>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 8601 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS H 8601 : 1999

  アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化皮

ISO 7599 : 1983

  アルミニウム及び同合金の陽極化−アルミニウム陽極化皮膜に関する一般規格

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との

一致が困難な理由及
び今後の対策

(1)

適用範囲

○  陽極酸化皮膜

適用除外 
・バリヤー皮膜 
・塗装・めっき下地皮膜

・硬質皮膜

ISO 7599

○ 陽極酸化皮膜

適用除外 
・バリヤー皮膜 
・塗装・めっき下地皮膜

・硬質皮膜

(2)

引用規格

○  表面処理用語,試験方法規格など

23

規格を規定

ISO 7599

○ 用語,試験方法規格など 23 規格

を規定

(3)

定義

○  JIS H 0201 によるものなど

ISO 7599

○ ISO 2064ISO 7583 によるものな

(4)

品 質 に 関 す
る指針

○  陽極酸化用のアルミニウムの品質

に関する指針[

附属書 1(参考)]

ISO 7599

○ 陽極酸化用のアルミニウムの品

質に関する指針

= ISO は指針的なものであり,JIS 

附属書(参考)で対応としたが,技術
的には軽微な差と判断できる。

(5)

作 業 管 理 基

○  陽極酸化皮膜の品質確保のための

作業管理指針[

附属書 2(参考)]

− ISO に規定なし。

JIS

附属書(参考)であ

り,技術的な差異は生じ
ない。

(6)

特 性 及 び 品

○  ・外観及び色

・皮膜厚さ

(

等級あり)

・耐食性

(

品質基準あり)

・耐摩耗性

(

品質基準あり)

・封孔度

(

品質基準あり)

・変形による耐ひび割れ性

・色の促進光性

・光堅ろう度

(

品質基準あり)

・紫外光堅ろう度

ISO 7599

○ ・色と外観

・皮膜厚さ

(

等級あり)

・耐食性

・耐摩耗性

・封孔度

(

品質基準あり)

・変形による耐ひび割れ抵抗性

・光堅ろう度

(

品質基準あ 1))

・紫外光堅ろう度

・光反射性

= JIS は耐食性,耐摩耗性について,

品質基準を規定。

JIS

は受渡当事者間の特別な協定

がない場合に限り,品質項目及び
品質基準を適用するとしているの
で,技術的な差異は生じない。


 

2

H

 8601 :

 19
99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との

一致が困難な理由及
び今後の対策

(6)

特 性 及 び 品

○  ・鏡面光沢度

・写像性 
・絶縁耐力

・連続性 
・皮膜質量

ISO 7599 

○ ・像鮮明性

・破壊電圧 
・連続性

・皮膜質量

=  

(7)

試 験 通 則 及
び試験方法

○  試験片採取方法

受け入れ試験 
管理試験

外観及び色とその許容範囲に関す
る試験 
皮膜厚さ試験

耐食性試験 
・酢酸酸性塩水噴霧試験 
・キャス試験

・アルカリ滴下試験 
・起電力式耐アルカリ試験 
耐摩耗性試験

・往復運動平面摩耗試験 
・噴射摩耗試験 
・砂落とし摩耗試験封孔度試験

・染料吸着試験 
・りん酸−クロム酸水溶液浸せき
試験

・アドミッタンス測定試験 
変形によるひび割れ抵抗性試験 
色の促進耐光性試験

・光堅ろう度 
・紫外光堅ろう度 
鏡面光沢度試験

写像性試験 
絶縁耐力試験

ISO 7599

○ 試験片採取方法

受け入れ試験 
管理試験

外観及び色

皮膜厚さ及び質量

耐食性 
・酢酸酸性塩水噴霧試験 
・キャス試験

耐摩耗性 
・往復運動平面摩耗試験

・噴射摩耗試験

封孔度試験

・染料吸着試験

・りん酸−クロム酸水溶液浸せき

試験

・アドミッタンス測定試験 
変形によるひび割れ抵抗性

光堅ろう度 
紫外光堅ろう度 
光反射性

像鮮明度 
破壊電圧


ISO

にアルカリ耐食性試験,砂落

とし摩耗試験の規定なし。

JIS

は試験方法の選択は受渡当事

者間協議によるとしており,技術
的な差異は生じない。


 

3

H

 8601 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との

一致が困難な理由及
び今後の対策

(7)

試 験 通 則 及
び試験方法

○  鏡面光沢度試験

写像性試験 
絶縁耐力試験

連続性試験 
皮膜の質量試験

ISO 7599 

○ 光反射性

像鮮明度 
破壊電圧

連続性 
皮膜の質量

(8)

検査

○  検査,サンプリング方法について

規定。

− ISO に規定なし

加工 JIS マークの表示の際に必要
な項目であり,技術的な差異は生

じない。

(9)

皮 膜 の 呼 び

○  品質項目の記号及び皮膜の呼び方

について規定。

− ISO に規定なし

加工 JIS マークの表示の際に必要

な項目であり,技術的な差異は生
じない。

(10)

表示

○  表示項目

・皮膜の種類 
・製造番号

・加工業者又は略号

− ISO に規定なし

加工 JIS マークの表示の際に必要
な項目であり,技術的な差異は生

じない。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。