>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1353 :

 19
99
 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1353 : 1999

  アルミニウム及びアルミニウム

合金中の鉄定量方法

ISO 793 : 1973

  アルミニウム及びアルミニウム合金−鉄の定量方法−オルトフェナントロリン吸光光度法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の
対策

(1)

適用範囲

○  アルミニウム及びアルミニ

ウム合金中の鉄定量方法

ISO 793 

○ アルミニウム及びアルミニウム

合金中の鉄定量方法

(2)

引用規格

○  JIS H 1351 及び JIS K 8005 

引用

(3)

一般事項

○  共通な一般事項を分析方法

通則などを引用し規定

− ISO には規定なし。

(4)

定 量 方 法 の
区分

○  水酸化鉄沈殿分離過マンガ

ン酸カリウム滴定法

− ISO には規定なし。

○  スルホサリチル酸吸光光度

− ISO には規定なし。

○  1,10−フェナントロリン吸

光光度法

ISO 793 

○ オルトフェナントロリン吸光光

度法

= 名称が異なるが,同一試薬で

あり,JIS が正式名称。

(5)

水 酸 化 鉄 沈

殿 分 離 過 マ
ン ガ ン 酸 カ
リ ウ ム 滴 定

○  定量操作,鉄含有率の算出式

を規定

(6)

ス ル ホ サ リ
チ ル 酸 吸 光

光度法

○  定量操作,鉄含有率の算出式

を規定

(7) 1

,10 フェナ

ン ト ロ リ ン
吸光光度法

ISO 793 

a)

試薬

○  塩酸

○ 塩酸

○  過酸化水素

JIS

は試料を分解しやすいよ

うに過酸化水素を加えてい
る違いはあるが,技術的な差
異とはならない。


 

2

H

 1353 :

 19
99
 解


解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由と今後の対

○  標準鉄溶液

○ 標準鉄溶液

= JIS には,ISO の酸化鉄から

作成する方法も選択できる
よう注記したが,ばらつきの

少ない純鉄を使用するほう
がよい。

b)

試 料 は か り
取り量

○  含有率 0.002% (m/m) 以上

0.5

%  (m/m) 未 満 の 場 合

1.00g

, 0.5 %  (m/m) 以 上

2.5

%  (m/m) 以 下 の 場 合

0.40g

を採取する。

○ 含有率 0.05% (m/m) 以下 2.5%

(m/m)

以下で 0.5g 採取する。

= 定量下限は,JIS の方が広い。

JIS

は含有率によって試料採

取量を変えている。ISO は分

取量を変えて対応している
ので,技術的な差とはならな
い。

c)

操作 
試 料 溶 液 の
調製

○  酸分解後けい素の沈殿が認

められた場合は,ろ過して灰
化後硝酸とふっ化水素で分

解する。

○ けい素含有率の高い試料は白金

容器に入れて水酸化ナトリウム
で分解する。

≠ いずれも操作中に不溶解物

が認められた場合の操作で
あるが,ISO のように水酸化

ナトリウムを用いて分解す
るために白金容器を使用し
なくても,ふっ化水素を使用

すれば十分分解できる。

JIS

法を提案する。

d)

検 量 線 の 作

○  数個のフラスコに標準鉄溶

液を段階的に加え作成する。

○ 標準鉄溶液を指定濃度で作成す

る。

≠ 技術的に差異はないが,JIS

の方が簡便である。

ヨ ー ロ ッ パ の 主 要 国 で も

ISO

法をそのまま採用して

いないため,簡便な JIS 法を
提案する。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし,

“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。