>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1283 :

 19
98
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1283 : 1999

  ニッケル及びニッケル合金中の

コバルト定量方法

ISO 6351 : 1985

  ニッケル−銀,ビスマス,カドミウム,コバルト,銅,鉄,マンガン,鉛及び亜鉛含有量の定量

ISO 7530-1 : 1990

  ニッケル合金−フレーム原子吸光分析方法  Part 1:一般要求事項及び試料溶解

ISO 7530-2:1990

  ニッケル合金−フレーム原子吸光分析方法  Part 2:コバルト含有量の定量

ISO 9389 : 1989

  ニッケル合金−コバルト含有量の定量−ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム電位差滴定法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  ニッケル及びニッケル合金

ISO 6351 

ISO 7530-2 

ISO 9389 


ニッケル 
ニッケル合金

ニッケル合金

(2)

定 量 方 法 の

区分

○ a)  銅分離ニトロソ R 塩吸光

光度法

0.02

∼1.0% (m/m)

○ b)  ヘキサシアノ鉄(III)酸カ

リウム電位差滴定法

2

∼25% (m/m)

ISO 9389 

○ ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム電

位差滴定法

2

∼25% (m/m)

○ c)  原子吸光 A 法

0.01

∼2.0% (m/m)

ISO 6351 

○ フレーム原子吸光法

0.01

∼2.0% (m/m)

○ d)  原子吸光 B 法

0.01

∼4.0% (m/m)

ISO 7530-2 

○ フレーム原子吸光法

0.01

∼4.0% (m/m)

(3)

分析方法

○ a)  銅分離ニトロソ R 塩吸光

光度法

(試料を硝酸と硫酸との混
酸で分解し,銅を電解して分
離した後,溶液を蒸発乾固す

る。水と硫酸を加えて可溶性
塩類を溶解し,酢酸ナトリウ
ムとニトロソ R 塩を加え,煮

沸してコバルトを呈色させ
た後,硝酸を加えて煮沸す
る。冷却した後,光度計を用

いて,その吸光度を測定す
る。


 

2

H

 1283 :

 19
98
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(3)

分析方法

○ b)  ヘキサシアノ鉄(III)酸カ

リウム電位差滴定法

[試料を硝酸と塩酸との混

酸で分解し,過塩素酸を加
え,白煙が発生するまで加熱
濃縮し,クロムを酸化した

後,マンガンの錯体を形成さ
せるために二りん酸ナトリ
ウムを加え,窒素ガスを通じ

て溶け込んでいる塩素や酸
素を除去する。試料溶液にく
えん酸アンモニウム溶液,硫

酸アンモニウム溶液,アンモ
ニア水及び一定量のヘキサ
シアノ鉄(III)酸カリウム標準

溶液を加え電位差滴定装置
を用いて,一定量のヘキサシ
アノ鉄(III)酸カリウム標準溶

液を標準コバルト溶液で滴
定する。

ISO 9389 

○ ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム電

位差滴定法

[試料を硝酸と塩酸との混酸で

分解し,過塩素酸を加え,白煙が
発生するまで加熱濃縮し,クロム
を酸化する。マンガンの錯体を形

成させるために二りん酸ナトリ
ウムを加え,窒素ガスを流して溶
け込んでいる塩素ガスや酸素を

除去する。試料溶液にくえん酸ア
ンモニウム溶液,硫酸アンモニウ
ム溶液,アンモニア水及び過剰の

ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム標
準溶液を加え,標準コバルト溶液
を用いて過剰のヘキサシアノ鉄

(III)

酸カリウム標準溶液を電位差

滴定する。

○ c)  原子吸光 A 法

(試料を硝酸で分解した後,
溶液を原子吸光光度計の空

気・アセチレンフレーム中に
噴霧し,その吸光度を測定す
る。

ISO 6351 

○ フレーム原子吸光法

(試料を硝酸で分解し,過剰の窒
素酸化物を追い出した後,水を用

いて定容する。溶液を原子吸光計
の空気・アセチレンフレーム中に
噴霧する。元素のスペクトルの共

鳴線エネルギーの吸光度を測定
し,マトリックスのニッケルを試
料と同量共存させた定量元素の

検 量 用 溶 液 の 吸 光 度 と 比 較 す
る。


 

3

H

 1283 :

 19
98
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(3)

分析方法

○ d)  原子吸光 B 法

(試料を塩酸と硝酸との混
酸で分解し,乾固近くまで加

熱する。塩酸を加え,乾固近
くまで加熱した後,塩酸及び
塩化ストロンチウムを加え

る。この溶液を原子吸光光度
計の空気・アセチレンフレー
ム中に噴霧し,その吸光度を

測定する。

ISO 7530-2 

○ フレーム原子吸光法

(試料を酸で分解し,溶液を原子
吸光光度計の空気・アセチレンフ

レーム中に噴霧する。240.7nm の
波長におけるコバルトのスペク
トルの共鳴線エネルギーの吸光

度を測定し,検量用溶液の吸光度
と比較する。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は,同等である。