>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1338 :

 19
99
 解

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1338 : 1999

  マグネシウム及びマグネシウム

合金中の鉄定量方法

ISO 792 : 1973

  マグネシウム及びマグネシウム合金−鉄定量方法−オルトフェナントロリン吸光光度法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の対

(1)

適用範囲

○  マグネシウム及び合金中の

鉄定量方法

ISO 792 

○ マグネシウム及びマグネシウム

合金中の鉄定量方法

(2)

引用規格

○  JIS H 1331 及び JIS K 0121 

引用

(3)

一般事項

○  共通な一般事項を分析方法

通則等を引用し規定

− ISO には規定なし。

(4)

定 量 方 法 の
区分

○ 1, 10−フェナントロリン吸

光光度法

定量範囲:0.002∼0.05%, Zr
を含まない試料

ISO 792 

○ オルトフェナントロリン吸光光

度法

定量範囲:0.002∼0.05%, Zr を含
まない試料

≡ 1, 10−フェナントロリンと

オルトフェナントロリンは,

名称が異なるが同一試薬で
ある。

JIS

は対応する ISO のほか,

ISO

に規定されていない 2 方

法を追加規定している。

○  塩化物抽出分離 1,10−フェ

ナントロリン吸光光度法

− ISO には規定なし。

○  ジエチルジチオカルバミン

酸・ピロリジンジチオカルバ
ミン酸抽出原子吸光法

− ISO には規定なし。

(5) 1, 10

−フ ェ

ナ ン ト ロ リ
ン 吸 光 光 度

(a)

要旨

○  試料を塩酸と過酸化水素で

分解し,塩化ヒドロキシルア
ンモニウムを加えて鉄を還
元。pH を調節した後 1, 10−

フェナントロリンを加えて
呈色させ,吸光度を測定。

ISO 792 

○ 試料を塩酸で分解し,塩化ヒドロ

キシルアンモニウムを加えて鉄
を還元。pH を調節した後 1, 10−
フェナントロリンを加えて呈色

させ,吸光度を測定。

= JIS は試料を分解しやすいよ

うに過酸化水素を加えてい
るが,この程度の相違は技術
的差異とはならない。

(b)

試薬

○  過酸化水素

ISO 792 

○ 過酸化水素は加えない。

= JIS は試料分解に過酸化水素

も加える。


 

2

H

 1338 :

 19
99
 解


解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表  (続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の対

(b)

試薬

標準鉄溶液

標準鉄溶液

標準鉄溶液の調製は,JIS 
金属鉄を使用するのに対し,

ISO

は硫酸アンモニウム鉄

を使用。

特に問題はないが,塩類より
金属鉄のほうが純度が高い
ので好ましい。

(c)

試 料 は か り

取り量

ISO 792 

(d)

操作

○  試料溶液の調製

ISO 792 

○ 試料溶液の調製

= JIS は,試料を完全に分解す

るため過酸化水素を添加。

○  呈色

○ 呈色

○  検量線の作成

○ 検量線の作成

= ISO は 15 点をとることにな

っているが,検量線は直線性
があるので,JIS では簡便さ
を考慮して 5, 6 点をとれば十

分と判断した。

(6)

塩 化 物 抽 出
分離 1, 10−

フ ェ ナ ン ト
ロ リ ン 吸 光
光度法

○  測定操作,鉄含有率の算出式

を規定

(7)

ジ エ チ ル ジ
チ オ カ ル バ
ミン酸・ピロ

リ ジ ン ジ チ
オ カ ル バ ミ
ン 酸 抽 出 原

子吸光法

○  測定操作,鉄含有率の算出式

を規定


 

3

H

 1338 :

 19
99
 解

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。