>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

K 0071-4 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

JIS K 0071 : 1998

は,一般名称を“化学製品の色試験方法”として,次の各部によって構成する。

第 部:ハーゼン単位色数(白金−コバルトスケール)

第 部:ガードナー色数

第 部:セーボルト色数

第 部:ASTM 色数


日本工業規格

JIS

K 0071-4 :

 1998

化学製品の色試験方法−

第 4 部:ASTM 色数

Testing methods for colour of chemical products

Part 4 : ASTM colour

1.

適用範囲  この規格は,常温で液体の化学製品(石油製品は除く。)の色を試験する方法について規定

する。

備考1.  化学製品とは,化学反応によって生成する物質全般を指すが,個別の製品又は製品群の規格

において,この規格と異なる測定方法が規定されている場合には,その規格に規定されてい

る方法による。

2.

化学製品には,揮発性,爆発性,放射性などが強いために,この規格を用いるとき試験の安

全を確保できないものもある。この規格に規定する方法は一般的な方法であり,あらかじめ

安全性を十分に確保できるものに適用する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS C 7501

  一般照明用電球

JIS Z 8722

  色の測定方法−反射及び透過物体色

3.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

a)

ASTM

色数  標準色ガラスと試料の透過色の明るさを比較し,ほぼ一致した標準色ガラスで読み取る

色数。

0.5

∼8 の範囲を 0.5 間隔で 16 段階の色数によって表す。

4.

原理  この試験方法は,常温で液体の化学製品の試料を規定容器にいれた色と 16 種類の標準色ガラス

を比較して,試料の色に対応する ASTM 色数を求める方法である。

5.

装置及び器具  装置及び器具は,次による。

ASTM

比色計  次に示す比色計及び試験容器からなる。比色計構成の一例を図 に示す。


2

K 0071-4 : 1998

図 1  ASTM 比色計の構成の一例

5.1

比色計は,次の a)d)からなる。

a)

人工昼光色光源  人工昼光色光源は,光源電球,昼光フィルタ,オパールガラスからなり,外部の光

によって測定に影響のないもの。

標準色ガラス及び試料の照射部は同じ明るさの散乱昼色光で,その照度は 900±100 lx とする。

備考  人工昼光色光源は,比色計本体と分離されていてもよい。

1)

光源電球  色温度約 2 750 K の白熱電球(

1

)

とする。

(

1

)  JIS C 7501

に規定する LW100 V,60 W のものが相当する。

2)

昼光フィルター  厚さが均一で次の分光透過率,色度座標  (x,  y,  z)  及び視感透過率  (Y

A

)

をもつも

の。


3

K 0071-4 : 1998

2.1)

波長 410nm で 60%以上の透過率。

2.2)

波長 700nm で 10%以下の透過率。

2.3)

波長 540nm と 590nm の透過率を直線で結んだとき,波長 570nm の透過率は,直線上に 3 %以上出

ない。

2.4)

波長 700nm における透過率は,660nm の透過率より 3 %以上大きくないこと。

2.5)

色度座標  (xyz)  及び視感透過率  (Y

A

)

は,JIS Z 8722 の標準の光 A を用いた分光透過率から計算

したとき,次の値をもつもの。

x 0.314

∼0.330

y 0.337

∼0.341

z 0.329

∼0.349

Y

A

 10.7

∼16.0 (%)

3)

オパールガラス  気泡又は不純物を含まない均一の密度と厚さで,特に選択吸収が少なく,光を散

乱させるものでなければならない。

b)

標準色ガラス  標準色ガラスの直径は 14 mm 以上で,表 に示す 16 種類とする。

表 1  ASTM 色試験器用標準色ガラス

色度座標(UCS 系)  (±0.006)

ASTM

色数

r g b 

視感透過率(CIE・C 光源)

Yc (%)

0.5 0.462

0.473

0.065

86

  ±6

1 0.489

0.475

0.036  77

  ±6

1.5 0.521

0.464

0.015

67

  ±6

2 0.552

0.442

0.006  55

  ±6

2.5 0.582

0.416

0.002

44

  ±4

3 0.611

0.388

0.001  31

  ±4

3.5 0.640

0.359

0.001

22

  ±4

4 0.671

0.328

0.001  15.2

±2.2

4.5 0.703

0.296

0.001

10.9

±1.6

5 0.736

0.264

0

8.1

±1.2

5.5 0.770

0.230

0

5.8

±1.0

6 0.805

0.195

0

4.0

±0.8

6.5 0.841

0.159

0

2.6

±0.6

7 0.877

0.123

0

1.6

±0.4

7.5 0.915

0.085

0

0.81

±0.16

8 0.956

0.044

0

0.25

±0.06

c)

試験容器カバー  試験容器を比色計に挿入する部分は,内部はつや消し黒色とし,外部からの光を完

全に遮断できること。

d)

光学装置  人工昼光色光源によって照射され,試料及び標準色ガラスを通過した光を同時に同一視野

で照明領域を観察できるもので,次に示す性能をもつもの。

1)

接眼部からのぞいたとき,試料及び標準色ガラスのそれぞれの照明領域は垂直に分離帯があり,そ

の両側にそれぞれ照明領域がくるようにする。分離帯の幅は測定者の目から見て 2∼3.6°とし,試

料及び標準色ガラスの照明領域は測定者の目から見て 2.2°以上とする。

2)

試料及び標準色ガラスの照明領域の合計は,測定者の目から見て 10°以下(

2

)

とする。

(

2

)

測定者の目から距離 のところに分離されている距離 を望む角度(視線角度)は57.3d/

よって与えられる。

倍率 の接眼レンズを使用している場合は57.3Md/D

i

によって与えられる。


4

K 0071-4 : 1998

ただし D

i

は,測定者の目と像の平面間の距離とする。

参考  同一視野内に試料の照明領域及び二つの標準色ガラスの照明領域がある 3 視野試験器は,色の

比較をするときに便利である。

5.2

試験容器  図 に示す形状,寸法のほうけい酸ガラス製のもの。

図 2  試験容器

6.

試験器の準備  試験器の準備は,次による。

a)

2

本の試験管にそれぞれ蒸留水を 50 mm 以上になるように入れ,試験器の標準色ガラス側及び試料容

器側におさめる。

b)

人工昼光色光源を点灯し,標準色ガラス切換えダイアルでブランク(標準色ガラスが光路にない状態)

を測定したとき,標準色ガラス側と試験容器側の明るさが同じであることを確認する。

備考  3 視野試験器の場合は,三つの視野が同じ明るさであることを確認する。

7.

試料の準備  試料の準備は,次による。

a)

試料を試験容器に深さ 50 mm 以上入れて測定試料とする。

b)

試料の ASTM 色数が 8 を超える場合は,溶剤で薄め,これを測定試料とする。試料と溶剤の混合割合

は,体積比で 15 : 85 とする。

備考  溶剤は,二クロム酸カリウム 4.8 mg を純水で溶かし 1 L とした色より明るく,試料が完全に溶

解するものであること。

8.

操作  操作は,次による。


5

K 0071-4 : 1998

a)

試料及び蒸留水を別々の試験容器にそれぞれ深さ 50 mm 以上入れて,試験器の試験容器カバー内にお

さめ,ふたをして外部からの光を遮断する(純水を入れた試験容器は,標準色ガラス側とする。

b)

電源スイッチを入れて人工昼光色光源部を点灯し,標準色ガラスと試料の色を比較し,試料の色と一

致する標準ガラスの符号を読み取る。正確に一致しない場合は,濃い方の標準色ガラスの符号を読み

取る。

9.

結果の記録  ASTM 色試験の結果の記録は,次による。

a)

試料の色が標準色ガラスと一致した場合は,その数を ASTM 色数とする。

b)

試料の色が二つの標準色ガラスの間にある場合は,濃い方の標準色ガラスの符号に L を付け,次に示

す記録例のように表す。試料の色数が 6.5 と 7.0 の間にある場合は,ASTM 色数 L7.0 とする。ただし,

試料の色数が 8 より濃い場合に限り D8.0 とする。

記録例  ASTM 色数  L7.0

c)

試料を溶剤で薄めて測定した場合は,ASTM 色数の次に Dil を記し,溶剤名及び希釈割合を付記する。

記録例  ASTM 色数  7.5Dil(灯油 1 号で 15 : 85 に希釈)

化学製品の色及び硫酸着色試験方法  原案作成委員会・分科会  構成表

氏名

所属

委員会

分科会

(委員長)

荒  木      峻

東京都立大学名誉教授

増  田      優

通商産業省基礎産業局

大  嶋  清  治

工業技術院標準部

小  倉      悟

工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

堀  本  能  之

工業技術院物質工学工業技術研究所

政  岡      進

製品評価技術センター

嶋  貫      孝

社団法人日本分析化学会

神  代      啓

社団法人日本化学工業協会

並  木      昭

財団法人化学品検査協会

平  井  敏  夫

財団法人日本色彩研究所

竹  内  幸  夫

和光純薬工業株式会社大阪工場

大  森  道  昭

株式会社離合社浦和工場

檀  上  秀  夫

日本化薬株式会社化学品研究所

岡  田  憲  治

社団法人日本芳香族工業会

近  藤  暁  弘

株式会社村上色彩研究所

伊  藤  尚  美

社団法人日本分析化学工業会

(事務局)

三  須      武

社団法人日本化学工業協会

内  田  幹  雄

社団法人日本化学工業協会

 
 

備考  ◎委員長,分科会主査を示す。

○委員会,分科会委員を示す。