>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 H

5601

-1990

硬鉛鋳物

Hard Lead Castings

1.

適用範囲  この規格は,主に化学工業に用いる硬鉛鋳物(以下,鋳物という。)について規定する。

備考  この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,国際単位系 (SI) によるものであ

って,参考として併記したものである。

なお,この規格の中で従来単位及び数値と,その後に{  }を付けて SI による単位及びそれ

に基づく換算値が示してある部分は,平成 3 年 1 月 1 日以降{  }を付けて示してある単位及

び数値に切り換える。

引用規格: 

JIS H 0321

  非鉄金属材料の検査通則

JIS Z 2201

  金属材料引張試験片

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

JIS Z 2243

  ブリネル硬さ試験方法

2.

種類  鋳物は,化学成分によって表 の 2 種類に分ける。

表 1  種類

種類

記号

  8

種 HPbC8

10

HPbC10

3.

品質  品質は,次による。

(1)

鋳物は,品質均一で,有害なきず又は鋳巣などがあってはならない。

(2)

化学成分及び機械的性質(引張強さ・伸び・硬さ)は,

表 による。

表 2  化学成分及び機械的性質(平成 2 年 12 月 31 日まで適用)

化学成分 %

引張試験

種類

Pb Sb Cu Sn

Bi

及びその

他の不純物

引張強さ

kgf/mm

2

{N/mm

2

}

伸び

%

硬さ試験

HB

 (10/100)

  8

残部 7.5∼8.5 0.20 以下

0.50

以下

0.10

以下

5.0 {49}

以上 20 以上 14.0 以上

10

残部 9.5∼10.5 0.20 以下

0.50

以下

0.10

以下

5.1

{50}

以上

19

以上 14.5 以上

4.

試験  試験は,次によって行う。

(1)

化学分析試験は,別に定める硬鉛分析方法による。ただし,Sb, Cu, Sn 及び Bi について分析を行い,

その他の不純物については注文者から特に指定のあった場合に行う。


2

H 5601-1990

(2)

引張試験は,JIS Z 2241(金属材料引張試験方法)による。

ただし,荷重を加える速度は 10mm/min を標準とし,引張試験片は JIS Z 2201(金属材料引張試験

片)の 4 号試験片による。

(3)

硬さ試験は,JIS Z 2243(ブリネル硬さ試験方法)による。

(4)

引張試験及び硬さ試験に用いる試験片は,鋳造後 24 時間以上常温に放置しなければならない。

5.

検査  検査は,次によって行う。

(1)

引張試験片の作製に必要な試料の採取は,次による。

(a)

試験片は特に指定のない限り,1 溶解ごとに 1 個を取る。

ただし,重要な鋳物については,注文者の指示によって各個又は数個ごとに 1 個を取る。

(b)

試料の寸法は径 20mm,長さ 180mm 以上とし,その鋳型及び採取位置は

図による。

図  鋳型及び試験片

備考  硬さ試験片の作製と試験方法 

4

号試験片の端部を下記寸法に切断し,測定面を目の細かい研磨紙で平滑

に仕上げたものを次によってブリネル硬さ試験機で測定する。

 
 

試験片  直径

↔約 20mm,  厚さ 15mm の円柱

荷重        100kgf {981N}  (平成 2 年 12 月 31 日まで適用)

鋼球の直径  10mm 
負荷時間    30s 

(c)

試料は,現品鋳造の際作製する。

(2)

鋳物は,外観・寸法を検査するとともに 4.によって試験を行い,3.の規定に合格しなければならない。

(3)

そのほか一般的事項は,JIS H 0321(非鉄金属材料の検査通則)による。


3

H 5601-1990

附属書 

規格本体の 3.(2)に規定の従来単位による引張強さの規格値及び 5.(1)(b)

備考に規定の従来単位による

荷重の規格値は,平成 3 年 1 月 1 日以降,ここに記載する SI 単位による規格値を適用する。

3.

品質

(2)

化学成分及び機械的性質(引張強さ・伸び・硬さ)は,

附属書表による。

附属書表  化学成分及び機械的性質(平成 3 年 1 月 1 日から適用)

化学成分 %

引張試験

種類

Pb Sb Cu Sn

Bi

及びその

他の不純物

引張強さ

N/mm

2

伸び

%

硬さ試験

HB

(10/100)

  8

残部 7.5∼8.5 0.20 以下

0.50

以下

0.10

以下

49

以上 20 以上 14.0 以上

10

残部 9.5∼10.5 0.20 以下

0.50

以下

0.10

以下

50

以上 19 以上 14.5 以上

5.

検査

(1)

引張試験片の作製に必要な試料の採取は,次による。

(b)

試料の寸法は径 20mm,長さ 180mm 以上とし,その鋳型及び採取位置は

図による。

図  鋳型及び試験片

備考  硬さ試験片の作製と試験方法 

4

号試験片の端部を下記寸法に切断し,測定面を目の細かい研磨紙で平滑

に仕上げたものを次によってブリネル硬さ試験機で測定する。

 
 

試験片  直径

↔約 20mm,厚さ 15mm の円柱

荷重        981N      (平成 3 年 1 月 1 日から適用) 
鋼球の直径  10mm 
負荷時間    30s