>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1335 :

 199

8

 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1335 : 1998

  マグネシウム及びマグネシウム

合金中のけい素定量方法

ISO 1975 : 1973

  マグネシウム及びマグネシウム合金−けい素定量方法−モリブドけい酸青吸光光度法(アスコルビン酸還元法)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  マグネシウム及びマグネシ

ウム合金中のけい素定量方

ISO 1975 

○ マグネシウム及びマグネシウム

合金中のけい素定量方法

(2)

分 析 方 法 の
種類

○  モリブドけい酸青吸光光度

法(アスコルビン酸還元法)
のほか 2 方法を規定

ISO 1975 

○ モリブドけい酸青吸光光度法(ア

スコルビン酸還元)

= JIS は,対応する ISO に規定

されていない二つの定量方
法を追加

(3)

定量操作

ISO 1975 

= ISO 法を翻訳し,JIS の様式

に合わせた程度の相違

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。