>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 0303

:2012

(1) 

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  一般事項

2

5

  分析方法の種類及び概要

3

6

  排ガスから試料ガスの採取

4

6.1

  排ガスの採取位置

4

6.2

  装置及び器具

4

6.3

  試料ガスの採取操作

6

6.4

  試料ガス採取量

7

7

  各分析方法に対応した試料ガスの採取方法

8

7.1

  ほう酸吸収瓶捕集−(AHMT 吸光光度法)

8

7.2

  DNPH 吸収瓶捕集−(GC 法又は HPLC 法)

8

7.3

  DNPH 試料採取用カートリッジ捕集−(GC 法又は HPLC 法)

9

7.4

  CEBHA 試料採取用カートリッジ捕集−(HPLC 法)

10

8

  定量方法

12

8.1

  (ほう酸吸収瓶捕集)−AHMT 吸光光度法

12

8.2

  (DNPH 吸収瓶捕集)−GC 

14

8.3

  (DNPH 試料採取用カートリッジ捕集)−GC 

19

8.4

  (DNPH 吸収瓶捕集)−HPLC 

20

8.5

  (DNPH 試料採取用カートリッジ捕集)−HPLC 

22

8.6

  (CEBHA 試料採取用カートリッジ捕集)−HPLC 

23

8.7

  AHMT 吸光光度法−自動分析法

24

9

  分析結果の記録

28

9.1

  分析値のまとめ方

28

9.2

  記録項目

28

附属書 A(規定)イオンクロマトグラフ法

32

附属書 B(規定)クロモトロープ酸吸光光度法

36

附属書 C(参考)検知管法

39


K 0303

:2012

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本分析

化学会(JSAC)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべ

きとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS K 0303:2004 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格に従うことは,次の者の有する特許権等の使用に該当するおそれがあるので,留意する。

氏名:北坂和也,島尻はつみ,杉原輝一

住所:大阪府大阪市此花区春日出中 3 丁目 1−135

株式会社住化分析センター  大阪事業所内

特許権等の名称:カルボニル化合物捕集材及び該材を用いるカルボニル化合物の定量方法

登録番号:3873058(平成 18 年 10 月 27 日)

上記の,特許権等の権利者は,非差別的かつ合理的な条件でいかなる者に対しても当該特許権等の実施

の許諾等をする意思のあることを表明している。ただし,この規格に関連する他の特許権等の権利者に対

しては,同様の条件でその実施が許諾されることを条件としている。

この規格に従うことが,必ずしも,特許権の無償公開を意味するものではないことに注意する必要があ

る。

この規格の一部が,上記に示す以外の特許権等に抵触する可能性がある。経済産業大臣及び日本工業標

準調査会は,このような特許権等に関わる確認について,責任はもたない。

なお,ここで“特許権等”とは,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権をいう。


   

日本工業規格

JIS

 K

0303

:2012

排ガス中のホルムアルデヒド分析方法

Methods for determination of formaldehyde in flue gas

1

適用範囲

この規格は,合成樹脂などの製造工程,メタノールなどの燃焼,その他の化学反応,又はホルムアルデ

ヒドを使用若しくは発生する作業工程などにおいて,煙道,煙突,ダクトなどに排出する排ガス中のホル

ムアルデヒドを分析する方法について規定する。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 0050

  化学分析方法通則

JIS K 0095

  排ガス試料採取方法

JIS K 0114

  ガスクロマトグラフィー通則

JIS K 0115

  吸光光度分析通則

JIS K 0124

  高速液体クロマトグラフィー通則

JIS K 0127

  イオンクロマトグラフ分析通則

JIS K 0211

  分析化学用語(基礎部門)

JIS K 0212

  分析化学用語(光学部門)

JIS K 0214

  分析化学用語(クロマトグラフィー部門)

JIS K 0215

  分析化学用語(分析機器部門)

JIS K 0512

  水素

JIS K 0557

  用水・排水の試験に用いる水

JIS K 1107

  窒素

JIS K 8001

  試薬試験方法通則

JIS K 8005

  容量分析用標準物質

JIS K 8032

  アセトニトリル(試薬)

JIS K 8059

  亜硫酸水素ナトリウム(試薬)

JIS K 8085

  アンモニア水(試薬)

JIS K 8101

  エタノール(99.5)

(試薬)

JIS K 8180

  塩酸(試薬)

JIS K 8230

  過酸化水素(試薬)

JIS K 8249

  過よう素酸カリウム(試薬)


2

K 0303

:2012

   

JIS K 8267

  ぎ酸ナトリウム(試薬)

JIS K 8316

  クロモトロープ酸二ナトリウム二水和物(試薬)

JIS K 8322

  クロロホルム(試薬)

JIS K 8361

  酢酸エチル(試薬)

JIS K 8480

  2, 4-ジニトロフェニルヒドラジン(試薬)

JIS K 8574

  水酸化カリウム(試薬)

JIS K 8625

  炭酸ナトリウム(試薬)

JIS K 8637

  チオ硫酸ナトリウム五水和物(試薬)

JIS K 8659

  でんぷん(溶性)

(試薬)

JIS K 8848

  ヘキサン(試薬)

JIS K 8863

  ほう酸(試薬)

JIS K 8872

  ホルムアルデヒド液(試薬)

JIS K 8913

  よう化カリウム(試薬)

JIS K 8920

  よう素(試薬)

JIS K 8922

  よう素酸カリウム(試薬)

JIS K 8951

  硫酸(試薬)

JIS K 9005

  りん酸(試薬)

JIS Z 8401

  数値の丸め方

JIS Z 8808:1995

  排ガス中のダスト濃度の測定方法

3

用語及び定義

この規格で用いる用語及び定義は,JIS K 0211JIS K 0212JIS K 0214 及び JIS K 0215 による。

4

一般事項

一般事項は,次による。

a)

化学分析に共通する一般事項は,JIS K 0050 による。

b)

排ガスの試料採取に共通する一般事項は,JIS K 0095 による。また,試料ガスの採取位置は,代表的

なガスが採取できる点を選び,同一採取位置において,できるだけ時間間隔をあけずに,通常,2 回

以上試料を採取し,それぞれ分析に用いる。

c)

ガスクロマトグラフ(GC)法に共通する一般事項は,JIS K 0114 による。

d)

高速液体クロマトグラフ(HPLC)法に共通する一般事項は,JIS K 0124 に,また,イオンクロマト

グラフ(IC)法に共通する一般事項は,JIS K 0127 による。

e)

吸光光度法に共通する一般事項は,JIS K 0115 による。

f)

分析に用いる水は,JIS K 0557 の 4.(種別及び質)又は JIS K 0050 

附属書 D(化学分析に用いる水)

に既定する種別及び質の A2 又は A3 のもの,又はこれらと同等のものを用いる。

g)

試薬は,該当する日本工業規格(以下,JIS という。

)がある場合には,その種類の最上級又は適切な

品質のものを用いる。ただし,該当する JIS がない場合には,分析に支障のない品質のものを用いる。

また,試薬に共通する一般事項は,JIS K 8005 による。

h)

標準液は,各試験項目で調製方法を規定するもののほか,国家計量基準(計量法第 134 条)に規定す

るトレーサビリティが確保されたもの,又はそれを一定濃度に薄めたものを用いる。


3

K 0303

:2012

i)

用いる試薬の名称及びその略称は,次による。

1) 4-

アミノ-3-ヒドラジノ-5-メルカプト-1,2,4-トリアゾール(以下,AHMT という。

2) 2,4-

ジニトロフェニルヒドラジン(以下,DNPH という。

3)  O -(4-

シアノ-2-エトキシベンジル)ヒドロキシルアミン(以下,CEBHA という。

5

分析方法の種類及び概要

分析方法の種類及び概要を,

表 に示す。

表 1−分析方法の種類及び概要

分析方法の概要

分析方法の種類

(ガス捕集法)

試料ガス中のホルムアルデヒド
とガス捕集剤との反応及びその
反応生成物の溶離法並びに検出

対応箇条:  試料ガス採取

定量範囲

a)

vol ppm

(mg/m

3

適 用 上
の 留 意

AHMT

吸光光度法

( ほ う 酸 吸 収 瓶 捕

集)

ほう酸溶液に捕集した後,塩基性
とし AHMT を加えて発色させ,吸

光光度を測定し定量する。

7.1

:ほう酸吸収瓶捕集

吸収液:ほう酸溶液(5 g/L)

液量:40 mL×2  本 
標準採取量:2∼20 L

0.4

∼75

(0.5

∼100)

8.1.2

よる。

DNPH

溶液に捕集した後,クロロ

ホルムなどによって抽出し,ガス
クロマトグラフで分離定量する。

7.2

:DNPH 吸収瓶捕集

吸収液:DNPH 塩酸溶液

(2 g/L)

液量:40 mL×2  本 
標準採取量:2∼10 L

0.4

∼56

(0.5

∼75)

8.2.2

よる。

ガスクロマトグラフ
(GC)法 
(DNPH 捕集剤の吸

収瓶捕集法又はカー
トリッジ捕集法)

DNPH

の含浸捕集剤を詰めたカー

トリッジに捕集した後,アセトニ
トリルで溶離し,クロロホルムな

どに再溶解してガスクロマトグ
ラフで分離定量する。

7.3

:DNPH 試料採取用カ

ートリッジ捕集

標準採取量:2∼10 L

0.4

∼45

(0.5

∼60)

8.3.2

よる。

DNPH

溶液に捕集した後,クロロ

ホルムなどに抽出し,アセトニト
リルに再溶解後高速液体クロマ

トグラフで分離定量する。

7.2

:DNPH 吸収瓶捕集

吸収液:DNPH 塩酸溶液

(2 g/L)

液量:40 mL×2  本 
標準採取量:2∼10 L

0.2

∼56

(0.3

∼75)

8.4.2

よる。

高速液体クロマトグ
ラフ(HPLC)法 
(DNPH 捕集剤の吸

収瓶捕集法又はカー
トリッジ捕集法)

DNPH

の含浸捕集剤を詰めたカー

トリッジに捕集した後,アセトニ
トリルで溶離し,高速液体クロマ
トグラフで定量する。

7.3

:DNPH 試料採取用カ

ートリッジ捕集

標準採取量:2∼10 L

0.2

∼45

(0.3

∼60)

8.5.2

よる。

高速液体クロマトグ
ラフ(HPLC)法

(CEBHA 捕集剤の
カ ー ト リ ッ ジ 捕 集
法)

CEBHA

の含浸捕集剤を詰めたカ

ートリッジに捕集した後,アセト

ニトリルで溶離し,高速液体クロ
マトグラフで分離定量する。

7.4

:CEBHA 試料採取用カ

ートリッジ捕集

標準採取量:2∼10 L

0.2

∼45

(0.3

∼60)

8.6.2

よる。

AHMT

吸光光度:自

動分析法

(水酸化カリウム吸
収瓶法)

AHMT

吸光光度法の自動計測器

によって,周期的に自動分析す

る。

8.7.4.1

:試料採取部

吸収液:水酸化カリウム溶

液(0.12 mol/L)

0

∼20

(0

∼27)

8.7.2

よる。


4

K 0303

:2012

   

表 1−分析方法の種類及び概要(続き)

この表の方法のほかに,

附属書 にイオンクロマトグラフ法,附属書 にクロモトロープ酸吸光光度法があ

る。 
注記 1  この表の方法のほかに,附属書 に検知管法がある。 
注記 2  この規格に示す vol ppm 及び mg/m

3

は,標準状態[273.15 K (0  ℃),101.32 kPa]における体積分率及

び質量濃度である。

a)

定量範囲は,吸光光度法の場合,低濃度側では試料ガス 20 L,高濃度側では試料ガス 2 L を採取したと

き,また,ガスクロマトグラフ法及び高速液体クロマトグラフ法の場合,低濃度側では試料ガス 10 L,
高濃度側では試料ガス 2 L を採取したときについて示す。

6

排ガスから試料ガスの採取

6.1

排ガスの採取位置

排ガスの採取位置は,次による。

a)

代表的なガスを採取できる点として,空気の漏込み及びダストの堆積が少なく,また,流路の屈曲部

分,断面形状の急激に変化する部分などを避けて,排ガスの流れが比較的均一に整流となる位置を選

定する。

b)

試料ガスの採取作業を安全かつ容易に実施できる場所を選定し,必要に応じて採取位置の周辺に適切

な広さと高さの足場を設ける。

c)

採取位置には,排ガスの流れ方向に対してほぼ直角にガス採取管を挿入できる採取口を設ける。

d)

採取口は,ガス採取管を挿入して固定できる強度をもち,約 120  ℃の耐熱性をもつ材質及び構造とす

る。

e)

採取口には蓋を設け,ガス採取管を挿入していないときの排ガスの噴出(正圧の場合)及び空気の漏

込み(負圧の場合)を避ける。また,採取口の蓋を開くときには,やけど及び排ガスの噴出による危

険性に十分配慮する。

6.2

装置及び器具

6.2.1

試料ガス採取装置

試料採取装置として,次の条件を備えたものを用いる。

a)

試料ガス採取管(B)は,排ガス中の腐食性ガスに耐性があり,かつ,ホルムアルデヒドなどを吸着

しないガラス管,石英ガラス管,四ふっ化エチレン樹脂管などを用いる。

b)

試料ガス中にダストなどが混入することを防ぐため,試料ガス採取管(B)の先端又は後段に,適切

なろ過材を装着する。ろ過材として,排ガス中の成分と化学反応を生じない材質のもの,例えば,シ

リカウール,無アルカリガラスウールを用いる。

c)

配管はできるだけ短くし,試料ガス採取管からガス捕集器具(吸収瓶又は試料採取用カートリッジ)

の(F

1

)までの間を加熱できる構造とする。水分が凝縮するおそれがある場合には,試料ガス採取管

(B)からガス捕集器具(F

1

)の間を 120  ℃程度に加熱する。

d)

ホルムアルデヒドの捕集に先立って配管内のガスを置換するため,腐食性ガスなどを除去するガス洗

浄瓶(H)を備えたバイパス(R)を流路切替三方コック P

1

及び P

2

の間に設ける。ガス洗浄瓶には洗

浄液として,一般に吸収液 40 mL を入れる。試料ガス採取管(B)からガス捕集器具までの距離が短

い場合,

図 の P

1

から P

2

間のバイパス(R)を付けなくてもよい。

e)

装置各部の接続は,すり合わせ継手管,シリコーンゴム管,四ふっ化エチレン樹脂管などを用いる。

接続のときにガス漏れが生じないように組み立てる。


5

K 0303

:2012

f)

採取装置内に漏れがないことを他の手法で確認できる場合には,

図 の水銀マノメーター(Q)を付

けなくてもよい。

g)

採取するガスが比較的高温で吸収液が温まる可能性がある場合は,吸収瓶を冷却槽に入れておく。

排ガスから分析用の試料ガスを採取する装置の例を,

図 に示す。

A

:  ろ過材

K

1

,K

2

: 流量調節コック

B

:  試料ガス採取管

L

吸引ポンプ

C

:  採取口

M

湿式ガスメーター

D

:  温度計

N

温度計

E

1

,E

2

:  ヒーター又はリボンヒーター

O

マノメーター

F

1

,F

2

:  ガス捕集器具(吸収瓶又は試料採取用カートリッジ) P

1

,P

2

: 流路切替三方コック

G

:  フランジ

Q

水銀マノメーター

H

:  ガス洗浄瓶(吸収液 40 mL を入れる。

R

バイパス

J

:  乾燥管

図 1−試料ガス採取装置の例(吸収瓶捕集法の場合)

6.2.2

ガス捕集器具

試料ガス採取装置において,捕集器具として吸収瓶又は試料採取用カートリッジを用いる。

a)

吸収瓶  吸収液でホルムアルデヒドを捕集するための内容積 100 mL 程度の瓶であり,気液接触をよ

くするガラスボールフィルター(細孔の大きさ 40∼120

μm),又はガラスフィルター(細孔の大きさ

40

∼50

μm)を備えたもので,その吸収瓶の例を図 に示す。ガスを捕集する吸収液として,ほう酸

溶液,DNPH 塩酸溶液,水,亜硫酸水素ナトリウム溶液などがある。定量方法によってこれらの吸収

液を使い分ける。


6

K 0303

:2012

   

単位  mm

図 2−吸収瓶(100 mL)の例

b)

試料採取用カートリッジ  捕集剤でホルムアルデヒドを捕集するためのカートリッジであり,シリカ

ゲルの細粒に捕集剤を含浸させたものを充塡して用いる。試料採取用カートリッジの例を

図 に示す。

ホルムアルデヒドの捕集剤として,DNPH 又は CEBHA のものがある。

A

:  カートリッジホルダ

D

試料ガス導入口

B

: DNPH 又は CEBHA を含浸させた捕集部

E

試料ガス排出口(ポンプ差込側)

C

:  ポリプロピレン製フィルター

図 3−試料採取用カートリッジの例

6.3

試料ガスの採取操作

排ガスから試料ガスを採取する操作は,次による。ここに示す装置の記号は

図 に示すものであり,吸

収瓶及び試料採取用カートリッジのいずれかのガス捕集器具の場合でも,操作は同一である。

a)

流路切替三方コック(P

1

,P

2

)をバイパス(R)側に回した後,あらかじめ流量を 1∼2 L/min に調節

した吸引ポンプ(L)を作動させて,試料ガス採取管(B)から流路切替三方コック(P

1

)までの配管


7

K 0303

:2012

内を試料ガスで置換する。

b)

吸引ポンプ(L)を停止した後,流路切替三方コック(P

1

,P

2

)をガス捕集器具(F

1

,F

2

)側に回す。

次に,ガスメーター(M)の指示値(V

1

)を 0.01 L の桁まで読み取る。

c)

吸引ポンプ(L)を作動させ,試料ガスをガス捕集器具(F

1

,F

2

)に通す。このとき流量調節コック(K

1

K

2

)を調節して,流量を 1 L/min 程度にする。ホルムアルデヒドの標準ガスなどを用いた予備測定に

よって,ホルムアルデヒドが吸収液に完全に捕集されることが確認された場合は,流量を 1.5 L/min  ま

で上げてもよい。

d)

ガスメーター(M)の温度計(N)及びマノメーター(O)によってガスの温度及びゲージ圧力を測定

する。また,大気圧を測定する。

e)

試料ガス 2∼10 L 程度を採取した後,吸引ポンプ(L)を停止し,流路切替三方コック(P

1

,P

2

)を

P

1

,P

2

の順に閉じる。ガスメーターの指示値(V

2

)を 0.01 L の桁まで読み取る。試料ガスの採取量は,

ホルムアルデヒドの濃度に応じて,適宜,増減してもよい。ただし,上限を 90 L 程度までとする。

f)

必要に応じて,試料ガス中の水分を JIS Z 8808:1995 の 6.(排ガス中の水分量の測定)によって測定す

る。

g)

試料ガスの採取は,同一採取位置においてできるだけ時間間隔をあけずに,一般に 2 回以上試料を採

取し,それぞれ分析に用いる。

6.4

試料ガス採取量

標準状態[273.15 K(0  ℃),101.32 kPa]における試料ガス採取量を,乾きガス量(V

SD

)又は湿りガス量

V

SW

)とする場合,次の式によって算出する。

a)

乾きガス量で求める場合

1)

湿式ガスメーターを用いた場合

)

(

41

.

22

32

.

101

15

.

273

15

.

273

V

m

a

SD

b

a

P

P

P

t

V

V

×

×

2

)

乾式ガスメーターを用いた場合

)

(

41

.

22

32

.

101

15

.

273

15

.

273

m

a

SD

b

a

P

P

t

V

V

×

×

b

)

湿りガス量で求める場合

1

)

湿式ガスメーターを用いた場合

)

(

41

.

22

32

.

101

15

.

273

15

.

273

V

m

a

SW

c

b

a

P

P

P

t

V

V

×

×

2

)

乾式ガスメーターを用いた場合

)

(

41

.

22

32

.

101

15

.

273

15

.

273

m

a

SW

c

b

a

P

P

t

V

V

×

×

ここに,

V

SD

: 乾きガス量(L)

V

SW

: 湿りガス量(L)

V

: ガスメーターで測定したガス量(L)

6.3 の b)∼e)の操作における V

2

V

1

t

: ガスメーターにおける温度(℃)

P

a

: 大気圧(kPa)

P

m

: ガスメーターにおけるゲージ圧(kPa)

1)

P

V

: t  ℃における飽和水蒸気圧(kPa)

表 から換算する。)

a

: 吸収液又は試料採取用カートリッジに捕集された分析


8

K 0303

:2012

   

対象ガス(mol)

1)

b

: 吸収液又は試料採取用カートリッジに捕集された分析

対象以外のガス(mol)

1)

c

: JIS Z 8808: 1995 の 6.によって求めた水分の量(mol)

1)

273.15

: 標準状態の 0  ℃に対応する絶対温度(K)

101.32

: 1 気圧に対応する圧力(kPa)

22.41

: 標準状態における気体 1 mol の体積(L)

1)

無視して差し支えない場合が多い。

7

各分析方法に対応した試料ガスの採取方法

試料ガスの採取方法は,それぞれの分析方法に対応した次の手順による。

7.1

ほう酸吸収瓶捕集−(AHMT 吸光光度法)

7.1.1

一般

この試料ガス採取方法は,ホルムアルデヒドをほう酸溶液の吸収瓶によって捕集するもので,AHMT 吸

光光度法によって定量する場合に適用する。

7.1.2

試薬

a

)

ほう酸  JIS K 8863 に規定するもの。

7.1.3

吸収液の調製

a

)

ほう酸吸収液(5 g/L)  JIS K 8863 に規定するほう酸 5 g を水に溶かして 1 L とする。この溶液は,

使用する直前に調製する。

7.1.4

試料ガス採取装置

図 におけるガス捕集器具として,図 による吸収瓶(容量 100 mL)に,7.1.3 a)のほう酸吸収液 40 mL

を入れたもの 2 個を連結(F

1

,F

2

)する。

7.1.5

採取操作

ガス採取操作は,6.3 による。

7.2

DNPH

吸収瓶捕集−(GC 法又は HPLC 法)

7.2.1

一般

この試料ガス採取方法は,ホルムアルデヒドを吸収瓶中の DNPH 溶液と反応させて,ホルムアルデヒド・

2, 4-

ジニトロフェニルヒドラゾン(以下,ホルムアルデヒド−DNPH という。

)として捕集するもので,ガ

スクロマトグラフ(GC)法又は高速液体クロマトグラフ(HPLC)法を用いて定量する場合に適用する。

7.2.2

試薬及びガス

DNPH

吸収液の調製に用いる試薬及びガスは,次による。

a

)

ヘキサン  JIS K 8848 に規定するもので,10 mL を約 1 mL に濃縮し,GC 法の場合は 8.2.3.4 の a)∼c)

又は 8.2.4.4 の a)∼c)の操作でガスクロマトグラフに導入したとき,HPLC 法の場合は 8.4.6 の a)∼c)

の操作で高速液体クロマトグラフに導入したとき,ホルムアルデヒド−DNPH 及びアントラセン(8.2.4

及び 8.3.4 の内標準法を用いるときに限る。

)の保持時間にピークを生じないもの。

b

)  DNPH

  JIS K 8480 に規定する 2, 4-ジニトロフェニルヒドラジン(試薬)によるもの。この試薬は,

安全のためにほぼ等量の水が含ませてあるが,開封後は乾燥しないように注意して保管する。

警告:DNPH は変異原性があり,また,乾燥すると爆発性のある危険な物質である。取扱いには十

分注意する。

c

)

塩酸  JIS K 8180 に規定するもの。


9

K 0303

:2012

d

)

窒素  JIS K 1107 に規定する窒素 2 級。

7.2.3

DNPH

吸収液の調製

吸収液(DNPH 2 g/L)の調製は,次による。

a

) DNPH

の適量をろ紙上にとり,水分をろ紙によって除いた後,シリカゲル入りデシケーター中で乾燥

し,使用時まで保管する。

b

)

別に,密閉できる容器に塩酸(2 mol/L)1 L を入れ,容器内の空気を JIS K 1107 に規定する窒素 2 級

で置換する。乾燥した後,DNPH 2 g を先の塩酸に加えて,溶かす。

c

)

密閉して半日程度放置し,ガラスろ過器(G3)でろ過する。

d

)

ろ液 200 mL を分液漏斗 1 000 mL にとり,ヘキサン 200 mL を加えて 5 分間激しく振り混ぜ,静置す

る。水相を別の分液漏斗に入れ,再びヘキサン 200 mL を加えて同様の洗浄操作を行った後,水相を

分離し,有機相は捨てる。この溶液 40 mL について,空試験を行い,ホルムアルデヒド−DNPH 含有

量が 0.4 µg を超えるときは,更にヘキサンによる洗浄操作を繰り返し,この値以下であることを確認

しておく。

e

)

残りのろ液についても同様の洗浄操作を行う。

f

)

洗浄後の溶液は,塩酸及びヘキサンで洗浄したほうけい酸ガラスの着色瓶に速やかに移し,密栓して

冷暗所に保存する。以上の操作は,カルボニル化合物が共存しない条件下,例えば,窒素置換したグ

ローブボックス内で行う必要がある。

7.2.4

試料ガス採取装置

試料ガス採取装置は,

図 のガス捕集器具として,図 の吸収瓶(容量 100 mL)に,7.2.3 の DNPH 吸

収液 40 mL を入れたもの 2 個(F

1

,F

2

)を連結して,用いる。

7.2.5

採取操作

ガス採取操作は,6.3 による。ただし,ガス採取量は 2∼10 L 程度とする。

7.3

DNPH

試料採取用カートリッジ捕集−(GC 法又は HPLC 法)

7.3.1

一般

この試料ガス採取方法は,ホルムアルデヒドを DNPH 試料採取用カートリッジによって,

“ホルムアル

デヒド−DNPH”として捕集するもので,ガスクロマトグラフ(GC)法又は高速液体クロマトグラフ(HPLC)

法によって定量する場合に適用する。

7.3.2

試薬及びガス

DNPH

試料採取用カートリッジの調製に用いる試薬及びガスは,次による。

a

)

アセトニトリル  JIS K 8032 に規定するもので,10 mL を約 1 mL に濃縮し,GC 法の場合は 8.2.3.4 

a

)

c)又は 8.2.4.4 の a)∼c)の操作でガスクロマトグラフに導入したとき,HPLC 法の場合は 8.4.6 の a)

c)の操作で高速液体クロマトグラフに導入したとき,ホルムアルデヒド−DNPH 及びアントラセン

8.2.4 及び 8.3.4 の内標準法を用いるときに限る。

)の保持時間にピークを生じないもの。

b

)  DNPH

  7.2.2 b)による。

c

)

塩酸  JIS K 8180 に規定するもの。

d

)

窒素  JIS K 1107 に規定する窒素 2 級。

7.3.3

DNPH

試料採取用カートリッジの調製

DNPH

試料採取用カートリッジの調製は,次による。


10

K 0303

:2012

   

a

)  DNPH

アセトニトリル溶液  DNPH をろ紙上にとり,水分をろ紙によって除いたもの約 5 g を 60  ℃

のアセトニトリルに溶かし,保温ろ過後,窒素を流しながら徐々に冷却して再結晶を行う。この再結

晶した DNPH 1 g をアセトニトリル 100 mL に溶かす。この溶液を原液とし,着色瓶に入れて,密栓を

して冷暗所に保存する。約 2 週間は使用できる。使用の直前に,この原液 25 mL をアセトニトリルで

1 L

に希釈し,塩酸 1 mL を加えて DNPH アセトニトリル溶液を調製する。

注記  再結晶した DNPH が残った場合は,シリカゲルデシケーターに入れ,冷暗所に保存するとよ

い。

b

)  DNPH

試料採取用カートリッジの調製  市販の HPLC 前処理用シリカゲルカートリッジ[内径約

10 mm

,長さ約 30 mm の円筒にシリカゲル(粒径約 150

μm)0.7 g を充塡したもの]に,次の処理を

して用いる。アセトニトリル約 10 mL を流して洗浄し,窒素を通して乾かす。a)で調製した DNPH ア

セトニトリル溶液 10 mL を流して含浸させた後,窒素を通して過剰のアセトニトリルを除去し,カー

トリッジを上口デシケーター中で 1 時間程度乾燥する。調製後は密栓して冷蔵庫中に保存する。

注記  市販のホルムアルデヒド捕集用 DNPH 試料採取用カートリッジを用いてもよい。試料採取用

カートリッジは,通常,使い捨てとし,再生は行わず,また,試料採取用カートリッジの空

試験はロットごとに行うとよい。

7.3.4

試料ガス採取装置

試料ガス採取装置は,6.2.1 による。ただし,

図 のガス捕集器具の吸収瓶(F

1

,F

2

)の代わりに,7.3.3 

b

)

の DNPH 試料採取用カートリッジを装着する。捕集時にカートリッジ中のホルムアルデヒドが破過容量

を超えないようにするため,ホルムアルデヒドの濃度が高い場合には,試料採取用カートリッジを 2 個連

結して用いるか,又は試料ガス採取量及び採取時の吸引流量を調節する。捕集後のカートリッジが破過を

起こしていないことを,捕集前のカートリッジの淡黄色が後端から 10 %以上残っていることによって確認

する。

なお,水分の凝縮,試薬の変性及びカートリッジの材質が変形しない程度(70∼80  ℃)に加熱する。

7.3.5

採取操作

ガス採取操作は,6.3 による。ただし,試料ガス流量は,0.5∼1 L/min,試料ガス採取量は,2∼10 L 程

度とする。

7.4

CEBHA

試料採取用カートリッジ捕集−(HPLC 法)

7.4.1

一般

この試料ガス採取方法は,ホルムアルデヒドを CEBHA カートリッジによって,

“CEBHA・ホルムアル

デヒド誘導体”として捕集するもので,高速液体クロマトグラフ法によって定量する場合に適用する。

7.4.2

試薬及びガス

CEBHA

試料採取用カートリッジの調製に用いる試薬及びガスは,次による。

a

)  CEBHA

  O -(4-シアノ-2-エトキシベンジル)ヒドロキシルアミンによる。

b

)

アンモニア水(6 mol/L)  JIS K 8085 に規定するアンモニア水 40 mL をとり,水を加えて 100 mL とす

る。

c

)

酢酸エチル  JIS K 8361 に規定するもの。

d

)

硫酸マグネシウム  乾燥剤用のものを用いる。

e

)

アセトニトリル  7.3.2 a)による。

f

)

りん酸  JIS K 9005 による。

g

)

窒素  JIS K 1107 に規定する窒素 2 級。


11

K 0303

:2012

7.4.3

CEBHA

試料採取用カートリッジの調製

CEBHA

試料採取用カートリッジの調製は,次による。

a

)

コーティング用 CEBHA の調製  アンモニア水(6 mol/L)300 mL  及び CEBHA の塩酸塩 20 g を反応

器に入れ,更に酢酸エチル 200 mL を加えて,10 時間かき混ぜた後,分液漏斗に移し入れ,振り混ぜ

た後,放置する。分離した酢酸エチル層を分液し,塩化ナトリウム溶液(飽和)100 mL によって,次

いで水 100 mL を用いて洗浄する。得られた酢酸エチル層は,無水硫酸マグネシウムによって脱水乾

燥する。ろ過して硫酸マグネシウムを除去し,温浴 30∼35  ℃のロータリーエバポレーターを用いて

ろ液の溶媒を気化する。さらに,真空ポンプを用いて十分に乾燥させて白色の固形物の CEBHA を得

る。得られた CEBHA は,窒素シールで密栓して直射日光を避けた室温(冷暗所)に保存する。約 1

か月間は使用できる。

b

)

シリカゲルの調製  反応器に,シリカゲル(中性で,直径 63∼210 µm の球状のもの)100 g 及びアセ

トニトリル 300 mL を入れ,シリカゲルが破壊されないようにして十分かき混ぜた後,ろ紙を用いて

ろ過し,アセトニトリルを除き,ろ紙上のシリカゲルを回収し,真空ポンプを用いて十分に乾燥する。

c

)

CEBHA

コーティングシリカゲルの調製  b)で得た乾燥したシリカゲル及びアセトニトリル 430 mL

を反応器に入れ,a)で調製したコーティング用 CEBHA の 1.9 g をアセトニトリル 20 mL に溶解した

ものを滴下し,次に,7.4.2 のりん酸 1.3 mL をアセトニトリル 20 mL に溶かしたものを滴下する。穏

やかに還流するまで昇温し,1 分間かき混ぜた後に徐々に室温まで冷却する。室温にまで冷却した後,

更に,5  ℃以下に氷浴しながら 1 時間かき混ぜる。次に,ろ過してアセトニトリルを除き,得られた

CEBHA

でコーティングしたシリカゲルをアセトニトリル 430 mL で 3 回洗浄し,更に真空ポンプを用

いて十分にアセトニトリルを気化し乾燥する。

d

)  CEBHA

試料採取用カートリッジの組立  HPLC 前処理用の空カートリッジ(内径約 10 mm,長さ約

30 mm

の円筒形)に c)で得た CEBHA コーティングシリカゲル 0.5 g を充塡したものを,窒素気流下の

グローブボックス内においてアセトニトリル 5 mL によって洗浄した後,真空ポンプで十分に乾燥す

る。試料採取用カートリッジ上下の吸引口に栓を施し,更にアルミニウムラミネート袋に収めて密封

し冷暗所に保存する。約 1 年間は使用できる。

なお,市販のホルムアルデヒド用の CEBHA 試料採取用カートリッジを用いてもよい。このカート

リッジは,通常,使い捨てとし,再生は行わず,また,CEBHA 試料採取用カートリッジの空試験は

ロットごとに行う。

7.4.4

試料ガス採取装置

試料ガス採取装置は,6.2.1 による。ただし,

図 のガス捕集器具(F

1

,F

2

)として,7.4.3 で調製した

CEBHA

試料採取用カートリッジを装着する。捕集時にカートリッジ中のホルムアルデヒドが破過容量を

超えないようにするため,ホルムアルデヒドの濃度が高い場合には,試料採取用カートリッジを 2 個連結

して用いるか,又は試料ガス採取量及び採取時の吸引流量を調節する。捕集後のカートリッジが破過を起

こしていないことを確認する。

なお,水分の凝縮,試薬の変性及びカートリッジの材質が変形しない程度(70  ∼80  ℃)に加熱する。

7.4.5

採取操作

ガス採取操作は,6.3 による。ただし,試料ガス流量は,0.5∼1 L/min,試料ガス採取量は,2∼10 L 程

度とする。


12

K 0303

:2012

   

8

定量方法

8.1

ほう酸吸収瓶捕集)−AHMT 吸光光度法

8.1.1

一般

この方法は,ほう酸吸収瓶捕集による AHMT 吸光光度法に適用する。

8.1.2

適用上の留意点

この方法は,試料ガス中に二酸化硫黄,二酸化窒素,硫化水素,アンモニアなどが共存しても影響しな

い。また,ホルムアルデヒド以外のアルデヒド類,例えば,アセトアルデヒド,プロパナール,ブタナー

ル,ベンズアルデヒドなどは 2 倍量程度共存しても影響しないが,塩素は同量でも影響する。

8.1.3

試薬及び試薬溶液の調製

8.1.3.1

試薬

試薬は,次による。

a

)

塩酸  JIS K 8180 に規定するもの。

b

)

硫酸  JIS K 8951 に規定するもの。

c

)

水酸化カリウム  JIS K 8574 に規定するもの。

d

)  AHMT

  4-アミノ-3-ヒドラジノ-5-メルカプト-1,2,4-トリアゾール(試薬)による。

e

)

過よう素酸カリウム  JIS K 8249 に規定するもの。

f

)

ホルムアルデヒド液(ホルマリン)  JIS K 8872 に規定するもの。

g

)

よう素  JIS K 8920 に規定するもの。

h

)

チオ硫酸ナトリウム五水和物  JIS K 8637 に規定するもの。

i

)

でんぷん(溶性)  JIS K 8659 に規定するもの。

j

)

よう化カリウム  JIS K 8913 に規定するもの。

k

)

炭酸ナトリウム  JIS K 8625 に規定するもの。

l

)

よう素酸カリウム  JIS K 8922 に規定するもの。

8.1.3.2

試薬溶液の調製

試薬溶液の調製は,次による。

a

)

水酸化カリウム溶液  水酸化カリウム 28 g をポリエチレン瓶にとり,水約 50 mL を徐々に加え,流水

で冷却しながら振り混ぜて溶かした後,水を加えて 100 mL とする。

b

)  AHMT

溶液  AHMT 0.5 g を塩酸(5+95)100 mL に溶かす。この溶液は着色瓶に入れて冷暗所に保

存する。1 週間以上経過したものは使用しない。

c

)

過よう素酸カリウム溶液  過よう素酸カリウム 0.75 g をビーカー200 mL に入れ,a)の水酸化カリウム

溶液 100 mL を加え,水浴上で加熱して溶かした後,冷却する。この溶液は着色瓶に入れて冷暗所に

保存する。1 週間以上経過したものは使用しない。

d

)

ホルムアルデヒド標準液(HCHO 1 mg/mL)  ホルムアルデヒド液(ホルマリン)約 3 mL を水 1 L

に溶かす。このホルムアルデヒド標準液の濃度は,次の方法によって求める。

ホルムアルデヒド標準液

(1 mg/mL)

10 mL

を共通すり合わせ三角フラスコ 200 mL にとり,

0.05 mol/L

よう素溶液 10 mL 及び水酸化カリウム溶液(1 mol/L)5 mL を加え,15 分間室温に放置する。硫酸

(1 mol/L)8 mL を加え,残留しているよう素を直ちに 0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定し,

溶液が淡黄色になってから,でんぷん溶液(5 g/L)1 mL を指示薬として加え,更に滴定する。別に

水 10 mL を用いて空試験を行う。ホルムアルデヒドの濃度の求め方は,次の式による。


13

K 0303

:2012

10

1

)

(

501

.

1

0

×

×

×

f

V

V

C

ここに,

C

: ホルムアルデヒド標準原液中のホルムアルデヒドの濃度

(mg/mL)

V

: 滴定に要した 0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液の体積

(mL)

V

0

: 空試験の滴定に要した 0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液

の体積(mL)

f

: 0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液のファクター

1.501

: 0.1 mol/L チオ硫酸ナトリウム溶液 1 mL に相当するホルム

アルデヒドの質量(mg)

なお,この標準液は冷蔵庫内に保存すれば約 1 か月間安定である。

e

)

ホルムアルデヒド標準液(HCHO 2 

μg/mL)  ホルムアルデヒド標準液(HCHO 1 mg/mL)10 mL を

全量フラスコ 500 mL にとり,吸収液を標線まで加える。この溶液 10 mL を全量フラスコ 100 mL にと

り,吸収液を標線まで加える。使用時に調製する。この溶液の濃度は,ホルムアルデヒド標準液(HCHO

1 mg/mL

)の濃度から算出する。

f

)

0.05 mol/L

よう素溶液  よう化カリウム 40 g を水約 25 mL に溶かし,これによう素 13 g を溶かした後,

塩酸 3 滴を加え,水で 1 L とする。

g

)  0.1 mol/L

チオ硫酸ナトリウム溶液  チオ硫酸ナトリウム五水和物 26 g 及び炭酸ナトリウム 0.2 g を,

溶存酸素を含まない水[JIS K 0050 

附属書 E(特殊用途の水の調製方法及び保存方法)による。]

1 000 mL

に溶かし,2 日間放置した後,よう素酸カリウムを用いて,JIS K 8001 の JA.5.2(滴定用溶

液の調製,標定及び計算)の t) 2)によって標定する。

h

)

でんぷん溶液(5 g/L)  でんぷん(溶性)1 g を水約 10 mL とよく混和し,熱水 200 mL 中にかき混ぜ

ながら加える。約 1 分間煮沸し,放冷する。使用時に調製する。

8.1.4

装置

装置は,分光光度計又は光電光度計による。

8.1.5

分析用試料溶液の調製

分析用試料溶液の調製は,次による。

a

)  7.1.5

の操作を行った後,吸収瓶(F

1

)の内容液を全量フラスコ 100 mL に移し入れる。吸収瓶(F

1

に吸収瓶(F

2

)の内容液を移して洗った後,洗液は先の全量フラスコ 100 mL に移し入れる。

b

)

さらに,新しい吸収液約 15 mL を用いて吸収瓶(F

2

(F

1

)の順に洗い,洗液を a)の全量フラスコ

100 mL

に移した後,吸収液を標線まで加える。これを分析用試料溶液とする。

8.1.6

定量操作

定量操作は,次による。

a

)  8.1.5

で調製した分析用試料溶液 2 mL を全量フラスコ 10 mL にとる。

b

)

水酸化カリウム溶液 2 mL 及び AHMT 溶液 2 mL を加え,栓をして静かに振り混ぜる。

c

)

室温で 20 分間放置した後,栓をとり,過よう素酸カリウム溶液 2 mL を加える。軽く栓をして気泡の

発生がなくなるまで,静かに振り混ぜた後,水を標線まで加える。

d

)

溶液の一部を吸収セルにとり,波長 550 nm 付近における吸光度を測定する。ただし,対照液は,吸

収液 2 mL だけを加えて b)及び c)の操作を行った液を用いる。

e

)

8.1.7

によって作成した検量線から,ホルムアルデヒドの質量(µg)を求める。

8.1.7

検量線の作成


14

K 0303

:2012

   

検量線の作成は,次による。

a

)

ホルムアルデヒド標準液(HCHO 2 µg/mL)の 0.1∼2.0 mL を段階的に数個の全量フラスコ 10 mL にと

り,吸収液を標線まで加える。

b

)  8.1.6

の b)∼d)の操作を行う。ただし,吸光度の測定には,吸収液 2 mL だけを加えて 8.1.6 の b)及び

c

)

の操作を行った液を対照液に用いる。

c

)

ホルムアルデヒドの質量(µg)と吸光度との関係線を作成する。

8.1.8

計算

試料ガス中のホルムアルデヒドの濃度の求め方は,次の式による。

2

100

746

.

0

S

V

×

×

V

a

C

C

W

C

V

×1.34

ここに,

C

V

: 試料ガス中のホルムアルデヒドの体積分率(vol ppm)

C

W

: 試料ガス中のホルムアルデヒドの質量濃度(mg/m

3

a

: 8.1.6 で求めた試料溶液 2 mL 中のホルムアルデヒドの質

量(µg)

V

S

: 6.4 によって算出した標準状態の試料ガス採取量(L)

(乾きガス量の場合は V

SD

,湿りガス量の場合は V

SW

0.746

: ホルムアルデヒド(HCHO)1 µg に相当する体積(µL)

(標

準状態)

1.34

: ホルムアルデヒド(HCHO)1 vol ppm に相当する質量濃

度(mg/m

3

8.2

DNPH

吸収瓶捕集)−GC 

8.2.1

一般

この方法は,DNPH 吸収瓶捕集によるガスクロマトグラフ法に適用する。

8.2.2

適用上の留意点

この方法によって,キャピラリーカラムを用いて適切な温度条件で操作すれば,アセトアルデヒド,プ

ロパナールなどを同時に定量することができる。

8.2.3

絶対検量線法

8.2.3.1

試薬及び試薬溶液の調製

試薬及び試薬溶液の調製は,次による。

a

)

試薬  試薬は,次による。

1

)

クロロホルム  JIS K 8322 に規定するもので,その 10 mL を約 1 mL に濃縮し,8.2.3.4 の a)∼c)又

は 8.2.4.4 の a)∼c)の操作でガスクロマトグラフに導入したとき,ホルムアルデヒド−DNPH 及びア

ントラセン

8.2.4 及び 8.3.4 の内標準法を用いるときに限る。

の保持時間にピークを生じないもの。

2

)  DNPH

  7.2.2 b)による。

3

)

硫酸  JIS K 8951 に規定するもの。

4

)

エタノール(99.5)  JIS K 8101 に規定するもの。

5

)

ホルムアルデヒド液  JIS K 8872 に規定するもの。

b

)

試薬溶液の調製  試薬溶液の調製は,次による。


15

K 0303

:2012

1

)

ホルムアルデヒド−DNPH  DNPH 1 g を硫酸 2 mL とエタノール(99.5)15 mL とを混合した溶液

に溶かし,これにホルムアルデヒド液(ホルマリン)2.5 mL をエタノール(99.5)5 mL に溶かした

溶液を加える。生成した沈殿をガラスろ過器(G4)で吸引ろ過し,水及びエタノール(99.5)で十

分洗浄した後,1 時間程度,上口デシケーター内で減圧乾燥する。この DNPH の融点が 166∼168  ℃

であることを確認し,乾燥剤としてシリカゲルを入れたデシケーター中に保存する。

2

)

ホルムアルデヒド−DNPH 標準液(HCHO 30 µg/mL)  ホルムアルデヒド−DNPH 105 mg をクロ

ロホルムに溶かし,全量フラスコ 50 mL に移し入れ,クロロホルムを標線まで加える。さらに,こ

の溶液 5 mL を全量フラスコ 50 mL にとり,クロロホルムを標線まで加える。この溶液 1 mL は,ホ

ルムアルデヒド 30 µg に相当する。

8.2.3.2

装置,ガス類及び器具

装置,ガス類及び器具は,次による。

a

)

ガスクロマトグラフ(水素炎イオン化検出器付)  カラムは,充塡カラム又はキャピラリーカラムを

用いる。充塡カラムに用いる管は,ガラス製で内径 2∼3 mm 程度,長さ 2∼3 m,内面をヘキサンで

洗い,水洗,乾燥したものとし,充塡剤には,125∼250 µm の白色けい藻土系たん体を酸で洗った後,

ジメチルジクロロシラン処理し,50 %フェニルメチルシリコンを 1∼4 %被覆したもの,又はこれと同

等の性能をもつものを用いる。また,キャピラリーカラムは,内径 0.2∼1 mm,長さ 10∼60 m,膜厚

0.1

∼3 µm で,液相には 50 %フェニルメチルシリコン又はこれと同等の性能をもつものを用いる。

b

)

キャリヤーガス  JIS K 1107 に規定する 1 級若しくは 2 級の窒素,又はヘリウム(純度 99.995 %以上)。

c

)

燃料ガス  JIS K 0512 に規定する水素 1 級又は 2 級。

d

)

助燃ガス  清浄な空気。

e

)

濃縮器  クデルナダニッシュ濃縮器又はエバポレーター。

8.2.3.3

分析用試料溶液の調製

分析用試料溶液の調製は,次による。

a

)  7.2.5

の操作を行った後,吸収瓶(F

1

,F

2

)の内容液をビーカー200 mL に移し,更に吸収瓶内を少量の

水で洗浄する。洗液は,先のビーカー200 mL に移し入れる。

b

)

分液漏斗 100 mL に,ビーカーの内容液を少量の水で洗い移す。

c

)

この分液漏斗にクロロホルム 9 mL を加え,5 分間以上振り混ぜた後,静置する。

d

)

クロロホルム層を全量フラスコ 10 mL に移し入れ,クロロホルムを標線まで加え,密栓する。これを,

分析用試料溶液とする。分析用試料溶液の保存は,冷暗所において 1 週間を限度とする。

8.2.3.4

定量操作

定量操作は,次による。

a

)

ガスクロマトグラフの主な操作条件は,次による。

1

)

充塡カラムの場合

カラム槽温度

:180∼250  ℃

試料導入部及び検出器温度 :240∼280  ℃

キャリヤーガス流量

:20∼60 mL/min

2

)

キャピラリーカラムの場合

カラム槽温度

: 100∼250  ℃の間の適切な温度での恒温,又は 40∼280  ℃の適切な

範囲内での昇温

2)


16

K 0303

:2012

   

試料導入部温度

: スプリット法,スプリットレス法及び直接導入法では,240∼280  ℃,

コールドオンカラム法では,40∼280  ℃の適切な範囲内で昇温,PTV

法では 0∼300  ℃  の適切な範囲内で昇温。

キャリヤーガス流量

: 0.5∼10 mL/min

2)

試料の導入方法がスプリット法及び直接導入法の場合は,恒温又は昇温のいずれでもよい。

スプリットレス法,コールドオンカラム法,又は PTV 法では,昇温とする。

b

)  8.2.3.3

で調製した分析用試料溶液 1∼5 µL の一定量を正確にマイクロシリンジにとり,ガスクロマト

グラフに導入する。試料導入量は,導入方法によって調節する。また,クロマトグラムのピークが小

さく定量が困難な場合には,濃縮を行ってもよい。その場合に,器壁に結晶が析出することがあるの

で注意する。

c

)

ホルムアルデヒド−DNPH の保持時間前後のクロマトグラムを記録する。

d

)  c)

で得られたクロマトグラムのピーク面積を求める。

e

)

8.2.3.5

で作成した検量線からホルムアルデヒドの質量(µg)を求める。

f

)

分液漏斗 100 mL に 7.2.3 の吸収液 80 mL をとり,クロロホルム 10 mL を加え,5 分間以上ふり混ぜた

後,静置し,クロロホルム層を全量フラスコ 10 mL  に移し入れ,必要な場合クロロホルムを標線まで

加える。このクロロホルム抽出液を a)∼e)に準じて操作して空試験値を求める。

8.2.3.5

検量線の作成

検量線の作成は,次による。

a

)

数個の全量フラスコ 10 mL にホルムアルデヒド−DNPH  標準液(HCHO 30 µg/mL)0.2∼5.0 mL を数

個の全量フラスコ 10 mL にとり,それぞれとり,クロロホルムを標線まで加える。

b

)

これらの溶液について,それぞれ 8.2.3.4 の  a)∼d)に準じて操作を行い,ホルムアルデヒド(HCHO)

の質量(µg)とそのクロマトグラムのピーク面積との関係線を作成する。ガスクロマトグラフへの導

入量は,8.2.3.4 b)と同一量とする。

8.2.3.6

計算

試料ガス中のホルムアルデヒドの濃度の求め方は,次の式による。

S

V

1

)

(

746

.

0

V

n

b

a

C

×

× −

C

W

C

V

×1.34

ここに,

C

V

試料ガス中のホルムアルデヒドの体積分率(vol ppm)

C

W

試料ガス中のホルムアルデヒドの質量濃度(mg/m

3

a

検量線から求めたホルムアルデヒドの質量(µg)

b

空試験で得られたホルムアルデヒドの質量(µg)

n

8.2.3.4 b

)

によって濃縮した場合の濃縮倍率。濃縮しない

場合は 1

V

S

6.4

によって算出した標準状態の試料ガス採取量(L)

(乾

きガス量の場合は V

SD

,湿りガス量の場合は V

SW

0.746

ホルムアルデヒド(HCHO)1 µg に相当する体積(µL)
(標準状態)

1.34

ホルムアルデヒド(HCHO)1 vol ppm に相当する質量濃
度(mg/m

3


17

K 0303

:2012

8.2.4

内標準法

8.2.4.1

試薬及び試薬溶液の調製

a

)

試薬

  試薬は,次による。

1

)

クロロホルム

8.2.3.1 a

)

 1

)

による。

2

)

DNPH

7.2.2 b

)

による。

3

)

硫酸

JIS K 8951

に規定するもの。

4

)

エタノール

99.5

JIS K 8101

に規定するもの。

5

)

ホルムアルデヒド液

JIS K 8872

に規定するもの。

6

)

アントラセン

  次の

b

)

 3

)

のアントラセン標準液を

8.2.4.4

a

)

c

)

の操作でガスクロマトグラフに導

入したとき,ホルムアルデヒド−DNPH の保持時間にピークを生じないもの。

b

)

試薬溶液の調製

  試薬溶液の調製は,次による。

1

)

ホルムアルデヒド

DNPH

8.2.3.1 b

)

 1

)

による。

2

)

ホルムアルデヒド

DNPH

標準液

HCHO 30 µg/mL

8.2.3.1 b

)

 2

)

による。

3

)

アントラセン標準液

1 000 µg/mL

  アントラセン 100 mg をクロロホルムに溶かして正しく 100 mL

にする。この溶液は,密栓して冷蔵庫に保存し,内標準として使用する。

8.2.4.2

装置

ガス類及び器具

装置,ガス類及び器具は,次による。

a

)

ガスクロマトグラフ

水素炎イオン化検出器付

8.2.3.2 a

)

による。

b

)

キャリヤーガス

8.2.3.2 b

)

による。

c

)

燃料ガス

8.2.3.2 c

)

による。

d

)

助燃ガス

8.2.3.2 d

)

による。

e

)

濃縮器

8.2.3.2 e

)

による。

8.2.4.3

分析用試料溶液の調製

分析用試料溶液の調製は,次による。

a

)

7.2.5

の操作を行った後,吸収瓶(F

1

,F

2

)の内容液をビーカー200 mL に移し,更に吸収瓶内を少量の

水で洗浄し,洗液は先のビーカー200 mL に移し入れる。

b

)

ビーカーの内容液を少量の水とともに分液漏斗 100 mL に移し入れる。

c

)

分液漏斗にクロロホルム 9 mL を加え,5 分間以上振り混ぜた後,静置する。

d

)

クロロホルム層を全量フラスコ 10 mL に移し入れる。

8.2.4.1 b

)

 3

)

のアントラセン標準液(1 000 µg/mL)

1 mL

を加えた後,クロロホルムを標線まで加え,分析用試料溶液とする。

8.2.4.4

定量操作

定量操作は,次による。

a

)

ガスクロマトグラフの主な操作条件は,

8.2.3.4 a

)

による。

b

)

8.2.4.3

で調製した分析用試料溶液 1∼5 µL の一定量を正確にマイクロシリンジにとり,ガスクロマト

グラフに導入する。試料導入量は,導入方法によって調節する。また,クロマトグラムのピークが小

さく定量が困難な場合には,濃縮を行ってもよい。その場合に,器壁に結晶が析出することがあるの

で注意する。

c

)

ホルムアルデヒド−DNPH 及び内標準のアントラセンのクロマトグラムを記録し,それぞれのピーク

面積を求める。


18

K 0303

:2012

   

d

)

7.2.3

の DNPH 吸収液 80 mL を分液漏斗 100 mL にとり,

8.2.4.3

c

)

及び

d

)

並びに

8.2.4.4

a

)

c

)

準じて操作して空試験を行う。

e

)

c

)

で得られたホルムアルデヒド−DNPH 及びアントラセンのピーク面積から,

d

)

で得られた空試験の

それぞれのピーク面積を差し引いた後,そのピーク面積比(A

S

´/A

IS

´

)を求める。

f

)

8.2.4.5

によって作成した検量線から,ピーク面積比(A

S

´/A

IS

´

)に対応するホルムアルデヒドとアント

ラセンとの質量比(M

S

´/M

IS

´

)を求める。

8.2.4.5

検量線の作成

検量線の作成は,次による。

a

)

8.2.3.1 b

)

 2

)

で調製したホルムアルデヒド−DNPH 標準液(HCHO 30 µg/mL)の 0.2∼5.0 mL を段階的

に数個の全量フラスコ 10 mL にとり,アントラセン標準液(1 000 µg/mL)の 1 mL をそれぞれ加えた

後,クロロホルムを標線まで加える。

b

)

これらの溶液について,それぞれ

8.2.4.4

a

)

e

)

に準じて操作を行い,ホルムアルデヒド及びアント

ラセンのピーク面積比(A

S

´/A

IS

´

)と,それらの質量比(M

S

´/M

IS

´

)との関係線を作成する。

8.2.4.6

計算

試料ガス中のホルムアルデヒドの濃度の求め方は,次の式による。

S

m

V

000

1

746

.

0

V

R

C

×

×

C

W

C

V

×1.34

ここに,

C

V

試料ガス中のホルムアルデヒドの体積分率(vol ppm)

C

W

試料ガス中のホルムアルデヒドの質量濃度(mg/m

3

R

m

検量線から求めたホルムアルデヒドと内標準アントラセ
ンとの質量比(=M

S

´/M

IS

´

V

S

6.4

によって算出した標準状態の試料ガス採取量(L)

(乾きガス量の場合は V

SD

,湿りガス量の場合は V

SW

 1

000

8.2.4.3

で調製した分析用試料溶液中のアントラセンの質

量(µg)

 0.746

ホルムアルデヒド(HCHO)1 µg に相当する体積(µL)
(標準状態)

 1.34

ホルムアルデヒド(HCHO)1 vol ppm に相当する質量濃
度(mg/m

3

なお,検量線を作成せずに,あらかじめホルムアルデヒド−DNPH とアントラセンとの応答比(F)を

求めておけば,次の式によってホルムアルデヒドの濃度を算出することができる。

S

a

V

000

1

/

746

.

0

V

F

R

C

×

×

C

W

C

V

×1.34

ここに,

C

V

試料ガス中のホルムアルデヒドの体積分率(vol ppm)

C

W

試料ガス中のホルムアルデヒドの質量濃度(mg/m

3

F

ホルムアルデヒド−DNPH と内標準アントラセンとの応
答比[両物質の同量(例えば,1 µg)に対するピーク面
積の比]

3)

R

a

8.2.4.4 f

)

で得られたホルムアルデヒド−DNPH とアント

ラセンとのピーク面積比(A

S

´/A

IS

´

V

S

6.4

によって算出した標準状態の試料ガス採取量(L)

(乾きガス量の場合は V

SD

,湿りガス量の場合は V

SW

 1

000

8.2.4.3

で調製した分析用試料溶液中のアントラセンの質


19

K 0303

:2012

量(µg)

 0.746

ホルムアルデヒド 1 µg に相当するホルムアルデヒド
(HCHO)の体積(µL)

(標準状態)

 1.34

ホルムアルデヒド 1 ppm (体積分率)に相当するホルムア
ルデヒド(HCHO)の質量濃度(mg/m

3

3)

数点測定し,その平均から求める。

8.3

DNPH

試料採取用カートリッジ捕集

)−

GC

8.3.1

一般

この定量方法は,DNPH 試料採取用カートリッジ捕集によるガスクロマトグラフ法に適用する。

8.3.2

適用上の留意点

排ガス採取時の水分濃度が 25 %以下の場合,及び二酸化窒素の体積分率が 10 vol ppm 以下の場合に,適

用する。

8.3.3

絶対検量線法

8.3.3.1

試薬及び試薬溶液の調製

試薬及び試薬溶液の調製は,

8.2.3.1

による。

8.3.3.2

装置

ガス類及び器具

装置,ガス類及び器具は,次による。

a

)

装置及びガス類

8.2.3.2

による。

b

)

試料採取用カートリッジの調製

7.3.3

による。

c

)

強酸性陽イオン交換樹脂管

  試料採取用カートリッジと接続し,

強酸性陽イオン交換樹脂を 0.1 g 程度

したもの。カートリッジ式の市販品を使用してもよい。

8.3.3.3

分析用試料溶液の調製

分析用試料溶液の調製は,次による。

a

)

7.3.4

以降の操作を行った後,試料採取用カートリッジの下に強酸性陽イオン交換樹脂管を接続し,注

射器によってアセトニトリル約 7 mL を通して,遠心管 10 mL にホルムアルデヒド−DNPH を溶離す

る。

b

)

遠沈管内のアセトニトリルに窒素を静かに吹き付けて,数 10 µL まで揮散する。

なお,気化に伴い試料溶液が冷却するとアセトニトリルが揮発しにくくなるので,水浴などで 35∼

40

℃程度に保温すると効率的である。また,溶媒を揮散するための市販装置を用いてもよい。

c

)

クロロホルムを数 mL ずつ用いて全量フラスコ 10 mL に洗い移し,クロロホルムを標線まで加える。

8.3.3.4

定量操作

定量操作は,次による。

a

)

8.3.3.3

で得られた溶液について,

8.2.3.4

a

)

d

)

の操作を行い,

8.3.3.5

で作成した検量線からホルム

アルデヒドの質量(µg)を求める。

b

)

試料の捕集に用いたときと同じロットの捕集用カートリッジについて,

8.3.3.3

に準じて操作し,得ら

れた溶液について

8.3.3.4 a

)

の操作を行い,空試験値を求める。

8.3.3.5

検量線の作成

検量線の作成は,

8.2.3.5

に準じた操作による。

8.3.3.6

計算

試料ガス中のホルムアルデヒドの濃度の求め方は,

8.2.3.6

による。

8.3.4

内標準法


20

K 0303

:2012

   

8.3.4.1

試薬及び試薬溶液の調製

試薬及び試薬溶液の調製は,

8.2.4.1

による。

8.3.4.2

装置

ガス類及び器具

装置,ガス類及び器具は,

8.2.4.2

による。

8.3.4.3

分析用試料溶液の調製

分析用試料溶液の調製は,次による。

a

)

8.3.3.3

a

)

及び

b

)

に準じた操作を行う。

b

)

遠沈管内の溶液をクロロホルム 2∼3 mL ずつを用いて全量フラスコ 10 mL に洗い移し,アントラセン

標準液(1 000 mg/L)1 mL を添加した後,クロロホルムを標線まで加える。

8.3.4.4

定量操作

定量操作は,次による。

a

)

8.3.4.3

で得た溶液について,

8.2.4.4

a

)

c

)

に準じた操作を行う。

b

)

試料の捕集に用いたときと同じロットの捕集用カートリッジについて,

8.3.3.3

a

)

c

)

及び

8.3.4.4 a

)

に準じて操作し,空試験を行う。

c

)

a

)

で得たホルムアルデヒド−DNPH 及びアントラセンのピーク面積から,

b

)

で得た空試験のそれぞれ

の面積値を差し引いた後,そのピーク面積比(A

S

´/A

IS

´

)を求める。

d

)

8.3.4.5

によって作成した検量線から,ピーク面積比(A

S

´/A

IS

´

)に対応するホルムアルデヒドとアント

ラセンとの質量比(M

S

´/M

IS

´

)を求める。

8.3.4.5

検量線の作成

検量線の作成は,

8.2.4.5

に準じて行う。

8.3.4.6

計算

計算は,

8.2.4.6

による。

8.4

DNPH

吸収瓶捕集

)−

HPLC

8.4.1

一般

この方法は,DNPH 吸収瓶捕集による高速液体クロマトグラフ法に適用する。

8.4.2

適用上の留意点

排ガス採取時の水分濃度が 25 %以下,二酸化窒素の体積分率が 10 vol ppm 以下の場合に適用する。この

方法で,グラジエント溶離法を用いれば,アセトアルデヒド,プロパナール,ベンズアルデヒドなどを同

時に定量することができる。

8.4.3

試薬及び試薬溶液の調製

8.4.3.1

試薬

試薬は,次による。

a

)

アセトニトリル

7.3.2 a

)

による。

b

)

DNPH

7.2.2 b

)

による。

c

)

クロロホルム

8.2.3.1 a

)

 1

)

による。

d

)

ホルムアルデヒド液

JIS K 8872

に規定するもの。

8.4.3.2

試薬溶液の調製

試薬溶液の調製は,次による。

a

)

移動相

溶離液

)  アセトニトリルと水との体積比が 65:35(アセトニトリル 650 mL 及び水 350 mL

を混合)から 50:50(アセトニトリル 500 mL 及び水 500 mL を混合)程度のものを,カラムの分離


21

K 0303

:2012

特性に合わせて調製する。調製した移動相は,脱気して使用する。

b

)

ホルムアルデヒド

DNPH

8.2.3.1 b

)

 1

)

による。

c

)

ホルムアルデヒド

DNPH

標準液

HCHO 30 µg/mL

8.2.3.1 b

)

 2

)

による。

8.4.4

装置

恒温槽付きの高速液体クロマトグラフ(紫外吸光光度検出器付)を用い,カラムには,内径 4∼6 mm,

長さ 150∼300 mm のオクタデシル基を化学結合させたシリカゲルを充

したものを用いる。カラムについ

ては,これと同等の分離性能をもつものを用いてもよい。

8.4.5

分析用試料溶液の調製

分析用試料溶液の調製は,次による。

a

)

7.2.5

の操作を行った後,吸収瓶(F

1

,F

2

)の内容液をビーカー200 mL に移し,更に吸収瓶内を少量の

水で洗浄する。洗液は,先のビーカー200 mL に移し入れる。

b

)

ビーカーの内容液を少量の水で分液漏斗 100 mL に洗い移す。

c

)

この分液漏斗にクロロホルム 10 mL を加え,5 分間以上振り混ぜた後,静置する。

d

)

クロロホルム層を分離し,これをロータリーエバポレーターで減圧濃縮する。溶液が少量残っている

ときにアセトニトリル 5 mL を加えた後,再度,減圧濃縮によって溶媒交換を行う。

e

)

その後,再び少量のアセトニトリルに溶かして全量フラスコ 5 mL に洗い移し,アセトニトリルを標

線まで加える。これを分析用試料溶液とする。

8.4.6

定量操作

定量操作は,次による。

a

)

高速液体クロマトグラフの主な操作条件は,次による。

カラム槽温度  :40∼50  ℃

移動相流量    :0.7∼1.2 mL/min

検出器波長      :350∼360 nm

b

)

8.4.5

で調製した分析用試料溶液の 2∼20 µL を正確にマイクロシリンジにとり,高速液体クロマトグ

ラフに導入する。試料導入量は,カラムサイズ及び導入方法によって調節する。

c

)

ホルムアルデヒド−DNPH のクロマトグラムを記録する。

d

)

c

)

で得られたクロマトグラムのピーク面積を求める。

e

)

8.4.7

で作成した検量線を用いてホルムアルデヒドの質量(µg)を求める。

f

)

分液漏斗 100 mL に吸収液 80 mL をとり,

8.4.5

c

)

e

)

に準じて操作し,得られたアセトニトリル溶

液を

8.4.6

a

)

e

)

と同様に操作して空試験値を求める。

8.4.7

検量線の作成

検量線の作成は,次による。

a

)

8.2.3.1 b

)

 2

)

のホルムアルデヒド−DNPH 標準液(HCHO 30 µg/mL)の 0.1∼5.0 mL を数個の全量フラ

スコ 5 mL に段階的にとり,アセトニトリルを標線まで加える。

b

)

これらの溶液について,それぞれ

8.4.6

a

)

d

)

の操作を行い,ホルムアルデヒド(HCHO)の質量(µg)

とそのクロマトグラムのピーク面積との関係線を作成する。高速液体クロマトグラフへの導入量は

8.4.6 b

)

と同量とする。

8.4.8

計算

試料ガス中のホルムアルデヒドの濃度の求め方は,次の式による。


22

K 0303

:2012

   

S

V

1

)

(

746

.

0

V

n

b

a

C

×

× −

C

W

C

V

×1.34

ここに,

C

V

試料ガス中のホルムアルデヒドの体積分率(vol ppm)

C

試料ガス中のホルムアルデヒドの質量濃度(mg/m

3

a

検量線から得られたホルムアルデヒドの質量(µg)

b

空試験で得られたホルムアルデヒドの質量(µg)

n

クロマトグラムのピークが小さく定量が困難なときに,
濃縮した場合の濃縮倍率。濃縮しない場合は 1

V

S

6.4

によって算出した標準状態の試料ガス採取量(L)

(乾きガス量の場合は V

SD

,湿りガス量の場合は V

SW

0.746

ホルムアルデヒド(HCHO)1 µg に相当する体積(µL)
(標準状態)

1.34

ホルムアルデヒド(HCHO)1 ppm(体積分率)に相当す
る質量濃度(mg/m

3

8.5

DNPH

試料採取用カートリッジ捕集

)−

HPLC

8.5.1

一般

この定量方法は,DNPH 試料採取用カートリッジ捕集による高速液体クロマトグラフ法に適用する。

8.5.2

適用上の留意点

適用上の留意点は,

8.4.2

による。

8.5.3

試薬及び試薬溶液の調製

試薬及び試薬溶液の調製は,

8.4.3

による。

8.5.4

装置及び器具

装置及び器具は,次による。

a

)

装置

8.4.4

による。

b

)

DNPH

試料採取用カートリッジの調製

7.3.3 b

)

による。

8.5.5

分析用試料溶液の調製

分析用試料溶液の調製は,次による。

a

)

試料ガス採取の

7.3.5

の操作を行った後,

試料採取用カートリッジにアセトニトリル約 7 mL を通して,

ホルムアルデヒド−DNPH を溶離し,流出液を全量フラスコ 5 mL に受ける。

b

)

標線まで流出液の採取を続ける。

8.5.6

定量操作

定量操作は,次による。

a

)

高速液体クロマトグラフの主な操作条件は,

8.4.6 a

)

による。

b

)

8.5.5

で調製した分析用試料溶液 2∼20 µL の一定量を正確にマイクロシリンジにとり,高速液体クロ

マトグラフに導入する。試料導入量は,カラムサイズ及び導入方法によって調節する。

c

)

ホルムアルデヒド−DNPH のクロマトグラムを記録する。

d

)

c

)

で得られたクロマトグラムのピーク面積を求める。

e

)

8.5.7

で作成した検量線からホルムアルデヒドの質量(µg)を求める。

f

)

試料の捕集に用いたときと同じロットの捕集用カートリッジについて,

8.5.5

に準じて操作し,得られ

たアセトニトリル溶液を

8.5.6

a

)

e

)

と同様に操作して空試験値を求める。


23

K 0303

:2012

8.5.7

検量線の作成

検量線の作成は,次による。

a

)

8.4.3.2 c

)

のホルムアルデヒド−DNPH 標準液(HCHO 30 µg/mL)0.1∼4.0 mL を数個の全量フラスコ 5

mL

に段階的にとり,アセトニトリルを標線まで加える。

b

)

これらの溶液について,それぞれ

8.5.6

a

)

d

)

の操作を行い,ホルムアルデヒド(HCHO)の質量(µg)

とそのクロマトグラムのピーク面積との関係線を作成する。

8.5.8

計算

試料ガス中のホルムアルデヒドの濃度の求め方は,

8.4.8

の式による。

8.6

CEBHA

試料採取用カートリッジ捕集

)−

HPLC

8.6.1

一般

この方法は,CEBHA 試料採取用カートリッジ捕集による高速液体クロマトグラフ法に適用する。

8.6.2

適用上の留意点

この方法に用いるカートリッジは,CEBHA を酸の共在下でシリカゲル粒体にコーティングしたもので

ある。ホルムアルデヒド,アセトアルデヒドなどのカルボニル化合物と接触すると,O -(4-シアノ-2-エト

キシベンジル)ヒドロキシルアルド(ケト)オキシム誘導体(以下,CEBHA−アルデヒド誘導体という。

が生成し,カルボニル化合物を濃縮・捕集する。この生成したアルデヒド誘導体をアセトニトリルで溶出

し,この溶液を高速液体クロマトグラフで定量分析する。

8.6.3

試薬及び試薬溶液の調製

試薬は,次による。

a

)

アセトニトリル

JIS K 8032

に規定するもので,

その 10 mL を約 1 mL に濃縮し,

その 2∼20 µL を

8.4.6

の操作で高速液体クロマトグラフに導入したとき,ホルムアルデヒド誘導体の保持時間にピークを生

じないもの。

b

)

移動相

  アセトニトリルと水との体積比が 80:20(アセトニトリル 800 mL 及び水 200 mL を混合)

から 40:60(アセトニトリル 400 mL 及び水 600 mL を混合)程度までの混合溶液を,カラムの分離

特性に合わせて調製する。調製した移動相は,脱気して使用する。

8.6.4

装置及び器具

装置及び器具は,次による。

a

)

装置

8.4.4

による。

b

)

CEBHA

試料採取用カートリッジ

7.4.3

によって作製したものを用いる。又は,市販品を用いてもよ

い。

8.6.5

捕集後の分析用試料の取扱い

捕集後の分析試料の取扱いの操作は,次による。

a

)

7.4.5

の操作で捕集した CEBHA 試料採取用カートリッジは,上下にキャップを施し,保管容器及びア

ルミニウム袋に収納する。

b

)

輸送時及び保管時の温度は,25  ℃以下に保ち,高温環境(40  ℃以上)の場合は,冷蔵輸送及び冷蔵

保存する。

c

)

ガスを捕集したカートリッジの上下のキャップを外す。

d

)

注射器

(5∼10 mL)

を用いて,

アセトニトリル 5 mL をカートリッジの上部からゆっくり注入し,

CEBHA

−アルデヒド誘導体を流出させ,流出液を全量フラスコ 5 mL に移す。

e

)

アセトニトリルを標線まで加える。


24

K 0303

:2012

   

f

)

この溶液を分析用試料溶液として,高速液体クロマトグラフで測定する。

8.6.6

定量操作

定量操作は,次による。

a

)

高速液体クロマトグラフの主な操作条件は,次による。

カラム槽温度  :40∼50  ℃

移動相流量      :0.7∼1.2 mL/min

検出器波長      :240 nm

b

)

8.6.5

で調製した分析用試料溶液 2∼20 µL の一定量を正確にマイクロシリンジにとり,高速液体クロ

マトグラフに導入する。試料導入量は,カラムサイズ及び導入方法によって調節する。

c

) CEBHA

−アルデヒド誘導体のクロマトグラムを記録する。

d

)

c

)

で得られたクロマトグラムのピーク面積を求める。

e

)

8.5.7

で作成した検量線からホルムアルデヒドの質量(µg)を求める。

8.7

AHMT

吸光光度法

自動分析法

8.7.1

一般

この定量方法は,ホルムアルデヒドを水酸化カリウム溶液に吸収した後,AHMT 吸光光度法の自動分析

法に適用する。

8.7.2

適用上の留意点

この方法の適用上の留意点は,通常の排ガスの場合には,共存する二酸化炭素の影響を無視できる。そ

の他の共存物質の影響については,

8.1.2

による。

8.7.3

試薬及び試薬溶液の調製

8.7.3.1

試薬

試薬は,次による。

a

)

水酸化カリウム

JIS K 8574

に規定するもの。

b

)

AHMT

  4-アミノ-3-ヒドラジノ-5-メルカプト-1, 2, 4-トリアゾール(試薬)による。

c

)

過よう素酸カリウム

JIS K 8249

に規定するもの。

d

)

ホルムアルデヒド液

ホルマリン

JIS K 8872

に規定するもの。

8.7.3.2

試薬溶液の調製

試薬溶液の調製は,次による。

a

)

吸収液

  水酸化カリウム 132 g をポリエチレンビーカーにとり,水を加え,かき混ぜて溶かした後,

ポリエチレン瓶に入れ,水を加えて 20 L とする。

b

)

水酸化カリウム溶液

  水酸化カリウム 660 g をポリエチレン瓶にとり,水 500 mL を徐々に加え,流水

で冷却しながら振り混ぜて溶かした後,水を加えて 1 L にする。

c

)

AHMT

溶液

  AHMT 10 g を塩酸(5+95)1 L に溶かす。この溶液は,遮光したポリエチレン瓶に入

れて保存し,1 週間以上経過したものは用いない。

d

)

過よう素酸カリウム溶液

  過よう素酸カリウム 15 g をビーカー2 000 mL にとり,水酸化カリウム溶液

(10 g/L)を加え,水浴上で加熱して溶かした後,冷却する。この溶液は,遮光したポリエチレン瓶

に入れて保存し,1 週間以上経過したものは用いない。

e

)

ホルムアルデヒド標準液

HCHO 100 µL/mL

8.1.3.2 d

)

の標準液(HCHO 1mg/mL)6.70 mL を全量

フラスコ 1 000 mL にとり,水を標線まで加える。

なお,ホルムアルデヒド標準液中のホルムアルデヒドガスの換算濃度は,標準状態で表示してある


25

K 0303

:2012

が,校正のときには,分析計の入り口付近の導管内の試料ガス温度に換算する。

f

)

目盛校正用等価液

e

)

のホルムアルデヒド標準液(HCHO 100 µL/mL)V mL をとり,吸収液で正しく

1 000 mL

に希釈する。

なお,ホルムアルデヒド標準液の採取量 V(mL)は,試料ガス採取条件などによって変わるので,

次の式によって求める。

10

15

.

273

15

.

273

×

×

×

×

T

v

t

f

c

V

ここに,

V

ホルムアルデヒド標準液の採取量(mL)

c

目盛校正用等価液のホルムアルデヒドの体積分率(vol 
ppm

f

試料ガス採取時の流量(L/min)

t

試料ガスの採取時間(min)

v

吸収液使用量(mL)

T

校正の基準となる温度(通常 20  ℃)

8.7.4

装置の構成

自動分析法の装置は,試料採取部,分析計,指示記録計などで構成する。

8.7.4.1

試料採取部

試料採取部は,ダスト及び水分を除去し,試料ガスの一定量を連続的に分析計に供給する機能をもつ,

採取管,フィルター,導管,除湿器,吸引ポンプ,流量計,切替弁,絞り弁,校正用ガス導入口などで構

成する。

図 4

に試料採取部の構成例を示す。

A

採取管

G

除湿器

B

一次フィルター

H

二次フィルター

C

加熱器

I

吸引ポンプ

D

導管

J

流量計

E

試料導入口

K

1

,K

2

切替弁

F

1

,F

2

試験用ガス導入口

L

絞り弁

図 4

試料採取部の構成例

a

)

採取管

  煙道壁などに取り付けて試料ガスを採取する管で,ステンレス鋼管,石英ガラス管,セラミ

ックス管などを用いる。


26

K 0303

:2012

   

b

)

一次フィルター

  試料ガス中のダストを除去するためのもので,水分が凝縮しない温度で用いる。材

質は,石英ガラス繊維,ステンレス鋼網,多孔質セラミックス,カーボランダムなどとする。

c

)

導管

  試料ガスを一次フィルターから分析計まで導くための管で,一般に,四ふっ化エチレン樹脂製

のものを用いる。

なお,一次フィルターから除湿器までの導管は,水分が凝縮しないように必要に応じて保温又は加

熱する。

d

)

除湿器

  試料ガス中の水分を除去する装置で,空冷,電子冷却などの方式又は水蒸気の選択的浸透に

よる半透膜気相除去方式などを用いる。

なお,水分中にホルムアルデヒドが溶解して誤差を生じるおそれがある場合には,半透膜気相除去

方式の除湿器を用いることが望ましい。

e

)

二次フィルター

  試料ガス中の微細ダストを除去するためのもので,材質は石英ガラス繊維,合成樹

脂などとする。

f

)

吸引ポンプ

  試料ガスなどを吸引するポンプで,一般にダイアフラムポンプを用いる。試料ガスが接

触する部分は,耐食材料,例えば,硬質塩化ビニル,ふっ素ゴム,四ふっ化エチレン樹脂などを用い

る。吸引圧力は,10 kPa 以上,流量は採取管において 0.5 L/min 以上が得られるものを用いる。

g

)

流量計

  通常,フロート形面積流量計を用いる。

h

)

切替弁

  試料ガスなどと試験用ガスとの流路切替えなどの操作を行うための弁で,耐食性のある材質

でできた電磁切替弁などを用いる。

i

)

絞り弁

  分析計に導入する試料ガスの流量調節又は安定化のために用いる弁で,耐食性のある材質で

できたニードル弁などを用いる。

8.7.4.2

分析計

分析計は,発色液を吸光度測定のための吸収セルに間欠的に流す方式で,ガス吸収部,反応槽,吸光度

測定セル,送排液ポンプ,吸収液・試薬・排液タンク,増幅器などからなる。

図 5

に分析計の構成例を示

す。

図 5

分析計の構成

概念図

a

)

ガス吸収部

  試料ガスを一定流量で吸収液 40 mL に導入し,試料ガス中のホルムアルデヒドを吸収液

中に捕集するためのもので,ほうけい酸ガラス製とする。


27

K 0303

:2012

b

)

反応槽

  ホルムアルデヒドを捕集した吸収液の一部に,水酸化カリウム溶液,AHMT 溶液,過よう素

酸カリウム溶液などの試薬を添加して反応するための槽で,恒温水を循環できるように二重管とする。

c

)

吸光度測定セル

  空試験溶液及び発色液の吸光度を測定するためのもので,ガラス製のもの。

d

)

送排液ポンプ

  水酸化カリウム溶液,AHMT 溶液,過よう素酸カリウム溶液などの試薬を反応槽に送

り,又は吸光度測定セル中の発色液を排出するためのポンプで,液に接触する部分は耐食性の材料を

用いたもの。

e

)

吸収液・試薬・排液タンク

  吸収液,試薬及び排液によって侵されず,変質されない材料,例えば,

ポリエチレン製などのタンクを用いる。

8.7.4.3

指示記録計

指示記録計は,ホルムアルデヒド濃度を等分目盛で指示・記録できるものを用いる。

8.7.5

装置の組立て及び取付け

自動分析装置の試料採取部の組立て及び取付け,分析計の取付け及び漏れ試験は,

JIS K 0095

8.

(自

動計測器の取扱い)の

8.1

8.5

に準じて行う。

8.7.6

操作

8.7.6.1

装置の校正

装置の校正は,次による。ただし,装置の校正は,吸収液を調製するごとに行う。

a

)

ゼロ調整

  吸収液 2 mL を反応槽に入れ,水酸化カリウム溶液,AHMT 溶液,過よう素酸カリウム溶

液の所定量をそれぞれ加え,得られた発色液を吸光度測定セルに入れて,指示記録計の指示値を濃度

目盛のゼロに合わせ,ゼロ調整を行う。

b

)

スパン調整

  指示記録計の最大目盛に相当する校正用等価液 2 mL を反応槽に入れ,

a

)

と同様に操作し

て指示記録計の指示値を最大目盛に合わせ,スパン調整を行う。

c

)

指示値の直線性確認

  中間目盛付近の濃度の校正用等価液を用い,その濃度と指示値との偏差が,最

大目盛値の±4 %であることを確認する。

d

)

濃度既知ガスによる目盛確認

8.1

の AHMT 吸光光度法で濃度を確定したホルムアルデヒドの濃度既

知のガスを

図 4

の試験用ガス導入口(F

2

)から導入し,その濃度と指示値との偏差が±8 %であること

を確認する。もし,これを超えているときには,分析計の試料ガス採取流量,ホルムアルデヒドガス

吸収部などの点検を行う。

なお,ホルムアルデヒドの濃度既知ガスは,パラホルムアルデヒドに乾燥空気を通じて任意の濃度

のものを発生させて調製するか,又は市販のホルムアルデヒド標準ガスを用いてもよい。

8.7.6.2

試料ガスの測定

試料ガスの測定は,次による。

a

)

自動分析装置の各部を作動させ,測定条件を設定する。

b

)

分析計のプログラマーを作動させ,所定の時間間隔で試料ガスの自動測定を行う。

8.7.7

装置の保守

点検

装置の保守・点検は,次の事項について行う。

a

)

吸収液,各試薬などの交換又は補給

b

)

吸収液,各試薬の添加量の確認

c

)

ガス吸収部及び反応槽の洗浄

d

)

試料ガス採取流量及び採取時間の点検

e

)

フィルターの交換


28

K 0303

:2012

   

f

)

その他,必要な事項

9

分析結果の記録

9.1

分析値のまとめ方

分析は,試料採取ごとに同一分析試料溶液について 2 回以上行い,その平均値を求め,

JIS Z 8401

によ

って,有効数字 2 桁に丸める。ただし,連続して 2 回以上試料を採取した場合には,各測定値の全ての平

均値を求める。

9.2

記録項目

分析結果として記録する項目は,次による。

a

)

測定対象の設備及び試験目的

b

)

試料採取及び分析の実施日,時刻,時間,及び実施者

c

)

設備又は工程の運転状況及び試料採取期間内に生じた設備又は工程の変動

d

)

設備内の測定断面の位置

e

)

測定断面上の試料採取点

例 1

ダクトの大きさ,測定断面における試料採取の位置などを記入するとよい。

f

)

試料採取方法

例 2

試料ガス採取方法,等速サンプリングか又は非等速サンプリング,試料採取管の口径,ダス

ト除去用フィルター及び取付け位置,フィルター温度,試料採取の時間などを記入するとよ

い。

g

)

分析方法の種類及び分析条件

h

)

測定結果

例 3

排ガス中の濃度及び標準状態への換算濃度のほかに,測定点のガス流速,排ガスの静圧,温

度,酸素濃度,水蒸気濃度,採取ガス量,分析用試料の体積,試料中のふっ素の分析値,試

料採取時間内に生じた異常などを記入するとよい。

i

)

測定の品質

例 4

漏れ試験結果,試料採取及び分析用の試薬の空試験値,現場測定における空試験値,測定結

果に影響した可能性のある周囲の特殊事情などを記入するとよい。

j

)

この規格の分析方法からの変更点

k

)

その他,有用な項目


29

K 0303

:2012

表 2

水の飽和蒸気圧

単位  Pa

t(

℃)

0.0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9

 0.

 611.21

 615.67

 620.15

 624.67

 629.21

 633.78

 638.38

 643.01

 647.67

 652.36

 1.

 657.08

 661.83

 666.61

 671.42

 676.26

 681.14

 686.04

 690.98

 695.94

 700.94

 2.

 705.97

 711.03

 716.13

 721.26

 726.41

 731.61

 736.83

 742.09

 747.38

 752.70

 3.

 758.06

 763.45

 768.88

 774.34

 779.83

 785.36

 790.92

 796.52

 802.15

 807.82

 4.

 813.52

 819.26

 825.03

 830.84

 836.69

 842.57

 848.49

 854.45

 860.44

 866.47

 5.

 872.54

 878.64

 884.79

 890.97

 897.19

 903.44

 909.74

 916.07

 922.45

 928.86

 6.

 935.31

 941.80

 948.34

 954.91

 961.52

 968.17

 974.86

 981.60

 988.37

 995.19

  7.

1 002.0

1 008.9

1 015.9

1 022.9

1 029.9

1 037.0

1 044.1

1 051.2

1 058.4

1 065.7

  8.

1 072.9

1 080.3

1 087.6

1 095.1

1 102.5

1 110.0

1 117.6

1 125.2

1 132.8

1 140.5

  9.

1 148.2

1 156.0

1 163.8

1 171.7

1 179.6

1 187.6

1 195.6

1 203.7

1 211.8

1 219.9

10.

1 228.1

1 236.4

1 244.7

1 253.0

1 261.4

1 269.9

1 278.4

1 286.9

1 295.5

1 304.2

11.

1 312.9

1 321.7

1 330.5

1 339.3

1 348.2

1 357.2

1 366.2

1 375.3

1 384.4

1 393.5

12.

1 402.8

1 412.1

1 421.4

1 430.8

1 440.2

1 449.7

1 459.3

1 468.9

1 478.5

1 488.2

13.

1 498.0

1 507.8

1 517.7

1 527.7

1 537.7

1 547.7

1 557.9

1 568.0

1 578.3

1 588.6

14.

1 598.9

1 609.3

1 619.8

1 630.3

1 640.9

1 651.6

1 662.3

1 673.0

1 683.9

1 694.8

15.

1 705.7

1 716.7

1 727.8

1 739.0

1 750.2

1 761.4

1 772.8

1 784.2

1 795.6

1 807.1

16.

1 818.7

1 830.4

1 842.1

1 853.9

1 865.8

1 877.7

1 889.7

1 901.7

1 913.8

1 926.0

17.

1 938.3

1 950.6

1 963.0

1 975.5

1 988.0

2 000.6

2 013.3

2 026.0

2 038.8

2 051.7

18.

2 064.7

2 077.7

2 090.8

2 104.0

2 117.2

2 130.5

2 143.9

2 157.4

2 170.9

2 184.5

19.

2 198.2

2 212.0

2 225.8

2 239.7

2 253.7

2 267.8

2 281.9

2 296.1

2 310.4

2 324.8

20.

2 339.2

2 353.8

2 368.4

2 383.1

2 397.8

2 412.7

2 427.6

2 442.6

2 457.7

2 472.9

21.

2 488.2

2 503.5

2 518.9

2 534.4

2 550.0

2 565.7

2 581.4

2 597.3

2 613.2

2 629.2

22.

2 645.3

2 661.5

2 677.7

2 694.1

2 710.5

2 727.1

2 743.7

2 760.4

2 777.2

2 794.1

23.

2 811.0

2 828.1

2 845.2

2 862.5

2 879.8

2 897.2

2 914.8

2 932.4

2 950.1

2 967.9

24.

2 985.8

3 003.7

3 021.8

3 040.0

3 058.3

3 076.6

3 095.1

3 113.6

3 132.3

3 151.1

25.

3 169.9

3 188.9

3 207.9

3 227.0

3 246.3

3 265.6

3 285.1

3 304.6

3 324.3

3 344.0

26.

3 363.9

3 383.8

3 403.9

3 424.0

3 444.3

3 464.7

3 485.2

3 505.7

3 526.4

3 547.2

27.

3 568.1

3 589.1

3 610.2

3 631.5

3 652.8

3 674.2

3 695.8

3 717.4

3 739.2

3 761.1

28.

3 783.1

3 805.2

3 827.4

3 849.7

3 872.2

3 894.7

3 917.4

3 940.2

3 963.1

3 986.1

29.

4 009.2

4 032.5

4 055.8

4 079.3

4 102.9

4 126.6

4 150.5

4 174.4

4 198.5

4 222.7

30.

4 247.0

4 271.5

4 296.0

4 320.7

4 345.5

4 370.5

4 395.5

4 420.7

4 446.0

4 471.5

31.

4 497.0

4 522.7

4 648.5

4 574.5

4 600.5

4 626.7

4 653.1

4 679.5

4 706.1

4 732.8

32.

4 759.7

4 786.7

4 813.8

4 841.0

4 868.4

4 895.9

4 923.6

4 951.4

4 979.3

5 007.4

33.

5 035.6

5 063.9

5 092.4

5 121.0

5 149.7

5 178.6

5 207.7

5 236.8

5 266.2

5 295.6

34.

5 325.2

5 355.0

5 384.8

5 414.9

5 445.1

5 475.4

5 505.9

5 536.5

5 567.2

5 598.1

35.

5 629.2

5 660.4

5 691.8

5 723.3

5 754.9

5 786.8

5 818.7

5 850.8

5 883.1

5 915.5

36.

5 948.1

5 980.8

6 013.7

6 046.8

6 080.0

6 113.3

6 146.9

6 180.5

6 214.4

6 248.4

37.

6 282.5

6 316.9

6 351.3

6 386.0

6 420.8

6 455.8

6 490.9

6 526.2

6 561.7

6 597.3

38.

6 633.1

6 669.1

6 705.2

6 741.5

6 778.0

6 814.7

6 851.5

6 888.5

6 925.6

6 963.0

39.

7 000.5

7 038.2

7 076.0

7 114.1

7 152.3

7 190.7

7 229.2

7 268.0

7 306.9

7 346.0

40.

7 385.3

7 424.8

7 464.4

7 504.2

7 544.3

7 584.5

7 624.8

7 665.4

7 706.2

7 747.1


30

K 0303

:2012

   

表 2

水の飽和蒸気圧

続き

単位  Pa

t(

℃)

0.0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9

41.

7 788.2

7 829.6

7 871.1

7 912.8

7 954.6

7 996.7

8 039.0

8 081.5

8 124.1

8 167.0

42.

8 210.0

8 253.2

8 296.7

8 340.3

8 384.1

8 428.2

8 472.4

8 516.8

8 561.5

8 606.3

43.

8 651.3

8 696.5

8 742.0

8 787.6

8 833.5

8 879.5

8 925.8

8 972.3

9 018.9

9 065.8

44.

9 112.9

9 160.2

9 207.7

9 255.5

9 303.4

9 351.6

9 399.9

9 448.5

9 497.3

9 546.3

45.

9 595.6

9 645.0

9 694.7

9 744.6

9 794.7

9 845.0

9 895.6

9 946.4

9 997.4

10 049.

46.

10 100.

10 152.

10 204.

10 256.

10 308.

10 361.

10 414.

10 467.

10 520.

10 573.

47.

10 627.

10 681.

10 735.

10 790.

10 845.

10 899.

10 955.

11 010.

11 066.

11 122.

48.

11 178.

11 234.

11 291.

11 348.

11 405.

11 462.

11 520.

11 578.

11 636.

11 694.

49.

11 753.

11 812.

11 871.

11 930.

11 990.

12 049.

12 110.

12 170.

12 231.

12 292.

50.

12 353.

12 414.

12 476.

12 538.

12 600.

12 663.

12 725.

12 788.

12 852.

12 915.

51.

12 979.

13 043.

13 107.

13 172.

13 237.

13 302.

13 368.

13 433.

13 499.

13 566.

52.

13 632.

13 699.

13 766.

13 833.

13 901.

13 969.

14 037.

14 106.

14 175.

14 244.

53.

14 313.

14 383.

14 453.

14 523.

14 594.

14 665.

14 736.

14 807.

14 879.

14 951.

54.

15 023.

15 096.

15 169.

15 242.

15 316.

15 389.

15 464.

15 538.

15 613.

15 688.

55.

15 763.

15 839.

15 915.

15 991.

16 068.

16 145.

16 222.

16 299.

16 377.

16 455.

56.

16 534.

16 613.

16 692.

16 771.

16 851.

16 931.

17 012.

17 093.

17 174.

17 255.

57.

17 337.

17 419.

17 501.

17 584.

17 667.

17 750.

17 834.

17 918.

18 003.

18 087.

58.

18 173.

18 258.

18 344.

18 430.

18 516.

18 603.

18 690.

18 778.

18 866.

18 954.

59.

19 043.

19 131.

19 221.

19 310.

19 400.

19 491.

19 581.

19 672.

19 764.

19 856.

60.

19 948.

20 040.

20 133.

20 226.

20 320.

20 414.

20 508.

20 603.

20 698.

20 793.

61.

20 889.

20 985.

21 082.

21 179.

21 276.

21 374.

21 472.

21 571.

21 669.

21 769.

62.

21 868.

21 968.

22 069.

22 170.

22 271.

22 372.

22 474.

22 577.

22 679.

22 783.

63.

22 886.

22 990.

23 094.

23 199.

23 304.

23 410.

23 516.

23 622.

23 729.

23 836.

64.

23 944.

24 052.

24 160.

24 269.

24 379.

24 488.

24 598.

24 709.

24 820.

24 931.

65.

25 043.

25 155.

25 268.

25 381.

25 494.

25 608.

25 723.

25 837.

25 953.

26 068.

66.

26 184.

26 301.

26 418.

26 535.

26 653.

26 772.

26 890.

27 010.

27 129.

27 249.

67.

27 370.

27 491.

27 612.

27 734.

27 857.

27 979.

28 103.

28 226.

28 351.

28 475.

68.

28 600.

28 726.

28 852.

28 979.

29 106.

29 233.

29 361.

29 489.

29 618.

29 748.

69.

29 877.

30 008.

30 138.

30 270.

30 402.

30 534.

30 667.

30 800.

30 933.

31 068.

70.

31 202.

31 338.

31 473.

31 609.

31 746.

31 883.

32 021.

32 159.

32 298.

32 437.

71.

32 577.

32 717.

32 858.

32 999.

33 140.

33 283.

33 425.

33 569.

33 713.

33 857.

72.

34 002.

34 147.

34 293.

34 439.

34 586.

34 734.

34 882.

35 030.

35 179.

35 329.

73.

35 479.

35 630.

35 781.

35 933.

36 085.

36 238.

36 391.

36 545.

36 700.

36 855.

74.

37 010.

37 166.

37 323.

37 480.

37 638.

37 796.

37 955.

38 115.

38 275.

38 436.

75.

38 597.

38 758.

38 921.

39 084.

39 247.

39 411.

39 576.

39 741.

39 907.

40 073.

76.

40 240.

40 408.

40 576.

40 744.

40 914.

41 084.

41 254.

41 425.

41 597.

41 769.

77.

41 942.

42 116.

42 290.

42 464.

42 640.

42 815.

42 992.

43 169.

43 347.

43 525.

78.

43 704.

43 884.

44 064.

44 245.

44 426.

44 608.

44 791.

44 974.

45 158.

45 343.

79.

45 528.

45 714.

45 900.

46 088.

46 275.

46 464.

46 653.

46 843.

47 033.

47 224.

80.

47 416.

47 608.

47 801.

47 994.

48 189.

48 384.

48 579.

48 776.

48 972.

49 170.


31

K 0303

:2012

表 2

水の飽和蒸気圧

続き

単位  Pa

t(

℃)

0.0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9

81.

49 368.

49 567.

49 767.

49 967.

50 168.

50 370.

50 572.

50 775.

50 979.

51 183.

82.

51 388.

51 594.

51 800.

52 007.

52 215.

52 424.

52 633.

52 843.

53 053.

53 265.

83.

53 477.

53 689.

53 903.

54 117.

54 332.

54 547.

54 764.

54 981.

55 198.

55 417.

84.

55 636.

55 856.

56 076.

56 298.

56 520.

56 743.

56 966.

57 190.

57 415.

57 641.

85.

57 868.

58 095.

58 323.

58 552.

58 781.

59 011.

59 242.

59 474.

59 707.

59 940.

86.

60 174.

60 409.

60 644.

60 881.

61 118.

61 356.

61 594.

61 834.

62 074.

62 315.

87.

62 557.

62 799.

63 042.

63 286.

63 531.

63 777.

64 024.

64 271.

64 519.

64 768.

88.

65 017.

65 268.

65 519.

65 771.

66 024.

66 278.

66 532.

66 788.

67 044.

67 301.

89.

67 559.

67 817.

68 077.

68 337.

68 598.

68 860.

69 123.

69 386.

69 651.

69 916.

90.

70 182.

70 449.

70 717.

70 986.

71 255.

71 526.

71 797.

72 069.

72 342.

72 616.

91.

72 890.

73 166.

73 442.

73 719.

73 998.

74 277.

74 556.

74 837.

75 119.

75 401.

92.

75 685.

75 969.

76 254.

76 540.

76 827.

77 115.

77 404.

77 693.

77 984.

78 276.

93.

78 568.

78 861.

79 155.

79 450.

79 746.

80 043.

80 341.

80 640.

80 940.

81 240.

94.

81 542.

81 844.

82 148.

82 452.

82 757.

83 064.

83 371.

83 679.

83 988.

84 298.

95.

84 609.

84 921.

85 234.

85 547.

85 862.

86 178.

86 495.

86 812.

87 131.

87 451.

96.

87 771.

88 093.

88 415.

88 739.

89 063.

89 389.

89 715.

90 043.

90 371.

90 701.

97.

91 031.

91 362.

91 695.

92 028.

92 363.

92 698.

93 035.

93 372.

93 711.

94 050.

98.

94 391.

94 732.

95 075.

95 418.

95 763.

96 109.

96 455.

96 803.

97 152.

97 502.

99.

97 853.

98 204.

98 557.

98 911.

99 266.

99 623.

99 980.

100 338.

100 697.

101 058.

100.  101 419.

101 782.

102 145.

102 510.

102 875.

103 242.

103 610.

103 979.

104 349.

104 720.

注記 SONNTAG (1990)  による。温度目盛は,ITS-90。


32

K 0303

:2012

   

附属書 A

規定)

イオンクロマトグラフ法

A.1

適用上の留意点

この附属書は,イオンクロマトグラフ法によるホルムアルデヒドの分析方法について規定する。この方

法は,排ガス中に塩素などの酸化性物質又は硫化水素などの還元性物質が高濃度で共存すると測定を妨害

するため,その影響を無視又は除去できる場合に適用する。

A.2

分析方法の概要

分析方法の概要は,

表 A.1

による。

表 A.1

分析方法の概要

分析方法

試料採取

定量範囲

vol ppm

(mg/m

3

試料ガス中のホルムアルデヒドを水に吸収さ
せた後,過酸化水素水(1+9),水酸化カリウ

ム溶液(0.05 mol/L)を加えて室温で 30 分間静
置し,ぎ酸に酸化する。これをイオンクロマト
グラフに導入し,クロマトグラムを記録する。

吸収瓶法

吸収液:水

液    量:25 mL

a

)

×2  本,又は

50 mL

b

)

×2  本

標準採取量:20 L

0.3

∼12.3

c

)

(0.4

∼16.6)

c

)

2.6

∼123

d

)

(3.4

∼166)

d

)

a

)

吸収瓶(容量 100 mL)を用いたときの吸収液量。

b

)

吸収瓶(容量 250 mL)を用いたときの吸収液量。

c

)

試料ガスを通した吸収液 50 mL を 100 mL に希釈して分析用試料溶液とした場合。ここに示した定

量範囲は,試料ガスの標準採取量,分析用試料液量及び検量線の最適範囲から求めたものである。

d

)

試料ガスを通した吸収液 100 mL を 250 mL に希釈して分析用試料溶液とした場合。ここに示した定  
量範囲は,試料ガスの標準採取量,分析用試料液量及び検量線の最適範囲から求めたものである。

定量範囲を超える濃度を測定する場合には,分析用試料溶液を定量範囲内に希釈して測定する。

A.3

試料ガス採取方法

試料ガスの採取方法は,次による。

A.3.1

試料ガス採取

試料ガスの採取は,箇条

6

による。

A.3.2

試薬及び試薬溶液の調製

試薬及び試薬溶液の調製は,次による。

a

)

過酸化水素

JIS K 8230

に規定するもの。

b

)

水酸化カリウム

JIS K 8574

に規定するもの。

c

)

吸収液

  箇条

4 f

)

に規定する水を用いる。

d

)

過酸化水素水

1 + 9

)  過酸化水素 100 mL をとり,水 900 mL を加える。冷暗所に保存する。

e

)

水酸化カリウム溶液

0.05 mol/L

)水酸化カリウム 2.0 g をとり,少量の水に溶かした後,水を加えて

1 L

とする。


33

K 0303

:2012

A.3.3

試料ガス採取用器具及び装置

試料ガスの採取用器具及び装置は,

6.2

による。

A.3.4

採取操作

採取操作は,

6.2

及び

6.3

に準じて行う。

なお,

図 1

の吸収瓶(容量 100 mL)

(F

1

,F

2

)に,

A.3.2 c

)

の吸収液 25 mL をそれぞれ入れる。ホルムア

ルデヒドの体積分率が 12 vol ppm を超える場合は,吸収瓶(容量 250 mL)

(F

1

,F

2

)に,

A.3.2 c

)

の吸収液

50 mL

をそれぞれ入れる。

A.3.5

分析用試料溶液及び分析用空試験用溶液の調製

分析用試料溶液及び分析用空試験用溶液の調製は,次による。

a

)

A.3.4

の操作を行った後,吸収瓶(F

1

,F

2

)の内容液をビーカー300 mL に移し,更に吸収瓶などを水

で洗浄し,洗液も先のビーカー300 mL に移し入れる。

b

)

吸収瓶(容量 100 mL)を用いたときは,ビーカーの内容液を全量フラスコ 100 mL に水で洗い移し,

水を標線まで加える。

c

)

b

)

の試料 5∼25 mL の一定量を全量フラスコ 50 mL にとり,これに水酸化カリウム溶液(0.05 mol/L)

5 mL

と過酸化水素水(1+9)5 mL を加え,更に水を標線まで加え,室温で 30 分間静置する。これを

分析用試料溶液とする。

d

)

容量 100 mL の吸収瓶を用いたときは,

b

)

の試料の 5∼25 mL の一定量を正確に全量フラスコ 50 mL に

とり,水酸化カリウム溶液(0.05 mol/L)5 mL を加え,更に水を標線まで加える。これを分析用空試

験用溶液とする。

e

)

吸収瓶(容量 250 mL)を用いたときは,ビーカーの内容液を全量フラスコ 250 mL に水で洗い移し,

水を標線まで加える。

c

)

と同様に操作して,分析用試料溶液を調製する。

f

)

容量 250 mL の吸収瓶を用いたときは,

d

)

と同様に操作して,分析用空試験用溶液を調製する。

g

)

c

)

e

)

の溶液中に固形物が認められる場合には,分離カラムを閉塞するので,あらかじめ孔径 0.45 µm

以下のフィルターでろ過して除去する。

A.3.6

試料ガス採取量の算出

試料ガス採取量の算出は,

6.4

による。

A.4

定量方法

A.4.1

試薬

a

)

ぎ酸ナトリウム

JIS K 8267

に規定するもの。

A.4.2

試薬溶液の調製方法

a

)

溶離液

  装置の種類及び使用する分離カラムの種類によって異なるので,測定対象イオンのぎ酸イオ

ン(HCOO

)を分離度(R)1.3 以上で分離できるものを用いる。分離度の確認は,

JIS K 0127

10.

[データの質の管理(精度管理)

]による。

b

)

再生液

除去液

)  サプレッサーの機能を再生又は連続的に維持するために用いる液体で,電気的又

は化学的に再生を行う場合に使用し,装置及びサプレッサーの種類に最適なものを用いる。

注記

再生液及び再生材の例を,次に示す。

1

)

  箇条

4 f

)

の水を電気分解して再生液を生成する方式のサプレッサーに用いる。

2

)

溶離液

  検出器を通過した溶離液を電気分解して,再生液を生成する方式のサプレッサ

ーに用いる。


34

K 0303

:2012

   

3

)

硫酸

12.5 mmol/L

JIS K 8951

に規定する硫酸(1 mol/L)12.5 mL を水で 1 L とする。

これを再生液とする。

4

)

イオン交換樹脂

  陽イオン交換体を溶出液に混合する。

c

)

ぎ酸イオン標準液

HCOO

  1 mg/mL

JIS K 8267

に規定するぎ酸ナトリウムをあらかじめ 105±

2

℃で約 2 時間加熱し,デシケーター中で放冷する。その 1.511 g をはかりとり,少量の水に溶かして

全量フラスコ 1 000 mL に移し入れ,水を標線まで加える。

d

)

ぎ酸イオン標準液

HCOO

  0.1 mg/mL

)  ぎ酸イオン標準液(HCOO

:1 mg/mL)10 mL を全量フ

ラスコ 100 mL にとり,水を標線まで加える。使用時に調製する。適宜,水で希釈して使用する。

A.4.3

器具及び装置

器具及び装置は,次による。

a

)

試料導入器

  分析用試料溶液の一定量を再現性よく装置に導入できる自動式のもの,又は装置内に組

み込まれた 10∼250 µL の試料計量管の一定量を,

シリンジ 1∼10 mL を用いて導入する手動式のもの。

b

)

イオンクロマトグラフ

  イオンクロマトグラフには,サプレッサー方式とノンサプレッサー方式があ

り,いずれを用いてもよい。

1

)

分離カラム

  内径 2∼8 mm,長さ 30∼300 mm の不活性な合成樹脂製又は金属製の管に,陰イオン

交換体を充

したもの。ぎ酸イオン(HCOO

)と隣接するイオンとが分離度 1.3 以上で分離できる

もの。

2

)

プレカラム

  濃縮,予備分離及び異物除去のためのガードカラムで,必要に応じて分離カラムの前

に装着する。内径 2∼6 mm,長さ 5∼50 mm の不活性な合成樹脂製又は金属製の管に,分離カラム

と同種類の陰イオン交換体を充

したもの。

3

)

サプレッサー

  溶離液中のイオン種を電気伝導度検出器で高感度測定するために,溶離液を電気的

又は化学的に変化させて電気伝導率を低減するための器具。サプレッサーには,膜透析形,カラム

除去形及びサスペンジョン樹脂吸着形がある。

4

)

検出器

  電気伝導度検出器。

5

)

記録部

JIS K 0127

4.2 f

)

(記録部)による。

A.4.4

定量操作

定量操作は,次による。

a

)

イオンクロマトグラフを測定可能な状態にし,分離カラムに溶離液を一定の流量(例えば,0.5∼

2 mL/min

)で流しておく。サプレッサー付きの装置の場合には,分離カラムとサプレッサーの内側に

溶離液を流し,更にサプレッサーの外側には再生液を一定の流量で流しておく。

b

)

試料導入器を用いて,

A.3.5

c

)

又は

e

)

で調製した分析用試料溶液 10∼250 µL の一定量をイオンクロ

マトグラフに導入し,クロマトグラムを記録する。

c

)

クロマトグラム上のぎ酸イオン(HCOO

)に相当するピークについて,ピーク面積又はピーク高さを

求める。

d

)

A.5

によって作成した検量線から,ぎ酸イオンの濃度(A)

(mg/mL)を求める。

e

)

A.3.5

d

)

又は

f

)

の分析用空試験用溶液について,

b

)

の導入量と同じ量を用い,

b

)

及び

c

)

に準じて操作

し,ぎ酸イオンの空試験値(B)

(mg/mL)を求める。

f

)

(A)−(B)から試料溶液中のぎ酸イオンの濃度(mg/mL)を求める。

A.5

検量線の作成


35

K 0303

:2012

検量線の作成は,次による。

a

)

A.4.2d

)

に示したぎ酸イオン標準液(HCOO

:0.1 mg/mL)の 1∼50 mL を全量フラスコ 100 mL に段階

的にとり,水を標線まで加え,その濃度をそれぞれ求めておく。ぎ酸イオン標準液は,予測する試料

濃度に応じ,1∼10 mL,5∼50 mL のいずれかの範囲の数点をとる。

なお,吸収瓶(容量 250 mL)を用いた場合には,ぎ酸イオン標準液(HCOO

:0.1 mg/mL)1.0∼

50.0 mL

を全量フラスコ 250 mL に段階的にとり,水を標線まで加えた後,同様の操作を行って検量線

を作成する。

b

)

A.4.4

b

)

及び

c

)

の操作を行い,それぞれのぎ酸イオン濃度に相当するピーク面積又はピーク高さを

求める。

c

)

別に空試験として,水について

A.4.4

b

)

及び

c

)

の操作を行い,HCOO

イオンに相当するピーク面積

又はピーク高さを求める。

d

)

空試験値を補正したピーク面積又はピーク高さと HCOO

イオン濃度との関係線を作成する。

e

)

検量線の作成は,試料測定時に行う。

A.6

計算

試料ガス中のホルムアルデヒドの濃度算出は,次の式による。

000

1

)

(

498

.

0

S

V

×

×

×

V

v

b

a

C

000

1

)

(

667

.

0

S

W

×

×

×

V

v

b

a

C

C

W

C

V

×1.34

ここに,

C

V

試料ガス中のホルムアルデヒドの体積分率(vol ppm)

C

W

試料ガス中のホルムアルデヒドの質量濃度(mg/m

3

a

A.4.4 d

)

で求めたぎ酸イオンの濃度(mg/mL)

b

A.4.4 e

)

の空試験で求めたぎ酸イオンの濃度(mg/mL)

v

全量フラスコの容量[100 mL の場合は 100,250 mL の場
合は 250(mL)

V

S

6.4

によって算出した試料ガス採取量(L)

(乾きガス量の場合は V

SD

,湿りガス量の場合は V

SW

0.498

HCOO

イオン 1 mg に相当するホルムアルデヒド

(HCHO)の体積(mL)

(標準状態)

0.667

ぎ酸イオン 1 mg に相当するホルムアルデヒド(HCHO)
の質量(mg)

1.34

ホルムアルデヒド体積分率 1 ppm に相当するホルムアル
デヒドの質量濃度(mg/m

3

(30.03/22.41 による。


36

K 0303

:2012

   

附属書 B

規定)

クロモトロープ酸吸光光度法

B.1

適用上の留意点

この附属書は,クロモトロープ酸吸光光度法によって,排ガス中のホルムアルデヒドを分析する方法に

ついて規定する。この方法は,試料ガス中に二酸化硫黄,二酸化窒素などが共存すると影響を受けるため,

その影響を無視又は除去できる場合に適用する。ホルムアルデヒド以外のアルデヒド類の共存によって僅

かに正の妨害が生じ,エタノール,高分子量のアルコール,オレフィン,芳香族炭化水素,シクロヘキサ

ンなどの共存によって,僅かに負の誤差を生じる。また,フェノールは,8 倍量共存した場合,10∼20 %

の負の誤差を生じる。

B.2

分析方法の種類及びその概要

分析方法の概要は,

表 B.1

による。

表 B.1

分析方法の概要

分析方法

試料採取

定量範囲

b

)

vol ppm

(mg/m

3

試料ガス中のホルムアルデヒド
を亜硫酸水素ナトリウム溶液に

吸収させた後,酸性とし,クロモ
トロープ酸溶液を加えて発色さ
せ,吸光光度定量する。

[吸収瓶法] 
吸収液:亜硫酸水素ナトリウム

溶液(10 g/L)

液量:40 mL

a

)

×2  本

標準採取量:2∼20 L

0.4

∼ 75

(0.5

∼100)

a

)

吸収瓶(容量 100 mL)を用いたときの吸収液量。

b

)

試料ガスを通した吸収液 40 mL×2 を 100 mL に希釈して分析用試料溶液とした場合。

B.3

試料ガス採取方法

B.3.1

試料ガス採取装置

試料ガスの採取装置は,

6.2.1

及び

6.2.2 a

)

に準じる。

B.3.2

試薬及び試薬溶液の調製

試薬及び試薬溶液の調製は,次による。

a

)

亜硫酸水素ナトリウム

JIS K 8059

に規定するもの。

b

)

吸収液[亜硫酸水素ナトリウム溶液

10 g/L

  亜硫酸水素ナトリウム 10 g をはかりとり,水に溶か

して 1 000 mL とする。使用時に調製する。

B.3.3

採取操作

試料ガスの採取操作は,

6.3

による。ただし,吸収液は,

B.3.2 b

)

の亜硫酸水素ナトリウム溶液を用いる。

B.3.4

分析用試料溶液の調製

分析分析用試料溶液の調製は,次による。

a

)

6.3

の操作を行った後,吸収瓶(F

1

,F

2

)の内容液をビーカー100 mL に移し,更に吸収瓶などを少量

の水で洗浄し,洗液をビーカー100 mL に合わせる。


37

K 0303

:2012

b

)

ビーカーの内容液を全量フラスコ 100 mL に移し入れ,水を標線まで加える。これを分析用試料溶液

とする。

B.3.5

試料ガス採取量の算出

試料ガス採取量の算出は,

6.4

による。

B.4

定量方法

B.4.1

試薬及び試薬溶液の調製

B.4.1.1

試薬

試薬は,次による。

a

)

硫酸

JIS K 8951

に規定するもの。

b

)

クロモトロープ酸二ナトリウム二水和物

JIS K 8316

に規定するもの。

B.4.1.2

試薬溶液の調製

試薬溶液の調製は,次による。

a

)

クロモトロープ酸溶液

  クロモトロープ酸二ナトリウム二水和物 1 g を水 100 mL に溶かす。この溶液

は着色瓶に入れて冷暗所に保存し,1 週間以上経過したものは用いない。

b

)

ホルムアルデヒド標準液

HCHO

  2 µg/mL

8.1.3.2 e

)

による。

B.5

装置

装置は,分光光度計又は光電光度計による。

B.6

定量操作

定量操作は,次による。

a

)

B.3.4

で調製した分析用試料溶液 4 mL を全量フラスコ 10 mL にとる。

b

)

クロモトロープ酸溶液 0.1 mL を加え,栓をして振り混ぜる。

c

)

全量フラスコ 10 mL を水冷しながら,硫酸 5 mL を少量ずつ注意して加え,軽く栓をしてから静かに

振り混ぜた後,水を標線まで加える。

d

) 95

℃の水浴上で 15 分間加熱する。

e

)

室温まで冷却後,溶液の一部を吸収セル 10 mm にとり,水を対照液として波長 580 nm 付近における

吸光度を測定する。

f

)

B.7

によって作成した検量線からホルムアルデヒドの質量(µg)を求める。

g

)

全量フラスコ 10 mL に吸収液 4 mL をとり,

b

)

e

)

に準じて操作し,空試験値を求める。

B.7

検量線の作成

検量線の作成は,次による。

a

)

ホルムアルデヒド標準液(HCHO  2 µg/mL)0.2∼4.0 mL を段階的に数個の全量フラスコ 10 mL にと

り,吸収液を加えて 4 mL とする。

b

)

B.6

b

)

e

)

の操作を行う。吸光度の測定は,吸収液 4 mL だけを加えて操作した液を対照液とする。

c

)

ホルムアルデヒドの質量(µg)と吸光度との関係線を作成する。


38

K 0303

:2012

   

B.8

計算

試料ガス中のホルムアルデヒドの濃度算出は,次の式による。

4

100

)

(

746

.

0

S

V

×

×

V

b

a

C

C

W

C

V

×1.34

ここに,

C

V

試料ガス中のホルムアルデヒドの体積分率(vol ppm)

C

W

試料ガス中のホルムアルデヒドの質量濃度(mg/m

3

a

B.6 f

)

の操作で求めたホルムアルデヒドの質量(µg)

b

B.6 g

)

の操作の空試験で求めたホルムアルデヒドの質量

(µg)

V

S

6.4

によって算出した標準状態の試料ガス採取量(L)

(乾きガス量の場合は V

SD

,湿りガス量の場合は V

SW

0.746

ホルムアルデヒド(HCHO)1 µg に相当する体積(L)
(標準状態)

1.34

ホルムアルデヒド(HCHO)1 ppm(体積分率)に相当
する質量濃度(mg/m

3


39

K 0303

:2012

附属書 C 

参考)

検知管法

C.1

適用上の留意点

検知管法は,日常の環境管理,又はスクリーニングを目的として行うための簡易法であり,検知管法に

よって得られた測定結果をもって排出規制値と直接比較するものではない。

C.2

検知管法の概要

検知管法の概要は,

表 C.1

による。検知管法は,ホルムアルデヒドと試薬との反応原理によって 2 種類

に大別できる。検知管の反応原理によって排ガスに共存する他のガス成分の影響(妨害物質)の程度が異

なるので,検知管の仕様書,技術資料などを調査して適用の可否を検討する必要がある。

表 C.1

検知管法の概要

反応原理

試料採取

mL

定量範囲

vol ppm

主な妨害ガス

りん酸ヒドロキシルアミンと反応

して,りん酸が遊離し指示薬が変
色する。

検知管用真空法ガス採取器

50

,100,200

8

∼ 6 400

アルデヒド類

ケトン類 
メタノール

芳香族炭化水素,発煙硫酸と反応

して脱水縮重合物を生成し,変色
する。

検知管用真空法ガス採取器

50

,100,200,300

1

∼  100

スチレン

トリクロロエチレン 
酢酸エチル 
ジエチルエーテル

アセトアルデヒド

C.3

装置及び器具

検知管法に用いる装置及び器具は,次による。

C.3.1

検知管

JIS K 0804

5.2

(検知管の品質及び性能)に規定した検知管でホルムアルデヒド用のもの。

C.3.2

ガス採取器

JIS K 0804

4.1

(ガス採取器の種類)に規定するシリンダー形のもので,かつ,

5.1

(ガス採取器の品

質及び性能)の要件を満足するもの。

C.3.3

試料ガス採取

試料ガスの採取は,通常,ガス採取器への直接採取による。その際,

図 C.1

に例示する構成で行うこと

が望ましい。ただし,試料ガスの吸引流量は,0.5∼1 L/min とする。煙道内が負圧の場合,検知管に規定

量の試料ガスが通気できず,

検知管指示値は低めの値を示すので注意する。

検知管での試料ガス採取時に,

湿式ガスメーターの指針又はカウンタが作動していることを確認しながら採取する。

なお,

図 C.1 b

)

の反応排ガスの採取用四ふっ化エチレン樹脂管(L)が長い場合は,デッドスペースが誤

差要因となることがあるため,樹脂管内を試料ガスで十分置換してから測定を行う。


40

K 0303

:2012

   

A

:試料ガス採取管

B

:検知管挿入口(シリコーンゴム)

C

:検知管

D

:ガス採取器

E

:温度計

F

:検知管取付け

G

:ピストン

H

:乾燥管

I

1

,I

2

:流量調節コック

J

:吸引ポンプ

K

:湿式ガスメーター

L

:四ふっ化エチレン樹脂管

M

:接続ゴム管(シリコーンゴム)

a)

排ガス温度が高い場合の試料採取例(燃焼排ガスなど) 

b)

反応排ガスなどの試料採取例 

図 C.1

試料ガス採取装置の例

C.4

測定手順

C.4.1

測定準備

測定準備は,次による。

a

)

測定点における温度を測定し,検知管の仕様書に示されている使用範囲内であることを確認する。

b

)

使用する検知管の温度を測定場所の温度になるようにする。また,このときに直射日光に当たらない

ように注意する。

なお,冷蔵庫などで冷暗所に保管していた検知管などを使用する場合は,外気温と同温になってか

ら使用する。

c

)

取扱説明書に従ってガス採取器の漏れ試験を行う。

C.4.2

測定

測定は,次による。

a

)

検知管の両端をチップカッタなどで折り取り,検知管表面に印刷されている矢印の向きに試料ガスが

流れるように,検知管の試料ガス入口側を,試料ガス採取装置が

図 C.1 a

)

の場合は検知管挿入口(シ

リコーンゴム)

(B)の位置に,

図 C.1 b

)

の場合は接続ゴム管(M)の位置に接続し,検知管の出口側

をガス採取器の検知管取付口へ接続する。

b

)

ガス採取器のハンドルを一気に引いてシャフトをロックし,その検知管について規定された時間放置

する。


41

K 0303

:2012

c

)

吸引終了後,速やかに検知管を取り外し,変色層の先端の濃度目盛を読み取る。

検知管によっては,通気終了後の時間の経過によって変色した色が退色又は変色層の長さが変化す

る場合があるので,通気終了後に変色層の先端に印を付け,速やかに読み取り,変色層の先端面が斜

めの場合には,中間点を濃度として読み取る。また,必要に応じて取扱説明書に従い温度補正を行う。

d

)

濃度単位の換算が必要な場合は,次の式によって行う。

C

w

C

v

×1.34

ここに,

C

w

ホルムアルデヒドの質量濃度(mg/m

3

C

v

検知管で読み取った体積分率(vol ppm)

C.5

検知管の廃棄

産業廃棄物として廃棄するが,各検知管の取扱説明書に従って処理する。不明な場合には製造元に問い

合わせる。

参考文献

JIS K 0804

  検知管式ガス測定器(測長形)