>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

H

 1

151 : 1

999

 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS H 1151 : 1999

  ニッケル地金分析方法

ISO 6351 : 1985

  (フレーム原子吸光法による銀,ビスマス,カドミウム,コバルト,銅,鉄,マンガン,鉛及び亜鉛

の定量)

ISO 7523 : 1985

  (電気加熱原子吸光法による銀,ひ素,ビスマス,カドミウム,鉛,アンチモン,セレン,すず,テ

ルル及びタリウムの定量)

ISO 7524 : 1985

  (燃焼−赤外線吸収法による炭素定量)

ISO 7525 : 1985

  (硫化水素気化分離メチレンブルー−吸光光度法による硫黄定量)

ISO 7526 : 1985

  (燃焼−赤外線吸収法による硫黄定量)

ISO 7527 : 1985

  (燃焼−よう素酸カリウム滴定法による硫黄定量)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

1.

適用範囲

JIS H 2104 : 1997

  ニッケル地金 ISO 6351 

ISO 7523 

○ ISO

6283

Refind

nickel,wrought,cast nickel

= ISO は適用囲が広い。

規格体系の差。現行のままと

する。

ISO 7524 

ISO 7526 

ISO 7527 

○ nickel,ferronickel

nickel alloy

= ISO は適用範囲が広い。

規格体系の差。現行のままと

する。

ISO 7525 

○ Refind nickel

2.

分析試料

4.

分析試料の取り方及び取扱
い方

6

規格

○ Sampling and samples

3.

分析値

5.

分析値のまとめ方

6

規格

4.

コ バ ル ト の

定量

6.2

チオシアン酸・トリオクチル

ア ミ ン 抽 出 吸 光 光 度 法

(0.001

∼0.4%)

6.3

フレーム原子吸光法

(0.001

∼1.0%)

ISO 6351 

○ フレーム原子吸光法

 (0.001

∼1.0%)

6.4 ICP

発光分光分析法

(0.001

∼0.5%)

6.5

陰イオン交換分離 ICP 発光分

光分析法

(0.0001

∼0.05%)


 

2

H

 1

151 : 1

999

 解


解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

5.

鉄の定量

7.2

フレーム原子吸光法

(0.000 5

∼1.0%)

ISO 6351 

○ フレーム原子吸光法

 (0.002 5

∼0.15%)

7.3 ICP

発光分光分析法

(0.000 5

∼1.0%)

7.4

陰イオン交換分離 ICP 発光分

光分析法

(0.000 1

∼0.05%)

6.

銅の定量

8.2

フレーム原子吸光法

(0.000 5

∼1.0%)

ISO 6351 

○ フレーム原子吸光法

 (0.000 5

∼1.0%)  (適用範囲では

0.000 2

からとなっているが,

0.000 5

からの操作しかない。

8.3 ICP

発光分光分析法

(0.000 5

∼0.5%)

8.4

陰イオン交換分離 ICP 発光分
光分析法

(0.000 1

∼0.05%)

7.

鉛の定量

9.2

水酸化鉄共沈分離フレーム
原子吸光法

(0.000 2

∼0.01%)

9.3

水酸化鉄共沈分離 ICP 発光分

光分析法

(0.000 1

∼0.01%)

9.4

フレーム原子吸光法

(0.000 5

∼0.01%)

ISO 6351 

○ フレーム原子吸光法

 (0.000 5

∼0.01%)

9.5

電気加熱原子吸光法

(0.000 1

∼0.001%)

ISO 7523 

○ 電気加熱原子吸光法

 (0.000 01

∼0.001%)

≠ ISO は適用濃度下限が低い。 ISO では四塩化炭素を使っ

てニッケルを精製している
が,JIS ではそれを使わない
下限 0.000 1 とする。


 

3

H

 1

151 : 1

999

 解

解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

8.

マ ン ガ ン の
定量

10.2

フレーム原子吸光法

 (0.000 1

∼0.2%)

ISO 6351 

フレーム原子吸光法

 (0.000 5

∼0.2%)

10.3 ICP

発光分光分析法

(0.000 1

∼0.004%)

10.4

水酸化鉄共沈分離 ICP 発光分

光分析法

(0.000 05

∼0.004%)

9.

炭素の定量  11.2 燃焼−電量法

(0.001

∼0.1%)

11.3

燃焼−赤外線吸収法(積分

法)

(0.001

∼0.1%)

ISO 7524 

○ 燃焼−赤外線吸収法

 (0.001

∼2.0%)

= ISO は適用濃度上限が高い。 ISO はフェロニッケルも対

象としているため。

11.4

燃焼−赤外線吸収法(循環
法)

(0.001

∼0.1%)

10.

硫黄の定量  12.2 硫化水素気化分離メチレン

ブルー吸光光度法 (0.0001∼

0.002%)

ISO 7525 

○ 硫化水素気化分離メチレンブル

ー吸光光度法 (0.000 1∼0.002%)

12.3

燃焼−電量法

(0.001

∼0.1%)

 

12.4

燃焼−赤外線吸収法(秘分
法)

(0.000 1

∼0.1%)

ISO 7526 

○ 燃焼−赤外線吸収法

 (0.001

∼0.3%)

= ISO は適用濃度上限が高い。 ISO はフェロニッケルも対

象としているため。

12.5

燃焼−赤外線吸収法(循環
法)

(0.001

∼0.1%)

12.6

燃焼−よう素酸カリウム滴
定法

(0.001

∼0.3%)

ISO 7527 

○ 燃焼−よう素酸カリウム滴定法

(0.001

∼0.3%)


 

4

H

 1

151 : 1

999

 解


解説表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合が

困難な理由及び今後の対

11.

け い 素 の 定

13.2

モリブドけい酸抽出吸光光
度法

(0.000 2

∼0.01%)

13.3

モリブドけい酸抽出分離モ
リ ブ ド け い 酸 吸 光 光 度 法

(0.000 8

∼0.01%)

13.4 ICP

発光分光分析法

(0.000 2

∼0.01%)

12.

精度

解説に記載

6

規格 Precision

− ISO は技術的規定内容でな

いことから JIS に規定してい

ない。

13.

報告書

6

規格 Test

report

− ISO は技術的規定内容でな

いことから JIS に規定してい

ない。

備考1.  対比項目(III)の小欄で“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次のとおり。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。