>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

JIS H

 86
80-2

1998

 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS H 8680-2

:1998  アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化

皮膜厚さ試験方法  第 2 部:渦電流式測定法

ISO 2360

:1982  非磁性素地金属上の非電導皮膜−皮膜厚さの測定−渦電流方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

〇  アルミニウム及びアルミニ

ウム合金の製品に施した陽
極酸化皮膜の皮膜厚さ試験
方法

ISO 2360 

〇 非磁性素地金属上の非亀導皮膜

の非破壊的測定をするための渦
電流測定器を用いた方法

= ISO の適用範囲が広いが問

題なし。

(2)

用語・記号

〇  陽極酸化皮膜厚さ

µ

m

ISO 2360 

〇 皮膜厚さ

µ

m

(3)

試験(分析)
の種類

〇  渦電流式測定法

ISO 2360 

〇 渦電流方法

(4)

試験(分析)

の項目

〇  皮膜厚さ

ISO 2360 

〇 皮膜厚さ

(5)

共 通 的 条 件

( 試 験 状
態 ・ 試 験 条
件)

皮膜厚さ標準板

1)

  校正用標準板(陽極酸化

皮膜) 
原則として試験片と同一材

質で板厚 0.8mm 以上のもの
に陽極酸化処理を施したも
ので顕微鏡断面測定法によ

って皮膜厚さが明らかにさ
れたものとする。

2)

  プラスチックフィルム

連続して測定する場合は,
適宜途中で校正する。

ISO 2360 

測定器の補正

1)

  皮膜処理した標準

補正標準の素地金属の電気的性

質は,試験片と同じにすること。
補正標準の素地金属の臨界厚さ。

2)

  はく:プラスチック材

測定器の補正回数

1

時間当たり少なくとむ 1 回の補

皮膜とはくの補正標準を使

うことは,JIS と同じ。

JIS

に規定がないが意味する

ところは同じ。

(6)

装置・器具

〇  測定器

ISO 2360 

〇 渦電流測定器


 

2

JIS

 H
 86
80-

2

1998

 解


解説付表 1  JlS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(7)

材料・試料

測定箇所 
製品の有効面とする。ただし
製品について試験できない

場合は,製品と同一材料及び
同一皮膜の処理条件で作ら
れた試験片を用いてもよい。

試験片の清浄 
試験片は,汚れに応じ適当な
溶剤を浸した柔らかい布な

どを用いて,あらかじめ清浄
にしておく。

ISO 2360 

ISO2360 

測定箇所 
あれている場合は決められた箇

試験片の清浄 
皮膜を除かないよう,表面から汚
れ,グリース,腐食生成物のよう

な異物を除く。

(8)

手順・方法

〇  操作

1)

  標準板 にプロ ープを 当

て,測定器の指定された校正

方法に従って目盛り(表示
値)を調整するプラスチック
フィルムを用いて校正する

場合は,試料と材質・形状の
同じ素地上で行う。

2)

  試験片の測定部

測定部(直径約 8mm の範囲)
にプロープを当て,目盛りを
読みとる。

3)

  読みの回数

5

回以上繰り返す。

ISO 2360 

ISO 2360 

〇 操作

1)

  製造業者の使用説明書に従

い操作する。

2)

  試験片の測定部

3)

  読みの回数

5

回以上

(9)

記録方法・様

〇  試験結果の表し方

試験結果は,5 回以上の測定
値(

µ

m)

の平均を JIS Z 8401

によって丸め,小数点以下 1

位の数値で表す。

〇 試験結果の表し方

5

回以上の平均


 

3

JIS H

 86
80-2

1998

 解

解説付表 1  JlS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(10)

その他

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。