>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

A

 1340

 : 19

99
 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS H 1340 : 1998

  マグネシウム合金中のジルコニ

ウム定量方法

ISO 1178 : 1976

  マグネシウム合金−可溶性ジルコニウム定量方法−アリザリンスルホン酸吸光光度法

ISO 2354 : 1976

  マグネシウム合金−不溶性ジルコニウム定量方法−アリザリンスルホン酸吸光光度法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  マグネシウム合金中のジル

コニウム定量方法

ISO 1178 

ISO 2354 

マグネシウム合金中の可溶性

ジルコニウム定量方法

マグネシウム合金中の不溶性 
ジルコニウム定量方法

ISO

は可溶性と不溶性ジル

コニウムを別規格として扱
っているが,JIS は一つの規
格の中でそれぞれを規定。

分析は,可溶性と不溶性ジル

コニウムいずれも行うので,
規格体系上一つの規格で扱
ったほうがよい。

(2)

一般事項

○  共通な一般事項を分析方法

通則などを引出し規定。

− ISO には規定なし。

(3)

可 溶 性 ジ ル
コ ニ ウ ム 定
量方法

a)

要旨

b)

試薬

定量範囲:0.05∼1.0%

試料を塩酸と過酸化水素で
分解し,不溶解物をこし分け
る。ろ液にアリザリン S を加

え,生成するジルコニウム錯
体の吸光度を測定。 
標準ジルコニウム溶液の調

製方法

ISO 1178 

ISO 1178 

ISO 1178 

定量範囲:0.1∼1.0%

試料を塩酸で分解し,不溶解物を
除去する。塩酸溶液中で加熱時ジ
ルコニウム−アリザリンスルホ

ン酸塩錯体を生成させ吸光度を
測定。 
標準ジルコニウム溶液の調製方

JIS

は,試料分解しやすいよ

うに過酸化水素も添加。

ISO

は.金属ジルコニウム又

はオキシ塩化ジルコニウム
八水和物のいずれを使用し
て調製してもよいようにな

っているが,JIS では金属ジ
ルコニウムだけを採用した。

オキシ塩化ジルコニウム八

水和物は,金属に比べて純度
がよくなく,標定の必要があ
り操作が煩雑になるため,金

属ジルコニウムを使用して
調製することでよい。


 

2

A

 1340

 : 19

99
 解


解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

d)

検 量 線 の 作

○  数個の 100ml の全量フラスコ

に標準ジルコニウム溶液 0∼

10ml

を段階的に正確に加え,

4.4.2b)

4.4.3 の操作を試料

と並行して操作。

ISO 1178 

○ 9 個の乾いたコニカルフラスコに

塩化マグネシウム溶液 2ml を加
え,標準ジルコニウム溶液 0∼

8.0m1

を 9 段階に加える。

液量が 10.0ml になるように水を
加え,塩酸及びアリザリンスルホ

ン酸ナトリウム溶液を加える。沸
騰水浴中に 2.5∼3.5 分間保ち,常
温まで冷却した後塩酸 2.0ml を各

フラスコに加え,100ml の全量フ
ラスコで定容する。

= ISO は,検量線作成に試料と

同量のマグネシウムを添加
しているが,マグネシウム共

存の影響はなかったので,

JIS

では添加しないようにし

た。また,ISO では検量線作

成は 9 点取るようになってい
るが,JIS は 5,6 点で十分と
判断した。

(4)

不 溶 性 ジ ル
コ ニ ウ ム 定
量方法

a)

要旨

定量範囲:0.02∼0.3%

試料を塩酸と過酸化水素で
分解し,不溶解物をこし分け
る。不溶解物をふっ化水素酸

と過塩素酸で溶解し,ほう酸
を加え,加熱濃縮して白煙を
発生させふっ化水素酸を三

ふっ化ほう素として揮散除
去した後,アリザリンレッド

S

を加え,生成するジルコニ

ウム錯体の吸光度を測定。

ISO 2354 

ISO 2354 

定量範囲:0.02∼0.3%

試料を塩酸で分解し,ろ過し,不
溶解物をふっ化水素酸の存在で
過塩素酸で溶解する。塩酸酸性溶

液中で加熱時ジルコニウム−ア
リザリンスルホン酸塩錯体を生
成させ吸光度を測定。

JIS

は,試料分解しやすいよ

うに過酸化水素も添加


 

3

A

 1340

 : 19

99
 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

b)

操作

ISO 2354 

= JIS は,4.4.1c)で得た不溶解

物を 5.4.1b)g)の操作を行
った後,5.4.2a)でジルコニウ

ム含有率に従って,100ml の
全量フラスコに分取する量
と塩酸 (1+1)  の添加量が決

まってくる。

ISO

は,ジルコニウム含有率

0.02

∼0.15% の と き , 10.0ml

分取し,塩酸添加量 2.5ml,

0.1

∼0.3%のとき,

5.0ml

分取,

塩酸 2.5ml であるが,JIS は

本体の

表 のように規定。こ

れらは量論的には一致して
いる。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。