>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1354 :

 19
99
 解

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1354 : 1999

  アルミニウム及びアルミニウム

合金中の銅定量方法

ISO 759 : 1976

  アルミニウム及びアルミニウム合金−銅定量方法−オキザリルジヒドラジド吸光光度法

ISO 796 : 1973

  アルミニウム合金−銅定量方法−電解法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の
対策

(1)

適用範囲

○  アルミニウム及びアルミニ

ウム合金中の銅定量方法

ISO 795 

○ アルミニウム及びアルミニウム

合金中の銅定量方法

ISO 796 

○ アルミニウム合金中の銅定量方

JIS

は,純アルミニウムに適

用する方法も規定している。

(2)

引用規格

○  JIS H 1351 を引用

(3)

一般事項

○  共通な一般事項を分析方法

通則などを引用し規定

− ISO には,規定なし。

(4)

定 量 方 法 の

区分

銅電解重量法

チオ硫酸ナトリウム滴定法
(定量範囲 0.3∼7.0%)

ISO 796 

電解法(定量範囲 0.5%以上)

JIS

のほうが定量下限が 低

い。

○  ジエチルジチオカルバミン

酸吸光光度法

− ISO には,規定なし。

○  ジエチルジチオカルバミン

酸抽出吸光光度法

− ISO には,規定なし。

ISO 796 

○ オキザリルジヒドラジド

ISO

は,有害物質のアセトア

ルデヒドを使用しており,低

濃度の分析が困難で分析値
にばらつきが大きいなど,技
術的問題が多いため不採択

とした。

(5)

定量方法

○  銅電解重量法

ISO 796 

○ 電解法


 

2

H

 1354 :

 19
99
 解


解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の
対策

(5.1)

要旨

○  試料を水酸化ナトリウム及

び過酸化水素で分解した後
硫酸を加えて酸性とし,さら

に硝酸を加え加熱し溶解す
るか,又は過塩素酸及び硝酸
で分解し,けい酸処理後,再

び硝酸で溶解するかいずれ
かの方法で溶解後,白金電極
を用いて電解し,陰極に銅を

析出させ,その質量をはか
る。

ISO 796 

試料を過塩素酸及び硝酸で分解
し,けい酸処理後,再び硝酸で溶
解後,白金−イリジウム電極を用

いて電解し,陰極に銅を析出さ
せ,その質量をはかる。

= ISO は,酸分解法だけの規定

であるが,JIS はアルカリ分
解法のほかに,ISO の酸分解

法も採択し,いずれかの方法
を選択できるように規定し
ている。

ISO

との整合を図るため,

ISO

の酸分解法も選択でき

るようにしたが,水酸化ナト

リウム分解のほうがけい素
処理がなく容易で迅速であ
る。また,過塩素酸溶解は複

雑で時間がかかり爆発の危
険性が高いが,ビスマスを含
む試料(JIS にはビスマスを

含有する合金は,規定してい
ない。)の場合は酸分解のほ
うがよいなど一長一短があ

るので,ISO 法だけに限定し
なかった。

(5.2)

試薬

= 表記法が異なる程度で差異

はない。

(5.3)

器具

○  白金電極のほか白金−イリ

ジウム電極も選択可能

ISO 796 

○ 白金−イリジウム電極

= JIS は,図示によって例示し

ているが,ISO は文言で記述
しているだけである。

(5.4)

試 料 は か

り取り量

○  アルカリ,酸分解の両方につ

いて,銅含有率に応じてはか
り取り量を規定

ISO 796 

○ 酸分解法について,銅含有率に応

じてはかり取り量を規定

= 酸分解法については,ISO 

規定している試料はかり取
り量と何じ。

(5.5)

操作

○  試料溶液の調製,電解,乾燥

及びひょう量

ISO 796 

○ 試料溶液の調製,電解,乾燥及び

ひょう量

= 試料溶液の調製:ISO は酸分

解法であるが,JIS はアルカ
リ分解法を主体として ISO

の酸分解法も採用。したがっ
て酸分解法による試料溶液
の調製については等しい。


 

3

H

 1354 :

 19
99
 解

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の
対策

(5.5)

操作

電解:液温,電流密度など電
解条件が若干異なるが,あま
り問題はない。

液温はあまり関係がない。ま
た,電流密度は JIS のように
あまり大きくないほうがよ

い。

(5.6)

計算

ISO 796 

○  チオ硫酸ナトリウム滴定法

− 定量操作,銅含有率の算出式を規

○  ジエチルジチオカルバミン

酸吸光光度法

− 定量操作,銅含有率の算出式を規

○  ジエチルジチオカルバミン

酸抽出吸光光度法

− 定量操作,銅含有率の算出式を規

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし,

“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。