>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

JIS H

 86
17-1

991

 解

解説付表 1  JlS と対応する国際規格との対比表

JIS H 8617-1991

  ニッケルめっき及びニッケル−クロムめっき

ISO 1456-1988

  金属被覆−電気ニッケル・クロム及び銅・ニッケル・クロムめっき

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

1

.  適用範囲

○  鉄鋼,銅,銅合金,亜鉛合金,

アルミニウム及びアルミニ

ウム合金素地上に防食並び
に装飾の目的で行った有効
面のニッケルめっき銅−ニ

ッケルめっき,ニッケルクロ
ムめっき及び銅−ニッケル
クロムめっき。

ISO 1456 

○ 鉄鋼,亜鉛合金,銅及び銅合金ア

ルミニウム及びアルミニウム合

金素材の外観,耐食性を向上させ
る目的で行う,ニッケル下地上ク
ロム及び銅とニッケルを重ね下

地上のクロムめっき。

2

.  引用規格

○  JIS H 0400

JIS K 8802 

JIS H 0404

JIS K 8951 

JIS H 8501

JIS K 8983 

JIS H 8502

JIS P 3801 

JIS H 8504

JlS Z 8902 

JlS K 8150

JlS Z 9031 

JlS K 8801

○ ISO 1458

ISO 2859ISO 1462

ISO 3497

ISO 1463ISO 3769

ISO 2064

ISO 3770ISO 2177

ISO 4519

ISO 2361ISO 4526

ISO 2819

ISO 6158

3

.  定義

○  JlS H 0400 

4

.  種類,等級,

記 号 及 び 使

用環境

○  等級及び記号

使用環境及び使用環境条件

※めっき厚さについて,等級

表示によって表として記
載しているが,使用環境と

関連付けていない。

鉄鋼上の銅−ニッケルめ
っきの各々の膜厚につい

ては,受渡当事者間の協定
と規定。下地銅めっきは耐
食性能に寄与する。

○ 分類

使用環境の等級

使用環境の等級別に相当する
めっき厚さ

めっきのタイプと厚さ

※めっき厚さ(タイプを含む)と

使用環境を関連付け,表として
記載している。

鉄鋼上の銅−ニッケルめっき
については,下地銅めっきの厚
さを,耐食性能に関与しないと

考えている。

≠ ISO の考え方(めっき厚さ

及びタイプと使用環境)に

対して,JIS は,使用環境
の等級別に相当するめっき
区分がない。

※鉄鋼上の銅−ニッケルめ

っ き の 下 地 銅 め っ き の
耐 食 性 能 の 関 与 の 考 え

方が異なる。最上めっき
(クロムめっき)

ISO

  0.3

µ

m

以上

JlS

  0..1

µ

m

以上

対応国際規格の内容について
は,多くの疑問(修正・検討

すべき箇所)がある。来年度
以降,ISO へ提案するため準
備を進める。

疑問点

①  めっき厚さ 
②  使用環境の定義の問題

③  めっきの耐用年数

使用環境とめっき厚さ
との関係

④  各めっき層の厚さ

銅,クロムめっき厚さ
の考え方


 

2

JIS H

 86
17-1

991

 解


解説付表 1  JlS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後
の対策

5.

品質

め っ き の 外

○  9.2 の試験

○ 外観

め っ き の 化
学成分

○  9.3 の試験

○ めっきのタイプと厚さ

め っ き の 最
小厚さ

○  9.4 の試験

○ めっきのタイプと厚さ

め っ き の 微
小 孔 及 び 微
小割れの数

○  9.5 の試験

附属書 
クロムめっきの不連続性(き裂)

め っ き の 耐
食性

○  9.6 の試験

○ 耐食性(ISO 1462

め っ き の 密
着性

○  9.7 の試験

○ 密着性

め っ き の 延

展性

○  9.8 の試験

○ 柔軟性(延展性)

6.

素地

○  表面粗さほか

7.

め っ き 前 の
応力除去

○  受渡当事者間の協定。

附属書

1

○ 鉄鋼の熱処理(受渡当事者間の協

定,推奨する熱処理条件)

8.

め っ き 後 の
水 素 ぜ い 性
除去

○  受渡当事者間の協定。

附属書

2

附属書 A(受渡当事者間の協定,
推奨する熱処s理条件)


 

3

JIS H

 86
17-1

991

 解

解説付表 1  JlS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後
の対策

○  試験片の採取,代替試験片

○  目視

−  

9.

試験

試 験 片 の 作

外観試験 
分析試験 
厚さ試験

附属書 

附属書 

○  JIS H 8501 顕微鏡断面試験

方法,電解式試験方法,蛍光

X

線式試験方法,

β

線式試験

方法,渦電流式試験方法,質
量方法,STEP 試験

○ めっき厚さ

電解式試験方法,蛍光 X 線測定

法,顕微鏡試験方法

tSTEP

試験

微 小 孔 及 び 微
小割れ試験

附属書 

○ クロムめっきの不連続

附属書 C

耐食性試験

○  JIS H 8502 

中性塩水噴霧試験方法,キャ
ス試験方法,酢酸酸性塩水試

験方法,コロードコート試験
方法,及び

附属書 5

○ 耐食性

密着性試験

○  JlS H 8504 

陰極電解試験方法,押出し試
験方法,けい線試験方法,研
削試験方法,たがね打込試験

方法,熱試験方法,バレル試
験方法,引きはがし試験方
法,引張試験方法,曲げ試験

方法

○ 密着性

延展性試験

附属書 

附属書 

10.

検査

○  JIS Z 9031 

検査項目,試験方法の選択な
どは受渡当事者間の協定。

○ サンプリング方法


 

4

JIS H

 86
17-1

991

 解


解説付表 1  JlS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後
の対策

11.

め っ き の 呼
び方

○  JIS H 0404 

○ めっき種別コード

12.

表示

○  送り状などへの記載事項

13.

発 注 書 又 は
加 工 仕 様 書

へ の 記 載 事

○ (1)  基本事項

(2)

付記事項

○ 購入側から電気めっき供給者に

対する要望事項

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。

“−”

:該当項目がない場合。