>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 8615 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS H 8615 : 1999

  工業用クロムめっき

ISO 6158 : 1984

  金属被覆−工業用クロムめっき

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相

違点

(V)  JIS

と国際規格と

の整合が困難な理

由及び今後の対策

1.

適用範囲

○  鉄,鋼及び非鉄金属素地上に耐磨

耗性などの工業用の目的で行っ

た有効面の電気クロムめっき

ISO 6158

○ 工業用目的のために鉄鋼及び非鉄金

属上の有効面のクロムめっき

2.

引用規格

○  JIS B 0601JIS H 8501

JIS B 7502

JIS H 8502

JIS B 7515

JIS H 8503

JIS H 0400

JIS H 8504

JIS H 0404

JIS Z 2244

○ ISO 468ISO 2819

ISO 1456

ISO 4516

ISO 1457

ISO 4518

ISO 1463

ISO 4519

ISO 2177

ISO 4526

3.

定義

○  JIS H 0400(有効面ほか)

○ 有効面

4.

めっきの記号

○  JIS H 0404

5.

品質

めっきの外観

○ 8.2 の試験

○ 皮膜の要求事項

めっきの表面粗さ

○  受渡当事者間の協定

○ 表面粗さ(指定された場合)

め っ き の 最 小 厚 さ
及び許容差

○ 8.3 の試験

○ 厚さ(ISO 4516)

めっきの多孔率

○ 8.4 の試験

めっきの密着性

○ 8.5 の試験

○ 密着性(ISO 2819)

めっきの硬さ

○ 8.6 の試験

○ 硬さ(ISO 4516,750HV 以上)

めっきの耐磨耗性

○ 8.7 の試験

めっきの耐食性

○ 8.8 の試験

6.

素地

○  表面欠陥など

○ 電気めっき前の素地金属の処理

7.

め っ き 前 後 の 素 地

金属の処理

シ ョ ッ ト ピ ー ニ ン

グ処理

○  受渡当事者間の協定

附属書 

○ ピーニング

= ISO でも指定された

場合とし,強度の指定
のない時の条件設定
法を規定。

下地めっき

○  受渡当事者間の協定


 

2

H

 8615 :

 19
99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相

違点

(V)  JIS

と国際規格と

の整合が困難な理
由及び今後の対策

め っ き 前 の 応 力 除

○  受渡当事者間の協定

附属書 2(参考)熱処理条件

○ 電気めっき前の応力除去

(

受渡当事者間の協定,推奨する熱処

理条件)

め っ き 後 の 水 素 ぜ
い性除去

○  受渡当事者間の協定

附属書 3(参考)熱処理条件

○ 電気めっき後の水素ぜい性除去

(

受渡当事者間の協定,推奨する熱処

理条件)

8.

試験

試験片の作製

○  試験片の採取,代替試験片

外観試験

○  目視

○ 目視

厚さ試験

○  JIS H 8501

顕微鏡断面試験方法,磁力式試験
方法,電解式試験方法,触針走査
法,マイクロメータ法

○ 膜厚測定法

直接測定法(マイクロメータなど),磁
力式方法,顕微鏡断面試験方法,電解
式方法,触針走査法

多孔率試験

○  スンプ法,

附属書 4

○ 割れや孔の銅析出による測定

密着性試験

○  JIS H 8504

と石試験方法,曲げ試験方法,引
張試験方法

○ 密着性

硬さ試験

○  JIS Z 2244

ビッカース硬さ 750 以上

○ 硬さ

耐磨耗性試験

○  JIS H 8503

砂落とし磨耗試験等の試験のほ
か,受渡当事者間の協定

耐食性試験

○  JIS H 8502

中性塩水噴霧試験方法

9.

検査

○  JIS Z 9031

検査項目,試験方法の選択などは
受渡当事者間の協定。

○ サンプリング方法(ISO 4519)

10.

めっきの呼び方

○  JIS H 0404

11.

表示

○  送り状などの記載事項


 

3

H

 8615 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相

違点

(V)  JIS

と国際規格と

の整合が困難な理
由及び今後の対策

12.

発 注 書 又 は 加 工 仕
様書への記載事項

○ (1) 基本事項

(2)

付記事項

○ めっき加工業者に提示されるべき情

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。