>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

H 8200

:2013

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS H 8200:2006 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 H

8200

:2013

溶射用語

(追補 1)

Thermal spraying terms

(Amendment 1)

JIS H 8200:2006

を,次のように改正する。

3.

(定義)の a)(一般)の 1088(断熱皮膜)の次に,10891090 及び 1091 の用語を追加する。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

1089 

コールドスプレー

溶射材料を融点より低い温度の高速のガス流によ
って加速し,固相状態のまま基材に高速で衝突させ

て,主として基材及び粒子の塑性変形によって皮膜
を形成する技術。

cold spray

1090 

スプラット

液滴の延展凝固又は固相粒子の衝突変形によって
生成された溶射皮膜を構成する個々のへん(扁)平
な粒子。

splat

1091 

溶射効率

標準条件下で試験片上に形成された溶射材料の質
量と,供給された溶射材料の質量との比を百分率で

表したもの。

deposition efficiency for

thermal spraying

3.

(定義)の b)(材料及び設備)の 2024 及び 2025 の用語を,次に置き換える。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

2024 

吸引式ブラスト装置

圧縮空気を用いてブラスト材料を吸引して素地調
整を行う装置。

suction blasting equipment

2025 

加圧式ブラスト装置

加圧槽のブラスト材料と圧縮空気を用いて素地調
整を行う装置。

pressure blasting

equipment

3.

(定義)の f)(検査及び試験)の 60386039604260436044604560466047604960506053

6054

6070 及び 6071 の用語を,次に置き換える。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

6038 

耐薬品性試験

溶射皮膜の耐薬品性を調べる試験。 chemical

corrosion

resistance test

6039 

浸せき試験

溶射された試料を試験液中に浸して皮膜のさび,膨

れ,はく離などの状態を調べる試験 
JIS H 8302 参照)

immersion test


2

H 8200

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

6042 

有孔度試験

溶射皮膜の貫通気孔の有無を調べる試験。耐食性,

電気絶縁性などの評価に用いる。フェロキシル試験
及び高圧放電試験がある。

porosity test

6043 

フェロキシル試験

ヘキサシアノ鉄(Ⅱ)酸カリウム,ヘキサシアノ鉄

(Ⅲ)酸カリウム及び塩化ナトリウムの混合溶液に
浸した試験紙を溶射皮膜の表面にはり付けて,皮膜
の有孔度を調べる試験。

ferroxyl test

6044 

高圧放電試験

溶射皮膜(主としてセラミック溶射皮膜及びプラス

チック溶射皮膜)の表面と基材との間に高電圧を加
え,火花放電発生の有無によってピンホールの存在
を調べる試験(JIS H 8304 参照)

spark test at high voltage,

high voltage spark test

6045 

耐熱性試験

溶射皮膜の耐熱性を調べる試験。加熱試験がある
JIS H 8302 参照)

heat resistance test,

thermal resistance test

6046 

加熱試験

溶射された試料を加熱して,スケール,き裂,はく
離などの発生状態を調べる試験。溶射皮膜の耐熱性
を調べる試験(JIS H 8302 参照)

heating test

6047 

熱衝撃試験

溶射された試料を急熱・急冷して皮膜の割れ,はく
離などの状態を調べる試験(JIS H 8304 参照)

thermal shock test

6049 

密着強さ試験

溶射皮膜の密着強さを調べる試験(JIS H 8402 
照)

adhesion strength test,

bond strength test

6050 

加熱はく離試験

溶射された試料を加熱後空冷し,皮膜と基材との界
面に生じる膨れ,はく離などを調べる試験。セラミ
ック溶射皮膜の密着性を調べるときに用いる。

heat cycle test for peeling

6053 

粒子間結合度試験

溶射皮膜を構成している粒子と粒子とが結合して
いる度合いを試験する方法。ブラスト衝撃試験方法

で求めたブラスト衝撃値で判定する。

degree cohesion test of

between particles

6054 

かさ比重試験

溶射皮膜のかさ比重を調べる試験。

bulk specific gravity test


3

H 8200

:2013

番号

用語

定義

対応英語(参考)

6070 

ブラスト衝撃試験

溶射された試料の表面に人造研削材を加圧した空

気で吹き付けたときの皮膜の質量又は容積の減少
量からブラスト衝撃値を求める試験。

blast erosion test

6071 

ブラスト衝撃値

溶射皮膜の粒子間結合度を求めるための値。 
  ブラスト衝撃値=1/体積減量×0.040 4

blasting impact value

関連規格の JIS H 8300  亜鉛・アルミニウム及びそれら合金の溶射を,JIS H 8300  亜鉛,アルミニウム

及びそれらの合金溶射に置き換える。

関連規格の JIS H 8664  肉盛溶射(鋼)皮膜試験方法を,削除する。

関連規格の JIS H 8666  セラミック溶射皮膜試験方法を,削除する。

関連規格の JIS K 6766  金属表面のポリエチレン皮膜試験方法を,JIS K 6766  防食用樹脂ライニング皮

膜の検査方法−ピンホール試験方法に置き換える。