>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

K 0071-1 :1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 0071-1 : 1998

  化学製品の色試験方法−

第 1 部:ハーゼン単位色数

(

白金−コバルトスケール)

ISO/DIS 6271 : 1996

  透明液体−白金−コバルト標準比色液によ

る色の評価

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定
内容

(IV) JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規

格との整合が

困難な理由及
び今後の対策

(1)

適用範囲

○ ・常温で液体の化学製

品,又は加熱して溶
融 状 態 と な る 化 学
製 品 の 色 を 試 験 す

る 方 法 に つ い て 規
定。

ISO/DIS 

6271

○ 透明液体の Pt-Co

単位による色の
評価方法につい
て規定。

ADP

加熱して溶融状

態になる化学製
品については,

ISO

には規定が

ない。

ISO

は JIS に包含

される。

(2)

原理

○ ・標準比色液との比較 同上

○ 標準比色液との

比較

(3)

用語の定義  ○  ・ハーゼン単位色数  同上

○ 白金ーコバルト

単位

= 呼称の違い

ハーゼンの呼称は
一般的に定着して
いる。対応国際規

格の呼称は ISO 
も一般的とはいえ
ない。

(4)

試薬

○  ・塩化コバルト(II)六

水和物

・ヘキサクロロ白金

(IV)

酸カリウム

・塩酸

同上

○ 塩化コバルト(II)

六水和物ヘキサ
ク ロ ロ 白 金 (IV)

酸カリウム 
塩酸

○  ・比色管

同上

○ 比色管

ADP

液体用は一致

・白色板

白色板を追加

・比色計

・溶融装置

カラーコンパレ
ーター

・分光光度計

分光光度計

(5)

装置及び器

・吸収セル

吸収セル

固体試料用の溶
融装置を追加

使用範囲,手段を
拡大したもので,

技術的変更ではな
い。

○  ・標準比色液原液

同上

○ 標準比色液原液

・検定

検定

・ハーゼン標準比色液

Pt-Co

比較

標準比色液

(6)

標準色の調

・保存について

保存について

(7)

操作

○  ・色調確認,ろ過

同上

ADP

・比色計を使用して,

又 は 白 色 光 下 で 白

色 板 を 用 い て 比 色
する

ISO

は比色計だ

け規定している
が白色板使用に
よ る 測 定 を 追

加。

・固体試料での操作

色調確認,ろ過

比色計を使用

固体試料の操作

を追加。

使用範囲,手段を

拡大したもの。

(8)

試料の採取  ○ ・製品を代表するよう

に採取

同上

○ 製品を代表する

ように採取


2

K 0071-1 :1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定
内容

(IV) JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規

格との整合が
困難な理由及

び今後の対策

(9)

結果の記録  ○  ・ハーゼン色数

同上

○ 白金ーコバルト

色数

・中間の場合は濃い方

中間の場合は濃

い方

・色調差,ろ過の有無

色詞差,ろ過の
有無

(10)

試験結果の
報告

○  ・製品の種類と識別  同上

○ 製品の種類と識

・使用した規格名

使用した規格名

・測定結果及び色調の

説明

測定結果及び色
調の説明

・規定外操作

規定外操作

・試験の日付

試験の日付

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“≡”は,JIS と国際規格が一致していることを,

“=”は技術的内容が同等であるこ

とを示す。

“ADP”は国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JIS として必要な規定内容を追

加していることを示す。