>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 0214

:2013

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  用語及び定義

1

 


K 0214

:2013

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,公益社団法人日本

分析化学会(JSAC)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を

改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格で

ある。

これによって,JIS K 0214:2006 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 K

0214

:2013

分析化学用語(クロマトグラフィー部門)

Technical terms for analytical chemistry (Chromatography part)

序文

この規格は,1964 年に制定され,その後 3 回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は 2006 年に

行われたが,その後の分析機器の感度向上とともに分析時間の短縮,操作性向上,アプリケーションの拡

大などによって,新規分析用語も出現している。技術的な開発分野の明確化に対応するために改正した。

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。

1

適用範囲

この規格は,分析化学におけるクロマトグラフィー部門で用いる主な用語及びその定義について規定す

る。

注記  クロマトグラフィーには,手法で分類したガスクロマトグラフィー,液体クロマトグラフィー,

及び超臨界流体クロマトグラフィー,並びに分離部で分類した充塡カラムクロマトグラフィー,

中空カラムクロマトグラフィー,薄層クロマトグラフィーなどがある。

2

用語及び定義

用語及び定義は,次による。

a)

二つ以上の用語又は定義を並べた場合には,その欄の順位に従って優先的に用いる。

b)

二つ以上の用語の略語を繋げる場合には,次のように用いる。

A 及び B の手法を結合した分析方法の場合:AB 分析方法→A/B    例)GC/MS,LC/MS/MS

A 及び B の機器を結合した装置の場合:AB 分析計→A-B    例)GC-MS,LC-MS

c)

用語の中で角括弧内の文字は,省いてもよい。

d)

用語は,特に断らない限りクロマトグラフィーの分野内で用いるものであるが,誤解のおそれのある

用語については,用語の後の丸括弧内に特定の使用分野を示す。

e)

参考として対応英語又はその略語を示す。対応英語の欄で,セミコロン(;)を挟んで二つ以上併記し

てあるものは,それぞれ同義語又は略語である。

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

1

アーティファク

 

あーてぃふぁく

分析操作における人為的要因に起因して生じる生
成物又は分析種の消失,若しくはクロマトグラムに

生じるピーク又は信号のゆがみ。

artifact; 
artefact


2

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

2

RI

検出器,

RID 

あーるあいけん

しゅつき,

あーるあいでぃ

a)

示差屈折率検出器(番号 231)の略称。

b)

放射性同位元素検出器(番号 469)の略称。

a) refractive

index

detector;

 RID

b) radioisotope

detector

3

R

f

R

f

 

あーるえふ,

あーるえふち

薄層クロマトグラフィー又はペーパークロマトグ
ラフィーにおいて,試料成分の移動距離を溶媒の移
動最先端までの距離で除した値。成分物質の同定の

指標として用いる。

R

f

;

R

f

 value

4

RF

イオンガイ

 

あーるえふいお

んがいど

高周波イオンガイド(番号 188)の略称。

radio frequency ion

guide

5

圧力勾配補正因

 

あつりょくこう

ば いほ せい い

んし

ガスクロマトグラフィーにおける保持容量をカラ

ム入口と出口とに圧力差があることから,保持容量
を補正するときの係数。次の式によって定義する。
充塡剤を均一に充塡した一定の径をもつカラムに

ついてだけ適用できる。

(

)

(

)

=

1

/

1

/

2

3

3

o

i

2

o

i

P

P

P

P

j

ここに,P

i

P

o

:カラムの入口,出口におけ

る キ ャ リ ヤ ー ガ ス の 圧 力
(絶対圧)

pressure gradient

correction factor

6

圧力損失 

あつりょくそん

しつ

移動相が流路系を通過するときに,カラムなどによ
って生じる入口と出口との差圧。圧力低下ともい

う。

pressure loss; 
pressure drop

7

圧力波形 

あつりょくはけ

継続的な圧力変化の記録。 pressure

profile

8

圧力プログラミ

ング法 

あつりょくぷろ

ぐ らみ んぐ ほ

設定したプログラムに従って,移動相の圧力を変化

させながら分析種を展開させる方法。

pressure

programming 
method

アナライトプロ

テクタント 

あならいとぷろ

てくたんと

試料中の共存物質の変化によって生じる定量誤差
を低減するため,マトリックスの代わりとして試料
又は検量線用標準試料に添加する物質。

analyte protectants

10 

アフィニティー

クロマトグラ
フィー 

あふぃにてぃー

く ろま とぐ ら

ふぃー

生物由来の親和性,分子認識能などを主な分離機構
とするクロマトグラフィー(番号 168)の総称。

a

)  イムノアフィニティークロマトグラフィー

(IAC)

:抗体,免疫グロブミンなどの抗体関連

物質を固定相に用いるクロマトグラフィーの

手法。

b

)  ケモアフィニティークロマトグラフィー:鉄,

ガリウムなどの金属イオンを担体に固定化し

たカラム,ジルコニア,チタニアなどの金属酸
化物を固定相とするカラムを用いて,これに選
択的に親和力を示す分子を分離,濃縮,精製す

る手法。金属イオンを利用するものを,特に金
属固定化クロマトグラフィー(IMAC)という。

affinity

chromatography;

immunoaffinity

chromatography;

IAC; 
chemo-affinity

chromatography;

immobilized metal

affinity 
chromatography;

IMAC

11 

亜臨界流体クロ

マトグラフィ
 

ありんかいりゅ

う たい くろ ま

とぐらふぃー

温度又は圧力のいずれか,又は双方が臨界点(圧力,

温度)よりも低い臨界点近傍の亜臨界流体を移動相
として用いるクロマトグラフィー。

subcritical fluid

chromatography


3

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

12 

アンペロメトリ

ック検出器 

あんぺろめとり

っ くけ んし ゅ

つき

電解(酸化又は還元)される成分の電解電流が,そ
の成分の濃度に比例することを利用した高速液体
クロマトグラフ用電気化学検出器。 
注記  電極上で化学種の一部(0.1∼5 %)が電解さ

れるのが特徴。

amperometric

detector

13 ELSD 

いーえるえすで

ぃー

蒸発光散乱検出器(番号 256)の略称。 evaporative

light

scattering detector

14 ECD 

いーしーでぃー

a

)  電子捕獲検出器(番号 360)の略称。

b

)  電気化学検出器(番号 354)の略称。

a

) electron

capture

detector

b

) electrochemical

detector

15 

イオンエンハン

スメント 

いおんえんはん

すめんと

混合物の LC/MS 分析などにおいて,複数の成分が

同時にイオン源に導入されたとき,共存物質が測定
対象物質のイオン化を促進する現象。

ion enhancement

16 

イオン化モード 

いおんかもーど

質量分析計(MS)において用いるイオン源(イオ

ン化法)に種類とイオン極性とを合わせた用語。分
析種の物性に応じて種々のイオン化モードを使い
分ける。正イオン(番号 280)

,CI(番号 103)

,EI

(番号 358)

,負イオン(番号 420)

,APCI(番号 311)

などという。

ionization mode

17 

イオンクロマト

グラフ 

いおんくろまと

ぐらふ

イオン種成分の分析専用に製造又は組み立てられ
た高速液体クロマトグラフ。

ion chromatograph

18 

イオンクロマト

グラフィー 

いおんくろまと

ぐらふぃー

イオン交換体などを固定相とした分離カラム内に
おいて試料溶液中のイオン種成分を展開溶離させ,
電気伝導度検出器,電気化学検出器,分光光度検出

器,蛍光検出器などによって測定する分析方法。

ion chromatography

19 

イオン源 

いおんげん

質量分析計を構成する一部分で,試料成分のイオン

化及び生成したイオンのアナライザーへの移送を
行う箇所。イオン化室,フィラメント,イオンの加
速,収束などを行う電極群などからなる。

ion source

20 

イオン交換基 

いおんこうかん

イオン交換体の官能基。反対符号の電荷をもつイオ
ンと結合することが可能な解離性の基。例えば,ス
ルホ基(−SO

3

,カルボキシル基(−COO

,ア

ンモニウム基(−NR

3

)などがある。

ion exchange group

21 

イオン交換クロ

マトグラフィ
 

いおんこうかん

く ろま とぐ ら

ふぃー

固定相にイオン交換体を用い,イオン交換反応によ

って試料溶液中のイオン種成分の分離を行う液体
クロマトグラフィー。

ion exchange

chromatography

22 

イオン交換体 

いおんこうかん

たい

イオン交換基をもつ充塡剤又は膜。イオン交換樹
脂,イオン交換膜などがある。

ion exchanger

23 

イオン交換容量 

いおんこうかん

ようりょう

単位量のイオン交換体がイオン交換できる対(た
い)イオン(番号 308)の量。

ion exchange

capacity

24 

イオンサプレッ

ション 

いおんさぷれっ

しょん

a

)  混合物の LC/MS 分析などにおいて,複数の成

分が同時にイオン源に導入されたとき,イオン
化効率の高い成分の存在によって,イオン化効
率の低い成分のイオン化が阻害される現象。イ

オンエンハンスメント(番号 15)の反語。

b

)  イオンクロマトグラフィーにおいて,カラム流

出液中の分析種以外のイオン成分の除去又は

解離の抑制。

ion supression


4

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

25 

イオン対クロマ

トグラフィー 

いおんついくろ

ま とぐ らふ ぃ

イオン性の分析種を逆の電荷をもつイオン試薬と
イオン対とを形成させて行う液体クロマトグラフ
ィー。

ion-pair

chromatography

26 

イオン対試薬 

いおんついしや

イオン性の分析種を疎水性の固定相に保持させる
ために移動相に添加する逆の電荷をもったイオン

性の化合物。

ion-pairing reagent

27 

イオントラップ

形質量分析計 

いおんとらっぷ

が たし つり ょ

う ぶん せき け

高周波電場又は静電場と静磁場とを組み合わせて

形成したポテンシャルの井戸に,イオンを長時間閉
じ込める手法を利用した質量分析計。高周波電場だ
けを用いるものが多い。真空セル内に閉じ込められ

たイオンを,高周波電圧又はその周波数を走査する
ことによって m/別にセルから追い出して検出・質
量分析を行う。

ion trap mass

spectrometer;

IT-MS

28 

イオン排除クロ

マトグラフィ
 

いおんはいじょ

く ろま とぐ ら

ふぃー

イオン交換基による静電的反発力によって,イオン
交換基と同じ電荷符号のイオンがイオン交換体内

部への浸透を制限する現象を利用した液体クロマ
トグラフィー。有機酸などの弱酸の分離に用いる。

ion exclusion

chromatography

29 

イソクラティッ

ク溶離 

いそくらてぃっ

くようり

単一組成の移動相によって試料成分を展開溶出さ

せる操作。定組成溶離ともいう。

isocratic elution

30 

一点検量線法 

いってんけんり

ょうせんほう

ブランクと一水準の既知濃度の標準物質それぞれ

のピーク面積又はピーク高さから検量線を描き,そ
れと比較し,未知試料溶液の濃度を算出する方法。

one point calibration

curve quantitation 
method

31 

移動時間

(電気泳動の)

いどうじかん

キャピラリーカラム(番号 147)内に注入された試
料成分が検出されるまでの時間。

migration time

32 

移動相 

いどうそう

クロマトグラフィーが行われる場の要素の一つで,
固定相に接して流れる気体,液体,超臨界流体など
の流体。

mobile phase

33 

イムノアフィニ

ティークロマ
トグラフィー 

いむのあふぃに

て ぃー くろ ま

とぐらふぃー

アフィニティークロマトグラフィー

(番号 10)

参照。

 immunoaffinity

chromatography;

IAC

34 

インジェクター 

いんじぇくたー

カラムクロマトグラフにおいて,試料をカラムに注
入するための装置部品。

injector

35 

インソースフラ

グメンテーシ
ョン 

いんそーすふら

ぐ めん てー し

ょん

大気圧イオン源を装着した LC-MS において,オリ
フィス電圧を通常より高めに設定することによっ

てイオンを開裂させる方法。LC における成分分離
が十分な場合,これによって得られたスペクトルか
ら構造推定が可能。インソース CID ともいう。

in-source

fragmentation

36 

インターフェイ

 

いんたーふぇい

異なる装置を接続するときの接続部。受け渡す物
質,信号の形態変換などの仲介を行う場合に用い

る。

interface

37 

インテグレータ

 

いんてぐれーた

検出器からのアナログ信号をデジタル化して得ら
れるクロマトグラムに対して,ピークの高さ,面積

などを自動的に積算して出力する装置。

integrator

38 

インバースクロ

マトグラフィ
 

いんばーすくろ

ま とぐ らふ ぃ

試料をクロマトグラフィー管に充塡して適切な検

査試薬を注入し,その保持情報から試料の物理化学
特性を求める材料などの解析手法。

inverse

chromatography

39 

インパクター捕

集法 

いんぱくたーほ

しゅうほう

ノズルを通しカバーガラス又はろ紙に空気を高速
のジェット気流として吹きつけ,衝撃によって試料
空気中の粉じん(塵)を捕捉する方法。

impactor collection

method


5

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

40 

ウォーターディ

ップ 

うぉーたーでぃ

っぷ

イオンクロマトグラフィーにおいて,試料を注入し
たときにホールドアップボリュームの箇所に検出
される負のピーク。試料中の水に起因して発生する

ピーク。

water dip

41 WCOT

カラム 

うこっとからむ

キャピラリーの内壁に固定相液体(液相)を均一な

厚さで塗布した中空のカラム。 
注記  ガスクロマトグラフでは,液相は固定化/不

動化などの処理を施して使用され,分析種の

気相/液相間の分配係数の違いによって分
離が行われる。

wall-coated open

tubular column

42 

渦巻き拡散, 
エディー拡散 

うずまきかくさ

ん,

えでぃーかくさ

ファンディムターの式の第 1 項の 項が示す拡散の
一つで,充塡剤が存在するため,移動相の流れが曲
げられることによって生じる溶質の拡散。

eddy diffusion

43 

エアトラップ 

えあとらっぷ

ポンプの吸入口に取り付け,移動相に含まれる空
気,自然発生した気泡などを捕集する部品。

air trap

44 HPLC 

えいちぴーえる

しー

高速液体クロマトグラフィー又は高速液体クロマ
トグラフの略称。単に LC ということもある。

high performance

liquid 
chromatography;

high performance

liquid 
chromatograph;

HPLC

45 AIA

フォーマッ

 

えーあいえーふ

ぉーまっと

米 国 の 旧 分 析 機 器 工 業 会 ( Analytical Instrument 
Association,通称 AIA)が定めた,クロマトグラフ
ィーデータプロセッシングの統一規格。標準デジタ
ルフォーマット。 
注記  データファイルの拡張子は全て(*.cdf)に統

一されている。

AIA format

46 

エージング

(カラムの)

えーじんぐ

コンディショニング(カラムの)

(番号 206)の別称。

注記  エージングの用語を用いることは,望ましく

ない。

aging

47 

液液クロマトグ

ラフィー 

えきえきくろま

とぐらふぃー

固定相として液体(液体成分を担体表面に被覆又は
化学結合させたものも含む。

)を用いる液体クロマ

トグラフィー。

liquid-liquid

chromatography;

LLC

48 

液液抽出[法] 

えきえきちゅう

しゅつ[ほう]

互いに混ざり合わない二つの液相の間で,ある相か
らもう一方の相へ界面を通過させて溶質を移動さ

せる抽出法。

liquid-liquid

extraction method

49 

液固クロマトグ

ラフィー 

えきこくろまと

ぐらふぃー

固体担体の表面を固定相として用いる液体クロマ

トグラフィー。

liquid-solid

chromatography;

LSC

50 

液体クロマトグ

ラフ,

LC 

えきたいくろま

とぐらふ,

えるしー

液体クロマトグラフィーを行う装置。 liquid

chromatograph;

LC

51 

液体クロマトグ

ラフィー,

LC 

えきたいくろま

とぐらふぃー,

えるしー

移動相として液体を用いるクロマトグラフィー。 liquid

chromatography;

LC


6

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

52 

液体クロマトグ

ラフィー質量
分析[法],

LC/MS 

えきたいくろま

と ぐら ふぃ ー

し つり ょう ぶ

んせき

[ほう]

えるしー/えむ

えす

液体クロマトグラフと質量分析計とを接続した装
置を用いて行う分析方法。 
注記  混合物試料を液体クロマトグラフによって

分離し,溶出の順に質量分析を行う。

liquid

chromatography-
mass 
spectrometry;

LC/MS

53 

液体クロマトグ

ラフ−質量分
析計,

LC-MS 

えきたいくろま

と ぐら ふ− し

つ りょ うぶ ん

せきけい,

えるしー-えむえ

液体クロマトグラフと質量分析計とをインターフ
ェイス(番号 36)を介し接続した装置。 
注記  液体クロマトグラフと質量分析計との接続

に LC-MS インターフェイスを用いる。

liquid chromatograph

-mass 
spectrometer;

LC-MS

54 

液滴向流クロマ

トグラフィー 

えきてきこうり

ゅ うく ろま と

ぐらふぃー

混ざり合わない二つの液相のうち,一方を管の中に

充塡して固定相として機能させ,もう一方の液相を
小さな液滴として連続的に送り込み,この二つの液
相間での分配現象を利用して分離を行うクロマト

グラフィー。

droplet

countercurrent 
chromatography;

DCCC

55 SRM 

えすあーるえむ

選択反応モニタリング(番号 299)の略称。 selected

reaction

monitoring

56 SRM

クロマト

グラム 

えすあーるえむ

く ろま とぐ ら

SRM によって得られるクロマトグラム。 SRM

chromatogram

57 SIM 

えすあいえむ

選択イオンモニタリング(番号 298)の略称。 selected

ion

monitoring

58 SIM

クロマトグ

ラム 

えすあいえむく

ろまとぐらむ

SIM によって得られるクロマトグラム。 SIM

chromatogram

59 SN

 

えすえぬひ

クロマトグラム上のベースライン(基線)ノイズの

大きさに対する成分ピークの信号の大きさの比の
値。 
注記  検出下限又は定量下限を表示するときに併

記されることが多い。

signal to noise ratio

60 SFC 

えすえふしー

超臨界流体クロマトグラフィー(番号 333)の略称。

 supercritical

fluid

chromatography

61 SFC/MS 

えすえふしー/

えむえす

検出器に MS を用いる超臨界流体クロマトグラフィ
ー。

SFC/MS

62 SFC-MS 

えすえふしー-え

むえす

検出器に質量分析計(MS)を接続した超臨界流体
クロマトグラフ。

SFC-MS

63 SOP 

えすおーぴー

標準操作手順書(番号 415)の略称。標準作業手順
書ともいう。

standard operating

procedure

64 

エナンチオマー 

えなんちおまー

鏡像異性体(番号 153)の別称。 enantiomer

65 FID 

えふあいでぃー

水素炎イオン化検出器(番号 270)の略称。 flame

ionization

detector

66 FTD 

えふてぃーでぃ

熱イオン化検出器(番号 373)の略称。 flame

thermionic

detector

67 FPD 

えふぴーでぃー

炎光光度検出器(番号 79)の略称。 flame

photometric

detector

68 MS/MS 

えむえす/えむ

えす

m/によって選択されたイオンに対するプロダクト
イオン,プリカーサーイオンなどを取得する分析方

法。

MS/MS


7

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

69 

m/

えむぱーぜっと

イオンの質量(m)を電荷数(z)で除した値。質量
電荷比ともいう。マススペクトルの横軸は,m/
よって表示する。

mass to charge ratio;
m/z

70 LC/ICP-MS 

えるしー/あい

しーぴー-えむ

えす

検出器に誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)
を接続した液体クロマトグラフィー。

LC/ICP-MS

71 LC/ESI-MS 

えるしー/いー

えすあい-えむ

えす

エレクトロスプレーイオン化(ESI)法(番号 78)

を用いる LC/MS。

LC/ESI-MS

72 LC/APCI-MS 

えるしー/えい

ぴーしーあい-

えむえす

大気圧化学イオン化(APCI)

(番号 311)を用いる

LC/MS。

LC/APCI-MS

73 LC/NMR 

えるしー/えぬ

えむあーる

検出器に核磁気共鳴(NMR)を用いる液体クロマ
トグラフィー。

LC/NMR

74 LC/MS 

えるしー/えむ

えす

液体クロマトグラフと質量分析計を接続した装置
を用いて行う分析方法。

LC/MS

75 LC/MS/MS 

えるしー/えむ

え す/ えむ え

LC で分離した分析種について MS/MS を行う分析
方法。

LC/MS/MS

76 LC-ICP-MS 

えるしー-あいし

ーぴー-えむえ

検出器に誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)
を接続した液体クロマトグラフ。

LC-ICP-MS

77 LC-MS

インタ

ーフェイス 

えるしー-えむえ

す いん たー ふ

ぇいす

液体クロマトグラフと質量分析計とを接続するた
めのインターフェイス(番号 36)

。大気圧イオン源

と RF イオンガイドとの組合せから構成されるもの
などがある。

LC-MS interface

78 

エレクトロスプ

レーイオン化
法,

ESI

 

えれくとろすぷ

れ ーい おん か

ほう,

いーえすあいほ

キャピラリーから噴霧される試料溶液に高電圧を
印加したとき,高度に帯電した液滴を生成させる
MS のイオン化法。試料溶液を供給するキャピラリ
ーと対向電極との間に数 kV の高電圧を印加して帯
電液滴を生成させ,乾燥ガスなどの作用によって脱
溶媒して液滴のサイズを徐々に小さくし,最終的に

電荷同士の反発によって検出可能なイオンを生成
させる方法。

electrospray

ionization method;

ESI method

79 

炎光光度検出器 

えんこうこうど

けんしゅつき

カラムからの溶出成分を還元性の連続水素炎又は
断続的水素炎中で分解して化学発光させ,硫黄,り
ん及びすずを含む有機化合物を高感度で選択的に

検出するガスクロマトグラフ用検出器。

flame photometric

detector;

FPD

80 

遠心クロマトグ

ラフィー 

えんしんくろま

とぐらふぃー

薄層クロマトグラフィー(番号 392)又は向流クロ

マトグラフィー(番号 193)において,移動相の展
開に,遠心力を利用するクロマトグラフィーの総
称。

centrifugal

chromatography

81 

エンドキャッピ

ング 

えんどきゃっぴ

んぐ

化学結合形シリカゲルの表面に残存するシラノー
ル基に,更に化学結合基を導入する操作。

endcapping

82 

エンドフィッテ

ィング 

えんどふぃって

ぃんぐ

カラムに配管を接続するための部品。 
注記  カラムの両端に装着し,充塡剤が外に漏れ出

なくするためのフィルターをカラムに固定

し,流入する移動相を均一にカラム内に拡散
させる機能及び配管をカラムに接続する機
能をもったキャップ状のもの。

end fitting


8

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

83 

円二色性検出器 

えんにしょくせ

い けん しゅ つ

円二色性を利用して光学活性成分を検出する高速
液体クロマトグラフ用検出器。

circular dichroism

detector

84 

往復運動形ポン

 

おうふくうんど

うがたぽんぷ

往復運動するプランジャーによって連続的に移動
相を吸引,吐出させるポンプ。プランジャーポンプ

ともいう。

reciprocating pump

85 ODS 

おーでぃーえす

n-オクタデシルシリル基を共有結合させたシリカ
ゲルの略称。

octadecyl silyl

86 

オートインジェ

クター 

おーといんじぇ

くたー

複数の液体試料をクロマトグラフに順次自動で注

入するための装置。

autoinjector

87 

オートサンプラ

 

おーとさんぷら

多検体をあらかじめ設定したプログラムに従って
クロマトグラフに自動導入する装置。

autosampler

88 

オーバーロード 

おーばーろーど

カラムへ注入した成分がカラムの試料負荷容量(番
号 262)を上回る量となった状態。

mass-overload; 
sample-volume

overload

89 

オクタノール/

水分配係数 

おくたのーる/

み ずぶ んぱ い

けいすう

特定の化合物の 1−オクタノールと水との間の分配

平衡時の濃度比。化合物の親水性,疎水性の程度を
判断する基礎的数値で前処理,分析条件の検討など
で活用される。 
注記  この分配係数を Pow としたとき,実用的には

logPow の値を用いる。

octanol/water

partition 
coefficient

90 

オリフィス

(LC/MS の)

おりふぃす

LC/MS の大気圧イオン源において,大気圧下で生成
したイオンを真空中に導入するとき最初に通過す
る細孔。コーン又はキャピラリーともいう。これに

印加する電圧を調整することによって,イオンの開
裂を起こすことができる。

orifice

91 

オルタナティブ

リサイクル
(alternative 
recycle)法 

おるたなてぃぶ

り さい くる ほ

複数のカラムを流路切替バルブを介して接続し,溶

質分画を別の複数のカラムに交互に添加していく
リサイクルクロマトグラフィー(番号 517)法。

alternative recycle

method

92 

オンカラム蛍光

検出 

おんからむけい

こ うけ んし ゅ

蛍光をモニターするオンカラム検出法。 on-column

fluorescence 
detection

93 

オンカラム検出 

おんからむけん

しゅつ

カラムと検出器との連結による分離能低下を抑制

するために,分離カラム上で直接検出する方法。

on-column detection

94 

オンカラム注入

(GC の)

おんからむちゅ

うにゅうほう

注入口に接続したカラム管中に,マイクロシリンジ

によって採取した試料を直接注入する試料導入方
法。 
注記  充塡カラムでは,充塡剤の前部に設けたカラ

ム管内の空間において試料を気化させて導
入する。キャピラリーカラムでは,コールド
オンカラム注入法(番号 196)を用いる。

on-column injection

method

95 

オンカラム誘導

体化 

おんからむゆう

どうたいか

カラム内又はカラム入口付近において誘導体化(番
号 507)を行う方法。LC では移動相中に,GC では
試料溶液中にあらかじめ誘導体化剤を添加してお

く。

on-column

derivatization

96 

温度プログラミ

ング法 

おんどぷろぐら

みんぐほう

クロマトグラフィーにおいて,設定したプログラム

に従ってカラム槽の温度を変化させ,カラムの温度
を時間とともに連続的又は段階的に,昇温又は降温
させて分離する方法。

temperature

programming 
method


9

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

97 

オンライン濃縮 

おんらいんのう

しゅく

試料溶液内の希薄物質を装置内の媒体に捕集・濃縮
した後,移動相でカラムに運び分離検出する方法。

on-line enrichment

98 

ガードカラム 

がーどからむ

分離カラムを劣化などから守るカラム。試料又は移
動相に含まれるきょう(夾)雑物・不純物による分
離カラムの汚染,劣化などを防ぐ目的で,分離カラ

ムの上流(通常,インジェクターと分離カラムとの
間)に接続する。通常,サイズの小さなカラムを用
いる。

guard column

99 

カートリッジカ

ラム 

かーとりっじか

らむ

着脱容易なカラム。ホルダーに装着して用いる。 cartridge

column

100 

カーボン含有量 

かーぼんがんゆ

うりょう

固定相を化学結合させた担体の質量に占める炭素
の質量比率。

carbon content

101 

カーボン充塡剤 

かーぼんじゅう

てんざい

a

)  グラファイトカーボンを球状に成形し,その物

理化学的性状を利用して分離を行うための液
体クロマトグラフィー用カラム充塡剤。

b

)  捕集剤,ガスクロマトグラフィーのカラムなど

に使用されるカーボンモレキュラシーブ,グラ
ファイトカーボンブラック,活性炭などの総

称。

carbon column

packing

102 

回収率

(添加回収試

験の)

かいしゅうりつ

ブランク試料に既知量の分析種を添加し,抽出など

の前処理操作を行った後に検出された分析種の量
(A)と添加した分析種の量(B)との比(A/B)

recovery

103 

化学イオン化, 
CI 

かがくいおんか,

しーあい

化学反応によってイオン化する方法。通常,イオン
化室をメタンなどの試薬ガスを用いて満たし,電子
線などを照射して生成した反応イオン(番号 400)

又は熱電子と試料分子の間の反応によってイオン
化する方法。 
注記  正イオン化学イオン化(PICI)

(番号 281)の

場合は反応イオン,負イオン化学イオン化
(NICI)

(番号 421)の場合は反応イオンと熱

電子とが関与する。

chemical ionization;
CI

104 

化学結合形充塡

 

かがくけつごう

が たじ ゅう て

んざい

充塡剤の基材表面に親水性基,疎水性基,イオン交
換基などの官能基を共有結合によって導入した充
塡剤。

chemically bonded

packings

105 

化学結合形シリ

カゲル 

かがくけつごう

が たし りか げ

共有結合によって官能基を導入したシリカゲル。 chemically

bonded

silica gel

106 

化学発光検出器 

かがくはっこう

けんしゅつき

化学反応などによる発光を利用して成分を検出す

る検出器。主にガスクロマトグラフ及び高速液体ク
ロマトグラフで用いられる。

chemiluminescence

detector

107 

確認イオン 
(クロマトグラ

フィーの)

かくにんいおん

分析種であることを確認するためのイオン。分析種
に特徴的な m/のイオンで,クロマトグラム上での
定量イオンとのピーク強度比が一定範囲内である

ことが分析種特定のための条件となる。

qualifier ion

108 

画分 

かくぶん

分画操作によって取り分けられたカラム流出分。フ

ラクションともいう。

fraction

109 

下降クロマトグ

ラフィー,

下降展開 

かこうくろまと

ぐらふぃー,

かこうてんかい

薄層クロマトグラフィー又はペーパークロマトグ
ラフィーにおいて,移動相を吸着剤又はろ紙に対し

て下方に移動させることによって展開するクロマ
トグラフィー。

descending

chromatography;

descending

development


10

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

110 

ガスクロマトグ

ラフ,

GC 

がすくろまとぐ

らふ,

じーしー

ガスクロマトグラフィーを行う装置。 gas

chromatograph;

GC

111 

ガスクロマトグ

ラフィー,

GC 

がすくろまとぐ

らふぃー,

じーしー

移動相として気体を用いるクロマトグラフィー。 gas

chromatography;

GC

112 

ガスクロマトグ

ラフィー質量
分析,

GC/MS 

がすくろまとぐ

ら ふぃ ーし つ

り ょう ぶん せ

き,

じーしー/えむ

えす

ガスクロマトグラフと質量分析計とを接続した装

置で行う分析方法。

gas chromatography-

mass 
spectrometory;

GC/MS

113 

ガスクロマトグ

ラフ−質量分
析計,

GC-MS 

がすくろまとぐ

ら ふ− しつ り

ょ うぶ んせ き

けい,

じーしー-えむえ

ガスクロマトグラフと質量分析計とをインターフ
ェイスを介して直結した装置。

gas chromatograph-

mass spectrometer;

GC-MS

114 

ガスクロマトグ

ラフ−赤外分
光分析計,

GC-IR 

がすくろまとぐ

ら ふ− せき が

い ぶん こう ぶ

んせきけい,

じーしー-あいあ

ーる

ガスクロマトグラフと赤外分光光度計とをインタ
ーフェイスを介して結合した装置。

gas chromatograph-

infrared 
spectrometer;

GC-IR

115 

ガスサンプラー 
(ガスクロマト

グラフの)

がすさんぷらー

一定量のガス状の試料を分離カラムに導入するた
めの装置。 
注記  通常,切替バルブと検量管から構成される。

検量管に試料を供給しているとき,キャリヤ
ーガスはバイパスされてカラム供給され,検

量管の置換が終了した後にバルブを切り替
えるとキャリヤーガスによって試料がカラ
ムに送られる。

gas-sampling valve

116 

ガスホールドア

ップボリュー
 

がすほーるどあ

っ ぷぼ りゅ ー

ガスクロマトグラフィーにおけるホールドアップ
の体積。 
注記  ホールドアップボリューム(番号 471)を参

照。

gas holdup volume

117 

荷電化粒子検出

 

かでんかりゅう

し けん しゅ つ

移動相を蒸発させて分析種を球状微粒子とし,コロ
ナ電極によってプラス荷電した窒素イオンと衝突
させてプラス帯電させ,その電荷量を検出する高速

液体クロマトグラフ用検出器。

charged aerosol

detector

118 

カラム 

からむ

主に試料成分の分離が行われる充塡剤が充塡され
た管,又はキャピラリー管。キャピラリー管の内壁

には,固定相が保持されたもの及び内面処理を施し
たものがある。 
注記  カラムには,分離カラム,プレカラム,ガー

ドカラムなどがあるが,一般に分離カラムを
いう場合が多い。

column

119 

カラム圧力 

からむあつりょ

カラムの入口部にかかる圧力。

pressure at the

column inlet

120 

カラムオーブン 

からむおーぶん

温度条件を,一定又は定められたプログラムに従っ
て変化させることが可能なカラムを収容する槽。

column oven


11

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

121 

カラム外容積, 
カラム外体積 

からむがいよう

せき,

からむがいたい

せき

ピークバンドの広がる要因となるクロマトグラフ
のカラム充塡部以外の容積。 
試料注入部,検出器,配管,カラムのフィッティン

グなどの容量の合計で,装置の性能に関わる指標の
一つ。

extra-column

volume

122 

カラムクロマト

グラフィー 

からむくろまと

ぐらふぃー

固定相を円筒状の管(クロマトグラフィー管)に充
塡して行うクロマトグラフィー。

column

chromatography

123 

カラム効率 

からむこうりつ

次の式によって定義する実効理論段数 N

eff

N

eff

N[k/(1+k)]

2

ここに,N:理論段数

k:保持係数

column efficiency

124 

カラム充塡剤 

からむじゅうて

んざい

充塡剤(番号 246)の別称。 column

packing

material

125 

カラム充塡法 

からむじゅうて

んほう

充塡剤のクロマトグラフィー管への充塡方法。充塡
剤を直接充塡する方法,耐圧容器に入れたスラリー
状の充塡剤をポンプによって加圧して充塡する方

法などがある。

column packing

method

126 

カラム除去形

(サプレッサー

方式の)

からむじょきょ

がた

イオン交換カラムに溶出液を通過させ,除去すべき

溶離液中のイオンを保持して除去する方式。 
注記  複数のカラムを電気的又は化学的に再生し

ながら交互に用いる。

column removal

type

127 

カラムスイッチ

ング 

からむすいっち

んぐ

二つ以上の異なるカラムを切替バルブを介して切
り替え,試料前処理,複数のカラム選択,複数の分
離モード選択などを行う方法。

column switching

128 

カラム槽 

からむそう

カラムオーブン(番号 120)の別称。 column

oven;

column compartment

129 

換算理論段相当

高さ 

かんさんりろん

だ んそ うと う

たかさ

理論段相当高さ を,充塡剤の平均粒子径の値で除
した値。一般に で表す。

reduced height

equivalent to a 
theoretical plate

130 

間接吸光光度検

 

かんせつきゅう

こ うこ うど け

んしゅつ

移動相に可視部又は紫外部に吸収をもつ物質を加

え,分析種が溶出されるときに,反応又は相互作用
によって生じた吸収の減少を計測することによっ
て検出する方法。

indirect photometric

detection

131 

間接光学分割 

かんせつこうが

くぶんかつ

キラル分離(番号 156)において,キラル誘導体化
によって目的光学対掌体をジアステレオマー(番号
227)とした後カラム分離する手法。キラル固定相
及びキラル移動相を用いる直接法による分離と区
別して呼ぶ。

indirect optical

resolution

132 

間接電気伝導度

検出 

かんせつでんき

で んど うど け

んしゅつ

移動相に電気伝導性物質を加え,分析種が溶出され
るときに反応又は相互作用によって生じた電気伝
導度の減少を計測することによって検出する方法。

indirect

conductometric 
detection

133 

官能基結合密度 

かんのうきけつ

ごうみつど

固定相に結合した官能基の密度。官能基の結合モル
数を表面積で除した値。単位はマイクロモル毎平方

メートル(μmol/m

2

)によって示す。

density of functional

group

134 

気液クロマトグ

ラフィー 

きえきくろまと

ぐらふぃー

固定相として液体を用いるガスクロマトグラフィ

ー。

gas-liquid

chromatography;

GLC


12

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

135 

気化注入法

(ガスクロマト

グラフの)

きかちゅうにゅ

うほう

試料を加熱された注入口で気化させ,キャリヤーガ
スによってカラムに送る試料導入方法。 
注記  気化は,スプリット注入法では試料とキャリ

ヤーガスとを均一に混合させる目的であり,
スプリットレス注入法では,カラムを劣化さ
せる難揮発性物質を注入口ライナーに残留

させる目的もある。

vaporizing injection

136 

気固クロマトグ

ラフィー 

きこくろまとぐ

らふぃー

固定相として固体を用いるガスクロマトグラフィ

ー。

gas-solid

chromatography;

GSC

137 

基材

きざい

クロマトグラフィー用充塡剤の中心部(芯)にある
基本骨格。

support; 
core; 
matrix

138 

擬似移動床法 

ぎじいどうしょ

うほう

a

)  カラムクロマトグラフィーを用い,連続又は逐

次に混合試料を導入する分離・精製法の一種。

b

)  向流クロマトグラフィーなどの移動床の代わ

りに,複数のカラム及び送液ポンプを切替バル
ブで接続し,あたかもカラム充塡剤が移動床の

役割を果たしているかのように操作すること
によって,連続して分離・精製物の回収を行う
手法。

simulated moving

bed 
chromatography

139 

基線 

きせん

ベースライン(番号 464)の別称。 base

line

140 

逆グラジエント

 

ぎゃくぐらじえ

んとほう

グラジエント溶離に用いたグラジエント曲線と対

称的なグラジエント曲線を用いたグラジエント溶
離液をカラム溶出部と検収器の入口部の間に混合
させて溶離液の組成を一定にする方法。 
注記  例えば,荷電化粒子検出器(番号 117)のよ

うに,検出器の感度が溶媒の組成によって変
化する場合に用いる。

reverse gradient

method

141 

逆洗 

ぎゃくせん

指定された送液方向とは逆に移動相又は洗浄液を
流し,カラム先端部に残る試料中の溶出されにくい

物質を排出させる方法。

back wash

142 

逆相カラム 

ぎゃくそうから

逆相クロマトグラフィーに用いるカラム。 
注記  逆相か順相かは,固定相と移動相との相対的

な極性に依存する。例えば,シアノカラムな
どでは両方のモードになり得る。

reversed phase

column

143 

逆相クロマトグ

ラフィー 

ぎゃくそうくろ

ま とぐ らふ ぃ

固定相よりも極性の高い移動相を用いる分配液体
クロマトグラフィー。 
注記  通常,ODS(番号 85)のような疎水性の固定

相と水系移動相(水,メタノール,アセトニ
トリルなどの混合溶液)とを用いる。

reversed phase

chromatography

144 

逆相充塡剤 

ぎゃくそうじゅ

うてんざい

担体に疎水性のリガンドを塗布又は結合した逆相
クロマトグラフィーに用いる充塡剤。

reversed phase

column packing

145 

キャニスター法 

きゃにすたーほ

不活性処理を施したステンレス容器(キャニスタ
ー)などを減圧又は真空にし,気体試料を捕集後,
低温濃縮,加熱脱着を経て GC 又は GC-MS に導入,

測定する方法。

canister method

146 

キャピラリーガ

スクロマトグ
ラフィー 

きゃぴらりーが

す くろ まと ぐ

らふぃー

キャピラリーカラムを用いるガスクロマトグラフ

ィー。

capillary gas

chromatography


13

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

147 

キャピラリーカ

ラム 

きゃぴらりーか

らむ

内径約 l mm 以下の中空カラム又は充塡カラムの総
称。

capillary column

148 

キャピラリーク

ロマトグラフ
ィー 

きゃぴらりーく

ろ まと ぐら ふ

ぃー

分離カラムとしてキャピラリーカラムを用いるク
ロマトグラフィー。

capillary

chromatography

149 

キャリーオーバ

 

きゃりーおーば

先に導入した試料成分が装置内に残存し観察され
る現象。

carryover

150 

キャリヤーガス

(ガスクロマト

グラフィーの)

きゃりやーがす

ガスクロマトグラフィー用の移動相。

carrier gas (for gas

chromatography)

151 

吸光光度検出器 

きゅうこうこう

ど けん しゅ つ

紫外可視吸光光度検出器(番号 230)の別称。 absorption

detector

152 

吸着クロマトグ

ラフィー 

きゅうちゃくく

ろ まと ぐら ふ

ぃー

固定相に吸着剤を用い,試料成分を気固又は液固吸

着平衡の差によって分離するクロマトグラフィー。

adsorption

chromatography

153 

鏡像異性体 

きょうぞういせ

いたい

お互いに実像と鏡像の関係にある化学構造をもつ
一対の立体異性体。

enantiomer

154 

キラリティー 

きらりてぃー

実像と鏡像が重ならない構造をもつ性質。 chirality

155 

キラル固定相 

きらるこていそ

キラル分離に用いる光学活性な構造をもつ材料に
よって作製した固定相又は光学活性化合物を担体

に導入した固定相。

chiral stationary

phase;

CSP

156 

キラル分離 

きらるぶんり

鏡像異性体(番号 153)の光学分割を目的としたク

ロマトグラフィーによる分離。キラル固定相法及び
キラル移動相法の直接法及びキラル誘導体化法の
間接法とがある。

chiral separation

157 

キラル誘導体化

試薬 

きらるゆうどう

たいかしやく

一対の光学対掌体を分離する目的によって,目的の
光学対掌体をカラム分離に先立ってジアステレオ

マー(番号 227)に誘導体化(キラル誘導体化)す
るときに用いる光学活性な誘導体化試薬。

chiral derivatization

reagent

158 

金属固定化クロ

マトグラフィ
 

きんぞくこてい

か くろ まと ぐ

らふぃー

アフィニティークロマトグラフィー(番号 10)の

b

)を参照。

immobilized metal

chelate 
chromatography

159 

空間補正保持時

(ガスクロマト

グラフィーの)

くうかんほせい

ほじじかん

対象成分の保持時間(t

R

)からホールドアップタイ

ム(t

0

)を引いた値(t'

R

t'

R

t

R

t

0

 

注記  対象成分の固定相中の滞在時間を示す。

adjusted retention

time

160 

空間補正保持容

 

くうかんほせい

ほ じよ うり ょ

ホールドアップボリューム V

M

によって補正された

保持容量。V

R

'V

R

V

M

によって定義する。

ここに,V

R

':空間補正保持容量

V

R

:保持容量

V

M

:ホールドアップボリューム

adjusted retention

volume

161 

空隙容量 

くうげきようり

ょう

カラム中の遊び空間体積。 
注記  カラム中の空隙容量で,分離に何らの関与も

しない空間を移動相の体積で表したもの。

[ホールドアップボリューム(番号 471)を
参照。

void volume

162 

クーロメトリー

検出器 

くーろめとりー

けんしゅつき

電量検出器(番号 361)の別称。 coulometric

detector


14

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

163 

クエンチング 

くえんちんぐ

a

) GC における FPD などの発光現象を利用する検

出器で,炭化水素類の大量溶出時などに炎が一
時的に消えるなどして感度がなくなるか,又は

悪くなる現象。

b

) LC の蛍光検出器(番号 172)又は化学発光検出

器(番号 106)で,移動相中の溶存酸素などの

共存物質によって消光し,感度が低下したりベ
ースラインが負に振れる現象。

quenching

164 

クライオフォー

カシング 

くらいおふぉー

かしんぐ

低温にすることよって,カラムに導入される試料の
幅を狭める手法。カラム入口における移動相の線速
度に対して,分析種の移動速度が著しく遅くなるこ

とを利用する。カラム全体を冷却する方法,カラム
の入口側の一部又はプレカラムを冷却する方法が
ある。

cryo-focusing

165 

グラジエントシ

ステム 

ぐらじえんとし

すてむ

移動相の溶出力を変化させるために複数溶媒の組
成比を変化させるか,又はカラム周囲の温度を変化

させるための装置及びそのための制御系。

gradient elution

system

166 

グラジエント溶

 

ぐらじえんとよ

うり

移動相の組成を連続的に変化させながら溶質を溶

出させる操作。勾配溶離ともいう。

gradient elution

167 

クロマトグラフ 

くろまとぐらふ

クロマトグラフィーによって分離を行うために用
いる装置。

chromatograph

168 

クロマトグラフ

ィー 

くろまとぐらふ

ぃー

試料を固定相に接して流れる移動相に導入して,固
定相及び移動相に対する成分の特性の差によって

分離を行う方法。

chromatography

169 

クロマトグラフ

ィー管 

くろまとぐらふ

ぃーかん

クロマトグラフィーにおいて,充塡剤を充塡するた

めの管。 
注記  空(から)カラムの用語を用いることは,望

ましくない。キャピラリーカラムなどの中空

カラムは,固定相を担持させる前の未処理カ
ラムを意味する。

chromatographic

tube

170 

クロマトグラフ

分析 

くろまとぐらふ

ぶんせき

クロマトグラフを使った分析又は分析方法。 chromatographic

analysis

171 

クロマトグラム 

くろまとぐらむ

クロマトグラフィーにおける結果の記録,又は,試

料成分の溶出状態を時間に対してプロットした図。

chromatogram

172 

蛍光検出器 

けいこうけんし

ゅつき

溶出液に励起光を照射し,分析種の蛍光強度を測定

する高速液体クロマトグラフ用検出器。

fluorescence

detector

173 

蛍光誘導体化 

けいこうゆうど

うたいか

蛍光をもたない化合物を他の化合物と反応させ,蛍

光をもつ化合物に変える操作。

fluorescence

derivatization

174 

ゲル浸透クロマ

トグラフィー 

げるしんとうく

ろ まと ぐら ふ

ぃー

サイズ排除クロマトグラフィー(番号 214)のうち,

溶離液に有機溶媒を用い,試料成分の分子の大きさ
などによって分離を行う液体クロマトグラフィー。

gel permeation

chromatography;

GPC

175 

ゲルろ過クロマ

トグラフィー 

げるろかくろま

とぐらふぃー

サイズ排除クロマトグラフィー(番号 214)のうち,

溶離液に水溶液を用い,試料成分の分子の大きさ,
イオン相互作用などによって分離を行う液体クロ
マトグラフィー。

gel filtration

chromatography;

GFC

176 

限外ろ過 

げんがいろか

フィルターの孔径を分子サイズに近づけて行うろ
過。ろ過によってコロイド粒子などを分散媒から分

離する。

ultrafiltration


15

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

177 

原子発光検出器 

げんしはっこう

けんしゅつき

ヘリウムなどのプラズマ中に GC からの溶出成分を
導き,成分組成の元素に由来する原子発光線を検出
する検出器。

atomic emission

detector;

AED

178 

検出下限, 
検出限界 

けんしゅつかげ

ん,

けんしゅつげん

かい

試料に含まれる分析種の検出が可能な最低の量又
は濃度。

limit of detection; 
LOD; 
detection limit

179 

検出感度 

けんしゅつかん

a

)  ある量の測定において,検出下限で表した分析

方法又は機器の性能。

b

)  ある量の変化に対して,得られるシグナルの強

度(例えば,検量線の傾き)で表した分析方法

又は機器の性能。

sensitivity; 
sensitiveness

180 

原線 

げんせん

ペーパークロマトグラフィー(番号 465)又は薄層

クロマトグラフィー(番号 392)において,試料を
最初にスポットする一直線上の位置。

origin start line

181 

コアシェル充塡

 

こあしぇるじゅ

うてんざい

表面多孔性充塡剤(番号 417)の別称。 core-shell

packings

182 

高圧グラジエン

 

こうあつぐらじ

えんと

複数のポンプから吐出した溶出力の異なる移動相

を,ポンプ吐出圧のかかる系内で混合して行うグラ
ジエント溶離方式。

high-pressure

gradient method

183 

高圧注入

(ガスクロマト

グラフィーの)

こうあつちゅう

にゅう

GC においてカラムヘッド圧を通常より高く設定
し,試料注入を行う方法。 
注記  試料注入量を多くできる,ライナー内での試

料成分の滞留時間を短縮して吸着を軽減で
きるなどの利点がある。

high-pressure

injection

184 

降温グラジエン

ト溶出法 

こうおんぐらじ

え んと よう し

ゅつほう

SFC(番号 333)において,カラム温度を下げなが
ら,移動相流体の密度を徐々に変化させて溶出させ
るグラジエント法。

negative temperature

gradient method

185 

恒温分析 

こうおんぶんせ

カラム槽温度を一定にして行うクロマトグラフィ
ー。

isothermal

chromatography;

isothermal analysis

186 

光学活性体 

こうがくかっせ

いたい

旋光性をもつ物質。一方の鏡像異性体が他方より多
く存在している状態及び純粋に一方だけである状

態の物質。

optical active

substance

187 

光学分割 

こうがくぶんか

ラセミ体(一対の鏡像異性体の等量混合物)をそれ

ぞれの光学対掌体に分割する操作。クロマトグラフ
ィーを用いる光学分割を特にキラル分離という。

optical resolution

188 

高周波イオンガ

イド 

こうしゅうはい

おんがいど

4 本以上の偶数本の電極を円周上に等間隔で,かつ,
中心軸に沿って平行に配置し,隣接する各電極に
180 度ずつ位相の異なる高周波電圧を印加し,中心
軸の回りに誘起した振動双曲線電場によって中心
軸に沿って入射したイオンビームの同径方向の運
動を封じ込めてビームを効率よく出口まで導く装

置。LC-MS インターフェイスを構成する主ユニッ
ト。差動排気と称する特殊な排気方法によって低真
空から中真空に保たれている。

radio frequency ion

guide


16

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

189 

校正曲線

(サイズ排除ク
ロマトグラフィ

ーの)

こうせいきょく

せん

分子量既知の分子量分布の狭いポリマー(分子量標
準ポリマー)を用い,その溶出位置を横軸に,分子
量の対数を縦軸にとって作成した図。カラムの溶出

位置に対応する分子量を知るためのもので,平均分
子量の計算に用いる。

calibration curve

190 

高速液体クロマ

トグラフィー 

こうそくえきた

い くろ まと ぐ

らふぃー

液体の移動相をポンプなどによって加圧してカラ
ムを通過させ,試料成分を固定相と移動相との相互
作用(吸着,分配,イオン交換,サイズ排除など)

の差を利用して高性能に分離して検出する方法。

high performance

liquid 
chromatography;

HPLC

191 

高速 GC 

こうそくじーし

内径が細く,長さの短いカラムと高速昇温を組み合

わせるなどして極めて短時間で GC 分析を行う方法
又は装置。

fast GC

192 

高速 GC/MS 

こうそくじーし

ー/えむえす

高速 GC を GC/MS に適用した手法。 
注記  一定以上のデータ取込み速度の確保,キャリ

ヤーガス流量などに制約がある。

fast GC/MS

193 

向流クロマトグ

ラフィー 

こうりゅうくろ

ま とぐ らふ ぃ

固定相に相当する液体又は固体を,移動相と逆方向
に移動させながら試料成分の分離を行うクロマト
グラフィー。

countercurrent

chromatography

194 

ゴーストピーク 

ごーすとぴーく

クロマトグラムに出現し,その由来が不明で予想外
のピーク。

ghost peak

195 

コーティング効

 

こーてぃんぐこ

うりつ

理論的に到達可能な最小理論段相当高さを,実測の
最小理論段相当高さで除した WCOT カラム(番号
41)の性能を表す指標。

coating efficiency

196 

コールドオンカ

ラム注入法

(ガスクロマト
グラフィーの)

こーるどおんか

ら むち ゅう に

ゅうほう

試料溶媒の沸点以下に保った注入口を介して,マイ

クロシリンジに採取した試料をカラムの中に直接
導入するキャピラリーカラムの試料注入方法。

cold on-column

injection method 
(for gas 
chromatography)

197 

コールド注入法 
(ガスクロマト

グラフの)

こーるどちゅう

にゅうほう

試料溶媒の沸点以下に保った注入口に試料を導入
するもので,熱分解・熱変性しやすい試料のための
注入法。 
注記  コールドオンカラム法及びコールドスプリ

ット注入法の場合は,カラム内に液体試料を
導入してからカラムの中で気化させる。PTV
法の場合は冷却されたライナーに試料を注
入した後,ライナーで分別気化を行い,溶媒
を系外に排出した後に分析種を気化させて
カラムに導入する。

cold injection

method

198 

ゴーレイ

Golay

の式 

ごーれいのしき

キャピラリーカラムにおけるカラム効率を,移動相
の平均線速度の関数として表した式。ファンディム
ター(Van Deemter)の式から 項を除いたものに
相当する。

HB/uCu

ここに,H:理論段相当高さ

B:カラム内の進行方向の拡散に関

係する項

C:物質移動に対する抵抗に関係す

る項。移動相中での物質移動に
対する抵抗 C

m

と固定相中での

物質移動に対する抵抗 C

s

の和と

して表す。

u:移動相の平均線速度

Golay equation


17

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

199 

固相抽出 

こそうちゅうし

ゅつ

充塡剤などを入れた固相カラムに試料を通過させ,
試料成分の単離,精製,濃縮,抽出などを行う操作。

solid phase

extraction

200 

固相マイクロ抽

 

こそうまいくろ

ちゅうしゅつ

シリンジ状ホルダーの先端部ファイバーを試料容
器中のヘッドスペース相又は溶液に入れ,分析種を
ファイバーに塗布したコーティング相に分配,吸着

をさせて抽出を行う操作。抽出後は,GC 及び LC
に直接注入することができる。 
注記  コーティング相にはポリジメチルシロキサ

ン,ポリアクリレートなどがある。

solid phase micro

extraction;

SPME

201 

固定相 

こていそう

クロマトグラフィーが行われる場の要素の一つで,

移動相と平衡状態にあり,試料成分と相互作用する
相。

stationary phase

202 

固定相液体 
(ガスクロマト

グラフィーの)

こていそうえき

たい

固定相として用いる液体。

stationary liquid (for

gas 
chromatography)

203 

固定相液体担持

 

こていそうえき

た いた んじ り

ょう

質量分率 S

c

(%)で表した固定相液体の担持量。次

の式で定義する。

su

s

s

c

100

(%)

M

M

M

S

+

=

ここに,M

s

:固定相液体の質量

M

su

:担体の質量を示す値

liquid phase load

204 

混合標準液 

こんごうひょう

じゅんえき

複数の標準物質を混合して各成分を規定の濃度に

調製した溶液。

mixed reference

solution

205 

コンスタントニ

ュートラルロ
ススキャン 

こんすたんとに

ゅ ーと らる ろ

すすきゃん

タ ン デ ム 質 量 分 析 に お け る 走 査 法 の 一 種 で ,
GC/MS,LC/MS などにおいて CID によるフラグメ
ンテーションによって特定の中性種を脱離する全
ての前駆イオン(番号 295)を検出する方法。

constant neutral loss

scan

206 

コンディショニ

ング

(カラムの)

こんでぃしょに

んぐ

a

)  ガスクロマトグラフィー:カラム購入後,最初

に用いる前にキャリヤーガスを流しながらカ

ラムを適切な温度まで上げて,固定相に残存し
ている不要成分を溶出除去及び固定相の状態
を安定化させるために行う操作。カラム使用中

でも試料など由来の不要成分が固定相に残存
する場合は,同様な操作を行う。

注記  エージングの用語を用いることは,望

ましくない。

b

)  液体クロマトグラフィー:カラム内に残留し分

析を妨害する物質を,測定条件よりも強い溶媒

強度の移動相で除外する操作,及び適切な移動
相によって固定相の官能基を測定に適した状
態に導く操作。

注記  後者の操作を,イオン交換及びアフィ

ニティーカラムではカラムの活性化と
もいう。

c

)  固相抽出用カラム:カラム内のきょう(夾)雑

成分を除外し,充塡剤を活性化させる操作。試
料の固定相表面へのぬ(濡)れ性を改善する目

的も含まれる。

conditioning


18

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

207 

コンプリヘンシ

ブ二次元クロ
マトグラフィ
 

こんぷりへんし

ぶ にじ げん く

ろ まと ぐら ふ

ぃー

包括的二次元クロマトグラフィー(番号 468)の別
称。

comprehensive two-

demensional 
chromatography

208 

サーモスプレー

法,

TSP

 

さーもすぷれー

ほう,

てぃーえすぴー

ほう

加熱ネブライザーによって噴霧・気化された試料成

分を,低真空下で,コロナ放電によってイオン化す
る方法。HPLC と MS との直結を初めて可能にした
インターフェイス。大気圧イオン化法(API 法)と

応用範囲が類似している。

thermospray

ionization method;

TSP method

209 

細孔 
(充塡剤の)

さいこう

シリカゲル,合成ポリマーなどの充塡剤担体におい

て,主に移動相との接触面積を拡大する目的によっ
て形成された,孔径が数 nm∼数十 nm の孔。

pore

210 

細孔径 

さいこうけい

多孔性物質に含まれる細孔の直径の平均値。通常
nm を単位として表す。

pore size

211 

再構成イオンク

ロマトグラム 

さいこうせいい

お んく ろま と

ぐらむ

GC/MS,LC/MS などで全イオンモニタリング,選
択イオンモニタリングなどによってコンピュータ
ーに記憶させた質量スペクトル及びクロマトグラ
ムデータに対し,特定の目的に沿った処理をして得

られるクロマトグラム。SIM(番号 57)の積算クロ
マトグラムなどが相当する。

reconstructed

ion-chromatogram;

RIC

212 

細孔分布 

さいこうぶんぷ

通常 1 g 当たりの cm

3

を単位として用いる充塡剤及

び捕集剤の細孔径ごとの細孔容量で表した保持特
性に関係する指標。

pore size

distribution

213 

細孔容積 

さいこうようせ

通常 1 g 当たりの cm

3

を単位として用いる多孔性物

質に含まれる細孔の全容積。

214 

サイズ排除クロ

マトグラフィ
 

さいずはいじょ

く ろま とぐ ら

ふぃー

固定相として非吸着性多孔質固体を用い,試料成分
の分子の大きさによって分離を行うクロマトグラ

フィー。

size exclusion

chromatography;

SEC

215 

再生液 

さいせいえき

サプレッサー(番号 218)の機能を再生,又は継続
的に維持するために用いる液体。除去液又はスカベ

ンジャー(scavenger)ともいう。

regenerant

216 

サスペンジョン

樹脂吸着形

(サプレッサー

方式の)

さすぺんじょん

じ ゅし きゅ う

ちゃくがた

イオン交換樹脂粒子を溶出液に混合して懸濁させ,

除去すべき溶離液中のイオンを吸着させて除去す
る方式。

suspension resin

adsorption type

217 

差動排気 

さどうはいき

圧力差のあるイオン化部と分析部を接続するため,
隔壁によってコンダクタンスの小さな幾つかの部

屋を設けて,その隔壁間を排気しながら数段階に分
けて徐々に真空度を上げていく排気方法。LC-MS
インターフェイスなどに利用される

differential pumping

218 

サプレッサー 

さぷれっさー

イオンクロマトグラフィーにおいて電気伝導度検
出器を用いる場合,測定するイオン種成分の検出を

損なうことなくバックグラウンドとなる電気伝導
度を低減する装置。

suppressor

219 

サプレッサー方

 

さぷれっさーほ

うしき

サプレッサーを用いて分析する方法。 suppressor

method


19

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

220 

サロゲート 

さろげーと

試料の前処理操作,分析操作の段階における収率の
補正,回収率の確認などのために添加される,分析
種と化学構造が同じ,又は類似した物質。サロゲー

ト物質ともいう。例えば,ポリクロロジベンゾフラ
ンの分析における

13

C-ポリクロロジベンゾフラン

などがある。

surrogate

221 

三次元クロマト

グラム 

さんじげんくろ

まとぐらむ

保持情報及び検出器強度情報のほかに,スペクトル
情報又は別カラムによる保持情報などを加えて三

次元で表示されるクロマトグラム。フォトダイオー
ドアレイ検出器,包括的二次元クロマトグラフィー
などから得られる。

three-dimensional

chromatogram

222 

残存シラノール

 

ざんぞんしらの

ーるき

シリカゲル表面のシラノール基をシリル化するこ
とによって化学結合形シリカゲルを調製したとき

に,残存したシラノール基。

residual silanol group

223 

サンプリング時

 

さんぷりんぐじ

かん

データ処理装置(インテグレーター)が検出器から

のデジタル化された信号を取り込む時間間隔。

sampling time; 
sampling period

224 

サンプリングレ

ート 

さんぷりんぐれ

ーと

データ処理装置(インテグレーター)が検出器から
のデジタル化された信号を 1 秒間に取り込む回数。

sampling rate

225 

サンプルインジ

ェクター 

さんぷるいんじ

ぇくたー

試料をカラムに注入するための装置。試料導入装置
の一種。

sample injector

226 

三連四重極形質

量分析計 

さんれんしじゅ

う きょ くが た

し つり ょう ぶ

んせきけい

MS/MS を行うタンデム形質量分析計の一種で,初
段及び最終段のアナライザーが四重極形の装置。 
注記  衝突誘起解離(CID)

(番号 255)を行う中間

部は四重極形電極場がオリジナルの形であ
るが,六重極形,八重極形などもある。

triple quadruploe

mass spectrometer

227 

ジアステレオマ

 

じあすてれおま

分子内に二つ以上のキラリティーをもつ鏡像異性
体以外の立体異性体。

diastereomer

228 CID 

しーあいでぃー

衝突誘起解離(番号 255)の略称。 collision-induced

dissociation

229 g-

ファクター 

じーふぁくたー

同じ波長の CD(円二色性)の信号を UV(UV 吸収)
の信号で除した値。

g-factor

230 

紫外可視吸光光

度検出器 

しがいかしきゅ

う こう こう ど

けんしゅつき

紫外可視光領域の吸光度に基づく高速液体クロマ
トグラフ用検出器。

ultraviolet-visible

absorption detector

231 

示差屈折率検出

 

しさくっせつり

つ けん しゅ つ

移動相溶液の屈折率変化を屈折率の差として測定
する高速液体クロマトグラフ用検出器。

refractive index

detector;

RID

232 

四重極形質量分

析計 

しじゅうきょく

が たし つり ょ

う ぶん せき け

直流と高周波とを重ね合わせた電圧を,双曲線又は
それに相当する断面(多くの場合円柱で代用され

る。

)をもつ平行な 4 本の電極柱に印加し,この四

重極電場によって,イオンを m/値に応じて分離す
る方式の質量分析計。

quadrupole mass

spectrometer;

Q-MS

233 

システムピーク 

しすてむぴーく

試料成分の保持によって固定相からはじき出され
た溶離剤成分の溶出に伴うピーク。溶離液(移動相)

中に含まれる溶離剤の数だけピークが検出される。

system peak


20

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

234 

実効理論段数 

じっこうりろん

だんすう

空間補正保持時間を用いて実際のカラム効率を定
義したもの。

N

eff

=5.54(t'

R

/W)

2

N [k/(k+1)]

2

ここに,N

eff

:実効理論段数

t'

R

:空間補正保持時間

W:ピーク幅 
N:理論段数 
k:保持係数

effective theoretical

plate number

235 

実効理論段相当

高さ 

じっこうりろん

だ んそ うと う

たかさ

カラム長さを実効理論段数で除した値。

height equivalent to

an effective plate

236 

質量校正 

しつりょうこう

せい

LC/MS,GC/MS などで得られるマススペクトルの
横軸(質量電荷比:m/z)の目盛を校正する調整操

作。

mass calibration

237 

質量電荷比 

しつりょうでん

かひ

イオンの質量を統一原子質量単位で除して表した

イオンの質量(m)と電荷数(z)との比。m/z(番
号 69)ともいう。マススペクトルの横軸は質量電荷
比によって表す。

mass to charge ratio

238 

質量分解能 

しつりょうぶん

かいのう

質量分析計において m/z(番号 69)の異なる質量ピ
ークを区別できる尺度となる数値。マススペクトル
の任意の質量ピーク m/z及び m/zMΔM の 2

本のピークは区別できるが m/の差が ΔM より小さ
いときは区別できないとき,RM/ΔM をこの装置
の質量分解能とする。 
注記  質量分解能の計算はピークの半値幅(FWHM;

full width at half maximum)から求めるものと
隣接したピーク間の重なりの度合い(10 %谷

など)から求めるものがある。

mass resolving

power;

mass resolution

239 

質量分析 

しつりょうぶん

せき

原子,分子などをイオン化し,生成したイオンを真

空中でその m/値ごとに分離し,検出を行うことに
よって物質の質量及びその量に関わる情報を得る
分析手法。

mass spectrometry; 
MS

240 

質量分析計 

しつりょうぶん

せきけい

質量分析を行う装置。 mass

spectrometer;

MS

241 

質量分析部 

しつりょうぶん

せきぶ

質量分析計において,イオンの m/分離が行われる
部分。

mass analyzer

242 

質量平均分子量 

しつりょうへい

き んぶ んし り

ょう

分子の質量の総量で平均をとる方法で求めた分子
量。重みつき平均値。

=

=

×

×

=

1

1

2

w

)

(

)

(

i

i

i

i

i

i

M

N

M

N

M

ここに,M

w

:質量平均分子量

M

i

:成分 i 分子量

N

i

:分子量 M

i

の分子数

注記  従来は重量平均分子量と呼んでいた。

mass-average

molecular mass

243 

磁場形質量分析

 

じばがたしつり

ょ うぶ んせ き

けい

磁場を用いてイオンを m/値に応じて分離する方式

の質量分析計。高分解能 GC/MS としてダイオキシ
ン分析などに用いられている。

magnetic sector mass

spectrometer


21

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

244 

試薬ガス 

しやくがす

化学イオン化法において試料分子をイオン化する
ために用いるガス。通常,高純度のメタン,イソブ
タン,アンモニアなどを用いる。

reagent gas

245 

充塡カラム 

じゅうてんから

充塡剤を充塡したカラム。 packed

column

246 

充塡剤 

じゅうてんざい

クロマトグラフィー管に固定相として充塡する物

質。主に,粒子,表面修飾した粒子及び連続構造の
モノリス材(番号 504)がある。カラム充塡剤とも
いう。

column packing; 
packing material

247 

主カラム, 
メインカラム 
(ガスクロマト

グラフィーの)

しゅからむ,

めいんからむ

プレカット法(番号 436)において,不要なフラク
ションを除去した試料を送り込んで,必要な成分の

分離を行うためのカラム。プレカラムと対にして用
いる。

main column

248 

順相液体クロマ

トグラフィー 

じゅんそうえき

た いく ろま と

ぐらふぃー

順相クロマトグラフィー(番号 249)の別称。

normal phase liquid

chromatography

249 

順相クロマトグ

ラフィー 

じゅんそうくろ

ま とぐ らふ ぃ

極性化合物又は極性基を導入した固定相を用い,非
極性移動相又は固定相より極性の低い移動相を用
いて行うクロマトグラフィー。

normal phase

chromatography

250 

純補正保持容量,
全補正保持容量 

じゅんほせいほ

じようりょう,

ぜんほせいほじ

ようりょう

カラムにおける圧力降下を補正した空間補正保持
容量。空間補正保持容量 V

R

'に圧力勾配補正因子 j

を乗じた V

N

jV

R

'によって定義する。

net retention volume

251 

昇温気化注入法 

しょうおんきか

ち ゅう にゅ う

ほう

試料溶媒の沸点以下に保った気化室へ試料を注入

後,急速に加熱して,スプリット方式又はスプリッ
トレス方式で溶質をカラムへ導入するキャピラリ
ーカラム用試料注入法。

programmed

temperature 
vaporizing (PTV) 
injection

252 

昇温速度 

しょうおんそく

昇温分析におけるオーブン温度の時間に対する変
化率。℃/min によって表す。

programming rate

253 

昇温分析 
(ガスクロマト

グラフィーの)

しょうおんぶん

せき

設定したプログラムに従ってオーブンの温度を上
昇させながら行うガスクロマトグラフィー。

programmed

temperature gas 
chromatography

254 

上昇展開, 
上昇クロマトグ

ラフィー 

じょうしょうて

んかい,

じょうしょうく

ろ まと ぐら ふ

ぃー

薄層クロマトグラフィー(番号 392)又はペーパー
クロマトグラフィー(番号 465)において,移動相

を上方に向けて移動させることによるクロマトグ
ラフィー展開。

ascending

development;

ascending

chromatography

255 

衝突誘起解離, 
CID 

しょうとつゆう

きかいり,

しーあいでぃー

運動エネルギーをもったイオンがターゲットガス

と衝突し,衝突エネルギーの一部が内部エネルギー
に変換され励起することによってイオンの解離が
起こる現象。タンデム質量分析において,イオンの

フラグメンテーションを起こさせるときに主とし
て用いる。衝突活性解離(CAD)ともいう。

collision-induced

dissociation;

CID

256 

蒸発光散乱検出

 

じょうはつひか

り さん らん け

んしゅつき

移動相を蒸発させて分析種を球状微粒子とし,これ

に光照射を行うことによって生じる散乱光の強度
を計測する高速液体クロマトグラフ用検出器。

evaporative light

scattering detector

257 

蒸留ガスクロマ

トグラフィー 

じょうりゅうが

す くろ まと ぐ

らふぃー

石油製品の炭化水素組成を昇温ガスクロマトグラ
フで分析し,温度留分組成を推定又は定量するため
の手法。

distillation gas

chromatography


22

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

258 

死容量 

しようりょう

デッドボリューム(番号 351)の別称。 
注記  死容量,デッドボリュームの用語を用いるこ

とは,望ましくない。カラム外容積(番号 121)

又はホールドアップボリューム(番号 471)
の用語の方が望ましい。

dead volume

259 

助燃ガス 
(ガスクロマト

グラフィーの)

じょねんがす

燃料ガスを燃焼させるために供給する空気及び酸
素の総称。

supporting gas

260 

シラノール基 

しらのーるき

けい素原子に水酸基が結合した基。 
注記  (−Si−OH)で示す。

silanol group

261 

シリカゲル 

しりかげる

SiO

2

・nH

2

O で示す非晶質のけい酸。合成品と天然品

とがある。

silica gel

262 

試料負荷容量 

しりょうふかよ

うりょう

カラム性能を損なわずにカラムに注入できる試料
の最大量。注入する試料の量を増加したときに,特
定成分のカラム性能を表す指標が 10 %低下すると

きの 1 成分当たりの試料の質量。

指標には理論段数,

理論段相当高さなどを用いる。 
オーバーロード(番号 88)を参照。

sample capacity

263 

試料負荷量 
(カラムの)

しりょうふかり

ょう

カラムへ導入される試料の量。 
注記  注入した試料の全量がカラムに導入される

場合は試料注入量と同義である。分取クロマ
トグラフィー及び固相抽出では,試料負荷量
の用語を用いるのが望ましい。

loading amount; 
loading volume; 
sample volume; 
sample amount

264 

シリル化 

しりるか

有機化合物上の活性な水素を 3 置換シリル基−
Si(R

1

)(R

2

)(R

3

)によって置換する反応。

silylation

265 

シリンジスパイ

 

しりんじすぱい

分析種の濃度,サロゲート(番号 220)の回収率な
どを求める際に,分析装置に導入する測定試料の量

を補正するために,前処理した試料に加える内標準
物質。

syringe spike

266 

シリンジポンプ 

しりんじぽんぷ

あらかじめシリンダー中に満たした移動相を,一定

速度で動くピストンによって吐出させるポンプ。

syringe pump

267 

親水性相互作用

クロマトグラ
フィー,

HILIC

しんすいせいそ

う ごさ よう く

ろ まと ぐら ふ

ぃー,

ひりっく

親水性固定相と大部分が有機溶媒である疎水的な

移動相との組合せによるクロマトグラフィー。 
注記  順相クロマトグラフィー(番号 249)の一種

とされている。逆相モードでは保持されにく

い高親水性物質の分離分析に適する。HILIC
モードとも称されている。

hydrophilic

interaction 
chromatography

268 

浸透制限形充塡

 

しんとうせいげ

ん がた じゅ う

てんざい

生体高分子の細孔内部への浸透を抑制し,共存する
低分子化合物は細孔内の固定相に保持させ分離す
る充塡剤。サイズ排除クロマトグラフィー(番号
214)の原理に基づき,生体高分子の細孔内部への
浸透を制限し,これをホールドアップタイムに溶出
させる。

restricted access

media;

RAM


23

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

269 

シンメトリー係

 

しんめとりーけ

いすう

クロマトグラム上のピークの対称性の度合いを示
す係数。テーリング係数ともいう。通常,ピーク高
さの 1/20 の高さにおけるピーク幅(W

0.05h

)を用い

て,次の式によって求める。

SW

0.05h

/2f

ここに,S:シンメトリー係数

W

0.05h

:ベースラインからピーク高さ

の 1/20 の高さにおけるピー
ク幅

f:ピーク頂点からベースラインに下

ろした垂線で W

0.05h

のピーク幅を

二分したときのピークの立ち上が
り側の幅

symmetry factor

270 

水素炎イオン化

検出器 

すいそえんいお

ん かけ んし ゅ

つき

水素の燃焼熱によって有機化合物の骨格炭素をイ
オン化し,そのときのイオン電流を測定するガスク

ロマトグラフ用検出器。

flame ionization

detector;

FID

271 

数平均分子量 

すうへいきんぶ

んしりょう

高分子中の各分子の総和を全分子数で除した算術
平均。高分子物質の全体の質量をその中に含まれる

全分子数で除した値に等しい。

=

=

×

=

1

1

n

)

(

i

i

i

i

i

N

M

N

M

ここに,M

n

:数平均分子量

M

i

:成分 i の分子量

N

i

:分子量 M

i

の分子数

number-average

molucular mass

272 

スキマー 

すきまー

頂点に微細な孔を開け,孔の周辺部が薄く作られた
円すい状の部品。低真空部と高真空部との隔壁とし
て用いられ,電圧を印加して荷電粒子を効率的に質

量分離部へ輸送する機能部品。

skimmer

273 

スターバー抽出 

すたーばーちゅ

うしゅつ

か く は ん 子 の 外 側 に ポ リ ジ メ チ ル シ ロ キ サ ン
(PDMS)などを塗布したスターバーを試料溶液中

で回転させ,分析種を PDMS 相に分配,濃縮する操
作。

stir bar sorptive

extraction

274 

ステップワイズ

溶離 

すてっぷわいず

ようり

移動相の組成を段階的に変化させながら溶質を溶
出させる操作。

stepwise elution

275 

スナイダーの溶

媒強度 

すないだーのよ

う ばい きょ う

Snyder によって,芳香族炭化水素化合物の液固クロ
マトグラフィーのデータ(各成分の固定相上への吸
着表面積,溶媒自身の吸着エネルギーなど)から算

出した溶媒強度パラメーター。

Snyder's solvent

strength parameter

276 

スプリッター 

すぷりったー

分離カラムの前又は後で,移動相を分割する器具。 splitter

277 

スプリット注入

(ガスクロマト

グラフィーの)

すぷりっとちゅ

うにゅうほう

カラムの試料負荷容量を超えないように,注入した
試料の一部をキャピラリーカラムに導入する試料
注入法。 
注記 GC の気化注入法では,試料を気化させキャ

リヤーガスと混合させた後に,その一部をカ
ラムに導入し,大部分は気化室に設けた分岐

ラインから排出させる。

split injection

method (for gas 
chromatography)


24

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

278 

スプリット比 

すぷりっとひ

GC 及び LC のキャピラリーカラム分析において,
カラムに流される移動相の流量と,スプリットベン
トへ廃棄される流量との比,又は供給される移動相

の総量とカラムに流される移動相の流量との比。 
注記 GC のスプリット注入法では,カラムに導入

される試料量の目安として使用される。LC

では,主にポンプの送液可能な流量よりも少
ない量の移動相を,抵抗分割してカラムに送
るときに利用される。

split ratio

279 

スプリットレス

注入法

(ガスクロマト

グラフィーの)

すぷりっとれす

ち ゅう にゅ う

ほう

気化した試料の大部分がキャリヤーガスによって
カラムに移送された後に,気化室に残留する溶媒な

どを系外に排出するキャピラリーカラムの試料注
入法。 
注記  スプリット法に対し,スプリットを行わない

という意味であり,必ずしも試料の全量がカ
ラム導入されるとは限らない。

splitless injection

method (for gas 
chromatography)

280 

正イオン 

せいいおん

正の電荷をもつイオン。GC/MS では M

,フラグメ

ントイオンなど,LC/MS では[M+H]

,[M+Na]

などが主として観測される。

positive ion

281 

正イオン化学イ

オン化 

せいいおんかが

くいおんか

正の反応イオンとイオン化室内に導入された試料
分子との間のイオン分子反応によって正イオンを

生成させるイオン化法。イオン化室をメタンなどの
試薬ガスを用いて満たし,電子線などを照射して正
の反応イオンを生成させる。

positive ion chemical

ionization;

PICI

282 

生成イオン 

せいせいいおん

プロダクトイオン(番号 442)の別称。 product

ion

283 

赤外分光検出器 

せきがいぶんこ

う けん しゅ つ

赤外光の吸収を利用して成分を検出する検出器の

総称。GC,HPLC 及び SFC に用いる。 
分散形分光計と干渉形(フーリエ変換)分光計とが
ある。

infrared

spectrometer

284 

積分分子量分布

曲線 

せきぶんぶんし

り ょう ぶん ぷ

きょくせん

横軸が logMは分子量)で縦軸が分子量に対す
る累積質量%で表したグラフ。全体を 100 とする代

わりに 1 とした累積質量分率で表すこともある。

cumulative

molecular mass 
distribution curve

285 

絶対検量線法 

ぜったいけんり

ょうせんほう

分析種と同じ成分の既知濃度の試料から得たクロ

マトグラム上のピーク面積又はピークの高さから
求めた検量線を用い,試料中の分析種の濃度又は量
を求める方法。外標準法ともいう。

absolute calibration

curve method


25

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

286 

セパレーション

インピーダン
 

せぱれーしょん

い んぴ ーだ ん

1 理論段を得るのに必要な圧力及び 1 理論段を得る
のに必要な分析時間から表す高速液体クロマトグ
ラフィー用カラムの性能を示す指標。

K

H

N

t

N

P

N

Pt

E

2

0

2

0

1

=





Δ

=

Δ

=

η

η

ここに,E:セパレーションインピーダンス

ΔP:分離カラムの圧力損失 
t

0

:保持されないで移動相と同じ速

度でカラムを通過する成分の保
持時間

η:移動相の粘度 
N:理論段数 
H:理論段相当高さ 
K:カラムの透過率

ここに,

K=(FηL)/(πr

2

ΔP)

F:移動相の流速 
L:カラム長さ 
r:カラム半径

separation

impedance

287 

セパレーター 
(GC-MS の)

せぱれーたー

ガスクロマトグラフ−質量分析計(GC-MS)におい
て GC 側で充塡カラムを用いる場合,GC からの溶

出成分を MS 側の真空を保ちつつ効率的に MS 側に
移送させるためのインターフェイス。

separator

288 

セプタム 

せぷたむ

シリンジを用いての試料の採取及びクロマトグラ
フへの注入のため,試料容器又は注入口に用いるゴ
ム製のシール材。

septum

289 

セプタムパージ 
(ガスクロマト

グラフ注入口

の)

せぷたむぱーじ

セプタムに起因しカラムを汚染する物質を,セプタ
ム部分を 2 cm

3

/min∼5 cm

3

/min 程度のキャリヤーガ

スでパージし系外に排出する方法又は流路。

septum purge

290 

セプタム方式 
(試料注入の)

せぷたむほうし

弾性ゴム体のセプタムを介して試料をマイクロシ

リンジなどで注入する方式。

septum injection

type

291 

セプタムレス方

(試料注入の)

せぷたむれすほ

うしき

a)

送液を止めて試料導入口の栓を外し,試料の一

定量を計量管,マイクロシリンジなどで直接カ
ラムに導入する液体クロマトグラフの試料注
入方式。

b)

バルブ機構をもつシール部を介し,マイクロシ
リンジによって一定量の試料を導入するガス
クロマトグラフの試料注入方式

septumless injection

type

292 

セミミクロカラ

 

せみみくろから

液体クロマトグラフィーにおける,内径が 1 mm∼3 
mm 程度のカラムの総称。移動相の消費量を抑制で
きる利点をもつ。

semi-micro column

293 

全イオン電流ク

ロマトグラム 

ぜんいおんでん

り ゅう くろ ま

とぐらむ

GC/MS,LC/MS などにおいて,取得したマススペ
クトルから求められる全イオン電流値(total ion 
current)を保持時間に対してプロットしたクロマト
グラム。

total ion current

chromatogram;

TICC

294 

全イオンモニタ

リング,

全イオン検出 

ぜんいおんもに

たりんぐ,

ぜんいおんけん

しゅつ

GC/MS,LC/MS などでイオン源で生じた全イオン,
又は特定範囲の m/のイオンを積算して連続的にモ
ニタリングする方法。

total ion monitoring;
TIM

295 

前駆イオン

ぜんくいおん

プリカーサーイオン(番号 433)の別称。 precursor

ion


26

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

296 

旋光度モニタリ

ング 

せんこうどもに

たりんぐ

旋光度検出高速液体クロマトグラフによって,光学
活性成分をモニタリングする方法。

optical rotation

monitoring

297 

線速度 

せんそくど

移動相がカラム内を単位時間当たりに進む長さ。 
注記 GC,SFC,又は高圧 HPLC では,カラムの入

口側と出口側とでは移動相の圧縮によって

線速度が異なるので,平均値で示す。

linear velocity

298 

選択イオンモニ

タリング,

選択イオン検出 

せんたくいおん

もにたりんぐ,

せんたくいおん

けんしゅつ

GC/MS,LC/MS などで選択した特定の質量電荷比
m/z)のイオンを連続的にモニタリングする方法。

selected ion

monitoring;

SIM

299 

選択反応モニタ

リング,

選択反応検出 

せんたくはんのう

もにたりんぐ,

せんたくはんの

うけんしゅつ

GC/MS/MS,LC/MS/MS などで特定のプリカーサー
イオンを選択し,その衝突誘起解離(番号 255)に
よって生じる特定のプロダクトイオンを連続的に

モニタリングする手法。

selected reaction

monitoring;

SRM

300 

全多孔性充塡剤 

ぜんたこうせい

じ ゅう てん ざ

内部まで開孔している多孔性粒子から成る充塡剤。 totally

porous

packing

301 

前端クロマトグ

ラフィー,

先端クロマトグ

ラフィー 

ぜんたんくろま

とぐらふぃー,

せんたんくろま

とぐらふぃー

移動相に変えて試料を連続的にカラムに注入した

場合,カラムとの相互作用の低い成分から階段状に
順に流出する現象を利用する分析法。試料に切り替
えてから溶出し始めるまでの時間又は容量から定

性分析,階段の高さから定量分析を行う。

frontal

chromatography

302 

相対感度 

そうたいかんど

基準とする成分の単位量当たりのピーク面積又は

高さに対する,対象成分の単位量当たりのピーク面
積又は高さの比。

relative sensitivity

303 

相対保持時間 

そうたいほじじ

かん

一定の分離条件における,基準とする成分の空間補
正保持時間と対象成分の空間補正保持時間との比。

relative retention

time

304 

相比 
(ガスクロマト

グラフィーの)

そうひ

カラム中の固定相体積に対する移動相体積の割合。

中空カラムの場合は,次の式によって示す。

βr/2d

f

ここに,r:カラム半径

d

f

:固定相の膜厚

phase ratio

305 

層流 

そうりゅう

規則的な流線をもち,隣接する部分が混ざり合うこ
となく層状に動く流体の流れ。

laminar flow

306 

疎水性相互作用

クロマトグラ
フィー,

HIC 

そすいせいそう

ご さよ うく ろ

ま とぐ らふ ぃ

ー,

えいちあいしー

たんぱく質,界面活性剤など分子内に疎水性部位を
もつ化合物を,固定相に導入した疎水基との間の疎
水性相互作用を利用して分離するクロマトグラフ

ィー。

hydrophobic

interaction 
chromatography;

HIC

307 

疎溶媒性理論 

そようばいせい

りろん

溶媒中にキャビティーを形成して,その中に溶質,
固定相の炭化水素及び溶質と固定相炭化水素鎖と

の間の会合体を収めるとともに溶媒分子との相互
作用自由エネルギーを計算して,保持を説明する理
論。

solvophobic theory

308 

対イオン

a)

(イオン交換分

離の)

たいいおん

イオン交換体のイオン交換基についているイオン。
イオン交換分離において,目的のイオンと同じ符号

の電荷をもつイオン。対抗イオンともいう。 

a)

  番号 336 の対イオン(ついいおん)とは異な

る。

counter ion

309 

ダイオードアレ

イ検出器 

だいおーどあれ

いけんしゅつき

フォトダイオードアレイ検出器(番号 423)の別称。

  diode array detector;

DAD


27

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

310 

大気圧イオン化 

たいきあついお

んか

大気圧下でイオンを生成するイオン化法の総称。 
注記  通常 LC-MS に用いる。エレクトロスプレー

イオン化及び大気圧化学イオン化は,大気圧

イオン化の一種。

atmospheric pressure

ionization;

API

311 

大気圧化学イオ

ン化,

APCI 

たいきあつかが

くいおんか,

えーぴーしーあ

大気圧イオン化の一つで,通常大気圧スプレーによ

って生成した気体試料を,コロナ放電によって生じ
たイオン種(溶媒由来のイオン)と反応させてイオ
ン化する方法。

atmospheric pressure

chemical 
ionization;

APCI

312 

大容量注入 

だいようりょう

ちゅうにゅう

GC において容量の大きいシリンジの使用又は複数
回の注入によって,試料溶液を 10

μL∼1 000 μL 程

度注入する方法。PTV 注入法(番号 408)などが相
当する。

large volume

injection

313 

多価イオン 

たかいおん

複数の電荷をもつイオン。M

3

,[M+5H]

5

,[M−

5H]

5

など。

注記  エ レ ク ト ロ ス プ レ ー イ オ ン 源 を 装 着 し た

LC-MS でたんぱく質などを測定すると,[M
+5H]

5

のようにプロトンが複数付加した多

価イオンが主として生成する。

multiply charged ion

314 

多次元クロマト

グラフィー 

たじげんくろま

とぐらふぃー

複数種類のクロマトグラフィー,分離モード,カラ
ムなどを順次用いることによって多成分を分離す
る手法。

multidimensional

chromatography

315 

多次元分離 

たじげんぶんり

分離機構の異なる固定相又は移動相を複数組み合
わせて行うクロマトグラフィー。

multidimensional

separation

316 

脱気装置 

だっきそうち

減圧などの物理的手段によって移動相中の溶存気
体を低減するための装置。

degas chamber

317 

脱プロトン化分

 

だつぷろとんか

ぶんし

中性分子 M からプロトン H

が脱離して生成する負

イオン[M−H]

。エレクトロスプレーイオン化法

(ESI 法)

(番号 78)

又は大気圧化学イオン化

(APCI)

(番号 311)の負イオン測定で典型的に観測される。

deprotonated

molecule

318 

脱溶媒ガス 

だつようばいが

ESI イオン源において,帯電液滴の脱溶媒に用いる
ガス。通常,窒素ガスを用いる。

desolvation gas

319 

多波長検出器 

たはちょうけん

しゅつき

多波長同時検出を行い分析種の保持時間と吸光度

に加えて吸収スペクトルの情報を得るもの。三次元
クロマトグラムが描ける。分光部は吸光セルの後に
置かれる。フォトダイオードアレイ検出器参照。

multi-wavelength

detector

320 

多分散度 

たぶんさんど

二つの平均分子量の比で表し,分子量分布の幅を示
す値。次の式によって示す。

n

w

/M

M

d

=

ここに,d:多分散度

M

w

:質量平均分子量

M

n

:数平均分子量

例えば,d=1 の場合を単分散といい,数平均分子量

と質量平均分子量とは等しくなる。

polydispersity

321 

ダミーカラム 

だみーからむ

プレカット法(番号 436)又はバックフラッシュ法

(番号 395)において,流路を切り替えても移動相
の流量に変化のないよう,プレカラム及び分離カラ
ムと等価の流路抵抗をもつように作られた管。多く

は適切な担体,充塡剤などを充塡した管。

dummy column

322 

担体 

たんたい

分配クロマトグラフィー(番号 454)用充塡剤にお
いて,固定相液体を担持するために用いる支持体。

support


28

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

323 

タンデム質量分

 

たんでむしつり

ょうぶんせき

イオン源で生成した様々なイオン種を,衝突誘起解
離(CID)

(番号 255)を利用して分解し,生成する

特定イオン種から元のイオン種などを検出する測

定法。 
注記  2 台の質量分析計を接続した MS/MS 装置を

用いる方法をタンデム・イン・スペース(空

間形)といい,また 1 台で MS/MS 装置とし
ての機能をもつ装置を用いる方法をタンデ
ム・イン・タイム(時間形)という。

tandem mass

spectrometry

324 

タンデム質量分

析計,

MS/MS 

たんでむしつり

ょうぶんせき

けい,

えむえす/えむ

えす

タンデム質量分析を行う装置。MS/MS 装置ともい
い,種々の形式がある。

tandem mass

spectrometer

325 

段理論 

だんりろん

溶質の分離を,理論上多分割したカラム部位又は蒸

留塔から説明した理論。

plate theory

326 

中空カラム 

ちゅうくうから

充塡剤を充塡しないで,固定相となる物質を内壁に

保持した中空状のカラム。 
WCOT カラム(番号 41)を参照。

open tubular column

327 

抽出イオンクロ

マトグラム 

ちゅうしゅつい

お んく ろま と

ぐらむ

GC/MS,LC/MS などにおいて TIM,SIM などの測
定によって得られたマススペクトル又はクロマト
グラムデータに対し,特定の目的に沿った処理をし
て得られるクロマトグラム。 
注記  マスクロマトグラム(番号 489),SIM(番号

57,298)の積算クロマトグラムなどが相当
する。

extracted ion

chromatogram

328 

抽出率 

ちゅうしゅつり

a)

液液抽出の場合:試料中の分析種が,溶媒抽出
操作によって抽出される割合(E

A

b)

固相抽出,分取クロマトグラフィーの場合:当
該操作によって試料中の分析種又は目的成分
が抽出される割合。

EAQ

A

/Q

A

ここに,E

A

:抽出率

Q

A

:抽出された A 成分の量

Q

A

’:元の試料中に存在する A 成分

の量

a) extractability

in

solvent 
extraction

b) fraction

extracted

329 

超高速液体クロ

マトグラフィ
 

ちょうこうそく

え きた いく ろ

ま とぐ らふ ぃ

粒子径 2  μm 前後の微細充塡剤を用いることによっ

て,高速化,高分離化をはかった高速液体クロマト
グラフィー。

ultra high

performance liquid 
chromatography

330 

調整保持時間 

ちょうせいほじ

じかん

空間補正保持時間(番号 159)の別称。 adjusted

retention

time

331 

調整保持容量 

ちょうせいほじ

ようりょう

空間補正保持容量(番号 160)の別称。 adjusted

retention

volume

332 

超臨界流体 

ちょうりんかい

りゅうたい

ある物質の相図において,臨界温度,臨界圧力をと
もに超えた領域に存在する流体。

supercritical fluid

333

超臨界流体クロ

マトグラフィ
ー,

SFC 

ちょうりんかい

り ゅう たい く

ろ まと ぐら ふ

ぃー,

えすえふしー

超臨界流体を移動相に用いるクロマトグラフィー。 supercritical

fluid

chromatography;

SFC


29

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

334

超臨界流体抽出,
SFE 

ちょうりんかい

り ゅう たい ち

ゅうしゅつ,

えすえふいー

超臨界流体(番号 332)を抽出媒体に用いる抽出方
法。

supercritical fluid

extraction;

SFE

335

直接注入法 

ちょくせつちゅ

うにゅうほう

a)

試料を加熱した気化室に注入して,瞬間気化さ
せた後,カラムへ全量導入するキャピラリーカ

ラム用試料注入方法。

b)

血清試料などを前処理しないで直接 HPLC 装置
に注入する試料導入方法。

direct injection

method

336

対イオン

b)

ついいおん

対象とするイオン性の物質と逆の電荷をもち,イオ
ン対を形成するイオン性の物質。 

b)

  番号 308 の対イオン(たいいおん)とは異な

る。

counter ion

337

低圧グラジエン

 

ていあつぐらじ

えんと

移動相送液ポンプによって加圧する前段において,
様々な方法によって移動相を構成する複数の液の
混合比を連続又は段階的に変えるグラジエント溶

離方式。

low-pressure

gradient method

338

定圧モード 

ていあつもーど

GC において注入口にかかるキャリヤーガス圧力を
一定にして測定するモード。

constant pressure

mode

339

TICC 

てぃーあいしー

しー

全イオン電流クロマトグラム(番号 293)の略称。  total ion current

chromatogram

340

低角度光散乱検

出器 

ていかくどひか

り さん らん け

んしゅつき

溶出液に光(レーザー光)を照射し,低い角度で同
じ波長の散乱光(レイリー散乱)を連続的に検出す

る検出器。散乱光の強度は,微粒子の数及び大きさ
の関数となり,質量平均分子量を求めることができ
る。 
注記  検知器の配置には,一つ又は複数の角度に配

置した低角 1 角度形検出器,90 度及び低角度
の両方を検出する 2 角度形,3 角度形,多角

度形などの装置もある。

low angle laser light

scattering 
photometer;

LALLS

341

ディスクリミネ

ーション

(ガスクロマト

グラフィーの)

でぃすくりみね

ーしょん

GC において,広い沸点範囲の試料を注入したとき
に,注入した試料の組成とカラムに入った試料の組
成が変わる事象。シリンジ針先での分別蒸留現象,
注入口での不均一な気化,拡散などに起因する。

discrimination

342

定組成溶離 

ていそせいようり

イソクラティック溶離(番号 29)の別称。 isocratic

elution

343

定流量モード 

ていりゅうりょ

うもーど

GC においてカラムを流れるキャリヤーガス流量を
一定にして測定するモード。

constant flow mode

344

定量イオン 

ていりょういお

GC/MS,LC/MS などで SIM クロマトグラム(番号
58)などを用いて定量を行う際に用いる分析種に特
有の m/をもつイオン。

target ion

345

定量限界 

ていりょうげん

かい

試料に含まれる分析対象物の定量が可能な最低及
び最大の量又は濃度。 
注記  定量が可能な最低の量及び濃度を定量下限

という。定量限界が示す間を定量範囲とい
う。

determination limit

346

デェアンズ

Deans

スイ

ッチング法 

でぇあんずすい

っちんぐほう

カラムスイッチング法及び多次元クロマトグラフ

ィーにおいて,圧力差を利用して移動相の流れの方
向を変える手法。

Deans switching

method


30

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

347

データ処理装置 
(クロマトグラ

フィーの)

でーたしょりそ

うち

デジタル化されたクロマトグラムのデータを専用
のソフトウェアで処理し,ピークの高さ,面積,定
量結果などを出力する専用の解析装置。

data system

348

テーリング 

てーりんぐ

ピークの後部がすそを引いている現象。 tailing

349

テーリング係数 

てーりんぐけい

すう

シンメトリー係数(番号 269)の別称。 tailing

factor

350

デッドタイム 

でっどたいむ

試料導入時からカラムに保持されない成分のピー
クの頂点が現れるまでの時間。 
注記  試料導入装置,配管,検出器などのカラム外

容積及びカラムの空隙容量が関係する。ホー
ルドアップタイム(番号 470)ともいう。ホ

ールドアップタイムの用語を用いるのが望
ましい。

dead time

351

デッドボリュー

 

でっどぼりゅー

a)

カラム,試料導入部,検出器,配管接続部など

において移動相が占める空間容量。

b)

ホールドアップボリュームの別称。ホールドア
ップボリュームの用語を用いるのが望ましい。

dead volume

352

展開 

てんかい

クロマトグラフィーにおいて,適切な液体又は気体
を固定相に接して流し,バンド状又はスポット状に

分布した物質を移動させて,それぞれに分離させる
操作。

development

353

展開溶媒 

てんかいようば

ペーパークロマトグラフィー(番号 465)又は薄層
クロマトグラフィー(番号 392)における移動相溶
媒。

development solvent

354

電気化学検出器 

でんきかがくけ

んしゅつき

一定の電位を印加した作用電極において,分析種の
酸化及び還元反応によって生じた電流を測定する

高速液体クロマトグラフ用検出器。

electrochemical

detector;

ECD

355

電気クロマトグ

ラフィー 

でんきくろまと

ぐらふぃー

カラムの両端の軸方向に電圧をかけ,電気浸透流を
生起させて分離する手法。

electrochromatograp

hy

356

電気伝導度検出

(液体クロマト

グラフィーの)

でんきでんどう

ど けん しゅ つ

電気伝導度に基づく高速液体クロマトグラフ用検
出器。

electric conductivity

detector

357

電気伝導度検出

器,

ELCD

(ガスクロマト

グラフィーの)

でんきでんどう

ど けん しゅ つ

き,

いーえるしーで

ぃー

カラムからの溶出成分を加熱した反応管に導入し,
生成したガスを直接又は溶液に吸収後,その電気伝
導度を測定することで各成分を検出するガスクロ

マトグラフ用検出器。

electric conductivity

detector;

ELCD

358

電子イオン化, 
EI 

でんしいおんか,

いーあい

真空下で数 10 eV 以上のエネルギーをもつ電子を試
料成分に照射し,その運動エネルギーの一部を付与
してイオン化する方法。

electron ionization; 
EI

359

電子式流量制御 

でんししきりゅ

う りょ うせ い

ぎょ

GC において用いる種々のガスの流れを圧力センサ
ーを用いて計測し,その流量を電子的に制御する方
式。

electric pneumatic

control

360

電子捕獲検出器 

でんしほかくけ

んしゅつき

放射性同位元素からの β 線又は高エネルギーの光
照射によって生成する自由電子,又は放電で発生す

る光子によって生成する自由電子が,ハロゲン,ニ
トロ基などをもつ電子親和性の高い有機化合物に
捕獲される現象を利用したガスクロマトグラフ用

検出器。

electron capture

detector;

ECD


31

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

361

電量検出器 

でんりょうけん

しゅつき

電解(酸化又は還元)される成分の電解電流が,そ
の成分の移動相中の量に比例することを利用した
高速液体クロマトグラフ用電気化学検出器。 
注記  電極上で分析種のほぼ 100 %を電解し,面積

値が分析種の電解電気量を示す特徴がある。

coulometric detector

362

同位体希釈法, 
安定同位体希釈

 

どういたいきし

ゃくほう,

あんていどうい

た いき しゃ く

ほう

質量分析計を用いる定量分析において,同位体標識
した分析種と同じ物質を一定量添加し,前処理操作
(分離)後に同位体の存在比を測定して,もともと

存在した物質の量を推定する方法。 
注記  基準分析法(検量線なしで物質を定量できる

方法で一次分析法ともいう。

)の一つである。

isotope dilution

method;

stable isotope

dilution method

363

導電率セル 

どうでんりつせ

流体の電気伝導率(又は抵抗率)を測定するのに用
いる容器。

conductivity cell

364

内標準物質 

ないひょうじゅ

んぶっしつ

分析種と化学的性状が類似し,そのピークが分析種
のピークの位置になるべく近く,試料中の成分ピー

クとも完全に分離する安定な濃度既知の物質。

365

内標準法 

ないひょうじゅ

んほう

一定濃度の内標準物質を含む 3∼4 段階濃度の希釈
標準液のクロマトグラムを記録してピーク面積を

測定し,次いで,導入した分析種の量(Mx)と内
標準物質の量(Ms)との比(Mx/Ms)を横軸に,分
析種のピーク面積(Ax)と内標準物質のピーク面積

(As)との比(Ax/As)を縦軸にして作成した検量
線から分析種の定量を行う方法。

internal-standard

method

366

内面逆相カラム 

ないめんぎゃく

そうからむ

浸透制限形充塡剤の一種であり,充塡剤の細孔の内
表面が疎水性をもち,外表面は親水性をもっている
液体クロマトグラフィー用の充塡剤カラムの総称。

血清の直接注入分析に用いる。

internal surface

reversed phase 
column

367

ナノエレクトロ

スプレー 

なのえれくとろ

すぷれー

微量化したエレクトロスプレーの試料導入法。通常

のエレクトロスプレーイオン化法(番号 78)よりも
内径の小さいキャピラリーから試料溶液を数 10 
nL/min∼数百 nL/min で流出させ,直径 200 nm 以下
の微小液滴を生成させる方法。通常のエレクトロス
プレーよりも,帯電液滴からイオンを生成する効率
が高い。

nano-electrospray

ionization

368 

ナノ高速液体ク

ロマトグラフ
ィー 

なのこうそくえ

き たい くろ ま

とぐらふぃー

内径 10

μm∼150  μm のカラムを使用し,流量 10

nL/min∼1 000 nL/min で行う高速液体クロマトグラ
フィー。

nano-HPLC; 
nano-LC

369 

二次元ガスクロ

マトグラフィ
 

にじげんがすく

ろ まと ぐら ふ

ぃー

多次元クロマトグラフィーのうち二つの分離カラ
ムをもち,ハートカット法(番号 384)などを用い

て分析を行う手法。シングルオーブン及びデュアル
オーブン方式がある。

two-dimensional GC;
GC-GC

370 

二次元高速液体

クロマトグラ
フィー 

にじげんこうそ

く えき たい く

ろ まと ぐら ふ

ぃー

高圧切替バルブを用いて,分離モード,又は分離目
的が異なるカラムを組み合わせて,一次元目に分離
したピークを二次元目のクロマトグラフに導入し

分離する手法。

two-dimensional

HPLC;

two-dimensional LC

371

二次元展開 

にじげんてんか

電気泳動,薄層クロマトグラフィー又はペーパーク

ロマトグラフィーにおいて,はじめ展開させた方向
と 90°の角度方向に再び展開させるクロマトグラ
フィー。

two-dimensional

development


32

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

372

二次電子増倍管 

にじでんしぞう

ばいかん

高電圧を印加した電極にイオン又は電子が入射し
た際に生じた二次電子を,電位勾配によって連続的
に増倍させることによってイオンの高感度の検出

を行う質量分析用検出器。

secondary electron

multiplier;

SEM

373

熱イオン化検出

 

ねついおんかけ

んしゅつき

炎中にアルカリ金属塩を共存させ,有機窒素化合物

及び有機りん化合物のイオン化を促進して,それら
の成分の検出感度を選択的に高めて測定するガス
クロマトグラフ用検出器。

thermionic ionization

detector;

TID; 
flame thermionic

detector;

FTD; 
nitrogen phosphorous

detector;

NPD

374

熱脱着法 
(ガスクロマト

グラフィーの)

ねつだっちゃく

ほう

捕集剤の表面に吸着捕集した揮発性成分を加熱に
よって脱離させ,移動相でカラムに導入するガスク
ロマトグラフィー用試料導入法。

thermal desorption

method

375

熱抽出法 
(ガスクロマト

グラフィーの)

ねつちゅうしゅ

つほう

ポリマー材料,食品・食品容器などの試料の小片を
加熱し,放散される揮発性成分を移動相でカラムに

導入するガスクロマトグラフィー用試料導入法。

thermal extraction

method

376

熱伝導度検出器 

ねつでんどうど

けんしゅつき

キャリヤーガスと試料成分との熱伝導度の差を利
用して成分を検出するガスクロマトグラフ用検出

器。

thermal conductivity

detector;

TCD

377

熱分解ガスクロ

マトグラフィ
 

ねつぶんかいが

す くろ まと ぐ

らふぃー

高分子化合物などの不揮発性試料を熱分解し,その

生成成分をガスクロマトグラフィーによって分離,
検出及び解析する方法。

pyrolysis gas

chromatography

378

ネブライジング

ガス 

ねぶらいじんぐ

がす

大気圧イオン源において,液滴の生成を補助する目
的で,液体を噴霧するために用いる高圧ガス。通常
は窒素ガスを用いる。

nebulizing gas

379

燃料ガス 
(ガスクロマト

グラフィーの)

ねんりょうがす

検出器の動作に必要なフレーム(炎)形成のために
用いる水素などの可燃性ガス。

fuel gas

380

ノミナル質量 

のみなるしつり

ょう

各元素について,それぞれ天然存在比が最大の同位
体の質量に最も近い整数値を用いて計算した,イオ

ン又は分子の質量。整数質量ともいう。

nominal mass

381

ノンサプレッサ

ー法 

のんさぷれっさ

ーほう

サプレッサーによるバックグラウンドの低減を行

わずに,低電気伝導度の溶離液を用いてイオン種成
分を分離し,電気伝導度検出器で測定する方法。

non-suppressor

method

382

パージ・トラッ

プ法 

ぱーじ・とらっぷ

ほう

液体試料中の揮発性成分を不活性ガス中に移動さ
せ,トラップ管に捕集及び濃縮した後に,これを加
熱して揮発成分を追い出し,ガスクロマトグラフに

導入する方法。

purge and trap

method

383

パーティクルビ

ーム法,

PB

 

ぱーてぃくるび

ーむほう,

ぴーびーほう

揮発性溶媒を用いた LC 溶出液を微小液滴として

噴霧し溶媒を加熱気化させた後,ジェットセパレー
ターなどで溶媒などの小分子を排気することによ
って生成した微粒子ビームをイオン化室へ導き,電

子イオン化(EI)

(番号 358)又は化学イオン化(CI)

(番号 103)によってイオン化する方法。

particle beem

method;

PB method


33

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

384

ハートカット法 

はーとかっとほ

カラムから溶出する特定の画分を選択的に次のカ
ラムに導入する,又は系外に排出するカラムスイッ
チング手法。 
注記  クロマトグラムの最初に溶出する画分をカ

ットする場合を,特にプレカット法(番号
436)という。

heart-cut(s)

385

パーフュージョ

ンクロマトグ
ラフィー 

ぱーふゅーじょ

ん くろ まと ぐ

らふぃー

内部に貫通孔と吸着孔とを併せもつ担体を用いる
クロマトグラフィー。

perfusion

chromatography

386 

背圧

はいあつ

カラム,ポンプなどの,移動相の流れの出口側にか

かる圧力。

back-pressure

387

配位子交換クロ

マトグラフィ
 

はいいしこうか

ん くろ まと ぐ

らふぃー

カラム充塡剤のイオン性官能基に金属イオンを吸

着させたカラムによって,金属錯体を形成する配位
子化合物を相互分離する液体クロマトグラフィー。

ligand exchange

chromatography

388

排除限界分子量 

はいじょげんか

い ぶん しり ょ

サイズ排除クロマトグラフィー(番号 214)におい

て,充塡剤の細孔に入り得ない溶質分子の最も小さ
い分子量。

exclusion limit

389

ハイフネイテッ

ドクロマトグ
ラフィー 

はいふねいてっ

ど くろ まと ぐ

らふぃー

オンラインにおいて,2 台以上のクロマトグラフ,
又はクロマトグラフと他の分析計とを接続した分
離分析手法。

hyphenated

chromatography

390

ハイブリッドタ

ンデム形質量
分析計 

はいぶりっどた

ん でむ がた し

つ りょ うぶ ん

せきけい

MS/MS を行うタンデム質量分析計(番号 324)のう
ち,異なった種類のアナライザーが組み合わさった

装置。

hybrid tandem mass

spectrometer

391

パイログラム 

ぱいろぐらむ

熱分解ガスクロマトグラフィーで得られるクロマ

トグラム。

pyrogram

392

薄層クロマトグ

ラフィー,

TLC 

はくそうくろま

とぐらふぃー,

てぃーえるしー

ガラスなど平滑な板の上に吸着剤を薄く均一に塗
布したものを固定相とし,通常上昇展開によって行

う液体クロマトグラフィー。

thin layer

chromatography;

TLC

393

波形処理 

はけいしょり

完全分離していないピークの高さ及び面積を適切

に求めるために行う作図処理。

wave form

processing

394

バックグラウン

 

ばっくぐらうん

a)

クロマトグラムの不必要なシグナル成分。カラ

ムの溶出物,移動相中の不純物,検出器の暗電
流などの信号の重畳。

b)

質量分析計において,試料の導入なしで観察さ

れるマススペクトル。残留スペクトルともい
う。

c)

清浄な環境試料などに定常的に含まれる分析

種の量。

a), c) background

b) background

mass 
spectrum

395

バックフラッシ

ュ法 

ばっくふらっし

ゅほう

ある成分がカラムから溶出した後に,移動相を逆方

向に流してカラム内に保持された成分を溶出させ
るカラムスイッチング(番号 127)手法。 
注記  分析時間の短縮,分離カラムの保護(不要成

分の排出)などのため,また狭いバンドで溶
出させ次のカラムに導入したり,一つのピー
クとして検出器に導入し定量する目的で使

用される。移動相を逆流させずに,順流のま
ま溶出させる方法をバックフラッシュ法に
対しフォアフラッシュ法という。

back flash method


34

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

396

パルスドアンペ

ロメトリック
検出器 

ぱるすどあんぺ

ろ めと りっ く

けんしゅつき

電極にパルス状に電位をかけ電解反応を行い,流れ
る電流を測定する高速液体クロマトグラフ用検出
器。

pulsed amperometric

detector

397

半値幅

はんちはば

ピーク高さの 1/2 の点におけるピーク幅。時間軸に
平行に引いた直線とピークとの交点間距離。

peak width at half

height

398

半値幅法 

はんちはばほう

半値幅にピーク高さを乗じて求めるピーク面積計
算法。

peak width at half

height method

399

バンド拡散 

ばんどかくさん

カラム内を移動中に生じる溶質バンドの前後への
拡散。

band broadening

400

反応イオン 

はんのういおん

化学イオン化法において試薬ガス自身のイオン−
分子反応によって生じるイオンのうち,試料分子の
イオン化に直接関わるイオン。

reactant ion; 
reagent ion

401

ピーク 

ぴーく

クロマトグラムにおいて,カラムから試料成分が溶
出しているときの溶出曲線の形状。

peak

402

ピークキャパシ

ティ 

ぴーくきゃぱし

てぃ

一つのクロマトグラム上で理論的に分離可能なピ
ーク数(n

。次の式によって定義する。最初のある

特定ピークから 番目のピークまでの間に,個の
ピークを隣り合った各ピークの分離度 を一定に
保って納めることが可能であると仮定する。

1

1

1

ln

4

1

+





+

+

=

k

k

R

N

n

n

ここに,N:理論段数

k

1

:最初のピークの保持係数

k

n

番目のピークの保持係数

peak capacity

403

ピーク高さ 

ぴーくたかさ

ピークの頂点からピークの両すそを結ぶ直線に時

間軸に垂直に下ろした直線の長さ。

peak height

404

ピークの純度 

ぴーくのじゅんど

ピークを構成する物質中の分析種の存在比率。

purity of peak

405

ピーク幅 

ぴーくはば

ピークの両側の変曲点における接線とピークの両
すそを結ぶ直線との二つの交点間の長さ。

peak width

406

ピークボリュー

 

ぴーくぼりゅー

クロマトグラフィーにおいて,ピーク幅を移動相の
容量によって表した指標。ピーク幅容量ともいう。

peak volume

407

ピーク面積 

ぴーくめんせき

ピークの両すそを結ぶ直線とピークとが囲む面積。
実際には,半値幅法による近似値又はピーク時の出
力を積算したカウント数で求める。

peak area

408

PTV

注入法 

ぴーてぃーぶい

ち ゅう にゅ う

ほう

昇温気化注入法(番号 251)の略称。 programmed

temperature 
vaporizing (PTV) 
injection

409

光イオン化検出

 

ひかりいおんか

けんしゅつき

紫外線を照射して分析種をイオン化し,そのイオン

電流変化を測定するガスクロマトグラフ用検出器。

photo ionization

detector;

PID

410

飛行時間形質量

分析計 

ひこうじかんが

た しつ りょ う

ぶんせきけい

イオンを真空の管中で飛行させ,検出器に到達する
までに要する時間の違いなどによって,イオンを
m/値に応じて分離する方式の質量分析計。

time-of-flight mass

spectrometer;

TOF-MS

411

比表面積 

ひひょうめんせ

粒子の単位質量当たりで表した全表面積。通常 1 g
当たりの m

2

を単位として表す。

specific surface area

412

微分分子量分布

曲線 

びぶんぶんしり

ょ うぶ んぷ き

ょくせん

横軸が logMは分子量)で,縦軸が単位 log
たりの質量分率 dW/d(logM)で表したグラフ。全体の
面積は 1 になる。

differential

molecular mass 
distribution curve


35

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

413

比保持容量 

ひほじようりょ

標準状態における固定相液体の単位質量当たりの
純補正保持容量で表した値(V

g

T

W

V

V

273

L

N

g

×

=

ここに,V

N

:純補正保持容量

W

L

:固定相液体の質量(g)

T:カラムの絶対温度(K)

specific retention

volume

414

標準液 

ひょうじゅんえ

分析の際の標準となる濃度,分子量(式量)などの
特性値が既知で,その特性値がクロマトグラフィー

に用いるのに必要かつ十分な程度で確定されてい
る溶液。

standard solution

415

標準操作手順書,
SOP 

ひょうじゅんそ

うさてじゅん

しょ,

えすおーぴー

試験,検査などの実施方法と手順について詳細に規
定した文書。標準作業手順書ともいう。

standard operating

procedure;

SOP

416

標準添加法 

ひょうじゅんて

んかほう

試料溶液から一定量を採取し,分析種の標準液を段
階的に加えて検量線を作成し,得られた直線をシグ
ナル量ゼロまで外挿した点から添加濃度ゼロまで

の距離に相当する濃度を求めて分析種濃度とする
方法。

standard addition

method

417

表面多孔性充塡

 

ひょうめんたこ

う せい じゅ う

てんざい

粒子の表面の 0.3

μm∼2  μm だけが多孔性で,粒子

の中心部には細孔がない充塡剤。 
充塡剤の表層だけを利用することによって,移動相

−固定相間の分析種の物質移動が速くなり,小さな
理論段相当高さが得られる。

superficially porous

packings(推奨)

;

pellicular packings

418

ファンディムタ

ー(Van 
Deemter

の式 

ふぁんでぃむた

ーのしき

理論段相当高さを移動相の線速度の関数として示
すカラム効率を表した式。

HAB/uCu

ここに,H:理論段相当高さ

A:多流路拡散と渦流拡散に関係す

る項

B:カラム内の進行方向の拡散に関

係する項

C:物質移動に対する抵抗に関係す

る項で,移動相中での物質移動
に対する抵抗 C

s

と固定相中での

物質移動に対する抵抗 C

m

との

和。

u:移動相の線速度

Van Deemter

equation

419

フィールドフロ

ーフラクショ
ネーション 

ふぃーるどふろ

ー ふら くし ょ

ねーしょん

中空の分離場に遠心力,温度勾配,流れ,電場など
を作用させ,生じる溶質間の空間位置の違いの下に
分離を行う方法。

field flow

fractionation

420

負イオン 

ふいおん

負の電荷をもつイオン。GC/MS では負イオン化学
イオン化時に M

,[M−H]

及びフラグメントイオ

ンが,LC/MS では[M−H]

,M

,[M+Cl]

などが

主として観測される。

negative ion

421

負イオン化学イ

オン化 

ふいおんかがく

いおんか

熱電子又は負の反応イオンを用いてイオン化室内

に導入された試料分子を負に帯電させる化学イオ
ン化法。イオン化室をメタンなどの試薬ガスを用い
て満たし,電子線などを照射して生成させる。

negative ion chemical

ionization;

NICI


36

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

422

フーリエ変換イ

オンサイクロ
トロン共鳴質
量分析計 

ふーりえへんか

ん いお んさ い

く ろと ろん き

ょ うめ いし つ

り ょう ぶん せ

きけい

一様な磁場(一様磁場)中に置かれた電極に高周波
の周波数をスキャンしながら印加し,全てのイオン
にエネルギーを与え,次いで,アンテナとしての電

極に流れる誘導電流信号をフーリエ変換して m/
違いで分離してイオンを検出する方式の質量分析
計。

Fourier-transform

ion cyclotron 
resonance mass 
spectrometer;

FT-ICR-MS

423

フォトダイオー

ドアレイ検出
 

ふぉとだいおー

ど あれ いけ ん

しゅつき

一次元に並べた数 100∼約 2 000(最大 2 048)のフ
ォトダイオードから成る受光素子を検出部とする

高速液体クロマトグラフ用の多波長の検出器。フォ
トダイオードアレイにフローセルを通過した光を
分光して当て,各ダイオードに割り当てた波長の光

の強さを瞬時に走査することによって,通常のクロ
マトグラムと同時に各ピークの吸収スペクトルを
測定する三次元クロマトグラムを得ることができ

る。

photodiode array

detector;

PDA

424

付加イオン 

ふかいおん

中性分子 M にイオン種 A

又は B

が付加したイオ

ン,すなわち[M+A]

又は[M+B]

。GC/MS におけ

る化学イオン化,LC/MS におけるエレクトロスプレ
ーイオン化,大気圧化学イオン化などで生じやす

い。

adduct ion

425

付加ガス 

ふかがす

カラムの下流で流路に合流させ,検出器を正常に動

作させるために用いるガス。

make up gas

426

負荷容量 

ふかようりょう

試料負荷容量(番号 262)を参照。 sample

capacity(推

奨)

;

loading capacity

427

フラクションコ

レクター 

ふらくしょんこ

れくたー

分画(番号 447)操作によって分け取られた画分(番

号 108)を連続的に受ける装置。

fraction collector

428

フラグメンテー

ション 

ふらぐめんてー

しょん

イオンを構成する一つ又は複数の結合が開裂する

ことによって,そのイオンより小さい質量のイオン
を生じる反応。

fragmentation

429

フラグメントイ

オン 

ふらぐめんとい

おん

フラグメンテーションによって生じたイオン。 fragment

ion

430

フラッデッドゾ

ーン 

ふらっでっどぞ

ーん

ガスクロマトグラフのキャピラリーカラムの入口

部分で,注入された液体試料がキャリヤーガスによ
ってカラム内部に展開された液状の領域。コールド
オンカラム注入の際,又はスプリットレス注入の際

の試料の再凝縮によって生じる。

flooded zone

431

ブランク 

ぶらんく

分析種だけを含まない試料,又はこれを用いて,あ

る条件の試験結果を得るために,他の条件は全て同
一にしてマトリックス効果などを調べる試験又は
試料。

blank

432

ブリーディング 

ぶりーでぃんぐ

固定相及びカラム素材に由来する成分がカラムか
ら徐々に流出する現象。 
注記  カラムの製造に起因するもの,使用中に温度

及び移動相の条件(例えば,GC では水分量,
酸素量などによるもの,LC では pH,塩濃度,

有機溶媒濃度など)によるもの,固定相など
が劣化して生じるものなどがある。これらを
ブリードと総称し,ブリード量の大小でカラ

ム性能を評価する。

bleeding


37

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

433

プリカーサーイ

オン 

ぷりかーさーい

おん

あるイオンから別のイオンが生じるときのイオン。
前駆イオン(番号 295)ともいう。

precursor ion

434

プリカーサーイ

オンスキャン 

ぷりかーさーい

おんすきゃん

GC/MS 又は LC/MS において衝突誘起解離(CID)
によるフラグメンテーションによって特定のプロ
ダクトイオンを生じる全てのプリカーサーイオン

を検出する方法。タンデム質量分析における走査法
の一種。

precursor ion scan

435

プリカーサーイ

オンスペクト
 

ぷりかーさーい

お んす ぺく と

プリカーサーイオンスキャンによって取得される
マススペクトル。

precursor ion

spectrum

436

プレカット法 

ぷれかっとほう

クロマトグラムの最初に溶出する画分を,系外に排
出するか,又は次のカラムに導入するカラムスイッ

チング(番号 127)手法。 
注記  分析を妨害する溶媒ピークなどを排出する

場合,また主成分の前に溶出する微量の分析

種を,次のカラムに濃縮導入したりするとき
に用いる。

pre-cut

437

プレカラム 

ぷれからむ

分離カラムの前に設置する小形のカラム。 pre-column

438

プレカラム誘導

体化 

ぷれからむゆう

どうたいか

カラム分離に先立ち,分析種を分離・検出に適した
化学種に誘導する操作。

precolumn

derivatization

439

プレヒートコイ

 

ぷれひーとこい

移動相の温度をカラム温度と同等にした後カラム
へ導入するために,カラムの直前,又は試料導入部

前に接続されている加熱用配管コイル。

preheating coil

440

フローセル 

ふろーせる

液体クロマトグラフィーにおいて,カラムからの溶

出液が通過するときにピーク検出される流路部分。 
注記  液体クロマトグラフィーの各種検出器に連

結できる共通の部品で,検出器の種類に応じ

て,セルの素材,形状などが異なるが,ピー
クが必要以上に拡散しないような工夫が加
えられている。

flow cell

441

フローFAB 

ふろーふぁぶ

高速原子衝撃(FAB)によるイオン化を利用した
LC-MS 用インターフェイス。 
注記 LC 溶出液にマトリックスと称するイオン化

促進剤を混合した後,キャピラリーを介して
混合溶液をイオン化室に導入し,FAB によっ
て分析種をイオン化する。真空中に液体を直

接導入するため,導入量を数

μL/min に制限

する必要がある。

flow FAB

442

プロダクトイオ

 

ぷろだくといお

タンデム質量分析(番号 323)において特定のプリ
カーサーイオンから生じた全てのイオン。生成イオ
ンともいう。

product ion

443

プロダクトイオ

ンスキャン 

ぷろだくといお

んすきゃん

タンデム質量分析(番号 323)における走査法の一
種で,特定のプリカーサーイオンから生じる全ての

プロダクトイオンを検出する方法。タンデム質量分
析における走査法の一種。

product ion scan

444

プロダクトイオ

ンスペクトル 

ぷろだくといお

んすぺくとる

プロダクトイオンスキャンによって取得されるマ
ススペクトル。

product ion spectrum


38

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

445

PLOT

カラム 

ぷろっとからむ

吸着剤又は共重合ポリマーの微粒子を,カラムの壁
面に一定の厚さで固定化したガスクロマトグラフ
ィーの中空キャピラリーカラム。 
注記  固定相としてアルミナ,モレキュラーシー

ブ,多孔質ポリマーなどを用いる。

porous-layer open

tubular column

446

プロトン化分子 

ぷろとんかぶん

中性分子 M にプロトン H

が付加して生成したイオ

ン[M+H]

protonated molecule

447

分画

ぶんかく

カラムで分離され,溶出してきた成分を分け取る操
作。

fractionation

448

分取クロマトグ

ラフィー

ぶんしゅくろま

とぐらふぃー

クロマトグラムの特定のピーク部分に相当する移
動相を採取することによって,分離された成分の分
取・精製を行う方法。 
注記  分取 HPLC では,内径 10 mm 以上,50 mm 未

満のカラムをセミ分取カラムと分類する。

preparative

chromatography

449

分子量関連イオ

 

ぶんしりょうか

んれんいおん

分子量情報の獲得に直接役立つイオン種。 
注記  M

,M

,[M+H]

,[M−H]

,[M+Na]

[M+NH

4

]

,[M+Cl]

などがある。

molecular related

ion

450

分子量標準物質 

ぶんしりょうひ

ょ うじ ゅん ぶ

っしつ

サイズ排除クロマトグラフィー(番号 214)におけ
る校正曲線を作成するときに利用する分子量既知
で単分散の高分子標準物質。

molecular mass

standard

451

分子量分布 

ぶんしりょうぶ

んぷ

通常の高分子化合物などのような分子量に多分散
性がある化合物について,分子量の関数として,そ

れぞれの分子種の量を表したもの。

molecular weight

distribution

452

分析種 

ぶんせきしゅ

分析試料又は試料溶液中の被検査成分。分析対象成

分ともいう。

analyte

453

分析法バリデー

ション 

ぶんせきほうば

りでーしょん

分析方法が分析の目的にかなっていることを実証
するための各種試験。妥当性確認ともいう。

method validation

454

分配クロマトグ

ラフィー 

ぶんぱいくろま

とぐらふぃー

試料成分の移動相と固定相との間の分配平衡の差
によって分離の行われるクロマトグラフィー。

partition

chromatoguraphy

455

分配係数 

ぶんぱいけいす

次の式で表す値。

m

m

s

s

/

/

V

M

V

M

K

=

ここに,K:分配係数

M

s

:固定相における物質の質量

M

m

:移動相における物質の質量

V

s

:固定相の体積

V

m

:移動相の体積

注記  物質の種類,固定相液体及び温度によって異

なる。

partition coefficient

456

分離カラム 

ぶんりからむ

試料成分の分離が行われる管状の場。充塡剤が充塡

されたもの,又はキャピラリー管壁に固定相が担持
されたものなどがある。

separation column

457

分離係数, 
α 

ぶんりけいすう,

あるふぁ

ある 2 成分の保持係数 k

2

と k

1

との比(α)

ここに,k

1

k

2

とすると α=k

2

/k

1

で表す数値。

separation factor


39

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

458

分離数 

ぶんりすう

メチレン基数の差が 1 である 2 種類のアルカンが示
すクロマトグラムにおいて,2 本のピーク間に収容
できる次の式で表すピーク数。

0.5h(Z)

1)

0.5h(Z

R(Z)

1)

R(Z

W

W

t

t

TZ

+

=

+

+

ここに,t

R(Z)

及び t

R(Z

1)

:2 種類のアルカンの

保持時間

W

0.5h(Z)

及び W

0.5h(Z

1)

:それぞれのピ

ークの半値幅

z:アルカンの炭素数

separation number; 
Trennzahl; 
TZ; 
SN

459

分離度 

ぶんりど

クロマトグラム上で近接している二つのピークが
どの程度分離しているかを示す尺度。分離度 は次

の式によって定義する。

2

1

1

R

2

R

)

(

2

W

W

t

t

R

+

=

ここに,t

R1

t

R2

:ピーク 1 及びピーク 2 の保

持時間(t

R2

t

R1

W

1

W

2

:  ピーク 1 及びピーク 2 の

ピーク幅

又は

2

5

.

0

1

5

.

0

1

R

2

R

)

(

18

.

1

h

h

W

W

t

t

R

+

=

ここに,t

R1

t

R2

:ピーク 1 及びピーク 2 の保

持時間(t

R2

t

R1

W

0.5h1

W

0.5h2

:ピーク 1 及びピーク 2 の幅

resolution

460

分離モード 

ぶんりもーど

用いる固定相と移動相とで物質の分離を支配する
作用様式。

separation mode

461

平均質量 

へいきんしつり

ょう

各元素における全同位体の天然存在比を加味した
原子量を用いて計算したイオン又は分子の精密質
量。 
注記  質量分析では,モノアイソトピックピークの

分離が困難な場合には,測定した m/値を平
均質量と比較することが多い。

average mass

462

平均分子量 

へいきんぶんし

りょう

分子量の異なる分子の集合体である合成高分子又
は合成オリゴマーの分子量の平均値。

average molecular

mass

463

平衡定数 

へいこうていす

へいこうじょう

すう

化学反応の平衡状態を物質の存在比で表した数値。
一般に で表す。

equilibrium constant

464

ベースライン 

べーすらいん

クロマトグラムにおいて,試料成分がなく移動相だ
けが検出器を通過している部分。基線(番号 139)

ともいう。

base line

465

ペーパークロマ

トグラフィー 

ぺーぱーくろま

とぐらふぃー

ろ紙(又はろ紙に含浸させた液体)を固定相とし,

移動相を上昇又は下降展開させる液体クロマトグ
ラフィー。

paper

chromatography

466

ヘッドスペース

法,

HS

(ガスクロマト

グラフィーの)

へっどすぺーす

ほう,

えいちえす

固体・液体試料を密栓した一定容器に入れ,一定温

度において一定時間加温し,気相部分の一定量を採
取し分析装置に導入する方法。

head space method;
HS 
(for gas

chromatography)


40

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

467

ヘリウムイオン

化検出器 

へりうむいおん

か けん しゅ つ

放射線源又は放電を用いてヘリウムを電子的な励
起状態としてカラムから溶出した成分と衝突させ,
ペニングイオン化によって生成したイオンを検出

する GC 用検出器。

helium ionization

detector

468

包括的二次元ク

ロマトグラフ
ィー 

ほうかつてきに

じ げん くろ ま

とぐらふぃー

二次元クロマトグラフィーにおいて,最初のカラム

(一次元目のクロマトグラフィー)からの溶出物を
適時分画し,第 2 のカラム(二次元目のクロマトグ
ラフィー)に導入する分離手法。コンプリヘンシブ

二次元クロマトグラフィーともいう。 
注記  カラムの選択性の差を利用した高い分離能

によって多くのピーク情報を得ることがで

きる。2 本のカラムの保持時間とピーク強度
の情報が一度に得られる。GC×GC,LC×
GC,LC×LC などがある。

comprehensive

two-dimensional 
chromatography

469

放射性同位元素

検出器 

ほうしゃせいど

う いげ んそ け

んしゅつき

放射性の同位元素を特異的に検出するクロマトグ
ラフィー用検出器。

radioisotope

detector

470

ホールドアップ

タイム 

ほーるどあっぷ

たいむ

試料導入時からカラムに保持されない成分のピー

クの頂点が現れるまでの時間。デッドタイム(番号
350)の別称。ただし,ホールドアップタイムを用
いるのが望ましい。

holdup time

471

ホールドアップ

ボリューム 

ほーるどあっぷ

ぼりゅーむ

カラムに保持されない成分に対する保持容量。カラ
ム中の遊び空間体積(空隙容量)

,試料導入部,検

出器の実効体積などが関係する。

holdup volume

472

保持係数 

ほじけいすう

各成分の空間補正保持時間をホールドアップタイ
ムで除した値。で表し,次の式によって定義する。

k=(t'

R

t

0

)/t

0

ここに,t'

R

:対象成分の保持時間

t

0

:保持されないで移動相と同じ速

度でカラムを通過する成分の保
持時間。

注記  各成分の固定相中の滞在時間(空間補正保持

時間)と移動相中の滞在時間(ホールドアッ
プタイム)との比。

retention factor

473

保持時間 

ほじじかん

カラムに試料を導入後,対象成分のピークの頂点が

現れるまでの時間。

retention time

474

保持指標 

ほじしひょう

ガスクロマトグラフィーにおいて,成分を同定する

ための指標の一つで,次の式によって定義される数
値。





+

=

+

z

z

z

i

X

X

X

X

z

I

log

log

log

log

100

100

1

ここに,X

i

:対象成分の空間補正保持時間

X

z

X

i

より空間補正保持時間が小さ

く,かつ最も X

i

に近い直鎖アル

カンの空間補正保持時間

z:空間補正保持時間 X

z

の直鎖アル

カンの炭素数

X

z

1

z+1 の炭素数の直鎖アルカン

の空間補正保持時間

なお,直線昇温分析の場合,上式の logは 

なる。Kovats Index(KI)と呼ぶこともある。

retention index


41

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

475

保持値 

ほじち

保持容量,保持時間,圧力補正保持容量,空間補正
保持容量,純補正保持容量,比保持容量,保持比,
相対保持時間,補正保持時間,空間補正保持時間,

保持係数,R

f

値などの総称。

retention data

476

保持比 

ほじひ

ある物質の保持値を表示するため,同一条件の下

で,次の式で得る数値。

R2

R1

2

1

g2

g1

N2

N1

R2

R1

12

'

'

V

V

k

k

V

V

V

V

V

V

r

=

=

=

=

ここに,V

R

':空間補正保持容量

V

N

:純補正保持容量

V

g

:比保持容量

V

R

:保持容量

k:保持係数

なお,添字 1 及び添字 2 は,それぞれ特定物質及

び基準とする比較用物質を表す。

relative retention

477

保持容量 

ほじようりょう

ある条件の下で特定の物質をカラムから溶出させ
るのに必要な移動相の体積。

次の式によって表す。

V

R

t

R

F

ここに,t

R

:保持時間

F:そのときのカラム温度における

出口での移動相の流量

retention volume

478

ポストカラム誘

導体化 

ぽすとからむゆ

うどうたいか

カラムから溶出した後に反応試薬などを作用させ,

検出能を向上させるために分析種を他の化学種に
誘導する操作。

postcolumn

derivatization

479

補正保持容量 

ほせいほじよう

りょう

カラムにおける圧力降下を補正した保持容量。保持

容量 V

R

に圧力勾配補正因子 を乗じた V

R

0

jV

R

定義する。圧力補正保持容量ともいう。

corrected retention

volume

480

ポリメリック固

定相 

ぽりめりっくこ

ていそう

2 又は 3 官能性有機シランによってシリカゲル表面
をシリル化する際,有機シラン同士の反応を伴って
合成された固定相。

polymeric stationary

phase

481

ボルタンメトリ

ック検出器 

ぼるたんめとり

っ くけ んし ゅ

つき

微小電極を用いた電解において,作用電極の電位と
電流との関係を測定する高速液体クロマトグラフ

用検出器。

voltammetric

detector

482

マイクロ高速液

体クロマトグ
ラフィー 

まいくろこうそ

く えき たい く

ろ まと ぐら ふ

ぃー

移動相最適流量が数

μL レベルのカラムを用いる高

速液体クロマトグラフィー。ミクロ高速液体クロマ
トグラフィーともいう。

microhigh

performance liquid 
chromatography

483

マイクロ固相抽

 

まいくろこそう

ちゅうしゅつ

a)

固相マイクロ抽出(番号 200)の別称。

b)

試料量又は溶出液がマイクロリットル量の固
相抽出操作の総称。

a) solid

phase

micro 
extraction;

 SPME 
b) micro

solid

phase 
extraction;

 micro

SPE

484

マイクロシリン

 

まいくろしりん

液体又は気体の試料を,定量的にクロマトグラフに

導入するための小形シリンジ(注射器)

microsyringe


42

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

485

マイクロボアカ

ラム,

ミクロボアカラ

 

まいくろぼあか

らむ,

みくろぼあから

内径 1 mm∼2 mm のカラムに 2

μm∼5 μm の充塡剤

を詰めた液体クロマトグラフィー用カラム。

microbore column

486 

膜厚 
(キャピラリー

カラムの)

まくあつ

キャピラリーカラムで管内壁にコーティングした

固定相液体の厚さ。 
注記 PLOT カラム(番号 445)では,固定化され

た固定相の微粒子層の厚さを指す。

film thickness

487 

膜透析形 
(サプレッサー

方式の)

まくとうせきが

イオン交換膜によって隔てられた二つの流路の一
方に溶出液を通過させ,除去すべき溶離液中のイオ

ンを他方の再生液側の流路に電気的又は化学的に
透析して除去する方式。

membranes dialysis

type

488 

マスクロマトグ

ラフィー 

ますくろまとぐ

らふぃー

全イオンモニタリング実行時,保存したスペクトル
データから特定の m/値のイオンに由来する電流値
の時間変化をクロマトグラムとして取り出す手法。

mass

chromatography

489 

マスクロマトグ

ラム 

ますくろまとぐ

らむ

マスクロマトグラフィーによって得られるクロマ
トグラム。

mass chromatogram

490 

マトリックス 

まとりっくす

分析種以外の試料の構成物。 matrix

491 

マトリックス効

 

まとりっくすこ

うか

a) GC

の場合:試料溶液中の共存成分が GC 注入

口のライナー又はカラム内の活性点などに吸
着することによって,標準試料溶液注入時と比
較して分析種の回収率が変化し,分析結果に影

響を及ぼす現象。

b) LC/MS

の場合:試料溶液の分析種の感度が,マ

トリックスの影響によって標準溶液と比較し

て増大したり減少したりする現象。

注記  試料溶液の分析種以外の共存成分の影響に

よる。

matrix effect

492

マルチカラムク

ロマトグラフ
ィー 

まるちからむく

ろ まと ぐら ふ

ぃー

複数のカラム構成からなるクロマトグラフィー。 multi

column

chromatography

493

マルチチャンネ

ル検出器 

まるちちゃんね

る けん しゅ つ

a)

紫外可視検出の場合は,非連続な複数の波長を
測定する検出器。

b)

電気化学検出の場合は,直列につないだ複数の
異なる電位の電極によって同時計測可能な検
出器。

multichannel

detector

494

ミクロカラム 

みくろからむ

カラム内径が 1 mm 未満の液体クロマトグラフィー
用カラム。

microcolumn

495 

ミセルクロマト

グラフィー 

みせるくろまと

ぐらふぃー

逆相系固定相を用い,移動相に臨界ミセル濃度以上
の界面活性剤を加えて,目的物を可溶化して分離す

る手法。

micellar

chromatography

496 

ミセル動電クロ

マトグラフィ
 

みせるどうでん

く ろま とぐ ら

ふぃー

溶融シリカキャピラリー内に界面活性剤のミセル

を形成させ,キャピラリーの両端に電位をかけて行
うキャピラリー電気泳動の一種。ミセルを擬似的な
固定相として,キャピラリー内に発生する電気浸透

流を移動相とみなすことから,クロマトグラフィー
と称する。

micellar

electrokinetic 
chromatography;

MEKC


43

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

497 

密度プログラミ

ング 

みつどぷろぐら

みんぐ

超臨界流体クロマトグラフィーに用いられる方法
で,GC における昇温分析及び HPLC でのグラジエ
ント溶離に相当する移動相流体の密度を時間とと

もに変化させる溶出方法。

density

programming

498 

無孔性充塡剤 

むこうせいじゅ

うてんざい

移動相が浸透する細孔のない充塡剤。 nonporous

packing

material

499 

メイクアップソ

ルベント 

めいくあっぷそ

るべんと

超臨界流体クロマトグラフィー(番号 333)におい

て,検出器,フラクションコレクターなどへ試料成
分を移動させるために流路に加える溶媒。

make up solvent

500 

面積百分率法 

めんせきひゃく

ぶんりつほう

クロマトグラムから得られた各成分のピーク面積
比を百分率によって表す方法。

area percentage

method

501 

モディファイア

 

もでぃふぁいあ

超臨界流体クロマトグラフィーにおいて,分離又は

保持の改善を目的として,主流体に加える有機溶媒
などの添加剤。

modifier; 
entrainer; 
cosolvent

502 

モノアイソトピ

ック質量 

ものあいそとぴ

っ くし つり ょ

各元素において天然存在比が最大の同位体の質量
を用いて計算したイオン及び分子の精密質量。

monoisotopic mass

503 

モノメリック固

定相 

ものめりっくこ

ていそう

有機シランによってシリカゲル表面をシリル化す
る際,有機シラン同士の反応を伴わず合成された固

定相。

monometric

stationary phase

504 

モノリスカラム 

ものりすからむ

固定相が多孔性のシリカゲル又はポリマーを基材

とした連続の骨格構造をもつカラム。ロッド形のも
の,フューズドシリカなどのキャピラリー管内で合
成したものなどがある。

monolithic column

505 

モレキュラーイ

ンプリンティ
ング充塡剤 

もれきゅらーい

ん ぷり んて ぃ

ん ぐじ ゅう て

んざい

分離目的の化合物又はその擬似的な化合物を鋳型
として高分子ゲルを合成し,その後,鋳型分子を取
り除いたゲルから調製した液体クロマトグラフィ

ー用の充塡剤又は選択的固相抽出剤。

molecular imprinting

packing material

506 UHPLC 

ゆーえいちぴー

えるしー

超高速液体クロマトグラフィー(番号 329)又は超

高速液体クロマトグラフの略称。

ultra high

performance liquid 
chromatography;

ultra high

performance liquid 
chromatograph;

UHPLC

507 

誘導体化 

ゆうどうたいか

抽出・分離・検出を容易にする目的で,分析種を他
の化学種に誘導する操作。

derivatization

508 

溶出液 

ようしゅつえき

移動相(溶離液)によって展開したときのカラムか
ら流出する液体。

eluate; 
effluent

509 

溶媒強度 

ようばいきょう

基準溶媒を定め,基準物質の特定の固定相からの溶
出に関わる時間を相対的に示した特性。

solvent strength

parameter

510 

溶媒効果 

ようばいこうか

キャピラリーカラムを用いたガスクロマトグラフ
ィーにおいて,分析種がカラム先端部に凝縮した溶
媒に強く保持され,ピーク幅が狭くなる現象。

solvent effect

511 

溶離液 

ようりえき

カラムに保持されている試料成分を展開及び溶出
させるための液体。

eluent; 
eluant

512 

溶離液槽 

ようりえきそう

溶離液を貯留する槽。 eluent

reservoir;

eluant reservoir


44

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

513 

ライナー 

らいなー

ガスクロマトグラフの注入口内において,注入され
た試料をカラムに導入するための部品。インサート
ともいう。 
注記  液体試料の場合は気化の場でもある。目的に

合わせて種々の形状,材質,容積のものがあ
る。

liner; 
insert

514 

ライブラリー検

(質量分析法の)

らいぶらりーけ

んさく

GC/MS などで測定した特定成分のマススペクトル
と,データシステムに内蔵の,又は外部のマススペ

クトルライブラリーとを照合する手法。

library search

515 

ラインフィルタ

 

らいんふぃるた

移動相中の異物を除くために,管流路内に設けたフ

ィルター。

line filter

516 

リーディング 

りーでぃんぐ

ピーク前半部が後半部に比べて緩やかに立ち上が

っている様子。

leading

517 

リサイクルクロ

マトグラフィ
 

りさいくるくろ

ま とぐ らふ ぃ

定組成溶離液体クロマトグラフィーにおいてカラ
ムから溶出した分析種を含む移動相をカラム入口

へ戻す操作を繰り返す分離方式。

recycle

chromatography

518 

リテンションギ

ャップ 

りてんしょんぎ

ゃっぷ

試料溶媒のフラッデッドゾーンによって空間的に

広がった試料バンドを,保持力の弱いプレカラムと
分離カラムの保持力との差を利用して再凝縮する
手法。 
注記  このプレカラムをリテンションギャップカ

ラムという。フラッデッドゾーンを短くする
ために溶媒になじみ,かつ,不活性なカラム

を用いる。

retention gap

519 

粒子径 

りゅうしけい

通常

μm を単位として用いる充塡剤粒子の直径。 particle

diameter

520 

流量プログラミ

ング 

りゅうりょうぷ

ろぐらみんぐ

移動相の流量を連続的又は段階的に変化させなが
ら,溶質を溶出させる操作。

flow programming

521 

両性イオン交換

 

りょうせいいお

ん こう かん た

酸性交換基及び塩基性交換基の両方をもつイオン
交換体。ある pH より高い領域で陽イオン交換性が,
それより低い pH 領域で陰イオン交換性がそれぞれ

優勢となる。また,ほとんどの pH で陽イオン及び
陰イオンを同時にイオン交換できるイオン交換体
もある。

amphoteric ion

exchange resin

522 

理論段数 

りろんだんすう

カラム効率を表す指標の一つで,段理論における段
数。特定成分について,次の三つの式で算出され,

定義される数。ピークがガウス曲線の場合,三つの
式の結果は一致する。

2

R

16

×

=

W

t

N

2

h

5

.

0

R

54

.

5





×

=

W

t

N

2

R

π

2

×

=

A

H

t

N

ここに,t

R

:保持時間

W:ピーク幅 
A:ピーク面積 
H:ピーク高さ 
W

0.5h

:ピーク半値幅

theoretical plate

number


45

K 0214

:2013

番号

用語

読み

定義

対応英語(参考)

523 

理論段相当高さ,
HETP 

りろんだんそう

とうたかさ,

えいちいーてぃ

ーぴー

カラム効率を理論段 1 段に相当する長さで表すもの
で,カラム長さ を理論段数 で除した値。

HL/N

height equivalent to

a theoretical plate

524 

ループインジェ

クター 

るーぷいんじぇ

くたー

ロータリーバルブなどに試料計量管をバイパス式
に取り付けた試料導入器具。

valve injector

525 

ロッドカラム 

ろっどからむ

充塡剤カラムと異なり,固定相が一体形を成してい
るカラムの総称。カラム管内で重合反応などを行っ

たり,大きなゲルからカラム管と同じ形状のゲルを
切り出してカラムに封入するなどによって調製す
る。モノリスカラムはロッドカラムの一つ。

lod-column

参考文献  JIS K 0114  ガスクロマトグラフィー通則

JIS K 0123

  ガスクロマトグラフィー質量分析通則

JIS K 0124

  高速液体クロマトグラフィー通則

JIS K 0127

  イオンクロマトグラフィー通則

JIS K 0136

  高速液体クロマトグラフィー質量分析通則

JIS K 0211

  分析化学用語(基礎部門)

JIS K 0213

  分析化学用語(電気化学部門)

JIS K 0215

  分析化学用語(分析機器部門)