>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 8504 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS H 8504 : 1999

  めっきの密着性試験方法

ISO 2819 : 1980

  金属素地上への金属被覆−電気めっき皮膜と化学めっき皮膜−密着性試験法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

1.

適用範囲

○  電気めっき及び化学めっきの密

着性試験方法について規定。

ISO 2819

○ 電気めっき皮膜と化学めっ

き皮膜の密着性を調べる定

性的試験方法。

= 適用範囲としては一致

2.

引用規格

JIS B 4703

JIS R 6252

JIS B 4704

JIS Z 1522

JIS B 7721

JIS Z 2201

JIS G 3502

JIS Z 2241

JIS G 4401

JIS Z 2247

JIS H 0400

JIS Z 3282

JIS R 6001

3.

定義

○  JIS H 0400

− ISO には規定されていない

4.

試験方法の種類

○ a)研削試験方法

1)

やすり試験方法

2)

と石試験方法

b)

へらしごき試験方法

c)

押出し試験方法

d)

エリクセン試験方法

e)

ショットピーニング試験方法

f)

バレル研磨試験方法

g)

引きはがし試験方法

1)

テープ試験方法

2)

はんだ付け試験方法

h)

たがね打込試験方法

i)

けい線試験方法

j)

曲げ試験方法

k)

巻付け試験方法

l)

引張試験方法

m)

熱試験方法

1)

加熱試験方法

2)

熱衝撃試験方法

− ISO には規定されていない


 

2

H

 8504 :

 19
99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

n)

陰極電解試験方法

5.

試料

○  試料の採取,代替試験片ほか

6.

試 験 室 の 一 般 条

○  温度 23±2℃,相対湿度 65%以下

7.

判定方法

○  目視

8.

記録

○  めっきの種類とその条件,試験方

法の名称,試験条件,試験年月日

ほか

9.

研削試験方法

9.1

やすり試験

○  要旨,試験器具,試料,試験方法,

判定方法

ISO 2819

○ やすり試験

9.2

と石試験

○  要旨,装置及びと石,試料,試験

方法,判定方法

ISO 2819

○ 回転研磨及びのこぎり試験

10.

へ ら し ご き 試 験
方法

○  要旨,試験器具,試料,試験方法,

判定方法

ISO 2819

○ バニシング試験

= ISO に記載されている試験

内容を取り入れて,JIS の試

験方法の内容(項目)を規定。

11.

押出し試験方法

○  要旨,装置,試料,試験方法

12.

エ リ ク セ ン 試 験
方法

○  要旨,装置,試料,試験方法,判

定方法

ISO 2819

○ エリクセン試験

(

ロマノフ試験)

13.

シ ョ ッ ト ピ ー ニ

ング試験方法

○  要旨,装置及び試験器具,試料,

試験方法,判定方法

ISO 2819

○ ショットピーニング試験方

14.

バ レ ル 研 磨 試 験

方法

○  要旨,装畳,試料,試験方法,判

定方法

ISO 2819

○ ボール研磨試験

15.

引 き は が し 試 験
方法

15.1

テ ー プ 試 験
方法

○  要旨,試験用テープ,試料,試験

方法,判定方法

ISO 2819

○ はく離試験

15.2

はんだ付け試

験方法

○  要旨,装置,試験器具,試料,試

験方法,判定法

ISO 2819

○ はく離試験


 

3

H

 8504 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

16.

た が ね 打 込 試 験
方法

○  要旨,試験器具,試料,試験方法,

判定方法

ISO 2819

○ のみ試験

17.

けい線試験方法

○  要旨,試験器具,試料,試験方法,

判定方法

ISO 2819

○ けがき及びグリット試験

18.

曲げ試験方法

要旨,試料,試験方法,判定方法 ISO 2819

○ 折曲げ試験

19.

巻付け試験方法

○  要旨,試験器具,試料,試験方法,

判定方法

ISO 2819

○ 巻付け試験

20.

引張試験方法

○  要旨,装置,試料,試験方法,判

定方法

ISO 2819

○ 引張試験

21.

熱試験方法

21.1

加熱試験方法

○  要旨,装置,試料,試験方法,判

定方法

21.2

熱衝撃試験

○  要旨,装置,試料,試験方法,判

定方法

ISO 2819

○ 熱衝撃試験

22.

陰 極 電 解 試 験 方

○  要旨,装置,試験液,試料,試験

方法,判定方法

ISO 2819

○ 陰極試験

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。