>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1360-

1997

 解

解説表 4  JIS と対応国際規格との対比表 

JIS H 1360

  アルミニウム及びアルミニウム合金

中のニッケル定量方法

ISO 3979

  Aluminium and aluminium alloys−-Determination of Nickel−Spectrophotometric method using dimethylglyoxime

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後
の対策

(1)

適用範囲

○  アルミニウム及びアルミニ

ウム合金

○ アルミニウム及びアルミニウム

合金

(2)

分 析 方 法 の

種類

○  ①  ジ メ チ ル グ リ オ キ シ ム

ニッケル重量法

0.1

∼3.0% (m/m)

○ ①  ジエチルグリオキシム吸光

光度法

0.001

∼3.0% (m/m)

≠ JIS と ISO の定量方法の種類

が違う。

○  ②  ジ メ チ ル グ リ オ キ シ ム

抽 出 分 離 ピ リ ジ ル ア ゾ
レゾルシン吸光光度法

0.001

∼0.5% (m/m)

JIS

は,有害物質であるク

ロロホルムを試薬として用
いる。

ジエチルグリオキシム吸

光光度法は,環境保全の観点
から採用しなかった。

(3)

分析方法

○  ①  ジ メ チ ル グ リ オ キ シ ム

ニッケル重量法

水酸化ナト リウム又 は塩

酸と硝酸とで分解する。

煮沸して銅 などを沈 殿さ

せてろ過する。酒石酸を加え
た後,ジメチルグリオキシム
ニッケルを沈殿させ,これを

こし分け,乾燥させて,質量
をはかり,含有量を算出す
る。

ISO 3979 

○ ①  ジ江チルグリオキシム吸光

光度法

塩酸と硝酸で分解し,クエン酸

を加え,アンモニア水で pH を調
節した後,ジメチルグリオキシム

とクロロホルムでニッケルを抽
出する。ニッケルを含むクロロホ
ルム層を希塩酸で逆抽出し,酸化

試薬を加え,ジエチルグリオキシ
ムとアンモニア水で呈色させ吸
光度を測定してニッケルの含有

率を求める。

≠ JIS と ISO の定量方法の種類

が違う。

JIS

は,有害物質であるク

ロロホルムを試薬として用

いる。

ジメチルグリオキシム吸

光光度法は,環境保全の観点

から採用しなかった。


 

2

H

 1360-

1997

 解


解説表 4  JIS と対応国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

○  ②  ジ メ チ ル グ リ オ キ シ ム

抽 出 分 離 ピ リ ジ ル ア ゾ
レゾルシン吸光光度法

塩酸と硝酸との混酸で分

解し,クエン酸を加え,アン
モニア水で pH9.0 とする。

ジメチルグリオキシムを

加えて,アニリンとトルエン
の混合溶媒でニッケル錯体

を有機相に抽出する。有機相
から希塩酸でニッケルを逆
抽出し,ピリジルアゾレゾル

シンを加える。pH9.5 に調節
して呈色させエチレンジア
ミン四酢酸二水素ニナトリ

ウムを加え,光度計を用いて
吸光度を測定し,含有量を求
める。

ISO 3979 

(前ページに同じ。

(前ページに同じ。

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS 国際規格との技術的内容が同等であることを示す。

“≠”は,同等でないことを示す。