>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

JIS H

 86
81-2

: 19

99
 解

解説付表  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS H 8681-2 : 1999

  アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化

皮膜の耐食性試験方法−第 2 部:キャス試験

ISO 9227 : 1990(E)

  人工零囲気における腐食試験−塩水噴霧試験

5.3

キャス試験

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

〇  アルミニウム及びアルミニ

ウム合金の製品に施した陽
極酸化皮膜のキャス試験方
法について規定。

ISO 9227 

6.3

〇 防食処理なしの,あるいは永久防

食又は一時防食処理された金属
材料の耐食性を評価するための
装置,試薬及び手法を規定。

= JIS はアルミニウムの陽極酸

化皮膜に限定。

ISO 9227

全体については,

JIS Z 2371

で改正審議中。

(2)

引用規格

〇  表面処理用語,腐食評価法,

使用薬品の規格を引用

〇 腐食評価法,材料規格などの規格

を引用

(3)

定義

〇  ISO H 0201 による

− ISO に規定なし

(4)

概要

〇  試験の概要を説明

− ISO に規定なし

(5)

装置

装置の要件として

試験槽

噴霧ノズル 
圧縮空気供給装置 
噴霧液採取容器

を規定。 
試験装置の再現性の評価方

ISO 09227 

〇 装置の要件として JIS と同様に規

定。

照合試験片(Ni 板)による試験
装置の動作確認

照合試験片による試験装置
の動作確認は JIS に規定なし

ISO

に規定されている Ni 板

の入手が困難なこと。JlS 

ISO

の整合化がとれていな

いこと。 
照合試験片に関するデータ

がほとんどないことなどか
ら,JIS への導入に当たって
今後更に検討を進めていく

必要がある。 
また,現行でも試験条件等詳
細に規定されており,結果に

与える影響は少ない。

(6)

試 験 液 の 調

〇  試験液の調製

試験液の調製方法を規定。

ISO 9227 

○ 試験液の調製

JIS

と同様に規定。


 

2

JIS H

 86
81-2

: 19

99
 解


解説付表  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(7)

試験片

〇  試験片

寸法

標準寸法 150×70mm ある

いは 105cm

2

に相当する試

験片

試験片の切口等の保護

測定面(評価面)

上下 25mm,左右 10mm

を除く部分

ISO 9227 

〇 試験片

寸法

寸法等は試験しようとする材

料や製品の仕様(受渡当事者間
の協議)による。

試験片の切口等の保護

評価面

端部を除く面

=  

JIS

は標準寸法を規定。

JIS

では標準寸法の試験片を

用いた場合の例を挙げてい
る。

JIS

は,試験が合理的に行え

るよう標準寸法を掲げてい
るが,他の寸法での試験も認
めているため,同等である。

JIS

でも考え方は端部をの

ぞく面であり,同等である。

(8)

試 験 片 の 配

〇  試験片の配置

試験片の取付角度などの

設置方法,留意点を規定

ISO9227 

〇 試験片の配置

JIS

と同様に規定。

(9)

試験条件

〇  試験条件

試験液濃度,噴霧圧力,噴

霧量,試験温度,pH を規
定。

〇 試験条件

JIS

と同様に規定。

(10)

操作

〇  操作

試験装置の試験開始前の
調整。

試験中の噴霧量,pH,塩化
ナトリウム濃度等の確認。
試験片の洗浄方法。

試験時間

ISO 9227 

〇 操作

試験装置の試験開始前の調整。
試験中の噴霧量の確認。

試験片の洗浄方法。

試験時間


 

3

JIS H

 86
81-2

: 19

99
 解

解説付表  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(11)

結果の表示

〇  試験結果の表示

レイティングナンバにより
耐食性を表す。

a)

  目視による方法

b)

  実測による方法

ISO 9227 

〇 試験結果の表示

試験後の外観。 
表層の腐食生成物を除去した後

の外観。 
レイティングナンバなどの例を
表記。

受け渡し当事者間の協議や製品
規格による

(12)

記録

〇  記録

試験結果 
試験片の履歴

試験時間 
試験条件

〇 記録

(13)

その他

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(lV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。