>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 K

0125

-1995

用水・排水中の揮発性有機化合物

試験方法

Testing methods for volatile organic compounds

in industrial water and waste water

1.

適用範囲  この規格は,工業用水及び工場排水中の揮発性有機化合物のうち,ジクロロメタン,ジブ

ロモクロロメタン,テトラクロロメタン(四塩化炭素)

,トリクロロメタン(クロロホルム)

,トリブロモ

メタン(ブロモホルム)

,ブロモジクロロメタン,1,2−ジクロロエタン,1,1,1−トリクロロエタン,1,

1

,2−トリクロロエタン,1,1−ジクロロエテン(1,1−ジクロロエチレン)

cis-1,2−ジクロロエテン

cis-1,2−ジクロロエチレン)

trans-1,2−ジクロロエテン(trans-1,2−ジクロロエチレン)

,テトラク

ロロエテン(テトラクロロエチレン)

,トリクロロエテン(トリクロロエチレン)

,1,2−ジクロロプロパ

ン,1,3−ジクロロ−1−プロペン,1,4−ジクロロベンゼン(p

ジクロロベンゼン)

,ジメチルベンゼン

(キシレン)

,ベンゼン及びメチルベンゼン(トルエン)の試験方法について規定する。

備考1.  この規格の試験方法別測定対象物質一覧を,付表1に示す。

2.

この規格の引用規格を,

付表 に示す。

2.

共通事項  共通事項は,次のとおりとする。

(1)

通則  化学分析に共通する一般事項は,JIS K 0050 による。

(2)

ガスクロマトグラフ法  ガスクロマトグラフ法に共通する一般事項は,JIS K 0114 による。

(3)

ガスクロマトグラフ質量分析法  ガスクロマトグラフ質量分析法に共通する一般事項は,JIS K 0123

による。

(4)

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS K 0101JIS K 0102JIS K 0211 及び JIS K 0215

による。

(5)

定量範囲  パージ・トラップ−ガスクロマトグラフ質量分析法,パージ・トラップ−ガスクロマトグ

ラフ法及び溶媒抽出−ガスクロマトグラフ法の定量範囲は,パージ容器又はガスクロマトグラフに導

入する溶液(溶媒)中の目的成分の質量 (ng) で示し,ヘッドスペース−ガスクロマトグラフ質量分

析法及びヘッドスペース−ガスクロマトグラフ法の定量範囲は,試料中の目的成分の濃度  (

µg/λ)  で

示す。

(6)

繰返し分析精度  繰返し分析精度は,それぞれの試験方法の定量範囲内において繰返し試験で求めた

変動係数 (%) で示す(

1

)

(

1

)

変動係数 (%) =

x

σ

×100

ここに,

σ: 標準偏差


2

K 0125-1995

x

平均値

(7)

試験標境  この試験を行う場合には,環境からの汚染を十分に考慮して,有機溶媒などを取り扱う試

験室と隔離した環境であることが望ましい。

なお,試験室内温度は 20∼25℃に保たれていることが望ましい。

(8)

水  試薬調製及び空試験などの試験に用いる水は,JIS K 0557 に規定する A4(又は A3)の水,又は

これと同等の品質に精製した水とするが,使用前に各試験方法で空試験を行い,使用の適否を確認す

(

2

)

(

2

)

精製が必要な場合には,次による。

水 1∼3を三角フラスコにとり,これを強く加熱して煮沸し,液量が約

3

1

になるまで続ける。

直ちに環境からの汚染がない場所に放置して冷却する(加熱が弱いと揮発性有機化合物を十分

には除去することができない。

(9)

試薬

(a)

試薬は,該当する日本工業規格がある場合には,その種類の最上級又は適切な用途のものを用い,

該当する日本工業規格がない場合には,試験に支障のないものを用いる。

(b)

試薬類の溶液の濃度は,

一般に質量濃度は g/l

mg/

l

(化合物の場合は無水物としての質量を用いる。

モル濃度は mol/で示す。

ただし,標準液の濃度は,1ml 中の質量(mg/ml 又は

µg/ml)で表す。

(c)

液体試薬の濃度は,水(又は別の液体試薬)との混合比[試薬  (ab)]で表す。この表し方は,試

薬 aml と水(又は別の液体試薬)bml とを混合したことを示す。

(d)

試薬類の名称は,国際純正及び応用化学連合  (IUPAC)  の無機化学命名法及び有機化学命名法を基

にして,社団法人日本化学会が定めた化合物命名法及び JIS 試薬の名称に整合させた。

(e)

標準液調製に使用する揮発性有機化合物の標準物質中には類似した化合物が不純物として含まれる

ことが多いので,試験に支障のないものを使用する。

(f)

試薬類,廃液などの取扱いについては,関係法令・規則などに従い十分に注意する。

(10)

ガラス器具類  ガラス器具類は,原則として JIS R 3503 及び JIS R 3505 に規定するものを使用するこ

と。

また,加熱操作を伴う場合には,JIS R 3503 のほうけい酸ガラス−1 を用いる。

(11)

検量線  検量線の作成に当たっては,試験方法に示される定量範囲内を 4∼6 段階に分け,これに一致

するように標準液をとり,定量範囲内について作成する。

また,JIS K 0123 の 8.3.2(1)の内標準法による場合は,一定濃度の内標準物質とこれら標準物質との

比を基に作成する。

検量線は,試験に際して新たに作成したものを用い,同一試験方法によって多数の試料について連

続して試験する場合には,試験の途中において,適宜標準液を用いて,指示値の確認を行う。

(12)

注,備考,図及び表  注,備考,図及び表は,各項目ごとに一連番号を付ける。

3.

試料

3.1

試料の採取  試料の採取は,次のとおりとする。

(1)

器具  器具は,次のとおりとする。

(a)

試料容器  40∼250ml のガラス製ねじぶた付,ねじぶたには四ふっ化エテン樹脂フィルム(又は同

等の品質のもの)で内ばり(

1

)

したもの(

2

)

。あらかじめ JIS K 0557 に規定する A2 又は A3 の水で洗


3

K 0125-1995

浄した後,105±2℃で約 3 時間加熱し,デシケーター中で放冷する。

(

1

)

四ふっ化エテン樹脂フィルムは厚さ50

µm 程度のものを使用する。

(

2

)

バイアルを用いるパージ・トラップ装置の場合には,ヘッドスペース用バイアル[5.2(2)(2.1)

バイアル]を用いてもよい。

(2)

採取操作  採取操作は,次のとおり行う。

(a)

表層水の採取  試料を JIS K 0094 の 4.1.1(試料容器による採取)又は 4.1.2(バケツ類による採取)

に従って採取し,試料容器に泡立てないように移し入れ(

3

)(

4

)

,気泡が残らないように満たして密栓

する。

(b)

各深度の水の採取  試料を JIS K 0094 の 4.1.4(バンドーン採水器による採取)に従って採取し,試

料容器に泡立てないように移し入れ(

3

)(

4

)

,気泡が残らないように満たして密栓する。

(c)

配管装置からの採取  試料を JIS K 0094 の 4.3(採取弁を用いる採取)に従って採取し,試料容器

に泡立てないように移し入れ(

3

)(

4

)

,気泡が残らないように満たして密栓する。

(

3

)

試料に残留塩素などの酸化性物質が共存する場合には,残留塩素1mg につき JIS K 9502に規定

する L (+)  −アスコルビン酸10∼20mg を加え還元した後,満たして密栓する。

(

4

)

トリハロメタン類[ジブロモクロロメタン,トリクロロメタン(クロロホルム)

,トリブロモメ

タン(ブロモホルム)及びブロモジクロロメタン]の試験に用いる試料で,残留塩素などの酸

化性物質が共存する場合には,

(

3

)

の操作を行い,さらに塩酸 (1+11)  (JIS K 8180 に規定す

る塩酸を用いて調製する。)を加えて pH を約 2 以下になるように調節し,満たして密栓する。

備考  試料中に残留塩素などの酸化性物質が共存するとトリハロメタン類のほか,消毒副生成物(塩

素化炭化水素類)が経時的に生成して試料中の揮発性有機化合物の濃度が変化するので,還元

しておく。

3.2

試料の取扱い  試験は試料採取後直ちに行う。直ちに行えない場合には,4℃以下の暗所で凍結させ

ないで保存し,できるだけ早く試験する(

5

)

(

5

)

試料採取及び試料の保存において,揮発性有機化合物は揮散・揮発などによって濃度が変化す

るので,注意が必要である。試料中の揮発性有機化合物の濃度が低い場合は,試料を暗所で保

存する場合でも,揮発性有機化合物の安定性は物質によって異なるが,急激に低下するものも

ある。

4.

結果の表示  結果の表示には,用いた試験方法を明記する。

5.

試験方法  試験方法は,パージ・トラップ−ガスクロマトグラフ質量分析法,ヘッドスペース−ガス

クロマトグラフ質量分析法,パージ・トラップ−ガスクロマトグラフ法,ヘッドスペース−ガスクロマト

グラフ法及び溶媒抽出−ガスクロマトグラフ法を適用する。

5.1

パージ・トラップ−ガスクロマトグラフ質量分析法  この方法は,表 5.1 の揮発性有機化合物につい

て同時定量法(又は個別定量法)として適用する。

試料中に不活性ガスを通気することで揮発性有機化合物を気相中に移動させトラップ管に捕集し,トラ

ップ管を加熱して揮発性有機化合物を脱着し,冷却凝集装置で冷却凝縮(クライオフォーカス)させ,ガ

スクロマトグラフ質量分析計に導入するか,トラップ管に捕集し,引き続きトラップ管を加熱して揮発性

有機化合物を分離し,ガスクロマトグラフ質量分析計に導入して検出には選択イオン検出法 (SIM) 又はこ

れと同等の方法を用い,各々の選択イオンのクロマトグラムを測定して,揮発性有機化合物の濃度を求め


4

K 0125-1995

る方法である。この場合の定量範囲及び繰返し分析精度は,

表 5.1 のとおりである。

表 5.1  対象物質とその定量範囲及び繰返し分析精度の一覧

対象物質

定量範囲

繰返し分析精度

ng %

ジクロロメタン (CH

2

Cl

2

) 0.5

∼250 10∼20

ジブロモクロロメタン (CHBr

2

Cl) 0.5

∼250 10∼20

テトラクロロメタン(四塩化炭素) (CCl

4

) 0.5

∼250 10∼20

トリクロロメタン(クロロホルム) (CHCl

3

) 0.5

∼250 10∼20

トリブロモメタン(ブロモホルム) (CHBr

3

) 0.5

∼250 10∼20

ブロモジクロロメタン (CHBrCl

2

) 0.5

∼250 10∼20

1

,2−ジクロロエタン (CH

2

ClCH

2

Cl) 0.5

∼250 10∼20

1

,1,1−トリクロロエタン (CH

3

CCl

3

) 0.5

∼250 10∼20

1

,1,2−トリクロロエタン (CHCl

2

CH

2

Cl) 0.5

∼250 10∼20

1

,1−ジクロロエテン (CCl

2

=CH

2

) 0.5

∼250 10∼20

cis-1

,2−ジクロロエテン  (cis−CHCl=CHCl) 0.5∼250 10∼20

trans-1

,2−ジクロロエテン  (trans-CHCl=CHCl) 0.5∼250 10∼20

テトラクロロエテン (CCl

2

=CCl

2

) 0.5

∼250 10∼20

トリクロロエテン (CHCl=CCl

2

) 0.5

∼250 10∼20

1

,2−ジクロロプロパン (CH

3

CHClCH

2

Cl) 0.5

∼250 10∼20

cis-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (cis-ClCH=CHCH

2

Cl)(

1

)

0.5

∼250 10∼20

trans-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (trans−ClCH=CHCH

2

Cl)(

1

)

0.5

∼250 10∼20

1

,4-ジクロロベンゼン(p

ジクロロベンゼン) (C

6

H

4

Cl

2

) 0.5

∼250 10∼20

1

,2−ジメチルベンゼン(o−キシレン)  [o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

0.5

∼250 10∼20

1

,3−ジメチルベンゼン(m

キシレン)  [m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

0.5

∼250 10∼20

1

,4−ジメチルベンゼン(p−キシレン)  [p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

ベンゼン (C

6

H

6

) 0.5

∼250 10∼20

メチルベンゼン(トルエン) (C

6

H

5

CH

3

) 0.5

∼250 10∼20

(いずれも装置,測定条件によって定量範囲は異なる。

(

1

)  1

,3−ジクロロ−1−プロペンの定量では cis

形及び trans

形をそれぞれ測定して,その合量で表示す

る。

(

2

)

キシレンの定量では 1,3−ジメチルベンゼン(m

キシレン)及び 1,4−ジメチルベンゼン(p

キシレ

ン)の合量と 1,2−ジメチルベンゼン(o

キシレン)をそれぞれ測定して,その合量で表示する。

備考1.  この試験方法において,環境からの汚染として建物の空調設備からのものが考えられるので,

循環方式の場合には,特に注意して汚染を避ける工夫を行う。

(1)

試薬  試薬は,次のものを用いる。

(a)

水  2.(8)による。

(b)

メタノール  JIS K 8891 に規定するもの(

3

)

(c)

ジクロロメタン標準液 (200mg CH

2

Cl

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約 40ml を入れて密栓

し,その質量を測定する。これに JIS K 8161 に規定するジクロロメタン約 7.6ml(

4

)

を手早く加えて

密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質

量の差から求める(

5

)

(d)

ジブロモクロロメタン標準液 (200mg CHBr

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約 40ml を入

れて密栓し,その質量を測定する。ジブロモクロロメタン約 4.2ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その

質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から求

める(

5

)

(e)

テトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液 (200mg CCl

4

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約


5

K 0125-1995

40ml

を入れて密栓し,その質量を測定する。JIS K 8459 に規定する四塩化炭素約 6.3ml(

4

)

を手早く

加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前

後の質量の差から求める(

5

)

(f)

トリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (200mg CHCl

3

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール

約 40ml を入れて密栓し,その質量を測定する。JIS K 8322 に規定するクロロホルム約 6.8ml(

4

)

を手

早く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,

前後の質量の差から求める(

5

)

(g)

トリブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (200mg CHBr

3

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール

約 40ml を入れて密栓し,その質量を測定する。トリブロモメタン(ブロモホルム)約 4.1ml(

4

)

を手

早く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,

前後の質量の差から求める(

5

)

(h)

ブロモジクロロメタン標準液 (200mg CHBrCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約 40ml を入

れて密栓し,その質量を測定する。ブロモジクロロメタン約 5.1ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その

質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から求

める(

5

)

(i)  1

2−ジクロロエタン標準液 (200mg CH

2

ClCH

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約 40ml

を入れて密栓し,その質量を測定する。JIS K 8465 に規定する 1,2−ジクロロエタン約 7.9ml (

4

)

手早く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度

は,前後の質量の差から求める(

5

)

(j)  1

11−トリクロロエタン標準液 (200mg CH

3

CCl

3

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約 40ml

を入れて密栓し,その質量を測定する。1,1,1−トリクロロエタン約 7.5ml(

4

)

を手早く加えて密栓

し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の

差から求める(

5

)

(k)  1

12−トリクロロエタン標準液 (200mg CHCl

2

CH

5

Cl/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約

40ml

を入れて密栓し,その質量を測定する。1,1,2−トリクロロエタン約 7ml(

4

)

を手早く加えて

密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質

量の差から求める(

5

)

(l)  1

1−ジクロロエテン標準液 (200mg CCl

2

CH

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約 40ml を

入れて密栓し,その質量を測定する。1,1−ジクロロエテン約 8.3ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,そ

の質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から

求める(

5

)

(m)  cis-1

2−ジクロロエテン標準液 (200mg cis-CHClCHCl/ml)    全量フラスコ 50ml にメタノール

約 40ml を入れて密栓し,その質量を測定する。cis-1,2−ジクロロエテン約 7.8ml(

4

)

を手早く加え

て密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の

質量の差から求める(

5

)

(n)  trans-1

2−ジクロロエテン標準液 (200mg trans-CHClCHCl/ml)    全量フラスコ 50ml にメタノ

ール約 40ml を入れて密栓し,その質量を測定する。trans-1,2−ジクロロエテン約 7.9ml(

4

)

を手早く

加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前

後の質量の差から求める(

5

)

(o)

テトラクロロエテン標準液 (200mg CCl

2

CCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約 40ml を入


6

K 0125-1995

れて密栓し,その質量を測定する。テトラクロロエテン約 6.2ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質

量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から求め

(

5

)

(p)

トリクロロエテン標準液 (200mg CHClCCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約 40ml を入

れて密栓し,その質量を測定する。JIS K 8666 に規定するトリクロロエチレン約 6.9ml(

4

)

を手早く加

えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後

の質量の差から求める(

5

)

(q)  1

2−ジクロロプロパン標準液 (200mg CH

3

CHClCH

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約

40ml

を入れて密栓し,その質量を測定する。1,2-ジクロロプロパン約 8.7ml(

4

)

を手早く加えて密栓

し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の

差から求める(

5

)

(r)  cis-1

3−ジクロロ−1−プロペン標準液 (200mg cis-ClCHCHCH

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ 50ml に

メタノール約 40ml を入れて密栓し,その質量を測定する。cis-1,3−ジクロロ−1−プロペン約 8.3ml

(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の

濃度は,前後の質量の差から求める(

5

)

(s)  trans-1

3−ジクロロ−1−プロペン標準液 (200mg trans-ClCHCHCH

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ

50ml

にメタノール約 40ml を入れて密栓し,その質量を測定する。trans-1,3-ジクロロ−1−プロペ

ン約 8.2ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。

この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める(

5

)

(t)  1

4−ジクロロベンゼン(p−ジクロロベンゼン)標準液 (200mg C

6

H

4

Cl

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml

にメタノール約 40ml を入れて密栓し,その質量を測定する。1,4−ジクロロベンゼン(p

ジクロ

ロベンゼン)約 6.9ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線ま

で加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める(

5

)

(u)  1

2−ジメチルベンゼン(o−キシレン)標準液 [200mg o-C

6

H

4

 (CH3) 2/ml]

  全量フラスコ 50ml

にメタノール約 30ml を入れて密栓し,その質量を測定する。1,2−ジメチルベンゼン(o

キシレ

ン)約 11.4ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。

この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める(

5

)

(v)  1

3−ジメチルベンゼン(m−キシレン)標準液 [100mg m-C

6

H

4

 (CH3) 2/ml]

  全量フラスコ 50ml

にメタノール約 40ml を入れて密栓し,その質量を測定する。1,3−ジメチルベンゼン(m−キシレ

ン)約 5.8ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。

この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める(

5

)

(w)  1

4−ジメチルベンゼン(p

キシレン)標準液 [100mg p-C

6

H

4

 (CH

3

2

/ml] 

  全量フラスコ 50ml

にメタノール約 40ml を入れて密栓し,その質量を測定する。1,4−ジメチルベンゼン(p−キシレ

ン)約 5.9ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。

この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める(

5

)

(x)

ベンゼン標準液 (200mg C

6

H

6

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約 30ml を入れて密栓し,その

質量を測定する。JIS K 8858 に規定するベンゼン約 11.4ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質量を測

定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める(

5

)

(y)

メチルベンゼン(トルエン)標準液 (200mg C

6

H

5

CH

3

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にメタノール約 30ml

を入れて密栓し,その質量を測定する。JIS K 8680 に規定するトルエン約 11.6ml(

4

)

を手早く加えて


7

K 0125-1995

密栓し,その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質

量の差から求める(

5

)

(z)

フルオロベンゼン溶液  全量フラスコ 50ml にメタノール約 40ml を入れて密栓し,その質量を測定

する。フルオロベンゼン約 1ml(

4

)(

6

)

を手早く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,メタノー

ルを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める(

5

)

。この溶液の濃度は約 20mg

C

6

H

5

F/ml

になる。

また,この溶液を適宜希釈して内標準物質として使用する。

(aa)

揮発性有機化合物混合標準液 [{0.5mg CH

2

Cl

2

, 0.5mg CHBr

2

Cl, 0.5mg CCl

4

, 0.5mg CHCl

3

, 0.5mg 

CHBr

3

, 0.5mg CHBrCl

2

, 0.5mg CH

2

ClCH

2

Cl, 0.5mg CH

3

CCl

3

, 0.5mg CHCl

2

CH

2

Cl, 0.5mg CCl

2

CH

2

0.5mg  cis-CHCl

CHCl, 0.5mg trans-CHClCHCl, 0.5mg CCl

2

CCl

2

, 0.5mg CHCl

CCl

2

, 0.5mg 

CH

3

CHClCH

2

Cl, 0.5mg cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 0.5mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl, 0.5mgC

6

H

4

Cl

2

, 0.5mg 

o-C

6

H

(CH

3

)

2

, 0.25mg m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 0.25mg p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 0.5mg C

6

H

6

, 0.5mg C

6

H

5

CH

3

} /ml](

7

) (

8

)

全量フラスコ 200ml にメタノール約 100ml を入れ,

これにジクロロメタン標準液 (200mg CH

2

Cl

2

/ml)

ジブロモクロロメタン標準液 (200mg CHBr

2

Cl/ml)

,テトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液

(200mg CCl

4

/ml)

,トリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (200mg CHCl

3

/ml)

,トリブロモメタン

(ブロモホルム)標準液 (200mg CHBr

3

/ml)

,ブロモジクロロメタン標準液 (200mg CHBrCl

2

/ml)

,1,

2

−ジクロロエタン標準液 (200mg CH

2

ClCH

2

Cl/ml)

,1,1,1−トリクロロエタン標準液 (200mg

CH

3

CCl

3

/ml)

,1,1,2−トリクロロエタン標準液 (200mg CHCl

2

CH

2

Cl/ml)

,1,1−ジクロロエテン

標準液 (200mg CCl

2

=CH

2

/ml)

cis-1,2−ジクロロエテン標準液 (200mg cis-CHCl=CHCl/ml),trans-1,

2

−ジクロロエテン標準液 (200mg trans-CHCl=CHCl/ml),テトラクロロエテン標準液 (200mg CCl

2

=CCl

2

/ml)

,トリクロロエテン標準液 (200mg CHCl=CCl

2

/ml)

,1,2−ジクロロプロパン標準液

(200mg CH

3

CHClCH

2

Cl/ml)

, cis-1 , 3 − ジ ク ロ ロ − 1 − プ ロ ペ ン 標 準 液  (200mg cis-ClCH =

CHCH

2

Cl/ml)

trans-1,3−ジクロロ−1−プロペン標準液 (200mg trans-ClCHCHCH

2

Cl/ml)

,1,4−

ジクロロベンゼン(p−ジクロロベンゼン)標準液 (200mg C

6

H

4

Cl

2

/ml)

,1,2−ジメチルベンゼン(o

−キシレン)標準液 [200mg o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

/ml]

,1,3−ジメチルベンゼン(m−キシレン)標準液

[100mg m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

/ml]

,1,

4

−ジメチルベンゼン

p

キシレン)

標準液 [100mg p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

/ml]

ベンゼン標準液 (200mg C

6

H

6

/ml)

及びメチルベンゼン(トルエン)標準液 (200mg C

6

H

5

CH

3

/ml)

それぞれ 0.5ml(

4

)

とり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,検量線作成時に使

用する。

(ab)

揮発性有機化合物混合標準液  [{50

µg CH

2

Cl

2

, 50

µg CHBr

2

Cl, 50

µg CCl

4

, 50

µg CHCl

3

, 50

µg CHBr

3

50

µg CHBrCl

2

, 50

µg CH

2

ClCH

2

Cl, 50

µg CH

3

CCl

3

, 50

µg CHCl

2

CH

2

Cl, 50

µg CCl

2

= CH

2

, 50

µ

cis-CHCl

= CHCl, 50

µg  trans-CHCl = CHCl, 50µg CCl

2

= CCl

2

, 50

µg CHCl = CCl

2

, 50

µ

CH

3

CHClCH

2

Cl, 50

µg  cis-ClCHCHCH

2

Cl, 50

µg  trans-ClCHCHCH

2

Cl, 50

µg C

6

H

4

Cl

2

, 50

µ

o-C

6

H

(CH

3

2

, 25

µm-C

6

H

4

 (CH

3

2

, 25

µg p-C

6

H

(CH

3

2

, 50

µg C

6

H

6

, 50

µg C

6

H

5

CH

3

}/ml]

  全量フラ

スコ 10ml に少量のメタノールを入れ,これに(aa)の揮発性有機化合物混合標準液 1ml をとり,さら

にメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,(3)の準備操作で使用する。

(ac)

ヘリウム  ヘリウム(純度 99.999 9vol%以上)

(ad)

窒素  JIS K 1107 に規定する高純度窒素 1 級

(

3

)

メタノールは使用前に(4)の空試験の操作に準じてメタノールを注入し,測定に支障がないこと

を確認する。開封後は試験室内では室内の空気による汚染を受けることがあるので,汚染のな


8

K 0125-1995

い場所に保存しておく。

(

4

)

化合物の質量に相当する体積(質量/密度から求める。

)を全量ピペット又はマイクロシリンジ

で採取する。

また,標準液を希釈して調製する場合は全量ピペットを用いる。

(

5

)

使用時に調製する。ただし,次の操作を行い,冷暗所に保存した場合は 1∼3 か月間は保存でき

る。市販品を用いてもよい。

標準液の保存方法  調製した標準液を直ちに液化窒素で冷却し,液化窒素又はアセトン・ドラ

イアイスなどの冷媒を用いた冷却条件下でアンプルに移し,溶封して保存する。

(

6

)

内標準物質として 4−ブロモフルオロベンゼン (C

6

H

4

BrF)

を用いてもよい。この場合の調製方

法は,次による。

4

−ブロモフルオロベンゼン溶液の調製方法  全量フラスコ 50ml にメタノール約 40ml を入れ

て密栓し,その質量を測定する。4−ブロモフルオロベンゼン約 0.7ml を手早く加えて密栓し,

その質量を測定する。次に,メタノールを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の

差から求める。この溶液の濃度は約 20mg C

6

H

4

BrF/ml

である。

内標準物質として試料に添加する場合,又は

備考 2.のガスクロマトグラフ質量分析計の感度

調節に用いる場合は,

(

16

)

に従って調製したものを用いる。

(

7

)

揮発性有機化合物混合標準液などは,濃度の分かった市販品を用いてもよい。

(

8

)

各物質をそれぞれ単独に試験する場合には,必要な項目の標準液をそれぞれ(aa)又は(ab)に準じ

て調製する。

(2)

器具及び装置  器具及び装置は,次のとおりとする。

(2.1)

ガスタイトシリンジ  5∼25ml を採取できるもの(

9

)

(2.2)

マイクロシリンジ  1∼100

µl を採取できるもの(

10

)

(2.3)

バブラー  パージガスを試料に通気するとき,微細な気泡を生じるもの。

(2.4)

パージ・トラップ装置  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

パージ容器  0.5∼25m1 の試料を注入できるガラス容器又はそれに試料導入部をもつもの。使用前

に水で洗浄した後,105±2℃で約 3 時間加熱し,デシケーター中で放冷する。

(b)

パージ容器恒温装置  パージ容器を 20∼40℃の一定温度で保持できるもの。

(c)

トラップ用管  内径 0.5∼5mm,長さ 50∼300mm の石英ガラス管,ステンレス鋼製管又は内面を不

活性処理したステンレス鋼製のもの。

(d)

トラップ管充てん剤  2,6−ジフェニル−1,4−ジフェノキシドポリマー(粒径 177∼250

µm 又は

250

∼500

µm),シリカゲル(粒径 250∼500µm)及び活性炭(粒径 250∼500µm),又はこれと同等

の性能をもつもの。

参考 1.

2

,6−ジフェニル−1,4−ジフェノキシドポリマーは,Tenax GC や Tenax TA などの名

称で市販されている。

(e)

トラップ管  トラップ管充てん剤をトラップ用管に充てん(

11

)

し,使用に先立ってヘリウムを流量

20

∼40ml/min で流しながら,トラップ管の再生温度で 30∼60 分間加熱する(

12

)

(f)

トラップ管加熱装置  パージ時にトラップ管を 20∼40℃に保持でき,さらにトラップ管に捕集した

揮発性有機化合物の加熱脱着のために 1 分間以内に約 180∼280℃まで加熱でき,脱着温度に約 4 分

間以上保持できるもの。

(g)

パージガス  (1)(ac)のヘリウム又は(1)(ad)の窒素による(

13

)

。流量 20∼60ml/min の範囲で一定に調節


9

K 0125-1995

して用いる。

(h)

冷却凝縮装置(

14

)

  内径 0.32∼0.53mm の石英ガラス管又はキャピラリーカラムで,凝縮時に−30℃

以下に冷却ができ,かつ,脱着時には 1 分間以内にカラム槽の温度まで又は 200℃程度に加熱でき

るもの。

(2.5)

ガスクロマトグラフ質量分析計

(2.5.1)

ガスクロマトグラフ  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

キャピラリーカラム用管(

15

)

  内径 0.2∼0.32mm,長さ約 25∼60m の石英ガラス製,硬質ガラス製又

は内面を不活性処理したステンレス鋼製のもの。

(b)

キャピラリーカラム(

15

)

  キャピラリーカラム用管の内壁にフェニルメチルポリシロキサン(又はジ

メチルポリシロキサン)を 0.1∼3

µm の厚さで被覆したもの。又はこれと同等の分離性能をもつも

の。

参考 2.

この試験に用いるキャピラリーカラムの内径 0.2∼0.32mm のものには,AQUATIC,

DB-624

,Halomatics 624,Vocol などの名称で市販されているものがある。

(c)

キャリヤーガス  (1)(ac)のヘリウムによる(

13

)

。線速度は 20∼40cm/s の範囲に調節して用いる。

(d)

カラム槽温度  35∼230℃で 0.5℃以内の温度調節の精度があり,昇温が可能なもの(例えば,40℃

に約 1 分間保持し,2∼10℃/min で 230℃まで上昇させることができるもの。

(e)

インタフェース部湿度  150∼280℃

(2.5.2)

質量分析計  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

イオン化方式  電子衝撃イオン化法(EI 法)

(b)

検出方式  選択イオン検出法 (SIM) が行え,所定の定量範囲に感度が調節できるもの。又は同等の

方法が行えるもの。

(c)

イオン源温度  機器の最適条件にする。

(d)

電子加速電圧  70V

(

9

)

試料中の揮発性有機化合物の濃度が高いとシリンジに吸着され,次の試料への汚染の原因にな

る。このような場合には手早くシリンジを,メタノールで3回,2.(8)の水で3回,さらに測定す

る試料で3回洗浄する。

使用するガスタイトシリンジは,空試験用,低濃度測定用(揮発性有機化合物濃度がおおむ

ね 10

µg/

λ

以下)

,高濃度測定用の 3 本を用意しておくとよい。

(

10

)

使用するマイクロシリンジは同一ロットのもので,空試験用,低濃度測定用,高濃度測定用の

3

本を用いるとよい。

(

11

)

通常は 2,6−ジフェニル−1,4−ジフェノキシドポリマーを単独で用いることもあるが,これ

とシリカゲル若しくは活性炭,又はシリカゲルと活性炭とを用いてもよい。あらかじめ対象と

する揮発性有機化合物が定量的に吸着,脱着されることを確認しておく。シリカゲルを用いた

場合には水分除去の操作を必ず行う。

(

12

)

トラップ管は,このほかに試料の測定ごとに,再生温度(約 180∼280℃)でヘリウムの流量を

20

∼40ml/min で,10 分間程度通気する。

(

13

)

パージガスやキャリヤーガスから対象とする物質が検出された場合は,モレキュラーシーブ,

活性炭,シリカゲルなど充てんした精製管で精製する必要がある。

(

14

)

クライオフォーカス装置ともいう。

トラップ管に吸着した揮発性有機化合物を加熱脱着する場合は,キャピラリーカラムの内径


10

K 0125-1995

が 0.25mm の場合は,揮発性有機化合物の吸着帯を狭くするためにこの装置が必要であるが,

内径が 0.32mm 以上の場合は,必ずしもこの装置を用いなくてもよいものもある。

(

15

)

用いるカラムとしては,このほかに内径 0.53mm 以上のものも使用できる。この場合のガスク

ロマトグラフ質量分析計の条件などについては

備考 4.による。

備考2.  ガスクロマトグラフ質量分析計は,注(

6

)

の4−ブロモフルオロベンゼン溶液又は各揮発性有機

化合物を用いて,(4)に準じて操作をし,0.5ng が検出できる感度に調節しておく。

3.

各工程における最適条件は,吸着剤の種類や使用量などによって異なるので,十分な回収が

得られる条件をあらかじめ求めておくこと。

4.

キャピラリーカラムの内径が 0.53∼0.75mm,長さ 30∼120m のものも使用できる。この場合

のガスクロマトグラフ質量分析計の条件などの一例を以下に示す。

なお,この場合は冷却凝縮装置は省略することができる。

1)

パージトラップ装置  (2.4)(a)(g)による。

2)

ガスクロマトグラフ質量分析計  (2.5)による。ただし,キャピラリー用管,インタフェース

(セパレーター)及びキャリヤーガス排除装置は,次による。

(a) 

キャピラリーカラム用管  内径 0.53∼0.75mm,長さ 30∼120m の石英ガラス製,硬質ガラ

ス製又は内面を不活性処理したステンレス鋼製のもの。

(b)

インタフェース(セパレーター)  ガスクロマトグラフと質量分析部の接続機器で,キャ

リヤーガスの大部分を分離除去し,試料を導入するための部分で温度制御できるもの。

(c)

キャリヤーガス排除装置(*)

(*)  この場合は,インタフェースによるキャリヤーガスの排気が必要であり,排気量の大

きめな真空ポンプが望ましい。ただし,このことによって感度は若干低下する。

5.

パージ部,トラップ部,冷却凝縮装置部及びガスクロマトグラフ質量分析計の接続概念図を

図 5.1 に示す。

図 5.1  接続概念図

(3)

準備操作  準備操作は,次のとおり行う。

(a)

パージガスの流量を 20∼40ml/min に調節し,パージ容器内の空気をパージガスで十分に置換する。

(b)

パージガスの流量を 20∼40ml/min に調節し,トラップ管加熱装置を用いてトラップ管の上限温度以

下でできるだけ高温に上げ,30 分間以上保持する。

(c)

キャリヤーガスの流速を線速度で 20∼40cm/s に調節し,カラム槽の昇温操作(例えば,40℃に 1 分

間保持し,2∼10℃/min で 230℃まで上昇させる。

)を行う。

(d)

水の一定量(0.5∼25ml の一定量,例えば,5ml)をガスタイトシリンジ(

9

)

を用いてパージ容器に注

入する。次に,マイクロシリンジ(

10

)

を用いて,(1)(ab)の揮発性有機化合物混合標準液 1

µl,内標準


11

K 0125-1995

物質としてフルオロベンゼン溶液 (A) 1

µl(20ng 程度)(

16

)(

17

)(

18

)

をそれぞれこのパージ容器に注入

する。

(e)  (4)(d)

(h)の操作を行って,揮発性有機化合物及びフルオロベンゼンの保持時間の位置を確認する。

(

16

)

フルオロベンゼン溶液 (A) の調製方法  (1)(z)のフルオロベンゼン溶液0.1ml を,あらかじめメ

タノール約70ml を入れた全量フラスコ100ml にとり,メタノールを標線まで加える。この溶液

の濃度は約20

µgC

6

H

5

F/ml

になる。

(

17

)

試験操作で用いる内標準液は同じ溶液を使用する。

ただし,目的成分の濃度が高い場合は,フルオロベンゼン溶液 (A) の濃度を,

(

16

)

に準じ

て適宜濃いものを調製して用いる。

(

18

)  JIS K 0123

の 8.3.2(2)(絶対検量線法)に準じて行う場合には,内標準物質の添加は行わない。

備考6.  この準備操作は,(4)の操作を行う前段として行うが,多数の試料を連続して試験を行う場合

は,2回目以降は省略してもよい。

(4)

操作  操作は,次のとおり行う。

(a)  (3)(a)

の操作を行う。

(b)  (3)(b)

の操作を行う。ただし,トラップ管加熱装置を用いてトラップ管の保持時間は,10 分間程度

とする。

(c)  3.

によって採取した試料の適量(0.5∼25ml の一定量,例えば,5ml)(

19

)

を,ガスタイトシリンジ(

9

)

を用いてパージ容器に注入する。次に,マイクロシリンジ(

10

)

を用いて,内標準物質としてフルオロ

ベンゼン溶液 (A) 1

µl(20ng 程度)(

16

)(

17

)(

18

)

及びメタノール 1

µl をこのパージ容器に注入する。

(d)

パージ容器をパージ容器恒温装置に入れ,試料の温度を一定(例えば,20℃又は 40℃以下)にする。

(e)

トラップ管の温度が室温程度であることを確認して,パージガスで(c)の溶液をパージするとともに,

パージした揮発性有機化合物をトラップ管に捕集する(

20

)(

21

)

(f)

冷却凝縮装置をあらかじめ冷却(例えば,−50℃又は−120℃)しておき,トラップ管加熱装置の温

度を 1 分間以内で急激に加熱(例えば,180℃又は 280℃)し,キャリヤーガスを約 4 分間通気して

トラップ管から揮発性有機化合物を脱着させ,冷却凝縮装置に吸着させる(

22

)

(g)

冷却凝縮装置を加熱し(

23

)

,キャリヤーガスで揮発性有機化合物をガスクロマトグラフ質量分析計に

導入する。

(h)

揮発性有機化合物及びフルオロベンゼン特有の選択イオンを設定し(

24

)

,選択イオン検出法又はこれ

と同等の方法によって測定してその選択イオンクロマトグラムを記録する。

(i)  (3)

であらかじめ記録してある揮発性有機化合物及びフルオロベンゼンの保持時間に一致している

ことを確認し,保持時間に相当する位置のそれぞれの指示値(

25

)

を読み取る。

(j)

次の操作に備えて,(a)及び(b)の操作を行い,トラップ管を再生する。

(k)

空試験として,試料と同量の水について(c)(h)の操作を行って(3)であらかじめ記録してある揮発性

有機化合物及びフルオロベンゼンの保持時間に相当する位置にピークが検出され,その指示値(

25

)

が定量下限値以上である場合は,再度操作をし直す(

26

)(

27

)

。次の操作に備えて,(a)及び(b)の操作を

行い,トラップ管を再生する。

(l)

検出された揮発性有機化合物の指示値とフルオロベンゼンの指示値との比を求める。検量線から揮

発性有機化合物の量 (ng) を求め,次の式によって試料中の揮発性有機化合物の濃度  (

µg/l)  を算出

する。


12

K 0125-1995

V

a

N

000

1

10

10

3

×

×

=

ここに,

N

対象揮発性有機化合物の濃度  (

µg/l(

1

)(

2

)(

28

)

a

検量線から求めた対象揮発性有機化合物の量 (ng)

V

試料 (ml)

10

3

ng

µg に換算する係数

検量線(

26

)(

29

)

  (1)(aa)の揮発性有機化合物混合標準液 0.01∼5ml(

30

)

を段階的に全量フラスコ 10ml

にとり(

31

)

,メタノールを標線まで加える。

(a)

の操作で十分に置換したパージ容器に試料と同量の水を,ガスタイトシリンジ(

9

)

を用いて注入

し,これらの標準液 1

µl 及び内標準物質としてフルオロベンゼン溶液 (A) 1µl(20ng 程度)(

16

)(

17

)(

18

)

をこのパージ容器に注入する。次に,(d)(i)の操作を行う。次の操作に備えて,(a)及び(b)の操作

を行い,トラップ管を再生する。

空試験として,試料と同量の水についてこの操作を行う。ただし,この場合はこれらの標準液に

代えメタノール 1

µl を注入する。

これらの標準液について得られた指示値を空試験で得た指示値で補正し,各揮発性有機化合物の

指示値とフルオロベンゼンの指示値との比を求める。各揮発性有機化合物の量 (ng) に対する各揮

発性有機化合物とフルオロベンゼンの指示値との比による関係線を作成する。検量線の作成は試料

測定時に行う。

(

19

)

通常は5ml であるが,検出器の感度が十分でない場合は,これ以上採取することになる。

また,試料中の揮発性有機化合物の濃度が高く,定量上限を超える場合は,次のいずれかの

方法を用いてもよいが,この方法では試料が環境からの汚染のないように十分注意する必要が

ある。このような高い濃度の試料を取り扱った後は,パージ容器は,メタノール及び水でよく

洗浄した後,105±2℃で約 3 時間加熱し,デシケーター中で放冷する。

また,ガスタイトシリンジなどは

(

9

)

に準じて洗浄を行う。

(i)

試料の採取量は通常は 5ml であるが,この

10

1

程度の採取量までは定量が可能である。

(ii)

  (3)(a)

によってあらかじめ置換してあるパージ容器に水 5ml を注入し,密閉し,これに試

料の適量をガスタイトシリンジを用いて注入する。

(

20

)

パージ時間は,揮発性有機化合物が十分にパージでき,かつ,トラップ管の破過容量を超えな

い範囲で行う。

(

21

)

(

11

)

によって,シリカゲルを用いた場合は,水分の除去が必要である。この場合の水分の除去

に必要な時間は,使用する装置の条件によるが,おおむね 5∼10 分間で十分である。

(

22

)

備考 4.で冷却凝縮装置を省略した場合は,この操作は省略できる。

(

23

)

冷却凝縮装置がカラム槽外にあるものは,瞬時に温度を上昇し,キャピラリーカラムに導入す

ることが必要である。

(

24

)

特有の選択イオンを設定するには

表 5.2 を参考にするとよい。

(

25

)

ピーク高さ又はピーク面積。

(

26

)

空試験値が定量下限値を超える場合は,分析環境や分析装置などを十分に点検して再測定を行

う。

(

27

)

(

19

)

(ii)によった場合は,空試験の指示値を用いて試料の指示値を補正する。


13

K 0125-1995

(

28

)

総トリハロメタンの濃度を求める場合は,ジブロモクロロメタン,トリクロロメタン(クロロ

ホルム)

,トリブロモメタン(ブロモホルム)及びブロモジクロロメタンのそれぞれの濃度の合

計で算出する。

(

29

)

検出器の感度が安定であることが確認できている場合は,JIS K 0123 の 8.3.2(2)に準じて定量し

てもよい。

(

30

)

  1

,2−ジメチルベンゼン(o

キシレン)

,1,3−ジメチルベンゼン(m

キシレン)

,1,4−ジ

メチルベンゼン(p

キシレン)及びメチルベンゼン(トルエン)の定量において,定量範囲の

上限値の測定が困難な場合は,ガスクロマトグラフ質量分析計の感度の調節を行い,再び定量

範囲の確認を行う。

(

31

)

段階的に標準液を全量フラスコにとる場合に,あらかじめ少量のメタノールを入れておく。

備考7.  この方法を使用するための目安として,5.3.2又は5.4.2の備考28.によって,揮発性有機化合物

の概略の濃度を確認しておくとよい。

8.

この試験方法において,コーン油 30mg/l,陽イオン界面活性剤,陰イオン界面活性剤は各

50mg/l

,1−プロパンチオール(n−プロピルメルカプタン)

,ジメチルジスルフィド(二硫化

ジメチル)は 30mg/までは妨害しない。ただし,ジメチルベンゼン(キシレン)及びメチル

ベンゼン(トルエン)は試料中にエンジン油,軽油の濃度がそれぞれ 10mg/以上あると測定

は困難である。

表 5.2  選択イオン検出法における選択イオンの一例

No.

物質名

化学式

分子量

選択イオン (m/z) (

32

)

1

ジクロロメタン CH

2

Cl

2

 84.93

84

86

49

2

ジブロモクロロメタン CHBr

2

Cl 208.28

129

127

131

3

テトラクロロメタン(四塩化炭素) CCl

4

 153.82

117

119

121

4

トリクロロメタン(クロロホルム) CHCl

3

 119.38

83

85

47

5

トリブロモメタン(ブロモホルム) CHBr

3

 252.73

173

171

175

6

ブロモジクロロメタン CHBrCl

2

 163.82

83

85

47

7 1

,2−ジクロロエタン CH

2

ClCH

2

Cl 98.96

62

64

8 1

,1,1−トリクロロエタン CH

3

CCl

3

 133.40

97

99

61

9 1

,1,2−トリクロロエタン CHCl

2

CH

2

Cl 133.40

97

83

99

10 1

,1−ジクロロエテン CCl

2

=CH

2

 96.94

96

61

11

cis-1

,2−ジクロロエテン CHCl=CHCl 96.94

96

61

98

12

trans-1

,2−ジクロロエテン

96

61

98

13

テトラクロロエテン CCl

2

=CCl

2

 165.83

166

164

129

14

トリクロロエテン CHCl=CCl

2

 131.39

130

132

95

15 1

,2−ジクロロプロパン CH

3

CHClCH

2

Cl 112.99

63

76

62

16

cis-1

,3−ジクロロ−1−プロペン ClCH=CHCH

2

Cl 110.97  75 110  49

17

trans-1

,3−ジクロロ−1−プロペン

75

110

49

18 1

,4−ジクロロベンゼン(p

ジクロロベンゼン) C

6

H

4

Cl

2

 147.00

146

148

111

19 1

,2−ジメチルベンゼン(o

キシレン)

C

6

H

4

 (CH

3

)

2

 106.17

106

91

105

20 1

,3−ジメチルベンゼン(m

キシレン)

106

91

105

21 1

,4−ジメチルベンゼン(p

キシレン)

106

91

105

22

ベンゼン

C

6

H

6

 78.11

78

77

52

23

メチルベンゼン(トルエン)

C

6

H

5

CH

3

 92.14

92

91

フルオロベンゼン

C

6

H

5

F 96.10

96

70

4

−ブロモフルオロベンゼン

C

6

H

4

BrF 175.00

174

176

95

(

32

)

選択イオンの選択基準は,イオン強度の大きいもの,実試料で妨害のあるものは避ける。


14

K 0125-1995

5.2

ヘッドスペース−ガスクロマトグラフ質量分析法  この方法は,表 5.3 の揮発性有機化合物について

同時定量法(又は個別定量法)として適用する。

バイアルに試料及び塩化ナトリウムを空間が残るようにとり,一定温度で気液平衡状態とし,その気相

の一定量をガスクロマトグラフ質量分析計に導入して,検出には選択イオン検出法 (SIM) 又はこれと同等

の方法を用い,各々の選択イオンのクロマトグラフを測定して,揮発性有機化合物の濃度を求める方法で

ある。この場合の対象物質,定量範囲及び繰返し分析精度は,

表 5.3 のとおりである。

表 5.3  対象物質とその定量範囲及び繰返し分析精度の一覧

対象物質

定量範囲

繰返し分析精度

µg/l %

ジクロロメタン (CH

2

Cl

2

) 0.2

∼200 10∼20

ジブロモクロロメタン (CHBr

2

Cl) 0.2

∼200 10∼20

テトラクロロメタン(四塩化炭素) (CCl

4

) 0.2

∼200 10∼20

トリクロロメタン(クロロホルム) (CHCl

3

) 0.2

∼200 10∼20

トリブロモメタン(ブロモホルム) (CHBr

3

) 0.2

∼200 10∼20

ブロモジクロロメタン (CHBrCl

2

) 0.2

∼200 10∼20

1

,2−ジクロロエタン (CH

2

ClCH

2

Cl) 0.2

∼200 10∼20

1

,1,1−トリクロロエタン (CH

3

CCl

3

) 0.2

∼200 10∼20

1

,1,2−トリクロロエタン (CHCl

2

CH

2

Cl) 0.2

∼200 10∼20

1

,1-ジクロロエテン (CCl

2

=CH

2

) 0.2

∼200 10∼20

cis-1

,2−ジクロロエテン  (cis-Cl=CHCl) 0.2∼200 10∼20

trans-1

,2−ジクロロエテン  (trans-CHCl=CHCl) 0.2∼200 10∼20

テトラクロロエテン (CCl

2

=CCl

2

) 0.2

∼200 10∼20

トリクロロエテン (CHCl=CCl

2

) 0.2

∼200 10∼20

1

,2−ジクロロプロパン (CH

3

CHClCH

2

Cl) 0.2

∼200 10∼20

cis-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (cis-CICH=CHCH

2

Cl)(

1

) 0.2

∼200 10∼20

trans-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (trans-ClCH=CHCH

2

Cl)(

1

)

0.2

∼200 10∼20

1

,4−ジクロロベンゼン(p−ジクロロベンゼン) (C

6

H

4

Cl

2

) 0.2

∼200 10∼20

1

,2−ジメチルベンゼン(o−キシレン)  [o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

) 0.2

∼200 10∼20

1

,3−ジメチルベンゼン(m−キシレン)  [m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

0.2

∼200 10∼20

1

,4−ジメチルベンゼン(p−キシレン)  [p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

ベンゼン (C

6

H

6

) 0.2

∼200 10∼20

メチルベンゼン(トルエン) (C

6

H

5

CH

3

) 0.2

∼200 10∼20

(いずれも装置,測定条件によって定量範囲は異なる。

備考9.  備考1.による。

10.

この試験方法では,対象物質の気液平衡の分配率の相違によって測定感度が異なる。したが

って,測定に際してはそれぞれの感度を確認する必要がある。

(1)

試薬  試薬は,次のものを用いる。

(a)

水  2.(8)による。

(b)

塩化ナトリウム  JIS K 8150 に規定するもの(

33

)

(c)

メタノール  5.1(1)(b)による。

(d)

フルオロベンゼン溶液  5.1(l)(z)による。

(e)

揮発性有機化合物混合標準液 [{2mg CH

2

Cl

2

, 2mg CHBr

3

Cl, 2mg CCl

4

, 2mg CHCl

3

, 2mg CHBr

3

, 2mg 

CHBrCl

2

, 2mg CH

2

ClCH

2

Cl, 2mg CH

3

CCl

3

, 2mg CHCl

2

CH

2

Cl, 2mg CCl

2

CH

2

, 2mg cis-CHCl

CHCl, 2mg trans-CHCl

CHCl, 2mg CCl

2

CCl

2

, 2mg CHCl

CCl

2

, 2mg CH

3

CHClCH

2

Cl, 2mg 

cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 2mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl, 2mg C

6

H

4

Cl

2

, 2mg o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 1mg m-C

6

H


15

K 0125-1995

(CH

3

)

2

, 1mg p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 2mg C

6

H

6

, 2mg C

6

H

5

CH

3

} /ml](

7

)(

8

)(

34

)

  全量フラスコ 200ml にメタノー

ル約 100ml を入れ,これに 5.1(1)(c)のジクロロメタン標準液 (200mg CH

2

Cl

2

/ml)

5.1(1)(d)のジブロ

モクロロメタン標準液 (200mg CHBr

2

Cl/ml)

5.1(1)(e)のテトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液

(200mg CCl

4

/ml)

5.1(1)(f)のトリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (200mg CHCl

3

/ml)

5.1(1)(g)

のトリブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (200mg CHBr

3

/ml)

5.1(1)(h)のブロモジクロロメタン

標準液 (200mg CHBrCl

2

/ml)

5.1 (1)(i)の 1,2−ジクロロエタン標準液 (200mg CH

2

ClCH

2

Cl/ml)

5.1(1)(j)

の 1,1,1−トリクロロエタン標準液 (200mg CH

3

CCl

3

/ml)

5.1(1)(k)の 1,1,2−トリクロ

ロエタン標準液 (200mg CHCl

2

CH

2

Cl/ml)

5.1(1)(l)の 1,1−ジクロロエテン標準液 (200mg CCl

2

CH

2

/ml)

5.1(1)(m)の cis-1,2−ジクロロエテン標準液 (200mg cis-CHCl=CHCl/ml),5.1(1)(n)の trans-1,

2

−ジクロロエテン標準液 (200mg trans-CHCl=CHCl/ml),5.1(1)(o)のテトラクロロエテン標準液

(200mg CCl

2

=CCl

2

/ml)

5.1(1)(p)のトリクロロエテン標準液 (200mg CHCl=CCl

2

/ml)

5.1(1)(q)の 1,

2

−ジクロロプロパン標準液 (200mg CH

3

CHClCH

2

Cl/ml)

5.1(1)(r)の cis-1,3−ジクロロ−1−プロペ

ン標準液 (200mg cis-ClCH=CHCH

2

Cl/ml)

5.1(1)(s)の trans-1,3−ジクロロ−1−プロペン標準液

(200mg trans-ClCH

=CHCH

2

Cl/ml)

5.1(1)(t)の 1,4−ジクロロベンゼン(p−ジクロロベンゼン)標

準液 (200mg C

6

H

4

Cl

2

/ml)

5.1(1)(u)の 1,2−ジメチルベンゼン(o

キシレン)標準液 [200mg o-C

6

H

4

(CH

3

) 2/ml]

5.1(1)(v)の 1,3−ジメチルベンゼン(m

キシレン)標準液 [100mg m-C

6

H

4

 (CH

3

) 2/ml]

5.1(1)(w)

の 1,4−ジメチルベンゼン(p

キシレン)標準液 [100mg p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

/ml]

5.1(1)(x)

ベンゼン標準液 (200mg C

6

H

6

/ml)

及び 5.1(1)(y)のメチルベンゼン(トルエン)標準液 (200mg

C

6

H

5

CH

3

/ml)

をそれぞれ 2ml (

4

)

とり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,検量

線作成時に使用する。

(f)

揮発性有機化合物混合標準液 [{40

µg CH

2

Cl

2

, 40

µg CHBr

2

Cl, 40

µg CCl

4

, 40

µg CHCl

3

, 40

µg CHBr

3

40

µg CHBrCl

2

, 40

µg CH

2

ClCH

2

Cl, 40

µg CH

3

CCl

3

, 40

µg CHCl

2

CH

2

Cl, 40

µg CCl

2

= CH

2

, 40

µ

cis-CHCl

= CHCl, 40

µg  trans-CHCl = CHCl, 40µg CCl

2

= CCl

2

, 40

µg CHCl = CCl

2

, 40

µ

CH

3

CHClCH

2

Cl, 40

µg  cis-ClCHCHCH

2

Cl, 40

µg  trans-ClCHCHCH

2

Cl, 40

µg C

6

H

4

Cl

2

, 40

µ

o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 20

µm-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 20

µp-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 40

µg C

6

H

6

, 40

µg C

6

H

5

CH

3

}/ml]

  全量フラス

コ 10ml に少量のメタノールを入れ,これに(e)の揮発性有機化合物混合標準液 1ml をとり,さらに

メタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,(3)の準備操作で使用する。

(

33

)

水10ml に対して塩化ナトリウム3g を加えて,(4)(h)の空試験を行い,測定に支障のないことを

確認しておく。揮発性有機化合物が含まれている場合には,使用前に250∼450℃で2∼6時間加

熱した後,デシケーター中で放冷し,できるだけ早く使用する。

(

34

)

試験に用いる試料の採取量は 10ml とした場合の標準液の調製方法である。標準液の調製は,試

料の採取量に応じてこの調製方法に準じて行う。

(2)

器具及び装置  器具及び装置は,次のとおりとする。

(2.1)

バイアル  ガラス製で試料 10∼100ml を入れたとき,15∼60%の空間が残る,同形で同じ容量のも

の。バイアル用ゴム栓で密栓でき,加熱しても気密性が保てるもの。使用前に水で洗浄した後,105

±2℃で約 3 時間加熱し,デシケーター中で放冷する。

(2.2)

バイアル用ゴム栓  バイアルを密栓できるもの(

35

)

(2.3)

四ふっ化エテン樹脂フィルム  厚さ 50

µm 程度(

36

)

の四ふっ化エテン樹脂フィルム又は同等の性能を

もつもので,バイアル用ゴム栓とバイアルの間に挿入した場合に試料とバイアル用ゴム栓が接触し

ない大きさのもの。


16

K 0125-1995

(2.4)

アルミニウムキャップ  バイアルとバイアル用ゴム栓を固定できるもの。

(2.5)

アルミニウムキャップ締め器  アルミニウムキャップをバイアルに締めて固定できるもの。

(2.6)

恒温槽  25∼60℃の範囲で,設定温度に対して±0.5℃に調節でき,30∼120 分間の一定時間保持で

きるもの。

(2.7)

ガスタイトシリンジ(

37

)

  容量 20∼5 000

µl の適当な容量のもので,気密性の高いもの。

(2.8)

マイクロシリンジ  1∼5

µl が採取できるもの。

(2.9)

ガスクロマトグラフ質量分析計  5.1(2)(2.5)による。ただし,試料導入方法及び試料導入部温度は,

次による。

(a)

試料導入方法  スプリット方式,スプリットレス方式又は全量導入方式による(

38

)

(b)

試料導入部温度  150∼250℃

(

35

)

材質はシリコーン製のもので,凹凸のない平面のものが使用しやすい。

(

36

)

厚さが 50

µm 程度でないと,長時間では揮散する場合がある。

(

37

)

ヘッドスペースからの試料の採取とキャピラリーカラムへの導入は,自動注入法としてガスタ

イトシリンジ,サンプリングニードル及びサンプリングループも使用できる。

(

38

)

導入試料量が多い場合には,スプリット方式がよい。

備考11.  ガスクロマトグラフ質量分析計は,注(

6

)

の4−ブロモフルオロベンゼン溶液又は各揮発性有機

化合物について,(4)に準じて操作をし,

5.3の定量下限値が測定できる感度に調節しておく。

(3)

準備操作  準備操作は,次のとおり行う。

(a)

バイアルに塩化ナトリウム(

39

)

を,水 10ml につき 3g を加える。

(b)

  (a)

のバイアルに水[(4)(b)で採取する試料と同量](

40

)

を,静かに泡立てないようにとり,これに水

10ml

につき(1)(f)の揮発性有機化合物混合標準液 1

µl,内標準物質としてフルオロベンゼン溶液 (A)

1

µl(

16

)(

17

)(

18

)

をそれぞれマイクロシリンジを用いて注入する。

(c)

  (4)(c)

(f)の操作を行って,揮発性有機化合物及びフルオロベンゼンの保持時間の位置を確認する。

(

39

)

塩化ナトリウムの添加は,試料の塩類濃度の違いによる測定値の変動を防ぐとともに,塩析効

果による感度増加を考慮したものである。

なお,試料採取量を変えた場合は,採取量に応じて塩化ナトリウムの添加量を増減させると

よい。

(

40

)

バイアル中の気相の割合が 15∼60%になるように水又は試料を採取する。

備考12.  備考6.による。

(4)

操作  操作は,次のとおり行う。

(a)

バイアルに塩化ナトリウム(

39

)

を,試料 10ml につき 3g を加える。

(b)

  (a)

のバイアルに 3.  によって採取した試料の適量(10∼100ml の一定量,例えば,10ml)(

40

)

を,静

かに泡立てないようにとり,これに試料 10ml につきメタノール 1

µl,内標準物質としてフルオロベ

ンゼン溶液 (A) 1

µl(

16

)(

17

)(

18

)

をそれぞれマイクロシリンジを用いて注入する。

(c)

直ちに四ふっ化エテン樹脂フィルムを載せ,バイアル用ゴム栓で栓をし,その上からアルミニウム

キャップを載せ,アルミニウムキャップ締め器でバイアルとバイアル用ゴム栓を固定する。

(d)

バイアルを塩化ナトリウムが溶けるまで振り混ぜた後,25∼60℃(

41

)

の範囲で設定した温度に対し±

0.5

℃に調節した恒温槽で,30∼120 分間の一定時間静置する。

(e)

バイアル用ゴム栓を通して,ガスタイトシリンジ(

42

)

を用いて気相の一定量(例えば,1 000

µl)(

43

)

をとり,直ちに(2.9)(a)の試料導入方法によってガスクロマトグラフ質量分析計に注入する。


17

K 0125-1995

(f)

揮発性有機化合物及びフルオロベンゼン特有の選択イオンを設定し(

24

)

,選択イオン検出法又はこれ

と同等の方法によって測定してその選択イオンクロマトグラムを記録する。

(g)

  (3)

であらかじめ記録してある揮発性有機化合物及びフルオロベンゼンの保持時間に一致している

ことを確認し,保持時間に相当する位置のそれぞれの指示値(

25

)

を読み取る。

(h)

空試験として試料と同量の水(例えば,10ml)について,(a)(g)の操作を行う(

26

)

。試料について

(g)

で得た指示値を補正する。

(i)

検出された揮発性有機化合物の指示値とフルオロベンゼンの指示値との比を求める。検量線から揮

発性有機化合物の量 (ng) を求め,5.1(4)(1)の式によって試料中の揮発性有機化合物の濃度  (

µg/l)

を算出する。

検量線(

26

)(

29

)

  (1)(e)の揮発性有機化合物混合標準液 0.01∼2m1(

44

)

を段階的に全量フラスコ 10ml

にとり,メタノールを標線まで加える。

(a)

の操作を行い,このバイアルに試料と同量の水(例えば,10ml)(

40

)

を,静かに泡立てないよう

にとり,水 10ml につきこれらの標準液 1

µl,フルオロベンゼン溶液 (A) 1µl(

16

)(

17

)(

18

)

をそれぞれマ

イクロシリンジを用いて注入し,次に,(c)(g)の操作を行う。別に空試験として同量の水について,

同じ操作を行う。ただし,これら標準液の代わりにメタノール 1

µl を用いる。

これら標準液について得られた指示値を空試験で得た指示値で補正し,各揮発性有機化合物の指

示値とフルオロベンゼンの指示値との比を求める。各揮発性有機化合物の量 (ng) に対する各揮発

性有機化合物とフルオロベンゼンの指示値との比による関係線を作成する。検量線の作成は試料測

定時に行う。

(

41

)

 25

℃の条件では,揮発性有機化合物のうちジクロロメタン,テトラクロロメタン(四塩化炭素)

1

,2−ジクロロエタン,1,1,2−トリクロロエタン,cis-1,3−ジクロロ−1−プロペン及び trans-1,

3

−ジクロロ−1−プロペンは,定量下限値付近の測定が行えない場合がある。このような場合

は,例えば,20ml のバイアルを用い,これに試料10ml を入れ,恒温槽温度を60℃に上げること

ができる自動注入法[

(

37

)

]による。

(

42

)

検量線作成に用いたものと同じものを用いる。ただし,恒温槽温度が 30℃以上の場合,バイア

ルの気相の試料採取時には,ガスタイトシリンジを同じ温度以上に保温する。

(

43

)

バイアルの気相からの採取量は,一定とする。

(

44

)

試料の採取量が 10ml に対する標準液の採取量である。試料の採取量,試料容器及び恒温槽温度

(試料温度)に変更があった場合には,適宜定量範囲を満足する標準液の採取量にする。

備考13.  検出器の感度が安定であることが確認できている場合は,JIS K 01238.3.2(2)に準じて内標

準物質の添加は行わないで,検量線の作成を行ってもよい。

試料中のマトリックスの影響が多い試料については,全成分(又は目的成分)について JIS 

K 0114

の 8.9(標準添加法)に準じて,その添加の操作及び検量線の作成を行う。

5.3

パージ・トラップ−ガスクロマトグラフ法  この方法は,表 5.4 又は表 5.5 の揮発性有機化合物の同

時定量(又は個別定量)について,試料の前処理にパージ・トラップ法を用い,検出器に電子捕獲検出器

(ECD)

又は水素炎イオン化検出器 (FID) を用いたガスクロマトグラフ法を適用する。

5.3.1

電子捕獲検出器 (ECD) を用いたパージ・トラップ−ガスクロマトグラフ法  試料中の不活性ガス

を通気することで,

表 5.4 の揮発性有機化合物を気相中に移動させトラップ管に捕集し,トラップ管を加

熱して揮発性有機化合物を脱着し,冷却凝縮装置で冷却凝縮(クライオフォーカス)させ,ガスクロマト

グラフに導入するか,トラップ管に捕集し,引き続きトラップ管を加熱して揮発性有機化合物を分離し,


18

K 0125-1995

ガスクロマトグラフに導入して検出器に電子捕獲検出器 (ECD) を用いたガスクロマトグラフ法で測定し,

揮発性有機化合物の濃度を求める。この場合の定量範囲及び繰返し分析精度は,

表 5.4 のとおりである。

表 5.4  対象物質とその定量範囲及び繰返し分析精度の一覧

定量範囲

繰返し分析精度

対象物質

ng %

A

ジブロモクロロメタン (CHBr

2

Cl) 0.02

∼0.2 10∼20

テトラクロロメタン(四塩化炭素) (CCl

4

) 0.01

∼0.1 10∼20

ブロモジクロロメタン (CHBrCl

2

) 0.02

∼0.2 10∼20

1

,1,1−トリクロロエタン (CH

3

CCl

3

) 0.04

∼0.4 10∼20

テトラクロロエテン (CCl

2

=CCl

2

) 0.02

∼0.2 10∼20

トリクロロエテン (CHCl=CCl

2

) 0.04

∼0.4 10∼20

B

トリクロロメタン(クロロホルム) (CHCl

3

) 0.1

∼1 10∼20

トリブロモメタン(ブロモホルム) (CHBr

3

) 0.1

∼1 10∼20

1

,1,2−トリクロロエタン (CHCl

2

CH

2

Cl) 0.4

∼4 10∼20

cis-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (cis-ClCH=CHCH

2

Cl)(

1

)

0.1

∼1 10∼20

trans-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (trans-ClCH=CHCH

2

Cl)(

1

)

0.2

∼2 10∼20

C

ジクロロメタン (CH

2

Cl

2

) 2.5

∼25 10∼20

1

,2−ジクロロエタン (CH

2

ClCH

2

Cl) 2.5

∼25 10∼20

1

,1−ジクロロエテン (CCl

2

=CH

2

) 2.5

∼25 10∼20

1

,2−ジクロロプロパン (CH

3

CHClCH

2

Cl) 1

∼10 10∼20

1

,4-ジクロロベンゼン(p−ジクロロベンゼン) (C

6

H

4

Cl

2

) 2

∼20 10∼20

D

cis-1

,2−ジクロロエテン  (cis-CHCl=CHCl) 10

∼100 10∼20

trans-1

,2−ジクロロエテン  (trans-CHCl=CHCl) 4

∼40 10∼20

(いずれも装置,測定条件によって定量範囲は異なる。

備考14.  備考1.による。

(1)

試薬  試薬は,次のものを用いる。

(a)

水  2.(8)による。

(b)

メタノール  5.1(1)(b)による。

(c)

揮発性有機化合物混合標準液 A-a [{1mg CHBr

2

Cl, 0.5mg CCl

4

, 1mg CHBrCl

2

, 2mg CH

3

CCl

3

, 1mg 

CCl

2

CCl

2

, 2mg CHCl

CCl

2

} /ml](

7

)(

8

)

  全量フラスコ 100ml にメタノール約 60ml を入れ,これに

5.1(1)(e)

のテトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液 (200mg CCl

4

/ml)

を 0.25ml(

4

)

5.1(1)(d)のジブ

ロモクロロメタン標準液 (200mg CHBr

2

Cl/ml)

5.1(1)(h)のブロモジクロロメタン標準液 (200mg

CHBrCl

2

/ml)

及び 5.1(1)(o)のテトラクロロエテン標準液 (200mg CCl

2

=CCl

2

/ml)

をそれぞれ 0.5ml

(

4

)

5.1(1)(j)の 1,1,1−トリクロロエタン標準液 (200mg CH

3

CCl

3

/ml)

及び 5.1(1)(p)のトリクロロ

エテン標準液 (200mg CHCl=CCl

2

/ml)

をそれぞれ 1ml(

4

)

とり,さらにメタノールを標線まで加える

(

5

)

(d)

揮発性有機化合物混合標準液 A-b [{10

µg CHBr

2

Cl, 5

µg CCl

4

, 10

µg CHBrCl

2

, 20

µg CH

3

CCl

3

, 10

µ

CCl

2

CCl

2

, 20

µg CHClCCl

2

}/ml] 

  全量フラスコ 100ml に少量のメタノールを入れ,これに(c)

の揮発性有機化合物混合標準液 A-a 1ml をとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

(e)

揮発性有機化合物混合標準液 A-c [{1

µg CHBr

2

Cl, 0.5

µg CCl

4

, 1

µg CHBrCl

2

, 2

µg CH

3

CCl

3

, 1

µg CCl

2

CCl

2

, 2

µg CHClCCl

2

}/ml] 

  全量フラスコ 10ml に少量のメタノールを入れ,これに(d)の揮発性

有機化合物混合標準 A-b 1ml をとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,検量

線作成時に使用する。

(f)

揮発性有機化合物混合標準液 A-d [{0.05

µg CHBr

2

Cl, 0.025

µg CCl4, 0.05µg CHBrCl

2

, 0.1

µg CH

3

CCl

3


19

K 0125-1995

0.05

µg CCl

2

CCl

2

, 0.1

µg CHClCCl

2

}/ml] 

  全量フラスコ 20ml に少量のメタノールを入れ,これ

(e)の揮発性有機化合物混合標準液 A-c 1ml をとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この

標準液は,(3)の準備操作で使用する。

(g)

揮発性有機化合物混合標準液 B-a [{0.5mg CHCl

3

, 0.5mg CHBr

3

, 2mg CHCl

2

CH

2

Cl, 0.5mg cis-ClCH

CHCH

2

Cl

1mg trans-ClCHCHCH

2

Cl} /ml](

7

)(

8

)

  全量フラスコ 200ml にメタノール約 100ml を

入れ,これに 5.1(1)(f)のトリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (200mg CHCl

3

/ml)

5.1(1)(g)のト

リブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (200mg CHBr

3

/ml)

及び 5.1(1)(r)の cis-1,3−ジクロロ−1

−プロペン標準液 (200mg cis-ClCH=CHCH

2

Cl/ml)

をそれぞれ 0.5ml(

4

)

5.1(1)(s)の trans-1,3−ジク

ロロ−1−プロペン標準液 (200mg trans-ClCH=CHCH

2

Cl/ml)

を 1ml(

4

)

5.1(1)(k)の 1,1,2−トリク

ロロエタン標準液 (200mg CHCl

2

CH

2

Cl/ml)

を 2ml(

4

)

とり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

(h)

揮発性有機化合物混合標準液 B-b [{5

µg CHCl

3

, 5

µg CHBr

3

, 20

µg CHCl

2

CH

2

Cl, 5

µg  cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 10

µtrans-ClCHCHCH

2

Cl}/ml] 

  全量フラスコ 100ml に少量のメタノールを入れ,こ

れに(g)の揮発性有機化合物混合標準液 B-a lml をとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。こ

の標準液は,検量線作成時に使用する。

(i)

揮発性有機化合物混合標準液 B-c [{0.25

µg CHCl

3

, 0.25

µg CHBr

3

, 1

µg CHCl

2

CH

2

Cl, 0.25mg cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 0.5

µtrans-ClCHCHCH

2

Cl}/ml] 

  全量フラスコ 20ml に少量のメタノールを入れ,

これに(h)の揮発性有機化合物混合標準液 B-b 1ml をとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

この標準液は,(3)の準備操作で使用する。

(j)

揮発性有機化合物混合標準液 C-a [{1.25mg CH

2

Cl

2

, 1.25mg CH

2

ClCH

2

Cl, 1.25mg CCl

2

CH

2

, 0.5mg 

CH

3

CHClCH

2

Cl, 1mg C

6

H

4

Cl

2

} /ml](

7

)(

8

)

  全量フラスコ 400ml にメタノール約 200ml を入れ,これ

に 5.1(1)(q)の 1,2−ジクロロプロパン標準液 (200mg CH

3

CHClCH

2

Cl/ml)

を 1ml(

4

)

5.1(1)(t)の 1,4

−ジクロロベンゼン(p−ジクロロベンゼン)標準液 (200mg C

6

H

4

Cl

2

/ml)

を 2ml(

4

)

5.(1)(c)のジク

ロ ロ メ タ ン 標 準 液  (200mg CH

2

Cl

2

/ml)

, 5.1(1)(i) の 1 , 2 − ジ ク ロ ロ エ タ ン 標 準 液  (200mg

CH

2

ClCH

2

Cl/ml)

及び 5.1(1)(l)の 1,1−ジクロロエテン標準液 (200mg CCl

2

=CH

2

/ml)

をそれぞれ

2.5ml(

4

)

とり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

(k)

揮発性有機化合物混合標準液 C-b [{125

µg CH

2

Cl

2

, 125

µg CH

2

ClCH

2

Cl, 125

µg CCl

2

CH

2

, 50

µ

CH

3

CHClCH

2

Cl, 100

µg C

6

H

4

Cl

2

}/ml] 

  全量フラスコ 10ml に少量のメタノールを入れ,これに(j)

揮発性有機化合物混合標準液 C-a 1ml をとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液

は,検量線作成時に使用する。

(l)

揮発性有機化合物混合標準液 C-c [{6.25

µg CH

2

Cl

2

, 6.25

µg CH

2

ClCH

2

Cl, 6.25

µg CCl

2

CH

2

, 2.5

µ

CH

3

CHClCH

2

Cl, 5

µg C

6

H

4

Cl

2

}/ml] 

  全量フラスコ 20ml に少量のメタノールを入れ,これに(k)の揮

発性有機化合物混合標準液 C-b 1ml をとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,

(3)

の準備操作で使用する。

(m)

揮発性有機化合物混合標準液 D-a [{5mg cis-CHClCHCl, 2mg trans-CHClCHCl} /ml](

7

)(

8

)

  全量

フラスコ 200ml にメタノール約 100ml を入れ,これに 5.1(1)(m)の cis-1,2−ジクロロエテン標準液

(200mg  cis-CHCl

=CHCl/ml)  を 5ml  (

4

)

5.1(1)(n)の trans-1,2−ジクロロエテン標準液 (200mg

trans-CHCl

=CHCl/ml)  を 2ml(

4

)

それぞれとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

(n)

揮発性有機化合物混合標準液 D-b [{0.5mg cis-CHClCHCl, 0.2mg trans-CHClCHCl}/ml]    全量

フラスコ 10ml に少量のメタノールを入れ,これに(m)の揮発性有機化合物混合標準液 D-a 1ml をと

り,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,検量線作成時に使用する。


20

K 0125-1995

(o)

揮発性有機化合物混合標準液 D-c [{25

µg  cis-CHClCHCl, 10µg  trans-CHClCHCl}/ml]    全量フ

ラスコ 20ml に少量のメタノールを入れ,

これに(n)の揮発性有機化合物混合標準液 D-b 1ml をとり,

さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,(3)の準備操作で使用する。

(p)

ヘリウム  5.1(1)(ac)による。

(q)

窒素  5.1(1)(ad)による。

(2)

器具及び装置  器具及び装置は,次のとおりとする。

(2.1)

  5.1(2)(2.1)

(2.4)による。

(2.2)

ガスクロマトグラフ  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

キャピラリーカラム用管  内径 0.2∼1.2mm,長さ約 20∼120m の石英ガラス製,硬質ガラス製又は

内面を不活性処理したステンレス鋼製のもの。

(b)

キャピラリーカラム  5.1(2)(2.5.1)(b)による(

45

)

参考3.  参考2.による。

(c)

検出器  電子捕獲検出器

(d)

キャリヤーガス  5.1(1)(ac)のヘリウム又は 5.1(1)(ad)の窒素を用い,線速度は 20∼40cm/s の範囲に

調節する。

また,カラム出口には付加ガス(

46

)

として 5.1(1)(ad)の窒素を接続し,流量は 30∼60ml/min に調節

して用いる。

(e)

カラム槽温度  5.1(2)(2.5.1)(d)による。

(f)

検出器槽温度  250∼280℃

(

45

)

得られたピークが,対象揮発性有機化合物の保持時間付近に複雑に記録され,対象揮発性有機

化合物に相当するピークの確認が困難な場合は,極性の異なったキャピラリーカラムを用いた

ガスクロマトグラフ法によるか,又は5.1による。

(

46

)

カラムの内径が 0.53mm 以上のものを用い,キャリヤーガスに窒素を使用した場合は,付加ガ

スの量を減じてキャリヤーガスと付加ガスの合計量が 30∼60ml/min になるように調節して用い

る。

(3)

準備操作  準備操作は,次のとおり行う。

(a)

  5.1(3)(a)

(c)の操作を行う。

(b)

水の定量(0.5∼25ml の一定量,例えば,5ml)をガスタイトシリンジ(

9

)

を用いて,パージ容器に注

入する。次に,(1)(f)の揮発性有機化合物混合標準液 A-d 1

µl(

47

)

をマイクロシリンジ(

10

)

を用いてこの

パージ容器に注入する。

(c)

  (4)(d)

の操作を行い,揮発性有機化合物の保持時間の位置を確認しておく。

(

47

)

ジブロモクロロメタン,テトラクロロメタン(四塩化炭素),ブロモジクロロメタン,1,1,1

−トリクロロエタン,テトラクロロエテン及びトリクロロエテン以外の項目を試験する場合は,

(1)(i)

の揮発性有機化合物混合標準液 B-c,(1)(l)の揮発性有機化合物混合標準液 C-c,又は(1)(o)

の揮発性有機化合物混合標準液 D-c を用いて行う。

備考15.  備考6.による。

(4)

操作  操作は,次のとおり行う。

(a)

  5.1(3)(a)

の操作を行う。

(b)

  5.1(3)(b)

の操作を行う。ただし,トラップ管加熱装置を用いてトラップ管の保持時間は,10 分間程

度とする。


21

K 0125-1995

(c)

  3.

によって採取した試料の適量(0.5∼25ml の一定量,例えば,5ml)(

19

)

を,ガスタイトシリンジ(

9

)

を用いてパージ容器に注入する。次に,マイクロシリンジ(

10

)

を用いてメタノール 1

µl をこのパージ

容器に注入する。

(d)

  5.1(4)(d)

(f)の操作を行い,次に,冷却凝縮装置を加熱し(

23

)

,キャリヤーガスで揮発性有機化合物

をガスクロマトグラフに導入し,クロマトグラムを記録する。

(e)

  (3)

であらかじめ記録してある揮発性有機化合物の保持時間と一致(

45

)

していることを確認し,保持時

間に相当する位置のそれぞれ指示値(

25

)

を読み取る。

(f)

次の操作に備えて,(a)及び(b)の操作を行い,トラップ管を再生する。

(g)

空試験として,試料と同量の水について(c)(e)の操作を行って(3)であらかじめ記録してある揮発性

有機化合物の保持時間相当する位置にピークが検出され,その指示値(

25

)

が定量下限値以上である場

合は,再度操作をし直す(

26

)(

27

)

。次の操作に備えて,(a)及び(b)の操作を行い,トラップ管を再生す

る。

(h)

検量線から揮発性有機化合物の量 (ng) を求め,5.1(4)(l)の式によって試料中の揮発性有機化合物の

濃度  (

µg/l)  を算出する。

検量線(

26

)

  (1)(e)の揮発性有機化合物混合標準液 A-c(

48

)

0.2

∼2ml を段階的に全量フラスコ 10ml に

とり(

31

)

,メタノールを標線まで加える。

(a)

及び(b)の操作を行い,パージ容器に試料と同量の水(例えば,5ml)を,ガスタイトシリンジ

(

9

)

を用いて注入し,これらの標準液 1

µl をこのパージ容器に注入する。次に,(d)及び(e)の操作を行

う。次の操作に備えて,(a)及び(b)の操作を行い,トラップ管を再生する。

空試験として,試料量と同量の水についてこの操作を行う。ただし,この場合にはこれらの標準

液に代えてメタノール 1

µl を注入する。

これら標準液について得られた指示値を空試験で得た指示値で補正し,各揮発性有機化合物の指

示値とそれぞれ量 (ng) との関係線を作成する。検量線の作成は試料測定時に行う。

(

48

)

(

47

)

による場合は,検量線作成に用いる各標準液は,(1)(h)の揮発性有機化合物混合標準液 B-b,

(1)(k)

の揮発性有機化合物混合標準液 C-b,又は(1)(n)の揮発性有機化合物混合標準液 D-b を用い

る。

5.3.2

水素炎イオン化検出器 (FID) を用いたパージ・トラップ−ガスクロマトグラフ法  試料中に不活

性ガスを通気することで,

表 5.5 の揮発性有機化合物を気相中に移動させトラップ管に捕集し,トラップ

管を加熱して揮発性有機化合物を脱着し,冷却凝縮装置で冷却凝縮(クライオフォーカス)させ,ガスク

ロマトグラフに導入するか,トラップ管に捕集し,引き続きトラップ管を加熱して揮発性有機化合物を分

離し,ガスクロマトグラフに導入して検出器に水素炎イオン化検出器 (FID) を用いたガスクロマトグラフ

に注入し,揮発性有機化合物の濃度を求める。この場合の定量範囲及び繰返し分析精度は

表 5.5 のとおり

である。


22

K 0125-1995

表 5.5  対象物質とその定量範囲及び繰返し分析精度の一覧

対象物質

定量範囲

繰返し分析精度

 ng

%

ジクロロメタン (CH

2

Cl

2

) 2.5

∼1 000

10

∼20

ジブロモクロロメタン (CHBr

2

Cl) 2.5

∼1 000

10

∼20

テトラクロロメタン(四塩化炭素) (CCl

4

) 2.5

∼1 000

10

∼20

トリクロロメタン(クロロホルム) (CHCl

3

) 2.5

∼1 000

10

∼20

トリブロモメタン(ブロモホルム) (CHBr

3

) 2.5

∼1 000

10

∼20

ブロモジクロロメタン (CHBrCl

2

) 2.5

∼1 000

10

∼20

1

,2−ジクロロエタン (CH

2

ClCH

2

Cl) 2.5

∼1 000

10

∼20

1

,1,1−トリクロロエタン (CH

3

CCl

3

) 2.5

∼1 000

10

∼20

1

,1,2−トリクロロエタン (CHCl

2

CH

2

Cl) 2.5

∼1 000

10

∼20

1

,1−ジクロロエテン (CCl

2

=CH

2

) 2.5

∼1 000

10

∼20

cis-1

,2−ジクロロエテン  (cis-CHCl=CHCl) 2.5∼1 000

10

∼20

trans-1

,2−ジクロロエテン  (trans-CHCl=CHCl) 2.5∼1 000

10

∼20

テトラクロロエテン (CCl

2

=CCl

2

) 2.5

∼1 000

10

∼20

トリクロロエテン (CHCl=CCl

2

) 2.5

∼1 000

10

∼20

1

,2-ジクロロプロパン (CH

3

CHClCH

2

Cl) 2.5

∼1 000

10

∼20

cis-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (cis-ClCH=CHCH

2

Cl)(

1

)

2.5

∼1 000

10

∼20

trans-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (trans-ClCH=CHCH

2

Cl)(

1

)

2.5

∼1 000

10

∼20

1

,4−ジクロロベンゼン(p

ジクロロベンゼン) (C

6

H

4

Cl

2

) 2.5

∼1 000

10

∼20

1

,2−ジメチルベンゼン(o

キシレン)  [o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

2.5

∼1 000

10

∼20

1

,3−ジメチルベンゼン(m

キシレン)  [m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

2.5

∼1 000

10

∼20

1

,4−ジメチルベンゼン(p

キシレン)  [p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

ベンゼン (C

6

H

6

) 2.5

∼1 000

10

∼20

メチルベンゼン(トルエン) (C

6

H

5

CH

3

) 2.5

∼1 000

10

∼20

(いずれも装置,測定条件によって定量範囲は異なる。

備考16.  備考1.による。

(1)

試薬  試薬は,次のものを用いる。

(a)

水  2.(8)による。

(b)

メタノール  5.1(1)(b)による。

(c)

揮発性有機化合物混合標準液 [{2.5mg CH

2

Cl

2

, 2.5mg CHBr

2

Cl, 2.5mg CCl

4

, 2.5mg CHCl

3

, 2.5mg 

CHBr

3

, 2.5mg CHBrCl

2

, 2.5mg CH

2

ClCH

2

Cl, 2.5mg CH

3

CCl

3

, 2.5mg CHCl

2

CH

2

Cl, 2.5mg CCl

2

CH

2

2.5mg  cis-CHCl

CHCl, 2.5mg trans-CHClCHCl, 2.5mg CCl

2

CCl

2

, 2.5mg CHCl

CCl

2

, 2.5mg 

CH

3

CHClCH

2

Cl, 2.5mg cis -ClCH

CHCH

2

Cl, 2.5mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl, 2.5mg C

6

H

4

Cl

2

, 2.5mg 

o-C

6

H

(CH3)

2

, 1.25mg m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 1.25mg p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 2.5mg C

6

H

6

, 2.5mg C

6

H

5

CH

3

} /ml](

7

)(

8

)

全量フラスコ 200ml にメタノール約 100ml を入れ,これに 5.1(1)(c)のジクロロメタン標準液 (200mg

CH

2

Cl

2

/ml)

5.1(1)(d)のジブロモクロロメタン標準液 (200mg CHBr

2

Cl/ml)

5.1(1)(e)のテトラクロロ

メタン(四塩化炭素)標準液 (200mg CCl

4

/ml)

5.1(1)(f)のトリクロロメタン(クロロホルム)標準

液 (200mg CHCl

3

/ml)

5.1(1)(g)のトリブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (200mg CHBr

3

/ml)

5.1(1)(h)

のブロモジクロロメタン標準液 (200mg CHBrCl

2

/ml)

5.1(1)(i)の 1,2−ジクロロエタン標準

液 (200mg CH

2

ClCH

2

Cl/ml)

5.1(1)(j)の 1,1,1−トリクロロエタン標準液 (200mg CH

3

CCl

3

/ml)

5.1(1)(k)

の 1,1,2−トリクロロエタン標準液 (200mg CHCl

2

CH

2

Cl/ml)

5.1(1)(l)の 1,1−ジクロロ

エテン標準液 (200mg CCl

2

=CH

2

/ml)

5.1(1)(m)の cis-1,2−ジクロロエテン標準液 (200mg cis-CHCl

=CHCl/ml),5.1(1)(n)の trans-1,2−ジクロロエテン標準液 (200mg trans-CHCl=CHCl/ml),5.1(1)(o)


23

K 0125-1995

のテトラクロロエテン標準液 (200mg CCl

2

=CCl

2

/ml)

5.1(1)(p)のトリクロロエテン標準液 (200mg

CHCl

=CCl

2

/ml)

5.1(1)(q)の 1,2−ジクロロプロパン標準液 (200mg CH

3

CHClCH

2

Cl/ml)

5.1(1)(r)

の cis-1,3−ジクロロ−1−プロペン標準液 (200mg cis-ClCH=CHCH

2

Cl/ml)

5.1(1)(s)の trans-1,3

−ジクロロ−1−プロペン標準液 (200mg trans-ClCH=CHCH

2

Cl/ml)

5.1(1)(t)の 1,4−ジクロロベン

ゼン(p

ジクロロベンゼン)標準液 (200mg C

6

H

4

Cl

2

/ml)

5.1(1)(u)の 1,2−ジメチルベンゼン(o

キシレン)標準液 [200mg o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

/ml]

5.1(1)(v)の 1,3−ジメチルベンゼン(m

キシレン)

標準液 [100mg m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

/ml]

5.1(1)(w)の 1,4−ジメチルベンゼン(p

キシレン)標準液 [100mg

p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

/ml]

5.1(1)(x)のベンゼン標準液 (200mg C

6

H

6

/ml)

及び 5.1(1)(y)のメチルベンゼン(ト

ルエン)標準液 (200mg C

6

H

5

CH

3

/ml)

をそれぞれ 2.5ml(

4

)

とり,さらにメタノールを標線まで加える

(

5

)

(d)

揮発性有機化合物混合標準液 [{0.25mg CH

2

Cl

2

, 0.25mg CHBr

2

Cl, 0.25mg CCl

4

, 0.25mg CHCl

3

0.25mg CHBr

3

, 0.25mg CHBrCl

2

, 0.25mg CH

2

ClCH

2

Cl, 0.25mg CH

3

CCl

3

, 0.25mg CHCl

2

CH

2

Cl, 

0.25mg CCl

2

CH

2

, 0.25mg cis-CHCl

CHCl, 0.25mg trans-CHClCHCl, 0.25mg CCl

2

CCl

2

0.25mg CHCl

CCl

2

, 0.25mg CH

3

CHClCH

2

Cl, 0.25mg cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 0.25mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl, 0.25mg C

6

H

4

Cl

2

, 0.25mg o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 0.125mg m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 0.125mg p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

0.25mg C

6

H

6

, 0.25mg C

6

H

5

CH

3

} /ml] 

  全量フラスコ 20ml にメタノール約 10ml を入れ,これに(c)

の揮発性有機化合物混合標準液 2ml をとり,

さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

この標準液は,

検量線作成時に使用する。

(e)

揮発性有機化合物混合標準液 [{0.1mg CH

2

Cl

2

, 0.1mg CHBr

2

Cl, 0.1mg CCl

4

, 0.1mg CHCl

3

, 0.1mg 

CHBr

3

, 0.1mg CHBrCl

2

, 0.1mg CH

2

ClCH

2

, 0.1mg CH

3

CCl

3

, 0.1mg CHCl

2

CH

2

Cl, 0.1mg CCl

2

CH

2

0.1mg  cis-CHCl

CHCl, 0.1mg trans-CHClCHCl, 0.1mg CCl

2

CCl

2

, 0.1mg CHCl

CCl

2

, 0.1mg 

CH

3

CHClCH

2

Cl, 0.1mg cis-CICH

CHCH

2

Cl, 0.1mg trans-CICH

CHCH

2

Cl, 0.1mg C

6

H

4

Cl

2

, 0.1mg 

o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 0.05mg m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 0.05mg p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 0.1mg C

6

H

6

, 0.1mg C

6

H

5

CH

3

} /ml] 

  全

量フラスコ 25ml にメタノール約 20ml を入れ,

これに(c)の揮発性有機化合物混合標準液 1ml をとり,

さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,(3)の準備操作で使用する。

(f)

ヘリウム  5.1(1)(ac)による。

(9)

窒素  5.1(1)(ad)による。

(2)

器具及び装置  器具及び装置は,次のとおりとする。

(2.1)

  5.1(2)(2.1)

(2.4)による。

(2.2)

ガスクロマトグラフ  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

キャピラリーカラム用管  5.3.1(2)(2.2)(a)による。

(b)

キャピラリーカラム  5.1(2)(2.5.1)(b)による(

45

)

参考 4.

参考 2.による。

(c)

検出器  水素炎イオン化検出器

(d)

キャリヤーガス  5.1(1)(ac)のヘリウム又は 5.1(1)(ad)の窒素を用い,線速度は 20∼40cm/s の範囲に

調節する。

また,カラム出口には付加ガス(

46

)

としてキャリヤーガスと同じものを接続し,流量は 30∼

60ml/min

に調節して用いる。

(e)

燃料ガス及び助燃ガス  燃料ガスには JIS K 0512 に規定する水素の 3 級,助燃ガスには空気を用い,

両者の流量が最適条件になるように調節する。


24

K 0125-1995

(f)

カラム槽温度  5.1(2)(2.5.1)(d)による。

(g)

検出器槽温度  5.3.1(2)(2.2)(f)による。

(3)

準備操作  準備操作は,次のとおり行う。

(a)

  5.1(3)(a)

(c)の操作を行う。

(b)

水の一定量(0.5∼25ml の一定量,例えば,5ml)を,ガスタイトシリンジ(

9

)

を用いて,パージ容器

に注入する。次に,(1)(e)の揮発性有機化合物混合標準液 1

µl をマイクロシリンジ(

10

)

を用いてこのパ

ージ容器に注入する。

(c)

  5.3.1(4)(d)

の操作を行い,揮発性有機化合物の保持時間の位置を確認しておく。

備考17.  備考6.による。

(4)

操作  操作は,次のとおり行う。

(a)

  5.3.1(4)

の操作を行う。

検量線(

26

)

  (1)(d)の揮発性有機化合物混合標準液 0.1∼4ml を段階的に全量フラスコ 10ml にとり

(

31

)

,メタノールを標線まで加える。検量線の作成は,これらの標準液を用いて,5.3.1(4)の検量線に

準じて行う。

5.4

ヘッドスペース−ガスクロマトグラフ法  この方法は,表 5.6 又は表 5.7 の揮発性有機化合物の同時

定量法(又は個別定量法)について,ヘッドスペース法を用い,検出器に電子捕獲検出器 (ECD) 又は水

素炎イオン化検出器 (FID) を用いたガスクロマトグラフ法を適用する。

5.4.1

電子捕獲検出器 (ECD) を用いたヘッドスペース−ガスクロマトグラフ法  バイアルに試料及び

塩化ナトリウムを空間が残るようにとり,一定温度で気液平衡状態とし,その気相の一定量を検出器に電

子捕獲検出器 (ECD) を用いたガスクロマトグラフに注入し,

表 5.6 の揮発性有機化合物の濃度を求める。

この場合の定量範囲及び繰返し分析精度は,

表 5.6 のとおりである。

表 5.6  対象物質とその定量範囲及び繰返し分析精度の一覧

定量範囲

繰返し分析精度

対象物質

µg/l %

A

ジブロモクロロメタン (CHBr

2

Cl) 0.5

∼  5

10

∼20

テトラクロロメタン(四塩化炭素) (CCl

4

) 0.05

∼  0.5

10

∼20

トリクロロメタン(クロロホルム) (CHCl

3

) 0.5

∼  5

10

∼20

トリブロモメタン(ブロモホルム) (CHBr

3

) 0.5

∼  5

10

∼20

ブロモジクロロメタン (CHBrCl

2

) 0.5

∼  5

10

∼20

1

,1,1−トリクロロエタン (CH

3

CCl

3

) 0.2

∼  2

10

∼20

テトラクロロエテン (CCl

2

=CCl

2

) 0.4

∼  4

10

∼20

トリクロロエテン (CHCl=CCl

2

) 0.5

∼  5

10

∼20

B

ジクロロメタン (CH

2

Cl

2

) 5

∼ 50

10

∼20

1

,2−ジクロロエタン (CH

2

ClCH

2

Cl) 5

∼ 50

10

∼20

1

,1,2−トリクロロエタン (CHCl

2

CH

2

Cl) 2

∼ 20

10

∼20

1

,1−ジクロロエテン (CCl

2

=CH

2

) 5

∼ 50

10

∼20

1

,2−ジクロロプロパン (CH

3

CHClCH

2

Cl) 5

∼ 50

10

∼20

cis-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (cis-ClCH=CHCH

2

Cl)

(

1

)

 1

∼ 10

10

∼20

trans-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (trans-ClCH=CHCH

2

Cl)

(

1

)

 1

∼ 10

10

∼20

1

,4−ジクロロベンゼン(p-ジクロロベンゼン) (C

6

H

4

Cl

2

) 5

∼ 50

10

∼20

C

cis-1

,2−ジクロロエテン  (cis-CHCl=CHCl) 25

∼250 10∼20

trans-1

,2−ジクロロエテン  (trans-CHCl=CHCl) 10

∼100 10∼20

(いずれも装置,測定条件によって定量範囲は異なる。

備考18.  備考1.による。


25

K 0125-1995

19.

備考 10.による。

(1)

試薬  試薬は,次のものを用いる。

(a)

水  2.(8)による。

(b)

塩化ナトリウム  5.2(1)(b)による。

(c)

メタノール  5.1(1)(b)による。

(d)

揮発性有機化合物混合標準液 A-a [{5mg CHBr

2

Cl, 0.5mg CCl

4

, 5mg CHCl

3

, 5mg CHBr

3

, 5mg 

CHBrCl

2

, 2mg CH

3

CCl

3

, 4mg CCl

2

CCl

2

, 5mg CHCl

CCl

2

} /ml](

7

)(

8

)(

34

)

  全量フラスコ 200ml にメ

タノール約 100ml を入れ,これに 5.1(1)(e)のテトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液 (200mg

CCl

4

/ml)

を 0.5ml(

4

)

5.1(1)(j)の 1,1,1−トリクロロエタン標準液 (200mg CH

3

CCl

3

/ml)

を 2ml(

4

)

5.1(1)(o)

のテトラクロロエテン標準液 (200mg CCl

2

=CCl

2

/ml)

を 4ml(

4

)

5.1(1)(d)のジブロモクロロ

メタン標準液 (200mg CHBr

2

Cl/ml)

5.1(1)(f)のトリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (200mg

CHCl

3

/ml)

5.1(1)(g)のトリブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (200mg CHBr

3

/ml)

5.1(1)(h)のブ

ロモジクロロメタン標準液 (200mg CHBrCl

2

/ml)

及び 5.1(1)(p)のトリクロロエテン標準液 (200mg

CHCl

=CCl

2

/ml)

をそれぞれ 5ml(

4

)

とり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

(e)

揮発性有機化合物混合標準液 A-b [{50

µg CHBr

2

Cl, 5

µg CCl

4

, 50

µg CHCl

3

, 50

µg CHBr

3

, 50

µ

CHBrCl

2

, 20

µg CH

3

CCl

3

, 40

µg CCl

2

CCl

2

, 50

µg CHClCCl

2

}/ml] 

  全量フラスコ 100ml にメタノ

ール約 80ml を入れ,(d)の揮発性有機化合物混合標準液 A-a 1ml をとり,さらにメタノールを標線

まで加える(

5

)

。この標準液は,検量線作成時に使用する。

(f)

揮発性有機化合物混合標準液 A-c [{10

µg CHBr

2

Cl, 1

µg CCl

4

, 10

µg CHCl

3

, 10

µg CHBr

3

, 10

µ

CHBrCl

2

, 4

µg CH

3

CCl

3

, 8

µg CCl

2

CCl

2

, 10

µg CHClCCl

2

}/ml] 

  全量フラスコ 10ml に少量のメタ

ノールを入れ,(e)の揮発性有機化合物混合標準液 A-b 2ml をとり,さらにメタノールを標線まで加

える(

5

)

。この標準液は,(3)の準備操作で使用する。

(g)

揮発性有機化合物混合標準液 B-a [{5mg CH

2

Cl

2

, 5mg CH

2

ClCH

2

Cl, 2mg CHCl

2

CH

2

Cl, 5mg CCl

2

CH

2

, 5mg CH

3

CHClCH

2

Cl, 1mg cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 1mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl, 5mg C

6

H

4

Cl

2

/ml](

7

)(

8

)(

34

)

  全量フラスコ 200ml にメタノール約 100ml を入れ,これに 5.1(1)(r)の cis-1,3−ジク

ロロ−1−プロペン標準液 (200mg cis-ClCH=CHCH

2

Cl/ml)

及び 5.1(1)(s)の trans-1,3−ジクロロ−1

−プロペン標準液 (200mg trans-ClCH=CHCH

2

Cl/ml)

をそれぞれ 1ml(

4

)

5.1(1)(k)の 1,1,2−トリ

クロロエタン標準液 (200mg CHCl

2

CH

2

Cl/ml)

を 2ml(

4

)

5.1(1)(c)のジクロロメタン標準液 (200mg

CH

2

Cl

2

/ml)

5.1(1)(i)の 1,2−ジクロロエタン標準液 (200mg CH

2

ClCH

2

Cl/ml)

5.1(1)(l)の 1,1−ジ

クロロエテン標準液 (200mg CCl

2

=CH

2

/ml)

5.1(1)(q)の 1,2−ジクロロプロパン標準液 (200mg

CH

3

CHClCH

2

Cl/ml)

及び 5.1(1)(t)の 1,4−ジクロロベンゼン(p

ジクロロベンゼン)標準液 (200mg

C

6

H

4

Cl

2

/ml)

をそれぞれ 5ml(

4

)

とり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

(h)

揮発性有機化合物混合標準液 B-b [{0.5mg CH

2

Cl

2

, 0.5mg CH

2

ClCH

2

Cl, 0.2mg CHCl

2

CH

2

Cl, 0.5mg 

CCl

2

CH

2

, 0.5mg CH

3

CHClCH

2

Cl, 0.1mg cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 0.1mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl, 

0.5mg C

6

H

4

Cl

2

} /ml] 

  全量フラスコ 10ml に少量のメタノールを入れ,(g)の揮発性有機化合物混合

標準液 B-a 1ml をとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,検量線作成時に使

用する。

(i)

揮発性有機化合物混合標準液 B-c [{0.1mg CH

2

Cl

2

, 0.1mg CH

2

ClCH

2

Cl, 0.04mg CHCl

2

CH

2

Cl, 0.1mg 

CCl

2

CH

2

, 0.1mg CH

3

CHClCH

2

Cl, 0.02mg cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 0.02mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl, 

0.1mg C

6

H

4

Cl

2

} /ml] 

  全量フラスコ 10ml に少量のメタノールを入れ,(h)の揮発性有機化合物混合


26

K 0125-1995

標準液 B-b 2ml をとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,(3)の準備操作で使

用する。

(j)

揮発性有機化合物混合標準液 C-a [{25mg cis-CHClCHCl, 10mg trans-CHClCHCl} /ml](

7

)(

8

)(

34

)

全量フラスコ 200ml にメタノール約 100ml を入れ,これに 5.1(1)(m)の cis-1,2−ジクロロエテン標

準液 (200mg cis-CHCl=CHCl/ml)  を 25ml(

4

)

及び 5.1(1)(n)の trans-1,2−ジクロロエテン標準液

(200mg trans-CHCl

=CHCl/ml)  を 10ml(

4

)

とり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

(k)

揮発性有機化合物混合標準液 C-b [{2.5mg cis-CHClCHCl, 1mg trans-CHClCHCl} /ml]    全量フ

ラスコ 10ml に少量のメタノールを入れ,(j)の揮発性有機化合物混合標準液 C-a 1ml をとり,さらに

メタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,検量線作成時に使用する。

(l)

揮発性有機化合物混合標準液 C-c [{0.5mg cis-CHClCHCl0.2mg trans-CHClCHCl} /ml]    全量

フラスコ 10ml に少量のメタノールを入れ,(k)の揮発性有機化合物混合標準液 C-b 2ml をとり,さ

らにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,(3)の準備操作で使用する。

(2)

器具及び装置器  具及び装置は,次のとおりとする。

(2.1)

  5.2(2)(2.1)

(2.8)による。

(2.2)

ガスクロマトグラフ  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

キャピラリーカラム用管  5.3.1(2)(2.2)(a)による。

(b)

キャピラリーカラム  5.1(2)(2.5.1)(b)による(

45

)

参考 5.

参考 2.による。

(c)

検出器  5.3.1(2)(2.2)(c)による。

(d)

キャリヤーガス  5.3.1(2)(2.2)(d)による。

(e)

カラム槽温度  5.1(2)(2.5.1)(d)による。

(f)

検出器槽温度  5.3.1(2)(2.2)(f)による。

(g)

試料導入方法  5.2(2)(2.9)(a)による。

(h)

試料導入部温度  5.2(2)(2.9)(b)による。

(3)

準備操作  準備操作は,次のとおり行う。

(a)

  5.2(3)(a)

の操作を行う。

(b)

  (a)

のバイアルに水[(4)(b)で採取する試料と同量](

40

)

を,静かに泡立てないようにとり,これに水

10ml

につき(1)(f)の揮発性有機化合物混合標準液 A-c 1

µl(

49

)

をマイクロシリンジを用いて注入する。

(c)

  (4)(c)

及び(d)の操作を行って,揮発性有機化合物の保持時間の位置を確認する。

(

49

)

ジブロモクロロメタン,テトラクロロメタン(四塩化炭素)

,トリクロロメタン(クロロホルム)

トリブロモメタン(ブロモホルム),ブロモジクロロメタン,1,1,1−トリクロロエタン,テ

トラクロロエテン及びトリクロロエテン以外の項目を試験する場合は,(1)(i)の揮発性有機化合

物混合標準液 B-c 又は(1)(l)の揮発性有機化合物混合標準液 C-c を用いて行う。

備考20.  備考6.による。

(4)

操作  操作は,次のとおり行う。

(a)

  5.2(4)(a)

の操作を行う。

(b)

  (a)

のバイアルに 3.によって採取した試料の適量(10∼100ml の一定量,例えば,10ml)(

40

)(

50

)

を,

静かに泡立てないようにとり,これに試料 10ml につきメタノール 1

µl をマイクロシリンジを用いて

注入する。

(c)

  5.2(4)(c)

及び(d)の操作を行う。


27

K 0125-1995

(d)

バイヤル用ゴム栓を通して,ガスタイトシリンジ(

42

)

を用いて気相の一定量(例えば,1 000

µl)(

43

)

をとり,直ちに 5.2(2)(2.9)(a)の試料導入方法によってガスクロマトグラフに試料を注入し,揮発性

有機化合物のガスクロマトグラムを記録する。

(e)

  (3)

であらかじめ記録してある揮発性有機化合物の保持時間に一致(

45

)

していることを確認し,保持時

間に相当する位置のそれぞれの指示値(

25

)

を読み取る。

(f)

空試験として試料と同量の水(例えば,10ml)について,(a)(e)の操作を行い(

26

)

,試料について(e)

で得た指示値を補正する。

(g)

検量線から揮発性有機化合物の量 (ng) を求め,5.1(4)(l)の式によって試料中の揮発性有機化合物の

濃度  (

µg/l)  を算出する。

検量線(

26

)

  (1)(e)の揮発性有機化合物混合標準液 A-b(

51

)

1

∼10ml(

44

)

を段階的に全量フラスコ 10ml

にとり,メタノールを標線まで加える。

(a)

の操作を行い,このバイアルに試料と同量の水(例えば,10ml)(

40

)

を,静かに泡立てないよう

にとり,水 10ml につきこれらの標準液 1

µl をマイクロシリンジを用いて注入し,次に,(c)(e)

操作を行う。

空試験として,試料量と同量の水についてマイクロシリンジを用いて,水 10ml につきメタノー

ル 1

µl を注入し,この操作を行う。

これらの標準液について得られた指示値を空試験で得た指示値で補正し,各揮発性有機化合物の

指示値とそれぞれの量 (ng) との関係線を作成する。検量線の作成は試料測定時に行う。

(

50

)

試料中の揮発性有機化合物の濃度が高い場合は,あらかじめ水を入れたバイアルに試料の適量

(5ml 以上)を静かに泡立てないように加えて,水で全量を50ml とする。

(

51

)

(

49

)

による場合は,検量線作成に用いる各標準液は,(1)(h)の揮発性有機化合物混合標準液 B-b

及び(1)(k)の揮発性有機化合物混合標準液 C-b を用いて行う。

備考21.  ガスクロマトグラフの分離カラムとして充てんカラムを用いることができる。この場合のガ

スクロマトグラフの条件は,以下のとおりである。

この方法によった場合には,揮発性有機化合物をすべて分離することは困難であるので,

極性の異なる 2 種類以上の充てん剤を用いた分離カラムによって,重なりのないピークを用

いて定量を行う。

ガスクロマトグラフ  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

カラム用管  内径 2∼3mm,長さ 1∼3m のガラス製

(b)

カラム充てん剤  耐火れんが(*)(粒径 150∼250

µm のもの)を塩酸 (6mol/l)  で約 2 時間還流

して洗い,水で洗液が中性になるまで洗った後,乾燥する。次に,メチルシラザン処理した

後,シリコーン系固定相液体約 5%を含浸させたもの。

(c)

検出器  5.3.1(2)(2.2)(c)による。

(d)

キャリヤーガス  5.1(1)(ac)のヘリウム又は 5.1(1)(ad)窒素を用い,流量は 40∼50ml/min とな

るように調節する。

(e)

試料気化室温度  250∼300℃

(f)

カラム槽温度  60∼100℃

(g)

検出器槽温度  250∼300℃

(*)  けい藻土を主成分とした耐火度 1 100℃のれんが。

参考6.  カラム充てん剤の市販品には,耐火れんがとしてクロモゾルブ W,クロモゾルブ G 又は


28

K 0125-1995

これと同等の性能をもつものを担体とし,これにシリコーン系固定相液体として DC-200,

OV-1

,OV-17などを含浸させたものがある。ここであげた固定相液体で分離が十分でな

い場合は,20%シリコーン SF-96,3%シリコーン SE-52,10%FFAP,20%PEG20M,

20%DC-550

+20%SF-96 (2+8)  などを用いる。

22.

試料中の揮発性有機化合物の濃度が高い場合,全量フラスコなどを用いて試料をあらかじめ

希釈すると,揮散による損失のおそれがあるので,5.5 を用いるとよい。

23.

多量の鉱物油類が共存する場合は揮発性有機化合物の回収率は低下する。例えば,テトラク

ロロエテンの場合は,影響が大きいが,約 20mg/の共存は妨害しない。

メタンチオール(メチルメルカプタン)

,ジメチルスルフィド(硫化ジメチル)

,ジメチル

ジスルフィド(二硫化ジメチル)などの硫黄化合物は共存しても妨害しない。

5.4.2

水素炎イオン化検出器 (FID) を用いたヘッドスペース−ガスクロマトグラフ法  バイアルに試料

及び塩化ナトリウムを空間が残るようにとり,一定温度で気液平衡状態とし,その気相の一定量を検出器

に水素炎イオン化検出器 (FID)を用いたガスクロマトグラフに注入し,

表 5.7 のジメチルベンゼン(キシ

レン)

,ベンゼン及びメチルベンゼン(トルエン)の濃度を求める。この場合の定量範囲及び繰返し分析精

度は,

表 5.7 のとおりである。

表 5.7  対泉物質とその定量範囲及び繰返し分析精度の一覧

対象物質

定量範囲

繰返し分析精度

µg/l %

1

,2−ジメチルベンゼン(o−キシレン)  [o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

10

∼2 000

10

∼20

1

,3−ジメチルベンゼン(m−キシレン)  [m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

10

∼2 000

10

∼20

1

,4−ジメチルベンゼン(p−キシレン)  [p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

](

2

)

ベンゼン (C

6

H

6

) 10

∼2 000

10

∼20

メチルベンゼン(トルエン) (C

6

H

5

CH

3

) 10

∼2 000

10

∼20

(いずれも装置,測定条件によって定量範囲は異なる。

備考24.  備考1.による。

25.

備考 10.による。

(1)

試薬  試薬は,次のものを用いる。

(a)

水  2.(8)による。

(b)

塩化ナトリウム  5.2(1)(b)による。

(c)

メタノール  5.1(1)(b)による。

(d)

揮発性有機化合物混合標準液 [{20mg o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 10mg m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 10mg p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

20mg C

6

H

6

, 20mg C

6

H

5

CH

3

} /ml](

7

)(

8

)(

34

)

  全量フラスコ 200ml にメタノール約 70ml を入れ,これに

5.1(1)(u)

の 1,2−ジメチルベンゼン(o−キシレン)標準液 [200mg o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

/ml]

5.1(1)(v)の 1,

3

−ジメチルベンゼン(m

キシレン)標準液 [100mg m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

/ml]

5.1(1)(w)の 1,4−ジメチ

ルベンゼン(p

キシレン)標準液 [100mg p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

/ml]

5.1(1)(x)のベンゼン標準液 (200mg

C

6

H

6

/ml)

及び 5.1(1)(y)のメチルベンゼン

(トルエン)

標準液 (200mg C

6

H

5

CH

3

/ml)

をそれぞれ 20ml(

4

)

とり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,検量線作成時に使用する。

(e)

揮発性有機化合物混合標準液 [ 0.5mg o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 0.25mg m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 0.25mg p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

0.5mg C

6

H

6

, 0.5mg C

6

H

5

CH

3

} /ml] 

  全量フラスコ 20ml にメタノール約 15ml を入れ,これに(d)の揮

発性有機化合物混合標準液 0.5ml をとり,さらにメタノールを標線まで加える(

5

)

。この標準液は,

(3)

の準備操作で使用する。


29

K 0125-1995

(2)

器具及び装置  器具及び装置は,次のとおりとする。

(2.1)

  5.2(2)(2.1)

(2.8)による。

(2.2)

ガスクロマトグラフ  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

キャピラリーカラム用管  5.3.1(2)(2.2)(a)による。

(b)

キャピラリーカラム  5.1(2)(2.5.1)(b)による(

45

)

参考7.  参考2.による。

(c)

検出器  5.3.2(2)(2.2)(c)による。

(d)

キャリヤーガス  5.3.2(2)(2.2)(d)による。

(e)

燃料ガス及び助燃ガス  5.3.2(2)(2.2)(e)による。

(f)

カラム槽温度  5.1(2)(2.5.1)(d)による。

(g)

検出器槽温度  5.3.1(2)(2.2)(f)による。

(h)

試料導入方法  5.2(2)(2.9)(a)による。

(i)

試料導入部温度  5.2(2)(2.9)(b)による。

(3)

準備操作  準備操作は,次のとおり行う。

(a)

  5.2(3)(a)

の操作を行う。

(b)

  (a)

のバイアルに水[(4)で採取する試料と同量](

40

)

を,静かに泡立てないようにとり,これに水 10ml

につき(1)(e)の揮発性有機化合物混合標準液 1

µl をマイクロシリンジを用いて注入する。

(c)

  5.4.1(4)(c)

及び(d)の操作を行って揮発性有機化合物の保持時間の位置を確認する。

備考26.  備考6.による。

(4)

操作  操作は,次のとおり行う。

(a)

  5.4.1(4)

の操作を行う。

検量線(

26

)

  (1)(d)の揮発性有機化合物混合標準液 0.05∼10ml(

44

)

を段階的に全量フラスコ 10ml に

とり,メタノールを標線まで加える。検量線の作成は,これらの標準液を用いて,5.4.1(4)の検量線

に準じて行う。

備考27.  備考22.による。

28.

  5.1

の予備試験操作として次の操作を行って揮発性有機化合物の概略の濃度を確認しておく

とよい。

(1)

試薬  試薬は,次のものを用いる。

(a)

水  2.(8)による。

(b)

塩化ナトリウム  5.(1)(b)による。

(c)

メタノール  5.1(1)(b)による。

(d)

揮発性有機化合物混合標準液 [{0.2mg CH

2

Cl

2

, 0.2mg CHBr

2

Cl, 0.2mg CCl

4

, 0.2mg CHCl

3

0.2mg CHBr

3

, 0.2mg CHBrCl

2

, 0.2mg CH

2

ClCH

2

Cl, 0.2mg CH

3

CCl

3

, 0.2mg CHCl

2

CH

2

Cl, 

0.2mg CCl

2

CH

2

, 0.2mg cis-CHCl

CHCl, 0.2mg trans-CHClCHCl, 0.2mg CCl

2

CCl

2

0.2mg CHCl

CCl

2

, 0.2mg CH

3

CHClCH

2

Cl, 0.2mg cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 0.2mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl, 0.2mg C

6

H

4

Cl

2

, 0.2mg o-C

6

H

4

 (CH3)

2

, 0.1mg m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

, 0.1mg p-C

6

H

4

(CH

3

)

2

, 0.2mg C

6

H

6

, 0.2mg C

6

H

5

CH

3

} /ml] 

  全量フラスコ 10ml に少量のメタノールを入れ,

これに 5.2(1)(e)の揮発性有機化合物混合標準液 1ml をとり,さらにメタノールを標線まで

加える(*)

(*)  5.の注(

5

)

による。 


30

K 0125-1995

(2)

器具及び装置  器具及び装置は,次のとおりとする。

(2.1)

 5.2(2)(2.1)

(2.8)による。

(2.2)

ガスクロマトグラフ  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

キャピラリーカラム用管  5.3.1(2)(2.2)(a)による。

(b)

キャピラリーカラム  5.1(2)(2.5.1)(b)による(**)

(c)

検出器  5.3.2(2)(2.2)(c)による。

(d)

キャリヤーガス  5.3.2(2)(2.2)(d)による。

(c)

燃料ガス及び助燃ガス  5.3.2(2)(2.2)(e)による。

(f)

カラム槽温度  5.1(2)(2.5.1)(d)による。

(g)

検出器槽温度  5.3.1(2)(2.2)(f)による。

(h)

試料導入方法  5.2(2)(2.9)(a)による。

(i)

試料導入部温度  5.2(2)(2.9)(b)による。

(**) 5.の注(

45

)

による。

(3)

操作  操作は,次のとおり行う。

(a)

  (d)

の揮発性有機化合物混合標準液を用いて,適当な濃度の標準液を 2 段階程度メタノール

で希釈して調製し,5.4.1(4)の操作を行う。

(b)

  3.

によって採取した試料の適量について,5.4.1(4)の操作を行う。

5.5

溶媒抽出・ガスクロマトグラフ法  この方法は,表 5.8 の揮発性有機化合物をヘキサンで抽出し,ヘ

キサンを電子捕獲検出器 (ECD) を用いたガスクロマトグラフに注入して定量する。この場合の定量範囲

及び繰り返し分析精度は,

表 5.8 のとおりである。

表 5.8  対象物質とその定量範囲及び繰返し分析精度の一覧

対象物質

定量範囲

繰返し分析精度

 ng

%

ジブロモクロロメタン (CHBr

2

Cl) 0.004

∼0.08 5∼10

テトラクロロメタン(四塩化炭素) (CCl

4

) 0.001

∼0.02 5∼10

トリクロロメタン(クロロホルム) (CHCl

3

) 0.01

∼0.2 5∼10

トリブロモメタン(ブロモホルム) (CHBr

3

) 0.02

∼0.4 5∼10

ブロモジクロロメタン (CHBrCl

2

) 0.002

4

∼0.048

5

∼10

1

,1,1−トリクロロエタン (CH

3

CCl

3

) 0.004

∼0.08 5∼10

1

,1,2−トリクロロエタン (CHCl

2

CH

2

Cl) 0.016

∼0.32 10∼20

テトラクロロエテン (CCl

2

=CCl

2

) 0.004

∼0.08 5∼10

トリクロロエテン (CHCl=CCl

2

) 0.016

∼0.32 5∼10

(いずれも装置,測定条件によって定量範囲は異なる。

備考29.  備考1.による。

(1)

試薬

(a)

水  2.(8)による。

(b)

ヘキサン  JIS K 8848 に規定するヘキサンを用いる(

52

)(

53

)

(c)

ジブロモクロロメタン標準液 (50mg CHBr

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml を入れ

て密栓し,その質量を測定する。ジブロモクロロメタン約 1.1ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質

量を測定する。次に,ヘキサンを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める

(

5

)

(d)

ジブロモクロロメタン標準液 (1mg CHBr

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml を入れて,


31

K 0125-1995

これにジブロモクロロメタン標準液 (50mg CHBr

2

Cl/ml) 1ml(

4

)

をとり,ヘキサンを標線まで加える(

5

)

(e)

ジブロモクロロメタン標準液 (10

µg CHBr

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約 80ml を入れ

て,これにジブロモクロロメタン標準液 (1mg CHBr

2

Cl/ml) 1ml

をとり,ヘキサンを標線まで加える

(

5

)

(f)

テトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液 (50mg CCl

4

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml

を入れて密栓し,その質量を測定する。JIS K 8459 に規定する四塩化炭素約 1.6ml(

4

)

を手早く加えて

密栓し,その質量を測定する。次に,ヘキサンを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量

の差から求める(

5

)

(g)

テトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液 (0.25mg CCl

4

/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約

80ml

を入れ,これにテトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液 (50mg CCl

4

/ml) 0.5ml(

4

)

をとり,ヘ

キサンを標線まで加える(

5

)

(h)

テトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液 (2.5

µg CCl

4

/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約 80ml

を入れ,これにテトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液 (0.25mg CCl

4

/ml) 1ml

をとり,ヘキサン

を標線まで加える(

5

)

(i)

トリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (50mg CHCl

3

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml

を入れて密栓し,その質量を測定する。JIS K 8322 に規定するクロロホルム約 1.7ml(

4

)

を手早く加え

て密栓し,その質量を測定する。次に,ヘキサンを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質

量の差から求める(

5

)

(j)

トリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (2.5mg CHCl

3

/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約

80ml

を入れ,これにトリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (50mg CHCl

3

/ml) 5ml(

4

)

をとり,ヘ

キサンを標線まで加える(

5

)

(k)

トリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (25

µg CHCl

3

/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約

80ml

を入れ,これにトリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (2.5mg CHCl

3

/ml) 1ml

をとり,ヘキ

サンを標線まで加える(

5

)

(l)

トリブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (50mg CHBr

3

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約

40ml

を入れて密栓し,その質量を測定する。トリブロモメタン(ブロモホルム)約 1.1ml(

4

)

を手早

く加えて密栓し,その質量を測定する。次に,ヘキサンを標線まで加える。この溶液の濃度は,前

後の質量の差から求める(

5

)

(m)

トリブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (5mg CHBr

3

/ml) 

  全量フラスコ 10ml にヘキサン約 8ml

を入れ,これにトリブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (50mg CHBr

3

/ml) 1ml(

4

)

をとり,ヘキサ

ンを標線まで加える(

5

)

(n)

トリブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (50

µg CHBr

3

/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約

80ml

を入れ,これにトリブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (5mg CHBr

3

/ml) 1ml

をとり,ヘキ

サンを標線まで加える(

5

)

(o)

ブロモジクロロメタン標準液 (50mg CHBrCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml を入れ

て密栓し,その質量を測定する。ブロモジクロロメタン約 1.3ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質

量を測定する。次に,ヘキサンを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める

(

5

)

(p)

ブロモジクロロメタン標準液 (0.6mg CHBrCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約 80ml を入れ,

これにブロモジクロロメタン標準液 (50mg CHBrCl

2

/ml) 1ml(

4

)

をとり,ヘキサンを標線まで加える(

5

)


32

K 0125-1995

(q)

ブロモジクロロメタン標準液 (6

µg CHBrCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約 80ml を入れ,

これにブロモジクロロメタン標準液 (0.6mg CHBrCl

2

/ml) 1ml

をとり,ヘキサンを標線まで加える(

5

)

(r)

  1

11−トリクロロエタン標準液 (50mg CH

3

CCl

3

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml を

入れて密栓し,その質量を測定する。1,1,1−トリクロロエタン約 1.9ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,

その質量を測定する。次に,ヘキサンを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から

求める(

5

)

(s)

  1

11−トリクロロエタン標準液 (1mg CH

3

CCl

3

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml を

入れ,これに 1,1,1−トリクロロエタン標準液 (50mg CH

3

CCl

3

/ml) 1ml(

4

)

をとり,ヘキサンを標線

まで加える(

5

)

(t)

  1

11−トリクロロエタン標準液 (10

µg CH

3

CCl

3

/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約 80ml

を入れ,これに 1,1,1−トリクロロエタン標準液 (1mg CH

3

CCl

3

/ml) 1ml

をとり,ヘキサンを標線

まで加える(

5

)

(u)

  1

12−トリクロロエタン標準液 (50mg CHCl

2

CH

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml

を入れて密栓し,その質量を測定する。1,1,2−トリクロロエタン約 1.8ml(

4

)

を手早く加えて密栓

し,その質量を測定する。次に,ヘキサンを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差

から求める(

5

)

(v)

  1

12−トリクロロエタン標準液 (4mg CHCl

2

CH

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml

を入れ,これに 1,1,2−トリクロロエタン標準液 (50mg CHCl

2

CH

2

Cl/ml) 4ml(

4

)

をとり,ヘキサン

を標線まで加える(

5

)

(w)

  1

12−トリクロロエタン標準液 (40

µg CHCl

2

CH

2

Cl/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約 80ml

を入れ,これに 1,1,2−トリクロロエタン標準液 (4mg CHCl

2

CH

2

Cl/ml) 1ml

をとり,ヘキサンを

標線まで加える(

5

)

(x)

テトラクロロエテン標準液 (50mg CCl

2

CCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml を入れ

て密栓し,その質量を測定する。テトラクロロエテン約 1.6ml(

4

)

を手早く加えて密栓し,その質量

を測定する。次に,ヘキサンを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める(

5

)

(y)

テトラクロロエテン標準液 (1mg CCl

2

CCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml を入れ,

これにテトラクロロエテン標準液 (50mg CCl

2

=CCl

2

/ml) 1ml(

4

)

をとり,ヘキサンを標線まで加える

(

5

)

(z)

テトラクロロエテン標準液 (10

µg CCl

2

CCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約 80ml を入れ,

これにテトラクロロエテン標準液 (1mg CCl

2

=CCl

2

/ml) 1ml

をとり,ヘキサンを標線まで加える(

5

)

(aa)

トリクロロエテン標準液 (50mg CHClCCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml を入れて

密栓し,その質量を測定する。JIS K 8666 に規定するトリクロロエチレン約 1.8ml(

4

)

を手早く加えて

密栓し,その質量を測定する。次に,ヘキサンを標線まで加える。この溶液の濃度は,前後の質量

の差から求める(

5

)

(ab)

トリクロロエテン標準液 (4mg CHClCCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 50ml にヘキサン約 40ml を入れ,

これにトリクロロエテン標準液 (50mg ClCH=CCl

2

/ml) 4ml (

4

)

をとり,ヘキサンを標線まで加える(

5

)

(ac)

トりクロロエテン標準液 (40

µg CHClCCl

2

/ml) 

  全量フラスコ 100ml にヘキサン約 80ml を入れ,

これにトリクロロエテン標準液 (4mg ClCH=CCl

2

/ml) 1ml

をとり,ヘキサンを標線まで加える(

5

)

(ad)

揮発性有機化合物混合標準液 [{0.4

µg CHBr

2

Cl, 0.1

µg CCl

4

, 1

µg CHCl

3

, 2

µg CHBr

3

, 0.24

µg CHBrCl

2

0.4

µg CH

3

CCl

3

, 1.6

µg CHCl

2

CH

2

Cl, 0.4

µg CCl

2

CCl

2

, 1.6

µg CHClCCl

2

} /ml](

7

)(

8

)

  全量フラスコ


33

K 0125-1995

100ml

にヘキサン約 50ml を入れ,これにジブロモクロロメタン標準液 (10

µg CHBr

2

Cl/ml)

,テトラ

クロロメタン(四塩化炭素)標準液 (2.5

µg CCl

4

/ml)

,トリクロロメタン(クロロホルム)標準液 (25

µg

CHCl

3

/ml)

,トリブロモメタン(ブロモホルム)標準液 (50

µg CHBr

3

/ml)

,ブロモジクロロメタン標

準液 (6

µg CHBrCl

2

/ml)

,1,1,1−トリクロロエタン標準液 (10

µg CH

3

CCl

3

/ml)

,1,1,2−トリクロ

ロエタン標準液 (40

µg CHCl

2

CH

2

Cl/ml)

,テトラクロロエテン標準液 (10

µg CCl

2

=CCl

2

/ml)

及びトリ

クロロエテン標準液 (40

µg ClCH=CCl

2

/ml)

をそれぞれ 4ml(

4

)

をとり,さらにヘキサンを標線まで加

える(

5

)

。この標準液は,検量線作成時に使用する。

(ae)

揮発性有機化合物混合標準液 [{8ng CHBr

2

Cl, 2ng CCl

4

, 20ng CHCl

3

, 40ng CHBr

3

, 4.8ng CHBrCl

2

8ng CH

3

CCl

3

, 32ng CHCl

2

CH

2

Cl, 8ng CCl

2

CCl

2

, 32ng CHCl

CCl

2

} /ml] 

  全量フラスコ 50ml に

ヘキサン約 40ml を入れ,(ad)の揮発性有機化合物混合標準液 1ml をとり,さらにヘキサンを標線ま

で加える(

5

)

。この標準液は,(

3

)

の準備操作で使用する。

(

52

)

ペンタンを用いてもよい。

(

53

)

(

3

)

に準じる。

(2)

器具及び装置  器具及び装置は,次のとおりとする。

(2.1)

共栓メスシリンダー  50ml 使用時にヘキサンで洗浄する。

(2.2)

マイクロシリンジ  1∼10

µl が採取できるもの。使用時にヘキサンで洗浄する。

(2.3)

ガスクロマトグラフ  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

キャピラリーカラム用管  5.3.1(2)(2.2)(a)による。

(b)

キヤピラリーカラム  5.1(2)(2.5.1)(b)による(

45

)

参考8.  参考2.による。

(c)

検出器  5.3.1(2)(2.2)(c)による。

(d)

キャリヤーガス  5.3.1(2)(2.2)(d)による。

(e)

カラム槽温度  5.1(2)(2.5.1)(d)による。

(f)

標出器槽温度  5.3.1(2)(2.2)(f)による。

(g)

試料導入方法  5.2(2)(2.9)(a)による。

(h)

試料導入部温度  5.2(2)(2.9)(b)による。

備考30.  備考21.  による。ただし,ガスクロマトグラフは次による。

(1)

ガスクロマトグラフ  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

カラム用管  内径 3mm,長さ 3m のガラス製

(b)

カラム充てん剤  酸洗浄した白色けい藻土坦体(粒径 180∼250

µm)にフェニルシリコー

ン油(*)を約 20%被覆したもの。

参考9.  白色けい藻土坦体はクロモゾルブ W などの名称で,また,シリコーン油はシリコーン

DC-550

などの名称で市販されている。

(c)

検出器  5.3.1(2)(2.2)(c)による。

(d)

キャリヤーガス  5.1(1)(ad)の窒素を用い,流量は 40∼80ml/min に調節する。

(e)

試料気化室温度  150∼250℃

(f)

カラム槽温度  60∼100℃

(g)

検出器槽温度  150∼250℃

(*)  トリクロロメタン(クロロホルム)と 1,1,1−トリクロロエタンとの分離が不十分のと

きは,メチルシリコーン油を約 20%被覆したものを用いる。


34

K 0125-1995

(3)

準備操作  準備操作は,次のとおり行う。

(a)

  (1)(ae)

の揮発性有機化合物混合標準液 2

µl(

54

)

をマイクロシリンジ(

55

)

を用いてとり,(4)(c)の操作を行

って揮発性有機化合物の保持時間の位置を確認する。

(

54

)

  (4)(c)

でガスクロマトグラフに注入するヘキサンの量と同量とする。

(

55

)

検量線の作成に用いたものと同じものを用いる。

備考31.  備考6.による。

(4)

操作  操作は,次のとおり行う。

(a)

  3.

で採取した試料 40ml を共栓メスシリンダー50ml にとる。

(b)

ヘキサン 10ml を加えて密栓し,10∼20 秒間激しく振り混ぜた後静置する。

(c)

ヘキサン層の一定量(例えば,2

µl)をマイクロシリンジ(

55

)

を用いてとり,直ちにガスクロマトグ

ラフに 5.2(2)(2.9)(a)の試料導入方法によって導入し,ガスクロマトグラムを記録する。

(d)

揮発性有機化合物の保持時間に相当する位置のピークについて,それぞれの指示値(

25

)

を読み取る

(

56

)

(e)

検量線から各揮発性有機化合物の量 (ng) を求め,次の式によって試料中の揮発性有機化合物の濃

度  (

µg/l)  を算出する。

V

C

v

a

N

000

1

10

10

3

1

3

×

×

×

×

=

ここに,

N

対象揮発性有機化合物の濃度

  (

µg/l)

(

28

)

a

検量線から求めた揮発性有機化合物の量

 (ng)

v

1

(4)(b)

で用いたヘキサンの量

 (ml)

C

注入量

  (

µl)

V

試料

 (ml)

10

3

ng

µg

に,

µl

ml

に換算する係数

検量線(

26

)

  (1)(ad)の検量線作成用の揮発性有機化合物混合標準液

0.5

10ml

を段階的に全量フラ

スコ

100ml

にとり,ヘキサンを標線まで加える。これらの標準液を用いて(c)及び(d)の操作を行い,

各揮発性有機化合物の指示値とそれぞれの量

 (ng)

との関係線をそれぞれ作成する。検量線の作成

は,試料測定時に行う。

(

56

)

検量線の上限を超える場合には,(4)(b)で得られたヘキサン層の一定量をとり,あらかじめヘキ

サンを入れてある全量フラスコに入れ,適当な濃度に希釈して測定する。

備考32.

多量の鉱物油類が共存する場合は四塩化炭素,

1

1

1

−トリクロロエタン,テトラクロロエ

テン及びトリクロロエテンの回収率を低下させるが,

20mg/l

程度であれば妨害しない。

メタンチオール(メチルメルカプタン)

,ジメチルスルフィド(硫化ジメチル)

,ジメチル

ジスルフィド(二硫化ジメチル)などの硫黄化合物は共存しても妨害しない。


35

K 0125-

199

5

付表 1  試験方法別測定対象物質一覧

対象物質

ガスクロマトグラフ質量分析法

ガスクロマトグラフ法

パージ・トラップ法

ヘッドスペース法

パージ・トラップ法

ヘッドスペース法

溶媒抽出法

C  (*)

FID ECD

(**)

FID ECD

ジクロロメタン (CH

2

Cl

2

)

 

C

B

ジブロモクロロメタン (CHBr

2

Cl)

 

A

A

テトラクロロメタン(四塩化炭素) (CCl

4

)

 

A

A

トリクロロメタン(クロロホルム) (CHCl

3

トリブロモメタン(ブロモホルム) (CHBr

3

プロモジクロロメタン (CHBrCl

2

)

 

A

A

1

,2−ジクロロエタン (CH

2

ClCH

2

Cl)

 

C

B

1

,1,1−トリクロロエタン (CH

3

CCl

3

)

 

A

A

1

,1,2−トリクロロエタン (CHCl

2

CH

2

Cl)

 

B

B

1

,1−ジクロロエテン (CCl

2

=CH

2

)

 

C

B

cis-1

,2−ジクロロエテン  (cis-CHCl=CHCl)

 

D

C

trans-1

,2−ジクロロエテン  (trans-CHCl=CHCl)

 

D

C

テトラクロロエテン (CCl

2

=CCl

2

)

 

A

A

トリクロロエテン (CHCl=CCl

2

)

 

A

A

1

,2−ジクロロプロパン (CH

3

CHClCH

2

Cl)

 

C

B

cis-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (cis-ClCH=CHCH

2

Cl)   

B

B

trans-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (trans-ClCH=CHCH

2

Cl)

 

B

B

1

,4−ジクロロベンゼン(p

ジクロロベンゼン) (C

6

H

4

Cl

2

)

 

C

B

1

,2−ジメチルベンゼン(o

キシレン)  [o-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

1

,3−ジメチルベンゼン(m

キシレン)  [m-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

1

,4−ジメチルベンゼン(p

キシレン)  [p-C

6

H

4

 (CH

3

)

2

ベンゼン (C

6

H

6

メチルベンゼン(トルエン) (C

6

H

5

CH

3

(*)  表 5.4 の A∼D のグループを示す。

(**)

表 5.6 の A∼C のグループを示す。

備考  表中の縦方向の記号が同じものは同時定量が可能な物質。


36

K 0125-1995

付表 2  引用規格 

JIS K 0050

  化学分析方法通則

JIS K 0094

  工業用水・工場排水の試料採取方法

JIS K 0101

  工業用水試験方法

JIS K 0102

  工場排水試験方法

JIS K 0114

  ガスクロマトグラフ分析通則

JIS K 0123

  ガスクロマトグラフ質量分析通則

JIS K 0211

  分析化学用語(基礎部門)

JIS K 0215

  分析化学用語(分析機器部門)

JIS K 0512

  水素

JIS K 0557

  化学分析用の水

JIS K 1107

  高純度窒素

JIS K 8150

  塩化ナトリウム(試薬)

JIS K 8161

  ジクロロメタン(試薬)

JIS K 8180

  塩酸(試薬)

JIS K 8322

  クロロホルム(試薬)

JIS K 8459

  四塩化炭素(試薬)

JIS K 8465

1

2

−ジクロロエタン(試薬)

JIS K 8666

  トリクロロエチレン(試薬)

JIS K 8680

  トルエン(試薬)

JIS K 8848

  ヘキサン(試薬)

JIS K 8858

  ベンゼン(試薬)

JIS K 8891

  メタノール(試薬)

JIS K 9502

L (

)

−アスコルビン酸(試薬)

JIS R 3503

  化学分析用ガラス器具

JIS R 3505

  ガラス製体積計


37

K 0125-1995

参考 

この参考は本体の規定に関する事柄を,本体に準じる形で補足したものであって規定の一部ではない。

I.

ヘッドスペース−ガスクロマトグラフ法  バイアルに試料及び塩化ナトリウムを空間が残るようにと

り,一定温度で気液平衡状態とし,その気相の一定量を検出器に水素炎イオン化検出器

 (FID)

を用いたガ

スクロマトグラフに注入し,

参考表 の揮発性有機化合物の同時定量(又は個別定量)を行う。この場合

の定量範囲及び繰返し分析精度は,

参考表 のとおりである。

参考表 1  対象物質とその定量範囲及び繰返し分析精度の一覧

対象物質

定量範囲

繰返し分析精度

µg/

l

 %

ジクロロメタン (CH

2

Cl

2

) 10

∼200 10∼20

テトラクロロメタン(四塩化炭素) (CCl

4

) 10

∼200 10∼20

1

,2−ジクロロエタン (CH

2

ClCH

2

Cl) 10

∼200 10∼20

1

,1,1−トリクロロエタン (CH

3

CCl

3

) 10

∼200 10∼20

1

,1,2−トリクロロエタン (CHCl

2

CH

2

Cl) 10

∼200 10∼20

1

,1−ジクロロエテン (CCl

2

=CH

2

) 10

∼200 10∼20

cis-1

,2−ジクロロエテン  (cis-CHCl=CHCl) 10∼200 10∼20

テトラクロロエテン (CCl

2

=CCl

2

) 10

∼200 10∼20

トリクロロエテン (CHCl=CCl

2

) 10

∼200 10∼20

cis-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (cis-ClCH=CHCH

2

Cl)(

1

)

10

∼200 10∼20

trans-1

,3−ジクロロ−1−プロペン  (trans-ClCH=CHCH

2

Cl)(

1

)

10

∼200 10∼20

(いずれも装置,測定条件によって定量範囲は異なる。

(

1

)

本体5.

(

1

)

による。

備考1.

本体5.

備考1.による。

2.

本体 5.

備考 10.

による。

(1)

試薬  試薬は,次のものを用いる。

(a)

水  本体 2.(8)による。

(b)

塩化ナトリウム  本体 5.2(1)(b)による。

(c)

メタノール  本体 5.1(1)(b)による。

(d)

揮発性有機化合物混合標準液 [{2mg CH

2

Cl

2

, 2mg CCl

4

, 2mg CH

2

ClCH

2

Cl, 2mg CH

3

CCl

3

, 2mg 

CHCl

2

CH

2

Cl, 2mg CCl

2

CH

2

, 2mg cis-CHCl

CHCl, 2mg CCl

2

CCl

2, 

2mg CHCl

CCl

2

, 2mg 

cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 2mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl} /ml](

2

)(

3

)(

4

)

  全量フラスコ

200ml

にメタノール

100ml

を入れ,これに本体 5.1(1)(c)のジクロロメタン標準液

 (200mg CH

2

Cl

2

/ml)

,本体 5.1(1)(e)

テトラクロロメタン(四塩化炭素)標準液

 (200mg CCl

4

/ml)

,本体 5.1(1)(i)

1

2

−ジクロロエタン

標準液

 (200mg CH

2

ClCH

2

Cl/ml)

,本体 5.1(1)(j)

1

1

1

−トリクロロエタン標準液

 (200mg

CH

3

CCl

3

/ml)

,本体 5.1(1)(k)

1

1

2

−トリクロロエタン標準液

 (200mg CHCl

2

CH

2

Cl/ml)

,本体

5.1(1)(l)

1

1

−ジクロロエテン標準液

 (200mg CCl

2

CH

2

/ml)

,本体 5.1(1)(m)

cis-1

2

−ジクロ

ロエテン標準液

 (200mg cis-CHCl

CHCl/ml)

,本体 5.1(1)(o)のテトラクロロエテン標準液

 (200mg

CCl

2

CCl

2

/ml)

,本体 5.1(1)(p)のトリクロロエテン標準液

 (200mg CHCl

CCl

2

/ml)

,本体 5.1(1)(r)

cis-1

3

−ジクロロ−

1

−プロペン標準液

 (200mg cis-ClCH

CHCH

2

Cl/ml)

及び本体 5.1(1)(s)

trans-1


38

K 0125-1995

3

−ジクロロ−

1

−プロペン標準液

 (200mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl/ml)

をそれぞれ

2ml

(

5

)

とり,さら

にメタノールを標線まで加える(

6

)

。この標準液は,検量線作成時に使用する。

(e)

揮発性有機化合物混合標準液 [{0.5mg CH

2

Cl

2

, 0.5mg CCl

4

, 0.5mg CH

2

ClCH

2

Cl, 0.5mg CH

3

CCl

3

0.5mg CHCl

2

CH

2

Cl, 0.5mg CCl

2

CH

2

, 0.5mg cis-CHCl

CHCl, 0.5mg CCl

2

CCl

2

, 0.5mg CHCl

CCl

2

, 0.5mg cis-ClCH

CHCH

2

Cl, 0.5mg trans-ClCH

CHCH

2

Cl} /ml] 

  全量フラスコ

20ml

に少量

のメタノールを入れ,これに(d)の揮発性有機化合物混合標準液

0.5ml

をとり,さらにメタノールを

標線まで加える(

3

)

。この標準液は,(3)の準備操作で使用する。

(

2

)

本体5.

(

7

)

による。

(

3

)

本体 5.

(

8

)

による。

(

4

)

本体 5.

(

34

)

による。

(

5

)

本体 5.

(

4

)

による。

(

6

)

本体 5.

(

5

)

による。

(2)

器具及び装置  器具及び装置は,次のとおりとする。

(2.1)

本体 5.2(2)(2.1)(2.8)による。

(2.2)

ガスクロマトグラフ  次に掲げる条件を満たすもの。

(a)

キャピラリーカラム用管  本体 5.3.1(2)(2.2)(a)による。

(b)

キャピラリーカラム  本体 5.1(2)(2.5.1)(b)による(

7

)

参考1.

本体5.

参考2.による。

(c)

検出器  本体 5.3.2(2)(2.2)(c)による。

(d)

キャリヤーガス  本体 5.3.2(2)(2.2)(d)による。

(e)

燃料ガス及び助燃ガス  本体 5.3.2(2)(2.2)(e)による。

(f)

カラム槽温度  本体 5.1(2)(2.5.1)(d)による。

(g)

検出器槽温度  本体 5.3.1(2)(2.2)(f)による。

(h)

試料導入方法  本体 5.2(2)(2.9)(a)による。

(i)

試料導入部温度  本体 5.2(2)(2.9)(b)による。

(

7

)

本体5.

(

45

)

による。

(3)

準備操作  準備操作は,次のとおり行う。

(a)

本体 5.2(3)(a)の操作を行う。

(b)

(a)

のバイアルに水[(4)で採取する試料と同量](

8

)

を,静かに泡立てないようにとり,これに水

10ml

につき(1)(e)の揮発性有機化合物混合標準液

1

µl

をマイクロシリンジを用いて注入する。

(c)

本体 5.4.1 (4)(c)及び(d)の操作を行って揮発性有機化合物の保持時間の位置を確認する。

(

8

)

本体5.

(

40

)

による。

備考3.

本体5.

備考6.による。

(4)

操作  操作は,次のとおり行う。

(a)

本体 5.4.1(4)の操作を行う。

検量線(

9

)

  (1)(d)の揮発性有機化合物混合標準液

0.5

10ml

(

10

)

を段階的に全量フラスコ

10ml

にと

り,メタノールを標線まで加える。検量線の作成は,これらの標準液を用いて,本体 5.4.1(4)の検量

線に準じて行う。

(

9

)

本体5.

(

26

)

による。

(

10

)

本体 5.

(

44

)

による。


39

K 0125-1995

備考4.

本体5.

備考22.による。

原案作成委員会構成表

氏名

所属

(順不同)

(委員長)

並  木      博

横浜国立大学教育学部

倉      剛  進

通商産業省工業技術院繊維化学規格課

加  藤  裕  之

通商産業省環境立地局産業施設課

石  黒  久  義

通商産業省環境立地局環境指導課

鈴  木      繁

環境庁水質保全局水質規制課

田  中  宏  明

建設省土木研究所下水道部水質研究室

安  藤  正  典

国立衛生試験所環境衛生化学部

伊  藤  裕  康

国立環境研究所化学環境部計測管理研究室

土  屋  悦  輝

東京都立衛生研究所環境保健部水質研究科

日  野  隆  信

千葉県衛生研究所生活環境研究室

浜  村  哲  夫

神奈川県環境科学センター水質環境部

米  倉  茂  男

東京都鍍金工業組合

仲  山  伸  次

財団法人日本環境衛生センター東日本支局環境科学部環境

対策課

坂  本      勉

財団法人日本規格協会技術部

加  山  英  男

財団法人日本規格協会技術・検査部標準課

梅  崎  芳  美

社団法人産業環境管理協会

橋  場  常  雄

社団法人日本環境測定協会

(株式会社環境管理センター分析センター)

小  池      満

社団法人日本環境測定協会

(財団法人北里環境科学センター技術研究部化学第一室)

藤  井  賢  三

社団法人日本環境測定協会

(ムラタ計測器サービス株式会社技術本部)

鈴  木  弘  七

社団法人日本環境測定協会

(新日本気象海洋株式会社環境分析研究所)

高  橋  七  郎

社団法人日本化学工業協会

(三菱化成株式会社総合研究所分析物性研究所分析

A

グル

ープ)

前  田  恒  昭

社団法人日本分析機器工業会

(電気化学計器株式会社開発本部特別研究室)

齋  藤      壽

社団法人日本分析機器工業会

(株式会社島津製作所応用技術部)

山  上      仰

社団法人日本分析機器工業会(横河アナリティカルシステム

ズ株式会社カストマーサポートセンターアプ
リケーショングループ)

久  本  泰  秀

社団法人日本分析機器工業会

(株式会社日立製作所計測器事業部)

岩  崎  岩  次

社団法人日本工業用水協会

佐  宗  正  雄

社団法人日本工業用水協会総務部

飛  渡  祥  弘

社団法人日本工業用水協会総務部総務課

本  郷  秀  昭

社団法人日本工業用水協会業務部

◎印は小委員会委員長,○印は小委員会委員も兼任