>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 8502 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS H 8502 : 1999

  めっきの耐食性試験方法

ISO 4540 : 1980

  (金属被覆−素地に対して陰極となる被覆−腐食試験を行った電気めっき試験片の等

級判定)

ISO 4541 : 1978

  (金属及びその他非有機材料による被覆−コロードコート腐食試験)

ISO 8407 : 1991

  (金属及び合金−腐食試験片からの腐食生成物除去法)

ISO 8565 : 1982

  (金属及び合金−大気腐食試験−フィールド試験の一般通則)

ISO 9227 : 1990

  (大気腐食試験−塩水噴霧試験)

ISO 10062 : 1991

  (極低濃度の腐食性ガスにおける人工雰囲気中での席食試験)

IEC 60068-2-42 : 1982

  (環境試験方法−接点及び接続部の二酸化硫黄試験法)

IEC 60068-2-43 : 1976

  (環境試験方法−接点及び接続部の硫化水素試験)

ISO/DIS 14993 : 1997

  (金属及び合金−噴霧,乾燥,湿潤条件によるサイクル試験方法)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格

番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整

合が困難な理由及び今

後の対策

1.

適用範囲

○  めっき及びそれを施したもの

の耐食性試験方法

6.

屋外暴露試験方法

ISO 8565

○ 大気腐食試験のための一般

要求

7.

連続噴霧試験方法

ISO 9227

○ 塩水噴霧試験

8.1

中性 塩 水 噴霧 サ イ クル
試験方法

ISO/DIS 

14993

○ 噴霧,乾燥湿潤条件によるサ

イクル試験方法

9.

コロ ー ド コー ト 試 験方

ISO 4541

○ コロードコート腐食試験

10.

ガス腐食試験方法

ISO 10062

○ 極低濃度ガス腐食試験方法

10.1

二酸化硫黄試験方法

IEC 60068

    -2-42

○ 二酸化硫黄試験方法

10.2

硫化水素試験方法

IEC 60068

    -2-43

○ 硫化水素試験方法

11.

めっ き ∼ 耐食 性 判 定方

ISO 4540

○ 試験片の等級判定方法

付表 1   化学的∼除去方法

ISO 8407

○ 腐食生成物の除去方法

対応する国際規格(ISO,IEC)は各
試験方法が独立の規格として規

定されているため,めっき以外の
陽極酸化皮膜,塗装なども適用範
囲とするものもある。JIS はこれ

らを包含し,全体として技術的に
同等である


 

2

H

 8502 :

 19
99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整

合が困難な理由及び今
後の対策

2.

引用規格

○  JIS H 0400JIS K 8355

JIS K 8116

JIS K 8560

JIS K 8142

JIS K 8746

JIS K 8145

JIS Z 8401

JIS K 8150

3.

定義

○  JIS H 0211 及び JIS H 0400 

ほか,次の用語を規定 
屋外暴露試験,直接暴露試験,

遮へい暴露試験,連続噴霧試
験,中性塩水噴霧試験,酢酸酸
性塩水噴霧試験,キャス試験,

サイクル試験,中性塩水噴霧試
験,人工酸性雨サイクル試験,
コロードコート試験,ガス腐食

試験,二酸化硫黄試験,硫化水
素試験,塩素ガス試験,混合ガ
ス試験

4.

試験方法の種類

○ (1) 屋外暴露試験方法

(2)

連続噴霧試験方法

(3)

サイクル試験方法

(4)

コロードコート試験方法

(5)

ガス腐食試験方法

5.

試験片

○  試験片の取扱い採取,大きさ試

験前の処理,注意事項

ISO 9227

○ 試験片の数及び種類,形状寸

ISO 8565

○ 試験片の調製,取扱い,試験

片の表示,試験片の数

ISO 4541

○ 試験片の形状及び数は,試験

される製品による。

ISO 10062

○ 試験前供試品の取扱い


 

3

H

 8502 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整

合が困難な理由及び今
後の対策

6.

屋外暴露試験方法

直接暴露試験方法

○  要旨

暴露敷地の条件 
暴露場所

暴露台 
試験片取付け 
暴露期間

気象因子の測定 
判定方法 
報告事項

ISO 8565

○ 大気腐食試験場所

試験場所の分類 
試験場所の性格づけ

操作条件 
試験手順 
試験報告書

= 暴露期間

JIS

は耐食性に乏しいめっきも対

象としているため,1 年未満の 1

か月,3 か月,6 か月も規定して
いる。ISO では暴露期間は推奨事
項であるため軽微な差と判断。

遮へい暴露試験方法  ○  要旨

暴露敷地の条件 
暴露場所 
暴露台

暴露期間 
気象因子の測定 
判定方法

報告事項

ISO 8565

○ 大気腐食試験場所

試験場所の分類 
試験場所の性格づけ 
操作条件

試験手順 
試験報告書

= 暴露期間

JIS

は耐食性に乏しいめっきも対

象としているため,1 年未満の 1
か月,3 か月,6 か月も規定して

いる。ISO では暴露期間は推奨事
項であるため軽微な差と判断。

7.

連続噴霧試験方法

中性塩水噴霧

試験方法

○  要旨

試験液の調製順序

装置 
試験片の保持 
操作

試験条件 
試験時間 
試験後の試験片の処理

判定方法 
報告

ISO 9227

○ 適用範囲

試験液

装置 
試験槽の腐食性の評価 
試験片の配置

運転条件 
試験期間 
試験後の試験片の処理

結果の評価 
試験報告

= ISO と JIS との試験時間が異なる

が,ともに推奨事項である。

ISO  2

,6,24,48,96,168,

240

,480,720,1 000 時間

JIS

8

,16,24,48,96,240,

480

,720 時間


 

4

H

 8502 :

 19
99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整

合が困難な理由及び今
後の対策

酢酸酸性塩水

噴霧試験方法

○  要旨

試験液の調製順序 
装置

試験片の保持 
操作

試験条件

試験時間 
試験後の試験片の処理

判定方法

報告

ISO 9227

○ 適用範囲

試験液(AASS 試験) 
装置

試験槽の腐食性の評価 
試験片の配置 
運転条件

試験期間 
試験後の試験片の処理 
結果の評価

試験報告

キャス試験方法

○  要旨

試験液の調製順序 
装置 
試験片の保持

操作

試験条件 
試験時間

試験後の試験片の処理

判定方法 
報告

ISO 9227

○ 適用範囲

試験液(CASS 試験) 
装置 
試験槽の腐食性の評価

試験片の配置 
運転条件 
試験期間

試験後の試験片の処理 
結果の評価 
試験報告

8.

サイクル試験方法

中性塩水噴霧

サイクル試験方法

○  要旨

試験液の調製順序 
装置

試験片の保持 
操作

試験条件

試験時間 
試験後の試験片の処理

判定方法

報告

ISO/DIS 

14993

○ 適用範囲

試験液 
装置

試験槽の腐食性の評価 
試験片の配置 
運転条件

試験期間 
試験後の試験片の処理 
結果の評価

試験報告

= 表現上の違いだけ

JIS

は試験方法として,必要事項

をすべて規定。

※日本案を基に審議が進

められ,現在,DIS の
段階。


 

5

H

 8502 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整

合が困難な理由及び今
後の対策

人工酸性雨 
サイクル試験方法

○  要旨

試験液の調製順序 
装置

試験片の保持 
操作

試験条件

試験時間 
試験後の試験片の処理

判定方法

報告

ISO で審議が進められ

ている。

9.

コロードコート

試験方法

○  要旨

使用薬品及びその調製方法 
コロードコート泥の調製法 
装置

操作

コロードコート泥の塗布 
湿気槽への暴露

暴露後の処理 
判定方法 
報告

ISO 4541

○ 目的及び適用範囲

コロードコート泥 
装置 
コロードコート泥の試験片

試験中の試験片の位置 
恒湿槽の条件 
試験サイクル

試験期間 
試験後の処理 
結果の評価

試験報告

10.

ガス腐食試験方法

二酸化硫黄

試験方法

○  要旨

試験用ガス

装置 
試験片の保持 
操作

試験条件 
試験時間 
試験後の試験片の処理

暴露後の処理 
判定方法

ISO 10062

○ 適用範囲

試験装置

試験方法

試験槽内への供試品の配

試験手順 
試験状態のモニタリング
試験後の保管

製品規格に規定する事項 
結果の表現

≠ 濃度

ISO 0.5ppm

JIS 0.5

,10,25ppm

湿度

ISO 75

±3%

JIS 80

±5%

時間

ISO 24,48,96,240,480,720,

2160

JIS 4,8,16,24,48,96,240

※データを基に,試験条

件の変更/追加を提案し

ている。 
現在,審議中(ほぼ採用
の方向)。

※めっきの耐食性促進試

験として,ISO の試験条
件は不適切。


 

6

H

 8502 :

 19
99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整

合が困難な理由及び今
後の対策

試験報告

報告

IEC 60068

-2-42

適用範囲

試験槽 
試験槽内雰囲気の組成条件
初期測定

試験 
最終試験 
製品規格に規定する事項

= 濃度

IEC 25ppm

JIS 0.5,10,25ppm

硫化水素試験方法

ISO 10062

○ 適用範囲

試験装置 
試験方法

試験槽内への供試品の配
置 
試験手順

試験状態のモニタリング
試験後の保管

製品規格に規定する事項

結果の表現 
試験報告

≠ 濃度

ISO 0.1

±0.02ppm

JIS 0.1

±0.02ppm

3

±1ppm

 10

±2ppm

湿度

ISO 75

±3%

JIS 80

±5%

温度

ISO 25

±2℃

JIS 40

±1℃

※データを基に,試験条

件の変更/追加を提案し

ている。

現在,審議中(ほぼ採用
の方向)。

※めっきの耐食性促進試

験として,ISO の試験条
件不適切。

要旨 
試験用ガス 
装置

試験片の保持 
操作

試験条件

試験時間 
試験後の試験片の処理

暴露後の処理

判定方法 
報告

IEC 60068

-2-43

○ 目的

試験槽 
試験槽内雰囲気の組成条件

初期測定 
試験 
最終試験

製品規格に規定する事項

≠ 濃度

IEC 10

∼15ppm

JIS 0.1

±0.02ppm

 13

±1ppm

 10

±2ppm

温度

IEC 25

±2℃

JIS 40

±1℃

塩素ガス試験方法  ○  要旨

試験用ガス 
装置 
試験片の保持

ISO には塩素ガス試

験がない。しかし,塩
素環境の腐食試験が必
要とのことから,ISO


 

7

H

 8502 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整

合が困難な理由及び今
後の対策

操作  (試験条件,試験時間,試

験後の試験片の処理)

暴露後の処理

判定方法 
報告

に提案。現在,審議中。

混合ガス試験方法

○  要旨

試験用ガス 
装置・

試験片の保持 
操作  (試験条件,試験時間,

試 験 後 の 試 験 片 の 処

理)

暴露後の処理 
判定方法

報告

ISO 10062

○ 適用範囲

試験装置 
試験方法

試験槽内への供試品の配置

試験手順 
試験状態のモニタリング

試験後の保管

製品規格に規定する事項 
結果の表現

≠ JIS D 1 法≒ISO

濃度

SO

2

  0.5±0.1ppm

H

2

S

  0.1±0.02ppm

温度  40±1℃ 

湿度  80±5%

JIS D 3

法≒IEC

濃度

SO

2

  0.5±0.1ppm

JIS D2 法を ISO に提案

しており,現在,審議
中。

※めっきの耐食性促進試

験として,ISO の試験

条件は不適切であり,

再現性からも,より適
切な JIS 案を提案中。

11.

めっきの耐食性の判

定方法

○  要旨

評価の対象となる腐食欠陥 
試験片の確認 
評価の対象面

レイティングナンバ標準図表
による方法 
レイティングナンバの等級付

けを実測によって行う方法 
目視と質量減少による方法

ISO 4540

○ 適用範囲

原理 
欠陥の形式 
検査準備と検査方法

プロテクションレイティン
グの与え方

数値によって等級付けす

る方法 
欠陥面積の判定を助ける
比較標準図表

アピアランスナンバの与え
方 
低いレイティングの試験片

試験報告

屋外暴露試験 
促進腐食試験

= JIS のレイティングナンバは ISO

のプロテクションナンバと対応。

JIS

の腐食欠陥が,ISO のアピア

ランスナンパに対応する。このた

め,JIS と ISO とは技術的に同等
である。


 

8

H

 8502 :

 19
99
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整

合が困難な理由及び今
後の対策

附属書 A

12.

付表 1

化学的腐食生成物

除去方法

○  素地金属とめっきの種類別に,

腐食生成物除去液,時間,温度
を規定。

ISO 8407

○ 適用範囲

手順(全体,化学的手順,電
解方法の手順.機械的手順),
試験報告

= 表現上の違いだけ

(JIS

必要事項はすべて規定)

13.

附属書 1

海 塩 粒 子 量 の 測 定

方法

○  適用範囲,補集器具,ガーゼの

調整,暴露方法,試験溶液の調
製,定量操作,計算

ISO 9227

= 表現上の違いだけ

(JIS

必要事項はすべて規定)

14.

附属書 2

二酸 化鉛 法に よる 硫黄

酸化物量の測定方法

○  適用範囲,二酸化鉛円筒の作

製,二酸化鉛円筒の暴露,測定

方法,計算

ISO 9227

= 表現上の違いだけ

(JIS

必要事項はすべて規定)

15.

附属書 3

ア ル カ リ ろ 紙 に よ

る硫黄酸化物量及び
窒素酸化物量の測定
方法

○  適用範囲,アルカリろ紙の作

製,暴露方法,採取方法,硫黄

酸化物の測定法 A(硫酸イオン
分析,容量法,計算)硫黄酸化
物の測定法 B(三酸化硫黄分析,

吸光光度法,計算),窒素酸化
物 の 測 定 方 法 ( 二 酸 化 窒 素 分
析,吸光光度法,計算)

16.

附属書 4

局 部 的 腐 食 率 及 び

全体的腐食率による
めっきの耐食性評価
方法

○  適用範囲,測定の原理,局部的

腐食率,全体的腐食率

ISO 4541

○ 結果の評価

= 表現上の違いだけ

(JIS

必要事項はすべて規定)

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠:JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし,

“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。