>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1275 :

 19
98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1275-1998

  ニッケル及びニッケル合金中の

炭素定量方法

ISO 7524 : 1985

  ニッケル,フェロニッケル及びニッケル合金−炭素含有量の定量−誘導加熱炉燃焼・赤外線吸収法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

1.

適用範囲

○  ニッケル及びニッケル合金

ISO 7524 

○ ニッケル,フェロニッケル及びニ

ッケル合金

2.

定 量 方 法 の

区分

○ a)  燃焼−硫酸滴定法

0.005

∼0.2% (m/m)

○ b)  燃焼−導電率法

0.001

∼2.0% (m/m)

○ c)  燃焼−電量法

0.001

∼2.0% (m/m)

○ d)  燃焼−熱伝導度法

0.001

∼2.0% (m/m)

○ e)  燃焼−赤外線吸収法(積

分法)

0.001

∼2.0% (m/m)

ISO 7524 

○ 誘導加熱炉燃焼・赤外線吸収法

ニッケル及びフェロニッケル

0.001

∼2.0% (m/m)

ニッケル合金

0.001

∼0.5% (m/m)

○ f)  燃焼−赤外線吸収法(循

環法)

0.001

∼2.0% (m/m)

3.

分析方法

○ a)  燃焼−硫酸滴定法

(試料を酸素気流中で加

熱し,炭素を十分に酸化して
二酸化炭素とし,酸素ととも
に捕集ビュレットに捕集し

た後,一定量の水酸化ナトリ
ウム標準溶液に導いて二酸
化炭素を吸収させた後,硫酸

標準溶液で滴定する。


 

2

H

 1275 :

 19
98
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

3.

分析方法

○ b)  燃焼−導電率法

(試料を酸素気流中で加

熱し,炭素を十分に酸化して

二酸化炭素とし,一定量の水
酸化ナトリウム溶液に吸収
させ,吸収前後の溶液の導電

率の変化を測定する。

○ c)  燃焼−電量法

(試料を酸素気流中で加

熱し,炭素を十分に酸化して
二酸化炭素とし,一定の pH

に設定した弱アルカリ性の
過塩素酸バリウム溶液に吸
収させる。このとき増加した

水素イオンを,電気分解によ
って発生させた水酸化物イ
オンで中和し,そのときに要

した電気量を測定する。

○ d)  燃焼−熱伝導度法

(試料を酸素気流中で加

熱し,炭素を十分に酸化して
二酸化炭素とし,これを合成
ゼオライトを入れた捕集管

に吸収させた後,この捕集管
を加熱して脱着放出させた
二酸化炭素を酸素とともに

熱伝導度検出器に送り,二酸
化炭素による熱伝導度の変
化を測定する。


 

3

H

 1275 :

 19
98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

3.

分析方法

○ e)  燃焼−赤外線吸収法(積

分法)

(試料を酸素気流中で加

熱し,炭素を酸化して二酸化
炭素及び一酸化炭素とし,酸
素とともに赤外線吸収検出

器に送り,その赤外線吸収量
を測定する。

ISO 7524

○ 誘導加熱炉燃焼・赤外線吸収法

(試料を融剤・助燃剤とともに

酸素気流中で高温の高周波誘導

加熱炉で燃焼させる。生成した二
酸化炭素を赤外吸収計と積分法
によって測定する。

○ f)  燃焼−赤外線吸収法(循

環法)

(試料を一定体積内の一

定圧力の循環酸素気流中で
加熱し,炭素を酸化して二酸
化炭素及び一酸化炭素とし,

過剰の酸素とともに循環ル
ープの赤外線吸収検出器に
送り,その赤外線吸収量をそ

れぞれ測定する。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。