>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

H 7005

:2005

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人国際超電

導産業技術研究センター(ISTEC)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格

を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格

である。

これによって,JIS H 7005:1999 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,IEC 60050-815:2000, International

Electrotechnical Vocabulary

−Part 815:Superconductivity を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。


H 7005

:2005

(3)

目  次

ページ

序文  1

1.

  適用範囲 1

2.

  引用規格 1

3.

  用語及び定義  3 

3.1

  超電導特性  3

3.2

  超電導物質又は材料 7

3.3

  電磁現象及び電磁特性  10

3.4

  線及び導体  12

3.5

  製造方法  17

3.6

  超電導マグネット技術  21

3.7

  応用技術  27

3.8

  試験及び評価方法 30

五十音順索引  33

アルファベット順索引 41 


日本工業規格

JIS

 H

7005

:2005

超電導関連用語

International Electrotechnical Vocabulary

Part 815:Superconductivity

序文  この規格は,2000 年に第 1 版として発行された IEC 60050-815:2000,International Electrotechnical

Vocabulary

−Part 815:Superconductivity を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線を施してある用語は,原国際規格にない用語であり次回の原国際規格の改正で追

加される予定のものである。

また,定義の項目の中の全ての“参考”は,原国際規格にない事項で,説明のために記載した。

1. 

適用範囲  この規格は,超電導材料に関する主な用語及び定義について規定する。

備考1.  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 60050-815:2000

,International Electrotechnical Vocabulary(IEV)−Part 815:Superconductivity

(MOD)

2.

番号としては,IEV 815 中の該当番号を使用する。

3.

二つ以上の用語を並べてある場合は,その順位に従って使用する。

4.

用語及び対応英語の中で括弧を付けてある場合は,略してもよい。

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS H 7301

  超電導体の試験方法−直流臨界電流の試験方法−銅安定化ニオブ・チタン合金複合超電

導線

備考 IEC 

61788-1:1998

  Superconductivity−Part 1: Critical current measurement−DC critical current

of Cu/Nb-Ti composite superconductors

が,この規格と一致している。

JIS H 7302

  超電導−第2部:直流臨界電流の試験方法−ニオブ 3・すず複合超電導線

備考 IEC 

61788-2:1999

  Superconductivity−Part 2: Critical current measurement−DC critical current

of Nb

3

Sn composite superconductors

が,この規格と一致している。

JIS H 7303

  超電導−機械的性質の試験方法−銅安定化ニオブ・チタン複合超電導体の室温引張試験

備考 IEC 61788-6:2000   Superconductivity − Part 6: Mechanical properties measurement − Room

temperature tensile test of Cu/Nb-Ti composite superconductors

が,この規格と一致している。

JIS H 7304

  超電導−超電導体のマトリックス比試験方法−銅安定化ニオブ・チタン複合超電導導体

の銅比

備考 IEC 61788-5:2000   Superconductivity − Part 5: Matrix to superconductor volume ratio


2

H 7005

:2005

measurement

−Copper to superconductor volume ratio of Cu/Nb-Ti composite superconductors が,

この規格と一致している。

JIS H 7305

  超電導−臨界電流の試験方法−銅シースビスマス 2212 及びビスマス 2223 酸化物超電導

線の直流臨界電流

備考 IEC 

61788-3:2000

  Superconductivity−Part 3: Critical current measurement−DC critical current

of Ag-sheathed Bi-2212 and Bi-2223 oxide superconductors

が,この規格と一致している。


3

H 7005

:2005

3. 

用語及び定義  用語及び定義は,次による。

3.1

超電導特性

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-01-01 

完全反磁性

磁界強度と大きさが等しく向きが反対に磁化する磁

気的性質。

perfect diamagnetism

815-01-02 

超電導

ある条件の下で直流電気抵抗がゼロであり完全反磁

性とみなされる物質又は材料の性質。

Superconductivity

備考  ある条件とは温度,磁界強度,電流密度

に関する条件を指す。

参考1.  超電導体の性質を意味する場合,“超

電導性”という場合がある。

2. 

“超伝導”と書くこともある。

3. 

第二種超電導体では H

c

は熱力学的臨界

磁界を意味する。

815-01-03 

超電導の

超電導を示す物質,材料又は状態をいい表す形容詞。

 Superconducting

参考  通常は“の”を省略して形容詞として使

われる。

815-01-04 

超電導性の

ある条件の下で超電導を示す物質又は材料をいい表
す形容詞。

Superconductive

備考  ある条件とは温度,磁界強度,電流密度

に関する条件を指す。

参考  通常は“の”を省略して形容詞として使

われる。

815-01-05 

超電導状態

物質又は材料が超電導を示す熱力学的状態。 superconducting

state

備考1.  この状態は,キャリアが対を形成する

ことによって生じる。

2. 

“超電導状態”は超電導物質又は材料
のマイスナー状態,混合状態及び中間

状態を総称する用語。

815-01-06 

超電導体

ある条件の下で超電導を示す物質又は材料。

superconductor

備考1.  超電導物質又は材料によって作られて

いる電線や薄膜を指していう場合があ

る。

2. 

ある条件とは温度,磁界強度,電流密
度に関する条件を指す。

参考  工業的超電導材料の総称とすることがあ

る。

815-01-07 

常電導状態

超電導を示さないときの超電導体の熱力学的状態。 normal

(conducting)

state

815-01-08 

超電導転移

常電導状態と超電導状態との間の転移。 superconducting

transition

参考  常電導状態から超電導状態への変化を指

す場合がある。

815-01-09 

臨界温度 
(記号:T

c

磁界強度及び電流がゼロのとき,超電導体がそれ以
下で超電導を示す温度。

備考  与えられた磁界強度において,材料がそ

れ以下で超電導状態である温度を指す場
合もある。

critical temperature

(symbol: T

c

)


4

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-01-10 

マイスナー状態

ある大きさの超電導体において,完全反磁性によっ

て特徴付けられる超電導状態。

Meissner state

参考  ある大きさとは,磁界侵入深さより十分

大きい場合を指す。

815-01-11 

磁束の排除

物質又は材料の内部からの磁束の完全な排除。 flux

expulsion

備考  磁束の排除は,完全反磁性の結果として

生じる。

815-01-12 

マイスナー効果

常電導,混合又は中間状態からマイスナー状態への
転移時に生じる磁束の排除。

Meissner effect

参考  混 合 状 態   (815-01-18)  , 中 間 状 態

(815-01-19)

を参照。

815-01-13 

永久電流

長い時間にわたって変化しないで流れ続ける閉回路
中の直流電流。

persistent current

815-01-14 

磁束量子 

(記号:

Φ

0

h

をプランクの定数,を電気素量として,  h/2

等しい磁束の量子:その値は

Φ

0

=2.067 830 215×

10

15

Wb

に等しい。

flux quantum

(symbol: 

Φ

0

)

815-01-15 

フラクソイド

Φ

c

を領域内の磁束,

λを磁界侵入深さ,を超電導電

流密度,

µ

0

を磁気定数,dl をベクトル線素として,

次の式によって定義された,閉曲線 C で囲まれた領
域における仮想的磁束。

Φ

Φ

c

µ

0

λ

2

c

J

dl

fluxoid

備考1.  超電導体中のフラクソイドは磁束量子

Φ

0

の整数倍に量子化されている。

2. 

超電導体の表面から遠く離れた位置で
は,フラクソイドは量子化磁束に一致
する。

参考  この磁気定数は真空の透磁率ともいう。

磁界侵入深さ  (815-01-33)  参照。

815-01-16 

フラクソン, 
渦糸, 
磁束線

超電導体中で単一磁束量子に量子化された磁束。 fluxon,

vortex

flux line

815-01-17 

フラクソン格子,
渦糸格子, 
磁束線格子

混合状態においてフラクソンが形成する格子。

備考  三角フラクソン格子の格子定数 a

0

は,次

のように与えられる。

2

/

1

0

2

/

1

0

0

)

/

(

075

.

1

)

3

/

2

(

B

B

a

Φ

Φ

ここに,

Φ

0

は  磁束量子で,は磁束密度であ

る。

fluxon lattice

vortex lattice

flux line lattice

815-01-18 

混合状態

第二種超電導体中に磁束がフラクソンの形で侵入し
ている超電導状態。

mixed state

備考  第二種超電導体  (815-01-25)  参照。

815-01-19 

中間状態

超電導体の形状による反磁界効果のために,マイス

ナー状態にある領域と混合状態又は常電導状態にあ
る領域とが共存する超電導状態。

intermediate state


5

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-01-20 

超電導凝縮エネル 
  ギー

常電導状態と超電導状態との間での自由エネルギー
密度の差。

superconducting

condensation energy

備考  磁界強度及び直流電流がゼロのとき,超

電導凝縮エネルギーは (1/2)

µ

0

H

c

2

で与え

られる。ここに,

µ

0

は磁気定数,H

c

は熱

力学的臨界磁界である。

815-01-21 

臨界磁界 

(記号:H

c

外部磁界強度がゼロのときの超電導凝縮エネルギー
に対応する磁界強度。

critical (magnetic) field

strength

(symbol: H

c

)

備考  H

c

は温度の関数。

815-01-22 

第一種超電導体

反磁界係数がゼロのとき,臨界磁界 H

c

以下では完全

反磁性を示す超電導状態になり,それ以上では超電
導を示さなくなる超電導体。

type I superconductor

815-01-23 

下部臨界磁界 

(記号:H

c1

ある大きさの第二種超電導体において反磁界係数が
ゼロのとき,完全反磁性から外れてフラクソンが最
初に超電導体中に侵入する磁界強度。

lower critical (magnetic)

field strength

(symbol: H

c1

)

備考1.  第二種超電導体  (815-01-25)  参照。

2.  H

c1

は温度の関数。

参考  ある大きさとは磁界侵入深さ  (815-01-33)

より十分大きい場合を指す。

第二種超電導体が混合状態である最大の磁界強度。

備考1.  第二種超電導体  (815-01-25)  参照。

815-01-24 

上部臨界磁界 

(記号:H

c2

2.  H

c2

は温度の関数。

upper critical (magnetic)

field strength

(symbol: H

c2

)

815-01-25 

第二種超電導体

反磁界係数がゼロのとき,下部臨界磁界 H

c1

以下の

磁界強度でマイスナー状態にあり,H

c1

と上部臨界磁

界 H

c2

との間の磁界強度で混合状態にあり,H

c2

以上

の磁界強度では常電導状態にある超電導体。

type II superconductor

815-01-26 

クーパー対

超電導体中において,同符号の電荷をもっているに
もかかわらず引力相互作用によって結合した,それ
ぞれ互いに反対の波数ベクトルとスピンをもった 2

個の電子。

Cooper pair

815-01-27 

BCS

理論

フェルミ準位近傍の電子がクーパー対を形成し,こ

れによって超電導状態へと凝縮するとする,バーデ
ィーン,クーパー,シュリーファーによって提唱さ
れた超電導に関する微視的理論。

BCS theory

815-01-28 

超電導エネルギ 
  ー・ギャップ 

(記号:

1

個の超電導電子対を 2 個の常電導電子として励起

するのに必要な最小エネルギーの半分。

備考 BCS 理論では 0 K において,

=1.746 kT

c

で与えられる。ここに,はボルツマン定
数で,T

c

は臨界温度である。

superconducting energy

gap

(symbol: 

Δ

)

815-01-29 

ギンツブルグ−ラ 
  ンダウ理論

超電導体の電気力学的,量子力学的及び熱力学的性
質を結び付ける,ギンツブルグとランダウとによっ

て提唱された超電導の巨視的理論。

Ginzburg

−Landau

theory

815-01-30 

(超電導)オーダ 
  ー・パラメータ 
(記号:

Ψ

ギンツブルグ−ランダウ理論においてその絶対値の

2

乗|

Ψ

2

がクーパー対の数密度に比例するように

定義された熱力学的量。

(superconducting) order

parameter

(symbol:

Ψ

)

参考  |

Ψ

|はエネルギー・ギャップ

にほぼ比

例する。


6

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-01-31 

BCS

コヒーレンス

  長(記号:

ξ

0

クーパー対の 2 個の電子間の温度に依存しない相関

距離。

BCS coherence length

(symbol:

ξ

0

 )

815-01-32 

コヒーレンス長
(記号:

ξ

ギンツブルグ−ランダウ理論において,超電導オー

ダー・パラメータの空間変化を表す長さ。

coherence length

(symbol:

ξ

 )

備考 1.

ξ

は温度の関数であり,きれいな超電導

体では,0 K で BCS コヒーレンス長

ξ

0

とほとんど等しい。

2. 

Φ

0

を磁束量子,

µ

0

を磁気定数,H

c2

を上

部臨界磁界として,

ξ

=(

Φ

0

/2

π

µ

0

H

c2

1/2

815-01-33 

(ロンドンの) 

(磁界)侵入深さ

(記号:

λ)

超電導体中で,磁界強度の空間変化を表す長さ。

備考

λは温度の関数。

(London) penetration

depth

(symbol:

λ)

815-01-34 

ギンツブルグ−ラ 
  ンダウ・パラメ 
  ータ, 
G-L

パラメータ

(記号:

κ

GL

(磁界)侵入深さ

λとコヒーレンス長さ

ξ

との比:

κ

GL

λ/

ξ

備考1.  第二種超電導体では

2

/

1

>

GL

κ

及び

c

c2

GL

2

/

H

H

=

κ

ここに,H

c2

は上部臨界磁界,H

c

は熱力学

的臨界磁界。

Ginzburg

−Landau

parameter

G-L parameter

(symbol:

κ

GL

)

2. 

第一種超電導体では

2

/

1

GL

<

κ

815-01-35 

きれいな超電導体

常電導状態での電子の平均自由行程が BCS コヒー

レンス長より十分に長い超電導体。

clean superconductor

815-01-36 

汚れた超電導体

常電導状態での電子の平均自由行程が BCS コヒー
レンス長より十分に短い超電導体。

dirty superconductor

815-01-37 

ジョセフソン接合

互いに弱く結合するように,非常に薄い絶縁体又は
常電導体,若しくは非常に狭い超電導ブリッジで隔

てられた二つの超電導体からなる接合。

参考  高温超電導体では絶縁的なブロック層を

バリアとした固有ジョセフソン接合が形

成されている。

Josephson junction

815-01-38 

直流ジョセフソン 
  効果

ジョセフソン接合を通してクーパー対の直流電流が
トンネル効果によって,損失なしに流れる巨視的量

子効果。

DC Josephson effect

備考  損失なしに流れる直流電流の最大値は印

加された磁束密度に強く依存する。


7

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-01-39 

交流ジョセフソン 
  効果

ジョセフソン接合に電圧 が印加されたとき,印加

電圧に比例して次の式に従う周波数 のトンネル効
果によるクーパー対の交流電流が流れて,光子の放
出を生じる巨視的量子効果:

hf

=2 eU

ここに はプランク定数,は電子の電荷。

AC Josephson effect

備考1.  交流ジョセフソン効果は逆効果として

も現れる。すなわち,ジョセフソン接
合に周波数 の電磁波を照射したとき,
接合間に  (h/2e)  nf に等しい量子化した

電圧で電流ステップを生じる。ここに,

n

は正の整数。

2.

  f/U

=483.6 MHz/

µV

815-01-40 

同位元素効果

超電導体同位元素の平均原子量と臨界温度との間の
関係。

isotope effect

備考 BCS 理論においては,臨界温度は同位元

素の平均原子量の平方根に反比例する。

参考  同位元素効果を示さない元素も存在す

る。

815-01-41 

表面超電導

上部臨界磁界 H

c2

よりも大きな磁界強度においても,

物質の表面からコヒーレンス長程度の深さにわたっ

て,超電導状態が現れる現象。

surface

superconductivity

備考  磁界が試料表面に平行の場合には,表面

超電導は第二種超電導体では H

c2

から H

c3

=1.695  H

c2

までの磁界領域において,第

一種超電導体では H

c

から H

c3

=2.40H

c

間で現れる。

815-01-42 

(超電導)近接効 

超電導体に隣接した常電導体中において超電導電子
が観測される現象。

(superconducting)

proximity effect

備考1.  この効果は,超電導体の臨界温度及び

臨界磁界の減少を伴う。

2. 

“近接効果”は,IEV 121-03-19 では異

なった意味で定義されている。

3.2 

超電導物質又は材料

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-02-01 

超電導元素

ある条件の下で超電導を示す元素。 superconducting

element

備考  ある条件とは,温度,磁界強度及び電流

密度に関する条件を指す。

参考 Hg,Al,Sn,Pb,Nb などの元素が知られ

ており,特に Nb はジョセフソン接合用の
薄膜材料として用いられている。

815-02-02 

合金超電導体

ある条件の下で超電導を示す合金。 alloy

superconductor

備考  ある条件とは,温度,磁界強度及び電流

密度に関する条件を指す。

参考  代表的な合金系材料は,Nb-Ti 合金。


8

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-02-03 

化合物超電導体

ある条件の下で超電導を示す化合物及び金属間化合

物。

compound

superconductor

備考  ある条件とは,温度,磁界強度及び電流

密度に関する条件を指す。

参考 1.  結晶構造で 2 元系(A-15 化合物,B-1

化合物,ラーベス相化合物など)と多

元系[シェブレル相化合物,ペロブス
カイト化合物,銅酸化物,ほう(硼)
炭化物など]とに分類される。

2.

臨界温度が高く,極めて高い臨界磁界
をもつ材料が多い。

815-02-04 

有機物超電導体

ある条件の下で超電導性を示す有機化合物。 organic

superconductor

備考  ある条件とは,温度,磁界強度及び電流

密度に関する条件を指す。

参考 BEDT-TTF 塩,(TMTSF)

2

PF

6

などが知られ

ている。

815-02-05 

酸化物超電導体

酸素を構成元素の一つとして含み,ある条件の下で
超電導を示す化合物超電導体。

oxide superconductor

備考  ある条件とは,温度,磁界強度及び電流

密度に関する条件を指す。

参考 1.  ペロブスカイト化合物,銅酸化物に代

表され,各サイトにさまざまな金属イ
オンを置換した化合物である。

2.

液体窒素温度以上の臨界温度をもつ物
質が数多く発見されている。

815-02-06 

ぺロブスカイト 

(化合物)超電導

ペロブスカイト型構造をもつ酸化物超電導体。

備考1.  ペロブスカイト構造は,A,B を金属元

素,O を酸素とした場合,ABO

3

で表さ

れる基本組成をもつ。

2. 

Ba (Pb

1

x

Bi

x

) O

3

, (Ba

1

x

M

x

) BiO

3

 (M

K

, Rb) が含まれる。

Perovskite (compound)

superconductor

815-02-07 

CuO

2

(CuO

2

シー卜)

平面四配位の CuO

4

基が隅点を共有しながら網目状

につながって構成されている原子面。

CuO

2

 sheet

CuO

2

 plane

CuO

2

 layer

815-02-08 

銅酸化物超電導体 CuO

2

面を含む層状構造をもつ酸化物超電導体。

備考 YBa

2

Cu

2

O

7

,Bi

2

Sr

2

C

n

1

Cu

n

O

2n

4

 (n

=1,  2,

3)

,Tl

m

Ba

2

Ca

n-1

Cu

n

O

2 (m

n)

  (m

=1,  2,  n

=1,  2, 3),HgBa

2

Ca

n

1

Cu

n

O

2n

2

 (n

=1,

2

, 3) などの代表的な酸化物超電導体が

含まれる。

copper-oxide (cuprate)

superconductor

815-02-09 

p

型銅酸化物超電

  導体

CuO

2

面をもちホール的キャリアをもつ酸化物超電

導体。

備考  (La , Sr)

2

CuO

4

YBa

2

Cu

3

O

7

, (Bi ,

Pb)

2

Sr

2

Ca

n-1

Cu

n

O

2n

4

  (n

= 1 ,   2 ,  3) ,

Tl

m

Ba

2

Ca

n-1

Cu

n

O

2 (m

n)

  (m

=1,  2,  n=1,

2

, 3),HgBa

2

Ca

n-2

Cu

n

O

2n

2

 (n

=1,  2, 3)

などの系が含まれる。

p-type copper-oxide

(cuprate)

superconductor


9

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-02-10 

n

型銅酸化物超電

導体

CuO

2

面をもち電子的キャリアをもつ酸化物超電導

体。

備考 (Nd,Ce)

2

CuO

4

,(Sr,Nd) CuO

2

などの系

が含まれる。

n-type copper-oxide

(cuprate)

superconductor

815-02-11 

高温超電導体

一般的に約 25 K 以上の臨界温度をもつ超電導体。 high

temperature

superconductor

high-T

c

  superconductor

815-02-12 

低温超電導体

一般的に約 25 K 以下の臨界温度をもつ超電導体。 low

temperature

superconductor

low-T

c

  superconductor

815-02-13 

A-15

(化合物)超

電導体

A-15

結晶構造で A

3

B

で表される組成をもつ化合物

超電導体。

A-15 (compound)

superconductor

備考 Nb

3

Sn

,V

3

Ga

,Nb

3

Al

などが含まれる。

815-02-14 

B-1

(化合物)超電

導体

岩塩構造 (NaCl) で AB(A は金属元素,B は炭素,

窒素又は酸素)で表される組成をもつ化合物超電導
体。

B-1 (compound)

superconductor

備考 NbN,NbC,MoN などが含まれる

参考  特に NbN はジョセフソン接合用の薄膜材

料として用いられている。

815-02-15 

ラーベス相(化合 
  物)超電導体

AB

2

で表される組成をもち,A,B 元素の原子半径比

が r

A

/r

B

=1.1∼1.4 である金属間化合物超電導体。

Laves phase (compound)

superconductor

備考 HfV

2

,ZrV

2

,(Hf,Zr) V

2

などが含まれる。

815-02-16 

シェブレル相(化 
  合物)超電導体

Mo

6

X

8

クラスターイオンと金属イオン N とからな

り,NMo

6

X

8

の組成をもつ化合物超電導体。

備考 PbMo

6

S

8

,SnMo

6

S

8

,CuMo

6

S

8

などが含ま

れる。

参考  ここで N は Pb,Sn,Cu, La など 4 価か

ら 1 価の金属,X=S,Se,Te などのカル

コゲン元素である。

Chevrel phase

(compound)

superconductor

815-02-17 

フラーレン(化合 
  物)超電導体

C

60

とアルカリ金属又はアルカリ土類金属 M との化

合物で,M

x

C

60

は典型的には M がアルカリ金属の

場合 3,アルカリ土類金属の場合 5 又は 6)の組成を
もつ超電導体。

fullerene (compound)

superconductor

815-02-18 

ほう(硼)炭化物 
  超電導体

RM

2

B

2

C

(R は Y,ランタン系列又はアクチニウム系

列元素,M は Ni,Pd 又は Pt)と表される組成をも
つ化合物超電導体。

boron carbide

superconductor

815-02-19

 (New) 

マグネシウムほう 

(硼)化物超電導

  [

二ほう(硼)化

マグネシウム超

電導体]

結晶構造が六方晶系に属し MgB

2

の組成をもつ高温

超電導体。

magnesium boride

superconductor

  (magnesium diboride

  supercdonductor)

(New) 


10

H 7005

:2005

3.3 

電磁現象及び電磁特性

番号

用語

定義

対応英語(参考)

抵抗なしで流れるとみなせる最大直流電流値。

815-03-01 

臨界電流 

(記号:I

c

備考  I

c

は磁界強度と温度の関数。

参考  ひずみ(歪)の関数でもある。

critical current

(symbol: I

c

 )

815-03-02 

臨界電流基準, 
Ic

基準

電界強度 又は比抵抗

ρ

を基に臨界電流 I

c

を決める

基準。

critical current criterion

Ic criterion

備考  電界基準として E

10

µV/m 又は E=100

µV/m が,比抵抗基準としては

ρ

=10

13

Ω・m 又は

ρ

=10

14

Ω・m がよく用いられ

る。

815-03-03 

臨界電流密度 
(記号:J

c

導体の全断面積(オーバーオール)又は安定化材が
ある場合の安定化材を除いた部分の断面積で算出し
た Ic に対応する電流密度。

critical current density

(symbol: J

c

 )

備考  J

c

(オーバーオール)は,工学的臨界電流

密度  (J

e

)

と呼ばれる。

815-03-04 

輸送臨界電流密度 

(記号:J

ct

),

通電臨界電流密度

比抵抗又は電圧測定によって得られる臨界電流密
度。

transport critical current

density

(symbol: J

ct

 )

815-03-05 

臨界面

臨界電流密度の温度と磁界依存性とを示す,温度,
電流密度及び磁界強度の 3 次元空間の曲面。

critical surface

815-03-06 

臨界状態モデル

磁束密度がゼロでない場合は,常に磁束密度のこう
配が,

µ

0

を磁気定数,J

c

を臨界電流密度として,

µ

0

J

c

に等しいと仮定して第二種超電導体内の磁束分布を

表現するモデル。

critical state model

815-03-07 

ビーンモデル, 
ビーン−ロンドン
モデル

臨界電流密度 J

c

が磁束密度 に無関係に一定である

と仮定する臨界状態モデル。

Bean model

Bean

−London model

815-03-08 

キムモデル

B

を磁束密度,と B

0

を定数として,超電導体内の

臨界電流密度を J

c

a/ (BB

0

)

と仮定する臨界状態

モデル。

Kim model

815-03-09 

磁化臨界電流密度 

(記号:J

cm

理論的なモデル(臨界状態モデル)を用いて,磁化

測定から求められる臨界電流密度。

magnetization critical

current density

備考  材料に不均質又は異方性がある場合,J

cm

は輸送臨界電流密度 J

ct

と異なる。

(symbol: J

cm

 )

815-03-10 

n-

値(超電導体の n-

値) 
(記号:n

電界強度又は比抵抗の特定の範囲で電圧  (U)  と電
流  (I)  との関係が近似的に U

I

n

の式で表されると

きのべき数。

n-value

(of a

superconductor

(symbol: n )

参考  一般に 値が大きい方が特性がよいとさ

れる。

815-03-11 

クエンチ

超電導体又は超電導機器における超電導状態から常
電導状態への制御不能,かつ,不可逆な転移(現象)

quench

備考  通常超電導マグネットに対して用いられ

る用語。

815-03-12 

安定化材

冷媒との熱的接触を確保し,及び/又は,電気的分

流回路として働くように超電導体に電気的及び/又
は熱的に接触させた,一般的には金属である材料。

stabilizer

備考  高い比熱をもつ材料も使われる。

参考  電気抵抗が低く,熱伝導がよい銅,アル

ミニウム,銀などが用いられる。


11

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-03-13 

回復電流

与えられた冷却条件の下で超電導体が超電導状態に

復帰可能な最大電流。

recovery current

815-03-14 

応力効果, 
ひずみ効果

超電導体に機械的,熱的又は電磁的な応力が作用し

たときの超電導特性の変化。

stress effect

strain effect

参考  特に,化合物系及び酸化物系超電導体は,

単体及び合金系に比べて極めて敏感であ

る。

815-03-15 

照射効果

高エネルギー粒子又は電磁波にさらされた材料の超
電導特性の変化。

irradiation effect

参考 1.  超電導体中に生じたカスケード,柱状

欠陥などは磁束のピンニング・センタ

として作用する。

2.

多量の照射欠陥の形成によっては,超
電導特性及び機械的特性の劣化が起こ

る。

電流によってフラクソンに働く力。

備考  電流密度を J,磁束密度を として,単位

体積当たりの力は J×となる。

815-03-16 

ローレンツ力(フ

ラクソンに作用 
する)

参考 IEV 

121-01-19

ではクーロン−ローレンツ

力として定義されている。

Lorentz force (on

fluxons)

815-03-17 

表面バリヤ

磁束線が超電導体に侵入するとき又は出るときのエ
ネルギー障壁。

surface barrier

815-03-18 

ピンニング・セン

タ,

ピン止め点, 
ピン

磁束線に力を及ぼす超電導体内部の微小領域。

備考  ピンニング・センタには,種々の結晶格

子欠陥,析出物,結晶粒界などがある。

pinning center

pinning site

pin

815-03-19 

磁束ピンニング

ローレンツ力に抗して磁束線をピンニング・センタ
によって捕そく(捉)すること。

flux pinning

815-03-20 

磁束クリープ

磁束線がピンニング・センタから他のピンニング・
センタへと移動する熱的活性化運動。

flux creep

備考  磁束クリープによって永久電流が時間と

ともに減少する。

815-03-21 

磁束フロー

電気抵抗の発生を伴う現象でローレンツ力による磁

束線又は磁束線格子全体の定常的な運動。

flux flow

815-03-22 

フラックス・ジャ 
  ンプ

機械的,熱的,磁気的又は電気的じょう(  擾 )乱          によ

って生じる磁気的不安定性に基づく,ピンニングさ
れている磁束線の不連続な集団運動。

flux jump

参考  磁束跳躍ともいう。

815-03-23 

ピン力 

ピンニング・センタによって磁束線又は磁束線格子
に働く正味の力。

参考  ピン止め力ともいう。

pinning force

815-03-24 

要素的ピン力

一つのピンニング・センタが単独又は集団の磁束線
に及ぼすピン力の最大値。

elementary pinning force

備考  磁束線に平行な面状欠陥の場合,通常,

磁束線の単位長さ当たりのピン力の最大
値で定義される。


12

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

単位体積当たりの個々のピン力の和,すなわち単位

体積当たりのピン力。

815-03-25 

ピン力密度, 
バルク・ピン力 

(記号:F

p

備考  F

p

=−J

c

×で与えられる。ただし,J

c

臨界電流密度で,は磁束密度。

pinning force density

bulk pinning force

(symbol: F

p

 )

815-03-26 

ピン力密度のスケ 
  ール則

ピン力密度の温度 及び磁束密度 に対する依存性
を変数分離形で表した経験的法則。

scaling law of pinning

force density

備考  多くの場合,ピン力密度 F

p

は F

p

∝  [B

c2

(T)]

m

f  (b)

の形に与えられる。ただし,m

は実数であり,f  (b)  は規格化磁束密度 b

B/B

c2

の関数で,

µ

0

を磁気定数,H

c2

を上

部臨界磁界として,B

c2

µ

0

H

c2

である。

参考  銅酸化物系では H

c2

の代わりに不可逆磁

界 H

irr

を用いる。

815-03-27 

クレーマ則

F

p

b

1/2

 (1

−b)

2

となるピン力密度のスケール則の一

種。ただし,bB/B

c2

であり,

µ

0

を磁気定数,H

c2

を上部臨界磁界として B

c2

µ

0

H

c2

である。

Kramer’s law

815-03-28 

捕そく(捉)磁束, 
残留磁束

外部磁界を取り除いた後,超電導体内部に残ってい

る磁束。

trapped flux

residual flux

815-03-29 

表面ピンニング

表面バリヤ及び/又は表面付近の欠陥による磁束ピ
ンニング。

surface pinning

815-03-30 

不可逆曲線

温度・磁界平面上の特性曲線で,これより高温・高
磁界では磁化は可逆で,臨界電流密度がゼロとなる

曲線。

参考  この曲線上の特定の温度における磁界の

値 H

irr

を不可逆磁界という。

irreversibility line

815-03-31

 (New) 

粒界弱結合 
 

ある一定以上の構造的,化学的乱れをもつ結晶粒界
で超電導特性が劣化している現象。

参考  コヒーレンス長さの短い高温超電導体で

よく観察され,過剰に磁界又は電流を印
加すると容易に常電導状態に転移する。

grain boundary weak

link

(New) 

3.4 

線及び導体

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-04-01 

線(超電導関連技 
  術)

物体であって,その長さが断面の長軸より十分長い

もの。

wire (in

superconductivity-

related technology)

備考1.  線は金属導体,構造体要素又は複合超

電導導体を指してもよい。

2. 

“線”という用語は,導電性のリボン,

テープなどに対しては一般的には使わ
れない。

815-04-02 

導体(超電導関連 
  技術)

電流を流すことに適合した線又は線の集合体。 conductor

(in

superconductivity-

related technology)

815-04-03 

複合導体

2

種類以上の材料を集合した導体で,それらが機械

的,電気的及び熱的に 1 本の導体として機能するも
の。

composite conductor


13

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-04-04 

ケーブル(超電導

2

本以上の線(素線)で構成する導体。 cable

(in

  関連技術)

備考  ケーブル又は個々の素線は電気的に絶縁

されている場合もいない場合もある。

superconductivity-

related technology)

815-04-05 

同心編みケーブル

単層又は同心の多層に線を編んだケーブル。

concentric lay cable

815-04-06 

編組線(超電導関 
  連技術)

一定の形になるように素線を編み込んだ導体。 braid

(in

superconductivity-

related technology)

815-04-07 

素線(超電導関 
  連技術)

ケーブルを構成する個々の線の一つ。 strand

(in

superconductivity-

related technology)

815-04-08 

無心ケーブル

線をらせん状に単層又は複層によったケーブルで,

圧延,伸線又は他の方法によって最終的な形状に成
形したもの。

coreless cable

815-04-09 

テープ導体

平らな条又は帯状の導体。 tape

conductor

815-04-10 

中空導体

単一又は複数の中空流路を内蔵した導体で,中空の
方向が導体の長手方向に沿っているもの。

hollow conductor

815-04-11 

管状導体

中央部に一つだけ流路をもつ中空導体。 tubular

conductor

815-04-12 

圧縮型円形ケーブ 
  ル

中央部の心の周囲に線を単層又は複層にらせん状に

よった円形ケーブルで,圧延,伸線又はその他の方
法によって最終の形状に成形したもの。

compact round cable

815-04-13 

有心ケーブル

中央心部の周囲に線を複層にらせん状によったケー
ブル。

core cable

備考 1.  等長よりケーブル:すべての層で層の

長さが同じで,かつ,層ごとの配列の
方向が逆転するものを指す。

2.

並心ケーブル:中央心部をもち,かつ,

個々の層での配列が平行になるように
線を単層又は複層のらせん状によった
ケーブルを指す。

3. 

一方向ケーブル:すべての層で配列の
方向が同じで,層が増すごとに層の長
さが増大するものを指す。

4.

平等よりケーブル:すべての層で配列
の方向と長さが同じものを指す。

815-04-14 

リッツケーブル

ねじり合わせた 3 素線を相互にねじり合わせたケー

ブル。

litz cable

815-04-15 

より線導体(超電

導関連技術)

多数本の素線からなる導体で,そのすべて又は一部

が一般的にはらせん状のものを指す。

stranded conductor (in

superconductivity-

related technology)

815-04-16 

圧縮型より線導体

所望の断面形状になるように成形(圧縮)したより

線導体。

compact stranded

conductor

815-04-17 

キーストーン型よ 
  り線導体

断面が台形の圧縮型より線導体。 keystone

stranded

conductor

815-04-18 

ラザフォードケー 
  ブル

断面が平らに成形された長方形断面をもつ単層の転
位したケーブル。

Rutherford cable

815-04-19 

編組導体

数本の素線を相互に編み込むように集合した導体。 braided

conductor


14

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-04-20 

ケーブル・イン・ 
  コンジット導体

多数本の冷媒流路を内蔵し,気密なコンジットで覆

ったケーブル。

cable-in-conduit

conductor

備考  管路挿入ケーブル:コンジットの内側で

管路を取り囲むように転位したケーブル
を指す。

815-04-21 

複合超電導導体

常電導材料と超電導材料とを複合体にした導体。 composite

superconductor

815-04-22 

超電導フィラメン 
  ト

複合超電導線を構成する非常に細く,かつ,長手方
向に伸ばした超電導体又は超電導材料。

superconducting filament

815-04-23 

超電導線

電流を流す目的で超電導体を使った線。 superconducting

wire

815-04-24 

超電導ケーブル

超電導線からなるケーブル。 superconducting

cable

815-04-25 

安定化超電導線

安定化の基準に基づいて設計される母材としての
銅,アルミニウム,銀などのうち,少なくとも 1 種

類の導電性金属を含む超電導線。

stabilized

superconducting wire

815-04-26 

絶縁超電導線

電気的な絶縁を施した超電導線。 insulated

superconducting wire

815-04-27 

強制冷却超電導線

超臨界ヘリウムのような流体冷媒を強制的に循環さ
せて冷却する超電導線。

force-cooled

superconducting wire

815-04-28 

補強超電導線

取扱い及び運転中の応力とひずみに耐えるように設
計された構造体要素を含む超電導線。

reinforced

superconducting wire

815-04-29 

超電導膜

超電導体の膜。 superconducting film

備考1.  超電導薄膜:平均膜厚が 1

µm 以下の超

電導膜で,主として PVD(物理的蒸着

法)

,CVD(化学的蒸着法)又は他の方

法で得られるものを指す。

2. 

超電導厚膜:平均膜厚が 1∼10

µm を超

える超電導膜で,主としてスクリーン
印刷法,ドクターブレード法又はディ
ップコート法によって得られるものを

指す。

815-04-30 

単心(超電導)線

常電導材料に 1 本の超電導フィラメントを埋め込ん
だ線。

single core

(superconducting)

wire

815-04-31 

多心超電導線

複数本のフィラメント又はフィラメント状超電導体

を常電導材料に埋め込んだ複合超電導線。

multi-filamentary

superconducting wire

815-04-32 

モノリシック超電 
  導線, 
超電導モノリス

超電導材料と常電導材料とを一体化した導体で,
個々の材料の相対的な動きを阻止するように強固に

結合したもの。

monolithic

superconducting wire

superconducting

monolith

815-04-33 

三層構造超電導線

1

種類の超電導材料と 2 種類の常電導材料とからな

る複合超電導線。

three-component

superconducting wire

備考  通常 Cu/Cu-Ni/Nb-Ti 複合線に使われる。

815-04-34 

ツイスト超電導線

フィラメント又は素線が線の軸の回りにらせん状に
なるようにした複合超電導線。

twisted superconducting

wire

参考  日本ではフィラメントに対して使用され

る。

815-04-35 

直流超電導線

直流応用のために設計された超電導線。 DC

superconducting

wire


15

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-04-36 

パルス電流超電導 
  線

パルス電流応用のために設計された超電導線。 pulsed-current

superconducting wire

815-04-37 

交流超電導線

交流応用のために設計された超電導線。 AC

superconducting

wire

815-04-38 

間隔対直径比, 
  S/D

複合超電導導体におけるフィラメントの平均直径

(D)

に対する隣接フィラメント間の平均すき間間隔

(S)

の比  (S/D)。

spacing to diameter

ratio

S/D(abbreviation)

815-04-39 

(複合超電導導体 
  の)母材

複合超電導導体において運転条件下で常電導状態を

示す金属,合金又はその他の材料の長手方向に連続
した部材。

matrix (of composite

superconductor)

815-04-40 

(複合超電導導体 
  の)混合母材

複数の部材からなる母材。

mixed matrix (of a

composite

superconductor)

815-04-41 

母材対超電導体 

(体積)比

複合超電導導体における超電導体に対する母材の体
積比。

matrix to superconductor

(volume) ratio

815-04-42 

銅対超電導体(体 
  積)比, 
銅比

銅を母材とした複合超電導導体における超電導体に

対する銅の体積比。

参考  質量法(銅質量法)

:複合超電導導体の質

量と安定化銅部分を溶解した後の質量か

ら銅比を求める方法 
紙質量法:複合超電導導体の断面を紙に
写し取って,全体の質量と安定化銅部分

を切り取った質量から銅比を求める方法

copper to superconductor

(volume) ratio

815-04-43 

銅対非銅部(体積) 
  比

混合母材をもつ複合超電導導体における非銅部に対

する銅部の体積比。

copper to non-copper

(volume) ratio

815-04-44 

超電導体の体積百 
  分率

複合超電導導体において,通常の運転条件で超電導
状態を示す物質の体積百分率  (%)。

volume percent of

superconductor

815-04-45 

拡散障壁

原子又は分子の拡散による通過を制限する物質。 diffusion

barrier

815-04-46 

補強材

機械的強度を増大させるために用いる構造部材。 reinforcing

member

815-04-47 

シース

導体の外皮 sheath

参考 1.  シース,ジャケット:通常,押出しで

作られた金属又は非金属の,均一で連
続した管状の外皮。

2.

北アメリカでは,シースは金属製の外

皮に,ジャケットは非金属製の外皮の
用語として用いられる。

815-04-48 

ツイスト(ねじり)  フィラメント又は素線を導体軸の周りにねじる加工

方法。

twist

815-04-49 

ツイストピッチ 
  長, 
ツイストピッチ

ツイストされた導体において,フィラメント又は素

線が初期の相対位置まで最初に戻る軸長。

twist pitch length

twist pitch

815-04-50 

転位長, 
よりピッチ長

転位導体においてフィラメント又は素線が初期の相

対位置まで最初に戻る軸長。

transposition (pitch)

length

stranding pitch length

815-04-51 

アスペクト比

平角形状の複合超電導導体の断面における短辺に対
する長辺の比。

aspect ratio

815-04-52 

コーナ R 

(面取半径)

平角導体の断面におけるコーナの半径。 corner

radius


16

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-04-53 

渦電流

物質内部の閉路を周回する誘起電流。 eddy

currents

815-04-54 

交流損失

時間的に変動する磁界又は電流印加によって,複合
超電導導体中で消費される電力。

AC loss

備考 1.  交流損失には,超電導体の時間的平均

ヒステリシス損失,導体の結合損失及
び渦電流損失,構造材料の渦電流損失

が含まれる。

2.

交流損失には,通常,磁界又は電流を
過渡的に変化するような使い方をする

複合超電導導体中で消費される電力を
も含める。

815-04-55 

ヒステリシス損失

変動磁界中において超電導体中に発生し,1周期当

たりの値が周波数に依存しない損失。

hysteresis loss

備考  ヒステリシス損失は磁束ピンニングによ

る超電導体の不可逆な磁気的性質に起因
する。

815-04-56 

渦電流損失

印加変動磁界又は自己変動磁界にさらされたとき,

超電導導体の常電導母材又は構造材で発生する損
失。

eddy current loss

815-04-57 

結合電流

常電導物質で分離された超電導フィラメントに沿っ

て,また,その間を流れる変動磁界による誘導電流。

coupling current

備考  超電導導体の常電導母材中で,この電流

はおおむねフィラメントに直交して流れ
る。

815-04-58 

近接結合電流

常電導領域でのコヒーレンス長程度の短い距離の常

電導物質で分離された超電導フィラメント間及びそ
れに沿って流れる超電導電流。

proximity coupling

current

815-04-59 

(フィラメント 
  間)結合(電流) 
  損失

常電導母材を含む多心超電導線において結合電流に

よって発生する損失。

(filament) coupling

(current) loss

815-04-60 

(フィラメント) 
  結合時定数 
  (記号:

τ)

低周波数領域でのフィラメントに直交方向における
結合電流の特性時定数。

備考1.  フィラメント間の結合時定数は,ツイ

ストピッチ長の 2 乗に比例し,母材の
比抵抗に反比例する。

2. 

フィラメントの結合時定数は,結合損

失の大きさを表すパラメータの一つで
あり,損失の大きさに比例する。

(filament) coupling time

constant

(symbol:

τ)

815-04-61 

有効フィラメント 
  径

フィラメント間の電磁気的性質から導かれるフィラ
メントの有効的な直径。

effective filament

diameter

備考  有効フィラメント径を d

f

,輸送臨界電流

密度を J

ct

,交流磁束密度の波高値を B

m

超電導体の体積分率を

η

とすれば,ヒステ

リシス損失は,Q

h

=(8/3

π)d

f

η

J

ct

B

m

で与

えられる。


17

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-04-62 

表面インピーダン 
  ス

金属及び超電導体において,材料表面に高周波の電

磁波が印加されたときのインピーダンス。

surface impedance

備考  表面インピーダンスは超電導 RF キャビ

ティの熱損失を支配する。

参考  一般的に超電導体を含む導体の表面イ

ンピーダンスは,導体表面に垂直な電界
Et

と磁界 Ht との比によって定義される。

s

s

t

t

s

/

jX

R

H

E

Z

+

=

=

ここに,Rs は表面抵抗,Xs は表面リア 
        クタンスである。

815-04-63 

残留比抵抗, 
残留抵抗率

常電導体において 0 K で残留する電気比抵抗。

備考  残留抵抗率は不純物又は格子欠陥による

電子散乱によるもので,極低温領域にお
いては温度に依存しない。

参考1.  超電導体及び複合超電導導体における

残留比抵抗は,臨界温度直上の比低抗
で表す場合がある。

2. 

高温超電導体における残留比抵抗は,

絶対零度近傍に外挿した比抵抗で表す
場合がある。

residual resistivity

815-04-64 

残留抵抗比, 
RRR

室温における電気抵抗と残留抵抗との比。

備考1.  室温は通常 273,293,295 又は 300 K

の中から選ばれる。

2. 

超電導体における RRR:臨界温度直上
の電気抵抗を残留抵抗とする。

参考 RRR は,比抵抗の比を指す場合がある。

residual resistance ratio

RRR(abbreviation)

815-04-65

 (New) 

バルク超電導体 
 

線,テープ,薄膜以外の十分な大きさをもった塊状
の超電導体。

参考  捕そく(捉)磁束密度測定法:バルク超

電導体に捕そく(捉)された磁束密度を

ホール素子によって測定する方法 

bulk superconductor

(bulk superconductor

magnet)

(New) 

815-04-66

 (New) 

薄膜導体 

(被覆導体)

金属基板/中間層/多結晶超電導層/安定化層を基
本構造とする長いテープ状の薄膜。

coated conductor

(New) 

3.5 

製造方法

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-05-01 

引抜き

延性のある金属,線,棒,帯又は管から構成される
複合体をダイスを通して引き抜き減面する加工方

法。

drawing

815-05-02 

スェージング

2分割以上の硬いダイス間で回転させながらたたい

て減面する加工方法。

swaging

815-05-03 

冷間加工

再結晶温度以下で行う加工方法。 cold

work

815-05-04 

ビレット

押出し,鍛造又は圧延などに供するもので,金属又
は合金のような単一物,又は複合体からなる断面が
大きく長さが短い集合体。

billet


18

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-05-05 

押出し

ビレットを機械的に加圧して減面用ダイスを通して

断面を減少させる加工方法。

extrusion

備考1.  静水圧押出し:ダイスを通してビレッ

トを押し出すのに液体を用いる押出し
方法。

2. 

熱間押出し:あらかじめ加熱されたビ

レットを用いる押出し方法。

815-05-06 

ツイスト加工

丸線をその長手方向の軸の周りにねじる塑性加工方
法。

twisting

815-05-07 

より線加工

複数の素線を相互に束ねてより線導体を作る加工方
法。

stranding

815-05-08 

中間熱処理

冷間加工で硬化した材料を軟化させたり微細組織を
変化させたりするために,加工工程の途中で行う熱
処理。

intermediate heat

treatment

815-05-09 

表面拡散法

テープ及び線の表面に超電導体を直接形成させる製
造方法。

surface diffusion process

備考  この方法による超電導線は通常,溶融め

っき,電気めっきなどで表面被覆後,熱

処理して基材と被膜とを拡散反応させ超
電導化合物を形成させて作られる。

815-05-10 

複合加工法

複合超電導線の製造方法。

備考  母材中に超電導フィラメントを内蔵する

複合体を得るために複数の基材を組み合
わせた複合体に,線引,圧延などの減面

加工と熱処理とが施される。

composite fabrication

 process

815-05-11 

ブロンズ法 Nb フィラメントとブロンズ母材とを反応させる

Nb

3

Sn

超電導線の製造方法。

bronze process

備考  V

3

Ga

超電導線についても同様の製造方法

が用いられる。

815-05-12 

化学蒸着 (CVD)  
  法

所望の構成元素を含む気体(蒸気)の化学反応によ
って膜を作る製造方法。

備考  有機金属又はその他の化合物をキャリア

ガスで比較的低温の反応槽に導入し基板
上に反応生成物をたい積させる(例:

MOCVD

,ハロゲン化物 CVD,プラズマ

CVD

及びレーザ CVD)

chemical vapor

deposition process

CVD process

主として物理的蒸着を用いて成膜する製造方法。

815-05-13 

物理蒸着 (PVD)  
  法

備考 PVD 法は主として原子種の真空蒸発や,

不活性又は活性雰囲気中で単一又は複数

ターゲットを用いたスパッタ成膜によっ
て薄膜を形成させる(例えば,RF マグネ
トロンスパッタリング,イオンビームス

パッタリング,モレキュラービームエピ
タキシー及びレーザアブレーション)

physical vapor

deposition process

PVD process


19

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-05-14 

インシチュー法,
インサイチュー法

Nb

又は V が溶湯から樹枝状晶として晶出した Cu/Nb

又は Cu/V 複合体を用いた超電導線の製造方法。

備考1.  これらの合金は銅母材中に Nb 又は V の

微細なフィラメントを形成するように

線,テ ープ など に加工 し, 拡散法で

Nb

3

Sn

又は V

3

Ga

を形成させる。

2. 

単一工程で行う超電導薄膜の製造方法

を指す場合がある。

in-situ process

815-05-15 

エクスシチュー法

2

段の工程からなる超電導薄膜の製造方法。第 1 工

程で PVD によって低温で前駆体の膜を作り,第 2
工程で高温アニールする。

参考  MgB

2

の場合では,合成済みの MgB

2

粉末

を金属シースに充てん(填)し,加工する方
法。

ex-situ process

815-05-16 

粉末や金法

出発材料として混合粉末を用いる超電導線の製造方

法。

powder metallurgy

process

備考1.  この線材は,プレス,圧粉及び/又は

伸線や圧延のような他の断面減少加工
法を用い,更に反応熱処理を行い作製
する。

2. 

パウダ・イン・チューブ (PIT) 法:出
発材料として混合粉末をチューブに入
れる超電導線の製造方法。

815-05-17 

外部拡散法

複合材と外部に被覆した材料とを拡散反応させる超
電導線又はテープの製造方法。

external diffusion

process

815-05-18 

チューブ法

多重の入れ子状チューブから出発する超電導線の製

造方法。

tube process

備考 Sn 又は Sn 合金棒を入れた銅管を Nb チュ

ーブに挿入し,これを他の銅管に挿入す
る。これによって複合材の構成要素が形
成される。これらは多数本束ねられ,細

径の線材に加工される。さらに,各 Nb チ
ューブの内側に Nb

3

Sn

層を生成する熱処

理が行われる。

815-05-19 

内部すず法 Sn 又は Sn 合金の棒又はフィラメントが銅母材中の

Nb

フィラメントとともに加工される Nb

3

Sn

超電導

線の製造方法。

internal tin process

備考  最終径の時点で線材は,Sn が銅母材中を

拡 散 し , Nb フ ィ ラ メ ン ト と の 界 面 に

Nb

3

Sn

を生成することができるように加

熱を行う。


20

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-05-20 

浸透法 Nb 粉末の圧縮成形体を Sn 浴に浸して,この圧粉体

に Sn を浸透させる Nb

3

Sn

超電導線の製造方法。

備考 1.  伸線又は圧延のような断面減少加工が

細径の 線材 を作 製する ため に行われ

る。さらに,Nb

3

Sn

を生成する熱処理が

行われる。

2.

同様な製法が Nb

3

Al

超電導線にも

適用できる。

infiltration process

815-05-21 

ジェリーロール法

出発材料として重ね合わせたシートを断面が渦巻き
状になるように巻いた複合体を用いる超電導線の製

造方法。

jelly roll process

備考 1.  ブロンズ(Cu-Sn 合金)の薄板とメッシ

ュ状の Nb 板とが渦巻き状に巻かれ,そ

の後,伸線のような断面減少加工が細
径の線材を作製するために行われ,さ
らに,Nb と母材の界面に Nb

3

Sn

金属間

化合物を生成する熱処理が行われる。

2.

薄板又は板の代わりにメッシュが構成
要素として用いられるため,変形ジェ

リーロール (MJR) 法とも呼ばれる。

3.

同様な製法が Nb

3

Al

超電導線にも適用

できる。

815-05-22 

溶融凝固法

高温で部分溶融した後,一方向凝固によって高配向
した酸化物超電導体を得る製造方法。

melt-textured growth

process

815-05-23 

集合組織制御

酸化物超電導体の超電導特性を向上させるために,
薄膜又はバルクを優先的な方位又は構造に成長させ
る製造方法。

texture control

815-05-24 

溶融法

融点以上の温度に材料を加熱し,その後の制御冷却
で超電導相の結晶を成長させる酸化物超電導体の製
造方法。

melt process

815-05-25 

か焼

粉末の予備的な熱処理。 calcination,

calcining

815-05-26 

前駆体

最終的に超電導体を生成するために用いられる中間
材料。

precursor

815-05-27 

焼結

固相拡散,ネック部の成長,結晶粒界の移動などに
よって,粉末材料から一体化したバルク材料を生成
する熱処理。

sintering

815-05-28 

ゾル・ゲル法

金属塩の液状コロイド溶液を用い,引き続き行う熱
処理によってゲルを得る前駆体の製造方法。

sol-gel process

815-05-29 

共沈法

各々の溶質の溶解度が pH,対イオン効果及び濃度依
存性によって影響を受ける金属塩の溶液を用いる前
駆体の製造方法。

coprecipitation process

815-05-30 

噴霧乾燥法

金属塩溶液を用い,溶媒の急速蒸発によって成分を
固化する前駆体の製造方法。

spray drying process


21

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-05-31 

スプレイパイロリ

シス法

薄膜又は厚膜の超電導材料を得るために基板上に原

材料をスプレーし,一連の熱処理によって前駆体の
か焼と焼結とを行う製造方法。

参考  前駆体の製造を目的として,金属塩溶液

を高温の雰囲気中に噴霧して,溶媒の急
速蒸発と,か焼を同時に行う場合を指す
こともある。

spray pyrolysis process

815-05-32 

凍結乾燥法

金属塩溶液を用い,凍結乾燥と溶媒の昇華とによっ
て成分を急速に固化する前駆体の製造方法。

freeze-drying process

815-05-33 

プラズマスプレー 
  法

プラズマ炎によって基板上に吹き付けられた前駆体
粉末又は超電導体粉末を用いた厚いコーティング膜
の製造方法。

plasma spray process

3.6 

超電導マグネット技術

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-06-01 

極低温冷凍 120

K

以下の温度に冷却する能力をもつ流体を用い

る方法。

cryogenic refrigeration

815-06-02 

冷凍機

流体の熱力学的サイクルを用いて極低温に冷却する

ための種々の機械装置。

参考  熱力学的サイクルの違いによって,パル

ス管冷凍機,スターリング冷凍機,GM-JT

冷凍機及びそれらを組み合わせた小型冷
凍機がある。

cryocooler

815-06-03 

冷却チャンネル

冷媒が直接超電導マグネットの巻線又は導体に接す

るように設けた空げき(隙)又 は 溝。

cooling channel

815-06-04 

熱伝達

熱エネルギーの輸送に関する総称的な用語。 heat

transfer

参考1.  物体中の熱の移動機構を大別すると,

熱伝達,対流熱伝達,放射伝達及びこ
れらの組合せとなる。これらの熱の移

動現象をいう。

2. 

伝熱又は熱移動ともいう。

815-06-05 

浸し(漬)沸騰 
  (冷却)

沸点にある液体冷媒に直接浸し(漬)して冷却する

方法。

pool boiling (cooling)

815-06-06 

伝導冷却

熱伝導のよい材料を用いて,冷却される物体を冷却

装置に接続し冷却する方法。

conduction cooling

815-06-07 

対流冷却

冷却される物体を液体又は気体の冷媒に浸し(漬)
し,冷媒を物体の周囲に自然又は強制的に流して冷

却する方法。

convection cooling

備考1.  強制対流冷却:冷却される物体の周囲

に液体又は気体の冷媒を強制的に流し
冷却する方法。

2. 

自然対流冷却:冷却される物体表面近

くでの流体の局部加熱に対し液体又は
気体冷 媒の流 動に よっ て冷 却する方
法。

815-06-08 

核沸騰

冷却される表面の核発生部で独立した気泡が発生す
る,熱伝達が非常に大きい液体の沸騰形態。

nucleate boiling


22

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-06-09 

膜沸騰

冷却される表面から液体冷媒への熱伝達面全体が,

蒸発した冷媒の薄い膜によって覆われている液体の
沸騰形態。

film boiling

815-06-10 

放射冷却

物体から周囲へ,熱を熱放射によって移動させて冷
却する方法。

radiation cooling

815-06-11 

放射遮へい(蔽) 
  体(シールド)

異なる温度の二つの表面間の放射熱伝達を減少させ

るため,二つの表面の間に置かれた高反射率をもつ
シート。

radiation shield

815-06-12 

残留ガス

真空排気された空間に存在する少量のガス分子。 residual

gas

815-06-13 

残留ガス熱伝達

真空中の残留ガスの衝突作用による対向する二つの
表面の間の熱伝達。

residual gas heat transfer

815-06-14 

真空断熱 vacuum insulation

断熱のため真空を用いる方法。

備考  この方法は,伝導及び対流による熱伝達

を非常に減少するが,放射に対しては有
効ではない。

熱放射を減少させるため,高反射率のコーティング

を施した複数枚の低熱伝導シートを真空中に置く断
熱方法。

備考 1.  アルミニウムコーティングされたポリ

エ ス テ ル フ ィ ル ム が 積 層 断 熱  (MLI) 
用材料として最も一般的に用いられて

いる。

2. 

積層断熱はスーパーインシュレーショ
ンとも呼ばれている。

815-06-15 

積層断熱 
MLI

参考  真空断熱において断熱材として反射率の

高い材料と,その支持材であるスペーサ
ーを交互に積層することによって断熱す

る方法。

multilayer insulation

MLI(abbreviation)

815-06-16 

超臨界ヘリウム

蒸発潜熱がゼロで連続的な密度状態をとることを特
徴とする,臨界点を超える圧力  (P)  及び/又は温度

(T) (P

>0.227 MPa,  T>5.2 K)  にあるヘリウム。

supercritical helium

備考  マグネット冷却では,4.2K 近くの臨界圧

力を超えるヘリウムも同様に超臨界ヘリ

ウムと呼ばれる。


23

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-06-17 

超流動ヘリウム,
ヘリウム II

ヘリウムの温度−圧力相図において,融解曲線,飽

和蒸気圧曲線と,上部

λ点 (1.76 K, 3.0 MPa) と下

λ点 (2.18 K, 5.0 kPa)との 2 点を結ぶ線(λ線)に

よって囲まれた領域にあるヘリウムの状態。

superfluid helium

 He II(abbreviation)

備考1.  飽和超流動ヘリウム:ヘリウムの温度

−圧力相図において,下部

λ点より下の

飽和蒸気圧曲線上にある超流動ヘリウ
ム。

2. 

加圧超流動ヘリウム:ヘリウムの温度

−圧力相図において,下部

λ点より下の

飽和蒸気圧曲線より高圧力側にある超
流動ヘリウム。

3. 

超流動ヘリウムは,非常に小さい粘性
と大きい熱伝導率とをもつ。

参考  ほとんど可逆的な熱伝導を示し,第二音

波を伝え,また,器壁上に層をなして流
れるなどの超流動を示し,超電導コイル
の浸し(漬)及び強制の両冷却方式に使用

される。

815-06-18 

安定化

電磁気的,機械的又は熱的じょう(擾)乱の存在下で,
超電導装置がその超電導特性を保持できるようにす

る技術の総称。

stabilization

815-06-19 

完全安定化

起こり得るすべてのじょう(擾)乱に対して超電導体
が安定な状態に保たれるような安定化の条件。

full stabilization

815-06-20 

断熱安定化

じょう(擾)乱のエネルギーが導体及び/又は周囲の
支持構造物のエンタルピーで吸収できるほど十分小

さくすることによって,クエンチしないようにする
導体の安定化方法。

adiabatic stabilization

参考  一例として,フィラメントを細線化する

ことによって実現される。

815-06-21 

動的安定化

超電導体の表面を電気的及び熱的良導体で被覆し,
そこに渦電流を発生させることによって内部を遮へ

い(蔽)すると同時に磁束の侵入を遅らせて,非常に
急速な磁束変化に対処する安定化方法。

dynamic stabilization

815-06-22 

磁気拡散率 
  (記号:D

m

材料の電気抵抗率を透磁率で除したもの。

備考  磁界の侵入する速さを規定する拡散係数

を示す。

magnetic diffusivity

(symbol: D

m

)

815-06-23 

磁気拡散時定数 
  (記号:

τ

m

系の特徴的な大きさ と磁気拡散率 D

m

とをもつ系

において,磁気的なじょう(擾)乱が拡散するのに要
する概略の時定数

τ

m

τ

m

d

2

/D

m

magnetic diffusion time

constant

(symbol: 

τ

m

)

815-06-24 

熱拡散時定数 
  (記号:

τ

t

特徴的な大きさ と熱拡散率

αとをもつ系における

熱的なじょう(擾)乱の拡散を表す時定数

τ

t

τ

t

d

2

/

α

thermal diffusion time

constant

(symbol: 

τ

t

)

815-06-25 

分流

複合超電導線を構成する超電導フィラメントと常電
導マトリックス材料との両方に電流が分かれて流れ
ている状態。

current sharing


24

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-06-26 

ステックレーの安 
  定化基準

超電導線が常電導状態であるときに,電流によって

発生するジュール熱量がその表面から冷媒への熱伝
達量を超えないように最大の運転電流を決定する基
準。

Stekley's stability

criterion

815-06-27 

マドックの安定化 
  基準

超電導線の常電導(発熱)部分と超電導部分との両方
における冷却及び熱伝導を考慮した超電導線の安定

化基準。

Maddock's stability

criterion

815-06-28 

等面積法則

熱伝達係数の温度依存性,コイル中の線の長手方向
及びターン間の熱伝導を考慮した超電導マグネット

の安定性基準の一法則。

equal area theorem

備考  この法則はマドックの安定化基準の基礎

となるもので,温度依存をもつ冷却曲線
の下の面積が発熱曲線の下の面積より大
きい場合には,じょう(擾)乱によって形成

される常電導領域は超電導状態に復帰す
る。

815-06-29 

常電導域伝ぱ(播) 
  速度

超電導線又はその集合体が部分的に常電導状態に転

移した場合に常電導−超電導境界が線に沿って又は
集合体間を伝ぱ(播)する速度。

normal zone propagation

velocity

815-06-30 

熱暴走

導体内における常電導領域の連続的な拡大の発生。 thermal

runaway

815-06-31 

最小伝ぱ(播)領 
  域 (MPZ) 基準

輸送電流の存在する複合体において,じょう(擾)乱
によって発生した常電導部が熱暴走するには常電導

領域に最小値[最小伝ぱ(播)領域]が存在するとい
う概念に基づいた基準。

minimum propagation

zone criterion

MPZ criterion

(abbreviation)

備考 Wilson−Iwasa−Wipf の安定化基準を含

む。

815-06-32 

長手方向伝ぱ(播)  超電導導体の長手方向に沿って常電導−超電導境界

が動くこと。

longitudinal propagation

815-06-33 

横方向伝ぱ(播) 
  (線間伝ぱ)

超電導巻線内部において輸送電流の方向に対して垂
直方向へ常電導−超電導境界が動く現象。

transverse propagation

815-06-34 

断熱温度上昇

伝導,対流,ふく(輻)射による熱の散逸を伴わずに,
磁界中に蓄積されたすべてのエネルギーが熱エネル
ギーとして巻線部に放出されたと仮定したときに起

こるマグネット全体の温度変化。

adiabatic temperature

rise

815-06-35 

保護回路

クエンチ時に大形超電導マグネットの蓄積エネルギ

ーの一部を取り出すための能動的又は受動的な装置
から構成される外部電気回路。

protection circuit

815-06-36 

分割法

クエンチによってコイルに生じる内部応力や電圧を

減少させるために,大形マグネットを複数個部分に
分割する方法。

sectioning

815-06-37 

グレーディング

局所的な磁界レベルに応じて異なった超電導導体を
用い,巻線部を数セクションに分割して巻く超電導
マグネットの作製方法。

grading

815-06-38 

外部抵抗

クエンチ時に磁界として蓄積されたエネルギーの一
部を取り出すために,電源に並列に,マグネットの
両端間に接続された抵抗。

external resistor


25

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-06-39 

結合二次コイル

クエンチ時に超電導一次コイルに蓄積されたエネル

ギーの一部を取り出すために一次コイルと誘導結合
されたコイル。

coupled secondary coil

815-06-40 

ジュール発熱

電流が抵抗体を流れることによる発熱。 Joule

heating

815-06-41 

ワインド・アン 
  ド・リアクト法

機械的にもろい超電導体を使用する場合に,超電導
相を生成する反応熱処理の前に導体を最終形状に巻

いて超電導機器を作製する技術。

wind and react technique

815-06-42 

リアクト・アン 
  ド・ワインド法

超電導相を生成するための反応熱処理をした後で,

導体を最終形状に巻いて超電導機器を作製する技
術。

react and wind technique

815-06-43 

真空含浸

コイル巻線内の空間を真空引きによって,エポキシ,

ワックスなどの材料で充てん(又は含浸)して導体を
固定する方法。

vacuum impregnation

備考  コイル内に残存する微細な気泡を真空に

よって除去できる。

815-06-44 

湿式巻線法

コイルの巻線中の導体表面に液体状又はペースト状

のエポキシ,ワックスなどを塗り,コイル巻線内の
空間に充てんする巻線技術。

wet winding

815-06-45 

絶縁材料

機器を絶縁するために使われる材料。 insulation

参考  電気的及び熱的絶縁材料の総称。

815-06-46 

スペーサー

二つの近接した物体の接触を避けるための部材。

備考1.  コイル又はケーブルにおいて,線間,

巻線の層間,又は分割したコイル間の
熱と電気的接触を避けるために一般に

スペーサーが置かれる。

2. 

一般に ガラス 繊維 強化 プラ スチッ ク

(GFRP)

,セラミックスなどから作られ

る。

spacer

815-06-47 

電流リード 
  (パワーリード)

電気絶縁と冷却チャンネルとをもち,室温から極低

温の装置に電流を送る導体。

current lead

備考  ガスエンタルピー冷却リード:クライオ

スタットからの蒸発ガスのエンタルピー

を利用してクライオスタット内の冷媒や
装置への熱流入を減少するために長手方
向に流路をもつ電流リード。

参考  高温超電導体電流リード:高い臨界温度

と低い熱伝導率とをもつ酸化物超電導体
を導体として使った電流リードで臨界温

度より低い温度に保たれた高温端と低温
端との間で使われる。


26

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-06-48 

トレーニング効果

温度又は磁界中でのサイクルを経て,複数回クエン

チさせることによって超電導コイルの超電導特性が
改善される現象。

training effect

備考1.  通電電流などの動作特性は短尺特性に

向かって改善される傾向をもつ。

2. 

短尺特性:電流の方向に対し垂直方向

の磁界中で,一般には数メートル以下
の短いサンプルで測定される超電導線
の通電電流容量。

815-06-49 

デグラデーション

超電導線又は超電導機器の通電電流容量などの超電
導特性が短尺特性に比べて低下する現象。

degradation

備考  機械的にもろい超電導体においてはデグ

ラデーションは機械的な損傷によって引
き起こされることもある。

参考 1.  超電導線又は超電導機器の通電特性が

時系列的に低下することを指すことも
ある。

2.

超電導線又は超電導機器の通電特性が

超電導素線の特性に対して低下するこ
とを指すこともある。

815-06-50 

クライオスタット

超電導機器を運転するために極低温環境にする容

器。

cryostat

参考  デュワー (dewar) は少量の液体冷媒のた

めの極低温容器。

815-06-51

 (New) 

冷凍機冷却超電導 
  マグネット 
(無冷媒超電導マ 
  グネット) 
(伝導冷却型超電 
  導マグネット) 
(直冷式超電導マ 
  グネット) 
 

冷凍機と熱良導体とを用いて熱伝導によって冷却す
る超電導マグネット

cryocooler-cooled

superconducting

magnet

(cryogen-free

superconducting

magnet

(conduction cooled

 superconducting

magnet

(directly cooled

superconducting

magnet

(New) 

815-06-52

 (New) 

クエンチ検出器 
 

超電導コイルに発生したクエンチを検出する装置。 quench

detector

(New) 

815-06-53

 (New) 

小型冷凍機 
 

小型の冷凍機

参考  熱力学的サイクルの違いによって,パル

ス管冷凍機,スターリング冷凍機,GM-JT
冷凍機及びそれらを組み合わせたものな

どがある。

compact cryocooler

(New) 

815-06-54

 (New) 

偏流 
 

ケーブルを構成する素線間で生じる電流分布の偏
り。

non-uniform current

(New) 


27

H 7005

:2005

3.7 

応用技術

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-07-01 

コイル

線,素線又はケーブルを巻いたもの。 coil

815-07-02 

マグネット

外部磁界を発生させることを目的とした機器。 magnet

815-07-03 

超電導マグネット

超電導線又は超電導ケーブルを用いた,外部磁界を

発生させることを目的とした機器。

参考  バルク超電導体を着磁して一種の永久磁

石として利用することをバルク磁石とい

うことがある。

superconducting magnet

815-07-04 

ソレノイド(コイ 
  ル)

円筒状のコイルであり,通常軸方向の長さが横方向

の長さより大きいもの。

solenoid (coil)

815-07-05 

パンケーキコイル

同一平面上に,渦巻状に巻かれた平板状コイル。 pancake

coil

815-07-06 

スプリットペアコ 
  イル

同一軸上に間隔を空けて配置した一対のソレノイド
コイル。

split pair coil

815-07-07 

ヘルムホルツコイ 
  ル

スプリットペアコイルの一種で,半径及び巻数の等

しいコイルをコイルの共通半径に等しい間隔で配置
したもの。

Helmholtz coil

815-07-08 

くら(鞍)型コイ 
  ル

円筒状の構造物に取り付けられるように,くら(鞍)
型に巻かれたコイルで,円筒の軸に垂直方向に磁界
を発生するもの。

saddle coil

815-07-09 

レーストラックコ 
  イル

巻線面に垂直な磁界を発生するレーストラック形状
のコイル。

race track coil

815-07-10 

ダイポールマグネ 
  ット, 
双極マグネット

くら(鞍)型コイル及びレーストラックコイルのペ
アのように,均一な双極成分の磁界を発生させるマ
グネット。

dipole magnet

815-07-11 

クアドラポールマ 
  グネット, 
四極マグネット

二対のくら(鞍)型コイル又はレーストラックコイ
ルによって円筒空間の中に円筒軸と垂直な単一方向
の磁界こう配を発生させるマグネット。

quadrupole magnet

815-07-12 

トロイダルコイル

閉じた環状の磁界を発生する配置のコイル。 toroidal

coil

815-07-13 

ポロイダルコイル

通常は双極の,ポロイダル磁界を発生するコイル。 poloidal

coil

815-07-14 

シムコイル

磁界の不均一成分を補正し,磁界均一性を改善する
ために用いるコイル。

shim coil

815-07-15 

含浸コイル

導体の相対的な動きを少なくするために,樹脂又は
適切な材料を巻線中の空げき(隙)に含浸したコイ
ル。

impregnated coil

815-07-16 

パルスマグネット

コイルにパルス電流を流すことによってパルス磁界
を発生するマグネット。

pulsed magnet

815-07-17 

ハイブリッドコイ 
  ル, 
ハイブリッドマグ 
  ネット

hybrid coil

hybrid magnet

通常は超電導コイルを外側に配置した超電導及び非
超電導コイルから構成されるコイル(マグネット)

参考  種類の異なる超電導線を巻いたコイルを

組み合わせて構成したマグネットも含ま
れる場合がある。

815-07-18 

超電導(電動)モ 
  ータ

超電導巻線又は超電導材料を用いた電動機。 superconducting

(electric) motor

815-07-19 

超電導発電機

超電導巻線を用いた発電機。 superconducting

generator

815-07-20 

超電導電力ケーブ 
  ル

超電導導体を用いた電力ケーブル。 superconducting

power

cable


28

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-07-21 

超電導通信ケーブ 
  ル

超電導線を用いた通信用ケーブル。 superconducting

communication cable

815-07-22 

超電導変圧器

超電導線を巻線として用いる変圧器。 superconducting

transformer

815-07-23 

超電導限流器

超電導特性を用いて電流を許容値以下に抑える超電
導装置。

superconducting fault

current limiter

815-07-24 

超電導磁気エネル 
  ギー貯蔵   
  (SMES)

超電導コイルの磁界としてエネルギーを蓄える技
術。

参考  超電導コイルによって電磁エネルギーと

して電力を貯蔵する装置,システムなど
を指すこともある。

superconducting

magnetic energy

storage

SMES(abbreviation)

815-07-25 

核融合発電

核融合反応によって発生するエネルギーを利用した
発電方式。

備考  核融合反応を実現するため,超電導マグ

ネットによる高磁界を利用して高温のプ
ラズマを閉じ込める。

nuclear fusion generation

参考  重水素,三重水素,ヘリウム 3 などの二

つの軽い原子核が核反応を起こした結

果,より重い原子核に変わる現象(核融
合反応)から生じる質量欠損によるエネ
ルギーを利用した発電。

815-07-26 

MHD

(電磁流体)

  発電

magneto hydrodynamic

generation

磁界中を流れる導電性流体を利用した発電。

参考  炎を高磁界の中に高速で導入すると,イ

オン化された炎と磁界とによるファラデ

ー効果によって,磁界と垂直方向とに電
位差を発生する現象を利用した発電。

MHD generation

  (abbreviation)

815-07-27 

超電導磁気浮上列 
  車

車輪によるけん(牽)引ではなく軌道上に列車を浮

上・推進させるために超電導マグネット又は超電導
材料を用いる列車。

superconducting

magnetically levitated

train

815-07-28 

超電導粒子加速器

超電導キャビティを用いて陽子,電子,イオンなど
の荷電粒子に運動エネルギーを与えたり,超電導マ
グネットを用いて粒子ビームを曲げる装置。

superconducting particle

accelerator

815-07-29 

超電導キャビティ 
  (超電導空洞共 
  振器)

主にマイクロ周波数領域で使用される,超電導体を
内張りした空洞共振器又は中空容器。

superconducting cavity

815-07-30 

粒子検出器

非荷電粒子の軌跡,及び多くの場合は高磁界中で荷
電粒子の軌道を検出する装置。

参考  超電導検出器ならば,非荷電粒子の軌跡

は直接的には検出できない。

particle detector

815-07-31 

サイクロトロン

静磁界中で荷電粒子がらせん型の軌道を描く粒子加

速器で,粒子エネルギーの増加とともに軌道の半径
が増加するもの。

cyclotron

815-07-32 

ジャイロトロン 10∼100 GHz 帯の大電力ミリ波を発生する発振管。 gyrotron

815-07-33 

シンクロトロン

時間とともに変動する磁界で一定の軌道半径をもた
せる粒子加速器。

synchrotron

815-07-34 

シンクロトロン放 
  射光装置

荷電粒子を横方向に加速することによって高エネル
ギー偏向放射光を発生する装置で,通常は電子が閉

じた環状軌道を運動するもの。

synchrotron radiation

facility


29

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-07-35 

核磁気共鳴   
  (NMR)  装置, 
NMR

装置

RF

電磁波の照射によって引き起こされる磁界中の

原子核の磁気モーメントの共鳴歳差運動に伴う電磁
波の吸収によって物質の原子配列,及び電子構造を
解明する装置。

nuclear magnetic

resonance apparatus

NMR apparatus

  (abbreviation)

815-07-36 

磁気共鳴イメージ 
  ング装置, 
MRI

装置

均一磁界中の生体組織内での原子,一般的には,水
素原子の核磁気共鳴を測定することによって医用の

画像を得る装置。

magnetic resonance

imaging apparatus

MRI apparatus

備考 MRI は NMR の原理に基づく可視化装置。    (abbreviation)

815-07-37 

超電導高こう配磁 
  気分離, 
超電導 HGMS

超電導マグネットを用いて発生した高こう配磁界に

よって,異なる帯磁率の常磁性又は強磁性のコロイ
ド化する大きさまでの粒子を相互に分離する技術。

参考  スチールウールなどの強磁性体を用いた

高こう配磁界を用いず,超電導磁石によ
る通常の磁界こう配を利用して強磁性粒
子,又は強磁性を着磁した粒子を分離す

る技術を超電導磁気分離ということがあ
る。

superconducting high

gradient magnetic

separation

superconducting HGMS

  (abbreviation)

815-07-38 

フラックスポンプ

超電導閉回路に大電流を流すための特別な形式の電
流源で,超電導マグネットの励磁などを目的にして
使用されるもの。

flux pump

815-07-39 

クライオトロン

超電導転移の磁界依存性を利用して,継電器又は増
幅器を作動させる装置。

cryotron

815-07-40 

永久電流スイッチ   
  (PCS)

超電導回路の開閉に用いる熱的,光学的又は磁気的
に制御する超電導材料で作ったスイッチ。

persistent current switch

PCS (abbreviation)

参考  超電導マグネット及び超電導デバイスに

おける超電導体で成り立つ電流ループに
おいて電導閉回路を永久電流モードにす
るために,電源部から切り離すときに用

いるスイッチで機械的に制御するものも
ある。

815-07-41 

超電導磁気シール 
  ド

超電導材料又は巻線を用いて対象物を外部磁界から

遮へい(蔽)する技術。

superconducting

magnetic shielding

815-07-42 

超電導トランジス 
  タ

従来のトランジスタと同じ機能をもつ,超電導体を

用いた 3 端子素子。

superconducting

transistor

815-07-43 

超電導記憶素子

超電導永久電流を利用して,ディジタル化された情
報を蓄積する記憶素子。

superconducting memory

815-07-44 

超電導トンネル接 
  合ミキサ, 
SIS

ミキサ

トンネル接合の非直線性を利用した超電導受信器。 superconductor-insulator

-superconductor

mixer

SIS mixer (abbreviation)

815-07-45 

単一磁束量子デバ

イス,

SFQ

デバイス

単一磁束量子を移動することによって情報化する超

電導ディジタル回路。

single flux quantum

device

SFQ device

(abbreviation)

815-07-46 

超電導量子干渉

計,

SQUID

ジョセフソン接合を 1 又は複数含む超電導閉電気回
路。

備考 SQUID は生体磁気測定及び非破壊検査に

利用される超高感度磁界センサ。

superconducting

quantum interference

device

SQUID (abbreviation)


30

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-07-47 

ジョセフソン電圧 
  標準

準交流ジョセフソン効果によって発生する量子化電

圧,V=  (h/2e)  nfはプランク定数,は電子の電
荷,は整数,は照射した電磁波の周波数)を利用
して作られる電圧標準。

Josephson voltage

standard

815-07-48 

磁気ベアリング

磁気吸引力又は磁気反発力を利用して機械的な接触
がない状態で物体を保持できるベアリング。

magnetic bearing

815-07-49

 (New) 

マイクロ波共振器 
 

超電導体を用いたマイクロ波用共振器。

参考  超電導体のマイクロ波に対する表面抵抗

が極めて小さいため,大きな 値の共振

器となる。表面抵抗は標準二共振法で測
定する。

microwave resonator

(New) 

815-07-50

 (New) 

超電導(バンドパ 
  ス)フィルター 
 

超電導体を用いた(バンドパス)フィルター。

参考  超電導フィルターでは挿入損失がほとん

どないため,多段のフィルターを使用可

能であり,波長選択特性が鋭く挿入損失
が小さい(バンドパス)フィルターとな
る。

superconducting

(band-pass) filter

(New) 

815-07-51

 (New) 

超電導アンテナ 
 

超電導体を用いたアンテナ。 superconducting

antenna

(New) 

815-07-52

 (New) 

超電導遅延線路 
 

超電導体を用いた遅延線路。

参考  超電導体での高周波損失が小さいため,

挿入損失が小さい遅延線路となる。

superconducting delay

line

(New) 

815-07-54

 (New) 

転移端ボロメータ 
  (転移端センサ) 
 

超電導転移付近での電気抵抗の急激な変化を利用し
た高感度温度計と電磁波・電子線との吸収体を組み
合わせた高感度電磁波(電子線)センサ。

transition-edge

bolometer

(transition-edge

sensor)(New)

815-07-55

 (New) 

超電導トンネル接 
  合放射線検出器 
 

超電導体内で X 線などの放射線の吸収によって発生

する準粒子の増加分を超電導ジョセフソン接合を使
って検出する装置。

参考  半導体放射線検出器より高いエネルギー

分解能をもつ。

superconducting tunnel

junction radiation

detectors

(New) 

815-07-56

 (New) 

高磁界単結晶引き 
  上げ装置 
 

半導体などの単結晶を引き上げ法で作成する装置に
おいて,溶融状態の原料に高磁界を印加し,対流を

抑制することによって高品質単結晶を作成する装
置。

参考  磁界の溶融材料への印加方法には種々の

方法がある。

high magnetic field

single crystal growther

(New) 

3.8 

試験及び評価方法

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-08-01 

自然ひずみ 
(記号:

ε

e

),

対数ひずみ

引張試験において変形前後の試料長さをそれぞれ

l

0

としたときの

ε

e

=ln (l/l

0

)

で定義されるひずみ。

natural (logarithmic)

strain

(symbol

ε

e

)

815-08-02 

公称ひずみ 
(記号:

ε

),

工学ひずみ

引張試験において変形前後の試料長さをそれぞれ

l

0

としたときの

ε

=100 [(l

l

0

) /l

0

]

で定義されるパ

ーセントで表すひずみ。

nominal (engineering)

strain

(symbol

ε

)


31

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-08-03 

曲げひずみ 
(記号:

ε

b

r

を試料厚さの半分,は曲げ半径として

ε

b

=100r/R

で定義され,単純曲げによって生じるパーセントで
表すひずみ。

bending strain

(symbol

ε

b

)

815-08-04 

最大曲げひずみ

超電導体を曲げたとき臨界電流 I

c

の変化が可逆であ

る最大ひずみ。

maximum bending strain

815-08-05 

セレーション

引張試験又は圧縮試験において,応力−ひずみ曲線

に表れるのこ(鋸)歯状パターン。

serration

参考1.  合金の引張試験にみられ,ひずみ速度,

試験温度,材質に依存する。例えば,
析出物などによって運動を阻止されて
いた転位が熱活性的に急速に解放され

ることによって発生する。

2. 

液体ヘリウム温度での引張試験では,
ほとんどの金属で発生がみられ,この

場合は比熱の低下による断熱的な変形
が原因しているといわれている。

815-08-06 

応力拡大係数

ノッチ先端の応力集中の強さを表すパラメータ。

stress intensity factor

参考  応力拡大係数 は K

σ

πa)

1/2

で定義さ

れる。ここに,

σ

 

は応力,a はき裂の長さ

の 1/2 である。

815-08-07 

破壊じん性値

不安定破壊(ぜい性破壊)が発生するときの応力拡
大係数の臨界値。

fracture toughness

参考  き裂が単位面積だけ進展するときに解放

されるエネルギーが,き裂の新しい破面
をつくるために必要な仕事を超えるとき

破壊の発生が始まるとする Griffith の破壊
条件を基礎にしており,通常は応力拡大
係数 が破壊じん性値を超えてぜい性破

壊が始まる。

815-08-08 

コンプライアンス 
  法

外部応力負荷のもとで進展したき裂長さを,繰り返
し行う除荷状態で試験片のコンプライアンスを測定

して求め,破壊じん性値を決める方法。

compliance method

備考  破壊じん性値は,クラック進展長さと解

放されたエネルギー又は応力拡大係数と

の関係を用いて決められる。

815-08-09 

S - N

曲線

疲労試験で試験片を破壊させるために必要な繰返し
応力 と繰返し数 との関係を示す曲線。

N curve

815-08-10 

電気抵抗法

温度,電流及び磁界強度の関数として電気抵抗変化
を測定することによって超電導の輸送特性を評価す

る方法。

electrical resistance

method

備考  接触ポテンシャル及び接触抵抗の影響を

除去するため,2 本の電圧リードと 2 本の
電流リードとを用いる 4 端子法が推奨さ
れる。

815-08-11 

磁化率 
  (記号:

χ)

磁界強度 と磁化 との関係 M

χを表す磁気定

χで,スカラー又はテンソル量。

magnetic susceptibility

(symbol

χ)

備考  磁化率は等方的な媒質ではスカラーであ

り,異方的な媒質ではテンソルである。


32

H 7005

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

815-08-12 

直流磁化率法

検出コイルに鎖交した磁束を測定することによって

磁化率を決める方法。

DC susceptibility

method

備考  正確な鎖交磁束の検出には振動試料磁束

計  (VSM) 又 は 超 電 導 量 子 干 渉 計

(SQUID)

を利用する。

815-08-13 

交流磁化率

交流磁化をフーリエ級数で表したときの係数。 AC

susceptibility

備考  h

0

cos

ω

t

で表される交流磁界のもとでの交

流磁化 M (t)  を

{

}

å

=

χ

+

χ

=

0

0

)

sin(

'

'

)

cos(

'

)

(

n

n

n

t

n

t

n

h

t

M

ω

ω

のようにフーリエ級数で表したときの

χ'

n

χ''

n

で,これらはそれぞれ交流磁化率

の実数及び虚数部分である。超電導転移
の観測には基本成分  (n=1)  係数

χ'

1

χ''

1

がよく用いられる。交流損失エネルギー
密度 は W

π

µ

0

h

0

2

χ''

n

で与えられる。

815-08-14 

交流磁化率法

試料に低周波(数ヘルツから数キロヘルツ)

,小振幅

(1mT 程度)の交流磁界を印加したときの磁束を検
出コイルで測定して交流磁化率を決定する方法。

AC susceptibility

method

備考  臨界電流密度と不可逆曲線とが求められ

る。

815-08-15 

磁化法による交流 
  損失測定

磁化曲線のループの面積からその材料の交流損失を
求める方法。

参考1.  超電導材料では,外部変動磁界を数種

類選択することによって,ヒステリシ
ス損失,結合損失などを分離して求め

ることができる。

2.

 VSM

SOUID

などのマグネトメータ

(磁

力計)を用いるマグネトメータ法(磁

力計法)と,検出コイルを用いるピッ
クアップコイル法とがある。 

magnetization method

for AC loss

815-08-16 

熱量法による交流 
  損失測定

試料に交流磁界を印加したり交流電流を流したと
き,試料中に発生した熱を測定して交流損失を求め
る方法。

備考  超電導材料の場合、試料は通常液体ヘリ

ウムに浸されており、蒸発した液体ヘリ
ウム量は侵入熱の計算に用いる。蒸発し

た液体ヘリウムはガス流量計や液体ヘリ
ウム液面計によって測定する。

calorimetric method for

AC loss


33

H 7005

:2005

五十音順索引

[ア]

I

c

基準  I

c

 criterion

…………

815-03-02

RRR

  residual resistance ratio

…………

815-04-64

アスペクト比  aspect ratio

…………

815-04-51

圧縮型より線導体  compact stranded conductor

…………

815-04-16

圧縮型円形ケーブル  compact round cable

…………

815-04-12

安定化  stabilization

…………

815-06-18

安定化材  stabilizer

…………

815-03-12

安定化超電導線  stabilized superconducting wire

…………

815-04-25

[イ]

インサイチュー法  in-situ process

…………

815-05-14

インシチュー法  in-situ process

………… ·  815-05-14

[ウ]

渦糸  vortex

…………

815-01-16

渦糸格子  vortex lattice

…………

815-01-17

渦電流  eddy currents

…………

815-04-53

渦電流損失  eddy current loss

…………

815-04-56

[エ]

A-15

(化合物)超電導体  A-15 (compound) superconductor

…………

815-02-13

MHD

(電磁流体)発電  magneto hydrodynamic (MHD) generation

…………

815-07-26

MLI  multilayer insulation

…………

815-06-15 

MRI

装置  MRI apparatus

…………

815-07-36

NMR

装置  NMR apparatus

…………

815-07-35

n-

値(超電導体の)  n-value( of a superconductor)

…………

815-03-10

n

型銅酸化物超電導体  n-type copper-oxide (cuprate) superconductor

…………

815-02-10

N

曲線  N curve

…………

815-08-09

S/D

spacing to diameter ratio

…………

815-04-38

SFQ

デバイス  SFQ device

…………

815-07-45

SIS

ミキサ  SIS mixer

…………

815-07-44

エクスシチュー法  ex-situ process

…………

815-05-15

永久電流  persistent current

…………

815-01-13

永久電流スイッチ (PCS)   persistent current switch (PCS)

…………

815-07-40

[オ]

(超電導)オーダー・パラメータ    (superconducting) order parameter.

…………

815-01-30

応力拡大係数  stress intensity factor

…………

815-08-06

応力効果  stress effect

…………

815-03-14

押出し  extrusion

…………

815-05-05

[カ]

下部臨界磁界  lower critical (magnetic) field strength

…………

815-01-23

化学蒸着 (CVD) 法  chemical vapor deposition (CVD) process

…………

815-05-12

化合物超電導体  compound superconductor

…………

815-02-03

か焼  calcination, calcining

…………

815-05-25

回復電流  recovery current

…………

815-03-13

外部拡散法  external diffusion process

…………

815-05-17

外部抵抗  external resistor

…………

815-06-38

拡散障壁  diffusion barrier

…………

815-04-45

核磁気共鳴 (NMR) 装置  nuclear magnetic resonance apparatus

…………

815-07-35


34

H 7005

:2005

核沸騰  nucleate boiling

…………

815-06-08

核融合発電  nuclear fusion generation

…………

815-07-25

完全安定化  full stabilization

…………

815-06-19

完全反磁性  perfect diamagnetism

…………

815-01-01

管状導体  tubular conductor

…………

815-04-11

間隔対直径比  spacing to diameter ratio

…………

815-04-38

含浸コイル  impregnated coil

…………

815-07-15

[キ]

きれいな超電導体  clean superconductor

…………

815-01-35

キーストーン型より線導体  keystone stranded conductor

…………

815-04-17

キムモデル  Kim model

…………

815-03-08

ギンツブルグ−ランダウ・パラメータ  Ginzburg−Landau parameter

…………

815-01-34

ギンツブルグ−ランダウ理論  Ginzburg−Landau theory

…………

815-01-29

共沈法  coprecipitation process

…………

815-05-29

強制冷却超電導線  force-cooled superconducting wire

…………

815-04-27

近接結合電流  proximity coupling current

…………

815-04-58

(超電導)近接効果    (superconducting) proximity effect

…………

815-01-42

[ク]

くら(鞍)型コイル  saddle coil

…………

815-07-08

クアドラポールマグネット  quadrupole magnet

…………

815-07-11

クーパー対  Cooper pair

…………

815-01-26

クエンチ  quench

…………

815-03-11

クエンチ検出器  quench detector

…………

815-06-51 (New) 

クライオスタット  cryostat

…………

815-06-50

クライオトロン  cryotron

…………

815-07-39

クレーマー則  Kramer's law

…………

815-03-27

グレーディング  grading

…………

815-06-37

[ケ]

ケーブル(超電導関連技術)  cable(in superconductivity-related technology)

…………

815-04-04

ケーブル・イン・コンジット導体  cable-in-conduit conductor

…………

815-04-20

(フィラメント)結合時定数    (filament) coupling time constant

…………

815-04-60

(フィラメント間)結合(電流)損失    (filament) coupling (current) loss

…………

815-04-59

結合電流  coupling current

…………

815-04-57

結合二次コイル  coupled secondary coil

…………

815-06-39

[コ]

コイル  coil

…………

815-07-01

コーナーR(面取半径)  corner radius

…………

815-04-52

コヒーレンス長  coherence length

…………

815-01-32

コンプライアンス法  compliance method

…………

815-08-08

高温超電導体  high temperature superconductor, high-T

c

 superconductor

…………

815-02-11

工学ひずみ  nominal (engineering) strain

…………

815-08-02

合金超電導体  alloy superconductor

…………

815-02-02

公称ひずみ  nominal (engineering) strain

…………

815-08-02

高磁界単結晶引き上げ装置  high magnetic field single crystal growther

…………

815-07-56 (New) 

交流磁化率  AC susceptibility

…………

815-08-13

交流磁化率法  AC susceptibility method

…………

815-08-14

交流ジョセフソン効果  AC Josephson effect

…………

815-01-39

交流損失  AC loss

…………

815-04-54

交流超電導線  AC superconducting wire

…………

815-04-37

小型冷凍機  compact cryocooler

…………

815-06-53 (New) 

極低温冷凍  cryogenic refrigeration

…………

815-06-01

混合状態  mixed state

…………

815-01-18

(複合超電導導体の)混合母材  mixed matrix (of a composite superconductor)

…………

815-04-40


35

H 7005

:2005

[サ]

サイクロトロン  cyclotron

…………

815-07-31

最小伝ぱ(播)領域 (MPZ) 基準  minimum propagation zone (MPZ) criterion

…………

815-06-31

最大曲げひずみ  maximum bending strain

…………

815-08-04

酸化物超電導体  oxide superconductor

…………

815-02-05

三層構造超電導線  three-component superconducting wire

…………

815-04-33

残留ガス  residual gas

…………

815-06-12

残留ガス熱伝達  residual gas heat transfer

…………

815-06-13

残留磁束  residual flux

…………

815-03-28

残留抵抗比  residual resistance ratio

…………

815-04-64

残留抵抗率  residual resistivity

…………

815-04-63

残留比抵抗  residual resistivity

…………

815-04-63

[シ]

CuO

2

面(CuO

2

シート)CuO

2

 sheet

, CuO

2

 plane

, CuO

2

 layer

…………

815-02-07

G-L

パラメータ  G-L parameter

…………

815-01-34

シース  sheath

…………

815-04-47

シェブレル相(化合物)超電導体  Chevrel phase (compound) superconductor

…………

815-02-16

シムコイル  shim coil

…………

815-07-14

シンクロトロン  synchrotron

…………

815-07-33

シンクロトロン放射光装置  synchrotron radiation facility

…………

815-07-34

ジェリーロール法  jelly roll process

…………

815-05-21

ジャイロトロン  gyrotron

…………

815-07-32

ジュール発熱  Joule heating

…………

815-06-40

ジョセフソン接合  Josephson junction

…………

815-01-37

ジョセフソン電圧標準  Josephson voltage standard

…………

815-07-47

磁化法による交流損失測定  magnetization method for AC loss

…………

815-08-15

磁化率  magnetic susceptibility

…………

815-08-11

磁化臨界電流密度  magnetization critical current density

…………

815-03-09

磁気拡散時定数  magnetic diffusion time constan

…………

815-06-23

磁気拡散率  magnetic diffusivity

…………

815-06-22

磁気ベアリング  magnetic bearing

…………

815-07-48

磁気共鳴イメージング装置  magnetic resonance imaging apparatus

…………

815-07-36

磁束の排除  flux expulsion

…………

815-01-11

磁束クリープ  flux creep

…………

815-03-20

磁束ピンニング  flux pinning

…………

815-03-19

磁束フロー  flux flow

…………

815-03-21

磁束線  flux line

…………

815-01-16

磁束線格子  flux line lattice

…………

815-01-17

磁束量子  flux quantum

…………

815-01-14

自然ひずみ  natural (logarithmic) strain

…………

815-08-01

湿式巻線法  wet winding

…………

815-06-44

集合組織制御  texture control

…………

815-05-23

焼結  sintering

…………

815-05-27

照射効果  irradiation effect

…………

815-03-15

上部臨界磁界  upper critical (magnetic) field strength

…………

815-01-24

常電導域伝ぱ(播)速度  normal zone propagation velocity

…………

815-06-29

常電導状態  normal (conducting) state

…………

815-01-07

浸し(漬)沸騰(冷却)  pool boiling (cooling)

…………

815-06-05

真空含浸  vacuum impregnation

…………

815-06-43

真空断熱  vacuum insulation

…………

815-06-14

浸透法  infiltration process

…………

815-05-20

(ロンドンの)(磁界)侵入深さ    (London) penetration depth

…………

815-01-33

[ス]

スェージング  swaging

…………

815-05-02

SQUID

  superconducting quantum interference device

…………

815-07-46

ステックレーの安定化基準  Stekley’s stability criterion

…………

815-06-26


36

H 7005

:2005

スプリットペアコイル  split pair coil

…………

815-07-06

スプレイパイロリシス法  spray pyrolysis process

…………

815-05-31

スペーサー  spacer

…………

815-06-46

[セ]

セレーション  serration

…………

815-08-05

積層断熱  multilayer insulation

…………

815-06-15

絶縁材料  insulation

…………

815-06-45

絶縁超電導線  insulated superconducting wire

…………

815-04-26

線(超電導関連技術)  wire(in superconductivity-related technology)

…………

815-04-01

前駆体  precursor

…………

815-05-26

[ソ]

ソレノイド(コイル)  solenoid (coil)

…………

815-07-04

ゾル・ゲル法  sol-gel process

…………

815-05-28

双極マグネット  dipole magnet

…………

815-07-10

素線(超電導関連技術)  strand(in superconductivity-related technology)

…………

815-04-07

[タ]

ダイポールマグネット  dipole magnet

…………

815-07-10

対数ひずみ  natural (logarithmic) strain

…………

815-08-01

対流冷却  convection cooling

…………

815-06-07

第一種超電導体  type I superconductor

…………

815-01-22

第二種超電導体  type II superconductor

…………

815-01-25

多心超電導線  multi-filamentary superconducting wire

…………

815-04-31

単一磁束量子デバイス  single flux quantum device

…………

815-07-45

単心(超電導)線  single core (superconducting) wire

…………

815-04-30

断熱安定化  adiabatic stabilization

…………

815-06-20

断熱温度上昇  adiabatic temperature rise

…………

815-06-34

[チ]

チューブ法  tube process

…………

815-05-18

中間状態  intermediate state

…………

815-01-19

中間熱処理  intermediate heat treatment

…………

815-05-08

中空導体  hollow conductor

…………

815-04-10

超電導  superconductivity

…………

815-01-02

超電導 HGMS superconducting HGMS

…………

815-07-37

超電導の  superconducting

…………

815-01-03

超電導アンテナ  superconducting antena

…………

815-07-51 (New) 

超電導エネルギー・ギャップ  superconducting energy gap

…………

815-01-28

超電導キャビティ(超電導空洞共振器)  superconducting cavity

…………

815-07-29

超電導ケーブル  superconducting cable

…………

815-04-24

超電導遅延線路  superconducting delay line

…………

815-07-52 (New) 

超電導トランジスタ  superconducting transistor

…………

815-07-42

超電導トンネル接合ミキサ  superconductor-insulator-superconductor mixer

…………

815-07-44

超 電 導 ト ン ネ ル 接 合 放 射 線 検 出 器   superconducting tunnel junction radiation

detectors)

…………

815-07-55 (New) 

超電導フィラメント  superconducting filament

…………

815-04-22

超電導(バンドパス)フィルター  superconducting (band-pass) filter

…………

815-07-50 (New) 

超電導膜  superconducting film

…………

815-04-29 

超電導マグネット  superconducting magnet

…………

815-07-03

超電導(電動)モータ  superconducting (electric) motor

…………

815-07-18

超電導モノリス  superconducting monolith

…………

815-04-32

超電導記憶素子  superconducting memory

…………

815-07-43

超電導凝縮エネルギー  superconducting condensation energy

…………

815-01-20

超電導元素  superconducting element

…………

815-02-01

超電導限流器  superconducting fault current limiter

…………

815-07-23

超電導高こう配磁気分離  superconducting high gradient magnetic separation

…………

815-07-37


37

H 7005

:2005

超電導磁気エネルギー貯蔵 (SMES)  superconducting magnetic energy storage

(SMES)

…………

815-07-24

超電導磁気シールド  superconducting magnetic shielding

…………

815-07-41

超電導磁気浮上列車  superconducting magnetically levitated train

…………

815-07-27

超電導状態  superconducting state

…………

815-01-05

超電導性の  superconductive

…………

815-01-04

超電導線  superconducting wire

…………

815-04-23

超電導体  superconductor

…………

815-01-06

超電導体の体積百分率  volume percent of superconductor

…………

815-04-44

超電導通信ケーブル  superconducting communication cable

…………

815-07-21

超電導転移  superconducting transition

…………

815-01-08

超電導電力ケーブル  superconducting power cable

…………

815-07-20

超電導発電機  superconducting generator

…………

815-07-19

超電導変圧器  superconducting transformer

…………

815-07-22

超電導粒子加速器  superconducting particle accelerator

…………

815-07-28

超電導量子干渉計  superconducting quantum interference device

…………

815-07-46

超流動ヘリウム  superfluid helium

…………

815-06-17

超臨界ヘリウム  supercritical helium

…………

815-06-16

直流ジョセフソン効果  DC Josephson effect

…………

815-01-38

直流磁化率法  DC susceptibility method

…………

815-08-12

直流超電導線  DC superconducting wire

…………

815-04-35

[ツ]

ツイスト(ねじり)  twist

…………

815-04-48

ツイストピッチ  twist pitch

…………

815-04-49

ツイストピッチ長  twist pitch length

…………

815-04-49

ツイスト加工  twisting

…………

815-05-06

ツイスト超電導線  twisted superconducting wire

…………

815-04-34

通電臨界電流密度  transport critical current density

…………

815-03-04

[テ]

テープ導体  tape conductor

…………

815-04-09

デグラデーション  degradation

…………

815-06-49

低温超電導体  low temperature superconductor, low-T

c

 superconductor

…………

815-02-12

転位長  transposition (pitch) length

…………

815-04-50

転移端ボロメータ(転移端センサ)  transition-edge bolometer (transition-edge

sensor)

…………

815-07-54 (New) 

電気抵抗法  resistance method

…………

815-08-10

伝導冷却  conduction cooling

…………

815-06-06

電流リード(パワーリード)  current lead

…………

815-06-47

[ト]

トレーニング効果  training effect

…………

815-06-48

トロイダルコイル  toroidal coil

…………

815-07-12

同位元素効果  isotope effect

…………

815-01-40

凍結乾燥法  freeze-drying process

…………

815-05-32

導体(超電導関連技術)  conductor( in superconductivity-related technology)

…………

815-04-02

動的安定化  dynamic stabilization

…………

815-06-21

同心編みケーブル  concentric lay cable

…………

815-04-05

等面積法則  equal area theorem

…………

815-06-28

銅酸化物超電導体  copper-oxide (cuprate) superconductor

…………

815-02-08

銅対超電導体(体積)比  copper to superconductor (volume) ratio

…………

815-04-42

銅対非銅部(体積)比  copper to non-copper (volume) ratio

…………

815-04-43

銅比  copper to superconductor (volume) ratio

…………

815-04-42

[ナ]

内部すず法  internal tin process

…………

815-05-19

長手方向伝ぱ(播)  longitudinal propagation

…………

815-06-32


38

H 7005

:2005

[ネ]

熱拡散時定数  thermal diffusion time constant

…………

815-06-24

熱伝達  heat transfer

…………

815-06-04

熱暴走  thermal runaway

…………

815-06-30

熱量法による交流損失測定  calorimetric method for AC loss

…………

815-08-16

[ハ]

ハイブリッドコイル  hybrid coil

…………

815-07-17

ハイブリッドマグネット  hybrid magnet

…………

815-07-17

バルク・ピン力  bulk pinning force

…………

815-03-25

パルスマグネット  pulsed magnet

…………

815-07-16

パルス電流超電導線  pulsed-current superconducting wire

…………

815-04-36

パンケーキコイル  pancake coil

…………

815-07-05

破壊じん性値  fracture toughness

…………

815-08-07

バルク超電導体

  bulk superconductor

…………

815-04-65 (New) 

薄膜導体(被覆導体)coated conductor

…………

815-04-66 (New) 

[ヒ]

B-1

(化合物)超電導体  B-1 (compound) superconductor

…………

815-02-14

BCS

コヒーレンス長  BCS coherence length

…………

815-01-31

BCS

理論  BCS theory

…………

815-01-27

p

型銅酸化物超電導体  p-type copper-oxide (cuprate) superconductor

…………

815-02-09

ひずみ効果  strain effect

…………

815-03-14

ビーンモデル  Bean model

…………

815-03-07

ビーン−ロンドンモデル  Bean−London model

…………

815-03-07

ヒステリシス損失  hysteresis loss

…………

815-04-55

ビレット  billet

…………

815-05-04

ピン  pin

…………

815-03-18

ピン止め点  pinning site

…………

815-03-18

ピンニング・センタ  pinning center

…………

815-03-18

ピン力  pinning force

…………

815-03-23

ピン力密度  pinning force density

…………

815-03-25

ピン力密度のスケール則  scaling law of pinning force density

…………

815-03-26

引抜き  drawing

…………

815-05-01

表面インピーダンス  surface impedance

…………

815-04-62

表面バリヤ  surface barrier

…………

815-03-17

表面ピンニング  surface pinning

…………

815-03-29

表面拡散法  surface diffusion process

…………

815-05-09

表面超電導  surface superconductivity

…………

815-0l-41

[フ]

フラーレン(化合物)超電導体  fullerene (compound) superconductor

…………

815-02-17

フラクソイド  fluxoid

…………

815-01-15

フラクソン  fluxon

…………

815-01-16

フラクソン格子  fluxon lattice

…………

815-01-17

フラックス・ジャンプ  flux jump

…………

815-03-22

フラックスポンプ  flux pump

…………

815-07-38

ブロンズ法  bronze process

…………

815-05-11

プラズマスプレー法  plasma spray process

…………

815-05-33

不可逆曲線  irreversibility line

…………

815-03-30

複合加工法  composite fabrication process

…………

815-05-10

複合超電導導体  composite superconductor

…………

815-04-21

複合導体  composite conductor

…………

815-04-03

物理蒸着 (PVD) 法  physical vapor deposition (PVD) process

…………

815-05-13

分割法  sectioning

…………

815-06-36

分流  current sharing

…………

815-06-25

噴霧乾燥法  spray drying process

…………

815-05-30


39

H 7005

:2005

粉末や(冶)金法  powder metallurgy process

…………

815-05-16

[ヘ]

ヘリウム II  He II

…………

815-06-17

ヘルムホルツコイル  Helmholtz coil

…………

815-07-07

ペロブスカイト(化合物)超電導体  Perovskite (compound) superconductor

…………

815-02-06

編組線(超電導関連技術)  braid( in superconductivity-related technology)

…………

815-04-06

編組導体  braided conductor

…………

815-04-19

偏流  non-uniform current

…………

815-06-54 (New) 

[ホ]

ポロイダルコイル  poloidal coil

…………

815-07-13

保護回路  protection circuit

…………

815-06-35

補強材  reinforcing member

…………

815-04-46

補強超電導線  reinforced superconducting wire

…………

815-04-28

捕そく(捉)磁束  trapped flux, residual flux

…………

815-03-28 

(複合超電導導体の)母材  matrix (of composite superconductor)

…………

815-04-39

母材対超電導体(体積)比  matrix to superconductor (volume) ratio

…………

815-04-41

放射遮へい(蔽)体(シールド)  radiation shield

…………

815-06-11

放射冷却  radiation cooling

…………

815-06-10

ほう(硼)炭化物超電導体  boron carbide superconductor

…………

815-02-18

[マ]

マイクロ波共振器  microwave resonator

…………

815-07-49 (New) 

マイスナー効果  Meissner effect

…………

815-01-12

マイスナー状態  Meissner state

…………

815-01-10

マグネット  magnet

…………

815-07-02

マドックの安定化基準  Maddock’s stability criterion

…………

815-06-27

曲げひずみ  bending strain

…………

815-08-03

膜沸騰  film boiling

…………

815-06-09

  マグネシウムほう(硼)化物超電導体(二ほう(硼)化マグネシウム超電導体)

magnesium boride superconductor (magnesium diboride superconductor)

…………

815-02-19 (New) 

[ム]

無心ケーブル  coreless cable

…………

815-04-08

[モ]

モノリシック超電導線  monolithic superconducting wire

…………

815-04-32

[ユ]

輸送臨界電流密度  transport critical current density

…………

815-03-04

有機物超電導体  organic superconductor

…………

815-02-04

有効フィラメント径  effective filament diameter

…………

815-04-61

有心ケーブル  core cable

…………

815-04-13

[ヨ]

よりピッチ長  stranding pitch length

…………

815-04-50

より線加工  stranding

…………

815-05-07

より線導 体(超電 導関連 技術 )  stranded conductor( in superconductivity-related

technology)

…………

815-04-15

汚れた超電導体  dirty superconductor

…………

815-01-36

横方向伝ぱ(播)(線間伝ぱ)  transverse propagation

…………

815-06-33

四極マグネット  quadrupole magnet

…………

815-07-11

溶融凝固法  melt-textured growth process

…………

815-05-22

溶融法  melt process

…………

815-05-24

要素的ピン力  elementary pinning force

…………

815-03-24

[ラ]

ラーベス相(化合物)超電導体  Laves phase (compound) superconductor

…………

815-02-15


40

H 7005

:2005

ラザフォードケーブル  Rutherford cable

…………

815-04-18

[リ]

リアクト・アンド・ワインド法  react and wind technique

…………

815-06-42

リッツケーブル  litz cable

…………

815-04-14

粒子検出器  particle detector

…………

815-07-30

臨界温度  critical temperature

…………

815-01-09

臨界磁界  critical (magnetic) field strength

…………

815-01-21

臨界状態モデル  critical state model

…………

815-03-06

臨界電流  critical current

…………

815-03-01

臨界電流基準  critical current criterion

…………

815-03-02

臨界電流密度 critical current density

…………

815-03-03

臨界面  critical surface

…………

815-03-05

粒界弱結合

  grain boundary weak link

…………

815-03-01 (New) 

[レ]

レーストラックコイル  race track coil

…………

815-07-09

冷間加工  cold work

…………

815-05-03

冷却チャンネル  cooling channel

…………

815-06-03

冷凍機  cryocooler

…………

815-06-02

冷凍機冷却超電導マグネット(無冷媒超電導マグネット)(伝導冷却型超電導マ
グネット)(直冷式超電導マグネット)cryocooler-cooled superconducting magnet 
(cryogen-free superconducting magnet) (conduction cooled superconducting magnet) 
(directly cooled superconducting magnet)

…………

815-06-51 (New)

[ロ]

ローレンツ力(フラクソンに作用する)  Lorentz force (on fluxons)

…………

815-03-16

[ワ]

ワインド・アンド・リアクト法  wind and react technique

…………

815-06-41


41

H 7005

:2005

アルファベット順索引

[A]

A-15 (compound) superconductor

  A - 15(化合物)超電導体

…………

815-02-13

AC Josephson effect

  交流ジョセフソン効果

…………

815-01-39

AC loss

  交流損失

…………

815-04-54

AC superconducting wire

  交流超電導線

…………

815-04-37

AC susceptibility

  交流磁化率

…………

815-08-13

AC susceptibility method

  交流磁化率法

…………

815-08-14

adiabatic stabilization

  断熱安定化

…………

815-06-20

adiabatic temperature rise

  断熱温度上昇

…………

815-06-34

alloy superconductor

  合金超電導体

…………

815-02-02

aspect ratio

  アスペクト比

…………

815-04-51

[B]

B-1 (compound) superconductor

  B - 1(化合物)超電導体

…………

815-02-14

BCS coherence length

  BCS コヒーレンス長

…………

815-01-31

BCS theory

  BCS 理論

…………

815-01-27

Bean

−London model  ビーン−ロンドンモデル

…………

815-03-07

Bean model

  ビーンモデル

…………

815-03-07

bending strain

  曲げひずみ

…………

815-08-03

billet

  ビレット

…………

815-05-04

boron carbide superconductor

  ほう(硼)炭化物超電導体

…………

815-02-18

braid(in superconductivity-related technology)

  編組線(超電導関連技術)

…………

815-04-06

braided conductor

  編組導体

…………

815-04-19

bronze process

  ブロンズ法

…………

815-05-11

bulk pinning force

  バルク・ピン力

…………

815-03-25

bulk superconductor (bulk superconductor magnet)

バルク超電導体

…………

815-04-65 (New) 

[C]

cable(in superconductivity-related technology)

  ケーブル(超電導関連技術)

…………

815-04-04

cable-in-conduit conductor

  ケーブル・イン・コンジット導体

…………

815-04-20

calcination

  か焼

…………

815-05-25

calcining

  か焼

…………

815-05-25

calorimetric method for AC loss

  熱量法による交流損失測定

…………

815-08-16

chemical vapor deposition (CVD) process

  化学蒸着 (CVD) 法

…………

815-05-12

Chevrel phase (compound) superconductor

  シェブレル相(化合物)超電導体

…………

815-02-16

clean superconductor

  きれいな超電導体

…………

815-01-35

coated conductor

薄膜導体(被覆導体)

…………

815-04-66 (New) 

coherence length

  コヒーレンス長

…………

815-01-32

coil

  コイル

…………

815-07-01

cold work

  冷間加工

…………

815-05-03

compact cryocooler

小型冷凍機

…………

815-06-53 (New) 

compact round cable

  圧縮型円形ケーブル

…………

815-04-12

compact stranded conductor

  圧縮型より線導体

…………

815-04-16

compliance method

  コンプライアンス法

…………

815-08-08

composite conductor

  複合導体

…………

815-04-03

composite fabrication process

  複合加工法

…………

815-05-10

composite superconductor

  複合超電導導体

…………

815-04-21

compound superconductor

  化合物超電導体

…………

815-02-03

concentric lay cable

  同心編みケーブル

…………

815-04-05

conduction cooling

  伝導冷却

…………

815-06-06

conductor(in superconductivity-related technology)

  導体(超電導関連技術)

…………

815-04-02

convection cooling

  対流冷却

…………

815-06-07 


42

H 7005

:2005

cooling channel

  冷却チャンネル

…………

815-06-03

copper-oxide (cuprate) superconductor

  銅酸化物超電導体

…………

815-02-08

Cooper pair

  クーパー対

…………

815-01-26

copper to non-copper (volume) ratio

  銅対非銅部(体積)比

…………

815-04-43

copper to superconductor (volume) ratio

  銅対超電導体(体積)比,銅比

…………

815-04-42

coprecipitation process

  共沈法

…………

815-05-29

core cable

  有心ケーブル

…………

815-04-13

coreless cable

  無心ケーブル

…………

815-04-08

corner radius

  コーナ R(面取半径)

…………

815-04-52

coupled secondary coil

  結合二次コイル

…………

815-06-39

coupling current

  結合電流

…………

815-04-57

(filament) coupling (current) loss

  (フィラメント間)結合(電流)損失

…………

815-04-59

(filament) coupling time constant

  (フィラメント)結合時定数

…………

815-04-60

critical current

  臨界電流

…………

815-03-01

critical current criterion

  臨界電流基準

…………

815-03-02

critical current density

  臨界電流密度

…………

815-03-03

critical (magnetic) field strength

  臨界磁界

…………

815-01-21

critical state model

  臨界状態モデル

…………

815-03-06

critical surface

  臨界面

…………

815-03-05

critical temperature

  臨界温度

…………

815-01-09

cryocooler

  冷凍機

…………

815-06-02

cryocooler-cooled superconducting magnet (cryogen-free superconducting magnet) 
(conduction cooled superconducting magnet) (directly cooled superconducting magnet)   
冷凍機冷却超電導マグネット(無冷媒超電導マグネット)(伝導冷却型超電導マグ
ネット)(直冷式超電導マグネット)

…………

815-06-51 (New) 

cryogenic refrigeration

  極低温冷凍

…………

815-06-01

cryostat

  クライオスタット

…………

815-06-50

cryotron

  クライオトロン

…………

815-07-39

CuO

2

 layer

  CuO

2

面(CuO

2

シート)

…………

815-02-07

CuO

2

 plane

  CuO

2

面(CuO

2

シート)

…………

815-02-07

CuO

2

 sheet

  CuO

2

面(CuO

2

シート)

…………

815-02-07

current lead

  電流リード(パワーリード)

…………

815-06-47

current sharing

  分流

…………

815-06-25

CVD process

化学蒸着(CVD)法

…………

815-05-12 

cyclotron

  サイクロトロン

…………

815-07-31

[D]

DC Josephson effect

  直流ジョセフソン効果

…………

815-01-38

DC superconducting wire

  直流超電導線

…………

815-04-35

DC susceptibility method

  直流磁化率法

…………

815-08-12

degradation

  デグラデーション

…………

815-06-49

diffusion barrier

  拡散障壁

…………

815-04-45

dipole magnet

  ダイポールマグネット,双極マグネット

…………

815-07-10

dirty superconductor

  汚れた超電導体

…………

815-01-36

drawing

  引抜き

…………

815-05-01

dynamic stabilization

  動的安定化

…………

815-06-21

[E]

eddy current loss

  渦電流損失

…………

815-04-56

eddy currents

  渦電流

…………

815-04-53

effective filament diameter

  有効フィラメント径

…………

815-04-61

electrical resistance method

電気抵抗法

…………

815-08-10 

elementary pinning force

  要素的ピン力

…………

815-03-24

equal area theorem

  等面積法則

…………

815-06-28

ex-situ process

  エクスシチュー法

…………

815-05-15

external diffusion process

  外部拡散法

…………

815-05-17

external resistor

  外部抵抗

…………

815-06-38

extrusion

  押出し

…………

815-05-05


43

H 7005

:2005

[F]

film boiling

  膜沸騰

…………

815-06-09

flux creep

  磁束クリープ

…………

815-03-20

flux expulsion

  磁束の排除

…………

815-01-11

flux flow

  磁束フロー

…………

815-03-21

flux jump

  フラックス・ジャンプ

…………

815-03-22

flux line

  磁束線

…………

815-01-16

flux line lattice

  磁束線格子

…………

815-01-17

flux pinning

  磁束ピンニング

…………

815-03-19

flux pump

  フラックスポンプ

…………

815-07-38

flux quantum

  磁束量子

…………

815-01-14

fluxoid

  フラクソイド

…………

815-01-15

fluxon

  フラクソン

…………

815-01-16

fluxon lattice

  フラクソン格子

…………

815-01-17

force-cooled superconducting wire

  強制冷却超電導線

…………

815-04-27

fracture toughness

  破壊じん性値

…………

815-08-07

freeze-drying process

  凍結乾燥法

…………

815-05-32

full stabilization

  完全安定化

…………

815-06-19

fullerene (compound) superconductor

  フラーレン(化合物)超電導体

…………

815-02-17

[G]

G-L parameter

  G-L パラメータ

…………

815-01-34

Ginzburg

−Landau parameter  ギンツブルグ−ランダウ・パラメータ

…………

815-01-34

Ginzburg

−Landau theory  ギンツブルグ−ランダウ理論

…………

815-01-29

grading

  グレーディング

…………

815-06-37

grain boundary weak link

粒界弱結合

…………

815-03-31 (New) 

gyrotron

  ジャイロトロン

…………

815-07-32

[H]

He II

  ヘリウム II

…………

815-06-17

Helmholtz coil

  ヘルムホルツコイル

…………

815-07-07

heat transfer

  熱伝達

…………

815-06-04

high magnetic field single crystal growther

高磁界単結晶引き上げ装置

…………

815-07-56 (New) 

high temperature superconductor

  高温超電導体

…………

815-02-11

high-T

c

 superconductor

  高温超電導体

…………

815-02-11

hollow conductor

  中空導体

…………

815-04-10

hybrid coil

  ハイブリッドコイル

…………

815-07-17

hybrid magnet

  ハイブリッドマグネット

…………

815-07-17

hysteresis loss

  ヒステリシス損失

…………

815-04-55

[I]

I

c

 criterion

  I

c

基準

…………

815-03-02

impregnated coil

  含浸コイル

…………

815-07-15

in-situ process

  インシチュー法,インサイチュー法

…………

815-05-14

infiltration process

  浸透法

…………

815-05-20

insulated superconducting wire

  絶縁超電導線

…………

815-04-26

insulation

  絶縁材料

…………

815-06-45

intermediate heat treatment

  中間熱処理

…………

815-05-08

intermediate state

  中間状態

…………

815-01-19

internal tin process

  内部すず法

…………

815-05-19

irradiation effect

  照射効果

…………

815-03-15 

irreversibility line

  不可逆曲線

…………

815-03-30

isotope effect

  同位元素効果

…………

815-01-40

[J]

jelly roll process

  ジェリーロール法

…………

815-05-21

Josephson junction

  ジョセフソン接合

…………

815-01-37


44

H 7005

:2005

Josephson voltage standard

  ジョセフソン電圧標準

…………

815-07-47

Joule heating

  ジュール発熱

…………

815-06-40

[K]

keystone stranded conductor

  キーストーン型より線導体

…………

815-04-17

Kim model

  キムモデル

…………

815-03-08

Kramer's law

  クレーマー則

…………

815-03-27

[L]

Laves phase (compound) superconductor

  ラーベス相(化合物)超電導体

…………

815-02-15

litz cable

  リッツケーブル

…………

815-04-14

longitudinal propagation

  長手方向伝ぱ(播)

…………

815-06-32

Lorentz force (on fluxons)

  ローレンツ力(フラクソンに作用する)

…………

815-03-16

low temperature superconductor

  低温超電導体

…………

815-02-12

low-T

c

 superconductor

  低温超電導体

…………

815-02-12

lower critical (magnetic) field strength

  下部臨界磁界

…………

815-01-23

[M]

Maddock's stability criterion

  マドックの安定化基準

…………

815-06-27

magnesium boride superconductor (magnesium dibolide superconductor)

マグネシウム

硼化物超電導体  (二硼化マグネシウム超電導体)

…………

815-02-19 (New) 

magnet

  マグネット

…………

815-07-02

magnetic bearing

  磁気ベアリング

…………

815-07-48

magnetic diffusion time constant

  磁気拡散時定数

…………

815-06-23

magnetic diffusivity

  磁気拡散率

…………

815-06-22

magnetic resonance imaging apparatus

  磁気共鳴イメージング装置

…………

815-07-36

magnetic susceptibility

  磁化率

…………

815-08-11

magnetization critical current density

  磁化臨界電流密度

…………

815-03-09

magnetization method for AC loss

  磁化法による交流損失測定

…………

815-08-15

magneto hydrodynamic (MHD) generation

  MHD(電磁流体)発電

…………

815-07-26

matrix (of composite superconductor)

  (複合超電導導体の)母材

…………

815-04-39

matrix to superconductor (volume) ratio

  母材対超電導体(体積)比

…………

815-04-41

maximum bending strain

  最大曲げひずみ

…………

815-08-04

Meissner effect

  マイスナー効果

…………

815-01-12

Meissner state

  マイスナー状態

…………

815-01-10

melt process

  溶融法

…………

815-05-24

melt-textured growth process

  溶融凝固法

…………

815-05-22

MHD generation  MHD(

電磁流体)発電

…………

815-07-26 

microwave resonator

マイクロ波共振器

…………

815-07-49 (New) 

minimum propagation zone (MPZ) criterion

  最小伝ぱ(播)領域 (MPZ) 基準

…………

815-06-31

mixed matrix (of a composite superconductor)

  (複合超電導導体の)混合母材

…………

815-04-40

mixed state

  混合状態

…………

815-01-18

MLI

積層断熱

…………

815-06-15 

monolithic superconducting wire

  モノリシック超電導線

…………

815-04-32

MPZ criterion

最小伝ぱ(播)領域(MPZ)基準

…………

815-06-31 

MRI apparatus

  MRI 装置

…………

815-07-36

multi-filamentary superconducting wire

  多心超電導線

…………

815-04-31

multilayer insulation

  積層断熱

…………

815-06-15

[N]

n-type copper-oxide (cuprate) superconductor

  n 型銅酸化物超電導体

…………

815-02-10

n-value( of a superconductor)

  n-値(超電導体の n-値)

…………

815-03-10

natural (logarithmic) strain

  自然ひずみ,対数ひずみ

…………

815-08-01

nominal (engineering) strain

  公称ひずみ,工学ひずみ

…………

815-08-02

normal (conducting) state

  常電導状態

…………

815-01-07

normal zone propagation velocity

  常電導域伝ぱ(播)速度

…………

815-06-29

non-uniform current

偏流

…………

815-06-54 (New) 

NMR apparatus

  NMR 装置

…………

815-07-35


45

H 7005

:2005

nuclear fusion generation

  核融合発電

…………

815-07-25

nuclear magnetic resonance apparatus

  核磁気共鳴 (NMR) 装置

…………

815-07-35

nucleate boiling

  核沸騰

…………

815-06-08

[O]

(superconducting) order parameter

  (超電導)オーダー・パラメータ

…………

815-01-30

organic superconductor

  有機物超電導体

…………

815-02-04

oxide superconductor

  酸化物超電導体

…………

815-02-05

[P]

p-type copper oxide (cuprate) superconductor

  p 型銅酸化物超電導体

…………

815-02-09

pancake coil

  パンケーキコイル

…………

815-07-05

particle detector

  粒子検出器

…………

815-07-30

PCS

永久電流スイッチ

…………

815-07-40 

(London) penetration depth

  (ロンドンの)(磁界)侵入深さ

…………

815-01-33

perfect diamagnetism

  完全反磁性

…………

815-01-01

Perovskite (compound) superconductor

  ペロブスカイト(化合物)超電導体

…………

815-02-06

persistent current

  永久電流

…………

815-01-13

persistent current switch (PCS)

  永久電流スイッチ (PCS)

…………

815-07-40

physical vapor deposition (PVD) process

  物理蒸着 (PVD) 法

…………

815-05-13

pin

  ピン

…………

815-03-18

pinning center

  ピンニング・センタ

…………

815-03-18

pinning force

  ピン力

…………

815-03-23

pinning force density

  ピン力密度

…………

815-03-25

pinning site

  ピン止め点

…………

815-03-18

plasma spray process

  プラズマスプレー法

…………

815-05-33

poloidal coil

  ポロイダルコイル

…………

815-07-13

pool boiling (cooling)

  浸し(漬)沸騰(冷却)

…………

815-06-05

powder metallurgy process

  粉末冶金法

…………

815-05-16

precursor

  前駆体

…………

815-05-26

protection circuit

  保護回路

…………

815-06-35

proximity coupling current

  近接結合電流

…………

815-04-58

(superconducting) proximity effect

  (超電導)近接効果

…………

815-01-42

pulsed magnet

  パルスマグネット

…………

815-07-16

pulsed-current superconducting wire

  パルス電流超電導線

…………

815-04-36

PVD process

物理蒸着(PVD)法

…………

815-05-13 

[Q]

quadrupole magnet

  クアドラポールマグネット,四極マグネット

…………

815-07-11

quench

  クエンチ

…………

815-03-11

quench detector

クエンチ検出器

…………

815-06-52 (New) 

[R]

race track coil

  レーストラックコイル

…………

815-07-09

radiation cooling

  放射冷却

…………

815-06-10

radiation shield

  放射遮へい(蔽)体(シールド)

…………

815-06-11

react and wind technique

  リアクト・アンド・ワインド法

…………

815-06-42

recovery current

  回復電流

…………

815-03-13

reinforced superconducting wire

  補強超電導線

…………

815-04-28

reinforcing member

  補強材

…………

815-04-46

residual flux

  残留磁束

…………

815-03-28

residual gas

  残留ガス

…………

815-06-12

residual gas heat transfer

  残留ガス熱伝達

…………

815-06-13

residual resistance ratio

  残留抵抗比

…………

815-04-64

residual resistivity

  残留比抵抗,残留抵抗率

…………

815-04-63

RRR (abbreviation)

  残留抵抗比

…………

815-04-64

Rutherford cable

  ラザフォードケーブル

…………

815-04-18


46

H 7005

:2005

[S]

N curve

  曲線

…………

815-08-09

saddle coil

  くら(鞍)型コイル

…………

815-07-08

scaling law of pinning force density

  ピン力密度のスケール則

…………

815-03-26

S/D (abbreviation)

  間隔対直径比

…………

815-04-38

sectioning

  分割法

…………

815-06-36

serration

  セレーション

…………

815-08-05

SFQ device

  SFQ デバイス

…………

815-07-45

sheath

  シース

…………

815-04-47

shim coil

  シムコイル

…………

815-07-14

single core (superconducting) wire

  単心(超電導)線

…………

815-04-30

single flux quantum device

  単一量子磁束デバイス

…………

815-07-45

sintering

  焼結

…………

815-05-27

SIS mixer

  SIS ミキサ

…………

815-07-44

SMES

超電導磁気エネルギー貯蔵

…………

815-07-24 

sol-gel process

  ゾル・ゲル法

…………

815-05-28

solenoid (coil)

  ソレノイド(コイル)

…………

815-07-04

spacer

  スペーサー

…………

815-06-46

spacing to diameter ratio

  間隔対直径比

…………

815-04-38

split pair coil

  スプリットペアコイル

…………

815-07-06

spray drying process

  噴霧乾燥法

…………

815-05-30

spray pyrolysis process

  スプレイパイロリシス法

…………

815-05-31

SQUID (abbreviation)

  超電導量子干渉計

…………

815-07-46

stabilization

  安定化

…………

815-06-18

stabilized superconducting wire

  安定化超電導線

…………

815-04-25

stabilizer

  安定化材

…………

815-03-12

Stekley’s stability criterion

  ステックレーの安定化基準

…………

815-06-26

strain effect

  ひずみ効果

…………

815-03-14

strand(in superconductivity-related technology)

  素線(超電導関連技術)

…………

815-04-07

stranded conductor(in superconductivity-related technology)

  より線導体(超電導関連技

術)

…………

815-04-15

stranding

  より線加工

…………

815-05-07

stranding pitch length

  よりピッチ長

…………

815-04-50

stress effect

  応力効果

…………

815-03-14

stress intensity factor

  応力拡大係数

…………

815-08-06

superconducting

  超電導の

…………

815-01-03

superconducting antenna

超電導アンテナ

…………

815-07-51 (New) 

superconducting cable

  超電導ケーブル

…………

815-04-24

superconducting cavity

  超電導キャビティ(超電導空洞共振器)

…………

815-07-29

superconducting communication cable

  超電導通信ケーブル

…………

815-07-21

superconducting condensation energy

  超電導凝縮エネルギー

…………

815-01-20

superconducting element

  超電導元素

…………

815-02-01

superconducting energy gap

  超電導エネルギー・ギャップ

…………

815-01-28

superconducting (band pass) filter

超電導(バンドパス)フィルター

…………

815-07-50 (New) 

superconducting delay line

超電導遅延線路

…………

815-07-52 (New) 

superconducting fault current limiter

  超電導限流器

…………

815-07-23

superconducting filament

  超電導フィラメント

…………

815-04-22

superconducting film

  超電導膜

…………

815-04-29

superconducting generator

  超電導発電機

…………

815-07-19

superconducting HGMS

  超電導 HGMS

…………

815-07-37

superconducting high gradient magnetic separation

  超電導高こう配磁気分離

…………

815-07-37

superconducting magnet

  超電導マグネット

…………

815-07-03

superconducting magnetic energy storage (SMES)

  超電導磁気エネルギー貯蔵

(SMES)

…………

815-07-24

superconducting magnetic shielding

  超電導磁気シールド

…………

815-07-41

superconducting magnetically levitated train

  超電導磁気浮上列車

…………

815-07-27

superconducting memory

  超電導記憶素子

…………

815-07-43

superconducting monolith

  超電導モノリス

…………

815-04-32


47

H 7005

:2005

superconducting (electric) motor

  超電導(電動)モータ

…………

815-07-18

superconducting particle accelerator

  超電導粒子加速器

…………

815-07-28

superconducting power cable

  超電導電力ケーブル

…………

815-07-20

superconducting quantum interference device

  超電導量子干渉計

…………

815-07-46

superconducting state

  超電導状態

…………

815-01-05

superconducting transformer

  超電導変圧器

…………

815-07-22

superconducting transistor

  超電導トランジスタ

…………

815-07-42

superconducting transition

  超電導転移

…………

815-01-08

superconducting tunnel junction radiation detectors

超電導トンネル接合放射線検出器

…………

815-07-55 (New) 

superconducting wire

  超電導線

…………

815-04-23

superconductive

  超電導性の

…………

815-01-04

superconductivity

  超電導

…………

815-01-02

superconductor

  超電導体

…………

815-01-06

superconductor-insulator-superconductor mixer

  超電導トンネル接合ミキサ

…………

815-07-44

supercritical helium

  超臨界ヘリウム

…………

815-06-16

superfluid helium

  超流動ヘリウム

…………

815-06-17

surface barrier

  表面バリヤ

…………

815-03-17

surface diffusion process

  表面拡散法

…………

815-05-09

surface impedance

  表面インピーダンス

…………

815-04-62

surface pinning

  表面ピンニング

…………

815-03-29

surface superconductivity

  表面超電導

…………

815-01-41

swaging

  スェージング

…………

815-05-02

synchrotron

  シンクロトロン

…………

815-07-33

synchrotron radiation facility

  シンクロトロン放射光装置

…………

815-07-34

[T]

tape conductor

  テープ導体

…………

815-04-09

texture control

  集合組織制御

…………

815-05-23

thermal diffusion time constant

  熱拡散時定数

…………

815-06-24

thermal runaway

  熱暴走

…………

815-06-30

three-component superconducting wire

  三層構造超電導線

…………

815-04-33

toroidal coil

  トロイダルコイル

…………

815-07-12

training effect

  トレーニング効果

…………

815-06-48

transition-edge bolometer (transition-edge sensor)

転移端ボロメータ(転移端センサ

ー)

…………

815-07-54 (New) 

transport critical current density

  輸送臨界電流密度,通電臨界電流密度

…………

815-03-04

transposition (pitch) length

  転位長

…………

815-04-50

transverse propagation

  横方向伝ぱ(播)(線間伝ぱ)

…………

815-06-33

trapped flux

捕そく(捉)磁束

…………

815-03-28

tube process

  チューブ法

…………

815-05-18

tubular conductor

  管状導体

…………

815-04-11

twist

  ツイスト(ねじり)

…………

815-04-48

twist pitch

  ツイストピッチ

…………

815-04-49

twist pitch length

  ツイストピッチ長

…………

815-04-49

twisted superconducting wire

  ツイスト超電導線

…………

815-04-34

twisting

  ツイスト加工

…………

815-05-06

type I superconductor

  第一種超電導体

…………

815-01-22

type II superconductor

  第二種超電導体

…………

815-01-25

[U]

upper critical (magnetic) field strength

  上部臨界磁界

…………

815-01-24

[V]

vacuum impregnation

  真空含浸

…………

815-06-43

vacuum insulation

  真空断熱

…………

815-06-14

vortex

  渦糸

…………

815-01-16

vortex lattice

  渦糸格子

…………

815-01-17

volume percent of superconductor

  超電導体の体積百分率

…………

815-04-44


48

H 7005

:2005

[W]

wet winding

  湿式巻線法

…………

815-06-44

wind and react technique

  ワインド・アンド・リアクト法

…………

815-06-41

Wire(in superconductivity-related technology)

  線(超電導関連技術)

…………

815-04-01