>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

H 8683-1

:2013

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  概要 

2

5

  試験液 

2

6

  試験片 

2

7

  手順 

2

8

  試験結果の表し方  

3

9

  試験報告書  

3

附属書 A(規定)染料吸着試験の結果の判定  

4

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

5


H 8683-1

:2013

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人軽金

属製品協会(JAPA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を

改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格で

ある。

これによって,JIS H 8683-1:1999 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS H 8683

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

H

8683-1

  第 1 部:染料吸着試験

JIS

H

8683-2

第 2 部:りん酸−クロム酸水溶液浸せき試験

JIS

H

8683-3

第 3 部:アドミッタンス測定試験

 


日本工業規格

JIS

 H

8683-1

:2013

アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化皮膜

の封孔度試験方法−第 1 部:染料吸着試験

Anodizing of aluminium and its alloys-Estimation of loss of absorptive

power of anodic oxidation coatings after sealing-

Part 1: Dye-spot test with prior acid treatment

序文 

この規格は,2010 年に第 2 版として発行された ISO 2143 を基とし,技術的内容を変更して作成した日

本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,アルミニウム及びアルミニウム合金の製品(以下,製品という。

)に施した陽極酸化皮膜(以

下,皮膜という。

)の染料吸着試験による封孔度試験方法について規定する。

この方法は,工程管理中の検査に適しており,屋外,厳しい環境,汚染の受けやすい場所などで用いら

れる皮膜に適用できる。また,この方法は,封孔液中にニッケル塩,コバルト塩,有機の添加剤などが添

加されている場合は,正確に評価できない。

なお,次の皮膜には適用しない。

a)

銅 2 %以上及び/又はけい素 4 %以上の合金に処理された皮膜

b)

重クロム酸で封孔された皮膜

c)

油,ワックス,ラッカーなどで補足的に処理された皮膜

d)

濃色の皮膜

e) 3

μm 未満の皮膜

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 2143:2010

,Anodizing of aluminium and its alloys−Estimation of loss of absorptive power of

anodic oxidation coatings after sealing−Dye-spot test with prior acid treatment(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。


2

H 8683-1

:2013

JIS H 0201

  アルミニウム表面処理用語

JIS K 8815

  ふっ化カリウム(試薬)

JIS K 8951

  硫酸(試薬)

JIS Z 8730

  色の表示方法−物体色の色差

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS H 0201 による。

概要 

この試験は,酸溶液によって皮膜を前処理した後,染色液を点滴して,皮膜が染料に染色される度合い

によって封孔度を調べる。

試験液 

5.1

一般  試薬は分析用試薬を用い,水は導電率 2  μS/cm 以下の脱イオン水又は蒸留水を用いる。染色

液は,密閉した褐色のガラス容器に保存する。容器から取り出し,開放状態で 8 時間以上放置したものは

使用してはならない。

5.2

前処理液  前処理液は,1 L 中に JIS K 8951 に規定する硫酸[密度(ρ20)1.84 g/mL]25 mL 及び JIS 

K 8815

に規定するふっ化カリウム 10 g を含む水溶液。

5.3 

染色液 

5.3.1

染色液 A  サノダイブルー2LW

1)

 5 g を脱イオン水又は蒸留水に溶かして 1 L とし,硫酸又は水酸

化ナトリウムの薄い水溶液で 23  ℃±2  ℃における pH を 5.0±0.5 に調節する。

5.3.2

染色液 B  サノダールレッド B3LW

1)

 10 g を脱イオン水又は蒸留水に溶かして 1 L とし,硫酸又は

水酸化ナトリウムの薄い水溶液で 23  ℃±2  ℃における pH を 5.7±0.5 に調節する。

1)

  サノダイブルー2LW 及びサノダールレッド B3LW は,クラリアント社が供給する染料の製品の

商標名である。この情報は,この規格の利用者の便宜を図って記載するもので,この製品を推

奨するものではない。同じ結果が得られる場合は,これと同等の他のものを使用してもよい。

試験片 

試験片は,次による。

a) 

試験片は,製品の用途に応じて指定された,表面処理を施した皮膜の品質を満たすことが不可欠な有

効面から採取する。

なお,製品から試験片を採取することができない場合は,製品と同一の材料及び同一の処理条件で

作製した試験片を用いる。製品と同一の材料とは,材料の種類・質別及び処理前の表面状態が,製品

と同じであることをいう。また,

同一の処理条件とは,前処理,皮膜の処理が,製品と同一の浴組成

及び同一の処理条件で,製品と同一の性能を得るように行うことをいう。

b)

試験片の標準寸法は,約 50 mm×約 100 mm とする。ただし,受渡当事者間の協定によって,他の寸

法の試験片を用いてもよい。

手順 

手順は,次による。


3

H 8683-1

:2013

a)

試験片は,汚れに応じて,エタノール,アセトンなどの適切な有機溶剤を浸した脱脂綿などを用いて

あらかじめ清浄にする。

なお,試験片を腐食したり,保護皮膜を作るような有機溶剤を用いてはならない。

b)

常温に保たれた 5.2 の前処理液を乾燥した試験片の表面に 1∼2 滴滴下し,1 分間放置した後,流水中

で十分に洗浄し,送風して乾燥する。

なお,試験位置は,接着剤の付いたゴム製リング,円形の孔をあけたビニルテープなどを貼り付け

て明確にしておくことが望ましい。

c)

b)

の前処理液の滴下跡に,5.3.1 の染色液 A 又は 5.3.2 の染色液 B を常温で 1∼2 滴滴下し,60 秒間保

持する。

なお,染色液は,試験片の色調に応じて,5.3.1 の染色液 A 又は 5.3.2 の染色液 B を選択する。

d)

試験片を水に浸し,

酸化マグネシウム又はこれに相当する研磨材を付けた柔らかい布で 20 秒間こすり,

洗浄した後,乾燥する。

e)

試験面の染料の吸着度合いを

附属書 と比較して評価する。

なお,評価は,試験前後の試験片を測色色差計によって測定し,JIS Z 8730 に規定する色差を求め

て判定してもよい。

注記  b)及び c)の滴下操作は,浸せき法に替えてもよい。

試験結果の表し方 

試験結果は,

附属書 の染料の吸着度合い若しくは染料の非吸着力,又は色差によって表す。

試験報告書 

試験報告書には,次の事項を含めなければならない。

a)

この規格の番号:JIS H 8683-1

b)

試験年月日

c)

試験した製品の名称

d)

皮膜の仕様

e)

使用した染色液の種類

f)

試験中に認められた特記事項

g)

試験結果(染料の吸着度合い若しくは染料の非吸着力,又は色差)


4

H 8683-1

:2013

附属書 A

(規定)

染料吸着試験の結果の判定

A.1

染料吸着試験の結果の判定 

染料吸着試験の結果の判定は,

表 A.1 による。

表 A.1−染料吸着試験の結果の判定

サノダイブルー

2LW

サノダールレッド

B3LW

染料の

吸着度合い

染料の

非吸着力

5

ない

4

非常に弱い

3

弱い

2

中程度

1

強い

0

非常に強い

 

参考文献  JIS H 8683-2  アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化皮膜の封孔度試験方法−第 2

部:りん酸−クロム酸水溶液浸せき試験

注記  対応国際規格:ISO 3210:2010,Anodizing of aluminium and its alloys−Assessment of

quality of sealed anodic oxidation coatings by measurement of the loss of mass after

immersion in phosphoric acid/chromic acid solution(MOD)


5

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS H 8683-1:2013

  アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化皮膜の封孔度

試験方法−第 1 部:染料吸着試験

ISO 2143:2010

  Anodizing of aluminium and its alloys − Estimation of loss of

absorptive power of anodic oxidation coatings after sealing−Dye-spot test with prior 
acid treatment

(I)JIS の規定

(II) 
国際規格
番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号及

び題名

内容

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

1  適用範囲

1

JIS

とほぼ同じ

変更

JIS

では,ISO 規格の“銅 2 %以

上又はけい素 4 %以上”

“銅 2 %

以上及び/又はけい素 4 %以上”
に変更した。

実質的な差異はない。

2  引用規格

3  用語及び
定義

追加

JIS H 0201

を追加した。

実質的な差異はない。

4  概要

2

一致

5  試験液 5.1

一般

3.1

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

では,脱イオン水の導電率の

規定を追加するとともに,染色

液の保管方法及び取扱い方法を
追加した。 
実施的な差異はない。

ISO

規格の見直しの際,

提案する。

5.2  前処理液

3.2 
3.2.1

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS K 8951

及び JIS K 8815 を引

用した。 
実質的な差異はない。

3.2.2

削除

JIS

では,ISO 規格の“前処理 B”

は,安全上の問題及び試薬の入

手が困難であることから削除し
た。 
実質的な差異はない。 

ISO

規格の見直しの際,

提案する。

5

H

 868

3-

1


2

013


(I)JIS の規定

(II) 
国際規格
番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ご
との評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号及
び題名

内容

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

 5.3

染色液

5.3.1  染色液 A 
5.3.2  染色液 B

3.3 
3.3.1 
3.3.2

JIS

とほぼ同じ

変更

削除

ISO

規格の“pH 調節時の温度は

約 23  ℃”であるが,JIS では,
pH 調 整 時 の 温 度 を “ 23  ℃ ±
2  ℃”に変更し,更に,染料の
色表を削除した。 
実質的な差異はない。

ISO

規格の見直しの際,

提案する。

6  試験片

4

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

では,製品から試験片を採取

できない場合の代替試験片の条
件について説明を補足するとと

もに,試験片の大きさを追加し,
細別で記載した。 
実質的な差異はない。

7  手順

5

JIS

とほぼ同じ

変更 
追加

JIS

では,細別として記載した。

また,試験の温度条件を“常温”
に変更した。さらに,試験箇所

を明確にする方法,滴下法のほ
かに浸せき法によってもよいこ
と及び測色による評価でもよい

ことを追加した。

ISO

に追加の事項の提案を検討す

る。

8  試験結果
の表し方

6

JIS

とほぼ同じ

追加

JIS

では,色差での表し方を追加

した。

ISO

に“色差”の追加を提案する。

9  試験報告

7

一致

附 属 書 A
(規定)

附属書 A

一致

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 2143:2010,MOD

 

6

H

 868

3-

1


2

013


7

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致……………… 技術的差異がない。 
    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

7

H 8

6

8

3

-1


2

013