>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

H 4040

:2015

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

2

3

  用語及び定義  

3

4

  合金番号,製品区分,等級及び記号  

3

5

  品質 

5

5.1

  外観  

5

5.2

  化学成分  

6

5.3

  機械的性質  

9

5.4

  曲げ特性及び圧縮特性  

18

5.5

  導電率  

18

5.6

  応力腐食割れ性  

18

6

  寸法の許容差及び形状  

19

6.1

  一般事項  

19

6.2

  押出棒(長方形断面)の寸法の許容差及び形状  

19

6.3

  押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の寸法の許容差及び形状  

25

6.4

  引抜棒(長方形断面)及び引抜線(長方形断面)の寸法の許容差及び形状  

29

6.5

  引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の寸法の許容差及び形状  

32

6.6

  引抜棒(正方形・正六角形断面)及び引抜線(正方形・正六角形断面)の寸法の許容差及び形状 · 

34

7

  試験 

37

7.1

  分析試験  

37

7.2

  引張試験  

37

7.3

  曲げ試験  

37

7.4

  圧縮試験  

38

7.5

  導電率試験  

38

7.6

  応力腐食割れ試験  

38

7.7

  試験試料の採取数  

38

8

  検査 

38

9

  表示 

38

附属書 A(規定)引張試験片の採取位置  

40

附属書 JA(参考)製品区分と断面形状との組合せによる寸法の許容差及び形状  

42

附属書 JB(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

43


H 4040

:2015

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本

アルミニウム協会(JAA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規

格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規

格である。

これによって,JIS H 4040:2006 は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,平成 28 年 11 月 19 日までの間は,工業標準化法第 19 条第 1 項等の関係条項の規定に基づく JIS

マーク表示認証において,JIS H 4040:2006 によることができる。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 H

4040

:2015

アルミニウム及びアルミニウム合金の棒及び線

Aluminium and aluminium alloy bars and wires

序文 

この規格は,

2007

年に第 1 版として発行された ISO 209

2012

年に第 2 版として発行された ISO 6362-1

2014

年に第 4 版として発行された ISO 6362-2,2012 年に第 3 版として発行された ISO 6362-3 及び ISO 

6362-5

,2014 年に第 2 版として発行された ISO 6362-7,2012 年に第 2 版として発行された ISO 6363-1 

び ISO 6363-2

2012

年に第 1 版として発行された ISO 6363-3 並びに 2012 年に第 2 版として発行された ISO 

6363-4

及び ISO 6363-5 を基とし,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JB に示す。

適用範囲 

この規格は,押出加工したアルミニウム及びアルミニウム合金の棒(以下,押出棒という。

,引抜加工

したアルミニウム及びアルミニウム合金の棒(以下,引抜棒という。

,並びに引抜加工したアルミニウム

及びアルミニウム合金の線(以下,引抜線という。

)について規定する。この規格は,断面形状が円形,正

方形,長方形(短辺の長さが長辺の長さの 1/10 を超える形状)及び正六角形の棒及び線に適用する。断面

形状が正方形,長方形及び正六角形の場合には,角の半径が指定されている形状には適用しない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 209:2007

,Aluminium and aluminium alloys−Chemical composition

ISO 6362-1:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Extruded rods/bars, tubes and profiles

−Part 1: Technical conditions for inspection and delivery

ISO 6362-2:2014

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Extruded rods/bars, tubes and profiles

−Part 2: Mechanical properties

ISO 6362-3:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Extruded rods/bars, tubes and profiles

−Part 3: Extruded rectangular bars−Tolerances on shape and dimensions

ISO 6362-5:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Extruded rods/bars, tubes and profiles

−Part 5: Round, square and hexagonal bars−Tolerances on shape and dimensions

ISO 6362-7:2014

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Extruded rods/bars, tubes and profiles

−Part 7: Chemical composition

ISO 6363-1:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Cold-drawn rods/bars, tubes and wires

−Part 1: Technical conditions for inspection and delivery

ISO 6363-2:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Cold-drawn rods/bars and tubes and

wires

−Part 2: Mechanical properties


2

H 4040

:2015

ISO 6363-3:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Cold-drawn rods/bars, tubes and wires

−Part 3: Drawn round bars and wires−Tolerances on form and dimensions (symmetric plus and

minus tolerances on diameter)

ISO 6363-4:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Cold-drawn rods/bars, tubes and wires

−Part 4: Drawn rectangular bars and wires−Tolerances on form and dimensions

ISO 6363-5:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Cold-drawn rods/bars, tubes and wires

−Part 5: Drawn square and hexagonal bars and wires−Tolerances on form and dimensions(全体

評価:MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS H 0001

  アルミニウム,マグネシウム及びそれらの合金−質別記号

注記  対 応 国際 規格 : ISO 2107 , Aluminium and aluminium alloys − Wrought products− Temper

designations

(MOD)

JIS H 0321

  非鉄金属材料の検査通則

JIS H 0505

  非鉄金属材料の体積抵抗率及び導電率測定方法

JIS H 1305

  アルミニウム及びアルミニウム合金の発光分光分析方法

JIS H 1306

  アルミニウム及びアルミニウム合金の原子吸光分析方法

JIS H 1307

  アルミニウム及びアルミニウム合金の誘導結合プラズマ発光分光分析方法

JIS H 1351

  アルミニウム及びアルミニウム合金の分析方法通則

JIS H 1352

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のけい素定量方法

JIS H 1353

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の鉄定量方法

JIS H 1354

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の銅定量方法

JIS H 1355

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のマンガン定量方法

JIS H 1356

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の亜鉛定量方法

JIS H 1357

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のマグネシウム定量方法

JIS H 1358

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のクロム定量方法

JIS H 1359

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のチタン定量方法

JIS H 1360

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のニッケル定量方法

JIS H 1361

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のすず定量方法

JIS H 1362

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のバナジウム定量方法

JIS H 1363

  アルミニウム合金中のジルコニウム定量方法

JIS H 1364

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のビスマス定量方法

JIS H 1365

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のほう素定量方法

JIS H 1366

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の鉛定量方法

JIS H 1367

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のベリリウム定量方法

JIS H 1368

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のガリウム定量方法


3

H 4040

:2015

JIS H 8711

  アルミニウム合金の応力腐食割れ試験方法

JIS Z 2241

  金属材料引張試験方法

JIS Z 2248

  金属材料曲げ試験方法

EN 754-1

,Aluminium and aluminium alloys−Cold drawn rod/bar and tube−Part 1: Technical conditions for

inspection and delivery

EN 755-1

,Aluminium and aluminium alloys−Extruded rod/bar, tube and profiles−Part 1: Technical

conditions for inspection and delivery

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

押出棒(extruded bar)

全長にわたって中空部のない均一な断面をもち,直線形状で供給される押出展伸材。

3.2

引抜棒(cold-drawn bar)

全長にわたって中空部のない均一な断面をもち,直線形状で供給される引抜展伸材。

3.3

引抜線(cold-drawn wire)

全長にわたって中空部のない均一な断面をもち,コイル形状で供給される引抜展伸材。

合金番号,製品区分,等級及び記号 

合金番号,製品区分,等級及び記号は,

表 による。等級は,寸法の許容差及び形状によって,普通級

と特殊級とに分類する。

表 の記号の後に質別を示す記号を付けて製品記号とする。

表 1−合金番号,製品区分,等級及び記号 

合金 
番号

製品 
区分

等級及び記号

特性及び用途例

(参考)

普通級

特殊級

1070

押出棒 A1070BE

A1070BES

強度は低いが,熱伝導度及び電気伝導度は高く,溶接性及

び耐食性がよい。 
装飾品,導体,溶接線など。

引抜棒 A1070BD

A1070BDS

引抜線 A1070W

A1070WS

1060

押出棒 A1060BE

A1060BES

強度は低いが,熱伝導度及び電気伝導度は高い。導体用で
は導電率保証。バスバーなど。

1050

押出棒 A1050BE

A1050BES

強度は低いが,熱伝導度及び電気伝導度は高く,溶接性及

び耐食性がよい。

装飾品,溶接線など。

引抜棒 A1050BD

A1050BDS

引抜線 A1050W

A1050WS

1050A

押出棒 A1050ABE

A1050ABES

引抜棒 A1050ABD

A1050ABDS

1100

押出棒 A1100BE

A1100BES

強度は比較的低いが,溶接性及び耐食性がよい。

建築用材,電気器具,熱交換器部品など。

引抜棒 A1100BD

A1100BDS

引抜線 A1100W

A1100WS

1200

押出棒 A1200BE

A1200BES

引抜棒 A1200BD

A1200BDS

引抜線 A1200W

A1200WS


4

H 4040

:2015

表 1−合金番号,製品区分,等級及び記号(続き) 

合金 
番号

製品 
区分

等級及び記号

特性及び用途例

(参考)

普通級

特殊級

2011

押出棒 A2011BE

A2011BES

2017

と同等の強度であり,切削加工性が非常によいが,

耐食性に劣る。 
ボリューム軸,光学部品,ねじ類など。

引抜棒 A2011BD

A2011BDS

引抜線 A2011W

A2011WS

2014

押出棒 A2014BE

A2014BES

強度が高く,熱間加工性も比較的よく,鍛造品にも適用で
きる。ボルト材,航空機部品,油圧部品など。

引抜棒 A2014BD

A2014BDS

2014A

押出棒 A2014ABE

A2014ABES

2014

より若干強度の低い合金。

リベット用材など。

引抜棒 A2014ABD

A2014ABDS

2017

押出棒 A2017BE

A2017BES

常温時効によって高い強度が得られる。切削加工性はよい

が,耐食性及び溶接性は劣る。

機械部品,リベット用材,航空機用材,自動車用部材など。

引抜捧 A2017BD

A2017BDS

引抜線 A2017W

A2017WS

2017A

押出棒 A2017ABE

A2017ABES

2017

より強度の高い合金。

リベット用材など。

引抜棒 A2017ABD

A2017ABDS

2117

引抜線 A2117W

A2117WS

溶体化処理後,かしめを行うリベット用材として常温時効

速度を遅くした合金である。リベット用材など。

2219

引抜棒 A2219BD

A2219BDS

2024

より若干強度は低いが,低温及び高温での強度が優

れた耐熱性合金で,溶接性もよい。 
高温用の構造材など。

2024

押出棒 A2024BE

A2024BES

2017

より常温時効性を向上させた合金であり,強度が高

く,切削加工性がよい。

航空機用材,スピンドル,ボルト材,リベット用材など。

引抜捧 A2024BD

A2024BDS

引抜線 A2024W

A2024WS

2030

押出棒 A2030BE

A2030BES

切削加工性の優れた快削合金で,強度も高い。

機械部品など。

引抜棒 A2030BD

A2030BDS

3003

押出棒 A3003BE

A3003BES

1100

より若干強度が高く,溶接性及び耐食性がよい。

熱交換器部品,一般機械部品など。

引抜棒 A3003BD

A3003BDS

引抜線 A3003W

A3003WS

3103

押出棒 A3103BE

A3103BES

1100

より若干強度が高く,溶接性及び耐食性がよい。

引抜棒 A3103BD

A3103BDS

5041

(5N02)

a)

引抜棒 A5041BD

(A5N02BD)

a)

A5041BDS

(A5N02BDS)

a)

リベット用合金で耐食性がよい。

リベット用材など。

引抜線 A5041W

(A5N02W)

a)

A5041WS

(A5N02WS)

a)

5052

より強度の低い合金。

建築用材,冷凍機材など。

5050

引抜棒 A5050BD

A5050BDS

5052

より強度の低い合金。

建築用材,冷凍機材など。

5052

押出棒 A5052BE

A5052BES

中程度の強度をもった合金で,耐食性及び溶接性がよい。
船舶,車両,建築用材など。

引抜棒 A5052BD

A5052BDS

引抜線 A5052W

A5052WS

5154

引抜棒 A5154BD

A5154BDS

5052

と 5083 との中間程度の強度をもった合金で,耐食性

及び溶接性がよい。船舶用材など。

5454

押出棒 A5454BE

A5454BES

5052

より強度の高い合金。

自動車用部品など。

5754

押出棒 A5754BE

A5754BES

引抜棒 A5754BD

A5754BDS

5056

押出棒 A5056BE

A5056BES

強度,延性に優れ,耐食性,切削加工性及び陽極酸化処理

性がよい。

光学機器,通信機器部品,ファスナーなど。

引抜棒 A5056BD

A5056BDS

引抜線 A5056W

A5056WS


5

H 4040

:2015

表 1−合金番号,製品区分,等級及び記号(続き) 

合金 
番号

製品 
区分

等級及び記号

特性及び用途例

(参考)

普通級

特殊級

5083

押出棒 A5083BE

A5083BES

非熱処理合金中で最高の強度があり,耐食性及び溶接性が

よい。 
一般機械部品など。

引抜棒 A5083BD

A5083BDS

引抜線 A5083W

A5083WS

5086

押出棒 A5086BE

A5086BES

5154

より強度が高く,耐海水性の優れた非熱処理系溶接

構造用合金。船舶用部品など。

引抜棒 A5086BD

A5086BDS

6101

押出棒 A6101BE

A6101BES

高強度導体用材で導電率保証。バスバーなど。

6005A

押出棒 A6005ABE

A6005ABES

6061

と 6063 との中間の強度をもった合金で,

押出加工性,

焼入れ性も優れる。耐食性もよく,溶接も可能。 
構造用材など。

6005C

(6N01)

a)

押出棒 A6005CBE

(A6N01BE)

a)

A6005CBES

(A6N01BES)

a)

6060

押出棒 A6060BE

A6060BES

6063

より強度は若干低いが,押出性がよく,耐食性及び

表面処理性もよい。 
建築用材,家具,家電製品など。

引抜棒 A6060BD

A6060BDS

6061

押出棒 A6061BE

A6061BES

熱処理型の耐食性合金。時効によってかなり高い耐力値が
得られるが,溶接性が劣る。

リベット用材,ボルト材,自動車用部品など。

引抜棒 A6061BD

A6061BDS

引抜線 A6061W

A6061WS

6262

押出棒 A6262BE

A6262BES

耐食性快削合金。

カメラ鏡胴,気化器部品など。

引抜棒 A6262BD

A6262BDS

6063

押出棒 A6063BE

A6063BES

代表的な押出合金。6061 より強度は低いが,押出性に優

れ,耐食性及び表面処理性もよい。

建築用材,土木用材,家具,家電製品,車両用材など。

引抜棒 A6063BD

A6063BDS

6181

引抜棒 A6181BD

A6181BDS

6061

より若干強度が低い合金。耐食性がよい。

6082

押出棒 A6082BE

A6082BES

6061

より若干強度が高い合金。耐食性もよい。

構造用材など。

引抜棒 A6082BD

A6082BDS

7003

押出棒 A7003BE

A7003BES

溶接構造用合金。7204 より強度は若干低いが,押出性が

よい。溶接構造用材料など。

7204

(7N01)

a)

押出棒 A7204BE

(A7N01BE)

a)

A7204BES

(A7N01BES)

a)

溶接構造用合金。強度が高く,溶接部の強度が常温放置に

て母材強度に近いところまで回復する。耐食性も良好。

一般機械部品など。

7020

押出棒 A7020BE

A7020BES

7204

より若干強度が高い合金。

自転車フレーム,一般機械用部品など。

引抜棒 A7020BD

A7020BDS

7049A

押出棒 A7049ABE

A7049ABES

7075

より強度の高い合金。

引抜棒 A7049ABD

A7049ABDS

7050

押出棒 A7050BE

A7050BES

7075

の焼入れ性を改善した合金。耐応力腐食割れ性に優

れる。航空機用部品など。

7075

押出棒 A7075BE

A7075BES

アルミニウム合金中高い強度をもつ合金の一つである。

航空機用部品,リベット用材など。

引抜棒 A7075BD

A7075BDS

a)

(    )内は,旧合金番号を示す。合金番号は,旧合金番号以外のものを優先して使用するのが望ましい。

なお,旧合金番号は次回改正で削除する。

品質 

5.1 

外観 

押出棒及び引抜棒(併せて,以下,棒という。

)並びに引抜線(以下,線という。

)は,表面仕上げが良

好・均一で,使用上有害な膨れ,きずなどの欠陥があってはならない。表面欠陥の除去は,滑らかに仕上

げなければならない。


6

H 4040

:2015

5.2 

化学成分 

棒及び線の化学成分は,7.1 によって試験を行い,

表 による。


7

H 4040

:2015

表 2−化学成分 

単位  %

合金 
番号

Si Fe Cu Mn

Mg Cr Zn V

,Bi,Pb,Zr,Ni など Ti

その他

a)

 Al

個々

合計

1070 0.20

以下

0.25

以下 0.04 以下

0.03

以下

0.03

以下

− 0.04 以下

V 0.05

以下 0.03 以下

0.03

以下

− 99.70 以上

1060 0.25

以下

0.35

以下 0.05 以下

0.03

以下

0.03

以下

− 0.05 以下

V 0.05

以下 0.03 以下

0.03

以下

− 99.60 以上

1050 0.25

以下

0.40

以下 0.05 以下

0.05

以下

0.05

以下

− 0.05 以下

V 0.05

以下 0.03 以下

0.03

以下

− 99.50 以上

1050A 0.25

以下

0.40

以下 0.05 以下

0.05

以下

0.05

以下

− 0.07 以下

− 0.05 以下

0.03

以下

− 99.50 以上

1100 Si

+Fe 0.95 以下 0.05∼0.20 0.05 以下

− 0.10 以下

b) 

− 0.05 以下

0.15

以下

99.00

以上

1200 Si

+Fe 1.00 以下 0.05 以下

0.05

以下

− 0.10 以下

− 0.05 以下

0.05

以下

0.15

以下

99.00

以上

2011 0.40

以下

0.7

以下 5.0∼6.0

− 0.30 以下

Bi 0.20

∼0.6,Pb 0.20∼0.6

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

2014 0.50

∼1.2

0.7

以下 3.9∼5.0

0.40

∼1.2

0.20

∼0.8

0.10

以下

0.25

以下

b) 

0.15

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

2014A 0.50

∼0.9

0.50

以下 3.9∼5.0

0.40

∼1.2

0.20

∼0.8

0.10

以下

0.25

以下

Zr

+Ti 0.25 以下,Ni 0.10 以下

0.15

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

2017 0.20

∼0.8

0.7

以下 3.5∼4.5

0.40

∼1.0

0.40

∼0.8

0.10

以下

0.25

以下

c) 

0.15

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

2017A 0.20

∼0.8

0.7

以下 3.5∼4.5

0.40

∼1.0

0.40

∼1.0

0.10

以下

0.25

以下

Zr

+Ti 0.20 以下

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

2117 0.8

以下

0.7

以下 2.2∼3.0

0.10

以下 0.20∼0.50

− 0.25 以下

c) 

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

2219 0.20

以下

0.30

以下 5.8∼6.8

0.20

∼0.40 0.02 以下

− 0.10 以下

V 0.05

∼0.15,Zr 0.10∼0.25 0.02∼0.10 0.05 以下

0.15

以下

残部

2024 0.50

以下

0.50

以下 3.8∼4.9

0.30

∼0.9

1.2

∼1.8

0.10

以下

0.25

以下

c) 

0.15

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

2030 0.8

以下

0.7

以下 3.3∼4.5

0.20

∼1.0

0.50

∼1.3

0.10

以下

0.50

以下

Bi 0.20

以下,Pb 0.8∼1.5 0.20 以下

0.10

以下

0.30

以下

残部

3003 0.6

以下

0.7

以下 0.05∼0.20

1.0

∼1.5

− 0.10 以下

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

3103 0.50

以下

0.7

以下 0.10 以下

0.9

∼1.5

0.30

以下

0.10

以下

0.20

以下

Zr

+Ti 0.10 以下

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

5041

(5N02)

0.40

以下

0.40

以下 0.10 以下

0.30

∼1.0

3.0

∼4.0

0.50

以下

0.10

以下

− 0.20 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

5050 0.40

以下

0.7

以下 0.20 以下

0.10

以下

1.1

∼1.8

0.10

以下

0.25

以下

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

5052 0.25

以下

0.40

以下 0.10 以下

0.10

以下

2.2

∼2.8

0.15

∼0.35 0.10 以下

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

5154 0.25

以下

0.40

以下 0.10 以下

0.10

以下

3.1

∼3.9

0.15

∼0.35 0.20 以下

b) 

0.20

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

5454 0.25

以下

0.40

以下 0.10 以下

0.50

∼1.0

2.4

∼3.0

0.05

∼0.20 0.25 以下

− 0.20 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

5754 0.40

以下

0.40

以下 0.10 以下

0.50

以下

2.6

∼3.6

0.30

以下

0.20

以下

Mn

+Cr 0.10∼0.6 0.15 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

5056 0.30

以下

0.40

以下 0.10 以下 0.05∼0.20

4.5

∼5.6

0.05

∼0.20 0.10 以下

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

5083 0.40

以下

0.40

以下 0.10 以下

0.40

∼1.0

4.0

∼4.9

0.05

∼0.25 0.25 以下

− 0.15 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

5086 0.40

以下

0.50

以下 0.10 以下

0.20

∼0.7

3.5

∼4.5

0.05

∼0.25 0.25 以下

− 0.15 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

6101 0.30

∼0.7

0.50

以下 0.10 以下

0.03

以下

0.35

∼0.8

0.03

以下

0.10

以下

B 0.06

以下

− 0.03 以下

0.10

以下

残部

6005A 0.50

∼0.9

0.35

以下 0.30 以下

0.50

以下

0.40

∼0.7

0.30

以下

0.20

以下

Mn

+Cr 0.12∼0.50 0.10 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

7

H

 4040


2015


8

H 4040

:2015

表 2−化学成分(続き) 

単位  %

合金 
番号

Si Fe Cu Mn

Mg Cr Zn V

,Bi,Pb,Zr,Ni など Ti

その他

a)

 Al

個々

合計

6005C

(6N01)

0.40

∼0.9

0.35

以下 0.35 以下

0.50

以下

0.40

∼0.8

0.30

以下

0.25

以下

Mn

+Cr 0.50 以下 0.10 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

6060 0.30

∼0.6 0.10∼0.30 0.10 以下

0.10

以下

0.35

∼0.6

0.05

以下

0.15

以下

− 0.10 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

6061 0.40

∼0.8

0.7

以下 0.15∼0.40 0.15 以下

0.8

∼1.2

0.04

∼0.35 0.25 以下

− 0.15 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

6262 0.40

∼0.8

0.7

以下 0.15∼0.40 0.15 以下

0.8

∼1.2

0.04

∼0.14 0.25 以下

Bi 0.40

∼0.7,Pb 0.40∼0.7 0.15 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

6063 0.20

∼0.6

0.35

以下 0.10 以下

0.10

以下

0.45

∼0.9

0.10

以下

0.10

以下

− 0.10 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

6181 0.8

∼1.2

0.45

以下 0.10 以下

0.15

以下

0.6

∼1.0

0.10

以下

0.20

以下

− 0.10 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

6082 0.7

∼1.3

0.50

以下 0.10 以下

0.40

∼1.0

0.6

∼1.2

0.25

以下

0.20

以下

− 0.10 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

7003 0.30

以下

0.35

以下 0.20 以下

0.30

以下

0.50

∼1.0

0.20

以下

5.0

∼6.5

Zr 0.05

∼0.25 0.20 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

7204

(7N01)

0.30

以下

0.35

以下 0.20 以下

0.20

∼0.7

1.0

∼2.0

0.30

以下

4.0

∼5.0

V 0.10

以下,Zr 0.25 以下 0.20 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

7020 0.35

以下

0.40

以下 0.20 以下 0.05∼0.50

1.0

∼1.4

0.10

∼0.35

4.0

∼5.0

Zr 0.08

∼0.20

Zr

+Ti 0.08∼0.25

− 0.05 以下

0.15

以下

残部

7049A 0.40

以下

0.50

以下 1.2∼1.9

0.50

以下

2.1

∼3.1

0.05

∼0.25

7.2

∼8.4

Zr

+Ti 0.25 以下 0.06 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

7050 0.12

以下

0.15

以下 2.0∼2.6

0.10

以下

1.9

∼2.6

0.04

以下

5.7

∼6.7

Zr 0.08

∼0.15 0.06 以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

7075 0.40

以下

0.50

以下 1.2∼2.0

0.30

以下

2.1

∼2.9

0.18

∼0.28

5.1

∼6.1

d) 

0.20

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

a)

その他の元素とは,この表で示されていないが存在の予知される場合又は通常の分析過程において,規定の値を超えるおそれがある場合に,製造業者の判断に

よって分析する元素である。

“個々”の値は,表で示されている元素以外の個々の成分値であり,

“合計”の値は,個々の成分値を合計したものである。

b)

溶加棒及び溶接ワイヤに使用する場合は,Be:0.000 3 %以下とする。

c)

受渡当事者間の協定によって,Zr+Ti は 0.20 %以下としてもよい。

d)

受渡当事者間の協定によって,Zr+Ti は 0.25 %以下としてもよい。

8

H

 4040


2015


9

H 4040

:2015

5.3 

機械的性質 

棒及び線の機械的性質(引張強さ,耐力及び伸び)は,7.2 によって試験を行い,押出棒は

表 3,引抜棒

及び引抜線は

表 による。

表 及び表 に規定の径,厚さ,対辺距離及び断面積以外の寸法の機械的性質は,受渡当事者間の協定

による。

表 3−押出棒の機械的性質 

合金番号

質別

a)

引張試験

径,厚さ又は対辺距離

mm

断面積

cm

2

引張強さ

N/mm

2

耐力

N/mm

2

伸び

b)

%

A

50 mm

1070 H112

全て

− 55 以上

15

以上

1060 H112

3

以上 30 以下

− 60 以上

30

以上 25 以上

1050 H112

全て

− 65 以上

20

以上

1050A O

H111

全て

− 60 以上

95

以下

20

以上 23 以上 25 以上

H112

35

以下 (30 以下)

c)

− 65 以上

20

以上 23 以上 25 以上

1100 H112

35

未満 (30 未満)

c)

− 75 以上

20

以上 18 以上 18 以上

 35

以上 (30 以上)

c)

− 75 以上

20

以上

1200 H112

35

未満 (30 未満)

c)

− 75 以上

25

以上 18 以上 20 以上

 35

以上 (30 以上)

c)

− 75 以上

20

以上

2011 T4

d)

3

以上 200 以下

− 275 以上

125

以上 16 以上 14 以上

T6

d)

3

以上 75 以下

− 310 以上

230

以上 10 以上

8

以上

 75

を超え 160 以下

− 295 以上

195

以上

8

以上

6

以上

2014 O

e)

全て

− 250 以下

135

以下 12 以上 10 以上

T4

T4510

T4511

全て

− 345 以上

240

以上 12 以上 10 以上

T42

f)

全て

− 345 以上

205

以上 12 以上

T6

T6510

T6511

12

以下

− 410 以上

365

以上

7

以上

 12

を超え 19 以下

− 440 以上

400

以上

7

以上

6

以上

19

を超え 160 以下

470

以上

410

以上

7

以上

6

以上

19

を超え 160 を超え 200 以下

470

以上

400

以上

6

以上

6

以上

19

を超え 200 を超え 250 以下

450

以上

380

以上

6

以上

6

以上

19

を超え 250 を超え 300 以下

430

以上

365

以上

6

以上

6

以上

T62

f)

 19

以下

− 410 以上

365

以上

7

以上

19

を超え 160 以下

410

以上

365

以上

7

以上

19

を超え 160 を超え 200 以下

410

以上

365

以上

6

以上

2014A O

10

以上 200 以下

− 250 以下

135

以下 12 以上 10 以上

T4

T4510

T4511

 10

以上 200 以下

− 345 以上

240

以上 12 以上 10 以上

T6

T6510

T6511

 12.5

以上 100 以下

− 440 以上

400

以上

6

以上

 100

を超え 120 以下

− 430 以上

350

以上

6

以上

 120

を超え 200 以下

− 430 以上

350

以上

6

以上


10

H 4040

:2015

表 3−押出棒の機械的性質(続き) 

合金番号

質別

a)

引張試験

径,厚さ又は対辺距離

mm

断面積

cm

2

引張強さ

N/mm

2

耐力

N/mm

2

伸び

b)

%

A

50 mm

2017 O

e)

全て

− 245 以下

125

以下 16 以上

T4

d)

T42

f)

全て 700 以下

345

以上

215

以上 12 以上

全て 700 を超え 1 000 以下

335

以上

195

以上 12 以上

2017A O

10

以上 100 以下

− 250 以下

150

以下

− 10 以上

T4

d)

T4510

d)

T4511

d)

 10

以上 80 以下

− 390 以上

265

以上

− 10 以上

 80

を超え 200 以下

− 360 以上

220

以上

7

以上

2024 O

e)

全て

− 245 以下

125

以下 12 以上 10 以上

T4 6

以下

− 390 以上

295

以上 12 以上

6

を超え 19 以下

− 410 以上

305

以上 12 以上

 19

を超え 38 以下

− 450 以上

315

以上 10 以上

 38

を超え 100 以下

160

以下

480

以上

365

以上 10 以上

8

以上

160

を超え 200 以下

470

以上

335

以上

8

以上

8

以上

200

を超え 300 以下

460

以上

315

以上

8

以上

8

以上

 100

を超え 200 以下 160 以下

480

以上

365

以上 10 以上

6

以上

160

を超え 200 以下

470

以上

335

以上

8

以上

6

以上

200

を超え 300 以下

460

以上

315

以上

8

以上

6

以上

T42

f)

 19

以下

− 390 以上

265

以上 12 以上

 19

を超え 38 以下

− 390 以上

265

以上 10 以上

38

を超え 160 以下

390

以上

265

以上 10 以上

160

を超え 200 以下

390

以上

265

以上

8

以上

2030 T4

T4510

T4511

80

以下

− 370 以上

250

以上

6

以上

8

以上

 80

を超え 200 以下

− 340 以上

220

以上

8

以上

 200

を超え 250 以下

− 330 以上

210

以上

7

以上

3003 O

H111

全て

− 95 以上

135

以下

35

以上 20 以上 25 以上

H112

全て

− 95 以上

35

以上

3103 O

H111

全て

− 95 以上

135

以下

35

以上 20 以上 25 以上

H112

全て

− 95 以上

35

以上 20 以上 25 以上

5052 O

全て

− 175 以上

245

以下

70

以上 20 以上

H112

全て

− 175 以上

70

以上

5454 O

H111

200

以下

− 200 以上

275

以下

85

以上 16 以上 18 以上

H112

全て

− 215 以上

100

以上 12 以上

5754 O

H111

150

以下

− 180 以上

250

以下

80

以上 15 以上 17 以上

H112 150

以下

− 180 以上

80

以上 12 以上 14 以上

 150

を超え 250 以下

− 180 以上

70

以上

− 13 以上

5056 H112

全て 300 以下

245

以上

100

以上

全て 300 を超え 700 以下

225

以上

80

以上

全て 700 を超え 1 000 以下

215

以上

70

以上


11

H 4040

:2015

表 3−押出棒の機械的性質(続き) 

合金番号

質別

a)

引張試験

径,厚さ又は対辺距離

mm

断面積

cm

2

引張強さ

N/mm

2

耐力

N/mm

2

伸び

b)

%

A

50 mm

5083 O

130

以下 200 以下

275

以上

355

以下

110

以上 14 以上

H112 130

以下 200 以下

275

以上

110

以上 12 以上 12 以上

5086 O

200

以下

− 240 以上

320

以下

95

以上 15 以上 18 以上

H112 250

以下

− 240 以上

95

以上 10 以上 12 以上

6101 T6

d)

3

以上

7

以下

− 195 以上

165

以上 10 以上

7

を超え 17 以下

− 195 以上

165

以上 12 以上

 17

を超え 30 以下

− 175 以上

145

以上 14 以上

T7

d)

3

以上 17 以下

− 135 以上

110

以上 10 以上

6005A T6

d)

 25

以下

− 270 以上

225

以上

8

以上 10 以上

 25

を超え 50 以下

− 270 以上

225

以上

8

以上

 50

を超え 100 以下

− 260 以上

215

以上

8

以上

6005C

(6N01)

T5 6

以下

− 245 以上

205

以上

8

以上

6

を超え 12 以下

− 225 以上

175

以上

8

以上

T6

d)

6

以下

− 265 以上

235

以上

8

以上

6060 T4

d)

 150

以下

− 120 以上

60

以上 14 以上 16 以上

T5 150

以下

− 160 以上

120

以上

6

以上

8

以上

T6

d)

 100

以下

− 190 以上

150

以上

8

以上 10 以上

T64

d)

 50

以下

− 180 以上

120

以上 10 以上 12 以上

T66

d)

 150

以下

− 215 以上

160

以上

6

以上

8

以上

6061 O

e)

全て

− 145 以下

110

以下 16 以上

T4

d)

T4511

d)

全て

− 180 以上

110

以上 16 以上 14 以上

T42

f)

全て

− 175 以上

85

以上 16 以上

T6

d)

T62

f)

T6511

d)

6

以下

− 260 以上

240

以上

8

以上

7

以上

6

を超え

− 260 以上

240

以上 10 以上

9

以上

6262 T6

d)

 200

以下

− 260 以上

240

以上

8

以上 10 以上

6063 O

H111

200

以下

− 130 以下

− 16 以上 18 以上

T1 12

以下

− 120 以上

60

以上 12 以上

 12

を超え 25 以下

− 110 以上

55

以上 12 以上

T4

d)

 150

以下

− 130 以上

65

以上 12 以上 14 以上

 150

を超え 200 以下

− 120 以上

65

以上

− 12 以上

T5 12

以下

− 150 以上

110

以上

8

以上

7

以上

 12

を超え 25 以下

− 145 以上

105

以上

8

以上

7

以上

T6

d)

3

以下

− 205 以上

170

以上

8

以上

3

を超え 25 以下

− 205 以上

170

以上 10 以上

9

以上

T66

d)

 200

以下

− 245 以上

200

以上

8

以上 10 以上


12

H 4040

:2015

表 3−押出棒の機械的性質(続き) 

合金番号

質別

a)

引張試験

径,厚さ又は対辺距離

mm

断面積

cm

2

引張強さ

N/mm

2

耐力

N/mm

2

伸び

b)

%

A

50 mm

6082 O

H111

200

以下

− 160 以下

110

以下 12 以上 14 以上

T4

d)

10

以上 80 以下

− 205 以上

110

以上 14 以上 14 以上

T6

d)

 10

以上

60

(50)

c)

以下

− 310 以上

260

以上

7

以上

8

以上

(50)

c)

 60

を超え

150

以下

− 300 以上

240

以上

8

以上

7003 T5

12

以下

− 285 以上

245

以上 10 以上

 12

を超え 25 以下

− 275 以上

235

以上 10 以上

T6

d)

 50

以下

− 350 以上

290

以上

8

以上 10 以上

 50

を超え 150 以下

− 340 以上

280

以上

8

以上 10 以上

7204

(7N01)

O

全て

− 245 以下

145

以下 12 以上

T4

d)g)

全て

− 315 以上

195

以上 11 以上

T5

全て

− 325 以上

245

以上 10 以上

T6

d)

全て

− 335 以上

275

以上 10 以上

7020 T6

d)

 50

以下

− 350 以上

290

以上

8

以上 10 以上

 50

を超え 200 以下

− 340 以上

275

以上

− 10 以上

7049A T6

T6510

T6511

100

以下

− 610 以上

530

以上

4

以上

5

以上

 100

を超え 125 以下

− 560 以上

500

以上

5

以上

 125

を超え 150 以下

− 520 以上

430

以上

5

以上

 150

を超え 180 以下

− 450 以上

400

以上

3

以上

7050 T73511

125

以下 200 以下

485

以上

415

以上

8

以上

7

以上

T74511 76

以下

− 505 以上

435

以上

7

以上

T76510 127

以下

− 545 以上

475

以上

7

以上

7075 O

e)

全て 200 以下

275

以下

165

以下 10 以上

9

以上

T6

T62

f)

T6510

T6511

6

以下

− 540 以上

480

以上

7

以上

6

を超え 75 以下

− 560 以上

500

以上

7

以上

6

以上

 75

を超え 110 以下 130 以下

560

以上

490

以上

7

以上

5

以上

 75

を超え 110 以下 130 を超え 200 以下

540

以上

480

以上

7

以上

5

以上

 110

を超え 130 以下 200 以下

540

以上

470

以上

6

以上

5

以上

 130

を超え 150 以下

− 500 以上

440

以上

5

以上

T73

10

以上 25 以下

− 485 以上

420

以上

7

以上

 25

を超え 50 以下

− 475 以上

405

以上

7

以上

 50

を超え 70 以下

− 475 以上

405

以上

7

以上

 70

を超え 100 以下

− 470 以上

390

以上

6

以上

T73510

T73511

25

以下

− 485 以上

420

以上

5

以上

7

以上

 25

を超え 75 以下

− 475 以上

405

以上

7

以上

 75

を超え 100 以下

− 470 以上

390

以上

6

以上

 100

を超え 150 以下

− 440 以上

360

以上

6

以上

注記 1

N/mm

2

=1 MPa

a)

質別は,JIS H 0001 による。


13

H 4040

:2015

表 3−押出棒の機械的性質(続き) 

b)

伸びの測定は,標点距離の異なる次の二つの方法のいずれかを採用する。特に,注文者からの指定がない場合
は,A

50 mm

による。ただし,A

50 mm

の規定がない場合は,による。

A

50 mm

:50 mm 標点距離における伸び

A:5.65

0

の標点距離における伸び(S

0

:試験片の平行部の断面積,mm

2

c)

(    )内の値は,円形以外の棒(長方形棒,正方形棒及び正六角形棒)に適用する。

d)

押出後の冷却が制御され,室温で固溶状態が保たれた材料に適用してもよい。

e)

質別 O の材料は,質別 T42 又は T62 の材料の基礎となるものであり,注文者からの要求がある場合は,注文者
において適切な熱処理をした場合に,質別 T42 又は T62 の材料の性能を保証しなければならない。

f)

質別 T42 の材料の機械的性質は,注文者が質別 O の材料を用いて溶体化処理後,十分な安定状態で自然時効硬

化処理した場合に適用する。また,質別 T62 の材料の機械的性質は,注文者が質別 O の材料を用いて溶体化処
理後,人工時効硬化処理した場合に適用する。ただし,注文者において溶体化処理する前に何らかの冷間加工

又は熱間加工をした場合には,規格値より低くなることがある。

g)

合金番号 7204(7N01)において,質別 T4 の材料の機械的性質は,溶体化処理後,室温(約 20  ℃)で 1 か月間
自然時効させたときの値を基準として規定したものである。

なお,1 か月間自然時効前に引張試験を行う場合は,溶体化処理後人工時効させた試験片を用いて試験し,質

別 T6 の材料の引張特性を満たすことを確認することによって,質別 T4 の材料の引張特性の保証に代えてもよ
い。その場合,質別 T6 の材料で試験したことを報告書に記載する。

表 4−引抜棒及び引抜線の機械的性質 

合金番号

質別

a)

引張試験

径,厚さ又は対辺距離

mm

断面積

cm

2

引張強さ

N/mm

2

耐力

N/mm

2

伸び

b)

%

A

50 mm

1070 O

3

以下

55

以上 95 以下

3

を超え 100 以下

55

以上 95 以下

15

以上 25 以上

H14 10

以下

− 85 以上

H18 10

以下

− 120 以上

1050 O

3

以下

60

以上 100 以下

3

を超え 100 以下

60

以上 100 以下

20

以上 25 以上

H14 10

以下

− 95 以上

H18 10

以下

− 125 以上

1050A O

30

以下

− 60 以上 20 以上

− 25 以上

H14 30

以下

− 100 以上 70 以上

5

以上

6

以上

H16 15

以下(5 以下)

c)

− 120 以上 160 以下

105

以上

3

以上

4

以上

H18 10

以下

− 130 以上 110 以上

3

以上

1100 O

3

以下

75

以上 110 以下

3

を超え 100 以下

75

以上 110 以下

20

以上 25 以上 22 以上

H14 30

以下

− 110 以上 80 以上

5

以上

H18 10

以下

− 150 以上 130 以上

3

以上

1200 O

3

以下

75

以上 110 以下

3

を超え 30 以下

75

以上 110 以下

30

以上 25 以上 20 以上

 30

を超え 100 以下

75

以上 110 以下

20

以上 25 以上

H14 30

以下

− 110 以上 80 以上

5

以上

H16 15

以下(5 以下)

c)

− 135 以上 170 以下

115

以上

3

以上

3

以上

H18 10

以下

− 140 以上 120 以上

3

以上


14

H 4040

:2015

表 4−引抜棒及び引抜線の機械的性質(続き) 

合金番号

質別

a)

引張試験

径,厚さ又は対辺距離

mm

断面積

cm

2

引張強さ

N/mm

2

耐力

N/mm

2

伸び

b)

%

A

50 mm

2011 H13

18

以下

− 155 以上 225 以下

H18 10

以下

− 240 以上

T3

d)

3

以上 38 以下

− 310 以上 260 以上 10 以上

9

以上

 38

を超え 50 以下

− 295 以上 235 以上 12 以上 10 以上

 50

を超え 80 以下

− 280 以上 205 以上 14 以上 10 以上

T8

d)

3

以上 80 以下

− 370 以上 270 以上 10 以上

8

以上

2014 O

e)

3

以上 100 以下

− 245 以下

− 12 以上

T3 80

以下

− 380 以上 290 以上

6

以上

8

以上

T351 80

以下

− 380 以上 290 以上

4

以上

6

以上

T4

T42

f)

T451

3

以上 100 以下 230 以下

380

以上 220 以上 16 以上 10 以上

T6

T62

f)

T651

3

以上 100 以下 230 以下

450

以上 380 以上

8

以上

7

以上

2014A O

H111

80

以下

− 240 以下 125 以下 10 以上 12 以上

H18 10

以下

− 295 以上

T3 80

以下

− 380 以上 290 以上

6

以上

8

以上

T351 80

以下

− 380 以上 290 以上

4

以上

6

以上

T4

T451

100

以下

− 380 以上 220 以上 10 以上 10 以上

T6 50

以下

− 440 以上 360 以上

8

以上

7

以上

T651 100

以下

− 450 以上 380 以上

8

以上

7

以上

2017 O

e)

3

以下

− 245 以下

3

を超え 100 以下

− 245 以下

− 16 以上

H13

3

以上 10 以下

− 205 以上 275 以下

T4

T42

f)

3

以下

− 380 以上

3

を超え 100 以下 300 以下

380

以上 225 以上 12 以上

2017A O

H111

80

以下

− 240 以下 125 以下 10 以上 12 以上

H18 10

以下

− 315 以上

T3

d)

80

以下

− 400 以上 250 以上

8

以上 10 以上

T351

d)

80

以下

− 400 以上 250 以上

6

以上

8

以上

T4

T451

50

以下

− 380 以上 220 以上

− 10 以上

 50

を超え 100 以下

− 390 以上 235 以上

− 10 以上

2117 H15

3

以上 10 以下

− 195 以上 245 以下

H18 18

以下

− 260 以上

T4

3

以上 10 以下

− 265 以上 125 以上 18 以上

2219 T851

10

以上 50 以下

− 400 以上 275 以上

3

以上

 50

を超え 100 以下

− 395 以上 270 以上

3

以上


15

H 4040

:2015

表 4−引抜棒及び引抜線の機械的性質(続き) 

合金番号

質別

a)

引張試験

径,厚さ又は対辺距離

mm

断面積

cm

2

引張強さ

N/mm

2

耐力

N/mm

2

伸び

b)

%

A

50 mm

2024 O

e)

H111

3

以下

− 245 以下

3

を超え 100 以下

− 245 以下

− 16 以上

H18 10

以下

− 320 以上

T3 10

以下

− 425 以上 310 以上

8

以上 10 以上

 10

を超え 80 以下

− 425 以上 290 以上

7

以上

9

以上

T351

12.5

以上 100 以下

− 425 以上 310 以上

9

以上

T4

T451

3

以下

− 425 以上

3

を超え 12 以下

− 425 以上 310 以上 10 以上 10 以上

 12

を超え 100 以下

− 425 以上 290 以上 10 以上

9

以上

T42

f)

3

以下

− 430 以上

3

を超え 100 以下 230 以下

430

以上 275 以上 10 以上

T6 80

以下

− 425 以上 315 以上

4

以上

5

以上

T651 80

以下

− 425 以上 315 以上

3

以上

4

以上

T62

f)

3

以下

− 410 以上

3

を超え 100 以下 230 以下

410

以上 315 以上

5

以上

T8 80

以下

− 455 以上 400 以上

3

以上

4

以上

T851 80

以下

− 455 以上 400 以上

2

以上

3

以上

2030 T3

50

以下

− 370 以上 250 以上

7

以上

 50

を超え 100 以下

− 340 以上 210 以上

7

以上

T351 80

以下

− 370 以上 240 以上

3

以上

5

以上

3003 O

3

以下

95

以上 125 以下

3

を超え 100 以下

95

以上 125 以下

35

以上 25 以上 22 以上

H12 10

以下

− 115 以上 80 以上

7

以上

H14 10

以下

− 135 以上 110 以上

6

以上

H16 10

以下

− 160 以上 130 以上

3

以上

H18 10

以下

− 180 以上 145 以上

2

以上

3103 O

50

以下

− 95 以上 35 以上 19 以上 22 以上

H14 30

以下

− 130 以上 90 以上

4

以上

6

以上

H16 15

以下(5 以下)

c)

− 160 以上 195 以下

130

以上

3

以上

4

以上

H18 10

以下

− 160 以上 130 以上

3

以上

4

以上

5041

(5N02)

O 25

以下

− 225 以上

− 20 以上

5050 O

10

以下

− 125 以上 180 以下

− 22 以上 25 以上

H32 10

以下

− 150 以上

H34 10

以下

− 170 以上

H36 10

以下

− 185 以上

H38 10

以下

− 200 以上


16

H 4040

:2015

表 4−引抜棒及び引抜線の機械的性質(続き) 

合金番号

質別

a)

引張試験

径,厚さ又は対辺距離

mm

断面積

cm

2

引張強さ

N/mm

2

耐力

N/mm

2

伸び

b)

%

A

50 mm

5052 O

H111

3

以下

− 170 以上 220 以下

3

を超え 100 以下

− 170 以上 220 以下

65

以上 25 以上 22 以上

H32

3

以上 10 以下

− 215 以上 255 以下

H14 3

以下

− 235 以上

3

を超え 30 以下

− 235 以上 180 以上

5

以上

H34 3

以下

− 235 以上

3

を超え 30 以下

− 235 以上 180 以上

6

以上

H16

H26

H36

15

以下

− 250 以上 290 以下

200

以上

3

以上

3

以上

H18 10

以下

− 270 以上 220 以上

2

以上

H38 10

以下

− 270 以上 220 以上

2

以上

5154 O

10

以下

− 205 以上 285 以下

75

以上 16 以上 20 以上

H32 10

以下

− 250 以上

H34 10

以下

− 270 以上

H36 10

以下

− 290 以上

H38 10

以下

− 310 以上

5754 O

50

以下

− 180 以上 80 以上

− 16 以上

H14 30

以下

− 250 以上 180 以上

4

以上

H34 30

以下

− 250 以上 180 以上

5

以上

H18 10

以下

− 280 以上 240 以上

2

以上

H38 10

以下

− 280 以上 240 以上

3

以上

5056 O

3

以下

− 315 以下

3

を超え 100 以下

− 250 以上 320 以下

110

以上 20 以上 16 以上

H12

H32

10

以下

− 300 以上

H34 10

以下

− 345 以上

H38 10

以下

− 380 以上

5083 O

3

以下

− 275 以上 355 以下

3

を超え 100 以下

− 275 以上 355 以下

110

以上 14 以上 14 以上

H111 10

以下

− 270 以上 140 以上

− 12 以上

H12 10

以下

− 300 以上 200 以上

4

以上

5086 O

50

以下

− 240 以上 95 以上

− 16 以上

H12 25

以下

− 270 以上 190 以上

4

以上

H32 25

以下

− 270 以上 190 以上

5

以上

6060 T39

d)

6

以下

− 270 以上

6

を超え

− 220 以上

T4 80

以下

− 130 以上 65 以上 13 以上 15 以上

T6 80

以下

− 215 以上 160 以上 10 以上 12 以上

T89

d)

6

以下

− 260 以上


17

H 4040

:2015

表 4−引抜棒及び引抜線の機械的性質(続き) 

合金番号

質別

a)

引張試験

径,厚さ又は対辺距離

mm

断面積

cm

2

引張強さ

N/mm

2

耐力

N/mm

2

伸び

b)

%

A

50 mm

6061 O

e)

3

以下

− 145 以下

3

を超え 100 以下

− 145 以下

− 18 以上

H13

3

以上 10 以下

− 155 以上 205 以下

H18 10

以下

− 210 以上

T39

d)

6

以下

− 310 以上

6

を超え

− 260 以上

T4 3

以下

− 205 以上

3

を超え 100 以下 300 以下

205

以上 110 以上 18 以上 16 以上

T42

f)

3

以下

− 205 以上

3

を超え 100 以下 300 以下

205

以上 95 以上 18 以上

T6

T62

f)

3

以下

− 290 以上

3

を超え 100 以下 300 以下

290

以上 240 以上 10 以上

9

以上

T89

d)

6

以下

− 300 以上

6262 T6

100

以下

− 290 以上 240 以上

7

以上

8

以上

T8

d)

 50

以下

− 345 以上 315 以上

3

以上

4

以上

T9

d)

50

以下

− 360 以上 330 以上

5

以上

4

以上

 50

を超え 80 以下

− 345 以上 315 以上

4

以上

6063 T39

d)

6

以下

− 280 以上

6

を超え

− 230 以上

T4 80

以下

− 150 以上 75 以上 13 以上 15 以上

T6 80

以下

− 220 以上 190 以上

8

以上 10 以上

T66 80

以下

− 230 以上 195 以上

8

以上 10 以上

T89

d)

6

以下

− 270 以上

6181 T4

50

以下

− 200 以上 100 以上

− 15 以上

T6 50

以下

− 280 以上 240 以上

8

以上

6082 O

80

以下

− 160 以下 110 以下

− 15 以上

H18 10

以下

− 220 以上

T39

d)

6

未満

− 360 以上

6

以上

− 310 以上

T4 80

以下

− 205 以上 110 以上

− 14 以上

T6 80

以下

− 310 以上 255 以上

− 10 以上

T8

d)

80

以下

− 310 以上 260 以上

8

以上

T89

d)

6

以下

− 340 以上

7020 T5

T6

50

以下

− 350 以上 280 以上

− 10 以上

7049A T6

80

以下

− 590 以上 500 以上

7

以上

7075 O

e)

3

以上 100 以下

− 275 以下

− 10 以上

H18 10

以下

− 285 以上

T6

T62

f)

T651

3

以上 100 以下

− 520 以上 460 以上

7

以上

6

以上

T73 100

以下

− 470 以上 385 以上

7

以上

9

以上

注記 1

N/mm

2

=1 MPa

a)

表 の注

a)

による。


18

H 4040

:2015

表 4−引抜棒及び引抜線の機械的性質(続き) 

b)

表 の注

b)

による。

c)

表 の注

c)

による。

d)

表 の注

d)

による。

e)

表 の注

e)

による。

f)

表 の注

f)

による。 

5.4 

曲げ特性及び圧縮特性 

5.4.1 

リベット材 

合金番号 5041(5N02)

,5052 及び 6061 の質別 O の材料をリベット材として用いる場合で,注文者から

の要求がある場合は,次による。

a)

曲げ特性は,7.3.1 によって試験を行い,曲げた部分の外側に割れを生じてはならない。

b)

圧縮特性は,7.4 によって試験を行い,圧縮した部分の外側に割れを生じてはならない。

5.4.2 

導体 

導体の曲げ特性は,注文者からの要求がある場合,7.3.2 によって試験を行い,曲げた部分の外側に割れ

を生じてはならない。

5.5 

導電率 

合金番号 1060 及び 6101 の材料を導体として使用する場合の導電率は,7.5 によって試験を行い,

表 5

による。

表 5−導電率 

等級及び記号

質別

導電率

IACS%

a)

A1060BE

,A1060BES H112

61.0

以上

A6101BE

,A6101BES T6

55.0

以上

T7 57.0

以上

a)

 IACS%

は,IEC 60028 に規定された国際標準軟銅の導電率

(20  ℃において 5.8×10

7

 S/m

)を 100 としたときの相対比率

を百分率で表したもの。

5.6 

応力腐食割れ性 

合金番号 7075 の質別 T73,T73510 及び T73511 の厚さ 20 mm 以上の材料について,注文者から応力腐

食割れ性の要求がある場合は,次による。

a)

導電率及び機械的性質は,7.5 及び 7.2 によって試験を行い,

表 による。

b)

応力腐食割れ性は,7.6 によって試験を行い,応力腐食割れを生じてはならない。

表 6−導電率及び機械的性質 

導電率

IACS%

a)

機械的性質

39.7

以上

表 又は表 による。

37.9

以上  39.7 未満

表 又は表 による。ただし,耐力は,表 又は表 に規定
された下限値に,85 N/mm

2

を加えた値を上限値とする。

注記 1

N/mm

2

=1 MPa

a)

表 の注

a)

による。


19

H 4040

:2015

寸法の許容差及び形状 

6.1 

一般事項 

押出棒,引抜棒及び引抜線の寸法の許容差及び形状は,製品区分,断面形状,等級並びに

表 及び表 8

の合金グループによって区分し,6.26.6 による。

なお,

製品区分と断面形状との組合せによる寸法の許容差及び形状について,

適用する表番号の一覧を,

附属書 JA に示す。

表 7−合金グループ 

合金系

合金番号

純アルミニウム 1070,1060,1050,1050A,1100,1200

Al-Mn

系合金 3003,3103

Al-Mg

系合金

a)

 5050

,5052

Al-Mg-Si

系合金 6101,6005A,6005C(6N01)

,6060,6061,6262,6063,6181,6082

a)

 Mg

量が 2.8 %以下の合金とする。

表 8−合金グループ 

合金系

合金番号

Al-Mg

系合金

a)

 5041

(5N02)

,5154,5454,5754,5056,5083,5086

Al-Cu-Mg

系合金 2011,2014,2014A,2017,2017A,2117,2219,2024,2030

Al-Zn-Mg

系合金 7003,7204(7N01)

,7020,7049A,7050,7075

a)

 Mg

量が 2.8 %を超える合金とする。

6.2 

押出棒(長方形断面)の寸法の許容差及び形状 

6.2.1 

押出棒(長方形断面)の寸法の許容差 

6.2.1.1 

押出棒(長方形断面)の幅及び厚さの許容差 

押出棒(長方形断面)の幅及び厚さの許容差は,

表 9,表 10,表 11 及び表 12 による。この許容差は,

全許容範囲と同一の範囲で(+)側だけ又は(−)側だけとしてもよい。

なお,

表 9∼表 12 に規定する寸法以外の許容差は,受渡当事者間の協定による。

表 9−押出棒(長方形断面)の幅及び厚さの許容差(合金グループ 1,普通級) 

単位  mm

幅の

許容差

厚さの許容差

厚さ

2

以上

6

以下

6

を超え

10

以下

10

を超え

18

以下

18

を超え

30

以下

30

を超え

50

以下

50

を超え

80

以下

80

を超え

120

以下

120

を超え

180

以下

180

を超え

240

以下

10

以上

18

以下

±0.33

±0.26

±0.33

±0.33

18

を超え

30

以下

±0.39

±0.26

±0.33

±0.39

±0.39

30

を超え

50

以下

±0.52

±0.33

±0.33

±0.39

±0.46

±0.52

50

を超え

80

以下

±0.78

±0.33

±0.39

±0.46

±0.52

±0.65

±0.78

80

を超え

120

以下

±1.0

±0.46

±0.52

±0.59

±0.78

±0.91

±1.0


20

H 4040

:2015

表 9−押出棒(長方形断面)の幅及び厚さの許容差(合金グループ 1,普通級)(続き) 

単位  mm

幅の

許容差

厚さの許容差

厚さ

2

以上

6

以下

6

を超え

10

以下

10

を超え

18

以下

18

を超え

30

以下

30

を超え

50

以下

50

を超え

80

以下

80

を超え

120

以下

120

を超え

180

以下

180

を超え

240

以下

120

を超え

180

以下

±1.3

±0.65

±0.72

±0.78

±0.91

±1.2

±1.3

180

を超え

240

以下

±1.8

±0.85

±0.91

±1.0

±1.3

±1.6

±1.8

240

を超え

350

以下

±2.3

±0.98

±1.0

±1.2

±1.4

±1.7

±2.0

350

を超え

450

以下

±2.9

±1.2

±1.3

±1.6

±1.8

±2.1

450

を超え

600

以下

±3.9

±1.2

±1.3

±1.8

表 10−押出棒(長方形断面)の幅及び厚さの許容差(合金グループ 1,特殊級) 

単位  mm

幅の

許容差

厚さの許容差

厚さ

2

以上

6

以下

6

を超え

10

以下

10

を超え

18

以下

18

を超え

30

以下

30

を超え

50

以下

50

を超え

80

以下

80

を超え

120

以下

120

を超え

180

以下

180

を超え

240

以下

10

以上

18

以下

±0.25

±0.20

±0.25

±0.25

18

を超え

30

以下

±0.30

±0.20

±0.25

±0.30

±0.30

30

を超え

50

以下

±0.40

±0.25

±0.25

±0.30

±0.35

±0.40

50

を超え

80

以下

±0.60

±0.25

±0.30

±0.35

±0.40

±0.50

±0.60

80

を超え

120

以下

±0.80

±0.35

±0.40

±0.45

±0.60

±0.70

±0.80

120

を超え

180

以下

±1.0

±0.50

±0.55

±0.60

±0.70

±0.90

±1.0

180

を超え

240

以下

±1.4

±0.65

±0.70

±0.80

±1.0

±1.2

±1.4

240

を超え

350

以下

±1.8

±0.75

±0.80

±0.90

±1.1

±1.3

±1.5

350

を超え

450

以下

±2.2

±0.90

±1.0

±1.2

±1.4

±1.6

450

を超え

600

以下

±3.0

±0.90

±1.0

±1.4


21

H 4040

:2015

表 11−押出棒(長方形断面)の幅及び厚さの許容差(合金グループ 2,普通級) 

単位  mm

幅の

許容差

厚さの許容差

厚さ

2

以上

6

以下

6

を超え

10

以下

10

を超え

18

以下

18

を超え

30

以下

30

を超え

50

以下

50

を超え

80

以下

80

を超え

120

以下

120

を超え

180

以下

180

を超え

240

以下

10

以上

18

以下

±0.46

±0.33

±0.39

±0.46

18

を超え

30

以下

±0.52

±0.33

±0.39

±0.52

±0.52

30

を超え

50

以下

±0.65

±0.39

±0.39

±0.52

±0.65

±0.65

50

を超え

80

以下

±0.91

±0.39

±0.46

±0.59

±0.72

±0.91

±0.91

80

を超え

120

以下

±1.3

±0.52

±0.65

±0.78

±0.91

±1.0

±1.3

120

を超え

180

以下

±1.8

±0.72

±0.91

±1.0

±1.3

±1.4

±1.8

180

を超え

240

以下

±2.3

±0.91

±1.2

±1.4

±1.7

±2.1

±2.3

240

を超え

350

以下

±2.9

±1.0

±1.2

±1.6

±1.8

±2.2

±2.5

350

を超え

450

以下

±3.6

±1.4

±1.8

±2.3

±2.7

±3.0

450

を超え

600

以下

±4.6

±1.6

±1.8

±2.3

表 12−押出棒(長方形断面)の幅及び厚さの許容差(合金グループ 2,特殊級) 

単位  mm

幅の

許容差

厚さの許容差

厚さ

2

以上

6

以下

6

を超え

10

以下

10

を超え

18

以下

18

を超え

30

以下

30

を超え

50

以下

50

を超え

80

以下

80

を超え

120

以下

120

を超え

180

以下

180

を超え

240

以下

10

以上

18

以下

±0.35

±0.25

±0.30

±0.35

18

を超え

30

以下

±0.40

±0.25

±0.30

±0.40

±0.40

30

を超え

50

以下

±0.50

±0.30

±0.30

±0.40

±0.50

±0.50

50

を超え

80

以下

±0.70

±0.30

±0.35

±0.45

±0.60

±0.70

±0.70

80

を超え

120

以下

±1.0

±0.40

±0.50

±0.60

±0.70

±0.80

±1.0

120

を超え

180

以下

±1.4

±0.55

±0.70

±0.80

±1.0

±1.1

±1.4

180

を超え

240

以下

±1.8

±0.70

±0.90

±1.1

±1.3

±1.6

±1.8

240

を超え

350

以下

±2.2

±0.80

±0.90

±1.2

±1.4

±1.7

±1.9


22

H 4040

:2015

表 12−押出棒(長方形断面)の幅及び厚さの許容差(合金グループ 2,特殊級)(続き) 

単位  mm

幅の

許容差

厚さの許容差

厚さ

2

以上

6

以下

6

を超え

10

以下

10

を超え

18

以下

18

を超え

30

以下

30

を超え

50

以下

50

を超え

80

以下

80

を超え

120

以下

120

を超え

180

以下

180

を超え

240

以下

350

を超え

450

以下

±2.8

±1.1

±1.4

±1.8

±2.1

±2.3

450

を超え

600

以下

±3.5

±1.2

±1.4

±1.8

6.2.1.2 

押出棒(長方形断面)の長さの許容差 

押出棒(長方形断面)の長さの許容差は,

表 13 による。

なお,

表 13 に規定する寸法以外の長さの許容差は,受渡当事者間の協定による。

表 13−押出棒(長方形断面)の長さの許容差 

単位  mm

長さの許容差

長さ

2 000

以下

2 000

を超え

5 000

以下

5 000

を超え

8 000

以下

100

以下

+5

0

+7

0

+10

0

 100

を超え 200 以下

+7

0

+9

0

+12

0

 200

を超え 450 以下

+8

0

+11

0

+14

0

 450

を超え 600 以下

+9

0

+12

0

+16

0

6.2.2 

押出棒(長方形断面)の形状 

6.2.2.1 

一般事項 

平らさ,曲がり及びねじれは,押出棒を定盤などの基準平面上に置き,その押出棒自体の質量によって

変形が最小になった状態で測定した値とする。このとき,曲がりは,押出棒の曲がりが最も大きい方向を

上下にして測定する。

6.2.2.2 

押出棒(長方形断面)の平らさ 

押出棒(長方形断面)の平らさは,

表 14 による。平らさ は,図 による。ただし,平らさは,質別 O,

H111

,H112 及び TX510 の材料には適用しない。

なお,

表 14 に規定する寸法以外の平らさは,受渡当事者間の協定による。


23

H 4040

:2015

表 14−押出棒(長方形断面)の平らさ 

単位  mm

平らさ

 10

以上 30 以下

0.2

以下

 30

を超え 50 以下

0.3

以下

 50

を超え 80 以下

0.4

以下

 80

を超え 120 以下

0.6

以下

 120

を超え 180 以下

0.9

以下

 180

を超え 240 以下

1.2

以下

 240

を超え 350 以下

1.5

以下

 350

を超え 450 以下

2.0

以下

 450

を超え 600 以下

2.5

以下

e

平らさ

t

厚さ

b

図 1−平らさ 

6.2.2.3 

押出棒(長方形断面)の曲がり 

押出棒(長方形断面)の曲がりは,

表 15 による。曲がり h

s

及び h

t

は,

図 による。ただし,曲がりは,

質別 O,H111,H112 及び TX510 の材料には適用しない。また,任意の箇所の長さの曲がりは,注文者か

らの要求がある場合だけに適用する。

なお,

表 15 に規定する寸法以外の曲がりは,受渡当事者間の協定による。

表 15−押出棒(長方形断面)の曲がり 

単位  mm

厚さ

曲がり

任意の箇所の長さ

300

につき

h

s

全長(l

t

)につき

h

t

 10

以上 80 以下  10 以上 80 以下

1

以下

2

×l

t

/1 000

以下

 80

を超え 120 以下  10 以上 50 以下

1

以下

2

×l

t

/1 000

以下

 50

を超え 120 以下

1.5

以下

3

×l

t

/1 000

以下

 120

を超え 180 以下  10 以上 50 以下

1.5

以下

3

×l

t

/1 000

以下

 50

を超え 180 以下

2

以下

4

×l

t

/1 000

以下

 180

を超え 350 以下  10 以上 50 以下

2

以下

4

×l

t

/1 000

以下

 50

を超え 240 以下

4

以下

6

×l

t

/1 000

以下

 350

を超え 450 以下  30 以上 240 以下

4

以下

6

×l

t

/1 000

以下

 450

を超え 600 以下  30 を超え 120 以下

4

以下

6

×l

t

/1 000

以下


24

H 4040

:2015

l

t

全長

h

t

全長に対する曲がり

h

s

任意の箇所の長さ 300 mm

に対する曲がり

t

厚さ

図 2−曲がり(長さ方向の断面図) 

6.2.2.4 

押出棒(長方形断面)のねじれ 

押出棒(長方形断面)のねじれは,

表 16 による。ねじれ ν

1

は,

図 による。ただし,ねじれは,質別

O

,H111,H112 及び TX510 の材料には適用しない。また,任意の箇所の長さのねじれは,注文者からの

要求がある場合だけに適用する。

なお,

表 16 に規定する寸法以外のねじれは,受渡当事者間の協定による。

表 16−押出棒(長方形断面)のねじれ 

単位  mm

ねじれ

ν

1

任意の箇所の長さ

1 000

につき

5 000

以下の

全長につき

 10

以上 30 以下 1

以下

3

以下

 30

を超え 50 以下 1.5

以下

4

以下

 50

を超え 120 以下 2

以下

5

以下

 120

を超え 240 以下 3

以下

8

以下

 240

を超え 350 以下 4

以下 10 以下

 350

を超え 450 以下 5

以下 12 以下

 450

を超え 600 以下 6

以下 14 以下

ν

1

ねじれ

b

t

厚さ

図 3−ねじれ(長方形断面) 

6.2.2.5 

押出棒(長方形断面)の直角度 

押出棒(長方形断面)の直角度は,注文者からの要求がある場合,

表 17 による。直角度 は,図 によ

る。


25

H 4040

:2015

表 17−押出棒(長方形断面)の直角度 

単位  mm

厚さ

直角度

2

以上 10 以下

0.1

以下

 10

を超え 100 以下

0.01

×以下

 100

を超え 180 以下

1.0

以下

 180

を超え 240 以下

1.5

以下

z

直角度

b

t

厚さ

図 4−直角度(断面図) 

6.2.2.6 

押出棒(長方形断面)の隅角の半径 

押出棒(長方形断面)の隅角の半径は,

表 18 による。

なお,

表 18 に規定する寸法以外の隅角の半径は,受渡当事者間の協定による。

表 18−押出棒(長方形断面)の隅角の半径 

単位  mm

厚さ

隅角の半径

合金グループ 1

合金グループ 2

2

以上 10 以下

0.6

以下 1.0 以下

 10

を超え 30 以下

1.0

以下 1.5 以下

 30

を超え 80 以下

1.8

以下 2.5 以下

 80

を超え 120 以下

2.0

以下 3.0 以下

 120

を超え 180 以下

2.5

以下 4.0 以下

 180

を超え 240 以下

3.5

以下 5.0 以下

6.3 

押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の寸法の許容差及び形状 

6.3.1 

押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の寸法の許容差 

6.3.1.1 

押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の直径及び対辺距離の許容差 

押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の直径及び対辺距離の許容差は,

表 19 及び表 20 による。ただ

し,

表 19 及び表 20 において,押出棒(円形断面)は直径 8 mm 以上 350 mm 以下の寸法範囲を,押出棒

(正方形・正六角形断面)は対辺距離 10 mm 以上 220 mm 以下の寸法範囲を適用する。また,この許容差

は,全許容範囲と同一の範囲で(+)側だけ又は(−)側だけとしてもよい。

なお,

表 19 及び表 20 に規定する寸法以外の許容差は,受渡当事者間の協定による。


26

H 4040

:2015

表 19−押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の直径及び対辺距離の許容差及び真円度(普通級) 

単位  mm

直径又は対辺距離

直径又は対辺距離の許容差

真円度

合金グループ 1

合金グループ 2

合金グループ 1

合金グループ 2

8

以上 18 以下

±0.29

±0.39 0.29 以下 0.39 以下

 18

を超え 25 以下

±0.33

±0.46 0.33 以下 0.46 以下

 25

を超え 40 以下

±0.39

±0.52 0.39 以下 0.52 以下

 40

を超え 50 以下

±0.46

±0.59 0.46 以下 0.59 以下

 50

を超え 65 以下

±0.52

±0.65 0.52 以下 0.65 以下

 65

を超え 80 以下

±0.59

±0.91 0.59 以下 0.91 以下

 80

を超え 100 以下

±0.72

±1.2 0.72 以下 1.2 以下

 100

を超え 120 以下

±0.85

±1.3 0.85 以下 1.3 以下

 120

を超え 150 以下

±1.0

±1.6 1.0 以下 1.6 以下

 150

を超え 180 以下

±1.3

±1.8 1.3 以下 1.8 以下

 180

を超え 220 以下

±1.4

±2.2 1.4 以下 2.2 以下

 220

を超え 270 以下

±1.7

±2.6 1.7 以下 2.6 以下

 270

を超え 320 以下

±2.1

±3.3 2.1 以下 3.3 以下

 320

を超え 350 以下

±2.7

±3.9 2.7 以下 3.9 以下

表 20−押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の直径及び対辺距離の許容差及び真円度(特殊級) 

単位  mm

直径又は対辺距離

直径又は対辺距離の許容差

真円度

合金グループ 1

合金グループ 2

合金グループ 1

合金グループ 2

8

以上 18 以下

±0.22

±0.30 0.22 以下 0.30 以下

 18

を超え 25 以下

±0.25

±0.35 0.25 以下 0.35 以下

 25

を超え 40 以下

±0.30

±0.40 0.30 以下 0.40 以下

 40

を超え 50 以下

±0.35

±0.45 0.35 以下 0.45 以下

 50

を超え 65 以下

±0.40

±0.50 0.40 以下 0.50 以下

 65

を超え 80 以下

±0.50

±0.70 0.50 以下 0.70 以下

 80

を超え 100 以下

±0.55

±0.90 0.55 以下 0.90 以下

 100

を超え 120 以下

±0.65

±1.0 0.65 以下 1.0 以下

 120

を超え 150 以下

±0.80

±1.2 0.80 以下 1.2 以下

 150

を超え 180 以下

±1.0

±1.4 1.0 以下 1.4 以下

 180

を超え 220 以下

±1.15

±1.7 1.15 以下 1.7 以下

 220

を超え 270 以下

±1.3

±2.0 1.3 以下 2.0 以下

 270

を超え 320 以下

±1.6

±2.5 1.6 以下 2.5 以下

 320

を超え 350 以下

±2.1

±3.0 2.1 以下 3.0 以下

6.3.1.2 

押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の長さの許容差 

押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の長さの許容差は,

表 21 による。ただし,表 21 において,押

出棒(円形断面)は直径 8 mm 以上 350 mm 以下の寸法範囲を,押出棒(正方形・正六角形断面)は対辺

距離 10 mm 以上 220 mm 以下の寸法範囲を適用する。

なお,

表 21 に規定する寸法以外の長さの許容差は,受渡当事者間の協定による。


27

H 4040

:2015

表 21−押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の長さの許容差 

単位  mm

直径又は対辺距離

長さの許容差

長さ

2 000

以下

2 000

を超え

5 000

以下

5 000

を超え

8 000

以下

8

以上 100 以下

+5

0

+7

0

+10

0

 100

を超え 200 以下

+7

0

+9

0

+12

0

 200

を超え 350 以下

+8

0

+11

0

+14

0

6.3.2 

押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の形状 

6.3.2.1 

一般事項 

押出棒(円形断面)の真円度は,任意の 1 か所の測定断面における最大直径と最小直径との差とする。

曲がり及びねじれは,押出棒を定盤などの基準平面上に置き,その押出棒自体の質量によって変形が最

小になった状態で測定した値とする。このとき,曲がりは,押出棒の曲がりが最も大きい方向を上下にし

て測定する。

6.3.2.2 

押出棒(円形断面)の真円度 

押出棒(円形断面)の真円度は,

表 19 及び表 20 による。ただし,真円度は,直径の許容差に含まれる。

6.3.2.3 

押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の曲がり 

押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の曲がりは,

表 22 及び表 23 による。ただし,表 22 及び表 23

において,押出棒(円形断面)は直径 8 mm 以上 350 mm 以下の寸法範囲を,押出棒(正方形・正六角形

断面)は対辺距離 10 mm 以上 220 mm 以下の寸法範囲を適用する。曲がり h

s

及び h

t

は,

図 による。図 2

において,厚さは,直径又は対辺距離と読み替える。曲がりは,質別 O,H111,H112,及び TX510 の材

料には適用しない。また,任意の箇所の長さの曲がりは,注文者からの要求がある場合だけに適用する。

なお,

表 22 及び表 23 に規定する寸法以外の曲がりは,受渡当事者間の協定による。

表 22−押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の曲がり(普通級) 

単位  mm

直径又は対辺距離

曲がり

任意の箇所の長さ

300

につき

h

s

全長(l

t

)につき

h

t

8

以上 80 以下 0.8 以下

2

×l

t

/1 000

以下

 80

を超え 120 以下 1.0 以下

2

×l

t

/1 000

以下

 120

を超え 220 以下 1.5 以下

3

×l

t

/1 000

以下

 220

を超え 350 以下 3

以下

6

×l

t

/1 000

以下


28

H 4040

:2015

表 23−押出棒(円形・正方形・正六角形断面)の曲がり(特殊級) 

単位  mm

直径又は対辺距離

曲がり

任意の箇所の長さ

300

につき

h

s

全長(l

t

)につき

h

t

8

以上 80 以下 0.3 以下

1

×l

t

/1 000

以下

 80

を超え 120 以下 0.3 以下

1

×l

t

/1 000

以下

 120

を超え 220 以下 0.5 以下

2

×l

t

/1 000

以下

 220

を超え 350 以下 0.8 以下

3

×l

t

/1 000

以下

6.3.2.4 

押出棒(正方形・正六角形断面)のねじれ 

押出棒(正方形・正六角形断面)のねじれは,

表 24 による。ねじれ ν

1

は,

図 による。ただし,ねじ

れは,質別 O,H111,H112 及び TX510 の材料には適用しない。また,任意の箇所の長さのねじれは,注

文者からの要求がある場合だけに適用する。

なお,

表 24 に規定する寸法以外のねじれは,受渡当事者間の協定による。

表 24−押出棒(正方形・正六角形断面)のねじれ 

単位  mm

対辺距離

ねじれ

ν

1

正方形断面

正六角形断面

任意の箇所の長さ

1 000

につき

5 000

以下の

全長につき

任意の箇所の長さ

1 000

につき

5 000

以下の

全長につき

 10

以上 30 以下

1

以下

3

以下 1

以下 1.5 以下

 30

を超え 50 以下

1.5

以下

4

以下 1.5 以下 2.5 以下

 50

を超え 120 以下

2

以下

5

以下 2

以下 3

以下

 120

を超え 220 以下

3

以下

6

以下 2.5 以下 4

以下

s

対辺距離

ν

1

ねじれ

図 5−ねじれ(正方形,正六角形断面) 

6.3.2.5 

押出棒(正方形断面)の直角度 

押出棒(正方形断面)の直角度は,注文者からの要求がある場合,

表 25 による。直角度 は,図 によ

る。ただし,

図 において,厚さは,対辺距離と読み替える。


29

H 4040

:2015

表 25−押出棒(正方形断面)の直角度 

単位  mm

対辺距離

直角度

 10

以上 100 以下

0.01

×以下

 100

を超え 180 以下

1.0

以下

 180

を超え 220 以下

1.5

以下

6.3.2.6 

押出棒(正方形・正六角形断面)の隅角の半径 

押出棒(正方形・正六角形断面)の隅角の半径は,

表 26 による。

なお,

表 26 に規定する寸法以外の隅角の半径は,受渡当事者間の協定による。

表 26−押出棒(正方形・正六角形断面)の隅角の半径 

単位  mm

対辺距離

隅角の半径

正方形断面

正六角形断面

合金グループ 1

合金グループ 2

 10

以上 25 以下 1.0 以下 1.5 以下 1.5 以下

 25

を超え 50 以下 1.5 以下 2.0 以下 2.0 以下

 50

を超え 80 以下 2.0 以下 3.0 以下 3.0 以下

 80

を超え 120 以下 2.5 以下 3.0 以下 3.0 以下

 120

を超え 180 以下 2.5 以下 4.0 以下 4.0 以下

 180

を超え 220 以下 3.5 以下 5.0 以下 5.0 以下

6.4 

引抜棒(長方形断面)及び引抜線(長方形断面)の寸法の許容差及び形状 

6.4.1 

引抜棒(長方形断面)及び引抜線(長方形断面)の寸法の許容差 

6.4.1.1 

引抜棒(長方形断面)及び引抜線(長方形断面)の幅及び厚さの許容差 

引抜棒(長方形断面)及び引抜線(長方形断面)の幅及び厚さの許容差は,

表 27 及び表 28 による。寸

法は,隅角に影響されないように測定する。この許容差は,全許容範囲と同一の範囲で(+)側だけ又は

(−)側だけとしてもよい。

なお,

表 27 及び表 28 に規定する寸法以外の許容差は,受渡当事者間の協定による。

表 27−引抜棒(長方形断面)及び引抜線(長方形断面)の幅及び厚さの許容差(普通級) 

単位  mm

幅の

許容差

厚さの許容差

厚さ

2

以上

6

以下

6

を超え

10

以下

10

を超え

18

以下

18

を超え

30

以下

30

を超え

40

以下

40

を超え

60

以下

10

以下

±0.12

±0.09

±0.12

 10

を超え 18 以下

±0.15

±0.09

±0.12

±0.15

 18

を超え 30 以下

±0.23

±0.09

±0.12

±0.15

±0.23

 30

を超え 50 以下

±0.30

±0.12

±0.15

±0.18

±0.23

±0.30

 50

を超え 80 以下

±0.38

±0.15

±0.15

±0.18

±0.23

±0.30

±0.38

 80

を超え 120 以下

±0.42

±0.18

±0.23

±0.30

±0.38

±0.45

 120

を超え 160 以下

±0.48

±0.23

±0.30

±0.45

±0.53

 160

を超え 200 以下

±0.53

±0.30

±0.38

±0.53

±0.60


30

H 4040

:2015

表 28−引抜棒(長方形断面)及び引抜線(長方形断面)の幅及び厚さの許容差(特殊級) 

単位  mm

幅の

許容差

厚さの許容差

厚さ

2

以上

6

以下

6

を超え

10

以下

10

を超え

18

以下

18

を超え

30

以下

30

を超え

40

以下

40

を超え

60

以下

10

以下

±0.08

±0.06

±0.08

 10

を超え 18 以下

±0.10

±0.06

±0.08

±0.10

 18

を超え 30 以下

±0.15

±0.06

±0.08

±0.10

±0.15

 30

を超え 50 以下

±0.20

±0.08

±0.10

±0.12

±0.15

±0.20

 50

を超え 80 以下

±0.25

±0.10

±0.10

±0.12

±0.15

±0.20

±0.25

 80

を超え 120 以下

±0.28

±0.12

±0.15

±0.20

±0.25

±0.30

 120

を超え 160 以下

±0.32

±0.15

±0.20

±0.30

±0.35

 160

を超え 200 以下

±0.35

±0.20

±0.25

±0.35

±0.40

6.4.1.2 

引抜棒(長方形断面)の長さの許容差 

引抜棒(長方形断面)の長さの許容差は,

表 29 による。

なお,

表 29 に規定する寸法以外の長さの許容差は,受渡当事者間の協定による。

表 29−引抜棒(長方形断面)の長さの許容差 

単位  mm

長さの許容差

長さ

250

以下

250

を超え

1 000

以下

1 000

を超え

2 000

以下

2 000

を超え

5 000

以下

30

以下

+1

0

+2

0

+3

0

+5

0

 30

を超え 50 以下

+2

0

+3

0

+4

0

+6

0

 50

を超え 120 以下

+2.5

0

+4

0

+5

0

+7

0

 120

を超え 200 以下

+3

0

+5

0

+6

0

+8

0

6.4.2 

引抜棒(長方形断面)の形状 

6.4.2.1 

一般事項 

平らさ,曲がり及びねじれは,引抜棒を定盤などの基準平面上に置き,その引抜棒自体の質量によって

変形が最小になった状態で測定した値とする。このとき,曲がりは,引抜棒の曲がりが最も大きい方向を

上下にして測定する。

6.4.2.2 

引抜棒(長方形断面)の平らさ 

引抜棒(長方形断面)の平らさは,

表 30 による。平らさ は,図 による。ただし,平らさは,質別 O,

H111

及び TX510 の材料には適用しない。

なお,

表 30 に規定する寸法以外の平らさは,受渡当事者間の協定による。


31

H 4040

:2015

表 30−引抜棒(長方形断面)の平らさ 

単位  mm

平らさ

30

以下

0.2

以下

 30

を超え 50 以下

0.3

以下

 50

を超え 80 以下

0.4

以下

 80

を超え 120 以下

0.6

以下

 120

を超え 200 以下

0.9

以下

6.4.2.3 

引抜棒(長方形断面)の曲がり 

引抜棒(長方形断面)の曲がりは,

表 31 による。曲がり h

s

及び h

t

は,

図 による。ただし,曲がりは,

質別 O,H111 及び TX510 の材料には適用しない。また,任意の箇所の長さの曲がりは,注文者からの要

求がある場合だけに適用する。

なお,

表 31 に規定する寸法以外の曲がりは,受渡当事者間の協定による。

表 31−引抜棒(長方形断面)の曲がり 

単位  mm

厚さ

曲がり

任意の箇所の長さ

300

につき

h

s

全長(l

t

)につき

h

t

200

以下

2

以上 60 以下

0.6

以下

2

×l

t

/1 000

以下

6.4.2.4 

引抜棒(長方形断面)のねじれ 

引抜棒(長方形断面)のねじれは,

表 32 による。ねじれ ν

1

は,

図 による。ただし,ねじれは,質別

O

,H111 及び TX510 の材料には適用しない。また,任意の箇所の長さのねじれは,注文者からの要求があ

る場合だけに適用する。

なお,

表 32 に規定する寸法以外のねじれは,受渡当事者間の協定による。

表 32−引抜棒(長方形断面)のねじれ 

単位  mm

ねじれ

ν

1

任意の箇所の長さ

1 000

につき

5 000

以下の

全長につき

30

以下 1.5 以下

3

以下

 30

を超え 50 以下 2

以下

5

以下

 50

を超え 120 以下 3

以下

7

以下

 120

を超え 200 以下 4

以下 10 以下

6.4.2.5 

引抜棒(長方形断面)の直角度 

引抜棒(長方形断面)の直角度は,注文者からの要求がある場合,

表 33 による。直角度 は,図 によ

る。


32

H 4040

:2015

表 33−引抜棒(長方形断面)の直角度 

単位  mm

厚さ

直角度

2

以上 60 以下

0.005

×以下

6.4.2.6 

引抜棒(長方形断面)の隅角の半径 

引抜棒(長方形断面)の隅角の半径は,

表 34 による。

なお,

表 34 に規定する寸法以外の隅角の半径は,受渡当事者間の協定による。

表 34−引抜棒(長方形断面)の隅角の半径 

単位  mm

厚さ

隅角の半径

合金グループ 1

合金グループ 2

10

以下

0.4

以下 0.6 以下

 10

を超え 40 以下

0.8

以下 1.0 以下

 40

を超え 60 以下

1.5

以下 2.0 以下

6.5 

引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の寸法の許容差及び形状 

6.5.1 

引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の寸法の許容差 

6.5.1.1 

引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の直径の許容差 

引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の直径の許容差は,

表 35 及び表 36 による。両側許容差又

は片側許容差のいずれを選択するかは,受渡当事者間の協定による。

なお,

表 35 及び表 36 に規定する寸法以外の許容差は,受渡当事者間の協定による。

表 35−引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の直径の許容差及び真円度(普通級) 

単位  mm

直径

両側許容差を適用する場合

片側許容差を適用する場合

直径の許容差

真円度

直径の許容差

真円度

1

以上

3

以下

±0.05 0.05 以下 0

−0.09

0.045

以下

3

を超え

6

以下

±0.06 0.06 以下 0

−0.12

0.06

以下

6

を超え 10 以下

±0.08 0.08 以下 0

−0.14

0.07

以下

 10

を超え 18 以下

±0.09 0.09 以下 0

−0.17

0.085

以下

 18

を超え 30 以下

±0.11 0.11 以下 0

−0.20

0.10

以下

 30

を超え 50 以下

±0.15 0.15 以下 0

−0.24

0.12

以下

 50

を超え 65 以下

±0.23 0.23 以下 0

−0.29

0.145

以下

 65

を超え 80 以下

±0.27 0.27 以下 0

−0.45

0.23

以下

 80

を超え 100 以下

±0.30 0.30 以下 0

−0.53

0.27

以下


33

H 4040

:2015

表 36−引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の直径の許容差及び真円度(特殊級) 

単位  mm

直径

両側許容差を適用する場合

片側許容差を適用する場合

直径の許容差

真円度

直径の許容差

真円度

1

以上

3

以下

±0.03 0.03 以下 0

−0.06

0.03

以下

3

を超え

6

以下

±0.04 0.04 以下 0

−0.08

0.04

以下

6

を超え 10 以下

±0.05 0.05 以下 0

−0.09

0.045

以下

 10

を超え 18 以下

±0.06 0.06 以下 0

−0.11

0.055

以下

 18

を超え 30 以下

±0.07 0.07 以下 0

−0.13

0.065

以下

 30

を超え 50 以下

±0.10 0.10 以下 0

−0.16

0.08

以下

 50

を超え 65 以下

±0.15 0.15 以下 0

−0.19

0.095

以下

 65

を超え 80 以下

±0.18 0.18 以下 0

−0.30

0.150

以下

 80

を超え 100 以下

±0.20 0.20 以下 0

−0.35

0.180

以下

6.5.1.2 

引抜棒(円形断面)の長さの許容差 

引抜棒(円形断面)の長さの許容差は,

表 37 による。

なお,

表 37 に規定する寸法以外の長さの許容差は,受渡当事者間の協定による。

表 37−引抜棒(円形断面)の長さの許容差 

単位  mm

直径

長さの許容差

長さ

2 000

以下

2 000

を超え

5 000

以下

5 000

を超え

10 000

以下

10 000

を超え

15 000

以下

 10

以上 100 以下

+4

0

+6

0

+9

0

+12

0

6.5.2 

引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の形状 

6.5.2.1 

一般事項 

引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の真円度は,任意の 1 か所の測定断面における最大直径と

最小直径との差とする。

曲がりは,引抜棒の曲がりが最も大きい方向を上下にして定盤などの基準平面上に置き,その引抜棒自

体の質量によって曲がりが最小になった状態で測定した値とする。

6.5.2.2 

引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の真円度 

引抜棒(円形断面)及び引抜線(円形断面)の真円度は,

表 35 及び表 36 による。ただし,真円度は,

直径の許容差に含まれる。


34

H 4040

:2015

6.5.2.3 

引抜棒(円形断面)の曲がり 

引抜棒(円形断面)の曲がりは,

表 38 による。曲がり h

s

及び h

t

は,

図 による。ただし,図 におい

て,厚さは,直径と読み替える。また,曲がりは,質別 O,H111 及び TX510 の材料には適用しない。ま

た,任意の箇所の長さの曲がりは,注文者からの要求がある場合だけに適用する。

なお,

表 38 に規定する寸法以外の曲がりは,受渡当事者間の協定による。

表 38−引抜棒(円形断面)の曲がり 

単位  mm

直径

曲がり

任意の箇所の長さ

300

につき

h

s

全長(l

t

)につき

h

t

 10

以上 100 以下 0.6 以下

2

×l

t

/1 000

以下

6.6 

引抜棒(正方形・正六角形断面)及び引抜線(正方形・正六角形断面)の寸法の許容差及び形状 

6.6.1 

引抜棒(正方形・正六角形断面)及び引抜線(正方形・正六角形断面)の寸法の許容差 

6.6.1.1 

引抜棒(正方形・正六角形断面)及び引抜線(正方形・正六角形断面)の対辺距離の許容差 

引抜棒(正方形・正六角形断面)及び引抜線(正方形・正六角形断面)の対辺距離の許容差は,

表 39

及び

表 40 による。両側許容差又は片側許容差のいずれを選択するかは,受渡当事者間の協定による。

なお,

表 39 及び表 40 に規定する寸法以外の許容差は,受渡当事者間の協定による。

表 39−引抜棒(正方形・正六角形断面)及び引抜線(正方形・正六角形断面)の 

対辺距離の許容差(普通級) 

単位  mm

対辺距離

対辺距離の許容差

両側許容差

片側許容差

3

以下

±0.08 0

−0.09

3

を超え

6

以下

±0.08 0

−0.12

6

を超え 10 以下

±0.08 0

−0.14

 10

を超え 18 以下

±0.10 0

−0.17

 18

を超え 30 以下

±0.12 0

−0.20

 30

を超え 50 以下

±0.20 0

−0.24

 50

を超え 65 以下

±0.23 0

−0.30

 65

を超え 80 以下

±0.30 0

−0.45

 80

を超え 100 以下

±0.45 0

−0.53


35

H 4040

:2015

表 40−引抜棒(正方形・正六角形断面)及び引抜線(正方形・正六角形断面)の 

対辺距離の許容差(特殊級) 

単位  mm

対辺距離

対辺距離の許容差

両側許容差

片側許容差

3

以下

±0.05 0

−0.06

3

を超え

6

以下

±0.05 0

−0.08

6

を超え 10 以下

±0.05 0

−0.09

 10

を超え 18 以下

±0.06 0

−0.11

 18

を超え 30 以下

±0.08 0

−0.13

 30

を超え 50 以下

±0.13 0

−0.16

 50

を超え 65 以下

±0.16 0

−0.20

 65

を超え 80 以下

±0.20 0

−0.30

 80

を超え 100 以下

±0.30 0

−0.35

6.6.1.2 

引抜棒(正方形・正六角形断面)の長さの許容差 

引抜棒(正方形・正六角形断面)の長さの許容差は,

表 41 による。

なお,

表 41 に規定する寸法以外の長さの許容差は,受渡当事者間の協定による。

表 41−引抜棒(正方形・正六角形断面)の長さの許容差 

単位  mm

対辺距離

長さの許容差

長さ

250

以下

250

を超え

1 000

以下

1 000

を超え

2 000

以下

2 000

を超え

5 000

以下

30

以下

+1

0

+2

0

+3

0

+5

0

 30

を超え 50 以下

+2

0

+3

0

+4

0

+6

0

 50

を超え 100 以下

+2.5

0

+4

0

+5

0

+7

0

6.6.2 

引抜棒(正方形・正六角形断面)の形状 

6.6.2.1 

一般事項 

曲がり及びねじれは,引抜棒を定盤などの基準平面上に置き,その引抜棒自体の質量によって変形が最

小になった状態で測定した値とする。このとき,曲がりは,引抜棒の曲がりが最も大きい方向を上下にし

て測定する。


36

H 4040

:2015

6.6.2.2 

引抜棒(正方形・正六角形断面)の曲がり 

引抜棒(正方形・正六角形断面)の曲がりは,

表 42 による。曲がり h

s

及び h

t

は,

図 による。ただし,

図 において,厚さは,対辺距離と読み替える。曲がりは,質別 O,H111 及び TX510 の材料には適用し

ない。また,任意の箇所の長さの曲がりは,注文者からの要求がある場合だけに適用する。

なお,

表 42 に規定する寸法以外の曲がりは,受渡当事者間の協定による。

表 42−引抜棒(正方形・正六角形断面)の曲がり 

単位  mm

対辺距離

曲がり

任意の箇所の長さ

300

につき

h

s

全長(l

t

)につき

h

t

100

以下 0.6 以下

2

×l

t

/1 000

以下

6.6.2.3 

引抜棒(正方形・正六角形断面)のねじれ 

引抜棒(正方形・正六角形断面)のねじれは,

表 43 による。ねじれ ν

1

は,

図 による。ただし,ねじ

れは,質別 O,H111 及び TX510 の材料には適用しない。また,任意の箇所の長さのねじれは,注文者か

らの要求がある場合だけに適用する。

なお,

表 43 に規定する寸法以外のねじれは,受渡当事者間の協定による。

表 43−引抜棒(正方形・正六角形断面)のねじれ 

単位  mm

対辺距離

ねじれ

ν

1

任意の箇所の長さ

1 000

につき

5 000

以下の

全長につき

50

以下 1.5 以下

3

以下

 50

を超え 100 以下

2

以下

5

以下

6.6.2.4 

引抜棒(正方形断面)の直角度 

引抜棒(正方形断面)の直角度は,注文者からの要求がある場合,

表 44 による。直角度 は,図 によ

る。ただし,

図 において,厚さは対辺距離と読み替える。

表 44−引抜棒(正方形断面)の直角度 

単位  mm

対辺距離

直角度

2

以上 100 以下

0.005

×以下

6.6.2.5 

引抜棒(正方形・正六角形断面)の隅角の半径 

引抜棒(正方形・正六角形断面)の隅角の半径は,

表 45 による。

なお,

表 45 に規定する寸法以外の隅角の半径は,受渡当事者間の協定による。


37

H 4040

:2015

表 45−引抜棒(正方形・正六角形断面)の隅角の半径 

単位  mm

対辺距離

隅角の半径

10

以下

0.4

以下

 10

を超え 40 以下

0.8

以下

 40

を超え 80 以下

1.2

以下

 80

を超え 100 以下

2.0

以下

試験 

7.1 

分析試験 

化学成分の分析試験は,次に示す JIS による。

JIS H 1305

JIS H 1306JIS H 1307JIS H 1351JIS H 1352JIS H 1353JIS H 1354JIS H 1355

JIS H 1356

JIS H 1357JIS H 1358JIS H 1359JIS H 1360JIS H 1361JIS H 1362JIS H 1363

JIS H 1364

JIS H 1365JIS H 1366JIS H 1367JIS H 1368

また,アルミニウム純度 99.00 %以上の成分値の表し方は,JIS H 1351 による。

なお,その他の元素の分析試験において,該当する JIS がない場合は,受渡当事者間の協定による。

7.2 

引張試験 

引張試験は,JIS Z 2241 に基づき,試験片の種類は,

表 46 による。試験片の採取位置は,附属書 

よる。また,試験片の採取方向は,受渡当事者間での協定がない限り,展伸加工方向に採取する。

表 46−試験片の種類 

径,厚さ又は対辺距離

mm

断面形状

試験片の種類

20

以下

長方形

5

号試験片又は 13B 号試験片。

なお,5 号試験片又は 13B 号試験片がとれない場合は,14B 号試験片

とする。

円形,正方形,
正六角形

4

号試験片

a)

又は 10 号試験片。

なお,4 号試験片又は 10 号試験片がとれない場合は,2 号試験片又は

14A

号試験片とする。

20

を超え

全断面形状

4

号試験片又は 10 号試験片。

a)

  JIS Z 2241

に規定の寸法によることができない場合には,L

0

0

S

0

:試験片の平行部の断面積)によっ

て平行部の径及び標点距離を定めてもよい。

7.3 

曲げ試験 

7.3.1 

リベット材 

リベット材の曲げ試験は,長さ方向に,JIS Z 2241 の 2 号試験片を採取し,JIS Z 2248 によって密着曲

げを行う。

7.3.2 

導体 

導体の曲げ試験は,長さ方向に,JIS Z 2241 の 1A 号試験片又は 1B 号試験片を採取し,JIS Z 2248 に従

い,

表 47 によって 90°曲げを行う。


38

H 4040

:2015

表 47−曲げ試験内側半径 

記号

質別

曲げ試験

厚さ

mm

内側半径

A1060BE

A1060BES

H112

3

以上 16 以下

厚さの 1 倍

A6101BE

A6101BES

T6

3

以上

9

以下

厚さの 2 倍

  9

を超え 16 以下

厚さの 2.5 倍

T7

3

以上 13 以下

厚さの 1 倍

 13

を超え 17 以下

厚さの 2 倍

7.4 

圧縮試験 

圧縮試験は,長さ方向に,径の 2 倍の長さの試験片を採取し,試験前の試験片長さの 1/3 の長さになる

まで圧縮したとき,試験片の外側の割れの有無を調べる。

7.5 

導電率試験 

導電率試験は,JIS H 0505 によって行う。

なお,JIS H 0505 に規定された条件で,渦電流式導電率計を用いて測定してもよい。

7.6 

応力腐食割れ試験 

応力腐食割れ試験は,JIS H 8711EN 754-1 又は EN 755-1 によって行う。

注記 1  EN 754-1 及び EN 755-1 には,ASTM G47 が引用されているため,ASTM G47 は,EN 754-1

及び EN 755-1 と同等である。

注記 2  EN 754-1 は,対応国際規格である ISO 6363-2 に記載がないが,記載漏れであるため追加した。

7.7 

試験試料の採取数 

引張試験,曲げ試験,圧縮試験及び導電率試験は,特に注文者の指定がない限り,合金番号,製品区分,

等級,質別及び断面寸法の同じ棒又は線につき,通常,次を一組の検査ロットとし,各組から任意に 1 本

以上を採取し,試験片を作る。

− 1

m

当たり 1 kg 以下のものは,1 000 kg 及びその端数

− 1

m

当たり 1 kg を超え 5 kg 以下のものは,2 000 kg 及びその端数

− 1

m

当たり 5 kg を超えるものは,3 000 kg 及びその端数

検査 

検査は,次による。

a)

一般事項は,JIS H 0321 による。

b)

製品は,外観・寸法を検査するとともに箇条 によって試験を行い,箇条 及び箇条 の規定に適合

したものを合格とする。

表示 

この規格の全ての要求事項に適合した押出棒,引抜棒及び引抜線は,特に指定がない限り,1 包装ごと,

一束ごと,又は 1 製品ごとに貼付ラベルなど適切な方法によって,次の事項を表示しなければならない。

a)

規格番号及び製品記号(記号及び質別)

例 1  JIS H 4040  A5083BES-O

b)

寸法


39

H 4040

:2015

例 2  棒の場合  断面寸法及び長さ

例 2.1

長方形棒の場合 20×60×2 000 (厚さ×幅×長さ)

例 2.2

円形棒の場合 20×2 000

(径×長さ)

例 2.3

正方形及び正六角形棒の場合 20×2 000

(対辺距離×長さ)

例 3  線の場合  断面寸法

例 3.1

長方形線の場合 20×60

(厚さ×幅)

例 3.2

円形線の場合 20

(径)

例 3.3

正方形及び正六角形線の場合 20

(対辺距離)

c)

製造番号,製造年月又はその略号

d)

製造業者名又はその略号


40

H 4040

:2015

附属書 A

(規定)

引張試験片の採取位置

A.1 

長方形断面 

A.1.1 

厚さ 20 mm 以下 

長方形試験片をとる。展伸加工のままの表面を含んでよい。

A.1.2 

厚さ 20 mm を超え 40 mm 以下 

試験片は,

図 A.1 の斜線部からとる。幅方向の位置は,どちらの図を適用してもよい。

b  幅      t  厚さ

図 A.1−試験片採取位置(長方形断面,20 mmt40 mm 

A.1.3 

厚さ 40 mm を超えるもの 

試験片は,

図 A.2 の斜線部からとる。

b  幅      t  厚さ

図 A.2−試験片採取位置(長方形断面,40 mmt 

A.2 

円形,正方形及び正六角形断面 

A.2.1 

径又は対辺距離 40 mm 以下 

試験片は,

図 A.3 の斜線部からとる。


41

H 4040

:2015

d  直径      s  対辺距離

図 A.3−試験片採取位置(円形,正方形及び正六角形断面,又は s40 mm 

A.2.2 

径又は対辺距離 40 mm を超えるもの 

試験片は,

図 A.4 の斜線部からとる。

d  直径      s  対辺距離

図 A.4−試験片採取位置(円形,正方形及び正六角形断面,40 mm又は s 


42

H 4040

:2015

附属書 JA

(参考)

製品区分と断面形状との組合せによる寸法の許容差及び形状

JA.1 

製品区分と断面形状との組合せによる寸法の許容差及び形状 

製品区分と断面形状との組合せによる寸法の許容差及び形状について,適用する表番号の一覧を,

JA.1

に示す。

表 JA.1−製品区分と断面形状との組合せによる寸法の許容差及び形状の適用表 

適用する寸法

又は

適用する形状

製品区分

押出棒

引抜棒

引抜線

断面形状

長方形

円形

a)

正方形

b)

正六角形

長方形

円形

正方形

正六角形

長方形

円形

正方形

正六角形

適用する寸法

幅及び 
厚さ

表 9

表 12 

いずれか

表 27

又は

表 28 

表 27

又は

表 28 

直径又は

対辺距離

表 19

又は

表 20 

表 19

又は

表 20 

表 35

又は

表 36 

表 39

又は

表 40 

表 35

又は

表 36 

表 39

又は

表 40 

長さ

表 13 

表 21 

表 21 

表 29 

表 37 

表 41 

適用する形状

真円度

表 19

又は

表 20 

表 35

又は

表 36 

表 35

又は

表 36 

平らさ

c)

表 14 

表 30 

曲がり

c)d)

表 15 

表 22

又は

表 23 

表 22

又は

表 23 

表 31 

表 38 

表 42 

ねじれ

c)e)

表 16 

表 24 

表 32 

表 43 

直角度

f)

表 17 

表 25

g)

表 33 

表 44

g)

隅角の半径

表 18 

表 26 

表 34 

表 45 

a)

直径 8 mm 以上 350 mm 以下の押出棒(円形断面)に適用する。

b)

対辺距離 10 mm 以上 220 mm 以下の押出棒(正方形・正六角形断面)に適用する。

c)

押出棒では,質別 O,H111,H112 及び TX510 の材料には適用しない。また,引抜棒及び引抜線では,質別 O,

H111

及び TX510 の材料には適用しない。

d)

任意の箇所の長さの曲がりは,注文者の要求がある場合だけに適用する。

e)

任意の箇所の長さのねじれは,注文者の要求がある場合だけに適用する。

f)

注文者の要求がある場合だけに適用する。

g)

正方形の断面形状だけに適用する。

参考文献  IEC 60028,International standard of resistance for copper

ASTM G47

,Standard Test Method for Determining Susceptibility to Stress-Corrosion Cracking of

2XXX and 7XXX Aluminum Alloy Products


附属書 JB

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS H 4040:2015

  アルミニウム及びアルミニウム合金の棒及び

ISO 209:2007

,Aluminium and aluminium alloys−Chemical composition

ISO 6362-1:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Extruded rods/bars, tubes and profiles−

Part 1: Technical conditions for inspection and delivery

ISO 6362-2:2014

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Extruded rods/bars, tubes and profiles−

Part 2: Mechanical properties

ISO 6362-3:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Extruded rods/bars, tubes and profiles−

Part 3: Extruded rectangular bars

−Tolerances on shape and dimensions

ISO 6362-5:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Extruded rods/bars, tubes and profiles−

Part 5: Round, square and hexagonal bars

−Tolerances on shape and dimensions

ISO 6362-7:2014

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Extruded rods/bars, tubes and profiles−

Part 7: Chemical composition

ISO 6363-1:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Cold-drawn rods/bars, tubes and wires−

Part 1: Technical conditions for inspection and delivery

ISO 6363-2:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Cold-drawn rods/bars and tubes and wires

−Part 2: Mechanical properties

ISO 6363-3:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Cold-drawn rods/bars, tubes and wires−

Part 3: Drawn round bars and wires

−Tolerances on form and dimensions (symmetric plus and minus

tolerances on diameter)

ISO 6363-4:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Cold-drawn rods/bars, tubes and wires−

Part 4: Drawn rectangular bars and wires

−Tolerances on form and dimensions

ISO 6363-5:2012

,Wrought aluminium and aluminium alloys−Cold-drawn rods/bars, tubes and wires−

Part 5: Drawn square and hexagonal bars and wires

−Tolerances on form and dimensions

43

H

 404

0


2

015


44

H 4040

:2015

(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

1

適 用 範

押 出 加 工 又 は 引 抜

加 工 し た ア ル ミ ニ
ウ ム 及 び ア ル ミ ニ

ウム合金の棒,並び

に 引 抜 加 工 し た ア
ル ミ ニ ウ ム 及 び ア

ル ミ ニ ウ ム 合 金 の

線について規定

ISO 6362-1

ISO 6362-2

ISO 6362-3

ISO 6362-5

ISO 6362-7

1

押出加工した棒,管及び

形材について,化学成分,
機械的性質,寸法の許容

差,検査及び引渡しの技

術的条件などを,パート
ごとに規定

変更

JIS

は,規格体系を変更し,棒及び

線だけについて,押出加工したもの
及び引抜加工したものを一つの規

格として規定した。

国内の商取引に使用されている

ため,JIS は製品ごとに規定す
る。

変更

規格を適用する断面形状を,箇条 1

に規定した。

適用範囲を明確とするため,JIS

として規定する。

ISO 6363-1

ISO 6363-2

ISO 6363-3

ISO 6363-4

ISO 6363-5

1

引抜加工した棒及び線,

並びに管について,化学

成分,機械的性質,寸法
の許容差,検査及び引渡

しの技術的条件などを,

パートごとに規定

追加

“断面形状が正方形,長方形及び正

六角形の場合には,角の半径が指定
されている形状には適用しない。”

と規定した。

JIS H 4100

の適用範囲との違い

を明確にするため,JIS として規
定する。

2

引 用 規

3

用 語 及

び定義

押出棒,引抜棒及び
引抜線を規定

ISO 6362-1

3

押出加工した,棒,管及
び形材について規定

変更

押出加工では,棒に限定した。

国内の使用実績に合わせて,JIS
として規定する。

ISO 6363-1

3

引抜加工した,棒,線及

び管について規定

変更

引抜加工では,棒及び線に限定し

た。

4

合 金 番

号,

製品区

分 , 等 級

及び記号

合金番号を 41 種類

に分類し,合金番号,
製品区分,等級,記

号及び参考を規定

追加

合金番号,製品区分,等級,記号及

び参考を追加した。

国内の商取引に使用されている

ため,JIS として規定する。

5

品質 5.2

化学成分

ISO 209

ISO 6362-7

3

4

76

種類の合金について規

変更

ISO

規格合金のうち,35 種類は国

内での製造及び使用の実績がなく,

JIS

への追加を見送った。

JIS

への追加を見送った 35 種類

の合金は,国内での製造及び使用
の実績がなく,今後の商取引など

によって製造実績が確認された

場合,JIS への追加を検討する。

44

H

 404

0


2

015


(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

5

品質

(続き)

5.3

機械的性質

押 出 棒 の 機 械 的 性
質を規定(表 3)

ISO 6362-2

5

押出加工した棒,管及び

形材の機械的性質を規定

削除

棒に限定して規定し,管及び形材を

削除した。

国内の使用実績に合わせて,JIS

として規定する。

変更

押出後の溶体化状態保持のための
冷却条件の適用対象として,2011

など 5 合金を追加した。

国内製造の実情に合わせて,JIS
として規定する。

追加 7204-T4 の機械的性質の確認を T6

で行った場合に,報告書に記載する
こととした。

T4

又は T6 のどちらの質別で評

価したのかが分かるようにする
ため,JIS として規定する。

 5.3

機械的性質

引 抜 棒 及 び 引 抜 線

の 機 械 的 性 質 を 規
定(表 4)

ISO 6363-2

5

引抜加工した棒及び線,

並びに管の機械的性質を

規定

削除

棒及び線に限定して規定し,管を削

除した。

国内での使用実績に合わせて,

JIS

として規定する。

変更

押出後の溶体化状態保持のための

冷却条件の適用対象を,引抜による
加工を伴う T3,T8 及び T9 を基と

した質別をもつ合金とし,2011 な

ど 6 合金を追加した。引抜加工を伴
わない質別 T4 及び T6 について規

定した 6060 など 2 合金については

適用を削除した。

国内製造の実情に合わせて,JIS

として規定する。

削除 T4 などでの追加試験を規定した質

別 H13 の機械的性質を削除した。

T4

などで機械的性質は規定され

ており,H13 での規定は不要なた

め削除する。

 3003-H12

な ど の 耐 力 及

び伸びに,受渡当事者間
で取り決められる保証値

であることを注記で記載

削除

近年の技術水準において,これらの

数値の保証は可能であり,削除し
た。

国内製造の実情に合わせて,JIS

として規定する。

 5.4

曲げ特性及び圧

縮特性

追加

リベット材の曲げ特性及び圧縮特

性を追加した。

リベット材として適用する製品

の品質評価に必要なため,JIS 
して規定する。

導体に用いる材料の曲げ特性を追

加した。

導体として適用する製品の品質

評価に必要なため,JIS として規

定する。

45

H

 404

0


2

015


46

H 4040

:2015

(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

5

品質

(続き)

5.5

導電率

追加

合金番号 1060 及び 6101 に限定して

導電率を規定した。

国内の使用実績に合わせて,JIS

として規定する。

5.6

応力腐食割れ性

ISO 6362-1

ISO 6363-1

5.7

6.2.6

5.7

6.2.5

合金番号 7075 の応力腐
食割れ性を規定

変更

試験方法に関する記載を変更した。 技術的差異はない。

6

寸 法 の

許 容 差 及

び形状

6.2.1.1

押出棒(長方

形断面)の幅及び厚

さの許容差

ISO 6362-3

5.1.1

幅及び厚さの許容差につ
いて規定

追加

“普通級”を追加した。

“普通級”は,国内の商取引で使
用されているため,JIS として規

定する。

“表 9∼表 12 に規定する寸法以外

の許容差は,受渡当事者間の協定に
よる。

”を追加した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

削除

表 10 及び表 12 の幅及び厚さの許容

差の表中で,厚さが幅の 1/10 以下

の材料の規格値を削除した。

国内の商取引には使用されてい

ないため,削除する。

 6.2.1.2

押出棒(長方

形断面)の長さの許

容差

ISO 6362-3

5.1.3

長さの許容差について規

削除

“特定長さでの供給の場合,その寸
法を注文時に指定する。”を削除し

た。

長さ指定は,個別商取引となるた
め,JIS として規定する必要はな

く,削除する。

削除

“注文時に特定長さ又は最小長さ

の指定がない場合は,任意長さで供
給してもよい。任意長さにおける寸

法及びその許容差は,受渡当事者間

の協定による。

”を削除した。

任意長さにおける商取引を JIS

として規定する必要はなく,削除
した。

変更

表 13 の 長 さ 範 囲 の 上 限 に て ,
“5 000 を超え”を,

“5 000 を超え

8 000

以下”に変更した。

国内の商取引などで使用されて
いるため,JIS として規定する。

追加

“表 13 に規定する寸法以外の長さ

の許容差は,受渡当事者間の協定に
よる。

”を追加した。

ISO 6362-3

5.1.4

端面の直角度

削除

端面の直角度の規定を削除した。

国内の商取引には使用されてい

ないため,削除する。

46

H

 404

0


2

015


(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

6

寸 法 の

許 容 差 及
び形状

(続き)

6.2.2.2

押出棒(長方

形断面)の平らさ

ISO 6362-3

5.2.2

平らさについて規定

追加

質別 H111 及び H112 の材料には適

用しないことを追加した。 
“表 14 に規定する寸法以外の平ら

さは,受渡当事者間の協定による。

を追加した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

 6.2.2.3

押出棒(長方

形断面)の曲がり

ISO 6362-3

5.2.3

曲がりについて規定

追加

質別 H111 及び H112 の材料には適
用しないことを追加した。

“任意の箇所の長さの曲がりは,注

文者からの要求がある場合だけに
適用する。

”を追加した。

国内の商取引などで使用されて
いるため,JIS として規定する。

変更

“10 mm 未満の厚さの曲がりは,受

渡当事者間の協定による。”を“表

15

に規定する寸法以外の曲がりは,

受渡当事者間の協定による。”に変

更した。

 6.2.2.4

押出棒(長方

形断面)のねじれ

ISO 6362-3

5.2.4

ねじれについて規定

変更

表 16 の長さ範囲を“全長につき”

を“5 000 以下の全長につき”に変
更した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

追加

質別 H111 及び H112 の材料には適

用しないことを追加した。

“任意の箇所の長さのねじれは,注
文者からの要求がある場合だけに

適用する。

”を追加した。

“表 16 に規定する寸法以外のねじ
れは,受渡当事者間の協定による。

を追加した。

 6.2.2.5

押出棒(長方

形断面)の直角度

ISO 6362-3

5.2.5

直角度について規定

追加

直角度は,注文者からの要求がある

場合に適用することを追加した。

 6.2.2.6

押出棒(長方

形断面)の隅角の半

ISO 6362-3

5.1.2

隅角の半径について規定

追加

“表 18 に規定する寸法以外の隅角
の半径は,受渡当事者間の協定によ

る。

”を追加した。

47

H

 404

0


2

015


48

H 4040

:2015

(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

6

寸 法 の

許 容 差 及
び形状

(続き)

6.3.1.1

押 出 棒 ( 円

形・正方形・正六角
形断面)の直径及び

対辺距離の許容差

ISO 6362-5

5.1

直径及び対辺距離の許容

差について規定

追加

“普通級”を追加した。

“普通級”は,国内の商取引で使

用されているため,JIS として規
定する。

“表 19 及び表 20 に規定する寸法以

外の許容差は,受渡当事者間の協定

による。

”を追加した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

 6.3.1.2

押 出 棒 ( 円

形・正方形・正六角

形断面)の長さの許

容差

ISO 6362-5

5.4

長さについて規定

削除

“特定長さでの供給の場合,その寸
法は受渡当事者間の協定による。”

を削除した。

長さ指定は,個別商取引となるた
め,JIS として規定する必要はな

く,削除する。

追加

“表 21 に規定する寸法以外の長さ

の許容差は,受渡当事者間の協定に
よる。

”を追加した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

 6.3.2.2

押出棒(円形

断面)の真円度

ISO 6362-5

5.2

真円度について規定

追加

“普通級”を追加した。

“普通級”は,国内の商取引で使

用されているため,JIS として規

定する。

ISO 6362-5

5.5

端面の直角度

削除

端面の直角度の規定を削除した。

国内の商取引には使用されてい
ないため,削除する。

 6.3.2.3

押 出 棒 ( 円

形・正方形・正六角

形断面)の曲がり

ISO 6362-5

6.2

曲がりについて規定

追加

“特殊級”を追加した。

“特殊級”は,国内の商取引で使

用されているため,JIS として規

定する。

質別 H111 の材料には適用しないこ
とを追加した。

“任意の箇所の長さの曲がりは,注

文者からの要求がある場合だけに
適用する。

”を追加した。

“表 22 及び表 23 に規定する寸法以

外の曲がりは,受渡当事者間の協定
による。

”を追加した。

国内の商取引などで使用されて
いるため,JIS として規定する。

ISO 6362-5

6.3

表面の凹凸について規定

削除

表面の凹凸についての規定を削除

した。

国内の商取引には使用されてい

ないため,削除する。

48

H

 404

0


2

015


(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

6

寸 法 の

許 容 差 及
び形状

(続き)

6.3.2.4

押出棒(正方

形・正六角形断面)
のねじれ

ISO 6362-5

6.4

ねじれについて規定

変更

表 24 の長さ範囲を“全長につき”

を“5 000 以下の全長につき”に変
更した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

追加

質別 H111 の材料には適用しないこ

とを追加した。

“任意の箇所の長さのねじれは,注
文者からの要求がある場合だけに

適用する。

”を追加した。

“表 24 に規定する寸法以外のねじ
れは,受渡当事者間の協定による。

を追加した。

 6.3.2.5

押出棒(正方

形断面)の直角度

ISO 6362-5

6.5

直角度について規定

追加

直角度は,注文者からの要求がある

場合に適用することを追加した。

変更

表 25 の対辺距離において“240 mm
以下”を“220 mm 以下”に変更し

た。

 6.3.2.6

押出棒(正方

形・正六角形断面)
の隅角の半径

ISO 6362-5

5.3

隅角の半径について規定

追加

“表 26 に規定する寸法以外の隅角

の半径は,受渡当事者間の協定によ
る。

”を追加した。

 6.4.1.1

引抜棒(長方

形断面)及び引抜線

(長方形断面)の幅
及び厚さの許容差

ISO 6363-4

5.1

幅及び厚さの許容差につ

いて規定

追加

“普通級”を追加した。

“普通級”は,国内の商取引で使

用されているため,JIS として規

定する。

変更

“幅/厚さが 10 を超える場合の許
容差は,受渡当事者間の協定によ

る。

”を“表 27 及び表 28 に規定す

る寸法以外の許容差は,受渡当事者
間の協定による。

”に変更した。

国内の商取引などで使用されて
いるため,JIS として規定する。

49

H

 404

0


2

015


50

H 4040

:2015

(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

6

寸 法 の

許 容 差 及
び形状

(続き)

6.4.1.2

引抜棒(長方

形断面)の長さの許
容差

ISO 6363-4

5.2

長さについて規定

削除

表 29 の見出し欄から“5 000 mm を

超え”の列を削除した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

変更

“長さが 5 000 mm を超える場合の
許容差は,受渡当事者間の協定によ

る。

”を“表 29 に規定する寸法以外

の長さの許容差は,受渡当事者間の
協定による。

”に変更した。

ISO 6363-4

5.3

端面の直角度

削除

端面の直角度の規定を削除した。

国内の商取引には使用されてい

ないため,削除する。

 6.4.2.2

引抜棒(長方

形断面)の平らさ

ISO 6363-4

5.5.2

平らさについて規定

追加

質別 H111 及び TX510 の材料には適

用しないことを追加した。 
“表 30 に規定する寸法以外の平ら

さは,受渡当事者間の協定による。

を追加した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

 6.4.2.3

引抜棒(長方

形断面)の曲がり

ISO 6363-4

1

5.5.3

曲がりについて規定

追加

質別 H111 及び TX510 の材料には適
用しないことを追加した。

“任意の箇所の長さの曲がりは,注

文者からの要求がある場合だけに
適用する。

”を追加した。

“表 31 に規定する寸法以外の曲が

りは,受渡当事者間の協定による。

を追加した。

50

H

 404

0


2

015


(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

6

寸 法 の

許 容 差 及
び 形 状

(続き)

6.4.2.4

引抜棒(長方

形断面)のねじれ

ISO 6363-4

5.5.4

ねじれについて規定

削除

表 32 の見出し欄から“5 000 mm を

超え”の列を削除した。 
表 32 で,幅が“10 mm 以上 30 mm

以下”から“10 mm 以上”を削除し

た。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

追加

質別 H111 及び TX510 の材料には適
用しないことを追加した。

“任意の箇所の長さのねじれは,注

文者からの要求がある場合だけに
適用する。

”に変更した。

変更

“長さが 5 000 mm を超える場合の

許容差は,受渡当事者間の協定によ

る。

”及び“幅が 10 mm 未満のねじ

れは,受渡当事者間の協定による。

を“表 32 に規定する寸法以外のね

じれは,受渡当事者間の協定によ
る。

”に変更した。

 6.4.2.5

引抜棒(長方

形断面)の直角度

ISO 6363-4

5.5.5

直角度について規定

追加

直角度は,注文者からの要求がある

場合に適用することを追加した。

 6.4.2.6

引抜棒(長方

形断面)の隅角の半

ISO 6363-4

5.4

隅角の半径について規定

追加

“表 34 に規定する寸法以外の隅角

の半径は,受渡当事者間の協定によ
る。

”を追加した。

 6.5.1.1

引抜棒(円形

断 面 ) 及 び 引 抜 線

(円形断面)の直径
の許容差

ISO 6363-3

4.1

直径の許容差について規

追加

“普通級”を追加した。

“普通級”は,国内の商取引で使

用されているため,JIS として規

定する。

“表 35 及び表 36 に規定する寸法以
外の許容差は,受渡当事者間の協定

による。

”を追加した。

国内の商取引などで使用されて
いるため,JIS として規定する。

51

H

 404

0


2

015


52

H 4040

:2015

(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

6

寸 法 の

許 容 差 及
び形状

(続き)

6.5.1.2

引抜棒(円形

断面)の長さの許容

ISO 6363-3

4.4

長さの許容差について規

削除

“特定の長さは,受渡当事者間の協

定による。

”を削除した。

長さ指定は,個別商取引となるた

め,JIS として規定する必要はな
く,削除する。

追加

“表 37 に規定する寸法以外の長さ

の許容差は,受渡当事者間の協定に

よる。

”を追加した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

ISO 6363-3

4.5

端面の直角度

削除

端面の直角度の規定を削除した。

国内の商取引には使用されてい
ないため,削除する。

 6.5.2.2

引抜棒(円形

断 面 ) 及 び 引 抜 線

(円形断面)の真円

ISO 6363-3

4.2

真円度について規定

追加

“普通級”を追加した。

“普通級”は,国内の商取引で使

用されているため,JIS として規

定する。

削除

“真円度は,直径の許容差の半分を
超えてはならない。

”を削除した。

国内の商取引などで使用されて
いるため,JIS として規定する。

 6.5.2.3

引抜棒(円形

断面)の曲がり

ISO 6363-3

4.3

曲がりの最大値につき,

“任意の長さ 300 mm に

つき 2 mm/m”及び“全長
につき 2 mm/m”と規定

変更

最大値の表現を,

“任意の箇所の長

さ 300 mm につき 0.6 mm 以下”及

び“全長(l

t

 mm

)につき 2×l

t

/1 000

mm

以下”と変更した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

規格値に差異はない。

追加

質別 H111 の材料には適用しないこ

とを追加した。

“任意の箇所の長さの曲がりは,注
文者からの要求がある場合だけに

適用する。

”を追加した。

“表 38 に規定する寸法以外の曲が
りは,受渡当事者間の協定による。

を追加した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

 6.6.1.1

引抜棒(正方

形・正六角形断面)
及 び 引 抜 線 ( 正 方

形・正六角形断面)

の 対 辺 距 離 の 許 容

ISO 6363-5

4.1

対辺距離の許容差につい

て規定

追加

“普通級”を追加した。

“普通級”は,国内の商取引で使

用されているため,JIS として規
定する。

“表 39 及び表 40 に規定する寸法以

外の許容差は,受渡当事者間の協定

による。

”を追加した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

52

H

 404

0


2

015


(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

6

寸 法 の

許 容 差 及
び形状

(続き)

6.6.1.2

引抜棒(正方

形・正六角形断面)
の長さの許容差

ISO 6363-5

4.3

端面の直角度

削除

端面の直角度の規定を削除した。

国内の商取引には使用されてい

ないため,削除する。

6.6.2.2

引抜棒(正方

形・正六角形断面)

の曲がり

ISO 6363-5

1

4.5.2

曲がりについて規定

追加

質別 H111 及び TX510 の材料には適

用しないことを追加した。

“任意の箇所の長さの曲がりは,注
文者からの要求がある場合だけに

適用する。

”を追加した。

“表 42 に規定する寸法以外の曲が
りは,受渡当事者間の協定による。

を追加した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

ISO 6363-5

4.5.3

表面の凹凸について規定

削除

表面の凹凸についての規定を削除

した。

国内の商取引には使用されてい

ないため,削除する。

 6.6.2.3

引抜棒(正方

形・正六角形断面)

のねじれ

ISO 6363-5

4.5.4

ねじれについて規定

削除

表 43 の見出し欄から“5 000 mm を
超え”の列を削除した。

国内の商取引などで使用されて
いるため,JIS として規定する。

追加

質別 H111 及び TX510 の材料には適

用しないことを追加した。

“任意の箇所の長さのねじれは,注
文者からの要求がある場合だけに

適用する。

”を追加した。

変更

“長さが 5 000 mm を超える場合の

許容差は,受渡当事者間の協定によ
る。

”を“表 43 に規定する寸法以外

のねじれは,受渡当事者間の協定に

よる。

”に変更した。

 6.6.2.4

引抜棒(正方

形断面)の直角度

ISO 6363-5

4.5.5

直角度について規定

追加

直角度は,注文者からの要求がある
場合に適用することを追加した。

 6.6.2.5

引抜棒(正方

形・正六角形断面)

の隅角の半径

ISO 6363-5

4.4

隅角の半径について規定

追加

“表 45 に規定する寸法以外の隅角

の半径は,受渡当事者間の協定によ

る。

”を追加した。

国内の商取引などで使用されて

いるため,JIS として規定する。

53

H

 404

0


2

015


54

H 4040

:2015

(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

7

試験 7.1

分析試験

ISO 6362-1

ISO 6363-1

6.2.1

6.2.1

分析方法は供給者が決め

ると規定

変更

JIS

の分析試験方法に変更した。

国内で使用されている試験方法

を JIS として規定する。

 7.2

引張試験

ISO 6362-1

ISO 6363-1

6.2.2

6.2.2

ISO 6892-1

又は ASTM 

B557M

に よ る 試 験 を 規

変更

JIS Z 2241

に変更した。

追加

試験片の種類を追加した。

 7.3

曲げ試験

ISO 6362-1

6.2.5

ISO 7438

による試験を規

変更

JIS Z 2248

の曲げ試験方法に変更

した。

 7.4

圧縮試験

追加

圧縮試験を追加した。

 7.5

導電率試験

追加

JIS H 0505

の導電率試験を追加し

た。また,渦電流式導電率計を用い

てもよいとした。

 7.6

応力腐食割れ試

ISO 6362-1

ISO 6362-2

ISO 6363-1

ISO 6363-2

6.2.6

5

6.2.5

5

ISO 9591

又は EN 755-1

による試験を規定

変更

ISO 9591

を JIS H 8711 に変更した。

国際規格では,EN 754-1 が記載漏
れのため,追加した。

JIS H 8711

は ISO 9591 を基にし

て規定されたものであり,JIS 
して規定する。

 7.7

試験試料の採取

ISO 6362-1

ISO 6363-1

6.1.2

6.1.2

引張試験片の採取数を規

追加

曲げ試験,圧縮試験及び導電率試験

における試験片採取数を追加した。

国内で使用されている試験方法

の試験片数を JIS として規定す
る。

9

表示

押出棒,引抜棒及び

引 抜 線 に 表 示 す る

項目を規定

ISO 6362-1

ISO 6363-1

8

8

製品への表示は,受渡当

事者間の協定によるか,

注文書で指示された場合
に限り行うことを規定

変更

JIS

として必要な表示項目に変更し

た。

国内の商取引などで使用されて

いる表示項目を,JIS として規定

する。

附属書 A

(規定)

引 張 試 験 片 の 採 取

位置

ISO 6362-1

ISO 6363-1

附 属

断面形状及び板厚によっ

て引張試験片の採取位置

を規定

変更

採取基準板厚の 12.5 mm を 20 mm

へ変更した。

JIS Z 2241

での試験片寸法に準

じ,JIS として規定する。

附属書 JA
(参考)

54

H

 404

0


2

015


JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:

ISO 209:2007,ISO 6362-1:2012,ISO 6362-2:2014,ISO 6362-3:2012,ISO 6362-5:2012,ISO 6362-7:2014,ISO 6363-1:2012,

ISO 6363-2:2012

ISO 6363-3:2012,ISO 6363-4:2012,ISO 6363-5:2012,MOD)

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

−  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

−  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

−  MOD  国際規格を修正している。

55

H

 404

0


2

015