>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

K 00

68 :

 20

01
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 0068 : 2001

化学製品の水分測定方法

ISO 760 : 1978

  水分測定−カールフィッシャー法(一般的方法)

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異の項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所:対比表

  表示方法:対比表での項目比較

項目番号

内容

(II)

国 際
規 格
番号

項目

番号

内容

項目ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

との国際規格と

の 技 術 的 差 異 の 理 由 及

び今後の対策

1.

適用範囲

個体,液体の化学製
品の成分

 1  1)

固体,液体の化

学製品の成分

2) KF

MOD

追加

ISO

は KF 法のみ規定,JIS は KF 法を含めて 3 方法

について規定

2.

引用規格

MOD

追加

ISO

に規定なし

3.

定義

MOD

追加

ISO

に規定なし

4.

共通事項

MOD

追加

ISO

に規定なし

5.

測 定 方 法 の 種

1) F

滴定法(容量

滴 定 法 , 電 量 滴 定
法,水分気化法)

2)

乾燥減量法

3)

蒸留法

MOD

追加

ISO

に規定なし

6.

カ ー ル フ ィ ッ

シャー滴定法

MOD

追加

ISO

に該当項目名なし(KF 法だけなので不必要)

6.1

要旨

2

3

原理

反応

MOD

変更

ISO

は反応式を記載するなどやや詳しく記載

6.2

試料の採取

MOD

追加

ISO

に規定なし

6.3

容量滴定法

6.3.1

要旨

6.1

MOD

変更

ISO

がやや詳しく記載

1)

この ISO 規格を改定

するため ISO/TC47/SC1/

WG3

が設置されている

が 長 年 活 動 が 停 止 さ れ
ており,規格の改定作業

が行われていない。ISO
規 格 は 市 場 の 要 求 を 満
た し て い な い の で そ の

まま JIS として採用する
ことはできない。

2) WG3

の活動が再開

されれば,この ISO 規格
を廃止するか,改定する
か 決 定 さ れ る こ と に な

る。改定が決まれば,今
回の改正 JIS の実績を見
て , 国 際 提 案 を 検 討 す

る。


 

2

K 006

8 :

200

1

 解


(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異の項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所:対比表 
  表示方法:対比表での項目比較

項目番号

内容

(II)

国 際
規 格

番号

項目
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

との国際規格と

の 技 術 的 差 異 の 理 由 及
び今後の対策

容量滴定装置ほか

5

5.1

Annex

B

装置

直 接 滴 定 用 装 置 ほ
か 
( 視 覚 法 、 電 気 的

法) 
視 覚 法 又 は 電 気 的
法用装置の例

MOD

変更

装置について ISO がやや詳しく記載

6.3.2

装置及び器具

5.2

Annex

C

逆滴定用装置 
(電気的法)

逆滴定用装置 
(電気的法) 
装置の例

MOD

削除

JIS

に規定なし(逆滴定専用装置は特に必要ではな

い)

6.3.3

試薬

4

Annex

A

試薬・材料 
標 準 水 / メ タ ノ ー
ルによる KF 試薬の

標定

MOD

変更

ISO

では独自に規定する試薬もあるが,JIS では ISO

より多くの試薬を規定し多様な試料への対応を可能
にしている。

6.3.4

試料採取操作

MOD

追加

ISO

に規定なし

6.3.5

操作

a)

直接滴定

6

6.2

7

7.1

7.2

視覚法

手順 
電気的方法 
終点検出原理

手順

MOD

変更

1)  ISO

では空試験の規定がない。

2)  ISO

では説明的内容なので検出原理の規定なし

b)

逆滴定

88.18.

2

電気的方法

終点検出原理 
手順

MOD

変更

1)  ISO

では空試験の規定がない。

2)  JIS

では説明的内容なので検出原理の規定なし

 


 

3

K 00

68 :

 20

01
 解

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV) JIS と国際規格との技術的差異の項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所:対比表 
  表示方法:対比表での項目比較

項目番号

内容

(II)

国 際
規 格

番号

項目
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(v)  JIS

との国際規格と

の 技 術 的 差 異 の 理 由 及
び今後の対策

6.3.6

計算

a)

接滴定

6.3

7.3

(視覚法)

(

電気的方法)

MOD

変更

ISO

では空試験の規定がない。

b)

逆滴定

8.3

(

電気的方法) MOD/

変更

ISO

では空試験の規定がない。

9.

試験報告書 MOD/

削除

JIS

に規定なし

文献 MOD/

削除

JIS

に規定なし

6.4

量滴定法

MOD

追加

ISO

に規定なし

6.5

気 化 − 容 量 滴

定 法 又 は 水 分 気 化

−電量滴定法

試 料 中 の 水 分 の 気
化・捕集し,KF 測

MOD

追加

ISO

に規定なし

7.

燥減量法

MOD

追加

ISO

に規定なし

8.

留法

MOD

追加

ISO

に規定なし

9.

学 製 品 を 取 り

扱 う と き の 注 意 事

MOD

追加

ISO

に規定なし

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:NEQ

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −  MOD/削除…… ···国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  MOD/追加…… ···国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  MOD/変更…… ···国際規格の規定内容を変更している。 
2.

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −  NEQ……………  技術的内容及び構成において,国際規格と同等でない。