>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1306 :

 19
99
 解

解説表 9  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1306 : 1999

  アルミニウム及びアルミニウム

合金の原子吸光分析方法

国際規格番号:ISO 3256 : 1977  アルミニウム及びアルミニウム合金中のマグネシウム定量方法−原子吸光法

ISO 3980 : 1977

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の銅定量方法−原子吸光法

ISO 3981 : 1977

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のニッケル定量方法−原子吸光法

ISO 4192 : 1981

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の鉛定量方法−原子吸光法

ISO 4193 : 1981

  アルミニウム及びアルミニウム合金中のクロム定量方法−原子吸光法

ISO 5194 : 1981

  アルミニウム及びアルミニウム合金中の亜鉛定量方法−原子吸光法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の対

(1)

適用範囲

○  アルミニウム及びアルミニ

ウム合金の原子吸光法

 (Mg, Cu, Ni, Pb, Cr, Zn, Fe,

Mn, Bi)

ISO 3256 

ISO 3980 

ISO 3981 

ISO 4192 

ISO 4193 

ISO 5194

○ アルミニウム及びアルミニウム

合金の原子吸光法

  (Mg, Cu, Ni, Pb, Cr, Zn)

= JIS は,原子吸光法として一

つの規格にまとめ,9 元素の
定量方法を規定。

ISO

は,6 元素についてそれ

ぞれ別規格として規定。

(2)

引用規格

○  JIS H 1351 及び JIS K 0121 

引用

(3)

一般事項

○  分析方法を実施する際の一

般的事項を規定。

(4)

定 量 元 素 及
び定量範囲

○  マグネシウム定量方法

(定量範囲:0.005∼5.0%)

ISO 3256 

○ マグネシウム定量方法

(定量範囲:0.01∼5%)

= JIS は,定量下限が若干低い。

0.005%

までは感度もあり十

分定量可能。

○  銅定量方法

(定量範囲:0.005∼5.0%)

ISO 3980 

○ 銅定量方法

(定量範囲:0.005∼5%)

○  ニッケル定量方法

(定量範囲:0.005∼3.0%)

ISO 3981 

○ ニッケル定量方法

(定量範囲:0.005∼3%)

○  鉛定量方法

(定量範囲:0.1∼1.0%)

ISO 4192 

○ 鉛定量方法

(定量範囲:0.01∼1.5%)

≠ ISO は,定量範囲が広い。  感度的に困難で,分析精度に

問題があるので整合できな
い。

ISO

に提案。


 

2

H

 1306 :

 19
99
 解


解説表 9  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の対

○  クロム定量方法

(定量範囲:0.01∼0.5%)

ISO 4193 

○ クロム定量方法

(定量範囲:0.003∼0.6%)

≠ ISO は,定量範囲が広い。  感度的に困難で,分析精度に

問題があるので整合できな
い。

ISO

に提案。

○  亜鉛定量方法

(定量範囲:0.005∼6.0%)

ISO 5194 

○ 亜鉛定量方法

(定量範囲:0.002∼6%)

= ISO は,定量下限が若干低

い。ただし,JIS 

備考にお

いて感度的に注意を喚起し
たうえで ISO の定量下限ま

で適用してもよいように規
定した。

○  鉄定量方法

− ISO には規定がない。

○  マンガン定量方法

− ISO には規定がない。

○  ビスマス定量方法

− ISO には規定がない。

(5)

鉄定量方法

○  鉄定量方法

(6)

銅定量方法

○  銅定量方法

ISO 3980 

○ 銅定量方法

≠ 試料はかり取り量,標準溶液

の濃度などに若干の相違が
ある。また,ISO は試料溶液

調製の際の分解助剤に水銀
を使用している。

ISO

は試薬に環境上好まし

くない水銀を使用している
ため,整合できない。

JIS

を提案する。

(7)

マ ン ガ ン 定
量方法

○  マンガン定量方法

(8)

亜 鉛 定 量 方

○  亜鉛定量方法

ISO 5194 

○ 亜鉛定量方法

= 試料はかり取り量,標準溶液

の濃度などに若干の相違が
あるが問題とはならない。

(9)

マ グ ネ シ ウ
ム定量方法

○  マグネシウム定量方法

ISO 3256 

○ マグネシウム定量方法

= 試料はかり取り量,標準溶液

の濃度などに若干の相違が
あるが問題とはならない。


 

3

H

 1306 :

 19
99
 解

解説表 9  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由と今後の対

(10)

ク ロ ム 定 量
方法

○  クロム定量方法

ISO 4193 

○ クロム定量方法

≠ 試料はかり取り量,標準溶液

の濃度などに若干の相違が
ある。また,ISO は試料溶液

調製の際の分解助剤に水銀
を使用している。

ISO

は試薬に環境上好まし

くない水銀を使用している
ため,整合できない。

JIS

を提案する。

(11)

ニ ッ ケ ル 定
量方法

○  ニッケル定量方法

ISO 3981 

○ ニッケル定量方法

≠ 試料はかり取り量,標準溶液

の濃度などに若干の相違が
ある。また,ISO は試料溶液

調製の際の分解助剤に水銀
を使用している。

ISO

は試薬に環境上好まし

くない水銀を使用している
ため,整合できない。

JIS

を提案する。

(12)

ビ ス マ ス 定

量方法

○  ビスマス定量方法

(13)

鉛定量方法

○  鉛定量方法

ISO 4192 

○ 鉛定量方法

≠ 試料はかり取り量,標準溶液

の濃度などに若干の相違が
ある。また,ISO は試料溶液
調製の際の分解助剤に水銀

を使用している。

ISO

は試薬に環境上好まし

くない水銀を使用している
ため,整合できない。

JIS

を提案する。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容が同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。