>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 8603 :

 19
99
 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS H 8603 : 1999

  アルミニウム及びアルミニウム合金の硬質陽極酸化皮

ISO 10074 : 1994

  アルミニウム及びアルミニウム合金の硬質陽極酸化皮膜

対比項目

規定項目

(1)  JIS

の規定内容 (2)

国 際 規 格 番

(3)

国際規格の規定内容 (4)

JIS

と国際規格との相違点 (5)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  アルミニウム及びアルミニ

ウム合金に施した硬質陽極
酸化皮膜

ISO 10074

○ アルミニウム及びアルミニウム

合金に施した硬質陽極酸化皮膜

(2)

引用規格

○  表面処理用語,アルミニウム

材料,試験方法規格など 22 規
格を引用

ISO 10074

○ 用語,試験方法規格など 11 規格を

引用

= JIS ではアルミニウム材料及

び試験に用いる材料などを
追加して規定。

技術上の差異は生じない。

(3)

定義

○  JIS H 0201(用語)によるほか

・硬質陽極酸化皮膜 
・耐摩耗性基準試験片 
を規定

ISO 10074

○ ISO 7583(用語)によるほか

・ロット 
・ロット受入試験 
・有効面

を規定

= 技術上の差異は生じない。

(4)

種類・等級

○  アルミニウム材料によって

皮膜の種類を規定

・種類

1

2

種−(a)

2

種−(b)

3

種−(a)

3

種−(b)

ISO 10074

○ JIS と同様に規定

(5)

性能(品質)

○  皮膜の種類に対応した品質

を規定

品質項目 
・外観, 
・皮膜厚さ,

・皮膜硬さ, 
・耐摩耗性, 
・皮膜質量

・耐食性

ISO 10074

○ JIS と同様に規定


 

2

H

 8603 :

 19
99
 解


解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(1)  JIS

の規定内容 (2)

国 際 規 格 番

(3)

国際規格の規定内容 (4)

JIS

と国際規格との相違点 (5)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

  (

塩水噴霧試験)

・絶縁耐力

(6)

試験方法

○  試験項目

・外観試験 
・皮膜厚さ試験

・皮膜硬さ試験 
・耐摩耗性試験

・往復運動平面摩耗試験

・噴射摩耗試験 
・平板回転摩耗試験

・皮膜質量試験

・耐食性試験 
・絶縁耐力試験

ISO 10074

○ JIS と同様に規定

(7)

検査

○  検査,サンプリングについて

規定

ISO 10074

附属書(規定)D 

○ サンプリング方法について規定

(8)

表示

○  表示項目

・皮膜の種類 
・製造番号 
・加工業者名又は

その略号

− ISO に規定なし

(9)

発 注 書 又 は
加 工 仕 様 書

へ の 記 載 事

○  皮膜の種類,素地材質,有効面

の範囲,皮膜厚さなど 9 項目

を規定

ISO 10074

附属書(規定)A 

○ ISO 規格番号,素地材質,有効面,皮

膜厚さなど 12 項目を規定

= JIS は ISO の規定項目の内で

も重要な項目をあげ,その他

は“その他特に必要とする事
項”として規定。

附属書 1(規定)耐

摩 耗 性 基 準
試 験 片 仕 様

(

硬 質 皮 膜

用)

○  硬質陽極酸化皮膜用耐摩耗

性基準試験片の仕様を規定

ISO 10074

附属書(規定)C 

○ JIS と同様に規定

= JIS に電解時間の規定なし。

電流密度,皮膜厚さが明記さ
れており,技術上の差異は生

じない。


 

3

H

 8603 :

 19
99
 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(1)  JIS

の規定内容 (2)

国 際 規 格 番

(3)

国際規格の規定内容 (4)

JIS

と国際規格との相違点 (5)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

○  平板回転摩耗試験方法につ

いて規定

ISO 10074 

附属書(規定)B 

○ JIS と同様に規定

= JIS では,研削といし法のほか

に研磨紙法を併記(選択は受
渡当事者間協議)。

附属書 2(規定)平

板 回 転 摩 耗
試験

ISO 10074

附属書(規定)E 

○ 破壊電圧試験

= JIS は規格本体試験の項目で

規定。

(10)

その他

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。