>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1355 :

 19
99
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1355 : 1999

  アルミニウム及びアルミニウム

合金中のマンガン定量方法

ISO 886 : 1973

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のマンガン定量方法−吸光光度法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の
対策

(1)

適用範囲

○  アルミニウム及びアルミニ

ウム合金中のマンガン定量
方法

ISO 886 

○ アルミニウム及びアルミニウム

合金中のマンガン定量方法

(2)

引用規格

○  JIS H 1351 及び JIS K 8005 

引用

(3)

一般事項

○  共通な一般事項を分析方法

通則などを引用し規定

− ISO には,規定なし。

(4)

定 量 方 法 の

区分

○  ペルオキソ二硫酸アンモニ

ウム酸化亜ひ酸ナトリウム
滴定法

− ISO には,規定なし。

○  過マンガン酸吸光光度法(2

方法)

ISO 886 

○ 過マンガン酸吸光光度法

○  過マンガン酸吸光光度法(水

酸化ナトリウム分解ペルオ
キソ二硫酸アンモニウム酸
化法)

− ISO には,規定なし。

(5)

ペ ル オ キ ソ

二硫酸アンモニ
ウム酸化亜ひ酸

ナトリウム滴定

○  定量操作,マンガン含有率の

算出式を規定


 

2

H

 1355 :

 19
99
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(6)

過 マ ン ガ ン

酸吸光光度法(2
方法)

○  操作

ISO 886 

○ 操作

= ISO は,Si 含有率 10%までを

アルカリ分解,JIS は 4%ま
でをアルカリ分解としてお

り,酸分解法との分岐点が試
料中の Si 含有率によって異
なる程度の軽微な差である。

ISO

の場合,強アルカリに耐

えるように試料分解容器に
大きな白金皿を使用するよ

うにしているが,強アルカリ
を使用しない方法のほうが
ビーカーを使って分解でき

て便利であるため,試料分解
時のわずかな違いを注記す
ることで整合化を図った。

(7)

過 マ ン ガ ン

酸吸光光度法(水

酸化ナトリウム
分解ペルオキソ
二硫酸アンモニ

ウム酸化法)

○  定量操作,マンガン含有率の

算出式を規定

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。