>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1337 :

 19
99
 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1337 : 1999

  マグネシウム及びマグネシウム

合金中のニッケル定量方法

ISO 4058 : 1977

  マグネシウム及びマグネシウム合金−ニッケルの定量−ジメチルグリオキシム吸光光度法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

整合が困難な理由と今後
の対策

(1)

適用範囲

○  マグネシウム及びマグネシ

ウム合金

ISO 4058 

○ マグネシウム及びマグネシウム合

(2)

引用規格

○  JIS H 1331 及び JIS K 0121 

引用

(3)

一般事項

○  一般事項について規定

(4)

定 量 方 法 の
区分

○  ジエチルジチオカルバミン

酸・ピロリジンジチオカルバ
ミン酸抽出原子吸光法

ISO 4058 

○ ジメチルグリオキシム吸光光度法

(5)

ジ エ チ ル ジ

チ オ カ ル バ
ミン酸・ピロ
リ ジ ン ジ チ

オ カ ル バ ミ
ン 酸 抽 出 原
子吸光法

今後の対策として,ISO 4058

を廃止提案し,JIS の抽出原
子吸光法を代替法として提
案する。

ISO 4058 

○ ジメチルグリオキシム吸光光度法

≠ 旧 JIS にもこの方法を規定し

ていたが,JISISO とも地球
環境破壊物質として好まし

くないクロロホルムを試薬
に使用しているためいずれ
も不採用とした。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし,

“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。