>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

H 1695

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS H 1695:2000 は改正され,一部が置き換えられた。


H 1695

:2006

(2) 

白      紙


   

日本工業規格

JIS

 H

1695

:2006

タンタル中の酸素定量方法

(追補1)

Method for determination of oxygen in tantalum

(Amendment 1)

JIS H 1695:2000

を,次のように改正する。

5.3

(装置)b)[窒素と一酸化炭素用赤外線検出器とを使用する装置(付図 3

3.2)(ジシアン吸収管)を,

次の文に置き換える。

3.2)

ジシアン吸収管  ガラス管にソーダ石灰又は水酸化ナトリウムを詰めたもの。


2

H 1695

:2006

   

白      紙