>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1334 :

 19
99
 解

解説表 6  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1334 : 1999

  マグネシウム及びマグネシウム

合金中のマンガン定量方法

ISO 809 : 1973

  マグネシウム及びマグネシウム合金−マンガンの定量−過よう素酸吸光光度法(定量範囲:0.01∼0.8%)

ISO 810 : 1973

  マグネシウム及びマグネシウム合金−マンガンの定量−過よう素酸吸光光度法(定量範囲:0.01%未満)

ISO 2353 : 1972

  マグネシウム及びマグネシウム合金−Zr, RE, Th, Ag を含むマグネシウム合金のマンガンの定量−過よう素酸吸

光光度法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  マグネシウム及び合金中の

マンガン定量方法

ISO 809 

ISO 810 

ISO 2353

○ マグネシウム及びマグネシウム

合金中のマンガン定量方法

(2)

引用規格

○  JIS H 1331 及び JIS K 0121 

引用

(3)

一般事項

○  共通な一般事項を分析方法

通則などを引用し規定

− ISO には規定なし。

(4)

定 量 方 法 の
区分

○  ペルオキソ二硫酸吸光光度

− ISO には規定なし。

○  過 よ う 素 酸 吸 光 光 度 法 ( A

法)

定量範囲 0.01∼0.8%

ISO 809 

○ 過よう素酸吸光光度法

定量範囲 0.01∼0.8%

○  過よう素酸吸光光度法

(B 法)

定量範囲 0.002∼0.1%

ISO 810 

○ 過よう素酸吸光光度法

定量範囲 0.01%未満

≠ 定量範囲が異なる。

ISO

に提案する。

ISO 2353 

○ 過よう素酸吸光光度法‐Zr, RE,

Th, Ag

を 含 む 試 料 − 定 量 範 囲

0.02

∼0.2%

≠ ISO は共存元素を特定した

試料を対象としているほか
定量範囲が異なる。

ISO

に提案する。

○  原子吸光光度法

− ISO には規定なし。

(5)

ペ ル オ キ ソ
二 硫 酸 吸 光

光度法

○  定量操作,マンガン含有率の

算出式を規定


 

2

H

 1334 :

 19
99
 解


解説表 6  JIS と対応する国際規格との対比表  (続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(6)

過よう素酸吸

光光度法(A
法)

試料を硫酸,硝酸,ふっ化水
素酸で分解し,りん酸の存在
下で過よう素酸カリウムを

加 え 加 熱 し マ ン ガ ン (II) を

(VII)

に酸化し呈色させ吸光

度を測定

ISO 809 

○ 試料を硫酸,硝酸,ふっ化水素酸

で分解し,りん酸の存在下で過よ
う素酸カリウムを加え加熱しマ

ンガン(II)を(VII)に酸化し呈色さ
せ吸光度を測定

(7)

過 よ う 素 酸
吸 光 光 度 法

(B 法)

○  試料を硫酸,硝酸とで分解

し,過よう素酸カリウムを加

え 加 熱 し て マ ン ガ ン (II) を

(III)

に酸化し呈色させ吸光度

を測定。

ISO 810 

○ 試料を硫酸で分解し,過硫酸アン

モニウムで酸化する。りん酸の存

在下で過よう素カリウムを加え
加熱しマンガン(II)を(III)に酸化
し呈色させ吸光度を測定。

≠ 試薬が異なる。

(8)

原子吸光法

○  定量操作,マンガン含有率の

算出式を規定

(9)

試薬

a)

過 よ う 素 酸
吸 光 光 度 法

(A 法)

b)

過 よ う 素 酸
吸 光 光 度 法

(B 法)

ISO 809 

ISO 810 

JIS

の表記法に修正した程度

の相違で技術的な差異なし。

試薬が異なる。

(10)

定量操作

a)

過 よ う 素 酸

吸 光 光 度 法
(A 法)

ISO 809 

= JIS の表記法に修正した程度

の相違で技術的な差異なし。

b)

過 よ う 素 酸
吸 光 光 度 法
(B 法)

○  試料溶液の調製

ISO 810 

○ 試料溶液の調製

≠ 硫酸の使用量が異なる。ま

た,JIS は過硫酸アンモニウ
ムを使わない。


 

3

H

 1334 :

 19
99
 解

解説表 6  JIS と対応する国際規格との対比表  (続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

○  呈色

ISO 810 

○ 呈色

≠ JIS:過よう素酸カリウム 0.4g

を加えて 5 分間煮沸し,冷却
後 100ml とする。

ISO

:りん酸と過よう素酸カ

リウム 0.05g を加えて 5 分間
煮沸し過よう素酸カリウム

0.5g

を加え,約 98℃のサンド

バス上に 30∼40 分間保ち,
冷却後 50ml とする。

○  空試験

ISO 810 

○ 空試験

≠ ISO は,蒸発乾固するが,JIS

は濃縮するだけである。