>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1345 :

 19
98
 解

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1345 : 1998

  マグネシウム合金中の希土類定

量方法

ISO 2355 : 1972

  マグネシウム及びその合金−希土類定量方法−重量法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の対

(1)

適用範囲

○  マグネシウム合金中の希土

類定量方法

ISO 2355 

○ マグネシウム及びその合金中の

希土類定量方法

= ISO は,トリウムが存在しな

い合金に適用

JIS

には,トリウムを含む合

金は規定していないので,特
に,記述する必要はない。

(2)

一般事項

○  共通な一般事項を分析方法

通則などを引用し規定

− ISO には規定なし。

(3)

定 量 方 法 の
区分

○  水酸化ジルコニウム共沈・セ

バシン酸塩沈殿・しゅう酸塩
沈殿分離希土類酸化物重量

法 
適用範囲: 0.2%以上

 10.0%

以下

ISO 2355 

○ 重量法

適用範囲: 0.2%以上

 10%

以下

= 表記法の違いで,内容は同じ

(4)

要旨

○  試料を塩酸で分解しジルコ

ニウムを水酸化物としてろ
過。沈殿を硝酸と過酸化水素

の混合液で溶解し保存。ろ液
中の希土類をセバシン酸塩
として沈殿。強熱して酸化物

とする。酸化物を保存してお
いた溶液で分解し,しゅう酸
を加え,希土類をしゅう酸塩

として沈殿後,こし分け,強
熱して酸化物として質量を
はかる。

ISO 2355 

○ 試料を塩酸で分解し,アンモニア

水でジルコニウムを沈殿し,ろ過
する。ろ液中の希土類をセバシン

酸塩として分離。沈殿を溶解し,
希土類をしゅう酸塩として再沈
殿する。強熱して希土類酸化物と

して質量をはかる。

(5)

試薬

ISO 2355 

= 一部表現方法が異なる程度

(6)

試 料 は か り

取り量

○  希土類含有率

0.2

∼2.0% : 3.0g

2.0

∼5.0% : 2.0g

5.0

∼10.0% : 1.0g

ISO 2355 

○ 希土類含有率

0.2

∼2% : 3g

2

∼5% : 2g

5

∼10% : 1g


 

2

H

 1345 :

 19
98
 解


解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表  (続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の対

(7)

操作

○  準備操作

ISO 2355 

− ISO は規定なし

JIS

は,あらかじめ磁器るつ

ぼを強熱し恒量とする操作
を準備操作として規定。

ISO

は,希土類酸化物のひょ

う量時に行うようにしてい
るが,予備操作として準備し

たほうがよい。

○  試料溶液の調製

ISO 2355 

○ 試料溶液の調製

○  水酸化ジルコニウムの沈殿  ISO 2355 

○ 水酸化ジルコニウムの沈殿

= 整合している。ただし,表現

方法が一部異なる。

○  希土類セバシン酸塩の沈殿

分離

ISO 2355 

○ 希土類セバシン酸塩の沈殿分離

= 整合している。ただし,表現

方法が一部異なる。

○  希土類しゅう酸塩の沈殿分

○ 希土類しゅう酸塩の沈殿分離

○  空試験

− ISO は規定なし

JIS

は,空試験を行わないこ

とを明記。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。