>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1333 :

 19
99
 解

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1333 : 1999

  マグネシウム及びマグネシウム

合金中の亜鉛定量方法

ISO 1783 : 1973

  マグネシウム合金中の亜鉛定量方法−滴定法

ISO 4194 : 1981

  マグネシウム合金中の亜鉛定量方法−原子吸光法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  マグネシウム及びマグネシ

ウム合金中の亜鉛定量方法

ISO 1783 

ISO 4194

○ マグネシウム合金中の亜鉛定量

方法

= ISO は合金だけを対象とし

ているが,JIS は純マグネシ
ウムも対象とした方法であ
る。

合金だけでなく純マグネシ

ウムも分析対象とする規格
でないと品質の確認保証が
できない。

(2)

引用規格

○  JIS H 1331 及び JIS K 0121 

引用

(3)

一般事項

○  共通な一般事項を分析方法

通則などを引用し規定

ISO

に は 規 定 な

(4)

定 量 方 法 の
区分

○  イオン交換分離エチレンジ

アミン四酢酸二水素二ナト
リウム滴定法

ISO 1783 

○ イオン交換分離 EDTA 滴定法。

ISO

と JIS は定量範囲が異なる

○  ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウ

ム滴定法

ISO

に は 規 定 な

○  原子吸光法(A 法)

ISO

に は 規 定 な

純マグネシウム及び合金を
対象

○  原子吸光法(B 法)

ISO 4194 

○ 原子吸光法

≡ ISO は合金だけを対象とし

た方法であり,採用した。

(5)

イ オ ン 交 換
分 離 エ チ レ

ン ジ ア ミ ン
四 酢 酸 二 水
素 二 ナ ト リ

ウム滴定法

ISO 1783 


 

2

H

 1333 :

 19
99
 解


解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表  (続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

a)

要旨

○  試料を塩酸で分解し,強塩基

性イオン交換樹脂に通し亜
鉛を吸着。次に硝酸で亜鉛を

溶離し溶出液に酢酸アンモ
ニウムとアンモニア水を加
え pH を調節。XO を指示薬

として EDTA2Na 標準溶液で
滴定する。

○ 試料を塩酸で分解し,過剰の酸を

蒸発させ除く。残さを 2N 塩酸溶
液中にとり強塩基性イオン交換

樹脂に通す。樹脂に吸着された亜
鉛を塩酸溶液で溶離する。ジチゾ
ンを指示薬として EDTA 標準溶

液で滴定する。

≠ 滴定の指示薬は,JIS がキシ

レノールオレンジ (XO) を
使用するのに対し,ISO はジ

チゾンを使用。

ISO

法は,滴定の指示薬にジ

チゾンを使用しているが,こ
のジチゾンは変色点が見に

くい。 
鋭敏さ,滴定の終点の見やす
さは JIS の XO の方が優れて

いる。

b)

試薬

○  滴定の指示薬:XO 溶液

○ 滴定の指示薬:ジチゾンのエタノ

ール溶液

≠ 同上

同上

c)

器具

○  イオン交換カラム

○ イオン交換カラム

≠ JIS は,寸法などを丁寧に図

示しているのに対し,ISO 
直径 40mm,

高さ約 400mm と

文言で説明しているだけで

あり,寸法も異なる。

JIS

は効率がよく亜鉛の吸

着,洗浄ができるように設計
したものを分かりやすく図
示している。ISO の規定では

分析者がとまどう。

d)

試 料 は か り
取り量

○  JIS は亜鉛含有率に応じ て

1.00g

と 0.3g の 2 段階。

○ 4g を 250mI とし,亜鉛含有率に

応じ 3 段階に分取。

e)

操作

○  準備操作

○ イオン交換カラムの準備

≠ 洗浄に使用する酸濃度が異

なる。

ISO

は,煩雑である。

○  試料の分解

○ 試料溶液の調製

≠ JIS は試料はかり取りのとき

に 2 段階に分けているが,

ISO

は 4g を 250ml とし,亜

鉛含有率に応じ 3 段階に分取

し,イオン交換を行ってい
る。

○  亜鉛の分離

○ イオン交換

≠ 洗浄,溶離に使用する酸濃

度,酸の種類,使用量が異な
る。

JIS

法は完全に溶離しかつ

迅速である。


 

3

H

 1333 :

 19
99
 解

J

解説表 3  JIS と対応する国際規格との対比表  (続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

○  亜鉛の滴定

○ 滴定

≠ pH 調整について ISO はリト

マス試験紙を使用するのに
対し,JIS は pH 計を使用。

また,滴定の指示薬として

ISO

法はジチゾンを使用し,

ISO

法は XO を使用。

XO

指示薬の方が鋭敏で,変

色点が見やすい。

○  空試験

○ 空試験

以上,ISO 法は各国でも採用
しておらず,また,ISO に整

合させれば技術的に後退す
るため不採用とし,簡便な

JIS

を提案する。

(6)

ヘ キ サ シ ア
ノ・鉄(II)酸
カ リ ウ ム 滴

定法

○  測定操作,亜鉛含有率の算出

式を規定

(7)

原子吸光法

(A 法)

○  測定操作,亜鉛含有率の算出

式を規定

(8)

原子吸光法

(B 法)

ISO 4194 

≡ ISO を JIS の様式に改めた程

度で技術的変更することな

く採用した。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。

“−”

:該当項目がない場合。