>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 4554 :

 19
99
 解

解説付表 2  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS H 4554 : 1999

  ニッケル及びニッケル合金の線と引抜素材

ISO 9724 : 1992

  ニッケル及びニッケル合金の線と引抜素材

ISO 9722 : 1992

  ニッケル及びニッケル合金展伸材の化学成分と形状

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との整合が困

難な理由及び今後の対策

1.

適用範囲

○  この規格は一般用途向けの径が

10mm

以下のニッケル及びニッケ

ル合金の線と引抜素材について規
定。

ISO 9724

○ 一般用途向けの径が 10mm 以

下のニッケル及びニッケル合
金の線と引抜素材に関する要
求を規定する。

3.

種 類 及 び 記

○  ニッケル及びニッケル合金の種類

及び記号を 12 種類規定。

ISO 9724

ISO 9722

○ ニッケル及びニッケル合金を

ISO 9724

は 28 種類,ISO 9722

は 36 種類規定。

= JIS では,耐食用途で Ni

含有量が 50%以上のもの

を規定。

JIS

の G 類と ISO 鋼種の採り入

れ分担を調整した。

○  化学成分

上記項目に同じ

ISO 9724

ISO 9722

○ 上記項目に同じ。

= 上記項目に同じ。

上記項目に同じ。

4.

品質

機械的性質(引張強さ,伸び)

ISO 9724

○ JIS と同等。

5.

寸 法 及 び そ
の許容差

○  丸形の線,丸形以外の線,引抜素

材のそれぞれについて規定。

ISO 9724

○ 線,引抜素材について規定。

○  分析試験

JIS

に規定されている分析方法

ISO 9724

○ 化学分析

化学分析の方法は供給者の任
意とする。ただし,係争の際に
は,適切な国際規格を使用する

よう規定。

= ISO の分析方法は原則と

して製造者の任意。

JIS

では分析方法は共通規格と

して規定されているので,これ
に従うこととする。

6.

試験

○  引張試験

JIS

の引張試験方法を規定。

ISO 9724

○ 引張試験

ISO

規格の引張試験方法を規

定。

= JIS の引張試験方法は ISO

と整合化している。

○  試験の実施について規定。

ISO 9724

○ サンプリング及び試験の数に

ついて規定。

− JIS ではサンプリング及び

試験数は共通規格で規定
している。

共通規格で整合化を実施。

7.

検査

ISO 9724

○ 再試験について規定。

− JIS では再試験は共通規格

で規定している。

共通規格で整合化を実施。


 

2

H

 4554 :

 19
99
 解


解説付表 2  JIS と対応する国際規格との対比表

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)  JIS と国際規格との整合が困

難な理由及び今後の対策

8.

表示

○  表示方法について規定。

ISO 9724

○ 表示方法について規定。

= JIS と ISO で表示項目内容

が異なる。

影響なし。

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示している。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す。

“−”は,この規格では同等ではないが,別の共通規格にて整合して

いることを示す。