>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

JIS H

 86
80-1

1998

 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS H 8680-1

:1998  アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化

皮膜厚さ試験−第 1 部:顕微鏡断面測定法

ISO1463

:1982  金属及び酸化皮膜−皮膜厚さ測定−顕微鏡法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

〇  アルミニウム及びアルミニ

ウム合金の陽極酸化皮膜

ISO 1463

:1982

〇 金属皮膜,酸化層ほうろう,ガラ

ス質のエナメル皮膜

(2)

用語・記号

〇  JlS H 0201 による。

〇 局部厚さ

(3)

試験(分析)
の種類

〇  顕微鏡測定法

〇 顕微鏡測定法

(4)

試験(分析)
の項目

〇  測微計の補正

〇 顕微鏡の補正の仕方と影響を記

述している

(5)

共 通 的 条 件
( 試 験 状
態 ・ 試 験 条

件)

〇  顕微鏡と測微計(ミクロメー

ター)

〇 顕微鏡と測微計(ミクロメータ

ー)

(6)

装置・器具

〇  JIS B 7137 に規定する生物顕

微鏡

(7)

材料・試料

〇  アルミニウム及びアルミニ

ウム合金の陽極酸化皮膜

〇 金属及び酸化皮膜

= ISO の適用範囲が広いが問

題なし。

(8)

手順・方法

(9)

記録方法・様

〇  5 か所以上の測定値の平均を

JIS Z 8401

によって丸め,小

数点以下一位の数値で表す

〇 局部厚さ,すなわち測定厚さの算

術的平均値 
試験片の取られた位置

5

か所以上を測定

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“〇”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。