>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

K 0071-2 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 0071-2 : 1998

  化学製品の色試験方法

第 2 部:ガードナー色数

ISO/DIS 4630.2

:1996  塗料及びワニス用樹脂ガードナー色数による

透明液体の判定

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定
内容

(IV) JIS

と国際規格との

相違点

(V)  JIS

と国際規

格との一致が
困難な理由及

び今後の対策

(1)

適用範囲

○  常温で液体の化学

製品,又は加熱し

て溶融状態になる
化学製品の色を試
験する方法につい

て規定。

ISO 4630

○ 乾性油,ワニス,

脂肪酸,重合樹

脂酸,樹脂の透
明な液体色を試
験する方法につ

いて規定

ADP

加熱して溶融状態
になる化学製品に

ついては,ISO には
規定がない。

ISO

は JIS に包含

される

(2)

試 験 方 法 の

原理

○  標準色ガラス比色

計との比較

ISO 4630

○ 標準色ガラス比

色計との比較

(3)

用語の定義

○  ガードナー色数

ISO 4630

○ ガードナー色数

(4)

試薬

○  塩酸(1+17)溶液

塩化鉄(III)溶液 
塩化コバルト(II)溶

液 
ヘキサクロロ白金

(IV)

酸 カ リ ウ ム 原

ISO 4630

○ 塩酸(1+17)

塩化鉄(III)溶液
塩化コバルト(II)

溶液 
ヘキサクロロ白
金 (IV) 酸 カ リ ウ

ム原液

(5)

装 置 及 び 器

○  比色計

標準色ガラス 
ガードナー色数標
準液

ガードナー・ホル
ト試験管 
溶融装置

分光光度計 
吸収セル

ISO 4630

○ 比色計

標準色ガラス 
ガードナー色数
標準液

ガードナー・ホ
ルト試験管

分光光度計 
吸収セル

ADP ISO

にない固体試

料の溶融装置を付
け加えた。

固体試料の溶融用

装置を付け測定対
象 範 囲 を 拡 大 し
た。

ISO

に提案する。

(6)

標 準 色 液 体

の調製

○  ガードナー色数標

準液の 1 番から 8
番までの調整

ヘキサクロロ白金

(IV)

酸 カ リ ウ ム 溶

液の組成に従う。

ガードナー色数標
準液の 9 番から 18

番までの調整

鉄とコバルト溶液

の組成に従う

ISO 4630

○ ガードナー色数

標準液の 1 番か
ら 8 番までの調

ヘキサクロロ白
金 (IV) 酸 カ リ ウ
ム溶液の組成に

従う。 
ガードナー色数
標準液の 9 番か

ら 18 番までの調
整 
鉄とコバルト溶

液の組成に従う


2

K 0071-2 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定
内容

(IV) JIS

と国際規格との

相違点

(V)  JIS

と国際規

格との一致が
困難な理由及

び今後の対策

(7)

操作

○  色調確認,ろ過比

色計を用いて色を
比較 
標準液を用いる場

合は拡散昼光で色
を比較 
固体試料での操作

ISO 4630

○ 色調確認,ろ過

比色計を用いて
色を比較 
標準液を用いる

場合は拡散昼光
で色を比較

ADP

固体試料の操作を

付け加えた。

固体試料の溶融用

装置を付け加えて
測定対象範囲を拡
大した。

ISO

に提案する。

(8)

結果と記録

○  ガードナー標準色

ガラスの番号 
ガードナー標準液
の番号

色調差 
ろ過の有無

ISO 4630

○ ガードナー標準

ガラスの番号 
ガードナー標準
液の番号

色調差 
ろ過の有無

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定してい

ないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す。

“ADP”は,JIS

は国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JIS として必要な規定内容を追加していることを
示す。