>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 K

0070

-1992

化学製品の酸価,けん化価,

エステル価,よう素価,水酸基価

及び不けん化物の試験方法

Test methods for acid value, saponification value,

ester value, iodine value, hydroxyl value and

unsaponifiable matter of chemical products

1.

適用範囲  この規格は,主として油脂製品,その誘導体及びこれらを含有する化学製品の酸価,けん

化価,エステル価,よう素価,水酸基価及び不けん化物を試験する場合の一般的な方法について規定する。

備考1.  化学製品は,化学反応によって生成する物質全般を指すが,個別の製品又は製品群の規格に

おいて,この規格と異なる試験方法を規定している場合は,その規格に規定する方法による。

2.

この規格の引用規格を,

付表 に示す。

2.

一般事項

2.1

用語の定義  この規格で用いる用語の定義は,JIS K 0050 及び JIS K 0211 によるほか,次のとおり

とする。

(1)

酸価  試料 1g 中に含有する遊離脂肪酸,樹脂酸などを中和するのに必要とする水酸化カリウムの mg

数。

(2)

けん化価  試料 1g を完全にけん化するのに必要とする水酸化カリウムの mg 数。

(3)

エステル価  試料 1g 中に含まれるエステルを完全にけん化するのに必要とする水酸化カリウムの mg

数。

(4)

よう素価  試料 100g にハロゲンを反応させたとき,結合するハロゲンの量をよう素の g 数に換算した

値。

(5)

水酸基価  試料 1g をアセチル化させたとき,水酸基と結合した酢酸を中和するのに必要とする水酸化

カリウムの mg 数。

また,水酸基価は,ヒドロキシル価ともいう。

(6)

不けん化物  試料をけん化した後,ジエチルエーテルによって抽出される物質の試料に対する百分率。

2.2

共通事項  試験に共通する一般事項は,JIS K 0050 及び JIS K 0113 によって,ガラス器具は,JIS R 

3503

による。数値の丸め方は JIS Z 8401 による。

3.

酸価  測定方法には,中和滴定法と電位差滴定法とがある。

備考  電位差滴定法で測定値に差がある場合は,中和滴定法を採用する。


2

K 0070-1992

3.1

中和滴定法

(1)

要旨  試料を溶剤に溶かし,指示薬としてフェノールフタレインを加え,水酸化カリウムエタノール

溶液で滴定して酸価を求める。

(2)

試薬  試薬は,次のとおりとする。

(a)  0.1mol/l

塩酸  JIS K 8001 の 4.5(5.5)[0.1mol/塩酸 (3.646gHCl/l)]による。

(b)  0.1mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液  JIS K 8574 に規定する水酸化カリウム 7g を 5ml の水に溶

かし,JIS K 8102 に規定するエタノール (95) を加えて 1とし,二酸化炭素をさえぎって,2∼3 日

間放置した後,上澄みを取るか又はろ過して耐アルカリ性の瓶に保存する。

標定は,0.1mol/塩酸 25ml を全量ピペットを用いて三角フラスコに取り,フェノールフタレイン

溶液を加え,0.1mol/水酸化カリウムエタノール溶液で滴定し,中和に要した量からファクターを

求める。

(c)

フェノールフタレイン溶液  JIS K 8001 の 4.3(指示薬)による。

(d)

溶剤  JIS K 8103 に規定するジエチルエーテルと JIS K 8101 に規定するエタノール (99.5) を体積

比で 1 : 1 又は 2 : 1 で混合したもの(

1

)

これらは,使用直前にフェノールフタレイン溶液を指示薬として数滴加え,0.1mol/水酸化カリ

ウムエタノール溶液で中和する。

(

1

)

溶剤に溶解しにくい試料の場合には,ジエチルエーテルの配合比の多いものを用いる。溶剤の

エタノールを JIS K 8839に規定する2-プロパノールなどに代替することができる。

(3)

装置及び器具  装置及び器具は,次のとおりとする。

(a)

三角フラスコ  300ml

(b)

ビュレット  25ml

(c)

水浴又は熱板

(4)

操作  操作は,次のとおり行う。

(a)

試料を

表 によって三角フラスコに量り取る。

(b)

溶剤 100ml 及び指示薬としてフェノールフタレイン溶液数滴加え,水浴上で試料が完全に溶けるま

で十分に振り混ぜる。

(c) 0.1mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液で滴定(

2

)

し,指示薬のうすい紅色が 30 秒間続いたときを終

点とする。

(

2

)

酸価が100以上の場合は,4.1(2)(b)に規定する0.5mol/水酸化カリウムエタノール溶液で滴定す

る。

表 1  試料量

酸価

試料量

g

    5

未満

20

5

以上   15 未満

10.0

15

以上   30 未満

5.00

30

以上  100 未満

2.00

100

以上 1.000

(5)

計算  酸価は,次の式によって算出する。

S

f

B

A

611

.

5

×

×


3

K 0070-1992

ここに,

A

酸価

B

滴定に用いた 0.1mol/水酸化カリウムエタノール溶液の量
(ml)

f

 0.1mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液のファクター

S

試料の質量 (g)

5.611

水酸化カリウムの式量 56.11×

10

1

備考1.

試料が強く着色している場合には,次の方法のいずれかを用いる。

(a)

指示薬としてアルカリブルー6B,チモールフタレインなどを用いる。

(b)

フェノールフタレイン試験紙を液外指示薬として用いる。

(c)

側管のある三角フラスコを用い,側管内の色の変化で終点を決定する。

(d)

高濃度のアルカリ溶液を用いて滴定する。

(e)

試料採取量を少量とし,溶剤を多量に用いる。

(f)

試料を溶剤 50ml に溶かし,塩化ナトリウム飽和溶液 10∼20ml を加えた後,フェノールフタ

レイン溶液を指示薬として加えて滴定し,十分振り混ぜ,塩化ナトリウム溶液層の着色が 30

秒間消えないときを終点とする。

2.

試料中に無機酸が混入している場合には,水浴上で加熱しながら試料の 2 倍量の水を加えて

振り混ぜ,水にぬらしたろ紙でろ過して無機酸を除去して試料とする。ただし,水に可溶な

脂肪酸,ナフテン酸なども除去されるので,注意が必要である。

3.

油脂中の遊離脂肪酸の含有量を求める場合には,一般にオレイン酸として表すが,やし油,

パーム核油の場合はラウリン酸,パーム油の場合はパルミチン酸,ヒマシ油の場合はリシノ

ール酸,なたね油の場合はエルカ酸として表すことが多い。

遊離脂肪酸の含有量は,次の式によって算出する。

C

A×Fa

ここに,

C

遊離脂肪酸の含有量 (%)

A

酸価

Fa

酸価 1 に相当する遊離脂肪酸の換算係数(

表 2

による。

表 2  遊離脂肪酸の換算係数

表示遊離脂肪酸

Fa

ラウリン酸として 0.356

パルミチン酸として 0.456 
オレイン酸として 0.503 
リシノール酸として 0.530

エルカ酸として 0.602

3.2

電位差滴定法

(1)

要旨

  試料を溶剤に溶かし,電位差滴定装置を用い,水酸化カリウムエタノール溶液で電位差滴定を

行って酸価を求める。

(2)

試薬

3.1 (2)

による。

(3)

装置及び器具

  装置及び器具は,次のとおりとする。

(a)

電位差滴定装置

  指示電極にガラス電極,参照電極にカロメル電極を使用する。

(b)

ビーカー

  300ml

(c)

メスシリンダー

  100ml

(d)

水浴又は熱板


4

K 0070-1992

(4)

操作

  操作は,次のとおりに行う。

(a)

試料を

表 1

によってビーカーに量り取る。

(b)

溶剤 100ml を加えて,水浴上で試料が完全に溶けるまで振り混ぜる。

(c)

電位差滴定装置を用いて,0.1mol/水酸化カリウムエタノール溶液で電位差滴定を行い,得られた

滴定曲線の変曲点を終点とする。

(5)

計算

3.1(5)

による。

4.

けん化価

  測定方法には,中和滴定法と電位差滴定法とがある。

4.1

中和滴定法

備考

電位差滴定法と中和滴定法で測定値に差がある場合には,中和滴定法を採用する。

(1)

要旨

  試料に水酸化カリウムエタノール溶液を加え,加熱して,冷却後,指示薬としてフェノールフ

タレイン溶液を加え,塩酸で滴定してけん価を求める。

(2)

試薬

  試薬は,次のとおりとする。

(a)

0.5mol/l

塩酸

JIS K 8001

4.5(5.3)

[0.5mol/塩酸 (18.23gHCl/l)  ]による。

(b)

0.5mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液(

3

)

  JIS K 8574

に規定する水酸化カリウム 35g を 20ml の水

に溶かし,

JIS K 8102

に規定するエタノール (95) を加えて 1とする。二酸化炭素をさえぎって,2

∼3 日放置した後,上澄み液を取るか又はろ過して耐アルカリ性の瓶に保存する。

(

3

)

JIS K 8001

4.5 (18.2)

[0.5mol/水酸化カリウム・エタノール溶液 (28.05gKOH/l)  ]に規定す

るものを使用してもよい。

(c)

フェノールフタレイン溶液

3.1(2)(c)

による。

(3)

器具

  器具は,次のとおりとする。

(a)

三角フラスコ

  200∼300ml

(b)

空気冷却器

  外径 6∼8mm,長さ 100cm のガラス管又は還流冷却器で,いずれも三角フラスコの口

にすり合わせ接続できるもの。

(c)

水浴,砂浴又は熱板

  約 80℃の温度に調節できるもの。

(d)

ビュレット

  50ml

(e)

全量ピペット

  25m1

(4)

操作

  操作は,次のとおり行う。

(a)

試料 1.5∼2.0g

(

4

)

を三角フラスコに 1mg のけたまで量り取る。

(

4

)

試料の採取量は,試料の滴定に必要な0.5mol/塩酸の容量が空試験に必要な容量の半分に近い量

とする。

(b)

 0.5mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液 25ml を全量ピペットを用いて加える。

(c)

三角フラスコに空気冷却器を取り付け,ときどき内容物を振り混ぜながら 30 分間水浴,砂浴又は熱

板上で穏やかに加熱して反応させる。加熱するときは,還流するエタノールの環が空気冷却器の上

端に達しないように加熱温度を調節する。

(d)

反応が終わった後,直ちに冷却し,内容物が寒天状に固まらないうちに空気冷却器の上から少量の

水を吹き付けてその内壁を洗浄した後,空気冷却器を外す。

(e)

指示薬としてフェノールフタレイン溶液 1ml を加えて,0.5mol/塩酸で滴定し,指示薬のうすい紅

色が約 1 分間現れなくなったときを終点とする。

(f)

空試験は,試料を入れないで

(a)

(e)

を行う。


5

K 0070-1992

(5)

計算

  けん化価は,次の式によって算出する。

S

f

C

B

A

05

.

28

)

(

×

×

ここに,

A

けん化価

B

空試験に用いた 0.5mol/塩酸の量 (ml)

C

滴定に用いた 0.5mol/塩酸の量 (ml)

f

0.5mol/l

塩酸のファクター

S

試料の質量 (g)

28.05

水酸化カリウムの式量 56.11×

2

1

4.2

電位差滴定法

(1)

要旨

  試料に水酸化カリウムエタノール溶液を加え,加熱して,冷却後,電位差滴定装置を用い,塩

酸で電位差滴定を行ってけん化価を求める。

(2)

試薬

4.1(2)

による。

(3)

装置及び器具

  装置及び器具は,次のとおりとする。

(a)

電位差滴定装置

3.2(3)(a)

による。

(b)

平底フラスコ

  250ml 広口円すい(錐)型,フラスコの口ですり合わせ接合できる長さ 1m の空気

冷却管付のもの。

(c)

水浴,砂浴又は熱板及び全量ピペット

4.1(3)

による。

(4)

操作

  操作は,次のとおり行う。

(a)

試料 1.5∼2.0g

(

4

)

を平底フラスコに 1mg のけたまで量り取る。

(b)

 0.5mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液 25ml を全量ピペットを用いて加える。

(c)

平底フラスコに空気冷却器を取り付け,ときどき内容物を振り混ぜながら 30 分間穏やかに加熱して

反応させる。この場合は,還流するエタノールの環が空気冷却器の上端に達しないように加熱温度

を調節する。

(d)

反応が終わった後,内容物が寒天状に固まらないうちに空気冷却器の上から少量の水を吹き付けて

その内壁を洗浄し,空気冷却器を外す。

(e)

平底フラスコにエタノール (95) 25ml を加える。

(f)

電位差滴定装置を用い,0.5mol/塩酸で電位差滴定を行い,得られた滴定曲線の変曲点を終点とす

る。

(g)

空試験は,試料を入れないで

(b)

(f)

を行う。

(5)

計算

4.1(5)

による。

5.

エステル価

3.

及び

4.

から,次の式によって算出する。

A

B

C

ここに,

A

:  エステル価

B

:  けん化価

C

:  酸価

6.

よう素価

  次によって試験を行う。

(1)

要旨

  試料を四塩化炭素又はシクロヘキサンに溶かした後,

一塩化よう素溶液を加え,

暗所に放置後,

よう化カリウム及び水を加え,チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定し,溶液の色がうすい黄色になったと


6

K 0070-1992

き,でんぷん溶液を加え,青が消えるまで滴定してよう素価を求める。

(2)

試薬

  試薬は,次のとおりとする。

(2.1)

四塩化炭素

JIS K 8459

に規定するもの。

(2.2)

シクロヘキサン

JIS K 8464

に規定するもの。

(2.3)

一塩化よう素溶液(ウィイス液)

  一塩化よう素溶液は,次のいずれかによって調製する。

(a)

JIS K 8403

に規定する三塩化よう素 7.9g と

JIS K 8920

に規定するよう素 8.9g を別々のフラスコに

取り,それぞれに

JIS K 8355

に規定する酢酸を加えて溶解した後,両液を混合して,酢酸で全量を

1l

とする。

(b)

よう素 13g を酢酸 1に溶解し,その 20ml を取り 0.1mol/チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定して滴定

量を求めておく。よう素溶液に乾燥した塩素を通じた後,その 20ml を取り,よう化カリウム溶液

約 15ml 及び水約 100ml を加え 0.1mol/チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定する。この場合滴定量が最初

の滴定量の 2 倍になるようにする。

(2.4)

よう化カリウム溶液 (100g/l

JIS K 8913

に規定するよう化カリウムを用いて調製する。

(2.5)

0.1mol/l

チオ硫酸ナトリウム溶液

JIS K 8001

4.5 (21.2)

[0.1mol/チオ硫酸ナトリウム溶液

(2.482gNa

2

S

2

O

3

・5H

2

O/l)

]による。

(2.6)

でんぷん溶液 (10g/l

JIS K 8659

に規定するでんぷん 1g を少量の水に混合し,沸騰水 100ml に加

え,数分間煮沸して透明にした後,冷却する。

(3)

器具  共栓付三角フラスコ

  容量 200∼500ml(頸部のやや長いもの。

(4)

操作

  操作は,次のとおり行う。

(a)

試料を,

表 3

によって共栓付三角フラスコに有効数値 3 けたまで量り取る。

(b)

四塩化炭素又はシクロヘキサン約 10ml を加え,試料を溶解する。

(c)

一塩化よう素溶液 25ml を全長ピペットを用いて加え,振り混ぜる。

(d)

栓をして,常温で

表 3

に規定する作用時間暗所に置く。

(e)

よう化カリウム溶液 (100g/l)  約 20ml 及び水約 100ml を加える。

(f)

 0.1mol/l

チオ硫酸ナトリウム溶液で滴定し,溶液がうすい黄色になったとき,でんぷん溶液 (10g/l)

数滴を加え,青が消えるまで滴定する

(

5

)

(

5

)

電位差滴定で終点を測定してもよい。

(g)

空試験は,試料を入れないで

(b)

(f)

を行う。

表 3  試料量及び作用時間

よう素価

3

未満

3

∼10 未満 10∼30 未満 30∼50 未満 50∼100 未満 100∼150 未満 150∼200 未満 200 以上

試料量

g

5

∼3 3.0∼2.5 2.5∼0.6 0.60∼0.40

0.30

∼0.20 0.20∼0.12 0.15∼0.10 0.12∼0.10

作用時間

min

30 30  30  30

30

60

60

60

(5)

計算

  よう素価は,次の式によって算出する。

S

f

C

B

A

269

.

1

)

(

×

×

ここに,

A

よう素価

B

空試験に用いた 0.1mol/チオ硫酸ナトリウム溶液の量 (ml)

C

滴定に用いた 0.1mo1/チオ硫酸ナトリウム溶液の量 (ml)

f

0.1mol/l

チオ硫酸ナトリウム溶液のファクター


7

K 0070-1992

S

試料の質量 (g)

1.269

よう素の原子量 126.9×

100

1

7.

水酸基価

  試験方法には中和滴定法,電位差滴定法,ピリジン-塩化アセチル法がある。

7.1

中和滴定法

(1)

要旨

  試料にアセチル化試薬を加え,グリセリン浴中で加熱し,放冷後,指示薬として,フェノール

フタレイン溶液を加え,水酸化カリウムエタノール溶液で滴定して水酸基価を求める。

(2)

試薬

  試薬は,次のとおりとする。

(a)

アセチル化試薬

JIS K 8886

に規定する無水酢酸 25g を全量フラスコ 100ml に取り,

JIS K 8777

規定するピリジンを加えて全量を 100ml にし,十分に振り混ぜる。アセチル化試薬は,湿気,二酸

化炭素及び酸の蒸気に触れないようにし,褐色瓶に保存する。

(b)

フェノールフタレイン溶液

3.1(2)(c)

による。

(c)

0.5mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液

4.1(2)(b)

による。

(3)

器具

  器具は,次のとおりとする。

(a)

メスシリンダー

  100ml

(b)

全量ピペット

  5ml

(c)

平底フラスコ

図 1

に示すもの。

(d)

全量フラスコ

  100ml

(e)

グリセリン浴

  95∼100℃の加熱に適するもの。

図 1  平底フラスコ

(4)

操作

  操作は,次のとおり行う。

(a)

試料を

表 4

によって平底フラスコに量り取り,これにアセチル化試薬 5ml を全量ビペットを用いて

加える。

(b)

フラスコの口に小さな漏斗を置き,温度 95∼100℃のグリセリン浴中に底部約 1cm を浸して加熱す

る。フラスコの首がグリセリン浴の熱をうけて温度が上がるのを防ぐために,中に丸い穴をあけた

厚紙の円板をフラスコの首の付け根にかぶせる。


8

K 0070-1992

(c)

  1

時間後フラスコをグリセリン浴から取り出し,放冷後漏斗から水 1ml を加えて振り動かして無水

酢酸を分解する。

(d)

さらに,分解を完全にするため,再び,フラスコをグリセリン浴中で 10 分間加熱し,放冷後エタノ

ール (95) 5ml で漏斗及びフラスコの壁を洗う。

(e)

フェノールフタレイン溶液数滴を指示薬として加え,0.5mol/水酸化カリウムエタノール溶液で滴

定し,指示薬のうすい紅色が約 30 秒間続いたときを終点とする。

(f)

空試験は,試料を入れないで,

(a)

(e)

を行う。

表 4  試料量

水酸基価

試料量 g

 10

以上  100 未満

2.00

100

以上  150 未満

1.50

150

以上  200 未満

1.00

200

以上  250 未満

0.75

250

以上  350 未満

0.70

350

以上  500 未満

0.50

水酸基価が 10 以下の場合は,試料採取量を増やす。ただし,試料がアセチル化試薬に溶けない場

合には,なるべく少量のピリジンを追加して溶かす。水酸基価が 500 以上の場合は,

表 4

に準じて

試料量を減らす。

(5)

計算

  水酸基価は,次の式によって算出する。

D

S

f

C

B

A

05

.

28

)

(

×

×

ここに,

A

水酸基価

B

空試験に用いた 0.5mol/水酸化カリウムエタノール溶液
の量 (ml)

C

滴定に用いた 0.5mol/水酸化カリウムエタノール溶液の
量 (ml)

f

0.5mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液のファクター

S

試料の質量 (g)

D

酸価

28.05

水酸化カリウムの式量 56.11×

2

1

備考1.

この方法は,第三アルコールの場合には,低い分析値を与えるから適用できない。

2.

試料中にアルデヒドが存在する場合は,分析値にばらつきが多い。

3.

滴定のとき溶液の着色が著しい場合は,アルカリブルー6B の溶液を指示薬として用いる。

7.2

電位差滴定法

(1)

要旨

  試料にアセチル化試薬を加え,グリセリン浴中で加熱し,放冷後,水を加えて無水酢酸を分解

する。この溶液を再びグリセリン浴中で加熱し,放冷後,エタノールを加え,電位差滴定装置を用い,

水酸化カリウムエタノール溶液で電位差滴定を行って水酸基価を求める。

(2)

試薬

7.1(2)

による。

(3)

装置及び器具

  装置及び器具は,次のとおりとする。

(a)

電位差滴定装置

3.2(3)(a)

による。

(b)

全量ピペット

  5ml

(c)

メスシリンダー

  100ml

(d)

平底フラスコ

  200ml 広口電極が挿入できる口径でフラスコの口にすり合わせ接続できる外径 6∼


9

K 0070-1992

8mm

,長さ 600mm の空気冷却管付のもの。

(e)

グリセリン浴

  90∼100℃の加熱に適するもの。

(4)

操作

  操作は,次のとおり行う。

(a)

試料を

表 4

によって平底フラスコ 200ml に量り取り,アセチル化試薬 5ml を全量ピペットを用いて

加える。

(b)

平底フラスコの口に空気冷却管を装着し,95∼100℃のグリセリン浴中に底部約 1cm を浸して加熱

する。1 時間後平底フラスコを浴から取り出し,放冷後空気冷却管の上部から水 1ml を加えて振り

動かし,無水酢酸を分解する。さらに,分解を完全にするため,再びグリセリン浴中で 10 分間加熱

し,放冷後エタノール 5ml で空気冷却管を洗う。

(c)

平底フラスコに溶剤としてエタノール (95) 100ml を加える。電位差滴定装置を用いて 0.5mol/水酸

化カリウムエタノール溶液で電位差滴定を行い,得られた滴定曲線の変曲点を終点とする。

(d)

空試験は,試料を入れないで

(a)

(c)

を行う。

(5)

計算

7.1(5)

による。

備考1.

この方法は,第三アルコールの場合には低い分析値を与えるから適用できない。

2.

試料中にアルデヒド類が存在する場合は,分析値にばらつきが多い。

7.3

ピリジン-塩化アセチル法

(1)

要旨

  試料をピリジンに溶かし,塩化アセチル-トルエン溶液を加えて加熱し,冷却後,さらに煮沸し,

放冷後,指示薬としてフェノールフタレイン溶液を加え,水酸化カリウムエタノール溶液で滴定して

水酸基価を求める。

(2)

試薬

  試薬は,次のとおりとする。

(a)

塩化アセチル-トルエン溶液 (100g/l

  市販の塩化アセチル 100g を

JIS K 8680

に規定するトルエン

1l

に混合したもの。使用時に調製する。

(b)

フェノールフタレイン溶液

3.1(2)(c)

による。

(c)

0.5mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液

4.1(2)(b)

による。

(d)

ピリジン

JIS K 8777

に規定するピリジン

(3)

器具

  器具は,次のとおりとする。

(a)

平底フラスコ

  200ml フラスコ口にすり合わせ接続できる外径 6∼8mm,長さ 600mm の空気冷却管

付のもの。

(b)

全量ピペット

  5ml

(c)

水浴

65

∼75℃に調節できるもの

(d)

砂浴又は熱板

(4)

操作

  操作は,次のとおり行う。

(a)

試料を

表 5

に従って平底フラスコ 200ml に有効数字 3 けたまで量り取り,ピリジン 5ml を加えて溶

かす。これに塩化アセチル-トルエン溶液 5ml を全量ピペットを用いて加える。

(b)

直ちに平底フラスコに空気冷却管を付けて 5 分間水浴で 65∼70℃に加熱する。

(c)

空気冷却管の上部から約 10ml の水を加えて冷却し,空気冷却管を外した後,平底フラスコに栓を

して激しくふる。さらに,栓を外した後,空気冷却管を付けて 5 分間砂浴又は熱板上で煮沸し,過

剰の塩化アセチルを加水分解させる。

(d)

放冷した後,約 5ml の水で数回空気冷却管を洗う。

(e)

フェノールフタレイン溶液を指示薬として数滴を加え,0.5mol/水酸化カリウムエタノール溶液で


10

K 0070-1992

滴定し,指示薬のうすい紅色が 30 秒間続いたときを終点とする。

(f)

空試験は,試料を入れないで

(a)

(e)

を行う。

表 5  試料量

水酸基価

1

∼50 50∼100 100∼150

150

∼200

試料量 g 3.6 以下 1.8 以下 1.2 以下 0.9 以下

(5)

計算

7.1(5)

による。

備考

試料は,予想される水酸基価に対し,塩化アセチルの量が当量の約 2 倍になるようにする。

8.

不けん化物

  次によって試験を行う。

(1)

要旨

  試料に水酸化カリウムエタノール溶液を加え,加熱してけん化反応を進め,溶液を分液漏斗に

移して放冷後,ジエチルエーテルを加えて振り混ぜた後,静置し,分層後ジエチルエーテル層がフェ

ノールフタレイン溶液によって,着色しなくなるまで水洗いする。ジエチルエーテル層を蒸留し,残

液をジエチルエーテルに溶かし,ジエチルエーテル層を蒸留除去する。残液を加熱して得た残分をジ

エチルエーテルとエタノールに溶かし,指示薬としてフェノールフタレイン溶液を加え,水酸化カリ

ウムエタノール溶液で滴定して不けん化物を求める。

(2)

試薬

  試薬は,次のとおりとする。

(a)

1mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液

JIS K 8574

に規定する水酸化カリウム 3.5g をできるだけ少

量の水に溶かし,

JIS K 8102

に規定するエタノールを加えて 50ml とする。

(b)

フェノールフタレイン溶液

3.1(2)(c)

による。

(c)

0.1mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液

3.1(2)(b)

による。

(d)

ジエチルエーテル

JIS K 8103

に規定するもの。

(e)

アセトン

JIS K 8034

に規定するもの。

(f)

エタノール (99.5) 

JIS K 8101

に規定するもの。

(3)

装置及び器具

  装置及び器具は,次のとおりとする。

(a)

三角フラスコ

  200ml

(b)

空気冷却器

  外径 6∼8mm,長さ 100cm のガラス管又は還流冷却器で,いずれも三角フラスコの口

にすり合わせ接続できるもの。

(c)

水浴,砂浴又は熱板

  約 80℃の温度に調節できるもの。

(d)

分液漏斗

  500ml

(e)

ビュレット

  50ml

(f)

全量ピペット

  50ml

(g)

蒸留装置

  蒸留フラスコ 500ml 及び 100ml,凝縮管及び受器を備え,ジエチルエーテルを回収でき

るもの。

(4)

操作

  操作は,次のとおり行う。

(a)

試料約 5g を三角フラスコに 1mg のけたまで量り取る

(

6

)

(

6

)

不けん化物の量が多い試料は,残分の質量が0.3∼0.5g になるように試料量を減らす。

(b)

 1mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液 50ml を全量ピペットを用いて加える。

(c)

三角フラスコに空気冷却器を取り付け,ときどき内容物を振り混ぜながら 1 時間,わずかに沸騰す

る程度に加熱を続け,けん化反応を進める。加熱するときは,還流するアルコールの環が空気冷却

器の上端に達しないように加熱温度を調節する。


11

K 0070-1992

(d)

けん化が終わった後,生成した石けん溶液を温水 100ml で分液漏斗に洗い入れ,さらに,水 50ml

でフラスコを洗って分液漏斗に移し,室温になるまで放冷する。

(e)

ジエチルエーテル 100ml で,けん化に用いたフラスコを洗い,洗液を分液漏斗に加え,密栓して 1

分間激しく振り混ぜ,明らかに 2 層に別れるまで静置する。

(f)

下層を第 2 の分液漏斗に移し,これにジエチルエーテル 50ml を加えて同様に振り混ぜ,静置する。

分離後,下層をさらに第 3 の分液漏斗に移し同じ抽出操作を行う。

(g)

第 2,第 3 の分液漏斗のジエチルエーテル層を第 1 の分液漏斗のエーテル溶液に合わせ,洗液がフ

ェノールフタレイン溶液で着色しなくなるまで水を 50ml ずつ用いて洗浄を繰り返す。

(h)

ジエチルエーテル溶液を乾燥ろ紙でろ過し,蒸留フラスコ 500ml に移し,少量のジエチルエーテル

で分液漏斗及びろ紙を洗い,洗液を蒸留フラスコに加える。

(i)

その残液が 50ml 以下になるまで蒸留を行い乾燥し,あらかじめ質量を量った蒸留フラスコ 100ml

に内容物を移し,

少量のジエチルエーテルで,

蒸留フラスコ 500ml を洗い,

洗液を蒸留フラスコ 100ml

に加え,前と同様にしてジエチルエーテルを蒸留除去する。

(j)

残液にアセトン 3ml を加えて加熱し,大部分の溶剤を除去した後,30kPa 程度の減圧下で,温度 70

∼80℃,30 分間加熱した後,デシケーター中で放冷し,残分の質量を量る。

(k)

残分を再びジエチルエーテル 2ml に溶かし,さらに,エタノール (99.5) 10ml を加え,フェノールフ

タレイン溶液を数滴指示薬として加え,0.1mol/水酸化カリウムエタノール溶液を用いて滴定し,

指示薬のうすい紅色が 30 秒間続いたときを終点とし,脂肪酸の量を量る。

脂肪酸の量は,一般にオレイン酸として算出する。

(5)

計算

  不けん化物は,次の式によって算出する。

[

]

S

f

C

D

A

100

)

2

028

.

0

(

×

×

×

ここに,

A

不けん化物 (%)

C

滴定に用いた 0.1mol/水酸化カリウムエタノール溶液の量 
(ml)

f

0.1mol/l

水酸化カリウムエタノール溶液のファクター

D

残分の質量 (g)

S

試料の質量 (g)

0.028 2

オレイン酸(式量 282)への換算係数

9.

化学製品を取り扱うときの注意事項

  化学製品を取り扱うときには,まずその物質の名称を確認し,

その安全性について確認する。その物質の物性など情報が不十分で安全性の確認ができないときは,事前

に調査を行い,十分な安全性の対策を施したうえで取り扱う。

危険性,有害性,放射性などに関し法規上の規制があるものについては,十分な準備と対策を施した後,

関連する法令・規則によって取り扱わなければならない。

付表 1  引用規格

JIS K 0050

  化学分析方法通則

JIS K 0113

  電位差・電流・電量・カールフィッシャー滴定方法通則

JIS K 0211

  分析化学用語(基礎部門)

JIS K 8001

  試薬試験方法通則

JIS K 8034

  アセトン(試薬)


12

K 0070-1992

JIS K 8101

  エタノール (99.5) [エチルアルコール (99.5)]

(試薬)

JIS K 8102

  エタノール (95) [エチルアルコール (95)]

(試薬)

JIS K 8103

  ジエチルエーテル(試薬)

JIS K 8355

  酢酸(試薬)

JIS K 8403

  三塩化よう素(試薬)

JIS K 8459

  四塩化炭素(試薬)

JIS K 8464

  シクロヘキサン(試薬)

JIS K 8574

  水酸化カリウム(試薬)

JIS K 8659

  でんぷん(溶性)

(試薬)

JIS K 8680

  トルエン(試薬)

JIS K 8777

  ピリジン(試薬)

JIS K 8839

  2-プロパノール(試薬)

JIS K 8886

  無水酢酸(試薬)

JIS K 8913

  よう化カリウム(試薬)

JIS K 8920

  よう素(試薬)

JIS R 3503

  化学分析用ガラス器具

JIS Z 8401

  数値の丸め方

関連規格

JIS K 1525

  オクチルアルコール(オクタノール)

JIS K 1557

  ポリウレタン用ポリエーテル試験方法

JIS K 3331

  工業用硬化油・脂肪酸


13

K 0070-1992

化学製品一般試験方法専門委員会  構成表

氏名

所属

JIS

委員会  小委員会  第 2 分科会

(委員長)

荒  木      峻

東京都立大学

細  川  幹  夫

工業技術院標準部

寺  西  大三郎

通商産業省基礎産業局

三  井  清  人

通商産業省計量研究所

主査

川  瀬      晃

通商産業省化学技術研究所

平  井  信  次

通商産業省通商産業検査所

武  田      寧

厚生省国立衛生試験所

栗  原      力

財団法人化学品検査協会

岩  見  妙  晴

社団法人日本化学会(旭化成工業株式会社)

大  森  道  昭

日本科学機器団体連合会(株式会社離合社)

加  藤  幸  雄

日本理化学硝子機器工業会

(柴田科学器械工業株式会社)

坂  田      衞

日本分析機器工業会(株式会社島津製作所)

辻      洋  典

石油化学工業協会

猪  瀬  太  郎

社団法人日本芳香族工業会

竹  内  幸  夫

日本試薬連合会(和光純薬工業株式会社)

池  田  順  一

財団法人日本規格協会

西  川  光  一

社団法人日本化学工業協会

幹事

桑  田  真  一

三菱化成株式会社総合研究所

幹事

前  川  正  和

株式会社住化分析センター

鈴  木  正  儀

昭和電工株式会社川崎工場

三  浦  一  清

三井東圧化学株式会社総合研究所

鈴  木  作  世

株式会社明峯社製作所

松  隈  義  則

日本石鹸洗剤工業会

寺  本  芳  彦

セイコー電子工業株式会社

田  坂  勝  芳

工業技術院標準部

(事務局)

吉  田  千  秋

社団法人日本化学工業協会