通則  化学分析に共通する一般事項は,JIS K 0050 による。

b) 

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS K 0101JIS K 0102JIS K 0211 及び JIS K 0215 

よる。

c) 

ガスクロマトグラフ質量分析法  ガスクロマトグラフ質量分析法に共通する一般事項は,JIS K 0123

による。

d) 

化合物の名称  化合物の名称は,社団法人日本化学会が定めた化合物命名法[国際純正及び応用化学連

合(IUPAC)の有機化学命名法]によるものを用い,その末尾に慣用名を括弧で記載してある。

e) 

定量範囲  試験方法に示してある定量範囲は,ガスクロマトグラフ質量分析計に導入した溶媒中の目

的成分の質量(pg)で示す。

f) 

分析精度  分析精度は,試験方法の定量下限値付近において繰返し試験で求めた変動係数(%)で示す

(

1

)

(

1

変動係数(%)=

ここに,

s

標準偏差

x

平均値

g) 

水  空試験などに用いる水は,JIS K 0557 の A4 又は A3 の水とする(

2

)

使用前に,水 1 L を分液漏斗にとり,5.1 a)の塩化ナトリウム 50 g と 5.1 d)のヘキサン 100 ml とを加

え,振とう器を用いて約 10  分間振り混ぜ,放置する。これを 5.3 b)∼d),j)及び k)の操作[ただし,5.1 

i)

のナフタレン-d

8

内標準液(10  μgC

10

H

8

-d

8

/ml)

の添加は行わない。]を行い,6.4a)によってその濃縮液

1

μl をマイクロシリンジでとり,ガスクロマトグラフ質量分析計に導入し,ベンゾフェノンの保持

時間に相当する位置にピークのないことを確認する(

3

)

(

2

ガラス器具類の洗浄に用いる水は,JIS K 0557 の A2 又は A3 の水を用いてもよい。

(

3

精製が必要な場合には,JIS K 0557 の 4.

備考 6.による。又は A4 又は A3 の水を活性炭などで処

理する。

100

×

x

s


2

K 0450-50-10

:2004

h) 

試薬  試薬についての共通事項は,次による。

1) 

試薬は,JIS に規定されているもので試験に支障のないものを用いる。JIS に規定されていないもの

は,試験に支障のないものを用いる。

2) 

標準液の濃度は,mg/ml 又はμg/ml で表す。

3) 

液体試薬の混合溶液は,試薬 A-試薬 B(a+b)で表す。この表し方は,試薬 A の a ml と試薬 B の b ml

とを混合したことを示す。

4) 

標準液の名称の後に括弧で示されている濃度は,正確な濃度であることを意味する。

5) 

試薬類の名称は,国際純正及び応用化学連合(IUPAC)の無機化学命名法及び有機化学命名法を基に

して社団法人日本化学会が定めた化合物命名法,及び JIS 試薬の名称とできるだけ整合させている。

6) 

標準液の調製に使用する化合物は,純度既知のものを用いる。この規格では,

“標準品”と記述して

ある。それらの中には類似した化合物が不純物として含まれることが多いので,試験に支障のない

ものを使用する。

7) 

試薬類及び廃液などの取扱については,関係法令規則などに従い,十分に注意する。

i) 

ガラス器具類  ガラス器具類についての共通事項は,次による。

1) 

ガラス器具類は,特に断らない限り JIS R 3503 及び JIS R 3505 に規定するものを使用する。また,

加熱操作を伴う場合には,JIS R 3503 に規定するほうけい酸ガラス-1 を用いる。

デシケーターに用いる乾燥剤は,特に断らない限りシリカゲル(

4

)

とする。

2) 

試験に用いるガラス器具類は,使用前にあらかじめ水で洗浄した後,更にアセトン(JIS K 8040 に規

定する

濃縮  300 以上の品質のもの。)で洗浄し,放置してアセトンを揮散させた後,200  ℃以上で 2

時間以上加熱し,汚染のないところで放冷する。

(

4

) JIS Z 0701

に規定する包装用シリカゲル乾燥剤 A 形 1 種を用いる。

j) 

検量線  検量線の作成に当たっては,試験方法に示される定量範囲内を 4∼6  段階に分け,ガスクロ

マトグラフ質量分析計への導入時の濃度に一致するように標準液をとり,定量範囲内について作成す

る。

4.

試料

4.1

試料の採取  試料の採取は,次による。

4.1.1

器具  器具は,次による。

a) 

試料容器  共栓ガラス瓶 1 000 ml(

5

)

(

5

共栓の代わりに,四ふっ化エチレン樹脂製のパッキン付きねじぶたを用いたものでもよい。

4.1.2

採取操作  採取操作は,次による。

a) 

表層水の採取  試料を JIS K 0094 の 4.1.1(試料容器による採取)又は 4.1.2(バケツ類による採取)に従っ

て採取する。

b) 

各深度の水の採取  試料を JIS K 0094 の 4.1.4(バンドーン採水器による採取)に従って採取する。バン

ドーン採水器のほかにこれと同等の性能をもつものを用いてもよい。

c) 

配管装置からの採取  試料を JIS K 0094 の 4.3(採取弁を用いる採取)に従って採取する。

4.2

試料の取扱い  試験は試料採取後,直ちに行う。直ちに行えない場合には,0∼10  ℃の暗所に保存

し,できるだけ早く試験する。


3

K 0450-50-10

:2004

5.

試料の前処理  試料に塩化ナトリウム及びベンゾフェノン-d

10

を加え,ヘキサンを加えて振り混ぜて

抽出した後,抽出液を濃縮する。濃縮液をシリカゲルを用いたカラムクロマトグラフ管に流して妨害物質

を流出分離した後,アセトン-ヘキサン溶離液を用いて対象物質を溶出し,再び濃縮後,ナフタレン-d

8

加え,一定量とする。

妨害物質が存在しない場合は,カラムクロマトグラフ分離の操作を省略してもよい。

5.1

試薬  試薬は,次による。

a) 

塩化ナトリウム  JIS K 8150 に規定する塩化ナトリウム。約 600  ℃で約 60  分間加熱した後,デシケ

ーター中で放冷する。

b) 

硫酸ナトリウム  JIS K 8987 に規定するもの。約 600  ℃で約 60  分間加熱した後,デシケーター中で

放冷する。

参考  硫酸ナトリウムは,PCB・フタル酸エステル試験用が市販されている。

c) 

アセトン  JIS K 8040 に規定する濃縮  300 以上のもの(

6

)

(

6

使用前に,200 ml を用いて 5.3 i)及び k)の操作[ただし,i)のナフタレン-d

8

内標準液(10  μ

gC

10

H

8

-d

8

/ml)

の添加は行わない。]に準じて 1 ml まで濃縮する。6.4 a)によってその濃縮液 1  μl

をマイクロシリンジでとり,ガスクロマトグラフ質量分析計に導入し,ベンゾフェノンの保持

時間に相当する位置にピークのないことを確認する。

d)

ヘキサン  JIS K 8825 に規定する濃縮 300 以上のもの(

6

)

e) 

アセトン-ヘキサン溶離液(1+19)  アセトン及びヘキサンを用いて調製する。

f) 

ベンゾフェノン-d

10

内標準液(100  μgC

13

H

10

O-d

10

/ml-

アセトン)  ベンゾフェノン-d

10

(C

13

H

10

O-d

10

)

の標

準品 0.100 g を,あらかじめアセトン 2∼3 ml を入れた全量フラスコ 100 ml にとり,アセトンを標線

まで加える。この 10 ml を全量フラスコ 100 ml にとり,アセトンを標線まで加える(

7

)

(

7

−5℃以下の暗所に保存する。

g) 

ベンゾフェノン-d

10

内標準液(10  μgC

13

H

10

O-d

10

/ml-

アセトン)  ベンゾフェノン-d

10

内標準液(100  μ

gC

13

H

10

O-d

10

/ml)1 ml

を,全量フラスコ 10 ml にとり,アセトンを標線まで加える(

7

)

h) 

ナフタレン-d

8

内標準液(100  μgC

10

H

8

-d

8

/ml)

  ナフタレン-d

8

(C

10

H

8

-d

8

)

の標準品 0.100 g を,あらかじめ

ヘキサン 2∼3 ml を入れた全量フラスコ 100 ml にとり,ヘキサンを標線まで加える。この 10 ml を全

量フラスコ 100 ml にとり,ヘキサンを標線まで加える(

7

)(

8

)

(

8

この溶液は,試料に添加したベンゾフェノン-d

10

の回収率を求めるときの内標準物質として用い

る。

i) 

ナフタレン-d

8

内標準液(10  μgC

10

H

8

-d

8

/ml)

  ナフタレン-d

8

内標準液(100  μgC

10

H

8

-d

8

/ml)1 ml

を,全量

フラスコ 10 ml にとり,ヘキサンを標線まで加える(

7

)(

8

)

j) 

窒素  JIS K 1107 に規定する高純度窒素 2  級

5.2

器具  器具は,次による。

a) 

分液漏斗  1 000∼2 000 ml のもの。

b) 

目盛付き共栓試験管  10∼20 ml のもの。1 ml に目盛のあるもの。

c) 

マイクロシリンジ  10∼200  μl,又は自動導入装置

d) 

共栓三角フラスコ  100∼500 ml のもの。

e) 

なす形フラスコ  100∼500 ml の共通すり合わせで濃縮器(ロータリーエバポレーター)に接続できる

もの。

f) 

カラムクロマトグラフ管  カラムクロマトグラフ管は,次による。一例を図  に示す。


4

K 0450-50-10

:2004

1) 

カラム用管  内径約 1 cm,長さ約 30 cm のコック付きガラス管

2) 

カラム充てん剤  カラムクロマトグラフ用のシリカゲル(

9

)(

粒径 150∼250  μm)を約 130  ℃で約 15

時間加熱した後,デシケーター中で放冷する。その 95 g を共栓三角フラスコにとり,かき混ぜなが

ら,水 5 ml を滴加する。密栓し,発熱が終了するまで静かに混合する。さらに,振とう器で約 30  分

間振り混ぜる。3)でカラムクロマトグラフ管として調製したものについて,対象物質の保持時間に

ピークの生じないもの(

10

)

3) 

カラムクロマトグラフ管の作り方  カラム用管の底部に JIS K 8251 に規定するガラスウール(あら

かじめヘキサンで洗浄したもの。)を詰め,少量のヘキサンを加えてガラスウール間の気泡を除去す

る。続いて,カラム充てん剤約 5g をビーカーにとり,ヘキサンを加えてスラリー状にし,これを気

泡が入らないようにカラム用管に流し込み(

11

)

,その上部に硫酸ナトリウムを約 2 cm になるように

積層した後,コックを操作し,ヘキサンが硫酸ナトリウム層よりわずかに上部になるようにヘキサ

ンを流し出す(

12

)

(

9

活性けい酸マグネシウムを用いてもよい。その場合の操作は

附属書 による。

参考  活性けい酸マグネシウムは,フロリジル PR などが市販されている。

(

10

調製したシリカゲルの 5 g を,3)によってカラムクロマトグラフ管とし,5.3 f)∼k)に準じた操

作[ただし,ナフタレン-d

8

内標準液(10  μgC

10

H

8

-d

8

/ml)

の添加は行わない。]を行い,6.4 a)によ

ってその濃縮液 1  μl をマイクロシリンジでとり,ガスクロマトグラフ質量分析計に導入し,

ベンゾフェノンの保持時間に相当する位置にピークのないことを確認する。

(

11

カラム用管に充てん剤を均一に充てんするために,流し込んだ後,カラム用管に縦横の振動を

与えるとよい。

(

12

市販のシリカゲルカートリッジを用いてもよい。ただし,使用前に回収率などをあらかじめ確

認しておく。

                                                        単位  cm

  1  カラムクロマトグラフ管の一例

g) 

振とう器

h) 

濃縮器  ロータリーエバポレーター又はクデルナ-ダニッシュ濃縮器

5.3

操作  操作は,次による。

a) 4.1.2

で採取した試料(

13

)

の適量(例えば,1 L)を分液漏斗にとり,ベンゾフェノン-d

10

内標準液(10  μ

gC

13

H

10

O-d

10

/ml-

アセトン)10  μl(マイクロシリンジでとる。)及び液量 1 L につき塩化ナトリウム 50 g

とヘキサン 100 ml とを加え,振とう器を用いて約 10  分間振り混ぜ,放置する。

30

φ1

12

硫 酸 ナ ト リ ウ ム

充 て ん 剤

ガ ラ ス ウ ー ル

2


5

K 0450-50-10

:2004

(

13

試料中に懸濁物が多い場合は,

備考の操作を行う。

b) 

水層を別の分液漏斗に移し入れる。ヘキサン層を共栓三角フラスコに移し入れ,分液漏斗を少量のヘ

キサンで洗い,洗液は先の共栓三角フラスコに合わせる。分液漏斗の水層に液量 1 L につきヘキサン

100 ml

を加え,再び振とう器を用いて約 10  分間振り混ぜ,放置する。水層を捨て,ヘキサン層を先

の共栓三角フラスコに合わせる。

c) 

共栓三角フラスコ中のヘキサン溶液に硫酸ナトリウム 20∼30 g(

14

)

を加え,

軽く振り混ぜて脱水し(

15

)

約 10 分間放置した後,ろ紙 5  種 A(又は 5  種 B)(

16

)

を用いてろ過し,ろ液をなす形フラスコ(又はクデ

ルナ-ダニッシュ濃縮器)に受ける。共栓三角フラスコをヘキサン 10∼20 ml で洗浄し,更にその洗液で

先のろ紙上の硫酸ナトリウムも洗浄する。この洗浄操作を数回行い,洗液も先のなす形フラスコに合

わせる。

(

14

ヘキサン溶液にエマルションがある場合には,更に過剰に加える。

(

15

このほかの脱水には,ヘキサン抽出液を約−20  ℃の暗所に保存し,水分を凍結させる方法もあ

る。濃縮操作を当日行わない場合に用いるとよい。

(

16

ろ紙は,抽出に用いる溶媒で使用時に洗浄する。

d) 

濃縮器を用いて,ヘキサン溶液が約 5 ml になるまで濃縮する(

17

)(

18

)

(

17

)  40

℃以下の水浴中で減圧濃縮する。クデルナ-ダニッシュ濃縮器を用いる場合は,濃縮器を大

気圧で 75  ℃以下に加熱して濃縮する。スニーダーカラムを少量のヘキサンで洗い,スニーダ

ーカラムを付けたまま放冷する。

(

18

乾固近くまで濃縮すると,対象物質が揮散することもあるので注意する。

e) 

この濃縮液を目盛付き共栓試験管に移す。なす形フラスコをヘキサン約 2 ml で洗浄し,その洗液も先

の目盛付き共栓試験管に合わせる。さらに,窒素を緩やかに吹き付け,約 1 ml まで濃縮する(

18

)(

19

)

(

19

) f)

j)のカラムクロマトグラフ分離操作を省略する場合は,この操作に引き続いて k)以降の操作

を行う。

f) 

この濃縮液の全量をカラムクロマトグラフ管の上部から流し込み,コックを操作し,液面が硫酸ナト

リウム層よりわずかに上部になるようにする。目盛付き共栓試験管の内壁をヘキサン約 2 ml で洗い,

これもカラムクロマトグラフ管に流し込む。

g) 

カラムクロマトグラフ管の上部から,ヘキサン 20 ml を約 1 ml/min で流下させ,流出液は捨てる。

h) 

受器になす形フラスコを用い,先のヘキサンが硫酸ナトリウム層のわずか上にあるうちにアセトン-

ヘキサン溶離液(1+19)を加え,その 50 ml(

20

)(

21

)

を約 1 ml/min で流下させ,溶出液を受器に受ける。

(

20

活性けい酸マグネシウムを用いた場合の操作は

附属書 による。

(

21

ヘ キ サ ン 約 1 ml を 目 盛 付 き 共 栓 試 験 管 に と り , 6.1 d) の ベ ン ゾ フ ェ ノ ン 標 準 液 (1  μ

gC

13

H

10

O/ml)100

μl,6.1 e)のベンゾフェノン-d

10

内標準液(100  μgC

13

H

10

O-d

10

/ml-

ヘキサン)10

μl 及びナフタレン-d

8

内標準液(100  μgC

10

H

8

-d

8

/ml)10

μl をそれぞれマイクロシリンジで加え,

振り混ぜた後,全量をカラムクロマトグラフ管の上部から流し込み,コックを操作し,液面が

硫酸ナトリウム層よりわずかに上部になるようにする。続いて g)の操作を行い,流出する溶液

約 10 ml を 1 画分として目盛付き共栓試験管にとる。さらに,h)の操作を行い,溶出する溶液

約 10 ml(最初から)を 1 画分として目盛付き共栓試験管にとる。分取したそれぞれの目盛付き共

栓試験管を約 40  ℃の水浴中で加熱しながら,窒素を緩やかに吹き付け約 1 ml まで濃縮する。

各濃縮液について 6.4 a)及び b)e)によって溶出パターン及び回収率を確認しておく。この操作

によってカラムクロマトグラフ操作に必要なヘキサン及びアセトン-ヘキサン溶離液(1+19)の量


6

K 0450-50-10

:2004

を確認しておくとよい。

i) 

濃縮器を用いて,溶出液が約 5 ml になるまで濃縮する(

17

)(

18

)

j) 

濃縮液を目盛付き共栓試験管に移し,なす形フラスコをヘキサン約 2 ml で洗浄し,その洗液も目盛付

き共栓試験管に合わせる。

k) 

この濃縮液にナフタレン-d

8

内標準液(10  μgC

10

H

8

-d

8

/ml)10

μl を加え,窒素を緩やかに吹き付け,1 ml

まで濃縮して測定用試料溶液とする(

22

)

(

22

乾固近くまで濃縮すると,対象物質が揮散することもあるので注意する。

直ちに測定できない場合には,この濃縮液を約−20  ℃の暗所に保管する。

l) 

空試験用として水 1 L を分液漏斗にとり,ベンゾフェノン-d

10

内標準液(10  μgC

13

H

10

O-d

10

/ml-

アセト

ン)10  μl(マイクロシリンジでとる。)及び液量 1 L につき塩化ナトリウム 50 g とヘキサン 100 ml とを

加え,振とう器を用いて約 10  分間振り混ぜ,放置する。続いて b)∼k)の操作を行って空試験用溶液

とする。

備考  試料中に懸濁物の量が多い場合は,次の操作を行い,続いて 5.3 b)以降の操作を行う。

1) 4.1.2

で採取した試料 1 L を JIS K 0102 14.1(懸濁物質)b)によってろ過する。ただし,ろ過

材には,ガラス繊維ろ紙(孔径 1  μm 以下のもの。)(

*

)

を用いる。

2) 

ガラス繊維ろ紙上の懸濁物は,ろ紙ごとビーカーに移し,少量のアセトン(

**

)

を加え,溶出

操作を超音波洗浄器を用いて 2,3  回行う。溶出液を合わせ,遠心器を用いて,遠心力約

30 000 min/s

2

{3 000 g}で約 5  分間分離操作を行う。

3) 1)

のろ液及び 2)の溶出液を分液漏斗にとり,液量 1 L につき塩化ナトリウム 50 g とヘキサ

ン 100 ml とを加え,振とう器を用いて約 10  分間振り混ぜ,放置する。続いて 5.3 b)以降

の操作を行う。

あらかじめアセトンで洗浄しておく。

** 

アセトンの試料量は,試料 1 L につき 10 ml 程度とする。

6.

ガスクロマトグラフ質量分析法  5.の前処理で得た測定用試料溶液の一定量をガスクロマトグラフ質

量分析計に導入し,ベンゾフェノン-d

10

を内標準物質として,選択イオン検出法(SIM 法)又はマスクロマト

グラフ法(MC 法)によってベンゾフェノンを定量する。

  定量範囲:C

13

H

10

O

  10∼300 pg    分析精度:10∼20  %(いずれも装置,測定条件によって異なる。)

参考  定量範囲の下限値を確認する場合は,附属書 によるとよい。

6.1

試薬  試薬は,次による。

a) 

ヘキサン  5.1 d)による。

b) 

ベンゾフェノン標準液(1 mgC

13

H

10

O/ml)

  ベンゾフェノンの標準品 0.100 g を,あらかじめヘキサン 5

∼10 ml を入れてある全量フラスコ 100 ml にとり,ヘキサンを標線まで加える(

7

)

c) 

ベンゾフェノン標準液(10  μgC

13

H

10

O/ml)

  ベンゾフェノン標準液(1 mgC

13

H

10

O/ml)1 ml

を,あらかじ

めヘキサン 2∼5 ml を入れてある全量フラスコ 100 ml にとり,ヘキサンを標線まで加える(

7

)

d) 

ベンゾフェノン標準液(1  μgC

13

H

10

O/ml)

  ベンゾフェノン標準液(10  μgC

13

H

10

O/ml)1 ml

を,あらか

じめヘキサン 2∼5 ml を入れてある全量フラスコ 10 ml にとり,ヘキサンを標線まで加える(

7

)

e) 

ベンゾフェノン-d

10

内標準液(100  μgC

13

H

10

O-d

10

/ml-

ヘキサン)   5.1 f)と同じ操作によってヘキサン

を用いて調製する(

7

)

f) 

ナフタレン-d

8

内標準液(100  μgC

10

H

8

-d

8

/ml)

  5.1 h)による。


7

K 0450-50-10

:2004

g) 

窒素  5.1 j)による。

6.2

器具及び装置  器具及び装置は,次による。

a) 

目盛付き共栓試験管  5.2 b)による。

b) 

マイクロシリンジ  5.2 c)による。

c) 

ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)  次に掲げる条件を満たすもの(

23

)

1) 

キャピラリーカラム用管  内径 0.1∼0.53 mm,長さ 5∼100 m のステンレス鋼,石英ガラス又はほ

うけい酸ガラス製のもの。

2) 

キャピラリーカラム  キャピラリーカラム用管の内壁に,5 %フェニルシリコーン化学結合形又は

メチルシリコーン系固定相液体を厚さ 0.05∼5  μm で被覆したもの又は同等の性能をもつもの。

参考  この試験に用いるキャピラリーカラムには,DB-5,TC-5,HP-5+,SPB-5 などがある。

3) 

検出器  選択イオン検出法(SIM 法)又はマスクロマトグラフ法(MC 法)が行えるもの。

4) 

キャリヤーガス  ヘリウム[体積分率 99.999 9  %以上]で,線速度 20∼40 cm/s に調節して用いる。

5) 

試料導入方法及び試料導入部温度  試料導入方法は,スプリットレス注入法(非分割導入方式)又は

コールドオンカラム注入法(全量導入方式)による。試料導入部温度は,スプリットレス注入法の場

合は 220∼280℃,コールドオンカラム注入法の場合は 50∼100  ℃。

6) GC/MS

接続部温度  220∼280  ℃

7) 

イオン源温度  200∼250  ℃

8) 

電子加速電圧  20∼70 V

9) 

昇温プログラム  50∼240  ℃(2∼30  ℃/min)

(

23

これらの条件は装置,測定条件によって異なる。

6.3

準備操作  準備操作は,次による。

a) 

ベ ン ゾ フ ェ ノ ン 標 準 液 (1  μ gC

13

H

10

O/ml)100

μ l 及 び ベ ン ゾ フ ェ ノ ン -d

10

内 標 準 液 (100  μ

gC

13

H

10

O-d

10

/ml-

ヘキサン)10  μl をマイクロシリンジでとり,目盛付き共栓試験管に移し入れ,更にナ

フタレン-d

8

内標準液(100  μgC

10

H

8

-d

8

/ml)10

μl をマイクロシリンジでとり,ヘキサンを 1 ml の標線

まで加える。

6.4

操作  操作は,次による。

a) 6.3 

a)

の溶液の 1  μl をマイクロシリンジ(

24

)

でとり,スプリットレス注入法又はコールドオンカラム注

入法によってガスクロマトグラフ質量分析計に導入し,あらかじめベンゾフェノン,ベンゾフェノン

-d

10

及びナフタレン-d

8

の選択イオン(m/z)を設定し(

25

)

たガスクロマトグラフ質量分析計に,選択イオン

検出法又はマスクロマトグラフ法によって測定してそのマスフラグメントグラムを記録し,ベンゾフ

ェノン,ベンゾフェノン-d

10

及びナフタレン-d

8

の保持時間に相当するピークの位置を確認しておく。

(

24

検量線作成時と同じものを用いる。

(

25

選択イオンの一例を

表 に示す。

  1  選択イオンの一例

選択イオン(m/z)

物質

定量用

確認用

ベンゾフェノン(C

13

H

10

O) 105

182

ベンゾフェノン-d

10

(C

13

H

10

O-d

10

) 192

ナフタレン-d

8

(C

10

H

8

-d

8

) 136


8

K 0450-50-10

:2004

b) 5.3 

k)

で得た溶液 1  μl をマイクロシリンジ(

24

)

でとり,a)と同じ操作を行ってマスフラグメントグラム

を記録し,a)の保持時間と一致していることを確認(

26

)

し,保持時間に相当する位置のピークについて,

指示値(

27

)

を読み取る。ベンゾフェノンの指示値とベンゾフェノン-d

10

の指示値との比及びベンゾフェ

ノン-d

10

の指示値とナフタレン-d

8

の指示値との比(

28

)

を求める。

(

26

対象物質のフラグメントイオンのピークが予想保持時間の±5  秒間に出現し,フラグメントイ

オンのピーク強度比が標準物質のピークの±20  %にあれば,同じ物質が存在しているものとみ

なす。

(

27

ピーク高さ又はピーク面積

(

28

ベンゾフェノン-d

10

の指示値とナフタレン-d

8

の指示値との比は,前者の回収率を求めるのに用

いる[

注(

29

)

参照。]。

c) 

空試験として,5.3 l)で得た空試験用溶液について,a)及び b)の操作を行う。

d) 

検量線からベンゾフェノンの濃度とベンゾフェノン-d

10

の濃度との比(試料中の比 及び空試験の比 b)

を求め,次の式によって試料中のベンゾフェノンの濃度(μg/L)を算出する。

ここに,

X

試料中のベンゾフェノンの濃度(μg/L)

a

検量線から求めたベンゾフェノンとベンゾフェノン-d

10

の濃度比

b

空試験から求めたベンゾフェノンとベンゾフェノン-d

10

の濃度比

n

試料に添加したベンゾフェノン-d

10

の質量(μg)

V

試料(ml)

1 000

: 試料 1 L に換算する係数

検量線  ベンゾフェノン標準液(1  μgC

13

H

10

O/ml)0.1

∼3 ml を全量フラスコ 10 ml に段階的にとり,そ

れぞれにベンゾフェノン-d

10

内標準液(100  μgC

13

H

10

O-d

10

/ml-

ヘキサン)10  μl 及びナフタレン-d

8

標準液(100  μgC

10

H

8

-d

8

/ml)10

μl をマイクロシリンジで加え,ヘキサンを標線まで加える。これら

を検量線作成用標準液とする。それぞれの一定量[試料と同量(例えば,1  μl)]をマイクロシリンジ

でとり,a)及び b)の操作を行う。

検量線作成用標準液中のベンゾフェノンの濃度(Ms)とベンゾフェノン-d

10

の濃度(Mi)との比

を横軸にとり,ベンゾフェノンの選択イオン(

25

)

による指示値(As)とベンゾフェノン-d

10

の選択イオ

ン(

26

)

による指示値(Ai)との比    を縦軸にとって,関係線を作成する。

別に,段階的にとった検量線用標準液中の,ベンゾフェノン-d

10

の選択イオン(

25

)

による指示値と

ナフタレン-d

8

の選択イオン(

25

)

による指示値とのそれぞれの比を求め,その平均値を算出する(

29

)

検量線の作成は,試料測定時に行う。

(

29

試料に添加したベンゾフェノン-d

10

とナフタレン-d

8

とについて,b)で求めた指示値の比,

及び検量線で求めた両物質の指示値の平均値の比から回収率を求める。回収率が 70∼

130 %

にあることを確認する。この範囲を超過した場合は再度試験を行う。

備考  検量線の作成において,感度係数(RF)を求め,これによって検出量を求める方法を附属書 2

に示す。

(

)

V

n

b

a

X

1000

×

×

=

÷

ø

ö

ç

è

æ

Mi

Ms

÷

ø

ö

ç

è

æ

Ai

As


9

K 0450-50-10

:2004

7.

結果の表示  結果の表示には,試料量,濃縮条件(例えば,濃縮量,カラムクロマトグラフ分離の有無

など),ガスクロマトグラフ質量分析計の測定条件[例えば,6.2 c)に掲げる条件において,いずれかを選択

した事項など。

,ガスクロマトグラフ質量分析計への導入量などを明記する。

付表  1  引用規格

JIS K 0050

  化学分析方法通則

JIS K 0094

  工業用水・工場排水の試料採取方法

JIS K 0101

  工業用水試験方法

JIS K 0102

  工場排水試験方法

JIS K 0123

  ガスクロマトグラフ質量分析通則

JIS K 0211

  分析化学用語(基礎部門)

JIS K 0215

  分析化学用語(分析機器部門)

JIS K 0557

  用水・排水の試験に用いる水

JIS K 1107

  高純度窒素

JIS K 8039

  アセトニトリル(残留農薬・PCB 試験用)

(試薬)

JIS K 8040

  アセトン(残留農薬・PCB 試験用)

(試験用)

JIS K 8150

  塩化ナトリウム(試薬)

JIS K 8251

  ガラスウール(試薬)

JIS K 8825

  ヘキサン(残留農薬・PCB 試験用)

JIS K 8987

  硫酸ナトリウム(試薬)

JIS R 3503

  化学分析用ガラス器具

JIS R 3505

  ガラス製体積計

JIS Z 0701

  包装用シリカゲル乾燥剤


10

K 0450-50-10

:2004

附属書 1(規定)活性けい酸マグネシウムによるカラムクロマトグラフ分離

序文  この附属書は,試料の前処理のカラムクロマトグラフ分離について規定する。

1.

活性けい酸マグネシウムによるカラムクロマトグラフ分離  カラムクロマトグラフ用の活性けい酸

マグネシウムを用いたカラムクロマトグラフ分離は,次による。

1.1

試薬  試薬は,次による。

a) 

硫酸ナトリウム  本体 5.1 b)による。

b) 

アセトニトリル  JIS K 8039 に規定する濃縮 300 以上のもの(

1

)

(

1

本体

注(

6

)

による。

c) 

ヘキサン  本体 5.1 d)による。

d) 

アセトニトリル-ヘキサン溶離液(1+100)  アセトニトリル及びヘキサンを用いて調製する。

1.2

器具  器具は,次による。

a) 

目盛付き共栓試験管  本体 5.2 b)による。

b) 

共栓三角フラスコ  本体 5.2 d)による。

c) 

なす形フラスコ  本体 5.2 e)による。

d) 

カラムクロマトグラフ管  カラムクロマトグラフ管は,次による。一例は,本体図  を参照。

1) 

カラム用管  本体 5.2 f1)による。

2)

カラム充てん剤  カラムクロマトグラフ用の活性けい酸マグネシウム(粒径 150∼250  μm)を用い,

調製などの操作は本体 5.2 f2)による。

3)

カラムクロマトグラフ管の作り方  本体 5.2 f3)による。

e) 

濃縮器  本体 5.2 h)による。

1.3

操作  操作は,次による。

a) 

本体  5.3 a)∼f)による。

b) 

受器になす形フラスコを用い,先のヘキサンが硫酸ナトリウム層のわずかに上にあるうちにアセトニ

トリル-ヘキサン溶離液(1+100)を加え,その 100 ml(

2

)

を約 1 ml/min で流下させ,溶出液を受器に受け

る。

(

2

本体

注(

21

)

による。

c)

本体 5.3 h)k)による。


11

K 0450-50-10

:2004

附属書 2(規定)感度係数(RF)を用いる濃度の算出方法

序文  この附属書は,本体 6.4 の検量線の作成に際して,感度係数(RF)を求め,これによって試料中のベ

ンゾフェノンの濃度を求める方法について規定する。

a) 

検量線作成において,それぞれの検量線作成用標準液中の標準物質(ベンゾフェノン)及び内標準物質

(

ベンゾフェノン-d

10

)

によって得られた指示値と,それぞれの物質の質量から,次の式によって感度係

数(RF)を算出する(

1

)

ここに,

A

st

標準物質による指示値

A

is

内標準物質による指示値

C

is

内標準物質(μg)

C

s

標準物質(μg)

(

1

求めた各感度係数の値の相対標準偏差は 15%以下でなければならない。

b)

平均感度係数

( )

RF

(

2

)

から,次の式によって試料中のベンゾフェノンの濃度(μg/L)を算出する。

ここに,

N

試料中のベンゾフェノンの濃度(μg/L)

A

s

試料中のベンゾフェノンによる指示値

A’

is

添加した内標準物質による指示値

I

s

添加した内標準物質(μg)

V

e

試料(L)

(

2

) a)

で求めた各感度係数の平均値。

Cs

Cis

Ais

Ast

RF

×

=

( ) ( )

( )

( )

( )

Ve

RF

is

A

Is

As

N

×

×

×

=


12

附属書 3(参考)定量範囲の下限値を確認する方法

序文  この附属書は,本体に関連する事柄を補足するもので,装置の検出限界から,定量範囲の下限値を

確認する方法を参考として示したもので,規定の一部ではない。

a) 

下限値の算出方法

1) 

本体  6.1 d)のベンゾフェノン標準液(1  μgC

13

H

10

O/ml)100

μl 及び本体  6.1 e)のベンゾフェノン-d

10

内標準液(100  μgC

13

H

10

O-d

10

/ml-

ヘキサン)100  μl をマイクロシリンジでとり,全量フラスコ 10 ml

に移し入れ,ヘキサンを標線まで加える。

2)  1

μl をマイクロシリンジでとり,

スプリットレス注入法又はコールドオンカラム注入法によってガ

スクロマトグラフ質量分析計に導入し,選択イオン検出法又はマスクロマトグラフ法を用いて定量

する。

3) 1)

及び 2)の操作を 5  回以上繰り返す。

4) 

得られた測定値から,次の式によって標準偏差を求め,その 3  倍を装置の検出下限(

1

)(

2

)

,10  倍を

装置の定量下限(

2

)

とする。

ここに,

s

標準偏差

x

i

個々の測定値

測定値の平均値

n

測定回数

(

1

ここで得られた装置の検出下限が,対象物質の定量下限より大きいときには,器具,機器な

どを確認して,これらの値以下になるように調整する。

(

2

この装置の検出下限及び定量下限は,使用する装置の状態などによって変動するため,ある

一定周期で確認し,常に十分な値が得られるように管理する。また,使用する装置及び測定

条件を変更した場合などには必ず確認する。

( )

1

2

=

å

n

x

x

s

i

x