>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

H 2211

:2010

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  種類及び種類の記号

2

4

  製造方法

3

5

  品質

3

6

  試験

3

7

  検査

3

8

  表示

6

9

  報告

6

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表

7


H 2211

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本アル

ミニウム協会(JAA)

,社団法人日本アルミニウム合金協会(JARA)及び財団法人日本規格協会(JSA)か

ら,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経

て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS H 2211 :1999 は改正され,この規格に置き換えられた。

なお,平成 22 年 9 月 22 日までの間は,工業標準化法第 19 条第 1 項等の関係条項の規定に基づく JIS マ

ーク表示認証において,JIS H 2211:1999 によることができる。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。


日本工業規格

JIS

 H

2211

:2010

鋳物用アルミニウム合金地金

Aluminium alloy ingots for castings

序文

この規格は,2007 年に第 4 版として発行された鋳物に関する国際規格 ISO 3522 を基にして 2007 年に第

1

版として発行された地金規格 ISO 17615 への整合を図るとともに,

2010

年に改正された鋳物に関する JIS 

H 5202

に対応させ,作成した鋳物用アルミニウム合金地金に関する日本工業規格である。

なお,この規格では,従来の JIS H 2211 に規定された鋳物用アルミニウム合金地金をすべて規定すると

ともに,対応国際規格 ISO 17615 に規定された種類のうち,ダイカスト用アルミニウム合金地金を除く鋳

物用アルミニウム合金地金をすべて規定し,その種類は記号によって区別されている。また,この規格で

側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一覧表にその

説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格は,金型鋳物,砂型鋳物などのアルミニウム合金鋳物に使用するアルミニウム合金地金につい

て規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 17615:2007

,Aluminium and aluminium alloys−Alloyed ingots for remelting−Specifications

(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS H 0321

  非鉄金属材料の検査通則

JIS H 1305

  アルミニウム及びアルミニウム合金の発光分光分析方法

JIS H 1306

  アルミニウム及びアルミニウム合金の原子吸光分析方法

JIS H 1307

  アルミニウム及びアルミニウム合金の誘導結合プラズマ発光分光分析方法

JIS H 1352

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のけい素定量方法

JIS H 1353

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の鉄定量方法

JIS H 1354

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の銅定量方法

JIS H 1355

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のマンガン定量方法

JIS H 1356

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の亜鉛定量方法


2

H 2211

:2010

JIS H 1357

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のマグネシウム定量方法

JIS H 1358

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のクロム定量方法

JIS H 1359

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のチタン定量方法

JIS H 1360

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のニッケル定量方法

JIS H 1361

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のすず定量方法

JIS H 1362

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のバナジウム定量方法

JIS H 1363

  アルミニウム合金中のジルコニウム定量方法

JIS H 1364

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のビスマス定量方法

JIS H 1365

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のほう素定量方法

JIS H 1366

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の鉛定量方法

JIS H 5202

  アルミニウム合金鋳物

3

種類及び種類の記号

種類及び種類の記号は,

表 及び表 のとおりとする。

なお,

表 に示した種類は従来から日本工業規格で規定されている合金地金,表 に示した種類は対応

国際規格に規定されている合金地金を示す。

表 1−地金の種類の記号

種類の記号

a)

対応鋳物

b)

種類の記号

a)

対応鋳物

b)

AC1B.1

AC4D.1

AC1B.2

AC1B

AC4D.2

AC4D

AC2A.1

AC5A.1

AC2A.2

AC2A

AC5A.2

AC5A

AC2B.1

AC7A.1

AC2B.2

AC2B

AC7A.2

AC7A

AC3A.1

AC8A.1

AC3A.2

AC3A

AC8A.2

AC8A

AC4A.1

AC8B.1

AC4A.2

AC4A

AC8B.2

AC8B

AC4B.1

AC8C.1

AC4B.2

AC4B

AC8C.2

AC8C

AC4C.1

AC9A.1

AC4C.2

AC4C

AC9A.2

AC9A

AC4CH.1

AC9B.1

AC4CH.2

AC4CH

AC9B.2

AC9B

a)

種類の記号の“.1”は普通純度の地金,

“.2”は高純度の地金を表す。

b)

  JIS H 5202

に規定する鋳物の種類の記号を表す。


3

H 2211

:2010

表 2−地金の種類の記号(ISO 17615:2007 に規定の種類)

種類の記号

対応鋳物

a)

種類の記号

対応鋳物

a)

種類の記号

対応鋳物

a)

AC AlCu4Ti

Al Cu4Ti

AC AlSi9Mg

Al Si9Mg

AC AlSi8Cu3

Al Si8Cu3

AC AlCu4MgTi

Al Cu4MgTi

AC AlSi10Mg

Al Si10Mg

AC AlSi9Cu1Mg

Al Si9Cu1Mg

AC AlCu5AgMg

Al Cu5AgMg

AC AlSi10Mg(Cu)

Al Si10Mg(Cu)

AC AlSi12(Cu)

Al Si12(Cu)

AC AlSi11

Al Si11

AC AlSi5Cu1Mg

Al Si5Cu1Mg

AC AlSi12CuMgNi

Al Si12CuMgNi

AC AlSi12(a)

Al Si12(a)

AC AlSi5Cu3

Al Si5Cu3

AC AlSi17Cu4Mg

Al Si17Cu4Mg

AC AlSi12(b)

Al Si12(b)

AC AlSi5Cu3Mg

Al Si5Cu3Mg

AC AlMg3

Al Mg3

AC AlSi2MgTi

Al Si2MgTi

AC AlSi5Cu3Mn

Al Si5Cu3Mn

AC AlMg5

Al Mg5

AC AlSi7Mg

Al Si7Mg

AC AlSi6Cu4

Al Si6Cu4

AC AlMg5(Si)

Al Mg5(Si)

AC AlSi7Mg0.3

Al Si7Mg0.3

AC AlSi7Cu2

Al Si7Cu2

AC AlZn5Mg

Al Zn5Mg

AC AlSi7Mg0.6

Al Si7Mg0.6

AC AlSi7Cu3Mg

Al Si7Cu3Mg

AC AlZn10Si8Mg

Al Zn10Si8Mg

a)

  JIS H 5202

に規定する鋳物の種類の記号を示す。

4

製造方法

表 の種類の記号の純度区分が“.2”の製造に用いる原料のアルミニウムは,99.5 %Al 以上の純度の地

金又はそれに相当する純度の原料でなければならない。

5

品質

地金の品質は,次による。

a)

規定された成分規格を満足し,さらに,使用上有害な表面の汚れがなく,有害な溶さい(滓)などの

異物を含んではならない。

b)

化学成分は,

表 及び表 による。

6

試験

化学成分の分析試験は,次による。

JIS H 1305

JIS H 1306JIS H 1307JIS H 1352JIS H 1353JIS H 1354JIS H 1355JIS H 1356

JIS H 1357

JIS H 1358JIS H 1359JIS H 1360JIS H 1361JIS H 1362JIS H 1363JIS H 1364

JIS H 1365

及び JIS H 1366 のいずれかによる。

なお,ここに定めていない元素の分析方法は,受渡当事者間の協定による。

7

検査

検査は,次による。

a)

一般事項は,JIS H 0321 による。

b)

地金を鋳込むときに溶湯から分析試料を採る場合は,1 溶解ごとに 3 個以上の分析試料を採る。分析

試料は,できるだけ地金と同一品質を得るように,鋳型の形状,大きさ,鋳込みの時期などに注意し

なければならない。地金から分析試料を採る場合は,溶解番号ごとに 3 個以上の地金から採る。分析

値の報告は,平均値を用いる。ただし,個々の分析値の記録は保管する。

c)

地金は,外観を検査するとともに,分析試料は箇条 の規定によって試験を行い,箇条 に示す品質

を満足しなければならない。


表 3−地金の化学成分

単位  %

化学成分

a)

種類の記号

Cu

Si

Mg

Zn

Fe

Mn

Ni

Ti

Pb

Sn

Cr

Al

AC1B.1

4.2

∼5.0

0.30

以下

0.20

∼0.35

0.10

以下

0.30

以下

0.10

以下

0.05

以下

0.05

∼0.35

0.05

以下

0.05

以下

0.05

以下

残部

AC1B.2

4.2

∼5.0

0.30

以下

0.20

∼0.35

(0.03 以下)

0.25

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

0.05

∼0.35

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC2A.1

3.0

∼4.5

4.0

∼6.0

0.25

以下

0.55

以下

0.7

以下

0.55

以下

0.30

以下

0.20

以下

0.15

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

AC2A.2

3.0

∼4.5

4.0

∼6.0

0.25

以下

(0.03 以下)

0.30

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

0.20

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC2B.1

2.0

∼4.0

5.0

∼7.0

0.50

以下

1.0

以下

0.8

以下

0.50

以下

0.35

以下

0.20

以下

0.20

以下

0.10

以下

0.20

以下

残部

AC2B.2

2.0

∼4.0

5.0

∼7.0

0.50

以下

(0.03 以下)

0.30

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

0.20

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC3A.1

0.25

以下

10.0

∼13.0

0.15

以下

0.30

以下

0.7

以下

0.35

以下

0.10

以下

0.20

以下

0.10

以下

0.10

以下

0.15

以下

残部

AC3A.2

(0.05 以下)

10.0

∼13.0

(0.03 以下)

(0.03 以下)

0.30

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC4A.1

0.25

以下

8.0

∼10.0

0.35

∼0.6

0.25

以下

0.40

以下

0.30

∼0.6

0.10

以下

0.20

以下

0.10

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

AC4A.2

(0.05 以下)

8.0

∼10.0

0.35

∼0.6

(0.03 以下)

0.30

以下

0.30

∼0.6

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC4B.1

2.0

∼4.0

7.0

∼10.0

0.50

以下

1.0

以下

0.8

以下

0.50

以下

0.35

以下

0.20

以下

0.20

以下

0.10

以下

0.20

以下

残部

AC4B.2

2.0

∼4.0

7.0

∼10.0

0.50

以下

(0.03 以下)

0.30

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC4C.1

0.20

以下

6.5

∼7.5

0.25

∼0.4

0.3

以下

0.4

以下

0.6

以下

0.05

以下

0.20

以下

0.05

以下

0.05

以下

0.05

以下

残部

AC4C.2

(0.05 以下)

6.5

∼7.5

0.25

∼0.4

(0.03 以下)

0.3

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

0.20

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC4CH.1

0.10

以下

6.5

∼7.5

0.30

∼0.45

0.10

以下

0.17

以下

0.10

以下

0.05

以下

0.20

以下

0.05

以下

0.05

以下

0.05

以下

残部

AC4CH.2

b)

0.05

以下

6.5

∼7.5

0.30

∼0.45

0.03

以下

0.12

以下

0.03

以下

0.03

以下

0.20

以下

0.03

以下

0.03

以下

0.03

以下

残部

AC4D.1

1.0

∼1.5

4.5

∼5.5

0.45

∼0.6

0.5

以下

0.5

以下

0.5

以下

0.3

以下

0.2

以下

0.1

以下

0.1

以下

0.05

以下

残部

AC4D.2

1.0

∼1.5

4.5

∼5.5

0.45

∼0.6

(0.03 以下)

0.3

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

0.2

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC5A.1

3.5

∼4.5

0.7

以下

1.3

∼1.8

0.1

以下

0.6

以下

0.6

以下

1.7

∼2.3

0.2

以下

0.05

以下

0.05

以下

0.2

以下

残部

AC5A.2

3.5

∼4.5

0.5

以下

1.3

∼1.8

(0.03 以下)

0.4

以下

(0.03 以下)

1.7

∼2.3

0.2

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC7A.1

0.10

以下

0.20

以下

3.6

∼5.5

0.15

以下

0.25

以下

0.6

以下

0.05

以下

0.20

以下

0.05

以下

0.05

以下

0.15

以下

残部

AC7A.2

(0.05 以下)

0.20

以下

3.6

∼5.5

(0.03 以下)

0.20

以下

0.6

以下

(0.03 以下)

0.20

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC8A.1

0.8

∼1.3

11.0

∼13.0

0.8

∼1.3

0.15

以下

0.7

以下

0.15

以下

0.8

∼1.5

0.20

以下

0.05

以下

0.05

以下

0.10

以下

残部

AC8A.2

0.8

∼1.3

11.0

∼13.0

0.8

∼1.3

(0.03 以下)

0.40

以下

(0.03 以下)

0.8

∼1.5

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC8B.1

2.0

∼4.0

8.5

∼10.5

0.6

∼1.5

0.50

以下

0.8

以下

0.50

以下

0.10

∼1.0

0.20

以下

0.10

以下

0.10

以下

0.10

以下

残部

AC8B.2

2.0

∼4.0

8.5

∼10.5

0.6

∼1.5

(0.03 以下)

0.40

以下

(0.03 以下)

0.10

∼1.0

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC8C.1

2.0

∼4.0

8.5

∼10.5

0.6

∼1.5

0.50

以下

0.8

以下

0.50

以下

0.50

以下

0.20

以下

0.10

以下

0.10

以下

0.10

以下

残部

AC8C.2

2.0

∼4.0

8.5

∼10.5

0.6

∼1.5

(0.03 以下)

0.40

以下

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC9A.1

0.50

∼1.5

22

∼24

0.6

∼1.5

0.20

以下

0.7

以下

0.50

以下

0.50

∼1.5

0.20

以下

0.10

以下

0.10

以下

0.10

以下

残部

AC9A.2

0.50

∼1.5

22

∼24

0.6

∼1.5

(0.03 以下)

0.40

以下

(0.03 以下)

0.50

∼1.5

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

AC9B.1

0.50

∼1.5

18

∼20

0.6

∼1.5

0.20

以下

0.7

以下

0.50

以下

0.50

∼1.5

0.20

以下

0.10

以下

0.10

以下

0.10

以下

残部

AC9B.2

0.50

∼1.5

18

∼20

0.6

∼1.5

(0.03 以下)

0.40

以下

(0.03 以下)

0.50

∼1.5

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

(0.03 以下)

残部

この表に記載されていない元素の化学成分は,注文者の要求があった場合に限り分析を行う。

a)

括弧の中に示した数値の成分は,注文者の要求があったものに限り分析を行う。

b)

この表に記載されていない AC4CH の個々の元素の化学成分は 0.03 %以下,合計で 0.10 %以下とする。ただし,V 及び Bi の値は純度区分“.1”表示地金の場合

は 0.05 %以下,

“.2”表示地金の場合は 0.03 %以下とする。

4

H

 221

1


2010


表 4−地金の化学成分(ISO 17615:2007 に規定の種類)

単位  %

化学成分

種類の記号

Cu

Si

Mg

Zn

Fe

Mn

Ni

Ti

Pb

Sn

Cr

Al

AC AlCu4Ti

4.2

∼5.2

0.15

以下

0.07

以下

0.15

以下

0.55

以下

0.15

∼0.25

残部

AC AlCu4MgTi

4.2

∼5.0

0.15

以下

0.20

∼0.35

0.10

以下

0.30

以下

0.10

以下

0.05

以下

0.15

∼0.25

0.05

以下

0.05

以下

残部

AC AlCu5AgMg

a)

4.0

∼5.0

0.05

以下

0.20

∼0.35

0.05

以下

0.10

以下

0.20

∼0.40

0.15

∼0.35

残部

AC AlSi11

0.03

以下

10.0

∼11.8

0.45

以下

0.07

以下

0.15

以下

0.10

以下

0.15

以下

残部

AC AlSi12(a)

0.03

以下

10.5

∼13.5

0.10

以下

0.40

以下

0.35

以下

0.15

以下

残部

AC AlSi12(b)

0.10

以下

10.5

∼13.5

0.10

以下

0.15

以下

0.55

以下

0.55

以下

0.10

以下

0.15

以下

0.10

以下

残部

AC AlSi2MgTi

0.08

以下

1.6

∼2.4

0.50

∼0.65

0.10

以下

0.50

以下

0.30

∼0.50

0.05

以下

0.07

∼0.15

0.05

以下

0.05

以下

残部

AC AlSi7Mg

0.15

以下

6.5

∼7.5

0.25

∼0.65

0.15

以下

0.45

以下

0.35

以下

0.15

以下

0.05

∼0.20

0.15

以下

0.05

以下

残部

AC AlSi7Mg0.3

0.03

以下

6.5

∼7.5

0.30

∼0.45

0.07

以下

0.15

以下

0.10

以下

0.10

∼0.18

残部

AC AlSi7Mg0.6

0.03

以下

6.5

∼7.5

0.50

∼0.70

0.07

以下

0.15

以下

0.10

以下

0.10

∼0.18

残部

AC AlSi9Mg

0.03

以下

9.0

∼10.0

0.30

∼0.45

0.07

以下

0.15

以下

0.10

以下

0.15

以下

残部

AC AlSi10Mg

0.08

以下

9.0

∼11.0

0.25

∼0.45

0.10

以下

0.45

以下

0.45

以下

0.05

以下

0.15

以下

0.05

以下

0.05

以下

残部

AC AlSi10Mg(Cu)

0.30

以下

9.0

∼11.0

0.25

∼0.45

0.35

以下

0.55

以下

0.55

以下

0.15

以下

0.15

以下

0.10

以下

残部

AC AlSi5Cu1Mg

1.0

∼1.5

4.5

∼5.5

0.40

∼0.65

0.15

以下

0.55

以下

0.55

以下

0.25

以下

0.05

∼0.20

0.15

以下

0.05

以下

残部

AC AlSi5Cu3

2.6

∼3.6

4.5

∼6.0

0.05

以下

0.20

以下

0.50

以下

0.55

以下

0.10

以下

0.20

以下

0.10

以下

0.05

以下

残部

AC AlSi5Cu3Mg

2.6

∼3.6

4.5

∼6.0

0.20

∼0.45

0.20

以下

0.50

以下

0.55

以下

0.10

以下

0.20

以下

0.10

以下

0.05

以下

残部

AC AlSi5Cu3Mn

2.5

∼4.0

4.5

∼6.0

0.40

以下

0.55

以下

0.7

以下

0.20

∼0.55

0.30

以下

0.15

以下

0.20

以下

0.10

以下

残部

AC AlSi6Cu4

3.0

∼5.0

5.0

∼7.0

0.55

以下

2.0

以下

0.9

以下

0.20

∼0.65

0.45

以下

0.20

以下

0.30

以下

0.15

以下

0.15

以下

残部

AC AlSi7Cu2

1.5

∼2.5

6.0

∼8.0

0.35

以下

1.0

以下

0.7

以下

0.15

∼0.65

0.35

以下

0.20

以下

0.25

以下

0.15

以下

残部

AC AlSi7Cu3Mg

3.0

∼4.0

6.5

∼8.0

0.35

∼0.60

0.65

以下

0.7

以下

0.20

∼0.65

0.30

以下

0.20

以下

0.15

以下

0.10

以下

残部

AC AlSi8Cu3

2.0

∼3.5

7.5

∼9.5

0.15

∼0.55

1.2

以下

0.7

以下

0.15

∼0.65

0.35

以下

0.20

以下

0.25

以下

0.15

以下

残部

AC AlSi9Cu1Mg

0.8

∼1.3

8.3

∼9.7

0.30

∼0.65

0.8

以下

0.7

以下

0.15

∼0.55

0.20

以下

0.10

∼0.18

0.10

以下

0.10

以下

残部

AC AlSi12(Cu)

0.9

以下

10.5

∼13.5

0.35

以下

0.55

以下

0.7

以下

0.05

∼0.55

0.30

以下

0.15

以下

0.20

以下

0.10

以下

0.10

以下

残部

AC AlSi12CuMgNi

0.8

∼1.5

10.5

∼13.5

0.9

∼1.5

0.35

以下

0.6

以下

0.35

以下

0.7

∼1.3

0.20

以下

残部

AC AlSi17Cu4Mg

4.0

∼5.0

16.0

∼18.0

0.45

∼0.65

1.5

以下

1.0

以下

0.5

以下

0.3

以下

0.3

以下

残部

AC AlMg3

0.08

以下

0.45

以下

2.7

∼3.5

0.10

以下

0.45

以下

0.45

以下

0.15

以下

残部

AC AlMg5

0.05

以下

0.35

以下

4.8

∼6.5

0.10

以下

0.45

以下

0.45

以下

0.15

以下

残部

AC AlMg5(Si)

0.03

以下

1.3

以下

4.8

∼6.5

0.10

以下

0.45

以下

0.45

以下

0.15

以下

残部

AC AlZn5Mg

0.15

∼0.35

0.25

以下

0.45

∼0.70

4.50

∼6.00

0.70

以下

0.40

以下

0.05

以下

0.12

∼0.20

0.05

以下

0.05

以下

0.15

∼0.60

残部

AC AlZn10Si8Mg

0.08

以下

7.7

∼8.3

0.25

∼0.4

9.0

∼10.5

0.27

以下

0.10

以下

0.15

以下

残部

この表に記載されていない元素の化学成分及びこの表で規定されていない“−”の化学成分は,注文者の要求があった場合に限り分析を行う。

a)

 Ag

含有率は,0.4∼1.0 %とする。

5

H

 221

1


2010


6

H 2211

:2010

8

表示

地金の製品,包装又は出荷票のいずれかに,次の事項を適切な方法によって表示しなければならない。

a)

種類の記号

b)

溶解番号

c)

製造業者名又はその略号

9

報告

製造業者は,注文者に分析試験の結果を提出しなければならない。


附属書 JA

参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS H 2211: 2010

  鋳物用アルミニウム合金地金

ISO 17615:2007

  Aluminium and aluminium alloys−Alloyed ingots for remelting−

Specifications

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(II)

国際規

格番号

箇条
番号

内容

箇条ごとの
評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異の理
由及び今後の対策

1

適 用 範

金型,砂型などの鋳物
用アルミニウム合金地
金だけを対象にしてい

る。

 1

ダイカスト用を含めて
鋳物用アルミニウム合
金地金を対象にしてい

る。

削除

JIS

は金型・砂型鋳物用地

金組成だけ。ISO 規格はす
べての鋳物地金組成を規定

している。

JIS

は,ダイカスト地金については JIS 

H 2118

で規定しており,鋳物地金を規

定したこの規格と合わせて ISO 17615

に対応している。特に問題は生じてい
ないので,当面,現状を継続する。

2

引 用 規

3

種 類 及

び 種 類 の
記号

JIS H 2211

及び ISO 

17615:2007

中の鋳物用

地金を規定している。

表 1

ダ イ カ ス ト 用 及 び 金

型・砂型用地金のすべ
ての地金を対象にして
いる。

削除

JIS

では鋳物用地金だけを

規定し,ISO 規格では全般
の鋳物用地金を規定してい
る。

JIS

は従来からの商習慣尊重のため,既

存 JIS 合金鋳物の大幅な変更は行わな
い。ただし,環境対応,品質・規格対
応等の必要な変更には積極的に対応す

るとともに,必要に応じて ISO 規格へ
の JIS 合金導入努力も継続する。地金
もこれに準じる。

4

製 造 方

“.2”表示地金を製造
するときには 99.5 %以

上のアルミニウム地金
か又はそれに相当する
原料の使用を義務付け

ている。

 4.1

“.1”表示地金と“.2”
表示地金との区別をし

ていないので,原料地
金に 99.5 %以上の純度
のアルミニウム地金を

使用する必要がない。

追加

JIS

では“.2”表示地金の製

造には 99.5 %以上の純度の

アルミニウム地金か又はそ
れに相当する原料の使用が
義 務 付 け ら れ て い る が ,

ISO

規格ではそのような義

務はない。

ISO

規格では成分規定だけで,又は顕

微鏡組織との組合せで十分地金の品質

を 確 保 で き る こ と を 前 提 と し て い る
が,JIS では微量不純物の影響が現れる
ことを懸念して,高純度地金について

は原料規定を設けている。 
特に問題は生じていないので,当面,
現状を継続する。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

7

H 2

2

1

1


201

0


 
 
 
 
 
 
 
 

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(II)

国際規
格番号

箇条
番号

内容

箇条ごとの
評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異の理
由及び今後の対策

5

品質

地金の汚れ,溶さい,

異物がないこと,及び
化学分析結果を対象に
している。

 4

5.1

5.2

5.4

JIS

と同じ品質保証の

ほかに,需要家の要求
があれば,出荷前に顕
微鏡組織の調査及び国

際基準の試験をするこ
とがある。

削除

JIS

は主として分析,外観

検査を行い,ISO 規格は分
析,外観検査とは別に需要
家の要請があったときには

顕微鏡検査の調査及び国際
基準の試験を行うことがあ
る。

ISO

規格では微量不純物の影響を考慮

して,その影響を判断するため,顕微
鏡組織を用いることがあることを示し
ているが,JIS では原料規制などの対応

とし,特にこのような規定を盛り込ん
でいない。 
特に問題は生じていないので,当面,

現状を維持する。

6

試験

箇条 2 に示されている

分析関係の JIS を用い
て実施している。

 6.1

具体的に分析方法を示

していないが,国際的
な水準の方法で慎重に
分析を行っている。

一致

7

検査

溶湯では 3 個以上の試
験片を採取し,地金の
ときは 3 個以上の地金

を分析している。分析
方法は JIS による。

 6.1

鋳造の始めと終わりの
溶湯から試験片を 1 個
ずつ採り,各試験片を 2

回分析して平均値で表
示している。

追加

ISO

規格では各試験片の分

析を 2 回行い平均値を出す
が,JIS では計算方法につ

いては決めていない。JIS
では地金の分析も認めてい
る。

従来からの JIS 及び ISO 規格の慣習に
よって,試験片採取条件が異なってい
るが,特に大きな差とはいい難い。

大きな差はないので,現状を維持する。

8

表示

種類の記号,溶解番号
及び製造業者名を地金

に示す。

 7

8

11

JIS

と同じ項目を表示

し,更に地金について

苦情が出たときの解決
方法についても規定し
ている。

削除

JIS

と 同 じ 表 示 の ほ か に

ISO

規格では地金について

の苦情処理方法として生産
者と需要家とが協議して第
三者の研究機関に依頼して

検 査 を 実 施 す る こ と も あ
る。

従来からの JIS と ISO 規格との慣習に
よる違いであるが,JIS では苦情処理は

特に規定せず,当事者間の協議にゆだ
ねている。 
当面は地金生産者が責任をもって処理

する。

9

報告

製造業者は注文者に分

析結果を提出する義務
がある。

 4

7

製造業者は注文者に分

析結果を報告する。

一致

8

H 2

2

1

1


201

0


JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 17615: 2007,MOD 

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致……………… 技術的差異がない。 
    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD………………国際規格を修正している。

9

H 2

2

1

1


201

0