>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

H 2202

:2016

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  種類及び記号  

2

4

  品質 

3

4.1

  地金の品質  

3

4.2

  化学成分  

3

5

  試験 

7

5.1

  分析試料の採取方法及び一般事項 

7

5.2

  分析試験  

7

6

  検査 

7

7

  表示 

7

8

  報告 

7


H 2202

:2016

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人日本

鋳造協会(JFSinc)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改

正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格であ

る。

これによって,JIS H 2202:2009 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格に従うことは,次の者の有する特許権等の使用に該当するおそれがあるので,留意する。

−  発明の名称 :無鉛青銅合金

−  設定登録日 :2003 年 8 月 8 日

−  特許番号

:第 3459623 号

−  特許権者

:京和ブロンズ株式会社

  京都府久世郡久御山町佐山新開地 314

−  発明の名称 :銅合金とその合金を用いた鋳塊又は接液部品

−  設定登録日 :2005 年 6 月 24 日

−  特許番号

:第 3690746 号

−  特許権者

:株式会社キッツ

  千葉県千葉市美浜区中瀬 1 丁目 10 番 1

−  発明の名称 :青銅合金

−  設定登録日 :2006 年 3 月 3 日

−  特許番号

:第 3776441 号

−  特許権者

:株式会社キッツ

  千葉県千葉市美浜区中瀬 1 丁目 10 番 1

−  発明の名称 :青銅合金とその合金を用いた鋳塊・接液部品

−  設定登録日 :2006 年 7 月 21 日

−  特許番号

:第 3830946 号

−  特許権者

:株式会社キッツ

  千葉県千葉市美浜区中瀬 1 丁目 10 番 1

−  発明の名称 :飲料水用銅合金製バルブ

−  設定登録日 :2006 年 9 月 8 日

−  特許番号

:第 3850861 号

−  特許権者

:株式会社キッツ

  千葉県千葉市美浜区中瀬 1 丁目 10 番 1

−  発明の名称 :耐圧性に優れた鋳物用無鉛銅合金

−  設定登録日 :2007 年 5 月 18 日

−  特許番号

:第 3957308 号

−  特許権者

:滋賀バルブ協同組合


H 2202

:2016

(3)

  滋賀県彦根市岡町 52 番地

:滋賀県

  滋賀県大津市京町 4 丁目 1 番 1 号

−  発明の名称 :銅合金系水道用部材

−  設定登録日 :2007 年 4 月 20 日

−  特許番号

:第 3946244 号

−  特許権者

:株式会社栗本鐵工所

  大阪府大阪市西区北堀江 1 丁目 12 番 19 号

−  発明の名称 :無鉛快削性銅合金

−  設定登録日 :2005 年 10 月 28 日

−  特許番号

:第 3734372 号

−  特許権者

:三菱伸銅株式会社

  東京都品川区北品川 4 丁目 7 番 35 号

−  発明の名称 :快削性銅合金

−  設定登録日 :2007 年 2 月 16 日

−  特許番号

:第 3917304 号

−  特許権者

:三菱伸銅株式会社

  東京都品川区北品川 4 丁目 7 番 35 号

−  発明の名称 :鉛を超低量含む快削銅合金

−  設定登録日 :2012 年 3 月 16 日

−  特許番号

:第 4951623 号

−  特許権者

:三菱伸銅株式会社

  東京都品川区北品川 4 丁目 7 番 35 号

−  発明の名称 :機械的特性に優れた鋳物用無鉛銅合金

−  設定登録日 :2013 年 8 月 9 日

−  特許番号

:第 5335558 号

−  特許権者

:滋賀バルブ協同組合

  滋賀県彦根市岡町 52 番地

:株式会社ビワライト

  滋賀県彦根市岡町 52 番地

:滋賀県

  滋賀県大津市京町 4 丁目 1 番 1 号

−  発明の名称 :水道部材用銅合金

−  設定登録日 :2013 年 11 月 8 日

−  特許番号

:第 5406405 号

−  特許権者

:株式会社栗本鐵工所

  大阪府大阪市西区北堀江 1 丁目 12 番 19 号

−  発明の名称 :鋳造性に優れた無鉛快削性黄銅

−  設定登録日 :2014 年 1 月 17 日

−  特許番号

:第 5454144 号


H 2202

:2016

(4)

−  特許権者

:TOTO株式会社

  福岡県北九州市小倉北区中島 2 丁目 1 番 1 号

−  発明の名称 :水道部材用黄銅合金

−  設定登録日 :2014 年 4 月 18 日

−  特許番号

:第 5522582 号

−  特許権者

:株式会社栗本鐵工所

  大阪府大阪市西区北堀江 1 丁目 12 番 19 号

−  発明の名称 :飲料水用のバルブ

−  設定登録日 :2010 年 2 月 12 日

−  特許番号

:第 4455507 号

−  特許権者

:株式会社キッツ

  千葉県千葉市美浜区中瀬 1 丁目 10 番 1

上記の,特許権等の権利者は,非差別的かつ合理的な条件でいかなる者に対しても当該特許権等の実施

の許諾等をする意思のあることを表明している。ただし,この規格に関連する他の特許権等の権利者に対

しては,同様の条件でその実施が許諾されることを条件としている。

この規格に従うことが,必ずしも,特許権の無償公開を意味するものではないことに注意する必要があ

る。

この規格の一部が,上記に示す以外の特許権等に抵触する可能性がある。経済産業大臣及び日本工業標

準調査会は,このような特許権等に関わる確認について,責任はもたない。

なお,ここで“特許権等”とは,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権をいう。


日本工業規格

JIS

 H

2202

:2016

鋳物用銅合金地金

Copper alloy ingots for castings

適用範囲 

この規格は,鋳物用黄銅及び耐脱亜鉛黄銅合金地金,鋳物用高力黄銅合金地金,鋳物用青銅合金地金,

鋳物用りん青銅合金地金,鋳物用鉛青銅合金地金,鋳物用アルミニウム青銅合金地金,鋳物用シルジン青

銅合金地金並びに鋳物用ビスマス青銅合金地金(ビスマスセレン青銅合金を含む。

(以下,総称して地金

という。

)について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS H 0321

  非鉄金属材料の検査通則

JIS H 1012

  銅及び銅合金の分析方法通則

JIS H 1051

  銅及び銅合金中の銅定量方法

JIS H 1052

  銅及び銅合金中のすず定量方法

JIS H 1053

  銅及び銅合金中の鉛定量方法

JIS H 1054

  銅及び銅合金中の鉄定量方法

JIS H 1055

  銅及び銅合金中のマンガン定量方法

JIS H 1056

  銅及び銅合金中のニッケル定量方法

JIS H 1057

  銅及び銅合金中のアルミニウム定量方法

JIS H 1058

  銅及び銅合金中のりん定量方法

JIS H 1061

  銅及び銅合金中のけい素定量方法

JIS H 1062

  銅及び銅合金中の亜鉛定量方法

JIS H 1065

  銅及び銅合金中のセレン定量方法

JIS H 1068

  銅及び銅合金中のビスマス定量方法

JIS H 1070

  銅及び銅合金中の硫黄定量方法

JIS H 1072

  銅及び銅合金中のアンチモン定量方法

JIS H 1292

  銅合金の蛍光 X 線分析方法


2

H 2202

:2016

種類及び記号 

地金の種類及び記号は,

表 による。

表 1−種類及び記号 

種類

記号

色別

対応する鋳物及び連続鋳造鋳物の記号(参考)

JIS H 5120 

JIS H 5121 

鋳物用黄銅合金地金

1

種 CACIn201

− CAC201

鋳物用黄銅合金地金

2

種 CACIn202

− CAC202

鋳物用黄銅合金地金

3

種 CACIn203

− CAC203

鋳物用耐脱亜鉛黄銅合金地金 11 種 CACIn211

− CAC211

CAC211C

鋳物用耐脱亜鉛黄銅合金地金 21 種 CACIn221

− CAC221

CAC221C

鋳物用耐脱亜鉛黄銅合金地金 31 種 CACIn231

− CAC231

CAC231C

鋳物用耐脱亜鉛黄銅合金地金 32 種 CACIn232

− CAC232

CAC232C

鋳物用高力黄銅合金地金

1

種 CACIn301

− CAC301

CAC301C

鋳物用高力黄銅合金地金

2

種 CACIn302

− CAC302

CAC302C

鋳物用高力黄銅合金地金

3

種 CACIn303

− CAC303

CAC303C

鋳物用高力黄銅合金地金

4

種 CACIn304

− CAC304

CAC304C

鋳物用青銅合金地金

1

種 CACIn401

黄 CAC401

CAC401C

鋳物用青銅合金地金

2

種 CACIn402

赤 CAC402

CAC402C

鋳物用青銅合金地金

3

種 CACIn403

白 CAC403

CAC403C

鋳物用青銅合金地金

6

種 CACIn406

青 CAC406

CAC406C

鋳物用青銅合金地金

7

種 CACIn407

緑 CAC407

CAC407C

鋳物用青銅合金地金

8

種 CACIn408

橙 CAC408

CAC408C

鋳物用青銅合金地金 11 種 CACIn411

銀 CAC411

CAC411C

鋳物用りん青銅合金地金

2

種 CACIn502

− CAC502A,CAC502B CAC502C

鋳物用りん青銅合金地金

3

種 CACIn503

− CAC503A,CAC503B CAC503C

鋳物用鉛青銅合金地金

2

種 CACIn602

− CAC602

鋳物用鉛青銅合金地金

3

種 CACIn603

− CAC603

CAC603C

鋳物用鉛青銅合金地金

4

種 CACIn604

− CAC604

CAC604C

鋳物用鉛青銅合金地金

5

種 CACIn605

− CAC605

CAC605C

鋳物用アルミニウム青銅合金地金

1

種 CACIn701

− CAC701

CAC701C

鋳物用アルミニウム青銅合金地金

2

種 CACIn702

− CAC702

CAC702C

鋳物用アルミニウム青銅合金地金

3

種 CACIn703

− CAC703

CAC703C

鋳物用アルミニウム青銅合金地金

4

種 CACIn704

− CAC704

鋳物用シルジン青銅合金地金

1

種 CACIn801

− CAC801

鋳物用シルジン青銅合金地金

2

種 CACIn802

− CAC802

鋳物用シルジン青銅合金地金

3

種 CACIn803

− CAC803

鋳物用シルジン青銅合金地金

4

種 CACIn804

− CAC804

CAC804C

鋳物用ビスマス青銅合金地金

1

種 CACIn901

− CAC901

CAC901C

鋳物用ビスマス青銅合金地金

2

種 CACIn902

− CAC902

CAC902C

鋳物用ビスマス青銅合金地金

3

種 CACIn903

− CAC903B

CAC903C

鋳物用ビスマス青銅合金地金

4

種 CACIn904

− CAC904

CAC904C

鋳物用ビスマス青銅合金地金

5

種 CACIn905

− CAC905

CAC905C

鋳物用ビスマス青銅合金地金

6

種 CACIn906

− CAC906

CAC906C

鋳物用ビスマスセレン青銅合金地金

1

種 CACIn911

− CAC911,CAC912

a)

 CAC911C

a)

 CAC912

は,CACIn911 の地金などを用いて成分調整を行う。


3

H 2202

:2016

品質 

4.1 

地金の品質 

地金の外観は,表面の汚れがなく,溶さい及びその他の有害な異物を含んでいてはならない。

4.2 

化学成分 

地金は,箇条 によって試験を行い,その化学成分は,

表 による。


4

H 2202

:2016

白      紙


5

H 2202

:2016

表 2−化学成分

k)

単位  %

記号 Cu

Sn

Pb

Zn  Bi  Se

Fe Ni  P  Al Mn Si  S  Sb

CACIn201 83.0

∼88.0 0.1 以下 0.5 以下

残部

− 0.2 以下 0.2 以下

− 0.2 以下

CACIn202 65.0

∼70.0 1.0 以下 0.5∼3.0

残部

− 0.6 以下 1.0 以下

− 0.5 以下

CACIn203 58.0

∼64.0 1.0 以下 0.5∼3.0

残部

− 0.6 以下 1.0 以下

− 0.5 以下

CACIn211 65.5

∼68.5 1.1∼1.5 0.1∼2.0

残部

− 0.2 以下 0.2 以下 0.05∼0.1 0.01∼0.1

− 0.05 以下

− 0.06∼0.15

CACIn221 66.0

∼69.0 0.5 以下 0.1 以下

残部 0.2∼1.2

− 0.5 以下 0.2∼1.0 0.005∼0.1 0.8∼1.4

− 0.1 以下

CACIn231 66.3

∼68.5 1.1∼1.5 0.1 以下

残部 0.5∼0.8

− 0.2 以下 0.2 以下 0.05∼0.1 0.01∼0.1

− 0.05 以下

− 0.06∼0.15

CACIn232 66.0

∼72.0 0.6∼1.1 0.09 以下

残部 0.5∼0.8

− 0.2 以下 0.2 以下 0.03 以下 0.35∼0.6 0.2 以下 0.4∼0.8

− 0.02∼0.20

CACIn301 55.0

∼60.0 1.0 以下 0.4 以下

残部

− 0.5∼1.5 1.0 以下

− 0.5∼1.5 0.1∼1.5 0.1 以下

CACIn302 55.0

∼60.0 1.0 以下 0.4 以下

残部

− 0.5∼2.0 1.0 以下

− 0.5∼2.0 0.1∼3.5 0.1 以下

CACIn303 60.0

∼65.0 0.5 以下 0.2 以下

残部

− 2.0∼4.0 0.5 以下

− 3.0∼5.0 2.5∼5.0 0.1 以下

CACIn304 60.0

∼65.0 0.2 以下 0.2 以下

残部

− 2.0∼4.0 0.5 以下

− 5.0∼7.5 2.5∼5.0 0.1 以下

CACIn401

a) h) 

79.0

∼83.0 2.0∼4.0 3.0∼7.0 8.0∼12.0

− 0.35 以下 0.8 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.2 以下

CACIn402

b) h) 

86.0

∼90.0 7.0∼9.0 1.0 以下 3.0∼5.0

− 0.2 以下 0.8 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.2 以下

CACIn403

b) h) 

86.5

∼89.5 9.0∼11.0 1.0 以下 1.0∼3.0

− 0.2 以下 0.8 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.2 以下

CACIn406

a) h) 

83.0

∼87.0 4.0∼6.0 4.0∼6.0 4.0∼6.0

− 0.3 以下 0.8 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.2 以下

CACIn407

c) h) 

86.0

∼90.0 5.0∼7.0 1.0∼3.0 3.0∼5.0

− 0.2 以下 0.8 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.2 以下

CACIn408

a) h) 

84.0

∼88.0 4.0∼6.0 2.0∼4.0 5.0∼7.0

− 0.3 以下 0.8 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.2 以下

CACIn411

g) 

90.0

∼96.0 3.0∼5.0 0.1 以下 1.0∼3.0

− 0.3 以下 0.1∼1.0 0.05 以下 0.005 以下

− 0.005 以下 0.2∼0.6 0.2 以下

CACIn502

d) h) 

87.0

∼91.0 9.0∼12.0 0.3 以下 0.3 以下

− 0.2 以下 0.5 以下 0.1 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.05 以下

CACIn503

d) h) 

84.0

∼88.0 12.0∼15.0 0.3 以下 0.3 以下

− 0.2 以下 0.5 以下 0.1 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.05 以下

CACIn602

e) h) 

82.0

∼86.0 9.0∼11.0 4.0∼6.0 1.0 以下

− 0.2 以下 1.0 以下 0.05 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.3 以下

CACIn603

e) h) 

77.0

∼81.0 9.0∼11.0 9.0∼11.0 1.0 以下

− 0.2 以下 1.0 以下 0.05 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.5 以下

CACIn604

e) h) 

74.0

∼78.0 7.0∼9.0 14.0∼16.0 1.0 以下

− 0.2 以下 1.0 以下 0.05 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.5 以下

CACIn605

e) h) 

70.0

∼76.0 6.0∼8.0 16.0∼22.0 1.0 以下

− 0.2 以下 1.0 以下 0.05 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.5 以下

CACIn701

f) 

85.0

以上 0.1 以下 0.1 以下 0.5 以下

− 1.0∼3.0 0.1∼1.0

− 8.0∼10.0 0.1∼1.0

CACIn702

f) 

80.0

以上 0.1 以下 0.1 以下 0.5 以下

− 2.5∼5.0 1.0∼3.0

− 8.0∼10.5 0.1∼1.5

CACIn703

f) 

78.0

以上 0.1 以下 0.1 以下 0.5 以下

− 3.0∼6.0 3.0∼6.0

− 8.5∼10.5 0.1∼1.5

CACIn704

f) 

71.0

以上 0.1 以下 0.1 以下 0.5 以下

− 2.0∼5.0 1.0∼4.0

− 6.0∼9.0 7.0∼15.0

CACIn801 84.0

∼88.0

− 0.1 以下 9.0∼11.0

− 0.5 以下

− 3.5∼4.5

CACIn802 78.5

∼82.5

− 0.3 以下 14.0∼16.0

− 0.3 以下

− 4.0∼5.0

CACIn803 80.0

∼84.0

− 0.2 以下 13.0∼15.0

− 0.3 以下

− 0.3 以下 0.2 以下 3.2∼4.2

CACIn804 74.0

∼78.0 0.6 以下 0.1 以下 18.0∼22.5 0.10 以下 0.10 以下 0.1 以下 0.15 以下 0.05∼0.2

− 0.1 以下 2.7∼3.4

− 0.1 以下

CACIn901

h) 

86.0

∼90.6 4.0∼6.0 0.1 以下 4.0∼8.0 0.4 超∼1.0 0.10 未満 0.3 以下 0.8 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下 0.05 以下 0.3 以下

CACIn902

h) 

84.5

∼90.0 4.0∼6.0 0.1 以下 4.0∼8.0 1.0 超∼2.5 0.10 未満 0.3 以下 0.8 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下 0.05 以下 0.3 以下

CACIn903

h) 

83.5

∼88.5 4.0∼6.0 0.1 以下 4.0∼8.0 2.5 超∼3.5 0.10 未満 0.3 以下 0.8 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下 0.05 以下 0.3 以下

CACIn904

i) 

82.5

∼87.5 3.0∼5.0 0.1 以下 6.0∼9.0 1.0∼2.0 0.10 未満 0.3 以下 1.5∼2.5 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下 0.05 以下 0.3 以下

CACIn905

h) j) 

80.1

∼85.1 1.5∼3.0 0.1 以下 12.0∼17.0 0.4∼0.9 0.10 未満 0.3 以下 0.5 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.05 未満

CACIn906

h) 

77.5

∼83.0 2.0∼3.0 0.09 以下 14.0∼17.0 0.9 超∼1.5 0.10 未満 0.3 以下 0.2 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下

− 0.05 未満

CACIn911

h) 

83.0

∼90.6 3.5∼6.0 0.1 以下 4.0∼9.0 0.8∼2.5 0.1∼0.5 0.3 以下 0.8 以下 0.03 以下 0.005 以下

− 0.005 以下 0.05 以下 0.2 以下


6

H 2202

:2016

表 2−化学成分

k)

(続き) 

a)

 Cu

+Sn+Pb+Zn+Ni=99.0 以上

b)

 Cu

+Sn+Zn+Ni=99.5 以上

c)

 Cu

+Sn+Pb+Zn+Ni=99.5 以上

d)

 Cu

+Sn+Ni+P=99.5 以上

e)

 Cu

+Sn+Pb+Ni=98.5 以上

f)

 Cu

+Fe+Ni+Al+Mn=99.5 以上

g)

 Cu

+Sn+Zn+Ni+S=99.5 以上

h)

銅の含有率は,Cu が下限値を満足しない場合は,Ni の規定値以内で,Cu+Ni として計算してよい。

i)

 Cu

+Sn+Zn+Bi+Ni=99.5 以上

j)

 Sn

+Zn=19.0 以下

k)

“−”と記載された欄は,化学成分を規定しないため,分析しなくてよい。


7

H 2202

:2016

試験 

5.1 

分析試料の採取方法及び一般事項 

分析試料の採取方法及び一般事項は,JIS H 0321 及び/又は JIS H 1012 による。

なお,地金の分析試料を採る場合は,偏析に留意し,一溶解ごとに二つ以上の鋳込試料を採る。鋳込試

料を採るときは,できるだけ地金と同一品質を得るように,鋳型の形状,大きさ,鋳込の時期などに注意

しなければならない。地金から直接化学分析試料を採る場合は,地金に表示された溶解番号ごとに二つ以

上の地金から採る。

5.2 

分析試験 

化学成分の分析試験は,次のいずれかによる。

JIS H 1051

JIS H 1052JIS H 1053JIS H 1054JIS H 1055JIS H 1056JIS H 1057JIS H 1058

JIS H 1061

JIS H 1062JIS H 1065JIS H 1068JIS H 1070JIS H 1072 又は JIS H 1292 

なお,発光分光分析方法については,受渡当事者間の協定による。

検査 

検査は,次による。

a)

一般事項は,JIS H 0321 による。

b)

地金の品質は,4.1 に適合しなければならない。

c)

化学成分は,4.2 に適合しなければならない。

表示 

地金又はこん(梱)包には,次の事項を適切な方法によって表示しなければならない。

a)

規格番号

b)

種類及び記号

c)

色別(鋳物用青銅合金地金について,

表 による。)

なお,色別は,全ての地金の種類について,受渡当事者間の協定によることができる。

d)

溶解番号

e)

製造業者名又はその略号

報告 

製造業者は,化学成分の分析試験結果を注文者に提出しなければならない。

参考文献  JIS H 5120  銅及び銅合金鋳物 

JIS H 5121

  銅合金連続鋳造鋳物