>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

K 0061

: 20

01

解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS K 0061 : 2001

  化学製品の密度及び比重測定方法

ISO 758 : 1976

  工業用液体化学製品−20℃密度の測定方法

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異の項目ごとの評価及びその内容

表示箇所:対比表

表不方法:対比表での項目比較

項目番号

内容

(II)

国際

規格
番号 項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的 差 異 の 理 由 及 び 今 後

の対策

1.

適用範囲

化学製品の密度及び
比重の試験法

工業用液体化学
製品−20℃密度

の測定方法

MOD

/追加 1)  ISO は液体化学製品の密度に適用(規格本体ではゲ

ーリュサックピクノメータ法(比重瓶法)の 1 方法

のみ規定)

2)  JIS

は,化学製品一般の密度,比重に適用

2.

引用規格

JIS

  11 件

2 ISO

  1 件

MOD

/追加 ISO は比重瓶の引用規格のみ規定

3.

一般事項

使用単位

MOD

/追加 ISO に規定なし

4.

定義

密度,比重,質量,
見掛け質量

密度

MOD

/追加 JIS で 3 件追加

5.

共通事項 1)

測定場所の状態

2)

共通的な器具及
び操作

3)

標準物質

4)

数値の丸め方

MOD

/追加 ISO に規定なし

6.

測定方法の種類  密度及び比重測定の

対象:

1)

液体  2)  固体

3)

気体

MOD

/追加 ISO に規定なし

JIS

で液体 4 種類(うち,比重瓶法でさらに 5 種類)

固体 5 種類(うち,その他比重瓶法でさらに 3 種類)

気体 2 種類,合計 17 種類の方法を規定

7.

液体の密度及び
比重の測定方法

7.1

浮ひょう法

MOD

/追加 ISO に規定なし

7.2

比重瓶法

7.2.1

要旨

 4

原理 IDT

7.2.2

装置及び器

比重瓶(5 種類)

,恒

温水槽,はかり,温
度計

 5

比重瓶

(1 種類)

恒温水槽

MOD

/追加 JIS では比重瓶を 5 種類,ISO では 1 種類のみ規定

7.2.3

校正

MOD

/追加 ISO に規定なし

1)

差異の理由:

多様な状態の化学製品の密

度の測定について,ISO は,
液体化学製品のみを対象に
比重瓶法のうちゲーリュサ

ックピクノメータ法だけを
規定。市場の要求に対応して
いない。この規格の担当 TC

(ISO/TC47)

が長期間活動を

停止していたためであると
思われる。

2)

今後の対応:

ISO

で TC47 規格全体につい

て廃止の検討が行われてお

り,この規格の存続が決まれ
ば,改正後の規格の実績を確
認後,国際提案を検討する。


2

K 0061

: 20

01

解説

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異の項目ごとの評価及びその内容

表示箇所:対比表 
表不方法:対比表での項目比較

項目番号

内容

(II)

国際
規格
番号 項目

番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的 差 異 の 理 由 及 び 今 後
の対策

7.2.4

操作

a)

ワードン形,
ゲーリュサッ
ク形,ハーバ

ード形

操作

MOD

/追加 JIS は操作内容を詳細に規定

b)

目盛ピクノメ

ータ

MOD

/追加 ISO に規定なし

c)

オウソワルド
ピクノメータ

MOD

/追加 ISO に規定なし

7.2.5

計算

計算

MOD

/変更 ISO は近似式,JIS は厳密式(有効数字の範囲では実用

上支障なし)

結果の報告

MOD

/削除 JIS に規定なし

7.3

振動式密度計

MOD

/追加 ISO に規定なし

7.4

天びん法

MOD

/追加 ISO に規定なし

8.

固体の密度及び

比重の測定方法

MOD

/追加 ISO に規定なし

9.

気体の密度及び
比重の測定方法

MOD

/追加 ISO に規定なし

10.

化学製品を取り
扱うときの注意

事項

MOD

/追加 ISO に規定なし

附属書(規定)

標準物質の密度(水,
乾燥空気,湿潤空気)

MOD

/追加 ISO に規定なし

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:NEQ

備考1.項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −  IDT………………  技術的差異がない。 
    −  MOD/削除……  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。


3

K 0061

: 20

01

解説

    −  MOD/追加……  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  MOD/変更……  国際規格の規定内容を変更している。

2

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −  NEQ……………  技術的内容及び構成において,国際規格と同等でない。