>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1356 :

 19
99
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1356 : 1999

  アルミニウム及びアルミニウム合金

中の亜鉛定量方法

ISO 1784 : 1976

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の亜鉛定量方法−EDTA 滴定法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の
対策

(1)

適用範囲

○  アルミニウム及びアルミニウム

合金中の亜鉛定量方法

ISO 1784 

○ アルミニウム及びアルミニウ

ム合金中の亜鉛定量方法

(2)

引用規格

○  JIS H 1351 及び JIS K 8005 を引用  

(3)

一般事項

○  共通な一般事項を分析方法通則

などを引用し規定

− ISO には規定なし。

(4)

定量方法

○  イオン交換分離エチレンジアミ

ン四酢酸二水素二ナトリウム滴
定法

ISO 1784 

○ EDTA(エチレンジアミン四酢

酸二水素二ナトリウム)滴定法

(5)

イ オ ン 交 換

分離エチレンジ

アミン四酢酸二
水素二ナトリウ
ム (EDTA2Na) 滴

定法

○  操作:試料を塩酸及び過酸化水素

で分解し,けい素などをろ過。ろ

液は塩酸濃度を調節し,強塩基性
イオン交換カラムに通し亜鉛を
樹脂に吸着。硝酸で亜鉛を溶離し

塩化ヒドロキシルアンモニウム,

2

,2',2"−ニトリロトリエタノー

ル,緩衝溶液及びシアン化カリウ

ムを加え,エリオクロムブラック

T

を指示薬としてホルムアルデヒ

ドを加えた後,EDTA2Na 標準溶

液で滴定する。

ISO 1784 

○ 操作:試料を塩酸で分解し,過

剰の酸を蒸発させる。残さを

2N

塩酸溶液中にとり,強塩基

性陰イオン交換樹脂に通し吸
着させる。次に 0.005N の塩酸

溶液で溶離しジチゾンを指示
薬として EDTA2Na 標準溶液で
滴定する。

≠ ISO は,鉄や銅の含有率が高

い合金には適用できない。ま

た,変色点の分かりにくい陳
腐化したジチゾンを指示薬
として使用している。

この二つの理由から ISO

法を不採用とした。

ISO

法は,鉄や銅の含有率が

高い試料には適用できない。

方法が陳腐化しており,海外
規格でも ISO 法と同等なの
は イ ギ リ ス の BS 3907-9 

(1989)

だけである。

今後の対策と して, ISO

1784

の代替法として JIS 

を提案する。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。