>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

H 8261:2019  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS H 8261の追補1は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

がJIS H 8261:2007を改正した内容だけを示すものである。 

JIS H 8261:2007は,この追補1の内容の改正がされ,JIS H 8261:2019となる。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

H 8261:2019 

 

溶射用の線材,棒材及びコード材 

(追補1) 

Wires, rods and cords for flame and arc thermal spraying 

(Amendment 1) 

 

JIS H 8261:2007を,次のように改正する。 

 

箇条6(寸法及び許容差)の表10(線材の直径)を,次の表に置き換える。 

 

表10−線材の直径 

単位 mm 

寸法 

許容差 

1.6 

−0.05 

1.62 

−0.05 

2.0 

−0.06 

2.3 

−0.06 

2.5 

−0.06 

3.0 

−0.07 

3.17 

−0.07 

3.48 

−0.07 

4.0 

−0.07 

4.7 

−0.07 

4.76 

−0.07 

 

 


H 8261:2019  

 

表10の置き換えによって附属書JAとなる“JISと対応国際規格との対比表”に,次を追加する。 

 

(I)JISの規定 

(II)国際 
規格番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容 

(V)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条 
番号 

内容 

箇条ごと 
の評価 

技術的差異の内容 

6寸法及び
許容差 

線材,棒材及びコー
ド材の直径及びそ
の許容差を規定。 

 

JISと同じ 

追加 

表10に線径4.7 mmを追加。 

我が国で利用・流通している線径
を追加した。 

 

 

 

2

 

H

 8

2

6

1

2

0

1

9