>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1284 :

 19
99 (ISO

 7

530-7

 : 1

992)

 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1284 : 1999

  ニッケル合金中のアルミニウム

定量方法

ISO 7530-7 : 1992

  ニッケル合金−フレーム原子吸光分析方法−Part 7:アルミニウム含有量の定量

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  ニッケル合金

ISO 7530-7 

○ ニッケル合金

(2)

定 量 方 法 の
区分

○  原子吸光法

0.2

∼4 % (m/m)

ISO 7530-7 

○ フレーム原子吸光法

0.2

∼4% (m/m)

(3)

分析方法

○  原子吸光法

試料を酸で分解し,この溶

液を原子吸光光度計の酸化
一二窒素・アセチレンフレー
ム中に噴霧する。

試料を酸で分解し,不溶解

物をろ別した後,不溶解物を
ろ紙とともに灰化し,ふっ化

水素酸を加えてけい素を揮
散して除去する。二硫酸カリ
ウムを加えて残さを融解し

た後,希酸で融成物を分解
し,この溶液を原子吸光光度
計の酸化二窒素・アセチレン

フレーム中に噴霧する。

波長 309.3nm におけるアル

ミニウムの吸光度を測定し,

検量用溶液の吸光度と比較
する。

試料を酸で分解した溶液

と残さを融解した溶液とか
らアルミニウム量を求め,こ
れらを合わせてアルミニウ

ム含有率を算出する。

ISO 7530-7 

○ フレーム原子吸光法

試料を酸で分解し,原子吸光光

度計の亜酸化窒素−アセチレン
フレーム中に溶液を噴霧する。

酸分解からフィルターの燃焼

及びふっ化水素酸でけい素の蒸
発。ピロ硫酸カリウムで残留物の
溶融,希釈した酸での金属の分解

及び原子吸光光度計の亜酸化窒
素−アセチレンフレーム中にこ
の 2 次溶液の噴霧。

309.3nm

の波長におけるアルミ

ニウムのスペクトルの反応エネ
ルギー線の吸光度を測定し,検量

線溶液の吸光度と比較する。

結果の追加が両方の溶液でみ

られる。


 

2

H

 1284 :

 19
99 (ISO

 7

530-7

 : 1

992)

 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1284 : 1999

  ニッケル合金中のアルミニウム

定量方法

ISO 7530-7 : 1992

ニッケル合金−フレーム原子吸光分析方法−Part 7 :  アルミニウム含有量の定量

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(4)

試薬

  4.4

標 準 ア ル ミ ニ ウ ム 溶 液

(1.000g/l)

ア ル ミ ニ ウ ム   [ 99.9%

(m/m)

以上]

 0.500g

を 0.001g

のけたまではかり取ってビ
ーカー (300ml) に移し入れ,
時計皿で覆しい,塩酸  (p

20

1.18g/ml) (1

+1) 30ml を加え,

加熱して完全に分解する。常
温まで冷却した後,時計皿の

下面及びビーカーの内壁を
水で洗って,時計皿を取り除
き,塩酸  (p

20

=1.18g/ml) (1+

1) 170ml

を加える。常温まで

冷却した後,溶液を 500m1
の全量フラスコに水を用い

て移し入れ,水で標線まで薄
め,ポリエチレン瓶に保存す
る。

ISO 7530-7 

4.4

アルミニウム原液 (1.000g/l)

ア ル ミ ニ ウ ム   [ 純 度 99.9%

(m/m)

以上] 1.000g を 0.001g の

けたまではかり取り,400ml のビ

ーカーに移し入れる。

水 銀 の 小 滴 , 塩 酸   (p

20

1.18g/ml

の希釈液 1+1)  30ml を

加え,そして完全に分解するまで
加熱する。7cm のろ紙を用いて

400ml

のビーカーに溶液をろ過す

る。100ml の温水でろ紙を洗う。
残さに塩酸  (p

20

=1.18g/ml) 85ml

を加え,冷却した後,1 000ml の

全量フラスコに移し入れる。水で
標線まで希釈し混合し,ポリエチ
レンボトルに保存する。 
警告−水銀は,非常に有毒であ
り,かなりの蒸気圧をもつ。頑丈
で,しっかりとした密閉容器に保

管しなければならない。液体水銀
は,流出が抑制できるような方法
で移さなければならないし,もう

一度,徹底的に掃除をしなければ
ならない。 
注意−地域の規定に従って,水銀

を捨てる。

≠ ISO では環境規制物質であ

る水銀を使用する試薬の調
製方法であるが,JIS ではそ
れを使用しない方法に変更

している。


 

3

H

 1284 :

 19
99 (ISO

 7

530-7

 : 1

992)

 解

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は,該当する項目を規定している場合を示す。

2. 

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。