>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1278 :

 19
98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1278 : 1998

  ニッケル及びニッケル合金中の

りん定量方法

ISO 9388 : 1992

  ニッケル合金−りん含有率の定量−モリブドりん酸青吸光光度法

ISO 11400 : 1992

  ニッケル,フェロニッケル,ニッケル合金−りん含有率の定量−りんバナドモリブデン酸吸光光度

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

1.

適用範囲

○  ニッケル及びニッケル合金

ISO 9388 

ISO 11400 


ニッケル合金 
ニッケル,フェロニッケル及びニ
ッケル合金

2.

定 量 方 法 の
区分

○ a)  モ リ ブ ド り ん 酸 青 吸 光

光度法

0.005

∼0.05% (m/m)

○ b)  水酸化鉄共沈・モリプド

り ん 酸 抽 出 分 離 モ リ ブ
ドりん酸青吸光光度法

0.001

∼0.025% (m/m)

ISO 9388 

○ モリブドりん酸青吸光光度法

0.001

∼0.025% (m/m)

○ c)  イ オ ン 交 換 分 離 モ リ ブ

ドりん酸青吸光光度法

0.005

∼0.05% (m/m)

○ d)  モ リ ブ ド バ ナ ド り ん 酸

抽出吸光光度法

0.000 5

∼0.05% (m/m)

ISO 11400 

○ りんバナドモリブデン酸吸光光

度法

0.000 5

∼0.05% (m/m)

3.

分析方法

○ a)  モ リ ブ ド り ん 酸 青 吸 光

光度法

[試料を塩酸と硝酸との

混酸で分解した後,過塩素酸
を加え,白煙が発生するまで
加熱濃縮して塩酸及び硝酸

を除去する。塩類を水で溶解
し,亜硫酸水素ナトリウムを
加えて鉄などを還元した後,

七モリブデン酸六アンモニ
ウム及び硫酸ヒドラジニウ


 

2

H

 1278 :

 19
98
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

3.

分析方法

ムを加えてりんをモリブド
りん酸青とし,光度計を用い
て,その吸光度を測定する。]

○ b)  水酸化鉄共沈・モリブド

り ん 酸 抽 出 分 離 り ん 酸

青吸光光度法

[試料を塩酸と硝酸との

混酸で分解した後,硫酸を加

え,白煙が発生するまで加熱
濃縮して塩酸及び硝酸を除
去し,ペルオキソ二硫酸アン

モニウムを加え,クロム(III)
をクロム(IV)に酸化する。ア
ンモニア水を加え,りんを水

酸化鉄(III)と共沈させ,ふっ
化水素酸と硝酸の混酸で溶
解する。モリブデン酸ナトリ

ウムを加え,生成したモリブ
ドりん酸を 2−メチル−1−
プロパノールに抽出後,塩化

すず(II)を加え,モリブドりん
酸青に還元した後,水相に逆
抽出し,光度計を用いて,そ

の吸光度を測定する。

ISO 9388 : 1992

○ モリブドりん酸青吸光光度法

[試料を硝酸と塩酸との混酸

で分解する。硫酸を加えた後,白
煙が発生するまで加熱濃縮して
硝酸及び塩酸を除去し,ペルオキ

ソ二硫酸アンモニウムを加えク
ロ ム (III) を ク ロ ム (VI) に 酸 化 す
る。りん酸鉄(III)の沈殿をふつ化

水素酸と硝酸の混酸で再溶解す
る。ほう酸酒石酸及びスルファミ
ン酸を加え,遊離しているふつっ

化水素イオンを錯化させ,ひ素か
らの干渉を除去し,酸化窒素を揮
散させる。モリブドりん酸塩をイ

ソブチルアルコールに抽出し,還
元剤を加えりん酸青に還元した
後,水相に逆抽出する。光度計を

用いて水相の 700nm における吸
光度を測定する。


 

3

H

 1278 :

 19
98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

3.

分析方法

○ c)  イ オ ン 交 換 分 離 モ リ ブ

ドりん酸青吸光光度法

[試料を塩酸と硝酸とで

分解した後,濃縮してシロッ
プ状とする。塩酸とふっ化水
素酸とで塩類を溶解した後,

陰イオン交換カラムを通し
てりんをモリブデンから分
離する。流出液に過塩素酸を

加え,白煙が発生するまで加
熱渡濃して,塩酸及びふっ化
水素酸を除去する。塩類を水

で溶解し,亜硫酸水素ナトリ
ウムを加えて鉄などを還元
した後,七モリブデン酸六ア

ンモニウム及び硫酸ヒドラ
ジニウムを加えてりんをモ
リブドりん酸青とし,光度計

を用いて,その吸光度を測定
する。

○ d)  モ リ ブ ド バ ナ ド り ん 酸

抽出吸光光度法

[試料を,硝酸で分解し

た後,過塩素酸を加え,白煙
が発生するまで加熱濃縮し
てクロムを揮発性の塩化ク

ロミルとして除去する。ふっ
化水素酸を加えてけい素及
び難溶性元素を錯化し,亜硝

ISO 11400 : 1992

○ りんバナドモリブデン酸吸光光

度法

[試料は,硝酸と塩酸の混酸

で溶解する。PFA 又は PTFE ビー
カー中で過塩素酸を発煙させ,ク
ロムを揮発性の塩化クロミルと

して除去する。ふっ素イオンでけ
い素及び難溶性の元素を錯化さ
せる。りんを過塩素酸と硝酸溶液


 

4

H

 1278 :

 19
98
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

3.

分析方法

ナトリウムを加えて残留す
る二クロム酸塩を還元した
後,バナジン酸アンモニウム

と七モリブデン酸六アンモ
ニウムを加え,生成するモリ
ブドバナドりん酸を,4−メ

チル−2−ペンタノンで抽出
し,光度計を用いて有機相の
吸光度を測定する。

でりんバナドモリブデン酸塩に
転化させる。クエン酸によってひ
素を錯化し,りんバナドモリブデ

ン酸塩を 4−メチル−2−ペンタ
ノンに抽出する。光度計を用いて
水相の 700nm における吸光度を

測定する。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。