>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

H 1402

:2006

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS H 1402:2001 は改正され,一部が置き換えられた。


H 1402

:2006

(2) 


   

日本工業規格(案)

JIS

 H

1402

:2006

タングステン粉及びタングステンカーバイド粉分析

方法

(追補1)

Methods for chemical analysis of tungsten powder and tungsten carbide

powder

(Amendment 1)

JIS H 1402:2001

を,次のように改正する。

15.2.1

(要旨)を,次の文に置き換える。

試料を適切な酸で分解し,ガラス繊維ろ紙でこし分け,遊離炭素をガラス繊維ろ紙とともに磁器燃焼ボ

ートに移して乾燥し,酸素気流中で加熱し,炭素を酸化して二酸化炭素とし,一定量の水酸化ナトリウム

溶液に吸収させ,吸収前後の溶液の導電率の変化を測定する。

15.2.2

(試薬)e)  を,次のとおりに置き換える。

e)

ガラス繊維ろ紙  あらかじめ酸素気流中で約 1 000℃で約 1 時間強熱したもの。

15.2.5.3

(遊離炭素の分離)を,次の文に置き換える。

15.2.5.2

の a)2)又は b)で得た溶液を,ガラス繊維ろ紙  [15.2.2 e)]を使って上澄み液を吸引ろ過する。次

に残りを温水を用いてその上に移し,温水で十分に洗浄する。ろ液及び洗液は捨てる。

注(

35

)

及び

注(

36

)

を,削除する。

注記符号の番号(

37

)

を(

35

)

とし

、以降この順に注記符号の番号をずらす。

 
15.2.5.4

(定量操作)を,次の文に置き換える。

定量操作は,15.2.5.3 で得た残さを,ガラス繊維ろ紙とともに磁器燃焼ボートに移し入れ,約 130℃で 1

時間以上乾燥した後,14.2.5.2 に準じて操作する。ただし,管状電気抵抗加熱炉中央部での燃焼管内温度

を約 1 000℃とする。

 
15.3.1

(要旨)を,次の文に置き換える。

試料を適切な酸で分解し,ガラス繊維ろ紙でこし分け,遊離炭素をガラス繊維ろ紙とともに磁器燃焼ボ

ートに移して乾燥し,酸素気流中で加熱し,炭素を酸化して二酸化炭素とし,一定の pH に調整した弱ア

ルカリ性のバリウム塩溶液に吸収させ,吸収によって低下した pH をバリウム塩溶液の電解によって元の


2

H 1402

:2006

   

pH

に戻すために要した電気量を測定する。

 
15.3.5.4

(定量操作)を,次の文に置き換える。

定量操作は,15.3.5.3 で得た残さを,ガラス繊維ろ紙とともに磁器燃焼ボートに移し入れ,約 130℃で 1

時間以上乾燥した後,14.3.5.2 に準じて操作する。ただし,管状電気抵抗加熱炉中央部での燃焼管内温度

を約 1 000℃とする。

 
15.4.1

(要旨)を,次の文に置き換える。

試料を適切な酸で分解し,ガラス繊維ろ紙でこし分け,遊離炭素をガラス繊維ろ紙とともに高周波燃焼

るつぼに移して乾燥し,酸素気流中で加熱し,炭素を酸化して二酸化炭素とし,合成ゼオライトを入れた

捕集管に吸着させた後,この捕集管を加熱して吸着した二酸化炭素を放出させ,酸素とともに熱伝導度検

出器に送り,二酸化炭素による熱伝導度の変化を測定する。 
 
15.4.6.4

(定量操作)を,次の文に置き換える。

定量操作は,15.4.6.3 で得た残さを,ガラス繊維ろ紙とともに高周波燃焼るつぼに移し入れ,約 130℃で

1

時間以上乾燥した後,14.4.6.2 に準じて操作する。

 
15.5.1

(要旨)を,次の文に置き換える。

試料を適切な酸で分解し,ガラス繊維ろ紙でこし分け,遊離炭素をガラス繊維ろ紙とともに磁器燃焼ボ

ート又は高周波燃焼るつぼに移して乾燥し,酸素気流中で加熱し,炭素を酸化して二酸化炭素とし,これ

を酸素とともに赤外線吸収検出器に送り,その赤外線吸収量を積分法で測定する。

 
15.5.6.4

(定量操作)を,次の文に置き換える。

定量操作は,15.5.6.3 で得た残さを,ガラス繊維ろ紙とともに磁器燃焼ボート又は高周波燃焼るつぼに移

し入れ,約 130℃で 1 時間以上乾燥した後,14.5.5.2 に準じて操作する。ただし,試料燃焼部に管状電気抵

抗加熱炉を用いる場合は,管状電気抵抗加熱炉中央部での燃焼管内温度を約 1 000℃とする。

 
15.6.1

(要旨)を,次の文に置き換える。

試料を適切な酸で分解し,ガラス繊維ろ紙でこし分け,遊離炭素をガラス繊維ろ紙とともに高周波燃焼

るつぼに移して乾燥し,一定容積内の一定圧力下の循環酸素気流中で加熱し,炭素を二酸化炭素及び一酸

化炭素に酸化し,過剰の酸素とともに循環ループの赤外線吸収検出器に送り,その赤外線吸収量をそれぞ

れ測定する。 
 
15.6.6.4

(定量操作)を,次の文に置き換える。

定量操作は,15.6.6.3 で得た残さを,ガラス繊維ろ紙とともに高周波燃焼るつぼに移し入れ,約 130℃で

1 時間以上乾燥した後,14.6.5.2 に準じて操作する。