>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 0095

: 19

999

 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 0095 : 1999

  排ガス試料採取方法

IEC 10396 : 1993

  固定発生源−ガス濃度自動分析のためのサンプリング

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II) 国際規格項目番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合が困

難な理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

○  煙道,煙突,ダクト内に排出

される排ガス中の特定ガス

成分を分析するための試料
ガス吸引採取方式及び試料
ガス非吸引採取方式につい

て規定。

(1)

○ 排ガス中の O

2

,CO,CO

2

SO

2

,NO,NO

2

の温度を自

動計測器で測定するとき
の試料ガス採取方法(抽出
法と非抽出法)と装置を規

定。

JIS

は排ガス中の特定成分

を対象とし,化学分析法及

び連続分析法に適用する
が,ISO は 6 成分に限定し
た自動計測法(連続分析法)

を規定している。

この JIS は,排ガス中の特定成
分を分析するための試料ガス

採取の基本規格である。排ガス
中の特定ガス成分の分析方法
及び自動計測器などの多くの

JIS

に引用されている(38 件)。

これらの JIS を通じて,大気汚
染防止法を始めとする法令に,

この規格が間接的に活用され,
我が国の環境基準の維持管理
に寄与している。

今回,可能な限り ISO 規格と
の整合を図ったが,大気汚染防
止法の規制・基準に影響を及ぼ

すおそれのある部分について
は,従来 JlS の規定内容を踏襲
した。

今後,国際規格との更なる整合
の推進については,ISOJlS(引
用先の JIS を含む。)及び法令

と一体となって取り組む必要
がある。 
法令との整合が大きな要因な

ので省庁間の調整を待ちたい。

(2)

引用規格

○  JIS B 2210JIS G 3452

JIS G 3459

JIS G 4303

JIS K 0050

JIS K 0211

(2)

○ ISO 7934(トリン)

ISO 9096(

ダスト)

ISO

には ISO 7934 は引用

されていない(ISO の記述
の誤り)。

JIS Z 8808

の整合化を待つ。


 

2

K 0095

: 19

99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合が困

難な理由及び今後の対策

(2)

引用規格

JIS Z 8808

JIS Z 8808 : 1995

ISO 

9096 : 1992

である。JIS 

案では JIS を引用。

代表性に関する事項は参
考事項であり,規定項目で
はない。

(3)

定義

○  排ガス,試料ガス,採取点,

採取口,採取管,ろ過材,導

管,捕集部,前処理部,凝縮
可能成分,腐食性,反応性ガ
ス発生源,ガス濃度,湿りガ

ス,化学分析,連続分析,試
料の完全性を規定。

(3)

○ 凝縮成分,腐食性,気体濃

度(O

2

換算),反応性ガス発

生源,湿り排ガス,標準状
態,試料の完全性を規定。

ISO

の定義をすべて採用。

JIS

として必要な定義を追

加。 
なお,標準状態は JIS K 

0211

の 1045 を引用済。

(4)

原理

○  試料ガス吸引採取方式及び

試料ガス非吸引採取方式を
規定。

(4)

○ 抽出法(試料ガス吸引採取

方式) 
非抽出法(試料ガス非吸引
採取方式)

非吸引方式に二つの方法

を追加。

JIS

には,非吸引方式の計測器

は規定されていない。この項は

ISO

との整合化のため ISO 

規定を採用。

(5)

試 料 ガ ス の 採
取 位 置 , 採 取

点,採取口

(5)

5.1.1 

5.1

試 料 ガ ス 採 取
位置

○  安全な足場の設置

5.2

5.2.1

発生源のガスをサンプリ
ングする場合の代表性に

ついて,考慮すべき要因を
記述。要員の安全性,乱流
域の位置,採取点への出入

り,測定場所のスペース,
ユーティリティの確認及
び調査,ガスの爆発性,危

険性等の安全性に関する
注意事項。


 

3

K 0095

: 19

999

 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合が困

難な理由及び今後の対策

5.2

採取点

○  JIS Z 8808 の 5.3 に従う。濃

度変動が採取位置断面にお
いて±15%以下なら一点採

取でよい。 
採取管は排ガス流に対して
直角に挿入。

5.2.2

○ ±15%を 超 える 濃 度変 動

のない点又は多点測定。

ISO 9096

に従う。一点測

定も可。

JIS Z 8808

ISO 9096

JIS Z 8808

の整合化を待つ。

5.3

採取口

○  採取口の材質は,ステンレス

鋼,炭素鋼を用い,化学分析

用は 25A,連続分析は 100A
程度の管を溶接する。連続分
析では近接した位置に化学

分析用採取口を設置。

ISO

に規定なし。

5.4

その他の要因

○  一点採取法では採取位置・採

取点の選定,保温・加熱,除

湿,漏れ試験などを適切に行
い,試料の完全性を保持す
る。

5.4

○ 試料採取場所の選定,採取

装置の材質による吸着・吸

収反応,腐食に注意。

(6)

試料採取装置

6. 

6.1

装置の構成

6.1.1

吸 引 採 取 方

○  化学分析法,連続分析法(単

一成分・多成分同時測定)

6.1

○ 一次ろ過材(10

µm 以上の

粒子を捕集),採取管,加
熱試料導管,二次ろ過材

(1

µm 以上の粒子を捕集),

採取ポンプ,除湿器,試料
ガス分岐管,真空計及び試

料希釈方法の概要。

JIS

ではろ過材の捕集粒子

径は規定していない。

JIS

は化学分析法,連続分析法

の採取管導管,前処理部,分析
計などの構成を規定し,詳細は

6.3

6.9 で規定。


 

4

K 0095

: 19

99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合が困

難な理由及び今後の対策

6.1.2

非 吸 引 採 取

方式

○  定点測定,パスモニター

6.2

○ 発信器,採取管,測定セル,

ろ適材,採取管マウンティ
ング,校正ガス配管。

発信装置,受信装置,パー
ジガスブロアー,校正用ガ
ス配管,内部ガス校正セル

など。

構成部品は個別規格によ
る。

採取法の規格に構成部品を規
定するのは不合理であるので,
国際規格として提案。

6.2

材質

○  採取管,導管,接手管,ろ過

材,試料ガス分岐管。

ISO

に規定なし。

6.3

採取管

○  内径 3∼25mm で採取点まで

挿入できるもの,化学分析

用,連続分析用について装置
の例を図示。

6.1.2

○ 通常,ガラス質けい素,磁

器,多結晶又は再結晶アル

ミナ製を用いる。ほうけい
酸ガラス製は 775K,ステ
ンレス用は 1175K,シリカ

ガラス製は 1300K に耐え
る。

JIS

は寸法及び材質の規定

内容(6.2)を追加。

ステンレス鋼及びほうけ
い酸ガラスの耐熱温度は,
安全上の見地から ISO 

り 100℃低くした。

寸法及び材質を追加する必要
がある。ステンレス鋼は 900℃

から高温ぜい化が生じ,硬質ガ
ラスは,450℃で破壊されない
との JIS 規定(JIS G 4303

JIS R 

3503)

に基づいた。国際規格に

提案する。

6.4

一次ろ過材

○  ろ過材はダストの除去率が

よく,圧力損失が少ないも
の。

6.1.1

○ 10

µm 以上の微粒子を通過

しないろ過材が望ましい。

JIS

には 10

µm 以上の粒子

を捕集する規定はない。材
質及び使用温度を

表 

示す。

シリカウールをろ過材とする
場合には捕集粒子径を正確に
規定できないので,国際規格に

提案する。

6.5

取付具

○  採取管を採取口に固定する。

材質は採取管及び採取口に

適合したもの。

ISO

には規定なし。


 

5

K 0095

: 19

999

 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合が困

難な理由及び今後の対策

6.6

導管

○  4∼25mm のもの。

○ SUS 又は PTFE で試料ガス

の量に応じた太さ。 

ADP JIS

及び ISO の規定は実際

上同等の規定である。

連続分析での導管を常設する
場合は,25mm 以下のステンレ
ス鋼管で配管する場合が多く,

それ以上のガス量の吸引を必
要とするケースは考えられな
いので,国際規格に提案する。

6.7

保温又は加熱

○  ガス成分の凝縮又は凍結を

防止する。空冷除湿を兼ねる

導管には行わない。

6.1.3

6.1.6

○ 試料ガスの水分及び酸露

点より 15K 高い温度に加

熱し,温度をモニターす
る。

加熱導管を用いる点は同
じであるが,ISO には空冷

除湿を兼ねる導管の規定
はない。

分析計を格納しているきょう

(

筐)体までは加熱導管を用い,

きょう体内を空冷(予冷)し,一
次冷却とし溶解損失を最小限
におさえている。

6.8

捕集部

○  吸収瓶,捕集容器,水銀マノ

メーター(200mm),乾燥管,
吸引ポンプ,ガスメーター。

ISO

には規定なし。

6.9

前処理部

○  除湿器,気液分離器,安全ト

ラップ,二次ろ適材,吸引ポ
ンプ,真空計,試料ガス分岐

管。

6.1.4

6.1.9

○ 二次ろ過材,試料採取ポン

プ,水蒸気除去,試料ガス
分岐管,配管,真空計。

JIS

には,二次ろ過材の捕

集粒径及び吸引ポンプの
運転温度は規定なし。

水分の除去(ISO 6.1.6)につ
いては除湿器を含めて詳
細な規定を追加。試料ガス

配管(ISO 6.1.7)は削除。凝
縮水トラップを追加。

ISO

はポンプと分析計の保護

のため 1

µm 以上捕集する二次

ろ過材が必要としているが,

JIS

は,空冷による一次除湿,

2

℃冷却による除湿及び気液分

離などをポンプの前段に設置

しているため,水分,硫酸ミス
トは除去されている。このた
め,二次ろ過材の孔径及びポン

プの酸露点以上の加熱は不要。
国際規格として提案。


 

6

K 0095

: 19

99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合が困

難な理由及び今後の対策

6.10

希釈

希釈の目的,希釈方法及び装

6.1.10

○ 希釈の目的,希釈方法及び

装置。

我が国の排ガス濃度は低下し
ており,希釈の必要はない。整
合化のため規定した。

(7)

化 学 分 析 用 の
試 料 ガ ス 採 取

操作

○  採取管・導管の取付け,試料

採取装置の組立,漏れ試験,

ガス採取操作,採取ガス量の
計 算 式 : 標 準 状 態 (0 ℃ ,

101.32kPa)

の乾きガス又は湿

りガス。

ISO

は自動計測器のため

の試料ガス採取法のため,

化学分析法の試料採取方
法の規定なし。

7.1

吸収瓶法(ガス
メ ー タ ー で 計

測する方法)

7.2

吸収瓶法(注射
筒 で 計 測 す る

方法)

7.3

真 空 フ ラ ス コ

7.4

真空捕集瓶法

7.5

注射筒法

7.6

捕集バッグ法

(8)

自 動 計 測 器 の
取扱い

7. 

8.1

採取管,導管の
取付け

試料ガス吸引採取方式では

7.1

に準じる。

ISO

は規定なし。

8.2

前 処 理 部 の 組

立 て 及 び 取 付

○  気液分離器,除湿器,二次ろ

過材,吸引ポンプ,ガス分岐
管を順次接続する。

ISO

は規定なし。


 

7

K 0095

: 19

999

 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合が困

難な理由及び今後の対策

8.3

漏れ試験

○  通常の使用条件の 2 倍程度

の加圧又は減圧で行う。

7.1

○ 50kPa(375mmHg)に減圧し

て行う。

ISO

の 50kPa は過大。JIS

は負圧のほかに漏れの状
態を容易に判別できる加

圧を追加規定。

ISO

の規定は極端に大きいの

で照会中。技術的根拠も含めて
確認後必要があれば整合化を

図るか提案する。

8.4

分 析 計 の 取 付

○  適当なきょう(筐)体内に取り

付け,きょう体を固定する。

ISO

は規定なし。

○ 図 1 抽出法による試料採

取と条件調整システム

図示だけ

ISO

に規定された 3 図及び単一

成分計測器の例を追加。

8.5

自 動 計 測 器 な
どの組立て例

○  吸引方式(単一成分計測器及

び多成分同時測定),非吸引

方式計測器の構成例。

図 2 非抽出法による定点
モニター

図示だけ

図 3 非抽出法パス・モニタ

図示だけ

8.6

操作

○  製造業者の取扱説明書に従

う。

7.2

ISO

は規定なし。

8.7

校 正 目 的 と 校
正方法

○  校正ガス導入口は試料ガス

採取管及び計測器ガス導入

口の 2 か所に設ける。目盛り
校正は個別規格による。

7.3

7.4

○ 目盛り校正:校正用ガス導

入口は,採取管の先端及び

測定器入口の 2 か所及び
分析計の機能校正。

JIS

では,目盛り校正・機

能校正は個別規格による。

JIS

は,自動計測器ごとに校正

方法を規定。

8.8

保守・点検

○  安全規則の尊守,操業状態の

確認,消耗品等の補充,給水,
給電,校正用ガス,試料ガス

採取管の清掃。

5.1.3

5.2.1

○ 加熱,乾燥,テストなどに

よって試料の完全性の保
持,安全規則の遵守,運転

状況の確認,消耗品の取り
替え,操業パラメーターの
調整,ユーリティリティの

点検等。

“製造業者の取扱説明書
による”を追加。

自動計測器は測定対象成分に
よって測定原理も構造も異な
るので,保守・点検は取扱説明

書によった方がよい。


 

8

K 0095

: 19

99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番号 (III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合が困

難な理由及び今後の対策

(9)

安 全 に 関 す る
注意事項

○  発生源の形態,原料・副原料

の組成及び使用量,排ガスの
温度,圧力,排出量,公害除

去施設の事前調査,調査要員
の安全確保。

○ 要員の安全,乱流域の位

置,採取場所への出入り,
測定場所及び足場の確保。

(9.1.1)

発 生 源 に 関

する項目

(9.12)

採 取 位 置 に

関する項目

試料採取に関する項目

(10)

その他

附属書 1(参考)

○  試料ガス採取の制約

1.2 

JIS

では附属書(参考)とし

た。

単なる参考事項であり,本体に

規定するものではない(国際提
案)。

附属書 2(参考)

○  ガス発生源の性質

5.1

○ 適用範囲の留意事項

内容が参考事項なので JIS

は附属書(参考)とした。

本体に規定するものではない

(

国際提案)。

附属書 3(参考)

○  ガス濃度,流速及び温度分

布。

5.3

○ ガス濃度,流速及び温度分

布の測定。

ISO

は規定,JIS は附属書

(

参考)とした。

JIS

では JIS Z 8808 ダスト濃度

の測定法に従って測定する。

JIS Z 8808

は ISO 9096 を附属

書とした。

附属書 A(参考)

装画に用いる材質 Annex A